不幸続きの一族‥‥どうしたら?

レス7
(トピ主0
お気に入り60

生活・身近な話題

みなさんの身近には不幸続きの家庭、一族はおありでしょうか?
主人の実家がまさに不幸続きの一族でどうしたものかと悩んでいる空です。

不幸の内容は、まず病気、突然死、事故、相続問題などです。詳しく書くのはためらわれるのですが、聞けば主人の幼い頃からずっと家庭内に問題、特に病気があり続けたようです。

その病気も様々で罹患率が確率的に低いものや、まあ一般的な病気だとしても予後が珍しく悪く、お医者様がこんなことは滅多にないことなんだけど‥とおっしゃるような事ばかり続きます。

土地や家かなとも思いましたが、主人の兄の家庭も遠く離れているにもかかわらず金銭問題、病気にいつも翻弄されている状態です。
主人の実家と書きましたが、正しくは主人の母方の親族から続いています。

主人は次男で私達は結婚して12年経ちましたが何もありません。私の実家も病気、怪我などに無縁できたので私にとってはそれが普通なのですが、あまりにも親戚に問題がつづくので不安になる気持ちが拭い去れません。

次から次へと問題が起きてしまう家庭にはどのような原因があるのでしょう?
ちなみに主人の実家に行っても霊的なことは私は感じていません。もっと昔のしきたりや生活を大切に丁寧に暮せばいいのにと思うことはよくあります。

あいまいで分かりづらいかと思いますが是非、ご意見、知恵をお願いします。

ユーザーID:9285756745

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あてはまる家は多い

    どこの家でも、「死」以外は公にならないだけであっていろいろ抱え込んでいるものです。我が家も、妹の家も蓋をあけるとすごいです。主人の家なんか小説になるくらい不幸の溜り場です。主人の人生も含めて。

    私も知りたいです。いろんな占い師のところにもいきました。。無縁仏があるとは言われましたが、、。それには心あたりがあるようです。昔の因縁などもあるんでしょうね。

    一緒にレスを待ってみたいと思います。

    ユーザーID:9907187547

  • 参考までに

    なぜこのような不幸が続くのか正確な原因は判りませんが先祖の悪行や前世の因果等とは思わないで下さい。

    なんにしてもこのような災いを防ぐには二つの方法しかないと思われます。
    1. 精神的なバリヤーを創る ( バリヤーの製作と安定化にはかなりの時間がかかります、尚バリヤーの創り方は本等で学習して下さい )
    2. 当人が精神科に行き深層催眠をかけて貰い 『 災いはやって来ない・・災いはやって来ない・・ 』 と繰り返し自分の意識に働きかけます。

    御祓いや高額な御守り等は殆ど効果がありません。

    ユーザーID:3744507137

  • 実家がそうです

    私の出生前から続きますが、ただの偶然と思いますよ。
    生死をさまよう原因不明な病気、重大な事故やケガ多いです。

    家のせい、○○のせいとは思いません。
    自分が不幸とも思った事ありません。
    心身共に弱かったので、強くなるために必要だったと思ってます。

    誰も、死なない家は、無いですよ。
    変に不安がるより、今に感謝して過ごした方が、楽しいですよ。

    ユーザーID:1271575533

  • うちもです

    義父側がそうみたいです。
    義父の兄弟3人のうち胃ガンで全摘2人、一人透析。祖父と従兄弟も透析患者。
    他にも細かい病気は沢山あります。
    逆に私の実家には何もありません。

    が、結婚してからは私が命に関わらない持病をいくつか抱え込んでいます。
    主人は仕事があまり続かず、いつも短期間でダメになってしまうので、私の仕事関係でたまたま知り合った自称見える方に家族写真を見てもらったことがあります(事前に情報は何も与えていません)
    その方に、主人側は良くない家だと言われました。逆に私の実家にはパワーがあると。
    今は私が全て背負い込んでいるから丸く収まっているそうで、私がその背負い込んでいる物に負けてしまうと危ないそうです。

    まずは私が笑顔でいることが大切だと言われました。
    その後主人の仕事関係も好転し、私も出来るだけ笑顔を絶やさないようにしています。
    私の実家と主人の実家を見ての違いは、「ご先祖様の扱い」が一番大きいような気がしています。

    ユーザーID:3497063773

  • 気は心

    現実から目をそむけるのは問題だと思いますが(パレアナ症候群でしたか?)「不幸だ、不運だ」とそれに囚われるのもどうかと思います。

    うちもそうですよ。私もそうです。
    結婚して私があるトラブルに遭遇した時の母の言葉が「あんただけはそんな目に、こんな苦労はしないで済むと思ったのに」でした。

    でも私、不幸だとは思ってないんです。大変です。「苦労してる」と言う言葉は嫌いなのですが所謂「苦労してる」状態なのだと思います。持病も抱えてます。これも母方の体質に多い病気です。事故にも会いました。
    たぶん生まれてからの事を小説にしたらそれなりの内容になると思います。でもそれは「あった印象的な出来事を続けて」「被害者の目線で再生」しているからだと思っています。

    立て続けに起こると流石に心が折れますが(上記のトラブルの時は流石に精神安定剤のお世話になりました)目の前の事、一つ一つに丁寧に対応していると、案外大事が小事で済んでいたりしています。

    大変だと思いますが、それに囚われないことです。何のかんのいって旦那さんは貴女と出会えるまで生きてこれたのでしょう?それは幸運なのでは?

    ユーザーID:5289403787

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 付き合っていた彼

    の実家がそんな感じでした。害が私にまで及びそうになったので、お坊さんに聞いてみたら、平家の落人の刀が家のどこかにあるはずで、それを供養していないので災いが起きているということでした。何でもかなりの人がその刀によって命を落としているので供養しない限りおさまらないといわれました。

    彼に聞いてみると何年も前に錆びた刀が土の中からでてきてそのまま物置に放り込んでおいたらしいのです。

    供養してもらってからはぴたっとおさまりました。

    それまで私は目に見えるものが全てと思っていましたが、それはもしかしたら人間の傲慢ではと考えるようになりました。

    ユーザーID:2837515183

  • そうですね〜!

    災難が押し寄せてくる時は 一度にきますから 本当に驚き悩みもしますね! もっと昔のしきたり〜丁寧にくらす・・や ご先祖様の扱い・・を読んで、やはりそうゆう事も一概に否定できないのかもしれません。所謂<目に見えないもの>です。以前の印象に残ったトビを捜し見つけましたので、宜しかったらごらんください。   自分の死後、遺骨の埋葬について・・この中にレスしている、garuda2000さん こむらさきさんの所です。とても興味深いです。

    ユーザーID:0578906007

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧