• ホーム
  • 学ぶ
  • 古い絵の具の色飛び。絵画の修復。絵画に感動するとは?

古い絵の具の色飛び。絵画の修復。絵画に感動するとは?

レス8
(トピ主1
お気に入り10

趣味・教育・教養

うお座

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスありがとうございます。

    >ラピスラズリのブローチが時間が経ったら色があせたという事がないように、鉱物系の絵の具の色は変わらないと思います。

    なるほど。
    350年前の絵の具が今も変わらず発色をしてるんですね。
    画家が見ていた色と同じものを私も見てるなんてドキドキします。

    実は私も趣味で楽器を弾くのですが、
    クラシック(古典という意味ですが)音楽には
    オリジナルの音源が無いものがほとんどなので、
    逆に解釈の多様性というものがすんなりと受け入れられるんです。
    誰がどんな演奏をしようがオリジナルは「楽譜」という形で
    ずっとあり続けるわけなので。
    (前提である楽譜そのものが自筆譜であるのか?は別問題として)。

    ただ、絵画はオリジナル1点しかないので、それを修復するのは、
    例えばバッハの自筆譜に手を加える、みたいに思えたのです。

    でもみなさんのレスを拝見して、
    また違った視点での楽しみ方もあるのだな〜と思った次第です。

    ご紹介いただいた書籍、読んでみたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:8121976153

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧