恋愛・結婚・離婚

非婚化が進むと困るのは?

レス61
お気に入り73

みーと

男女

非婚化、非婚化とよく言われるのですが、非婚化が進むと将来困る方が多くなると思われるのは

男性でしょうか?女性でしょうか?
それと、仮に困ることがわかっていても独身でいいと思われるのは何故ですか?

それに対して何かやっていることはありますでしょうか?
いろんな意見ありましたらよろしくお願いします

ユーザーID:1818066027

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数61

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 男性か女性かでは割り切れないですよ。

    非婚化が進んで困るのは、性別ではっきり別れる訳ではなく
    「配偶者に依存して生活することをもくろみ、婚活をするが
    異性が魅力的と感じない=結婚できない男女」です。

    ただし、その「依存」は経済的なものが主ですから
    比率的には経済的に自立しにくい女性に多いかとは思います。
    ですが、今の経済事情ですと就職状況も厳しいですし
    男性にも一定の数はいると思います。
    小町にもトピが散見されていますね?

    彼ら、彼女らは困っていても独身でいい、とは思っていないと思います。
    だから婚活にやっきになるのでしょう。

    独身で困らないのは「精神的、経済的、家庭生活で自立している男女」です。
    あえてそれほど好きでもない人と
    生活のために結婚する必要がないんですから。

    ユーザーID:7096539104

  • 国も困るのでは。

    日本の場合、結婚制度に子供を持つことがピッタリくっついているので(欧州の国のように、結婚と別枠の関係で子供を持つことが制度として保障されていないし)、非婚や晩婚になると、出生率が下がるので社会問題になってるって事ですよね。
    人口によって様々な事が左右されるので、非婚によって困るのは日本国民全員、かもしれません。
    その一番が年金問題でしょう。

    でもまぁ、普通に生きて行ければ何とかなるとも思えるし、頑張ってお金を貯めれば乗り切れそうだし。
    国のために結婚するとか、国のために子供を生むとか考えられないのが普通でしょうし。
    私は既婚ですが子供がいない事を考えれば(扶養に入ってもいないし)、国にとっては独身とほぼ同等とも言えるかな。
    老老介護を見据えて、まずは健康に気をつけて、後は保険にしっかり入るとかやってます(笑)。

    ユーザーID:6240078608

  • 緩やかならば誰も困りません

    問題は急速な少子高齢化による年金や医療制度の破綻です
    つまり国民である我々と将来生まれてくるであろう子供が困ります
    また、生活保護を受けている人も将来受給額が削られる可能性もあります
    また、上記の財源確保の為、消費税を筆頭とする税金も上がるでしょう

    > 男性でしょうか?女性でしょうか?
    老若男女全員が困ります。あなたも例外ではありません

    > 仮に困ることがわかっていても独身でいいと思われるのは何故ですか?
    自分ひとりで生きるのが精一杯だからです
    万が一働かない不良債権女を引いたら国より私が困ります
    私は国家よりも自分の利益を優先する非国民ですから

    ユーザーID:0195202279

  • 非婚化で困るのは

    子供が減る事。男女どちらかではなく国が困るのでは?

    独身でいいと思う理由は今の収入でも困らないし両親や兄弟が幸せな結婚を
    していないからです。見ていてデメリットの方が多いように感じます。

    ユーザーID:3907484907

  • 非婚化よりも少子化が問題なのでは?

    非婚化というより、
    少子化だと、国力が下がるという意味で、
    婚活を流行らせようとしているのでは?
    一応、結婚したら子供という流れになりますから。

    困るのは、特に男女関係ないと思いますけど、
    どうして男女で違うと思うのでしょう?

    でも、結婚を促しても
    結婚しても子供がいない夫婦も増えてるんですよね。

    移民の受け入れとかしていくしかないでしょうね。
    そうなると、ちょっと治安が気になるけど。

    ユーザーID:8517499929

  • 困るのは社会です

     非婚化が進むと、出生率が下がりますよね。すると、一番困るのは社会です。国です日本です。
     個人も確かに老後の不安などあるでしょうが、現代は妻は義父母との同居、老後の世話を極端にいやがります。嫁という言葉すらタブーです。昔は嫁ぐ同居、出産、大家族の中で育児、子や孫で老人の介護。これが、普通の日本の家庭でした。でも今は違います、介護は施設。介護保険。
     これをになっていくのは若者と、その若者が納めた税金です。今後、老人は全て社会が看取る時代になるでしょう。それなのにそれを担う若者はいない。
     いつ頃からか、草食男子がはやり、結婚しても子を持たない夫婦が多くなり、そして非婚。これじゃ世の中良くなるわけがありません。ひどい時代です。

    ユーザーID:8570525734

  • ケース・バイ・ケース

    >非婚化が進むと将来困る方が多くなると思われるのは男性でしょうか?女性でしょうか?

    回答:政府、特に根拠ない超楽観的な人口予測を元に年金の制度設計している厚生労働省及び歳入不足が決定的になってしまう財務省でしょう。
    個人の性別レベルで見てもケース・バイ・ケースですので無意味です。経済的には一般的には女性の方がより厳しい条件下にあるとは思いますが、それも将来の経済情勢や親の資産保有状況により異なるので何とも言えません。

    ユーザーID:1403906467

  • どっちも

    非婚化が進むだけではなんともならないでしょう。
    困るのは子供が少なくなる事でしょうね。

    海外の例ではフランスも非婚化率が高いです。
    しかし、子供は生まれているのでそんなに困りません。

    日本は制度的に結婚していない子供はどうしても不利です。
    だから非婚のまま子供を産む人は少数です。
    子供がいないと、将来的に、働けなくなった高齢者の面倒を、
    金銭的にも人手的にもみられなくなります。
    部屋から動けない寝たきりの高齢者は沢山いるのに、それを介護できる若い力が全くない。
    外国から人手を持ってくるにしても、それを支払うお金も無い、
    という状態が一番困るから、男性も女性も困るでしょう。

    個人個人が結婚していない事については、その人の意見がある事です。

    私個人の意見を言えば、日本ぐらい世界から消滅しても構わないのでは?
    と考えています。
    どう考えても地球は人口過密状態になってくるでしょうから。

    ユーザーID:2122597735

  • 本人が好きで結婚しないなら

    男も女も困らないと思いますが、

    結婚したくてもしてもらえないとしたら、男の方が数が多いので男かな。

    経済的側面では年金とか介護とか色々問題は出ると思うけど、男女区別してどっちがとは言えない気がします。(多分どなたも困ると思う。)

    ユーザーID:0449365940

  • 国家が困るんです(男・女ではない)

    介護の仕事をしたことがあるんですが、
    その経験から言うと、非婚化で困るのは、男か女かではなく、国全体が困る思います。

    人は歳を取ると、介護が必要になる。
    結婚によって、長生きした方が早死にした方の介護をし、片方の死後、残った方の介護を子供が担うんです。
    介護保険法が施行されて10年以上経ちますが、原則はこれですよ。
    あとは介護度による利用限度額と費用等を考え、必要に応じて介護サービスを活用する形で、介護がなされます。


    ところが、「結婚してない。子供もいない。」となると、お金を払わなければ介護を受けられなくなる。
    すべて介護業界のサービスのお世話になります。
    介護保険をフルに使うわけですね。
    介護保険が破綻しますよ。

    ユーザーID:1827229192

  • 男性女性ではなく、自立できない人

    自立できない人が、男性よりも女性に多いということは事実ですが。

    ユーザーID:1772892640

  • 貯蓄していない人、課税対象者

    男女の別はないと思います。

    問題は結婚している人口ではなくて、それにより加速する少子高齢化です。
    納税者人口に対して高齢者が増えることではないかと思います。その場合確実に年金制度は将来破綻しますので、国家は税金に頼るでしょうし、生活保護や介護保障も最低限にしていくと思われます。今のように誰でも救うということはないと思います。

    その時に一番困るのは国をあてにして貯蓄していなかった人、扶養してくれる家族がいない人、扶養者の有無は関係なく重い税金を払い続ける課税対象者となるでしょう。

    結婚してもしなくても負担は同じだとは思いますが、将来一番リスクが少ないのは、共働きで定年まで働き子供を立派に育てつつ、貯蓄あり病気なしの夫婦だと思います。

    なのでプランなく結婚はいいやと思うより、共働きで家をともに支えあえるパートナーを今がんばって探すほうが賢いと思います。同じ発想の人、結構いると思いますので。

    ユーザーID:5757210116

  • 視点によって変わる

    個人的なレベル、マクロなレベルなど視点によって変わると思います。
    マクロな側から個人的な順に。

    ・老齢化社会化に拍車がかかることで福祉財政の極端な縮小化が進まざるを得なくなり、低収入層のセイフティネットが無くなる方向。結果的には収入の最頻値が低い女の方がより困ることに。
    ・老齢化社会に対抗すべく移民労働力を多く受け入れる結果、より専門性の低い職域が移民労働層にとって代わられ、アシスタント的業務に就く者が多い女の方がより困ることに。
    ・結婚しない事自体が私的に不幸を招く程度については、単身のままでは困窮し生活が立ちいかない為に結婚でそれを解消しようとする人ほど困るので、生涯フルタイムで収入を上げながら働き続ける人生設計をしていない者が多い女の方が困ることに。

    視点によって千差万別ですよね。

    ユーザーID:0734350093

  • 別に誰も困らない

    結婚に代わる新しい形態の男女関係、家族像ができるだけ。
    事実婚が主流になっていくかもしれないし。
    当面の間、結婚を前提にしていた社会制度や行政が対応できない時期があるかもしれないけど、そのうち現実にあった形に修正されていくでしょう。

    ユーザーID:1909246292

  • 質問の意味を履き違えている人達

    グローバルな問題を聞いているのではないですよ。人の話ちゃんと聞いてますか?恥ずかしいと思ったなら、もう一度レスしてあげて。

    非婚化で困るのはやはり女性。出産がありますからね。
    中年になっての出産は命に関わります。
    若いころは独身でいいと思っても、やはり子供が欲しいと思ったときは40才過ぎなんてこともあると思いますし。

    その点、男性は60才でも盛んな方もいらっしゃいます。友人でも独身主義を通してるのかと思いきや、40歳過ぎにあっさり結婚するひともいますし。非婚化とは単に、晩婚化の言い換えですね。
    50歳過ぎても結婚しない人は、本当に結婚したくない人か、望んでも結婚できなかった人に区分されるのではないでしょうか。

    あと、生憎独身じゃないので、独身の人の考えは分かりかねます。
    でも、本音が聞けるとも思えません。強がって本音言いそうに無いですね。

    え?金銭的なことはどうか?俺には関係ない。と言ってしまえば実も蓋もないですが、考えるのが面倒なので、他の人にパス。

    ユーザーID:7452973733

  • 女性のほうが困る

    社会保障制度の破綻など、全国民にとっての問題は、男女関係なくすべての国民にとっての問題だと思います。
    ただ、非婚化によって生み出される問題は、それだけではありません。

    男女雇用機会均等法・男女共同参画社会など、さまざまな政策が打ち出されましたが、結果としては、経済的な男女の平等は実現していませんし、今後それが実現される見込みもないと思います。
    これは女性も実感していることでしょう。
    女性のほうが、経済的に弱い立場に置かれています。

    だからこそ、統計的に見て、非婚化の進展によって困るのは、明らかに女性です。
    とにかく、女性の平均年収が男性の平均年収を上回る世代は一つもないんです。
    また、現時点で一人だけで経済的に自立して生きていける成人女性は、全体の6割にも満たないといわれています。

    これは、最近そうなったのではなく、昔からずっとそうでした。
    ただ、男性が結婚をつうじて経済的に支援してきたので、それが問題化しなかっただけです。
    非婚化の進展は、その構造を破綻させてしまいます。
    このことの恐ろしさを身をもって経験しているのは、これを見ている非正規雇用に就いている独身女性でしょう。

    ユーザーID:3840391820

  • 非婚化が進むと困るのは国ですね。

    どこの先進国も少子高齢化は進んでいますが、日本の問題点は、それがものすごい速さで進んでいて
    法整備が追いつかなくなり、混乱を招きかねないからです。社会保障制度は、若い人口が、社会保障を利用する高齢者を下支えするシステムですので。
    日本は結婚と出産がワンセットなので、非婚化→若い人口が増えないということですからね。

    政府は出生率が低下しているのを知りながら、第二次ベビーブーム世代が結婚する年齢になれば、自然とまた出生率も上がるだろうと楽観視して90年代に何も手を打たなかったんです。ところが政府の予想に反して、この世代が晩婚、非婚化しているので、今になって慌てているといったところだろうと思います。「失われた90年代」と言われています。

    個人のレベルではいざとなれば行政のセーフティネットがある、と思える。
    でも日本としては国民の意識がそれでは困るんですよね。
    現行のさまざまな制度は子供のいる夫婦をモデル世帯として設計されているでしょうから。

    ユーザーID:6063281060

  • あえて男女でいうなら・・・

    トピに対しての回答は皆さんと同じ意見です。

    あえて男女で分け、一生独身の男性と一生独身の女性を比較するとしたら、
    一生独身の女性の方が困る人が多いのかなぁ・・・。

    男性の平均年収は女性の平均年収の約2倍でしょう。
    ※女性の平均年収は専業主婦もいれてならそんなことはありませんが・・・

    女性が結婚する男性に希望する年収には到底満たない男性が多いけど、
    1人で暮らすことを前提にし、どっちが金銭的に裕福な暮らしができる数が多いかといえば、
    なんだかんだいって男性の方でしょう。

    ま、結局は男女関係なく各々がきちんとすることですね。

    人口が減れば企業からみるお客が相対的に減り、
    企業も減り、個人個人の収入も減り、国全体が貧困化するのが一番の問題なんでしょうね。

    若者の草食化や、情けないとかいう人もいますが、
    若者だけが悪いのではなく、
    そうゆう風潮にしてきた若者より長く選挙権も持っていた人生の先輩の方々にも
    ある程度責任はあると思うんですけどね。

    誰が悪いとかではないんだけど。
    若者の草食化って軽々しくいってほしくないな。

    ユーザーID:5617614701

  • 年寄りが困ります

    少子化、非婚化が問題のように騒いでいる人がいます。
    が、これは実は問題のすり替えです。

    現在の年金受給世代は、1世代下と受益-負担で4000万円ほども
    格差があります。

    なぜこんなことが起きたかというと、日本の人口が増えつづけると
    いう荒唐無稽な前提に基づいて、下の世代から搾取を正当化したからです。

    だから現在垂れ流しになっている年金支給に歯止めをかけ、即座に
    切り下げをはかって制度の健全化をはかるべきなのですが、
    それをしたくない既得権世代が「少子化だ、非婚化だ」とまるで
    下の世代が諸悪の根源であるかのように言っているだけなのです。

    ですから「少子化」「非婚化」と騒ぐ人は、団塊以上の搾取世代の
    手先であり、団塊ジュニア以下の敵なのです。

    ユーザーID:0707336724

  • 自分。

    ・非婚化で困るのは自分だと思います。

    高齢者の介護施設で、虐待とかいうニュースを聞くと、将来自分もされるなかなぁ、と思います。

    ・非婚化が進むと困るのは国だと思います。

    少子化で労働者が減るわけですから、国力が衰える可能性が高いです。
    高齢者も増えるので、社会保障費が増えます。高齢者介護用の人材も必要です。

    嘘かホントか知りませんが、今の日本人の非婚化→少子化はとめられないから、将来外国人を日本につれてきて、日本人にしてしまおうという計画もあるようです。



    色々問題あると分かっちゃいるけど、今、自分は結婚したくないんですよね。

    ユーザーID:1673679882

  • まずは学校をちゃんと卒業する事が先。

    十代前半の中学生がするような質問なので、トピ主は中学2年生としてレスをつけます。
    そういう社会情勢に目を向ける事も重要ですが、まずはちゃんと大学まで行って勉強しましょう。
    そうすれば、知識が増えると同時になぜ非婚化が進んでいるのかという事も理解できるようになるでしょう。
    それが理解できれば、「損か得か」とか「男か女か」なんて疑問をトピたてするような愚かな事もしなくて済みます。
    数年後大学を卒業する頃にこのトピを見たら、恥ずかしくて赤面することだと思います。

    ユーザーID:6583547138

  • 女性と若年代

    手に職のある女性や、キャリアが認められそれなりの地位にいる女性を除き、一般的な企業では勤続年数が上がれば、男性と女性で賃金差が出る企業が多いのも事実です。
    出産にしても、女性は男性に比べ性生活に関する現役期間も短く、30後半になると男性から結婚を前提としたアプローチもガクッと減るでしょう。

    それに加え、若年代には、年金問題、子供手当て問題(子供無しは負担増)、財政赤字による税率アップ等の負担が着々と増えてきています。
    これに加え、頻繁に話題に上がる消費税増税案も懸念されます。
    消費税増税が可決してしまえば、唯でさえ少ない賃金で働いている若年層はより厳しくなるでしょう。

    社会的な問題がある⇒非婚化が進む⇒さらに社会的に問題が出る⇒非婚化が進む・・・
    日本はこのループに嵌って着ていますね。

    ユーザーID:3600924675

  • 自立できれば困らない

    非婚化で困るのは自立できない男女。結婚したいと思っている男女。
    家事のできない(したくない)男性。女性に食べさせてもらおうと思っている男性。跡継ぎが欲しい男性。
    仕事のしたくない女性。子供を産みたい女性。
    ただしこれらは同棲でも良い。結婚はしなくても良い。

    男性はほとんど困らない。家事が嫌なら外食で良い。1人でもできる。掃除は汚さなければ良い。
    洗濯は洗濯機任せかコインランドリー。稼いだお金は全部自分で使える。
    時間も自由。誰とでも恋愛ができる。
    結婚したところで奥さんが家事をしてくれるとは限らない。
    わずかばかりの小遣いをもらって、あとの給料は全部取られる。
    子供がいないと老後が心配だが、それは女性も同じ。
    子供がいても子供がみてくれるとも限らない。年金だけが頼り。

    女性も男性のような考え方ができたらほとんど困らない。

    ただし非婚化で少子化になれば国が困る。国が困るということは国民のほとんどが困る。
    これが将来困るということ?

    ユーザーID:4370098210

  • 女性ですという答えに溜飲を下げる

    そりゃあ年収が低い割合の多い独身女性が困るに決まってます。
    とにかく年収が低い単身の人間はダメです。予想受け取り額は
    びっくりするほど少ないですよ。
    じゃあ結婚すればいいかというと、それもギャンブルです。
    変な女とかつかんだら最悪ですから。
    デフレスパイラルって言葉ありますが、年金運営に関しても
    結局同じなんじゃない?回りまわって自分の取り分が少なくなる
    ってやつです。
    他人は無責任です。甘言を信ずるより、苦言を省みる方が自分の
    為です。

    ユーザーID:9144451262

  • 男が困る(おじいちゃん)

    高齢により自ら働けなくなった後、生きていくには若い人の援助(年金は若い人の納税でまかなわれています)が必要です。
    なので、非婚化(ここではイコール少子化とします)によって困るのは「お年寄り」なのですが。
    同じお年寄りでもおじいちゃんとおばあちゃん、どちらが困るか?と問われると

    おじいちゃんが困る

    体が弱っても最後までできる仕事=家事だから。
    そして今のところおじいちゃんよりおばあちゃんのほうが家事が出来る傾向にあります。

    定年退職して外で働かない年齢になった時、
    自分の身の回りの世話もロクにできないおじいちゃんと、孫の食事を作ったりと子ども夫婦に替わって家事のできるおばあちゃん。
    どちらが大事にされるかは明白です。

    なので、困るのは男(おじいちゃん)です。

    ユーザーID:8523905690

  • 既婚ですがおじゃまします

    >非婚化が進むと将来困る方が多くなると思われるのは男性でしょうか?女性でしょうか?

    なぜに小町の人は男女にわけたがるのでしょうか?うちには男の子も女の子もいますが「男だから特にこうだ」ということはないです。(受精の時の偶然の産物で性が違うだけで元は同じ種と卵ですよ)

    男性の給与が高いのは昔の価値観で結婚すれば男性が経済、女性が出産を担うのが前提でそうなっていたのですが(女性は出産に伴い辞めてしまう人が多かったから長期的視野に立った仕事は求められなかった)

    「もしも」女性が出産をしないのが前提の世の中になれば給与は能力制になっていき、それに伴い男性の給与は下方圧力がかかる事になるでしょう。

    次のフェーズでは労働人口も税金を払う人も減り続け、経済そのものが縮小します。子供が産まれなければ介護保険も健康保険も破綻し、超お金持ち以外のすべての人が困るでしょう。経済が縮小して世界における地位が下がれば当てにしていた外国人労働者も来なくなるかもしれませんね。そんな未来が来たほうがいいのかな?

    ユーザーID:9946648689

  • 武装せざる預言者は滅びる

    非婚化が進んで困るのは、低収入層ですね。
    統計上では女性の大半が非正規だし、平均年収も男性の半分なのでこれに該当するでしょう。

    非婚を選択した人なら、特に困ることはないでしょう
    十分な稼ぎや蓄えがあり、家事も得意でしょうから。子供も必要ないですしね。

    私が心がけているのは、1人で生きていくだけの覚悟、一生の趣味、
    健康的な食生活、運動習慣、老後の貯蓄ってとこですね。


    以上、ミクロの視点で。国の行く末とか、マクロの話しても意味ないしね。
    非婚は個人レベルでできる、有効な自己防衛手段なのです。

    "その時"に備えない者は滅びるのです(爆)

    ユーザーID:2547002645

  • 男女論だ好きだねぇ

    困るのは男も女もひっくるめての日本国民です。

    自立してれば困らない?
    いえいえ、いろいろな形で国に庇護されている以上、国が弱体化すれば
    そこに住んでいる国民は困るのです。
    そして非婚化は国の弱体化を進めます。

    ユーザーID:8205275742

  • ミクロレベルでは

    収入格差、非正規雇用者の割合、婚活市場の男女比。言うまでもないでしょう。もう現段階で困ってる人が大勢います。だから「婚活」とか言う奇妙なものが流行ったり、結婚する気のない男性を「草食系」とレッテルを貼ることで責任転嫁して表面上自尊心を満たしているんです。

    以前から疑問なのは、なぜ女性は出来るかどうかもわからない「結婚」を前提とした他力本願な人生設計を描くのでしょう。30も過ぎて「結婚出来ないかもしれない人生」がいよいよ現実味を帯びてきて始めて焦りだす。それじゃあ遅すぎる。

    私は非婚主義なので正直女性がどうなろうと興味ありませんが、自分の準備不足を棚に上げて国や周りに迷惑をかけるのはやめて欲しいですね。

    ユーザーID:9477514762

  • 困るのは女!!!!!!

    困るのは女です!!!
    って言って欲しいんですよね!
    しょうがないから言ってあ・げ・る。
    困るのは女で〜す!!

    ユーザーID:9855228455

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧