家計の負担割合(妻の収入が多い場合)

レス29
(トピ主0
お気に入り76

恋愛・結婚・離婚

日和

今年結婚予定の20代女です。
結婚後の生活費の負担額や家計の管理の方法について婚約者と意見が合わず悩んでいます。

私は結婚後も現在の職場で働くことを希望しており、家計については、生活費と夫婦の貯金のために二人が同額ずつ出し合い、残りの収入については各自管理するようにしたい思っています。
これに対して、彼は、「二人の収入を一括管理して、そこから生活費と二人同額のお小遣いを出し、残りは夫婦の貯金とする方法」または「収入は、各自管理するが、それぞれが収入の割合に応じて生活費と夫婦の貯金を負担する方法」にしたいと言っています。

彼がこのような提案をするのは、私たち二人の収入の割合は、彼:私=3:7で私のほうが多く、私が提案した方法だと私のほうが自由に使えるお金が多くなり、不平等であること、私の金遣いが荒いため、私が無駄遣いをするのではないか心配であることが理由のようです。

私は、収入が異なれば自由に使える額が異なるのは仕方ない、収入が多い分、支出も必要(交際費が派手な業界なので、飲食代が多いです。ただ、貯金はちゃんとしてきました。)出産・育児などで将来の収入が不安定になるため、自分の貯金を持っておきたい、彼も平均以上の収入があるため、同額負担にしても特に無理をさせるわけではない、と思っており、彼の提案には反対です。彼の考え方も理解はできるのですが、私の収入の多い部分を当然の権利のように主張してくる彼に違和感を感じます。

なお、家事の割合については話し合ってはいませんが、勤務時間がだいたい同じくらいなので半々になるのだろうと思います。

そこで、質問なのですが
1.私の考え方が理不尽なのでしょうか?
2.ご夫婦で収入額が違うご夫婦(特に奥様のほうが収入が多いご夫婦)はどのように家計を管理されていますか?

ユーザーID:0327671386

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • さあ、男女逆で考えることができるのか?

    家計の負担が平等なら、家事の負担も平等
    これが普通の考えです。


    男女逆のパターンがこのトピです。
    平等生活〜既婚〜
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0205/292863.htm
    同じことを男性が主張したら、非難する意見が続出でした。

    さてこのトピにはどのような意見が集まるのでしょうか?
    それとも、みなさん、見なかったふりをするのでしょうか?
    やはり小町は面白い。

    ユーザーID:1076948459

  • 財布は一つ

    30代後半の共働き夫婦+幼児の3人家族です。
    我が家の収入割合も、7:3程度で夫よりも私の方が多いです。

    結婚当初から、財布は一つとし、家計管理は私がしています。
    二人の収入合わせて我が家の収入です。
    その中から、二人同額の小遣い制です。
    (私の小遣いは家計と違う財布で管理しているわけではないので、実際私がいくら使ってしまっているか不明ですし、夫も友人との飲み会や娯楽費などは別途請求してきますから、小遣いと言う名の昼食代です。)

    家事の負担は9:1程度でほとんど私がしています。

    トピ主の主張はとてもよく理解できますが、それを実践してしまえば、家庭内で経済格差とでもいうべきものが発生してしまいます。
    個人的には、収入の多い方が、「自分の収入は・・・」などの主張をしている間はあまりうまくいかない気がします。

    ユーザーID:9905201402

  • 無駄遣いの心配?

    心配なのは自分の懐でしょう、と男に言いたい。

    あなたの考え方を100%支持します。

    極端な収入差なのでお相手のかたの考え通りにすると、あなたの収入が大幅に彼の懐に流れていく感じですけど、
    結婚後に何か起こった場合は不等だと思います。

    同意出来ないなら若いんだし結婚は止めた方がいいかもしれません、妻のものも僕のものにしたい意識の男とは。

    ユーザーID:2649231667

  • 小町では答えが出ています

    女性の意見です。
    収入が多い方がより多く負担する、です。
    男性の方が収入が多い場合もそうしているので、逆の場合も同じです。
    週にゅに応じて家計の負担割合は変えていきましょう。
    また、家計についてですが、これも答えが出ています。
    結婚してからの稼ぎは夫婦で平等に分かち合うというのが小町の考えです。
    法律はさておき、小町ではすでに話しつくされているネタなので、
    その通りにするのが良いかと思われます。

    ユーザーID:0863536871

  • 収入は彼の方が多いですが、うちの場合

    結婚予定の30代です。
    収入は彼の方が多く、彼6:私4ぐらい(二人とも平均以上)です。

    私たちの場合、「収入は、各自管理するが、収入が多い方が家計を多くを負担する方法」です。
    ちなみに、家計に入れる金額は、彼が私の約2倍の予定です。家事はうちも半々でやることになります。
    収入が彼6:私4なのに、彼が家計に入れる金額が2倍なのは、それだけ入れても、彼の残りの金額が、私よりだいぶ多いからです。

    日和さんの考え方が理不尽だとはまったく思いません(彼も平均以上の収入があり、無理を強いていないのですから)。
    彼が納得できるのであれば、それでいいと思います。
    でも、彼が納得してくれないのであれば、少し多く家計に入れてあげてもいいかもしれませんね。
    それでも手元に残るお金は、日和さんの方がかなり多くなると思います。
    住宅や教育にかかるお金を家計から出す場合、日和さんの収入に見合った住宅を購入したかったり、収入に見合っただけ教育費をお子さんにかけたい、といったときに、その半分を負担するのが彼にはキツイ・・・ということになるかもしれないですし。

    ユーザーID:1842961692

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • うちの場合

    うちの場合、私(妻)が夫の2倍の収入があります。
    二人で生活費(ほぼ同額)を出し合った後の収入の使い道は各自完全に自由です。
    といっても、共に大半は貯蓄に回していますし、高額なもの(3万円以上)を買う時はお互いに相談、通帳は互いにオープンです。
    「お金の管理ができて無駄遣いをしない」「お金の使い道をオープンにする」という前提、つまり互いに信用があるのでできる事です。
    もしどちらかがお金の管理ができない性格ならこのような形にはしなかったでしょう。

    トピ主さんは婚約者さんに「金遣いが荒くて無駄遣いしそう」と思われている…つまり婚約者さんからの信用がない状態です。
    信用のない人が自由や権利を主張しても、濫用を疑われて受け入れて貰えません。
    まずは婚約者さんの信用を得る事が大事だと思います。

    収入が異なれば自由に使える額が異なるのは仕方ないという論理的説明をし、
    「ちゃんとお金の管理ができる事をこれから証明するから(結婚までにしっかり家計簿をつけて見せる等)自由に使わせて欲しい。」と説得をするのはどうでしょうか?
    男の人は説得力のある数字や資料、結果を見せると考えを変えてくれやすいですよ。

    ユーザーID:3649979813

  • 収入差だけでは決められない

    共働き夫婦の妻です。夫の収入は私の収入の2倍ですが家計は同額負担です。家事育児は幾分私が多くやっているとは思いますが、夫もかなりやってくれる人なので、その点に関しても不満はありません。とぴ主さんが希望するスタイルですね。

    私もこの方法に全く不満はありません。ただ、私の年収は、それだけで一家を養えるくらいあるため、同額負担するせいで自由になるお金が足りないということはありません。
    もし私の年収が500万円で夫が1000万円くらいで同額負担といわれたら、う〜ん、ちょっと辛いです。(笑)

    収入差というより、収入レベルによっては、同額負担は厳しいのではと思います。

    ユーザーID:1011385172

  • 同棲ならね

    結婚前の収入は「個人の」財産。
    結婚後の収入は「夫婦の」財産。  私はその様に考えています。
    法的にもそういう解釈だったと思うんですけど、詳しくないので違ってたらすみません。

    我が家は私(妻)の方が少し多いです。特に口座を1つにはしていません。
    住居・光熱費・食費など生活費は主人の口座から、生活費以外のお小遣い・貯蓄・保育費用などは私の口座からです。そのほか車の維持費・保険は各自です。
    厳密ではありませんが、一括管理でお小遣い制です。

    各家庭の考え方ですが、お小遣いの金額に差をつけるとか交際費は申告制にするとかでも良いのではと思います。

    くれぐれも「妻が母に冷たいです」のトピ主さまのようなことになりませんように!

    ユーザーID:2134462141

  • 基本は折半でしょう。(同額)

     家計の負担割合は、家事・育児の負担割合で決めるべきでしょうから、家事・育児が半々なら、家計の負担も同様にするべきでしょう。
     但し、住居費・家具・家電の費用に関しては半々は難しいと思います。夫婦の収入が違うのですから、収入の多い方の生活水準に合わせると、収入の少ない方は負担が多くなり堪らないでしょう。同額の負担を求めるなら、収入の少ない方の生活水準に合わせてあげましょう。トビ主さんの生活水準に合わせるのなら、収入に応じた負担をするようにしましょう。尚、食費・光熱費は同額負担でいいと思います。
     夫婦の共同貯金に関しては、目的によって負担が違ってくるでしょう。マイホーム代なら住居費と同様の理屈になりますが、万が一の備えなら各自が貯金すればよく、共同貯金は必要ないでしょう。
     しかし、私なら相手の金を頼りにする人とは結婚しません。それでも、トビ主さんは結婚するのですか。なんだか結婚後、もめそうですけどね〜。
     
     

    ユーザーID:5234043501

  • 一つ疑問が

    日和さんの心配事の中に「出産・育児などで将来の収入が不安定になるため」というのがありますが。

    彼の言う「二人の収入を一括管理して、そこから生活費と二人同額のお小遣いを出し、残りは夫婦の貯金とする方法」または「収入は、各自管理するが、それぞれが収入の割合に応じて生活費と夫婦の貯金を負担する方法」
    であれば、日和さんの収入が減額・またはなくなれば、日和さんは
    負担を減額・またはしなくていいわけです。

    なので彼は「出産・育児のときは俺に任せろ」というような意味合いも込めて言っているのではないかと思うのですが。
    そうすれば「私の収入の多い部分を当然の権利のように主張してくる彼」という違和感も少し違って見えませんか?

    その辺り、あらためて確認してみてはどうでしょう?

    ユーザーID:5476046832

  • 収入差があり、家事負担は半々なら、

    収入に応じて生活費を出し合ったらいかがでしょうか?

    うちの場合、今のところ私(妻が)夫の2倍以上収入があります。
    生活費は全部私が負担しています。
    というのも、家の住宅ローンが、夫の持ち分だけ残っているので(私の持ち分は完済済)、彼のお給料は、できる限り返済に充てさせています。
    もし、そういう状態でなかったら、収入に応じて生活費を出し合うと思います。

    ちなみに、もし、夫婦の貯金口座を一つにして貯金をすると、家を買う場合に面倒だったり(お金を出した割合に応じて持分登記をしないといけないので、もし、一方が多くお金を出したのに持ち分が半々だと、贈与税が発生してしまう)、万が一どちらかが先に亡くなった場合相続がややこしくなるので、生活費は二人で出し合い、貯金はそれぞれの口座でされることをおすすめします。

    ユーザーID:7823340245

  • 比べようがない

    いろいろな夫婦の形があるため、ここで一般論など参考にはならないでしょう。
    夫婦納得のいく形で決めればよいことです。
    何百通りの家庭があるように、人それぞれの領域ですからね。

    ユーザーID:9882434142

  • 夫婦になれば意識は変わる

    トピ主さんのお考え私は良く分かります。結婚前の意識ですね。
    夫と出会う前、私は当時出たばかりの新車に一目惚れして長期ローンを組み買ったばかりでした。
    それが夫に出会い、思ってもいなかった事に「この人と一生一緒にいたい」と思ってしまい‥プロポーズを受けました。
    当時私は夫よりも収入の良い職場に勤務していましたが、夫の希望で結婚後は夫の居住地へ仕事を辞めて越す予定になりました。
    結婚後の話をしている時、私は「車のローンが後数年残ってるけど、越した先で就職してこの分は自分で払うつもり。」と言ったら、夫に言われました。
    「夫婦になったら何でも個人の問題と考えるべきじゃない。一緒に生活するんだから二人の問題と考えよう。」と。
    その時はあまりピンとこなかったのですが、結婚して分かりました。
    夫婦の収入は夫婦の利益なのです。
    「夫の利益」対「妻の利益」ではなく、「社会」対「夫婦の利益」になります。
    このお金はどちらのモノか、なんて主張し合う関係ならそれは夫婦ではなく他人同士。
    夫婦になれば「一つの家庭(家計も含む)」を築く為に一致団結して協力する、という意識が生まれると思います。

    ユーザーID:4859624546

  • えっと

    >彼:私=3:7で私のほうが多く
    20代でかなりの収入格差だと思うのですが、これ男女逆の場合女性がパート、派遣などが推測できるのですが。
    あなたの彼は定職についているのですか。正規雇用なんですか。

    ユーザーID:3381132573

  • 離婚想定?

    結婚したら基本的に合わせて家計と考えるべきだと思いますよ。
    一生一緒に、と思って結婚するのなら。
    長い人生、なにが起こるか分からないです。
    今はトピ主さんの方が稼いでいるけど、トピ主さんが働けない状況も出てくるかもしれない。彼が働けなくなるかもしれないし、逆に大躍進するかもしれません。それでもふたりで助け合い、ひとつの家庭を作るのが結婚だと思います。
    最近小町で見かける「夫婦平等負担」関係のトピを見ると、後々離婚を予定しているのだろうか、と思えてしまいます。そういうことなら同棲にしておいた方がよっぽど良いでしょうに。

    >出産・育児などで…のくだりは本当に意味不明です。
    彼は「夫婦の貯金」からその費用は出さないといっているのでしょうか?
    そういうことなら彼との結婚は考え直した方が良いと思います。
    先々父親としての自覚や責任感は生まれないでしょうからね。

    ユーザーID:5411702713

  • トピ主です1

    皆様ご意見いただきありがとうございました!女蛙さんまで拝見しました。
    家族、友人に相談したところ、「女の金をあてにするなんてとんでもない!!!」とか「そんな男ひくわー」というような意見が多かったので小町でいろいろな考え方をお聞きできてよかったです。

    皆様のご意見をお聞きして、私が生活費や大きなものを買うときの費用を多めに出して、貯金は同額、というのが妥協点かなと思うようになりました。

    ただ、やはり、まだ彼の提案を全面的に受け入れようという境地にまでは至れません。。。
    もちろん、夫婦ですから彼が困ったときは全面的に助けていくつもりですが、そのために家計をひとつにしたり、収入割合に応じた共同の貯金をすることが必要と思えないんです。同額の貯金をして、それでもなお、家計の費用が足りないときは私の貯金から出す、というのでもいいと思うのです。

    彼は、私のほうが多くのお金が使えることを不平等だと感じているようで、その不平等感を解消するための方法を提案しているような気がします。

    私も彼も不平等を感じず、納得できるような着地点を見つけたいです。

    ユーザーID:8091529828

  • トピ主です2

    個別にお礼が言えず、申し訳ないのですが、何人かの方には個別に返答させていただきたいと思います。

    まりん様ご指摘の「出産・育児のときは俺に任せろ」というのはそのとおりだと思います。彼は、子供が小さいときは私が専業主婦になって(またはパートなど勤務時間の仕事に就いて)子供の面倒を見ることを希望しているようなので。

    仲良し夫婦さんの「結婚前の意識」というのはそのとおりだと思います。子供もいないうちに、これまで一緒に暮らしたこともない相手と家計が一緒というのがしっくりこないです。

    女蛙さんの離婚想定?は、確かにいろいろと最悪の事態を想定してしまっているところはあります。出産・育児のくだりは自分でも書いているときは気づかなかったのですが、「子供がいるのに夫婦仲が悪くなって、しかも私は、無職。。。」みたいなことが言いたかったようです。

    普通、結婚前にこんなことは考えないものでしょうか。。

    そのほかの方々も個別にお返事できず、申し訳ありませんが本当にありがとうございます。

    ユーザーID:8091529828

  • 2度目です

    >彼は、私のほうが多くのお金が使えることを不平等だと感じているようで、

    これが理由なら、お小遣いが同額でない限り彼氏さんの不平等感は解消されないのではないですか?

    結婚前は私もトピ主さんとほとんど同じ感覚をもっていたのです。
    でも、本当に結婚すると意識が変わるんですよ。「夫婦の利益」という意識が出てきます。
    こればっかりは結婚してからでないと分からない感覚だと思います。
    で、ちょっと思い出したのですが、今うちがメインで使っている口座は一つですが、結婚当時は私のその感覚もありメインの口座以外にお互い個人の口座を別々に作っていました。
    例えば、「家計・お小遣い」はお互い同額、残りを「夫婦の貯金」という名目でお互い自分名義の別口座に積み立てていっては如何ですか?(常にお互い開示できる状態にしておく)
    名目は「夫婦の貯金」ですが、何かに必要となった時にはお互い相手に申告してそこから出す、又、車や家などの夫婦に共通の高額な買い物もそこから出せば、どちらが幾ら出したか明確になる。
    『夫婦の利益』という意識になった時に二つの口座が無意味だと思えば一つにまとめる事も簡単です。

    ユーザーID:4859624546

  • お金のため時

    子供が出来る前の2馬力はお金のため時だと思います!
    お子さんが出来たら専業主婦を考えていらっしゃるようなので特にそうですね。
    トピ主さんの方の収入はなかった事にして旦那さんの収入内でやりくりできないでしょうか?
    トピ主さんの収入の9割ぐらいを引き出せない財形などにまわして
    その後、家を買う時にそれを全額頭金に投入するのはどうでしょう?
    家の名義は2人にして残りのローンは旦那さんが払うことになりますね。

    残りの収入の生活費とお小遣いなどの振り分け方については
    1ヶ月分の交際費もちゃんといくら使ったのか全部レシートを集めるなり金額をメモしておくなりして
    具体的に金額を出して月々いくらが必要なのか説明してみてはどうでしょうか。
    必要経費としてお小遣いではなくて生活費に組み込むなり
    また旦那さんのどうしても必要なお金(タバコやコーヒーお昼など)も金額を出して、
    お互いその必要な金額以外の、純粋に自分の楽しみに使う分のお小遣いを同額にしてみるとかはどうでしょう。
    余りは突発的な出費用などにも使える流動貯金としておきます。

    お相手の方の最初の提案が近いですね。

    ユーザーID:0931356559

  • 30代既婚

    うちも2:8で私(妻)の収入が多いです。飲食代に偏った交際費や出産育児で収入が不安定も似てます。同業者かも。

    1.私の考え方が理不尽なのでしょうか?
    トピ主さんの案だと自分が不利になる場合もあるかと。子供を二人とか三人とか生むとなかなか職場復帰できず、結果自分の使えるお金はほとんどなく、毎月の生活費を夫に無心する羽目になりませんか?
    私はそんな場合には生活費も健康保険の加入も夫に頼るつもりです。
    また、住宅ローンは一括管理のほうが効率的に終わらせられるかと。

    だから自由になるお金が不平等とかは考えたこともなかったです。

    2.どのように家計を管理されていますか?
    私が一括管理して、お小遣いは夫婦同額です。
    結婚前の貯金も預かっていますが、夫婦の貯金とは別にしてあります。

    ユーザーID:1175786164

  • 質問

    あなたの提案が全面的に受け入れられたとしましょう。

    もし、仮にあなたが無職になった場合、どうしますか?
    あなたの提案は、その場合
    「それでも自分の生活費を自分で出す」
    ことになりますよ。

    その時、彼が自由に小遣いを使っているのに、あなたは貯金から全て持ち出しで良いのですよね?
    貯金がなかったら我慢で良いのですよね。

    その覚悟があるならどうぞ。

    ユーザーID:3083274242

  • トピ主です3

    皆様ご意見いただきありがとうございました。

    仲良し夫婦さん、ご結婚当時の方法教えていただきありがとうございます!その方法だと私も納得できそうです。レスを拝見しているとどうして自分が家計を分けたいのかだんだんよくわからなくなってきました。。

    yumiさんのお金のためどき、というお考えはまさに私の彼の考えと一緒です!彼もすべての交際費を私のお小遣いから出せ、とはさすがに言わないと思うので、yumiさんの方法だと彼も納得してくれそうです。

    ねーねーさんほどの収入差はありませんが、私と環境が似ていてとても参考になります。やはり今後の収入が不安定になることも考えなければなりませんね。。

    torideさんのご指摘ですが、逆に、私の方法で彼が無職になった場合に彼に生活費を出せとは言いません。レスでも書きましたが、困ったときは全面的に助けていくつもりです。困っていない段階で生活費を半々にすることに何か問題があるのか、というのが私の意識です。でも、彼にtorideさんのような主張をされても仕方ないかもしれませんね。。

    ユーザーID:2869702340

  • トピ主です4

    なぜ彼の提案する方法が嫌なのか考えてみたのですが、要するにあまり私が仕事が好きじゃないのが原因かなと思うようになりました。

    というのは、私は今の仕事が好きだから、というよりも一人でも生きていけるような安定と収入を求めて今の仕事に就いたので、お金が自由にならないとすると今の仕事を続ける意味を見失ってしまうのです。

    収入が高い分、仕事は責任も重く、勤務時間も長いのですが、こんなに働く必要あるのかな、と思っていたところに彼からトピにあるような提案がありなんだか力が抜けてしまいました。

    収入については特に考えずに自分の好きな仕事に就き、収入が私の半分以下の彼と使える額が同じなのかと思うとがっくりきてしまいました。また、彼は私が収入が多く、自由に使えるお金が多いことをよく思っていないようでしたので、結婚が決まったとたんお小遣い制を提案するようなところも嫌だなと思ってしまいました。

    結婚してダブルインカムになりますし、お小遣い制にされるなら、収入は下がってももう少し時間に余裕のある仕事に転職するのもいいかなと思ってきました。

    ぜんぜんトピと関係なくただの愚痴になりすみません。

    ユーザーID:9178899549

  • お小遣いは同額でなくていいと思う

    理不尽だとは思いません。でも旦那様と考え方が一致しないのであればどちらかが妥協するしかないと思います。

    私は私より半分〜1/3ほど収入が少ない人と結婚する予定ですが、家計は一つにして貯金は一緒にしますがお小遣いは私のほうが多くもらうつもりです。
    目安は収入の一割とかかなあ。定額ではなくて。
    (相手は家計管理は全て私にまかせるといっています)
    ただし仕事に必要な経費(交際費)などは別に出すつもりです。
    沢山稼ぐのは大変なんですからその分お小遣いは沢山もらうべきです。
    でも、貯金は家族みんなのものだと思うし、そう思えないような相手なら、生活費を別々に出す方法を受け入れてもらうしかないと思います。
    旦那さんがただ堅実なのか、トピ主さんの金目当てなのか、微妙にわかりません…。

    ユーザーID:3663526763

  • 事実婚にしたらどうですか?

    夫婦別財布を希望するなら同じ程度の年収の相手を何故選ばないか不思議でなりません。どうしたって年収低い方が精神的につらくなるんじゃないですか?
    自分が高級な服を身につけてる横でパートナーがボロを着てても嫌じゃないんでしょうかね。
    別財布にしてもトータルで見たら結局一緒だと思うんですが。それとも死ぬまで別財布にするのかな?
    私なら共同財布、お小遣い同額にして、ボーナスの時にちょっと差をつけたりする程度かな?
    あまりに相手の締め付けがキツい、不公平と感じれば話し合いをすれば良い。後は化粧品は必要だから小遣いからでなく家計費から出す。とかそのくらいで妥協するかなぁ。自分だっていつ働けなくなるか解んないし、逆に(例えば)自分の10倍稼いでる男からソレ言われたら嫌だしね。
    別財布にする理由が単なる感情論なら辞めた方が良いですよ。

    ユーザーID:3122766168

  • いやいや

    収入の割合が男女逆ならば文句言いませんよね?
    自分は女なのにお金を多く出すのはおかしいと思ってらっしゃるのでしょう。

    ユーザーID:4803501998

  • 20代は平等を叩き込まれた世代ですからね、、、

    ネット上の「私のほうが主人の二倍、三倍稼いでいる。」という話は鵜呑みにしないほうがいいですよ。
    書き込むだけなら誰でもできますから。
    結婚したあとの収入は2人のものという理屈も、私達二十代には通じないものかと思います。
    専業主婦することが受け入れられない世代だから、収入は途絶えたらの極論は無視。
    不快に感じるのは以下の二点からでないでしょうか
    ・収入低い側からの、自分優位な家計分担提案
    ・家計負担に差があるのに、家事負担は同じ
    もし、本当にあなたのことを考えた家計負担なら、相手は自ら家事負担を増やすという提案がなければ、思い遣りに欠けてると感じるかな。
    世の中のパート主婦が、家計負担をしいられない代わりに家事は請け負っていますよね?
    その発想を適用すれば解消されるのでないでしょうか。
    あなたの考えを批判するひとは、家事負担割合も考えて批判してるのかな?

    と、ここまではあくまで建設的な解決方法。
    実際は生活をして、相手の深い愛を実感できれば、相手のためになんでもしてあげたいと思うようになって、損得考えるのをやめます(笑)
    ただ、今の信頼関係が浅い状態のときはある程度の線引きはありです。

    ユーザーID:3707970339

  • そんなの結婚しても上手くいきませんよ!

    トピ主レス4を見て、将来難しいと思いました。

    お互いを大切にしての結婚 より どれだけメリットがあるか の結婚。

    ダメです、このパターンは。

    一般的には、世の男性 ほとんどの収入を奥さんに渡して
    本人は本当に少ないコズカイでやってて、それでいて
    文句言わずにやってる夫がほとんどです。(一部例外を除く)

    何故、立場が逆だと こうも女性は自分を主張するのか?

    損する結婚、おやめなさい。

    ユーザーID:8993147740

  • ウチも似てま〜す

    ウチも似てます。

    主さまの所ほど収入に差はないですがウチもそうです(4:6位)
    夫が派遣なので。
    正直、小町のみなさまの意見のように「夫婦の収入は二人のもの」でもいいのですが、あえてそうはしていません。

    理由は、
    1夫が20代のころから早く定職につくようにという周りの意見をきかずにずっと派遣で、就職活動もせず、今30代になって正社員としては就職が難しい年になり、不況で収入も激減していること。

    2今、それでも就職しようという意思があって就職活動を頑張っていたら応援するが、そんな気配もなく派遣のまま低賃金で危機感もなく働いていること。

    よって、うちでは家事の分担を(6:4)にしています。
    (体調が悪いときなどは当然助け合いますよ)

    現状が嫌になって「俺は男だ!」と目が覚めたら、定職を見つけて頑張って働いて収入をUPしてくれるでしょう。いや、そうして欲しい!

    ・・・しかし今のところ、そんな気配はありません・・・(笑
    まあ、不公平感はないのでいいですケド。

    ユーザーID:5981813771

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧