労働4保険と年金未加入ってなんですか?

レス11
お気に入り40

U

働く

タイトルの通りです。

主人が40を超えて転職を検討しております。
会社から提示された中に「労働4保険加入、年金未加入」とありました。
いろいろ検索しましたが意味がわかりません。
社会年金(というのでしょうか?)の部分が今後はもらえないということですか?
労働4保険ってなになのでしょうか?退職金制度とはまた違うお話ですか?
恥ずかしながらまったくわかりません。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

ユーザーID:2404373622

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • その会社に聞く

    労働保険とは、労災保険と雇用保険です。
    労働4保険という言葉は聞いたことがありません。

    なんとなくですが、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険は加入、
    企業年金は未加入、って感じかな?

    でも、転職の際の雇用条件は大事なことですから、
    ここで聞くより、その会社にしっかりと聞いたほうがいいですよ。
    曖昧にしてはいけません。
    また、入社前にかならず労働条件通知書を受け取り、
    文書で確認することが大事です。

    ユーザーID:4688998711

  • 厚生年金

    厚生年金にはいっていない会社なんではないですか?
    ですから、将来もらえる年金は半分近くになりますね。会社がダブるで払ってくれないから。

    ただ、労働中の事故などの保険はたくさん4つもかけてくれるんでしょう。

    ユーザーID:9910362666

  • 雇用保険と労災保険。

    労働保険とは雇用保険と労災保険の事ですね。労働4保険とは、これに健康保険と厚生年金の事だと思うのですが、健康保険は組合の健保なのかな?。厚生年金には未加入の様なので国民年金に変わりますね。手続きは自身で行ってください。

    ユーザーID:8957690319

  • 社会保険全般のことでしょうかね

    労災保険
    雇用保険
    健康保険
    介護保険

    までで4保険、
    (「労働保険」というと、前半2つのことを指すような気がしますが)
    これは会社と保険料折半するけれど、

    年金だけは、各自で国民年金に加入せよ、
    という意味だと思います。

    トピ主家の見た目(?)で考えると、
    保険証は、国保ではなく会社発行のものを持つ、
    年金は、第一号被保険者となり、保険料を会社を通さず納める、
    と。

    たぶんそういう意味。

    トピ主さま、余計なお世話なのですが、
    これを機に年金のこと調べてみたり(「ねんきん定期便」届いてますよね?)、
    家計にも関わってくることですから、見直してみたり、
    されるといいかも知れないですね。

    わかりやすい図式の本も出てますし、
    ファイナンシャルプランナーとかの参考書立ち読みだけでも(笑)、勉強になるかもです。

    ご主人の転職、うまく行きますように。

    ユーザーID:6335130977

  • かなりの負担増の恐れがあります

    「労働4保険」=雇用保険、労災保険、公的医療保険、介護保険のこと。
    退職金制度とは異なります。

    「年金未加入」=雇用されても厚生年金に加入しない、という意味。

    ・年金制度について

    第1号被保険者=学生、自営業者、農業・漁業従事者、無職者など
           国民年金のみに加入。

    第2号被保険者=会社員、公務員 
           国民年金+厚生年金または共済年金に加入。

    第3号被保険者=第2号被保険者に扶養されている人(主に専業主婦)
           国民年金のみに加入。第2号被保険者(=夫)の支払う
           保険料の中に、第3号分の保険料が含まれている。

    通常、会社員は厚生年金の被保険者(=第2号被保険者)となって
    保険料を支払いますが、ご主人様の場合は第1号被保険者になります。
    そのため、毎月1万5100円の国民年金の保険料の支払いをしなければ
    なりません。

    もしトピ主様が専業主婦であったとすると、ご主人様が第2号被保険者
    ではなくなるので、トピ主様自身も第1号被保険者として保険料を納め
    なければなりません。

    ユーザーID:1019234095

  • 多分・・・

    四保険とは
     労働災害保険、雇用保険、健康保険、年金保険
    ですが、年金を除くと言う事は、企業が下命する厚生年金保険に加入しておらず、個人で国民年金保険に加入と言う事ではないかと。
    従い、此れまで厚生年金に加入していれば、国民年金に加入する事で、合計25年間加入すれば65歳(厚生年金部分は60歳から)になった時点で、給付金の受給が可能です。

    でも、ご主人にその会社で内容を確認してもらったらいかがですか?

    ユーザーID:3887365336

  • それは

    旦那さんに聞いてみるのが一番かと...

    たぶん厚生年金はなし(事業主負担があるので)、社会保険なし(同じく事業主負担あり)
    雇用保険なし(同じ)、労災保険なし(同じ)ではないでしょうか。

    国保に加入して国民年金に加入して といったところだと思います。

    でも、これくらいは自分でググッてみましょうよ。

    ユーザーID:5034835642

  • 保険の種類

    サラリーマンが加入する国の制度の保険は「雇用保険」「労災保険」
    「健康保険」「介護保険」「厚生年金保険」の5つあります。
    労災保険は掛金がすべて会社負担、ほかは勤め人と会社がそれぞれ
    掛金を分担します。

    「年金未加入」ということは、その会社が厚生年金に加入していない
    ためだと思います(株式会社なら本来は違法ですが、年金事務所も
    黙認状態です)。厚生年金以外の4つのうち「雇用保険」「労災保険」
    の2つをあわせて労働保険、「健康保険」「介護保険」の2つを社会
    保険といいます(通常は厚生年金も含めて3つですが)。

    「労働4保険」こんな言葉はありません。

    中小企業の場合、「健康保険」「介護保険」には、政府管掌のものと、
    職業別の国民健康保険(税理士国保、建築国保など)がありますが、
    ご主人が面接を受けた会社は、おそらく後者に入っているのでしょう。

    年金未加入であれば、ご主人が入社後もご自分で国民年金の掛金を
    払うようになると思います。この場合は将来退職しても、厚生年金は
    もらえません。

    ユーザーID:0803091758

  • 会社に問い合わせる方が手っ取り早い!

    推測するに・・・労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険・・・で4保険。
    年金未加入=企業年金には加入していない。

    だと思います。
    健康保険と厚生年金保険は抱き合わせなので、厚生年金保険のみ未加入なんてことはないと思います。

    ユーザーID:6002269048

  • すみません。「年金基金未加入」でした・・・。

    たくさんのご回答ありがとうございます。

    お恥ずかしながら、確定申告年末調整保険の部分は会社にまかっせきりなので夫婦共々意味がわからず右往左往状態でした。

    しかもこんなにご回答いただいてから気づいたのですが、「年金基金未加入(基金が抜けておりました)」との記載でした。

    きっとこの「基金」の部分が重要なのか!?と思いながら、自分で調べてみましたがやはりわからないです・・・。

    本当に無知な私共夫婦にこんなにたくさんのご回答をいただけて感謝しております。

    できれば「基金」の部分も教えていただければ幸いです。

    厚かましい話ですが引き続き、どなたか教えてください。

    よろしくお願いします。

    ユーザーID:9545513897

  • 年金基金

    一般的に年金基金と呼ばれているものには2種類あります。

    企業年金基金と厚生年金基金。

    厚生年金基金に加入している会社とその従業員は、本来国に全額支払うべき
    厚生年金保険料の一部を基金にプールすることができます。

    基金はそのお金を元手に独自に運用し利益を生み出します。
    つまり厚生年金基金に加入している人は、国からの厚生年金・基礎年金に加えて
    運用益を上乗せした金額を生涯受給することができます。
    運用益分の年金額は、所属基金の運用実績や加入の長さなどにより
    様々です。10年未満の短期脱退者には給付0円の処が殆どです。

    厚生年金基金はかつて5%程の運用が義務化されていたため維持が難しく
    平成15年頃からプールしていた分を国に返す「代行返上」が盛んに行われました。

    企業年金基金とは、「代行返上」が行われた基金が新たに基金独自の
    基準で加入員に老後の生活安定のための給付を行います。
    年金額や、支給年数なども千差万別です。

    厚生年金加入者は3444万人。うち基金や401kなどの企業年金に
    加入している人は1703万人(H21.3.31現在)です。

    ユーザーID:0361626667

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧