• ホーム
  • 話題
  • 身だしなみに無頓着な母に育てられた女性の現在は?

身だしなみに無頓着な母に育てられた女性の現在は?

レス82
(トピ主0
お気に入り303

生活・身近な話題

のらくろ

身だしなみなどに無頓着、または放任?な母に育てられた30代女性です。
同じような母親をもつ、今は大人の女性の皆さん、
今現在はどんな感じですか?恥をかいて改められた部分も多いかと思いますが
特に女性は見た目で損をすることって多いと思います。(顔の良し悪しではなく)
できれば、こんな恥をかく前に、子供時代に身につけておきたかった、と
母に対して軽く恨みを感じたりしたことはないですか?
今更親のせいにするのもなんなので、よければこのトピで経験談を・・・

【子供の頃】
お箸を正しく持てない。(母は正しく持てる)
歯磨きをしない。
髪をブラッシングしない。
ハンカチなんて必要なし。
卒業アルバムではボッサボサのオバケ頭。
しかもしゃがんでパンツ丸見え。
初めて母に髪を結んでもらって喜んで登校。ゴムは輪ゴム。ワケ目はグチャグチャ。友達に大笑いされる。

【大人になってから】
パンストは糸が引きつれたくらいでは何の問題もなし。
カーディガンのボタンが取れてても、どうせボタン留めないし。
髪を結べば疲れたオバサン風。(セット剤を全く使わないので)
靴のヒールが削れて金属がカンカン鳴ってても、見た目には問題なし。
爪は適当に切るので伸びてきた時に斜めだったりガタガタ。
服のホコリや少々の汚れ「こんなの誰にも見えないよ」
スカートのほつれは現実的に困るまで直さない。

子供の頃の不衛生な部分は早くに自分で改善できましたが
大人になってからのは、指摘されたり、あ、私普通じゃない、と気付いて改めました。
気付いてなかったとはいえ成人した女性として、「だらしない、みっともない」と指摘される事は
かなり恥ずかしいことでした。

女の子の母になったら「みっともない」ことをちゃんと教えられる親になりたいと強く強く思います。

ユーザーID:9025073994

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の母が、身なりや身だしなみに無頓着な人で


    私が中学生の頃
    髪をとかしたり、お洒落らしいことをすると、ものすごく不機嫌

    母は、そういうことが大嫌いだそうです。
    そんなことは、どうでもよいから、勉強という母でした。
    勉強のものなら、何百万かかっても良くて、実際お金をだしてくれました
    身なりや、身だしなみといった事にはお金を出さない人。

    子供のころ、歯を磨いたことなんてなく
    大人の歯になってからは、あっというまに虫歯
    顔も、湿疹やぶづぶつだらけ。

    いくら勉強ができても、歯は虫歯の、顔中湿疹だらけ
    ぼさぼさの髪。では意味がないような?
    メイクなんて、私はしたことがないし、知らないし

    他人には聞けません。
    他の人を見て、まね?
    をするしかないですね。

    ユーザーID:5024596690

  • うーん

    そうです。親のせいに今更するのは変です。

    大体、9歳から10歳頃から勉強でも、生活でも「他人と比べて自分はどうか」を考える事が出来るそうです。
    少なくとも中学生にでもなれば、自分がどういった姿をしているかは判別できます。
    主様が書かれている大人になってからの項目は自分が悪いに過ぎません。

    と、言うのはですね。
    私は反対だからです。母は身だしなみや生活一般において、非常に厳しい人でした。
    ですが、私は全く出来ませんでした。小さい頃は母がしてくれてましたよ。
    でもハンカチも持ってでないし、髪はぼうぼうだし、大人になってもメイクもしない。
    父と母は私を見て嘆いていましたからね・・・・。

    本当に小さな頃は大人の影響を色濃く受けますが、
    高校生以上にもなれば、人と比べたり、外の情報が目に見えて判るはずです。

    勿論家庭環境は大きく左右する一つの要素ですが、
    それをそのままにしておくのは、本人に興味が無いと言うのが一番の原因だと思いますよ。
    自分を見ていてそう思いますもの。

    ユーザーID:7882589747

  • 母も放任でした。

    うちの母もほったらかしでした。
    妹が小さい事もあったのでしょうが、食べ方とか、所謂、躾、身嗜みについて教わった記憶がありません。

    が…

    小学校低学年の頃には友達の髪型とかかわいいなぁと思ったら自分でまねしてみたり、自分から母にお願いしたりしてたような気がします。

    ハンカチとかは学校でちゃんと持ってくるように
    言われていたし、
    年頃になると、わりと小さい頃から自分でしていたような…
    アイロンも小学生から自分でしていましたよ。


    大人になってからの身嗜みは親は関係ないように思いますが、いかがでしょうか?

    ユーザーID:3304841328

  • 悔しいです

    このトピすごくツボに来ました!
    私の母は、身なりに無頓着+「楽しむことは罪」という思想統制(ちょっと大げさですが)を敷いていました。

    そして私は、
     子供の頃:
    リンスって何?髪の毛はボサボサ。
    服は田舎の親戚のお下がり。ものすごくボロい。
    母が子供だけでボウリング場等へ行くと不良になるか誘拐されると信じていたので行ったことなし。
     大学時代:
    夏はつっかけ(サンダルやミュールではない)で登校。
    髪は自分で脱色(ヤンキーではない)。
    とにかく遊び方を知らない。
    全然、女の子らしいところがなく、まともな恋愛などできず過ぎました。
     現在(30代半ば):
    見た目、身なりはそれなりですが相変わらず遊び下手、つきあい下手です。
    なぜかオヤジの方々には異様にもてますが同年代以下からは全然駄目です。
    まあ、既に夫も子供もいるので今さら恋愛に走ることもできませんが。

    ああ、母よ、私の青春を返せ。
    いわゆる毒母ではなかったし、いい年をして既に他界した母を恨んでも仕方ないですね。
    でも、吐き出させてもらって少しスッとしました。
    トピ主さん、ありがとう。

    ユーザーID:5899903493

  • わたしもです!

    のらくろさん こんにちは。

    お気持ち、わかります!いい年した今でも思い出すと落ち込むほどです。

    私の母も、ひどかった−。しかも片付けられない女な上、外に出るのが好きな性質。さらに経済的事情で働きに出始めると、水を得た魚のように
    いきいきと汚部屋&子供の世話放棄。
    のらくろさんと違うのは、私の母は外出時には自分の身なりは気を使っていたということ。服は高いものを買ったり、出かける前は髪をセットなどしておられたのですが、下着はぼろぼろ、ストッキングには大きな穴。
    家では風呂になかなか入らない。そして子供には無関心。

    小学校の頃は、朝の洗面、歯磨き、整髪、ハンカチティッシュ、教えられた記憶なし。爪も髪もまっくろべたべた。当然不潔。
    学校で注意されて自分で頑張ろうと思っても、何がどこにあるやら。探したり片付け始めると怒り出す。
    悲しくて子供向けのエチケット本など読んで、素敵な女の子になろう!と決心してもからかったり皮肉言ったり、まー足をひっぱるひっぱる。
    当然女の子としての身だしなみや仕草など大事な時期に身に付きはしませんでした。
    続きます。 

    ユーザーID:1209688315

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私もそうでした

    下着は毎日取り替えてなかった。
    お風呂に毎日入らせてもらってなかったから髪も毎日洗ってない。
    パンストは毎日取り替えるものだと知らなかった。
    ファッションセンスまるでなしただあるもの着ていただけ

    今思い出すと恥ずかしいです

    ユーザーID:7133085290

  • 続き わたしもです! 

    私もパンツ丸見えでクラス写真に写って影でひそひそされたことあります。きっと同級生の母親たちも噂して笑ってたんだろうなあ。

    先生も同級生も、きちんとしたご家庭でしつけられた人には想像もつかないのでしょうね、決して子供自身が怠けているから不潔でだらしないのではないのですが。よくちゃんとしろっていわれました。
    ちゃんとできる状況が家にないんですけどね。真実を告げて誰かに助けを求めても、それを知った母親の攻撃が余計ひどくなるだけですしね。

    そして自身の女の子としての無防備ぶり、親の無関心ぶりを思い出すにつけ、よく犯罪に会わなかったものだと震えます。危ないことはたくさんありましたが、助けてくれたのはいつも周りの人で、親ではなかった。


    こんな自分が身だしなみや振る舞いを学んだのは全て本からです。

    今は結婚して幸せに清潔に暮らせています、子供が生まれたら決して母には預けませんし、大事に育てるつもりです。

    長文失礼いたしました。

    ユーザーID:1209688315

  • トピ主です

    レスありがとうございます。今思い出しても赤面しますね。

    あ、もちろんご指摘頂いたように「本人に興味が無いと言うのが一番の原因」
    これ認めます。
    そんな自分の性質だけに、私がだらしない姿で家を出る前に「○○じゃ笑われるわよ!」と気付かせてほしかった願望です。

    そんな私も小学4年生くらいから実は女心は芽生えてました。
    まーまれーどさんと似てるかな?
    その芽生えた心をオープンにできない空気というか。
    お前はまだまだ子供なんだから。と性のめざめ(?)を好まない傾向があったような。
    末っ子だったので特にかも。
    初めてのオシャレが髪を結ぶこと。とにかく結んで貰えた事が嬉しくって!
    で「あの輪ゴムでわけ目ぐちゃぐちゃ」だったので気を効かせてくれよ〜!と。
    そう言えば鼻ク○がついててもあくまで放任の母でした。
    「ブラジャー」と言葉に出すのも恥ずかしく、ずっと言いだせずに
    中学2年でやっと、買ってと言いました。

    成長と共に一見普通のオシャレさんでしたが
    染みついただらしなさはこういうところに出てしまうのね・・・と痛感し実は今でも自分の行為に自信がない・・・

    ユーザーID:0097169187

  • ここにもいま〜す!

    歯磨き・洗顔・洗髪、清潔にすることを躾けられませんでした。

    服も学校へ着て行った物でそのまま就寝。

    小学校高学年の時に、同級生に『なんで毎日同じ服なの?』と言われて初めて気付きました。『自分が不潔』ってことに。

    でも洗濯は週に1回と決まっていて、替えの服も2・3着しかないので同じ服を着るしか無かったなあ・・・

    小遣いも無いからオシャレの仕方も分からない。貧乏だ、貧乏だ、と親に言い続けられ『コレ買って〜』なんて言ったら怒鳴られる。

    中学生頃からバイトして、お小遣いを工面出来たけどオシャレすると嫌味と批判。

    やっと高校生の時に彼が出来て、オシャレに目覚めるも野暮ったい。オシャレに対する『見る目が無い』んですよね。

    友達の真似をしても、どこか何かが違う。

    よく言う『ブランド殺し』な私。

    親のせいじゃないかもしれない?親のせいだよ〜。でも恨んではいないよ。母を『そういう人』だって割り切ってるから(笑)

    ちなみに母は貧乏だと言い続けて居たけど、老後に備えて莫大なお金を貯めこんでいました!鬼〜!

    ユーザーID:2925051334

  • そういう母親は…

    トピ閉めてしまっていたらごめんなさい。

    トピ主さんやみなさんのレス読んでいたら、おお!私も同じだったじゃないか!と思い、思わずカキ込みしちゃいました。

    そういう親をネグレクトというんだと思います。
    子育てに無関心だったのかも知れません。
     
    私だって酷かったですよ。
    下着を取り換えることは知らず、おまえは病気だから、という理由でお風呂にもあまり入らせてもらえず、髪はべたべた、服もアイロンのかかっていないくちゃくちゃなのを着せられ幼稚園などに行っていました。不登校状態でしたね。

    大人になれば自分で風呂にも入り爪だって切れるようになれるけど、幼少の時なんてそんなことわからないしできませんでしたよね。
    他もみなさんがレスした内容とあまりにもぴったりきたもんでいい年して涙がでてきちゃいました。

    今ではもうそれはそれはその時の反動で、特に子供へは毎日きれいきれいにし、アイロンだって体育着や靴下までびしっとかけてしまうくらいです。
    (あぁ、これも病的ですか…?)
    自分は思春期入るに従って世間を見よう見まねで習得していったと思います。

    ユーザーID:3862179195

  • 本人がズボラです。

    母ひとり姉妹2人の女家族で育ちましたが
    身だしなみについては平均並みです。

    でも本人がなんせズボラで大雑把なんですね。

    ・お風呂で体を洗うのは週1回程度(特に冬場は)。
    ・次の日が休みだとお風呂に入らない。
    ・歯磨きをすぐにさぼる。最低1日1回。
    ・洋服の多少のほつれは気にしない。
    ・洗濯物は脱いだまま入れる。裏返しでも気にならない。
    ・帰宅後に着替えたら脱いだままベッドの上に放置。しまうのはお風呂の後。

    この前、親友が泊まりにきたときにトイレの話になり
    「人様のうちで大をするときはティッシュをぐるぐる丸めて先に放り込み
     その上にするようにすれば便器に去っていった跡が残らないと教えられた」と言いました。

    現在ふたりとも34歳。
    私は既婚で彼女は独身です。

    ユーザーID:0355079720

  • 気づいてからが辛かった

    物心ついた時から、歯磨き・洗面はしないのが当たり前。父が節約の鬼でお風呂は夏でも週に1〜2回。
    当たり前だと思っていましたが、小学校で担任の先生がクラスの児童に聞いたことが切っ掛けで事実判明。

    先生が「毎日お風呂に入る人?」「では一日おきの人は?」と聞きました。すでに殆んどの子が手を挙げ終えています。最後に残った私、先生に「何日おきに入ってるの?」と聞かれ「週に1回か2回・・・?」と答えました。クラス中がどよめきました。

    下着もお風呂の時にしか替えてなかったかも。髪も自宅でカット、フケと皮脂でべたべた。ハンカチも少なく足りない、制服のシャツは2〜3日続けて着る、虫歯だらけ。甘いお菓子やスナック菓子は食べ放題で、洗顔をしないため、思春期からニキビだらけ。お陰で今は顔中毛穴だらけです(泣)。成長とともに気をつけるよう努力するようになりました。

    躾以前に、多分元々の性格が無精だと思う。今もお洒落は半分義務でしています。家にいて誰にも会わない日なら、汚い格好で平気です。
    母自身は身だしなみみ無頓着ではなく、普通です。父は無頓着です。

    今、お風呂に毎日入れるのは幸せです。

    ユーザーID:4404327827

  • 同じです。

    お箸はちゃんと持てますが、歯磨きは何年もしなかったです(歯は黄ばんでます)ブラウスもハンカチもしわくちゃ。髪の毛も縺れてぼさぼさ頭。結わくのは輪ゴム(取るとき絡まって痛いですよね)下着も毎日取り換えなかったし、頭はふけがいっぱい、体はめったに洗わなかったです。

    年頃になり自分で気をつけるようになり、見た目は小奇麗になりましたが、歯の黄ばみは取れず、少し母を恨んでいます。

    現在は結婚して娘がおりますが、私みたいな思いはさせたくないので、ハンカチ、ブラウス、体操着、スモッグなどすべてきちんと洗濯、アイロンしております。髪の毛は毎日丁寧に痛くないようにブラッシングして、一日2回歯磨き、3ケ月に1度歯医者でクリーニングしてもらっています。もちろん毎日お風呂にいれて、頭から全身綺麗にあらっております。家もぴかぴかにしています。が、最近娘が少し潔癖すぎるので心配になってきました。


    ユーザーID:1415185639

  • さらに同じです!

    のらくろさん

    そうそう、私も「ブラジャー」言えなかった!中2くらいです買ってもらったの。
    「性のめざめ」喜んではいなかったですね。
    面倒そうだった(笑)


    暴力とかではなかったし、親も忙しかったし、と自分を納得させて何十年生きてきた私ですが半年前に抱えきれず大爆発。
    怒りをすべて母にぶちまけました。
    何だかんだ言訳はしていましたが、本人も少し自覚はあったようで申し訳なかった、無頓着だったと言われました。
    恨みがすべて消えたわけではないですが、少し楽にはなりました。

    私もまだ自信ない方です。
    ただそれはこれからも直せることですが、トピを立てずにいられないほど悲しかった記憶は今も抱えてるんですよね。
    一見小さな悩みに思われがちなんだけど、とても大事なものを与えられずに育ったことには違いないんです。
    女の子だもの。
    一度お母様に思いを話されてみては?
    変な話、相手が死んでしまったらのらくろさんは一生もやもやを抱えて生きないといけなくなるから。今がチャンス。
    私も実際口にするまではこんなに自分が苦しんでたとはわからなかったです。

    ユーザーID:1209688315

  • 私だけじゃなかった!

    このトピを読んでまず思ったのは「仲間がいた!」です。

    母親は自営(製造業)で服が汚れることから無関心、だからって子供にまで
    「身だしなみに気をつけることは無駄よ、無駄!!」って・・・。

    ムスメがどんだけ苦労したと思ってんのよぉ。

    私の場合の周囲から教えられたこと、自分で気づいたこと

    ・体を洗う(湯船には毎日入れたが石鹸で体を洗うことは教えられず)
    ・髪を洗う(一晩洗わないとべたつく、におうのに「3日に1回で十分」と言われ続けた。教師に「不潔」と注意された)
    ・シャツ・ハンカチにアイロンをかける、クリーニングに出す(ドラマを見て気づく)
    ・可愛い服を買ってもらえない(あまりにダサくていじめを受ける、高校の図書室にあった「ノンノ」でおしゃれを知る)
    ・革靴を磨く(学校が指定したHARUTAのローファーを1年以上磨かず、靴のキレイな友人に教えてもらった)
    ・化粧する(教育実習をすっぴんで行き注意される)

    こんなアタシも30代半ば。将来結婚して、子供ができたら絶対、絶対私のような思いはさせんぞ!!
     

    ユーザーID:3254916680

  • 自分にも原因が・・・

    私の母も無頓着・放任の人でした。
    私に対して歯磨きや洋服には関心無し。顔洗った?とか、ハンカチ持った?なんて声かけてもらったこと無いですよ。
    でも友達との会話やテレビ、雑誌なんかで少しずつ意識しませんか?
    私の場合、小学校時代は髪を整えることなく学校に行ってました。
    中学校時代は髪は整えるようになりましたが、洗顔は水で洗うだけ。
    高校時代も同じく洗顔は水で洗うだけ。
    短大に入って初めて洗顔料・化粧水・乳液・日焼け止めデビューでしたよ。
    洋服も無頓着ながらも短大では友達を参考に色々試しました。
    こういう事って母親の躾け?だけではなくて、自分で意識していく物じゃないかな?
    友達と話して笑われたりしたらそれから気をつけたりするでしょう?
    今現在の私もオシャレとは言いにくい状態ですが、でもストッキングの伝線や洋服のボタンなどは最低限の身だしなみではないでしょうか?
    そんな低次元の事を親の責任にされては・・・かわいそうです。
    続きます。

    ユーザーID:9566040858

  • 続きです。

    最近よく思うのですが、
    今の自分に不満を持っていて、原因を両親としている人っていますよね?
    私は何でもかんでも両親の責任では無いと思うんです。
    この世に生まれて一人で生きていくことはできませんが、小学生位になれば自分で考えて行動することはできますよね?
    解らないこと・不安に思うこと・疑問など両親に聞いてもいいし、先生に聞いてもいいし、自分で調べることもできますよね?
    自分で考えて、発見して、感動して、行動する。これは両親に教わることではなく、自分自身の意識の問題ではないでしょうか?

    ユーザーID:9566040858

  • わたしも苦労しました

    私の母は自分はきちんとしても娘はほうっておくタイプでした。
    小学校のとき、髪はぼさぼさ、一週間同じ服を着て登校したことあります。いまでも不思議なのはそれを母は気づかなかったのか?ということです。

    髪は短く切られてたので髪のぼさぼさはあまり気づかれなかったかも。
    でも男の子に間違われてました。
    高学年になるとおかっぱ程度に伸ばしだし、その頃はぼさぼさ。
    髪を洗った後、髪をとかすということを知りませんでした。

    驚くべきことに20代になるまで知らなかった。ちゃんとブローすればいいってことに。

    私の母も娘がおしゃれに気を遣うことを悪と考え、色気づくなとか言われましたね。
    中学のときムースがほしいと言ったら、すねっかじりのくせになにを言ってると怒られる始末。
    同級生がかわいい格好とか、化粧水とか持ってたりしててうらやましかったな〜。

    30代になったいま、やっとしみのついてない服を着るとか当たり前のことができるようになりました。
    娘がいるので娘にはそんな苦労させないようにしてます。

    ユーザーID:9866168533

  • 分かります

    30代独身女性です。
    私も身の回りのことをやってもらえませんでした。
    小学校入学からは洗濯は自分でやることになりましたが、なぜか洗濯機使っていいのは土日だけ。
    靴下はいつも穴あり。
    スカートはよくほつれてる。
    お風呂も週に1・2回、顔も洗わなかった。

    まわりの人より劣ってると思ってたので辛かった。
    今毎日お風呂に入って、どんなにきれいな服を着ても自信ない。
    どこかおかしいかもしれないと思ってしまいます。

    この感覚はきっと一生続くんだろうな。

    ユーザーID:3227516404

  • 皆様の投稿を読んで

    すみません爆笑しています。
    あるある!とか、わかるー!という気持ちで。

    私は一人っ子で、比較の対象が無かった(よそのおうちはどうなんだろう?と思ったこともなかった)のですが
    ひとつしっかり覚えていることは、祖父が母に

    「もっとちゃんとしたものを着せてやれや」

    と苦笑しつつ言っていたことです。
    就学前か、小学低学年の頃です。

    高校生ぐらいにならないとアルバイトもできず、お金は親からもらうお小遣い(たくさん渡すと遊ぶからという理由で、小額でした)だけなので
    "これじゃだめだ"と気づいたとしても自分で買うことがなかなかできないです。

    親は「自分は正しい」と信じきっているので、その考えを変えてもらうことは無理だと思います。

    ユーザーID:5068942008

  • 娘には

    少し大人になって自分で身繕いできても、少女時代を女の子らしく過ごせなかった後遺症って、残ってませんでしたか?
    女性として何か自信が持てず素直に振舞えないというか...。
    うちの母も、女の子として目覚めるのを嫌って抑えつけていたので、自分もそういう事にどこか罪悪感を持ってましたね。あの空気感、ジメッとして本当に嫌でした。
    大学生になっても、母が病気がちだったため実家から出る決心がつかず、母の呪縛から逃れられませんでした。

    もうすぐ3歳になる娘がいます。娘には明るい少女時代をおくってほしいです。贅沢でない範囲でおしゃれを楽しんで、よい友達を作って、カラッと男女交際して。
    このごろ、服を一緒に選びながら「この色とこの色を合わせればセンスがいいよ」と話しかければ、「センスがいい!」と嬉しそうに答えてくれます。
    保育園の学芸会DVDを一緒に観ながら「誰が一番好き?」と尋ねれば、「○○君!」と答える娘に、「今度コクってみれば?」と後押ししたり。
    娘の身繕いに手を抜きたくなる時は、娘には自分のような思いをさせぬよう自分を戒めて頑張りたいです。

    ユーザーID:5899903493

  • レスします。


    私は、6年程前に、仕事で地下の暗い解剖室にいる時に実家から母急死の連絡が入り、急遽上司に仕事を代わってもらって実家へ帰りました。自分で言うのも何ですが、少しも取り乱さず、周りから見ると怖いくらい冷静に行動したと思います。火葬の手配などで3日ほど休んだだけで淡々と仕事を続けました。一応は産み育ててくれた母なので、悲しくないわけではなかったのですが。
    まーまれーどさん、「女の子として大切なもの」って、すごく的確な表現だと思います。詳しく説明しろといわれても難しいですけれど。その大切なものが、私にはなくてほとんどの女性にはあるのでしょう、たぶん。

    ユーザーID:5899903493

  • トピ主です

    何か入力間違いしてるらしくトピ主表示が出ずにすみません。

    みなさんありがとうございます!続々と仲間が・・・
    あまりにも似通ってるので驚いてます。
    「そうそう、それそれ!」と反応しながら読ませて頂いてます。

    ひものさんの担任の先生、なんか感じワルー!
    イジメを誘発しそうな先生ですね。でも小学校の先生ってそういう人多い・・・
    まーまれーどさん、私は爆発ではないけれど言った事はあるんです。
    反省の色は皆無!
    「若い頃は神経質だったのよ。でもあなた達が生まれて、片づけても片づけても散らかすから、そこから大らかになったのよ〜。」ですって。
    大らかなのと女子教育は全く別物だ!
    今現在も全てにおいて神経質だったかけらもないです。

    初めて披露宴に招待された時も、服装のマナー本を読んで準備する私に向かって
    「マナーより気持ちがあれば充分よ〜」って説く母。危ない危ない。
    うちの母は今でも私を不細工へ不細工へと導こうとします。
    私を・・・・・標準の世界から引き摺り降ろそうとしてるのか?
    いつからか母と反対の事をしてれば間違いないだろう、と思うようになりました。

    ユーザーID:0097169187

  • 大人になったら自分の問題

    ある程度大人になり、親と精神的に距離を置くようになると、親のマイナスな部分が見えてきますよね。
    私もこの年齢になって(40代)、これだけは親と同じになりたくないという部分が結構あります。

    いつまでもあれこれ親のせいにするのはどうでしょう。
    大人になって親を怨む人は、親と死別し70歳になっても、親にこう育てられた、で親のせいにするんでしょうか?

    そうなると、自分で自分の成長を阻んでいるだけです。
    人のせいにする人は成長しません。

    ユーザーID:5833037248

  • 恥ずかしい思いをしました

    小学校の頃、同級生はお母さんが手入れしてくれた服装をしていたのでうらやましかったです。
    衣替えの時に一人だけ夏服のままで登校したり、忘れ物をしても届けてくれなかったり、懇談会の日を忘れてすっぽかされたり。
    突然の大雨に、同級生のお母さんが次々と傘を届けに来る姿や(私にまで貸してくれる同級生のお母さんもいました)、熱が出たと連絡を受けて迎えに来る親を見てあれが普通の親だよな・・と思ったり。
    服装の違いも子供ながらにわかるので、自分で靴を洗ったり、アイロンがけをしていましたが(まさか同級生もこのような事をしているはずもないので)みじめな気分でした。
    「あ、忘れてた〜」と子供らしくおっとりした同級生に、大切にされてるんだなとしみじみと思ったりもしました。

    長くなりましたが、現在は大人なので自分の事は自分でするのが当然なのでとても気楽です。
    過去の経験から、しっかりしてると言われます。
    自分で色々しないといけなかったので、当てにならないかもという意識があるため人に頼るのが下手です。
    身だしなみについては(多分)抜かりなくいい方だと思います。

    ユーザーID:3125578803

  • おっとりさんが通用しない時代

    以前のバイトで一緒だった20代の子を思い出しました。
    シャツはいつもしわだらけ、すっぴんで眉も整えていない。
    話していると、口元にはいつも唾液が溢れている。
    濡れた傘を平気でデスクの横に置いておく。

    身だしなみ以外でも全てにおいて幼い。
    他の20代の女の子はとてもしっかりしていたので、余計にその子の様々な経験の狭さが
    はっきり分かってしまっていました。

    自分でもズレているのは薄々気付いてたのか、40のオバサンの私の服や持ち物をマネしたり
    「○○さん、ス○バよく行ってますね?今度一緒に行ってください。
    私、行ったことないから注文の仕方わかんなくて〜」って言われて困惑しました。
    普段からそんな感じだから、一緒にス○バに行く近い歳の友達や彼も出来ないのかと
    可哀想に思いました…
    仕事の上でもバイトだから、失敗しても本気で指導されることもないし
    今はいいけどこのまま歳を重ねると大変だろうなあ、と思ってしまいました。

    昔だったら「おっとりさん、素朴な子」で済んでいたんでしょうが
    今は全てにおいて自己プロデュースを求められるから、おっとりさんには厳しい時代なんでしょうね…

    ユーザーID:6669706520

  • 素朴な疑問

    靴が汚れてもそのままにしいて友人に教えられて
    靴を磨くことを知ったという人がいらっしゃまいすが、
    例えばもしう●ち(お下品で失敬)を踏んでしまい
    明らかに見て判る汚れが付いてもそのまま放置なんでしょうか?
    う●ちに限らず、明らかに見て判る汚れならとりあえずティッシュなり布成り
    何かしら拭くもので付いた汚れを何とかしようと思わなかってのでしょうか?
    目立たないモノならまだしも明らかに見て判る汚れすらも
    疑問に思わないってのが不思議だと思います。

    ユーザーID:0956321503

  • 親のせいにしてるというのはちょっと違うのでは?

    大人になってからのは親のせいじゃない、というような内容のレスがありますが
    皆さん自分で努力したり誰かに指摘されたりしながら今日があると思います。
    自身がズボラで特に気にしてない人は別としても
    自分で切り開いてきた人達と感じられるのですが・・・
    その時点で少なくとも「親のせい」から卒業されてるように感じます。
    苦労した鬱憤をここで晴らすくらいいいと思います!

    万引き癖のある子供に「子供だから仕方ないよねー」って言う親がいたら
    「将来その子はどんな子供になっちゃうの?」って思います。
    中学にあがる頃には子供本人が「いけないことだ」と気付いてくれればいいですけど・・・
    もちろん、親のせいにして再スタートを切らない人には
    いつまでも親のせいにしてんじゃない!と思わないわけじゃないですが
    「子の成長を喜ばしく思わない親」というのは存在します。
    成長過程で出てくる自我を喜べない親。
    これは一種の精神的病でもあり、こういう家庭に育つと健全な成長を妨げることはあります。
    恐らく一般的観念を身につけるまでには、並みならぬ苦労をされたのでは?と思えるレスがありました。

    ユーザーID:8527946567

  • こんなトピが有ります

    このトピとは正反対のトピですがもし良ければ...。
    【人間は外見じゃないのに】
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1218/282878.htm?o=0&p=0

    ユーザーID:0956321503

  • わかります

    女の子として大切に育てられなかった傷。
    私も、お母さんに髪を結ってもらってる子が羨ましくて、母にねだって
    やっと髪を結んでもらって学校に行った日。(母はメンドくさそうにシブシブやってくれました)「輪ゴム」でね。でも私は「お母さんに髪やってもらった」ってことが嬉しくて嬉しくてルンルンして学校に行ったら周りの女の子に輪ゴムのことでバカにされました。
    初潮が来た時も、うちの母は喜ぶどころか怒ってました。プリプリ怒って
    処置の仕方など教えてくれました。怒り口調で・・・。
    うちの母は子供に煩わされることが本当にイヤでイヤでしょうがなかったみたいで、子供にあまりにもかまわなすぎなので、みかねた近所の人が注意してくれると「私はこんなに一生懸命やってるのに!」と逆上するようなタイプでした。普通にお母さんと仲のいい他の女の子たちがうらやましかったなぁ・・・。

    ユーザーID:7815659378

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧