GOT GPTの数値とB型肝炎

レス4
(トピ主1
お気に入り6

心や体の悩み

ももこ

主人の仕事の関係で主人がB型肝炎の検査を受け、予防接種(と言っていいのかわかりませんが)を受けることになりました。
市での検診ではGOTとGPTの結果しかでていません。どちらとも正常値でした。この数値ではB型肝炎に感染(症状はでていないけどもっている)しているのはわかるのでしょうか?
このような検査ではB型肝炎についての何かはわからないのでしょうか?
インターネットや本なので見たのですが、よくわかりませんでした。
ただ、GOTとGPTの数値があがるようなことは書いてありましたが、感染していてもあがらないときはあるのでしょうか?
知っている方がいたら教えてほしいとおもい、トピを作成してみました。
よろしくおねがいします

ユーザーID:1133349707

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 詳細が分からないので明言はできませんが…。

    治療と予防接種は全く違いますね。

    治療は、B型肝炎ウィルスに感染しているから何らかの手段で根治を目指し加療をするってこと。
    GOTやGPTよりかは、B肝に関与する抗原・抗体が陽性で確定診断されてからの話ですかね。

    予防は、感染のリスクを未然に防ぐことで、B肝感染からの発症を予防するのとは違うってこと。
    もっと言えばHBs抗原、HBc抗体が陰性の人がワクチン接種の対象になり、未感染と言えます。
    ちなみに自然治癒したケースなどで、抗体が陽性の場合なら予防接種は不要です。

    市の検診で、どこまで考えているのか知りませんが、感染し加療をすれば医療費増大につながる
    ので、ワクチン接種で感染リスクを下げた方が、市の財政にも良いと考えての事ですかね…。

    ユーザーID:7150692267

  • ご心配されていることへのお答えになっていないかもしれませんが

    お話がよく分からないのですが、ご主人はB型肝炎の検査で陽性だったので治療のインターフェロン注射を受けることになったのでしょうか、それとも陰性だったのでワクチンの予防注射を受けることになったのでしょうか。市の検診の検査値は奥さまのことでしょうか。

    GOT/GPTが正常であった場合、B型肝炎の何かも分かりません。GOT/GPTは大雑把に言うと肝臓の細胞が壊れて中から血液中に出てきた酵素です。肝細胞が傷つけば、うっ血肝でもアルコール性肝炎でも自己免疫性肝炎でも何でも上がります。ウィルス性肝炎の場合はウィルスが住みついた変な肝細胞を免疫システムが攻撃して肝細胞が壊れるために上がります。

    過去に感染していても、潜伏期、無症候性キャリア、不顕性感染治癒後、潜在性などの上がらない場合はあります。
    ご主人が陰性で、予防接種を受けるだけでしたら、奥さまへの感染の心配はありません。

    ご主人が陽性で奥さまへの感染を心配されているのでしたら、可能性はありますし、ワクチン接種による予防も必要ですので、消化器内科への受診をお勧めします。

    ユーザーID:2593176925

  • トピ主です、遅くなりました

    遅くなりすみません。ネットのつながらない環境にいたため返事できませんでした。
    説明不足ですみません。夫が仕事の関係で予防接種をしたほうがよいということで気になり調べました。
    陰性なので治療ではなく予防接種になるんですね。
    私の周りにも治療していた友人がいたもので気になり数値をみてるうちに疑問に思いトピをたてたのです。
    とてもわかりやすく説明していただきありがとうございました

    ユーザーID:1133349707

  • 詳しくは知りませんが、、、

    B型ウイルスの保菌であれば、ご夫婦の性交渉で感染の可能性は否めませんし、
    B型ウイルスを根絶させる治療法に知識がありません。

    採血で、B型ウイルスの保菌数を調べることはできるはずですから、
    知っておいたほうが今後の指針、対処になると思います。
    1cc中○○万個と数が出ると思いますから、
    それに従って肝臓専門医師の意見を仰ぐのが先決です。

    GOT,GPTの肝機能検査(目安程度)だけでなく、
    現在は、LDH,ビリルビン、ガンマーGTなど多数、
    書ききれない程の肝(含む胆嚢)機能検査の結果で、
    B型肝炎からどういう方向に向かっているか(慢性、肝硬変、肝癌)を、
    きちんと見極めて対処、治療してください。

    Bウイルスのキャリアであれば、時限爆弾を抱えている訳ですから、
    治療と共に、無理をしない労働体系を考える必要が出てきます。
    もちろん酒の問題も含めて。

    と同時に、パートナーである奥さんの肝機能検査もやっておいたほうが、、、今後の為も含んで。

    お互い、早い時点で、保菌ゼロになっていれば問題ありませんが、、、。
    参考程度だとお考えください。

    ユーザーID:4658096470

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧