恥をかかせたことになるのでしょうか?

レス38
お気に入り105

ののじ

働く

前提として、私は上司を人間として尊敬していません。
そうして、私の担当業務の中に、お茶汲みは含まれていますが、私だけの仕事ではありません。(上司や同僚はめったにしませんが、表向きは手が空いているものとされています)

退社間際に上司に呼び止められ、お茶を入れるよう指示を受けました。
コートのボタンを閉めかばんを下げた格好で出口に向かう途中でした。
もちろん、笑顔で返事をしました。そうして、その場でコートを脱ぎ走ってコートとかばんを自分のデスクに置きに行きました。(事務所の設計上応接スペースから事務所は丸見えです)
そんな私の様子を見たお客様が、逆に「申し訳ないからいいですよ」と笑いながら断ってくださいました。
ですが、上司が事務的な口調で再度お茶を入れるようにと私に指示を出したため、逆にお客様が少し気分を害されてしまいました。
そうして、上司に向かってお客様が「わざわざ彼女を呼び止めお茶を入れさせる必要はないのではないか」とおっしゃったのです。
非常に気まずい思いをしましたが、結局は私がお茶を出し、そのまま退社しました。

そうして翌日、上司から「おまえがわざとらしいことをするから、俺が恥をかいたじゃないか」と咎められました。

非常に気分が悪かったのですが、その場では謝罪しました。
ですが、全く納得がいきません。

この場合、私はどのように行動すればよかったのでしょうか? 
私の行動はそんなに間違っていたのでしょうか??

ユーザーID:5812112255

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お客様の来訪は認識していましたか?

    終業時間間近でも、来社されたお客様の姿に気づいていたなら、お茶をお出ししてから退社するのが通常の部下の姿勢ですよね。
    来社されたお客様は、応対者が嫌いな上司でも、会社の大切なお客様です。

    もしお客様の姿に気づいていなかったのなら、お茶だしを命ぜられたときに、「もう、デートに遅れるじゃない!」のようなオーラが出ていたのでしょうか。

    バタバタと走って”慌しい雰囲気”をお見せしたことが、お客様を恐縮させたのでしょう。
    普通なら、「お帰りのところすみませんね。」とおっしゃるのが、通常のお客様の反応です。

    次回からは、”笑顔でのお茶だし”ができれば素敵ですね。
    上司に対する好悪の情は、会社の就業中はあなたの心のなかの秘密です。
    笑顔の社員がいる会社は素敵です。 頑張ってね。

    ユーザーID:5340593780

  • 言い方が良くないですね

    何も「恥をかいた」なんて言わなくてもいいと思います。また、頼むときに「悪いけれども」とついていなかったのなら配慮不足なのも間違いありません。

    でも、トピ主さんも笑顔を作るまではよくやったと思いますが、それからの行動は完全に見せ付けてるじゃないですか、それではお客さんが気分を害するのも当たり前です。
    他に社員の方がいなくて、あなたに一刻を争う事情が無ければ、お茶だしは当然するべきだと思います。
    あなたが上司が嫌いであっても関係ありません、お客さんを嫌な気持ちにさせたことが問題だと思います。

    ユーザーID:2909206155

  • 間違っていないと思います

     まさに退社しようとしているものに対してお茶くみを依頼するのはおかしいと思います。他にできる人もいたのではないですか?
    上司が自己でお茶を入れればよいだけの話です。
    お客様にそこまで言わせてしまった時点で、上司が自らするべきであったと気づくべきです。あなたが文句を言われるのはおかしな話ですね。
    ただ、お客様を思えば、気遣わせなくてよいようにする配慮があればよかったかもしれません。難しいですが・・・。

    ユーザーID:9828740574

  • 言われる前に入れるべきでは?

    理由は、以下のことからです。

    ・事務所の設計上応接スペースから事務所は丸見え
    ・私の担当業務の中に、お茶汲みは含まれています

    ということは、お茶を入れるべきお客様が来ていることは分かっているのに、退社しようとしたんですよね? お茶は、いつも指示されなければ入れないのですか? 普通、お客様が来たら、言われなくても入れますよね? 指示しなければお茶は無しというルールがあるのでしょうか。

    今回のことは、上司の言う通りだと思います。走って自分のデスクに戻ったのが行けなかったと思いますよ。

    ユーザーID:8122602279

  • なんて素敵

    帰る間際にお茶くみを頼まれて笑顔で対応。

    理不尽な叱責に納得できないながらも謝る。

    なんてできた人間なんでしょう。

    その上司はいずれ最も信頼できる部下としてあなたを評価するでしょう。

    上司の自分勝手やワガママを受け入れる、人間のできた人だもん。

    私はいやなことがすぐに顔に出る人間です。
    あなたの謙虚さを見習いたいと思いました。

    ユーザーID:4892889267

  • 単なる八つ当たりだと思います

    上司からの重ねての指示に「NO」とは言えませんね。トピ主さんは気持ち良く従っただけ。お客様の「いいですよ」を受けて、「そうですか」とやめる訳にもいきませんね。単に上司が人使いの荒い人で(私が上司なら、お疲れさん!と部下を送り出し、自分がお茶を入れる)、退社する女性にお茶くみを強要する態度に抵抗を感じるお客様という、組み合わせの悪さ?という問題があったのですよね(どちらも女性がお茶くみは当然!という価値観なら起きない問題)。気まずい思いをした上司が、部下に八つ当たりしただけで、トピ主さんが納得がいかないのは当然です。

    上司は自分のプライドが傷ついたけど、自分の問題だとは認めたくないでしょう。意地でもトピ主さんの配慮のなさにしたいのかな。ちなみに、私は気が強いので、「○○課長(役付がわからないので仮に)の重ねてのご指示に従ったまでです。そういう場合は、ご指示を変えていただけるでしょうか」とか言い返しそう。でも上司の怒りを倍増させ、更に傷つけられること必至。トピ主さんが謝罪して、その場をおさめたのは賢明だったと思います。筋の通らない八つ当たりをする上司とはあまり関わらない方がいいですよね。

    ユーザーID:4338802348

  • したことじゃなくしなかったこと

    気まずい雰囲気だったならお茶を出すときに
    「いえ、言われる前に私が気付かなければいけなかったのですが・・」と笑顔で言えばよかったのでは。

    上司のためじゃない、来客のためです。

    ユーザーID:2967931900

  • 上司の性格

    その上司は、自分が間違っていても絶対に謝らないタイプの人間ではありませんか?
    上司自身も、そこまでしてお茶を出させる必要はなかったと内心では気が咎めているので、トピ主さんに嫌味を言ったのでしょう。
    トピ主さんが気にされる必要はありません。

    トピ主さんの行動に落ち度は無いと思います。
    強いて言えば、もし上司に来客があることがあらかじめ分かっていたのだったら、お茶を出してから退社準備をされた方がよかったかも知れません。

    ユーザーID:8984994624

  • あなたは間違っていませんが

    >前提として、私は上司を人間として尊敬していません

    ここが問題だったのではないでしょうか?
    これが顔に出ていたから、気まずくなったのでしょう。

    もし呼びとめたのが、あなたの尊敬する立派な上司だったら?
    お客様が「申し訳ないからいいですよ」と言っても、
    「とんでもありません、ただ今すぐお持ちしますから」とにこやかに返していたのではないでしょうか?

    あなたが嫌な顔一つせずにお茶が出されたのに、
    「わざわざ彼女を呼び止めお茶を入れさせる必要はないのではないか」
    と、お客様が蒸し返すとは思えないのですが。
    どうでしょう?

    あなたが間違っているとは思いませんし、この上司をは「なんて嫌な男だ!」と思いますが、トラブルを避けることができたケースだと思います。

    あなたがニコニコしてお茶を入れたのにこの展開になったのなら、見当違いの指摘をしてごめんなさい。

    ユーザーID:2491477036

  • 最悪な上司!

    退社間際だったんですよね?退社時間間際じゃなくて。
    その上司が自分で入れたらいいと思います。ムカつく〜。恥をかいたのは自分のせいじゃん。
    うちは同じような「同僚」がいます。お茶は女が入れるものと思い込んでる。
    むかつきますよね。自分だけが重要な仕事をしていると思ってるんですよね〜〜。

    どうすればよかったか…。私がいつもしていることですが…。
    お断りになってる先方様にこちらから大丈夫ですよってニッコリする。
    先方様がお礼を言ってくださることになるのですが、上司としては自分の言うことを聞き、その上先方のお断りも自ら退けてくれて、楽なんでは。
    これで身内から苦情を受けたことはないですね。
    「お茶を入れてもらう」お客様には少し同情します。いつもお礼か謝罪を言っていただくので…。当たり前のことなのに、申し訳ないとか思わせてしまってすみませんと思います。

    ユーザーID:8426119106

  • 私だったら…

    応接から事務所が見渡せると言う事は、事務所からも応接が見える配置なんですよね?お客様がいらしたのに、催促されるまで誰もお茶を入れないのは問題だと思いますが。お客様の「わざわざ彼女を呼び止めてお茶を入れさせる必要はないのではないか」発言には「こちらこそ(お客様に)気付かず失礼致しました」って謝るかな、私なら。上司を悪者にする事もなく、お客様も一応引っ込みがつきそうな気がします。

    とはいえ、部下をおまえ呼ばわりする上司は最低ですね。仕事は出来ないのにプライド高く権力だけ振りかざす、典型的なダメ上司を想像してしまいました(笑)帰り際の指示に笑顔で応え、八つ当たり的な叱責にも謝罪したトピ主さん。大人の対応で立派だと思いますよ。

    ユーザーID:2893798170

  • ちょっとの間違い。

    根本的にはその上司が間違っていると思います。
    (私もそういうタイプの上司は尊敬できないし嫌いです。)
    お客さまも立派な考えの方だと思いますが、ちょっとスマートじゃなかったですね。


    トピ主さんがどうすれば良かったかというと・・・

    1.帰る前に指示がなくともお茶を出す(帰れる=手が空いたから)

    2.お客さまの前で自分が悪者になっておく
      (お客さまに向かって「いえいえ私が気が利かなくてスミマセンでした〜!
       お気遣いいただいてありがとうございます」等と言う。)


    このどちらかができれば、上司のメンツも保ててトピ主さんも理不尽に怒られずに済んだかと…。
    また、お客さまからも見える位置だとわかっていながら
    事務所内を走るのは絶対に良くなかったですね。
    (そもそも事務所内では走るものではないと思う。学校でも「走るな」といわれませんでしたか?)
    お客さまには「よほど急いで帰る用があった様子なのに…」と見えて、拍車をかけると思います。

    ユーザーID:0072886056

  • お客様最優先

     Q.どのように行動すればよかったのか

    A.お客様がお見えになった時点、もしくは来客に気づいた時点で指示の有無にかかわらず率先してお茶を出していればよかった。

     Q.行動が間違っていたかどうか
     
     A.お客様が断ったのは社交辞令。再度の指示を出させたことは問題。

      
      翌日の上司の言葉は、問題解決にはならないただの八つ当たり。
     
      仮に上司が、尊敬する憧れの上司であったなら、このような事態は始めから起こらなかったのではないですか?

      どんな場合でもお客様最優先で接してください。 

    ユーザーID:6647097332

  • 上司ではなく“会社が”恥をかいた。

    帰り際の部下にお茶だしをさせる上司も思いやりがありませんが、
    お客様に遠慮させてしまうぐらいの“嫌々感”を出したあなたも問題。

    あなたの行為がお客様に不安を抱かせたり、
    不愉快にさせてしまったことは間違いないので、
    今回のケースではあなたの非が大きいと思います。

    ただ恥をかいたのは上司ではなく、
    『社員(客を不愉快にさせたあなた)の教育がなっていない会社』なので、
    上司の認識も間違っています。

    今回のような場合、あなたはお客様に気を遣わせないように
    配慮する必要がありました。
    お客様の言葉は決して“援護射撃”ではありません。

    お客様にそんなことを言わせてしまったことを恥てください。

    気にくわない上司への反抗は、他者に関わらない場面でどうぞ。

    ユーザーID:2864715347

  • 落ち着いた所作が求められた

     退社しかけているのに指示を受けたことはもちろん良かったですよね。
    でも、その上司が自分が恥をかいたことではなく、
    お客様が気分を害された発端がトピ主さんの行動であると言った方が理解をえら得たのかな?

     問題はお客様に気を使わせてしまったこと。
    たぶん私でもそのお客様と同じような態度で柔らかく「お茶はいらないですよ〜」と言うでしょう。
     でも、それは帰り間際に呼び止められたトピ主さんがバタバタしている様子を見てしまったからでしょう。事務所の構造上やむを得ないなら、内心不満でも落ち着いた所作で支度をすればよかったのだろうと思います。

     ここからは勝手な想像ですが、もしお客様と面識があり軽い世間話ができるような関係であるなら、「すぐお茶を入れるので少し待って下さいね」ということを明るめに話ながら応対できたらお客様も気を使わせにくかったかなと思います。

    ユーザーID:9674909980

  • もちろん!

    コートを着たまま、かばんを下げたまま
    笑顔でお茶を出せば良かったのです!

    なんちゃって。

    そうしたらそうしたで、
    上司は「厭味ったらしい茶の入れ方をしやがって」と
    言うに決まっていますね。

    そもそも帰りかけている人を呼び止めて
    お茶を出させる行為そのものに無理があるのです。
    ですからトピ主さんがどうなさっても
    どこかにひずみが出たでしょう。

    そんな昭和上司、適当にあしらいましょう。
    笑顔での対応や、言いがかりへの謝罪は
    社会人としてご立派です。
    大変ですが、これからも少しずつ頑張ってください。

    ユーザーID:5703911259

  • ちっちゃい

    ちっちゃい人ですねその上司さん。
    トピ主さんの行動は間違ってないですよ。
    他に頼める人がいなかったから
    退社しようとしているトピ主さんに頼んだんでしょう?
    (他の人もいたのに、上司が勝手にトピ主さんをお茶汲係と決めているなら
    もっとちっちゃいなと思っちゃいますけど)

    翌日にわざわざ「自分が恥をかかされた」なんて…、
    お年はいくつですか?と聞きたくなりますね。

    どうせ尊敬もしてないんだし、丸太か割り箸がなんか言ってるとおもって
    「すいません」と言っておいたらいいですよ。
    ただ、そういう粘着質な人は一度反抗すると
    とことんいじめてくる可能性があるので、
    可愛げに謝って心の中で「あーはなりたくない」とつぶやきましょう。

    ユーザーID:6410751007

  • お客に見えない所でコートを脱げば?

    そりゃ見えるところでコートと鞄はないかな。

    「はいはい、私まさに帰る所だったけど、
    今からあなたのためにお茶いれますから、ご覧くださいね〜」

    って姿を見せてしまうのはよろしくないかもね。

    それなら自分でやれば、、、と言っても
    お茶も男性である上司からはあんまり出さないだろうし

    みえてしまう場所じゃなくって、
    他にコートをおく場所がなかったのか不思議。


    だから、上司のいう「わざとらしい」みたいな発言もわかるかな。

    でも上司も言い過ぎだから、あんまり気にする必要ないですよ。


    半分は「仕方ない」で、半分は「やっぱりちょっと失礼かな」って思いますね

    ユーザーID:5070395766

  • 間違ってはいないと思いますよ。

    が、お茶を出した時にお客様へ一言「お気になさらないでください。」とニッコリして言えればよかったかも。

    ま、上司には謝罪したとのことですから、トピ主さんもいつまでも考えすぎないことです。

    ユーザーID:6426933443

  • 貴方は悪くないと思う

    退社寸前に接客させる上司のほうがおかしいから、お客さんも上司に抗議したんだと思う
    そんな上司を見てお客さんは「ここの会社はまともじゃないな」って評価してるでしょう
    抗議されたことで恥をかいて、貴方に八つ当たりして、怒りを発散してるだけにしか見えません
    >お前がわざとらしいことをするから、・・・
    って言われたら
    「じゃあどういう行動をすれば良かったですか?」って聞けば良かったね

    社風として、女性軽視でお茶汲みが当たり前の古い会社なんですね
    それと、他に残ってる方が「代わりに入れるよ」って言わないのもどうかと思います

    ユーザーID:0586661285

  • 早速の回答ありがとうございます。

    そうですね。知らない間に「上司が嫌いオーラ」がでていたの知れません。

    後出しと言われてしまうかもしれませんが、事務所には数名の男性社員がおりました。
    そうして、わたしを含め皆来客の存在に気が付いておりました。
    いらっしゃいませと声をかけていたからです。
    ただ、上司からはお茶出しのタイミングについて再三「自分(上司)からの指示があったときのみ」と
    以前より注意を受けておりました。
    自分の判断でお茶出しをした結果、後々上司に注意を受けた経験があったからです。
    すぐに帰るお客様だから。
    すぐに帰ってほしいお客様だから。
    話の腰を折られてしまい、場の雰囲気が壊れてしまうから。
    と言う理由でした。
    ですが、出さないと私のほうが逆にお客様に申し訳なく思ってしまい、勝手にお茶を出しまうことも多く、
    上司からの注意を完全には守ってはいませんでした。

    お客様には、「気が回らなくてすみませんでした」と謝罪をしたのですが、
    この対応に関しても上司はいい顔をしていなかったように思います。

    ユーザーID:5812112255

  • あなたが恥をかかせたのではなく

    上司が自分で恥をかいただけのようです。

    ユーザーID:0438429614

  • 上司の不見識

    ののじ様の職場にタイムカードが有る(実際に有るかもしれませんが)と仮定してみてください。
    退社しようとしていたののじ様は、当然直前にタイムカード打刻を済ませていたことになります。しかし、上司に呼び止められて以降の行動は「業務」となりますのでタイムカードを再打刻し、記録を修正する必要があります。
    上司には「数分なのだから、再打刻しなくても良いじゃないか」という気持ちがあるのかもしれませんが、それは上司の甘えです。日常的に同様行為がなされているとすれば、集計すると相当な時間、部下を無給で労働させていることになります。
    管理職は職場にタイムカードが無くとも、それらのことを意識しておくものです。この場合の上司は、ののじ様を呼び止めるのではなく、まだ退社しない別の部下を呼ぶべきでした。恥は上司自らが種を蒔いたのです。

    ユーザーID:9414990312

  • ノアさんに一票

    見たくも無い内輪の揉め事を、第三者のお客様の目の前にさらけ出したことは、充分恥ずかしいことだと思います。お客様からしたらトピ主も上司も変な人です。

    ノアさんが書いていらっしゃるように、お客様の言葉は援護射撃ではないです。「もうたくさんだから、内輪もめは裏でやってくれ。」といったのです。その点をトピ主は考えて見るべきだと思います。

    ユーザーID:2750470047

  • Part 2

     新たな情報を元に、前回の書き込みについてお詫びして訂正致します。

     これまでの情報を見る限り、ののじさんには全く非がないと思います。恥をかかせたことにもならないでしょう。明らかにこの「ダメ上司」の自業自得です。むしろののじさんがこのダメ上司の至らない面を助けてやっている構図が見て取れます。
     この上司がいる限り、我慢して今のままのスタンスを続けるしか方法はないかも知れません。「嫌いオーラ」というより「軽蔑オーラ」になってしまいそうですね。
     前回の書き込みは無視してください。軽率な意見を述べてしまい申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:6647097332

  • あなたの対人スキルも低い

    トピからあなたは総務の方とお見受けします。来客へのお茶出しもあなたの仕事なのですね。

    しかも、あなたは来客の存在に気づいていたのですね。
    では、それを無視して帰ろうとするあなたにも問題があります。

    今回の件は「あなた」や「あなたの上司」が恥をかいたのではなく「あなたの会社」が恥をかいています。
    その事を良くご認識された上で、どう対応すべきだったかを考え直す機会だと思います。
    対人スキル向上の機会として、以下を考えてみて下さい。

    (1)来客があるのであれば帰らない。帰るとしても「帰っても問題ないか」をまず確認する。
    (2)帰ろうとした時に「お茶を出してくれ」と言われたら、お客様の見えるところでバタバタしない。
    (3)お客様が「申し訳ないからいいですよ」とおっしゃったら「気を使わせてすみません」とまずあなたが謝る。

    優先順位は(1)>(2)>(3)です。

    ちなみに、あなたが上司を人間として尊敬しているかしていないかは、お客様の前では全く関係ありません。
    それを前提として上げてる事にも大いに違和感があります。

    ユーザーID:7822194877

  • 私もノアさんに一票。

    私もノアさんに一票。

    「上司に恥をかかせた」→×
    「会社に恥をかかせた」→◎
    「トピ主さんが自分で恥をかいた」→○

    追記を読んでもそんな印象です。

    >すぐに帰るお客様だから。
    >すぐに帰ってほしいお客様だから。
    >話の腰を折られてしまい、場の雰囲気が壊れてしまうから。

    上司のこの言い分はとても普通です。
    会社のお茶は「お客様に絶対お出しするもの」ではありません。
    接待する相手とのやりとりや、打合せの内容・時間によって
    臨機応変に対応せねばなりません。
    接待している人(こちら側)の有利になるよう、
    空気を読む能力も必要です。

    トピ主さんはご自分を“お客様を気遣える人間”と思っているのかも
    しれませんが、それは時として“出過ぎた行為”となります。

    今回の件は、やはりお客様の目の前でコートを脱ぎ
    お客様に遠慮させてしまったトピ主さんの失敗だと思います。

    帰り際だったのはお客様も目撃しているでしょうから、
    こっそりコートを脱いでお茶を出しても
    良識ある方なら「帰り際にありがとう」と声をかけてくれる筈。
    そうすればあなた自身の株も上がったのにね。

    ユーザーID:7569092799

  • 変な理由(笑)

    お茶出しのタイミングについて、上司の挙げた理由が、上司自身の質の低さを如実に表していますね。

    >すぐに帰るお客様だから。
    >すぐに帰ってほしいお客様だから。
    →お客様側からすれば、いつ帰るかは客の自由。店側はどの客に対しても「ごゆっくりどうぞ」という気持ちで接するべきです。

    >話の腰を折られてしまい、場の雰囲気が壊れてしまうから。
    →上司自ら、自分の接客会話能力の低さを暴露しているようなものです。雰囲気に依存しないと商談を進められず、しかも良い雰囲気に回復させることもできないのでしょう。

    能力の無い上司にあたってしまいましたね。

    ユーザーID:9414990312

  • さっさとお茶だせばいいだけ。

    これは、会社に居る限り変わりません。
    それが納得できずに嫌なら会社を辞めるしかありません。
    それか尊敬できる上司のもとへ異動願いでも出しましょう。

    自分の上司の来客にお茶も出さずに、平気で帰ろうとする神経を疑います。
    しかも業務内容にお茶くみが入っていますよね?
    不意なお客様なのか、アポ予定なのかは分かりませんが
    来客が来た時点で、さっそうとお茶を出せばいいだけの話しです。

    上司の好き嫌いで仕事をさぼる。
    来客のお茶くみ一つさえバカにするような人は事務職なんて
    なさらないほうがいいのではと思います。

    ユーザーID:0014763794

  • そうですね

    40歳代後半の既婚者で、経理事務の仕事をしています。
    雑務(朝の机周りの簡単な清掃、お茶出し等)も仕事の一部です。

    私なら、退社する前に(制服を着ている状態)応接室へ行き、
    「お話し中失礼します。退社しますがご用事はございませんか?」と一言声をかけます。
    これなら「ではお茶をお出しして」でも「いや大丈夫だよ、お疲れ様」でも対応できると思います。

    この対応で後で(上司に)文句言われたら、心の中でムッとするかな〜。
    でも不満な顔や態度はお客様の前では出さないのが仕事のプロって考える様にします。

    ユーザーID:1925174346

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧