現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

研究者の妻に必要なこと

みねこ
2010年3月2日 0:15

都内の商社で秘書をしています。
このたび、理系の研究者の方と結婚することになりました。

彼は旧帝大→そこの大学院で博士取得→現在、別の大学で准教授です。

私自身は文系で、国立大卒ですが、旧帝大ほど優秀な大学ではないです。

彼の人柄と優しさ、人間としての誠実さに心から魅かれて、
「この方と一生一緒にいたい」と思って交際してきました。
職業については最初は、「会社員じゃないんだ」
という程度にしか思っていませんでした。

また、以前に文系の大学の研究者の方々を相手にした仕事、大学の経営陣を相手にした仕事をしておりましたので、そんなに抵抗もありませんでした。
「とても優秀なんだろうな」と思うぐらいでした。

また、彼自身が、日常生活では、研究の話もまったくしませんし、まあ、学校が入試だとか、今日は会議だとか、そんな話はしますが、内容についてはまったく話さないので、あえて知らなくても大丈夫かと思っていました。

結婚が決まり、親に報告したときも、
「優しくて人間の大きい方だと思うからよかった」
としか言われませんでしたし、
会社の人に報告したときも、
「やっぱり、みねこさんはそういう人がいいと思った」
と言われただけでした。

ただ、直前になって、彼は何にも言わないけど、周りの研究者の奥様はやっぱり研究者なんだろうか、とか、すごいお嬢様の家なんだろうかとか、心配になったりします。

また、発言小町での投稿でも、「教授夫人になりたいから理系大学の秘書になる」みたいな方も書いてありましたし。
実際にそういうハンターみたいな秘書さんが何人か彼の大学の同じフロアにいることもわかっています(笑)

そこで結婚するにあたり・よりよい夫婦になるために、私は何を身につけたり心がけたらよいのか伺いたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:4466883291  


お気に入り登録数:105
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:70本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。ご報告です
みねこ
2010年4月26日 14:33

しばらくお返事ができずに失礼いたしました。
結婚して同居始めました。


みなさまからのアドバイスが、改めて身にしみます。
まず、平日夜に化粧をして服に着替えて待っていようなどという考えは3日で挫折しました。

食事も作って待っていましたが、3日目に、平日はいらないと言われて作るのを止めました。


今は平日は先に寝ていますが、主人が帰宅するまで寝付けずに2時近くに寝て、7時前に起床していて、平日は本当にきついです。

しかも最初は、自分の時間があるので何かしようと思いましたが、自分の会社勤めと彼に合わせた不規則な食事と睡眠でくたくたです。

幸せですが、まだまだ大変で、皆様のご苦労を実感しています

ユーザーID:2693084840
おめでとうございます。
理系のヨメ
2010年3月22日 2:48

国立大学の助教のヨメです。私立大学文系卒で商社で勤務しています。
勿論高校までは公立育ち、父はサラリーマン、母は専業主婦でした。

ウチのオットはそもそもそういう職業ということを知らずに知り合って付き合いだしたのですが普通の人よりちょっと世間スレしてないというか、仙人みたいでした。
社会に出たことが無いというと語弊がありますが、大学の外に出たことが無く、このまま出ずに行くつもりのようなので普通のサラリーマンとはちょっと違うというか
ワタシが会社で遭遇するようなこととはあまり縁が無く過ごしているようです。それなりに人間関係で悩んではいますけどね。
なので普通でいいと思いますよ。お休みが少なめですけど一緒に出かけたりランチしておしゃべりして楽しんでます。
ハンター、やっぱりいますか(笑)
ウチのオットの研究室にも「お嫁さんになりに来ました」的な人がいます。結婚してるのにメールはしてくるわ電話はしてくるわでちょっと辟易なんですけど、
同じような立場の嫁同盟でタッグを組んでます。敵もやり手なので青田買いをしに来てますのでたまにカワイく嫉妬してあげて下さい。
お幸せに!!

ユーザーID:8239593747
思いやり忘れずにいれば大丈夫
月の春
2010年3月17日 5:14

自分が出来る範囲で、でも思いやりを忘れずにいれば、大丈夫だと思います。

掃除のコツは、毎日少しずつ。今日はどの場所をやる、とか決めてローテンションを組む。
また、片付いた状態を維持するためには、出した物は使ったら、すぐ元の場所に戻す。物の定位置を決めたら楽です。

料理はその家庭によるので、話し合いによっては、夫がやってくれるかも?
研究者の方の中には、実験のノリで、すごく楽しそうに趣味っぽく料理される方も。。。アメリカですが。

料理大変ですが、苦手ながら、本の通りに作っていくと、自然に出来上がっています。
ベターホームの「お料理一年生」とか、どうでしょう。

私はレイチェル・レイの30分ミール(Rachael Ray:30 Minute Meals)見て、料理が楽しく簡単に出来る気持ちになれて、料理の最初の一歩が踏み出せました。
http://www.foodnetwork.com/30-minute-meals/index.html

また超初心者用の料理教室行きましたが、とても面白かったです。

『案ずるより産むが易し』ということわざがありますが、結婚生活もそうだと思います。

ユーザーID:5322834888
大丈夫ですよ!
ハスミン
2010年3月16日 13:16

そんなに色々と考え込まなくたって大丈夫。
夫婦のスタイルは、夫婦でつくっていくものです。

心配するとすれば、トピ主さんは、なぜかわからないのですが、
家のことは全て自分がやるべき、身づくろいもいつも完璧に、
と考えているように見えることです。

まず前者についてですが、夫婦共働きなら、彼にも家事をやって
もらいましょう。研究者だから家のことは妻がやるべきっていうのは
おかしな話です。割合や担当内容は、彼と話し合いましょうね。

そうしないと、新婚のうちは良くても、やがてトピ主さんのほうが、
不満を感じるようになりますよ。その時になって夫に不満をぶつけても、
夫にとってみれば、今までオーケーだったのに何をいまさら…という話です。

後者については、早めに普段の自分をさらしたほうがいいですね。
無理するとしんどいでしょ。妻が家の中で化粧をしないとか、楽チンな
格好をしているとか、そんなことで離婚するような男なら、結婚したって
幸せにはなれないでしょう。

家事や料理は、最初はできない人もいます。
そのうち慣れますよ。大丈夫。
すべてを自分で背負い込まずに、今の不安を彼に話してみたら?

ユーザーID:7329166996
研究者の妻です
はる
2010年3月15日 13:37

私も不安でした。独身時代は一人暮らしで洗濯物はためるし、食事も外食かお弁当、掃除もあまりにも汚いと思うまで放置。結婚と同時にとりあえず専業主婦になりましたが、やや時間をもてあまし、パート(平日毎日)で仕事を始めたらとたんに家事と両立できなくなり、主人はあてに出来ないので、パートは週に2,3日に減らしました。
妊娠後は仕事はやめて、家事育児に専念し現在も専業主婦です。
研究者の妻って、夫をあてに出来ないし頼れないので、辛いですね。3歳違いの2人の子育ても、大変でした。
精神的に自立し、「〜してくれない」と不満をためないことがポイントでしょうか。研究者もいろいろだと思いますが、あまり遠慮ばかりしていても、ストレスが溜まるでしょうから、会話は大事にしてくださいね。時間的なすれ違いがあるからこそ、共有できる時間を大事にしてください。

ユーザーID:9671781001
研究者、身内にいますが
もっち
2010年3月14日 21:23

身内が研究者(大学教授)です。
奥さんは、もともと会社員だった人でした。
彼女は、夫が将来留学するかもしれないからと英語を習ったり、どこに転勤になっても働けるように国家資格取得を頑張っていました。

研究者は留学や転勤の可能性が高い職業ですから、どこにいっても通用するようなスキル・順応性を身につけるといいかもしれません。
あとは、ひとりの時間をうまく楽しめることでしょうか?
研究者って優秀な人ほど朝から晩まで研究室にこもりっきりだそうです。奥さんは専業主婦だと一人で過ごす時間が長いです。

ユーザーID:8641963787
なーんだ。
とりこっと
2010年3月14日 3:01

なんて言ってしまって、ごめんなさいね。
でも、トピ主さんの最新のレスを読んでつい思ってしまったのです。

あなたが特別だと思うほど、研究者は特殊な職業ではありません。
あなたの身近にはいなかったとしたら不安でしょうが、それは消防士でも
八百屋さんでも同じことです。
「多少本代がかかる」であろうことは確かでしょうが。

> 人と同居するのも初めて、増して相手が好きな人なんて、どうしたらいいんだろうかと心配

相手の職業に関係なく、それはみんな同じだと思いませんか?
あまり頭で考えてばかりいない方がいいです。
やってみましょう。何とかなります。

> 料理も掃除も家事全般、自分が困らない程度に手抜き

トピ主さんも仕事を続けるんですよね?
「手抜き」ができるというのは“兼業”生活ににあたってはとても重要な
ことだと思います。
彼が家事もできる人とのこと、よかったですよね。

> 私は女性にしたらだらしないんです。

他の女性と比べる必要はないと思うのですが…彼はあなたを選んだのです。
とにかくやってみましょう。

ユーザーID:9350670019
不安なのです
みねこ(トピ主)
2010年3月13日 13:47

はっきり言って旦那様の職業より、結婚生活がちゃんとできるかが不安なんです。
愛想をつかされたり、がっかりされないかが非常に不安なんです。

彼は優しく、家事もきちんと自分でできます。理系だからなのか、性格だからか、几帳面です。

交際期間は私も頑張りました。
でも掃除も料理もオシャレも週に1〜2回会うから頑張れましたが、毎日できるか不安なんです。

研究者の妻、夜が遅い人の妻、という主旨は間違いかもしれません。

本当は、「頑張らないと家事がちゃんとできない女が結婚生活を送れるか不安です」
という質問にすべきでした。

前のレスで、帰宅したときに寝ていていいかとか、パジャマで迎えたらまずいかとかお聞きしたのは些末なことなんです。
私にしたら、「デートで彼が泊まりに来るぞ」というときと、家に一緒に住むのは訳が違うと思うんです。
交際中に、彼が家に来るとわかっていたら、食べ物だって買っておくし、念入りに掃除するし、夜中でも起きて待ってます。

それがこれからも毎日できるか不安です。私は女性にしたらだらしないんです。


結婚している方は最初、そういう不安はなかったのでしょうか?

ユーザーID:4466883291
不安なのです
みねこ(トピ主)(トピ主)
2010年3月13日 13:35

皆様のレスをよく読み返しています。
セレブに憧れているんだろうとか、自慢しているとか夢見過ぎと指摘されましたが、書き方が悪かったのでしょうか?

トピックを研究者の妻としてしまいましたが、私はただ、結婚は初めて、大学時代から一人暮らしで10年以上ですので、人と同居するのも初めて、増して相手が好きな人なんて、どうしたらいいんだろうかと心配なのです。

一人暮らしが長ければ家事も得意だし、心配ないと思われるかもしれませんが、1Kの狭い部屋で10年以上一人で住んでいたので、料理も掃除も家事全般、自分が困らない程度に手抜きしてました。
疲れていたらコンビニご飯、洗濯も週末だけとか、 食器が流しに置きっぱなし、ゴミ捨て忘れなんてしょっちゅうでした。

ユーザーID:4466883291
夢を見すぎないこと(二度目です)
bebe
2010年3月7日 10:26

トピ主さまの最初の文を見ていると、「夢をみすぎ」という感じがするのです。
「もしかしたら、私もお嬢さまや高学歴のセレブの仲間入り?どうしよう。うふふ」みたいな。

でも、今、秘書室のあるのような大手の商社にお勤めなら、
社内結婚をした方たちのほうが、「華やかな生活」、「セレブな生活」になると思います。
他の方もおっしゃる通り、研究者の妻になったからと言って、特別な生活になるわけでもないですし、
必ずしも海外生活をするとは限りません。海外に行っても、商社の家庭のように優雅な生活ができるとは限りません。
先だって、ノーベル賞を取った方も授賞式が初めての海外だとおっしゃっていましたけど、そういうことも普通にあります。

それに、たくさんの研究者の家庭をみましたが、
「妻が献身的で至れりつくせりの家庭ほど、夫が業績をあげる」とは限らないです。妻も研究者で夫の身の回りの世話は夫が自分でしているという家庭でも、夫が大成しているという例はたくさんあります。

要は、研究者の妻に必要なこととは、あまりセレブな生活を期待せず、自分の献身を過大評価しないことだと思います。

ユーザーID:6710681277
研究者の娘です
研究者の娘
2010年3月6日 20:03

ご結婚おめでとうございます。娘の立場のものです。
父は国立理系を出て助手をしているときに、会社秘書をしていた母とお見合いし、結婚しました。母の実家は自営業で、父はそれがよかったといってます。研究畑でお嫁さんをもらうと視野が狭くなると思っていたんだそうです。

さて、両親の結婚時の取り決めは「本代を渡すのをケチらない」。理系であっても書籍は研究の基本ですし、新居も狭かったけれど書斎がありました。
そのせいで、子供部屋は小学校卒業で引っ越すまでなかったのですが。

周辺環境の話をしますと、(いまはそれほどではないかもしれませんが)研究者の世界は人脈頼りなので、お中元とお歳暮はけっこう多かったですね。
わたしも教授のお宅回りによく連れていかれました。
あとはご主人にどれだけやる気を持ってもらえるか、またどれだけ教授陣(とくに直属の教授)と
円滑な人間関係を築いていけるか、そこには奥様同士の交流会というのもからんでいますので、
腕のみせどころでしょう。

ユーザーID:8101718503
トピ主です。最後です
みねこ(トピ主)
2010年3月6日 18:19

たくさんのレスをありがとうございました。

私は何か誇示したいとか、そういったつもりはありませんでしたが、無意識にやはり出ていたのだと思います。

不快な気持ちになられた方すみません。

これからいろいろ気をつけながら、皆様に頂きましたアドバイスを生かして頑張ります。
ありがとうございました。

ユーザーID:4466883291
トピ主です
みねこ(トピ主)
2010年3月6日 16:24

たくさんの皆様に暖かいアドバイスをいただきまして、ありがとうございました。

確かに私が気負いすぎだったのかもしれません。何人かの方から、「研究者の妻ということで特別視しすぎでは」というご指摘がありましたが、率直には研究者だからというよりは、会社員ではないため周りの人の生活と違いすぎるのではと不安に思ったのです。


しかし、皆様からのアドバイスをいただいてからは、残業が多く、いつも遅い旦那様、仕事で頭がいっぱいの旦那様、共働きの夫婦というのは世の中にたくさんいらっしゃいますし、また、夫婦同じ会社・または業種ではない限り、相手の職業生活がなかなかわからないというのは普通にあることなのだと思うようになりました。
ありがとうございます。

彼はとても優しくて、私に何か強いることはありません。

また、私が普通の(?)会社に勤めていることを単純に「会社員の生活を知らないから面白い」と思っているようです。


私も彼の優しさに甘えすぎないよう、頑張りたいです。

ユーザーID:4466883291
私も同じような状況です
寝不足
2010年3月6日 12:21

はじめまして。
私と同じような感じだったので、つい書き込みしてしまいました。

私は20代後半で夫も同じ年です。
研究者、というか研究職ですが
毎日深夜帰宅、日付が変わる前に帰ってくればいい方だと思っています。

私はご飯はきちんと作っておいて、先に寝ています。
みねこさんが起きて待っていたいという気持ち、私にも最初ありました。
でも私も同業の職場で働いているため、体が限界でした。1か月もそういう生活を続けた結果、仕事にも支障が出てきたため、彼には「申し訳ないけど、日付をまたぐときは先にねる、でもご飯は作っておくから」と言いました。
それからはあまり話したり顔を合わせたりしませんが、休日は一緒にいて仲良くやっています。

なので彼が早く帰る連絡のない日は、お風呂に入って11時には就寝しています。

無理して送る結婚生活はあっという間にだめになると思います…
パジャマでもいいじゃないですか、夫婦になるんだから。

偉そうにすみません。

ユーザーID:4531676536
地味〜です
Moon
2010年3月6日 9:43

これまで二つの国立大学のプロジェクトで非常勤職員/研究員をしましたが、
理系研究者の世界、それはそれは地味です。なんか浮世離れしていますね。

さて、トピのタイトルをみて、妻の心構えについてでもお悩みかと思い、
案ずることないよ、と安心させてあげたいとトピを開いたものの、
「周りの女性が心配」ですか。少々驚きました。
「秘書」の「ハンター」文化が、物を見る目をそうさせてしまうのでしょうか。
嫌ないい方をして、ごめんなさい。
でも、自分の専門性に自負をもって仕事をしていましたので
そういう次元で語られる事に少々嫌悪感を覚えます。

まぁ念のため。秘書や事務で働きに来ている女性は、教養はありつつも、
あまりガツガツ働きたくないという既婚者等が多かったです。
若くてピチピチのお嬢さんがわざわざ好んで働きたいと思う場所じゃないと思います。
だって出会いがありませんもん。
研究者同士で結婚しているとしたらそれは単に出会いが少ないからでしょう。

ユーザーID:5656288454
私の場合・・・
marisole
2010年3月6日 6:53

ご結婚おめでとうございます。

私は約二年前に哲学研究をしているアメリカ人と結婚しました。
現在はアメリカ在住です。

トピ主さん、これを機にご自身が興味のある分野の勉強を始めてみては?
ただしあくまでもご主人さまを立てつつですけどね(笑)。

仰っていたように英語は必要かもしれません。
いずれはサバティカルで海外に行かれることもあるでしょうし、英語の勉強をするとか、何かの勉強をされるといいと思います。
私はこっちで生きていくために絶対必要ですけど(苦)・・・。

あと生活のリズムが違うという点ですが、こっちの場合、教室での授業とオンライン授業の二種類があるため、オンライン授業のために自宅で作業をする割合が大きいです。
勿論研究室で仕事をすることもあります。
ただ本人の癖なのか夜中じゅう起きて仕事をしているので、私の場合はそこがネックです。
でも私は気にせず寝るようにしていますが・・・。

研究者の奥さんとしての心構えは、そのうち何となく考えが浮かんでくると思います。
そんなに構えなくても良いのでは?
ただし相手を立てることは忘れずに、ですが・・・。

ユーザーID:3800149230
従順な妻?
ハスミン
2010年3月6日 0:52

トピ主さんのお悩みのレス読みました。

そもそもの疑問なのですが、なぜトピ主さんはなぜそんなに受身なのでしょうか。
なぜ彼の希望をすべて通すべきだとお考えなのでしょうか。

>帰宅時には寝ていて、朝は彼が起きる前に出勤していたら、まるっきりのすれ違いになってしまいます

これは、研究者は関係ないんですよ。
サラリーマンだって、激務で毎日終電やタクシー帰りの人は、このような問題を抱えます。

コレが問題だと思うなら、彼とよく話し合いましょう。
彼が研究者だからといって、トピ主さんが常に歩み寄らなければならないわけではありません。
彼も、結婚して他人と同居するのだから、何かしら譲歩しなければならないのですよ。

>起きて待っているにしても、平日は毎日、風呂上がりで寝る寸前のパジャマというわけにもいかないだろうと悩んでいます。

なぜダメなのでしょうか。
なぜダメだと思うのか、ご自分で考えたことはありますか?
全て完璧にやりたいなら、専業主婦になるしかないですね。

もっと自主性を持って自分の頭で考えて、今の不安も彼にぶつけてみましょう。
ちょっと頭が固すぎますよ。

ユーザーID:7329166996
なるほど。携帯からの書き込み
ほう。
2010年3月6日 0:43

色んな意味ですごいですね〜。文面の節々から、社会的な地位や学歴を誇示したいニュアンスが伝わってきます。研究者の妻としてって‥なんだそりゃ。私の感覚からいうと、そういう話を堂々と言うところが、ちょっと恥ずかしいです。色んな価値があるんですね。。

ユーザーID:7642049776
特別なことはなにも
ハスミン
2010年3月6日 0:40

えーと、別に心構えなど必要ないと思います。
国の研究機関や大学で教鞭をとっている知人が
何人かいますが、妻はみんな普通の人です。
そういう友人が連れてくる研究者仲間の妻たちも、本当に普通です。

兼業主婦、専業主婦、研究者、パートアルバイト、
通訳、幼稚園の先生などなど。

こういうタイプっていうものはありませんよ。
世の中の女性の多様性の数だけ、妻達のタイプもあるってことです。
大学勤務者も、本当に色々ですしね。
大学の先生だからといって、皆が「研究に没頭して他に何もできない人」
というわけでもないでしょう?

だから、トピ主さんもトピ主さんのままでいいと思います。
あとは、どういう夫婦になりたいか、どうやってお互い歩み寄るか、
夫婦でよく話し合って、尊重しあっていけばいいと思います。

それから、大学で教鞭をとる人は、特別だと思わないほうがいいですね。
いろんな意味で。

ユーザーID:7329166996
ハンターには気をつけて〜
佐藤たまお
2010年3月5日 19:20

国公立系大学の職員です。

私自身は既婚、夫も普通の会社員ですが、トピ主さんが気にされているとおり、中にはハンターいますね。秘書さんのほか、最近の大学には若い女性の臨時職員さんも多く、理系であれば研究室に数人居る研究補助員も大体若い女性です。そして女子学生。

もちろん大多数の方はとっても真面目に仕事、勉強されていますが、ごく一部に居ます、ラブハンター(苦笑)が。彼女達は「大学教官」というブランドが大好きなのです。
女性や、普通の男性から見れば下品で敬遠したいような彼女達なのですが、ウブで女性経験の少ない理系研究者は引っかかってしまうんですね。

トピ主さんのお相手の場合、大学外のしかも秘書の方と交際できる方ですから、そのような手合いに引っかかることは少なそうですが、気をつけるに越したことはないです。

ハンター女性はヒステリックな人が多いですから、コジれて訴訟沙汰になっているという話も1件や2件ではなく多く聞きます。もしそれが表沙汰になればセクハラで解雇です。

研究室のイベント(花見等)で奥様も出席できるチャンスは逃さず顔を出し、威嚇しておくことをお勧めします。

ユーザーID:2483691417
 
現在位置は
です