生活・身近な話題

昭和の話をしませんか?(雑談)

レス171
お気に入り194

ゆうこ

話題

先日、コーラの件の ゆうこです
古い話に真剣にお返事をいただきありがとうございました

今回、新たにトピを立てさせていただいたのはレスの中に昭和のなつかしい話がたくさんあって
私もいろいろと思い出したからなんです。

私が生まれたのは昭和20年後半で今から思えばのんびりとしていたと思います。
移動はもっぱら馬でした(古!)。
当時、父が馬のたずなを巧みにあつかって、どうどう、バイキバイキと声をかけていたのを思い出します。

あんな話、こんな話、

昭和のなつかしい話を皆でワイワイいませんか?

ユーザーID:5380202591

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数171

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いいですねぇ〜、昭和!

    もう随分昔の話になってしまったんですねえ。
    そろそろ一般企業にも平成生まれが入社してくるのですね(高校・短大卒ならもう入社してるか)。
    正真正銘、「昭和」を知らない人間が…。

    やはり昭和を語るには、日常使う道具だとか風習・文化を見た方が面白いですよね。

    道具、と言えばやっぱり家電製品。
    随分変わりました。
    例えばテレビ。
    昔のテレビは家具調で、4本脚がありましたよねぇ。
    名前も「雅」とか。
    とにかくゴツくて、重厚感アリアリで、必要以上に高級感が漂い(って、実際高級品だったワケですが)、ある種の威厳さえ備えていた「モノ」。
    部屋に「ある」のではなく「鎮座している」と形容した方が適当でした。

    習慣と言えば、変な話で恐縮ですが、汲み取り式トイレ。
    汲み取りのバキュームカーも真っ青に塗られた「三輪車」でした。
    今では三輪車って見かけませんものね。
    前輪が巨大なタイヤ1本のみ、という潔さ。
    あの独特の風貌…。

    懐かしいですね。

    今の方が確かに便利ではありますが、何となく全てのものに「味気なさ」を感じてしまうのは歳のせいなのでしょうか?

    ユーザーID:3317771393

  • 給食

    1956年生まれです
    低学年の頃 脱脂粉乳がどうしても飲めなくて
    隣の席の男子によく飲んでもらいました
    今の給食ってすごく進化してますよね

    ユーザーID:9058060330

  • 電話!

    小さい頃,田舎で貧乏暮らしだったので自宅に電話がなくて,少し歩いて公衆電話にかけに行ったり,隣の電話を持っている人に緊急の連絡をお願いしたりしていました。

    高校・大学の頃,基本的に電話は1家に1台(当然,携帯なんかなし)だったので,彼女の家に電話をかけるのはドキドキでしたね…。たまに彼女の父親が出て,「ウチの娘とはどんな関係ですか?」なんて聞かれたりして(汗)

    就職して,会社の寮に入ったのですが,寮にピンクの公衆電話が1台しかなくて,夜は電話の奪い合い。仮に,電話を確保したとしても,後ろで列を作っているので,彼女との通話が筒抜けだし,「早く終われよ!」というものすごいプレッシャー(苦笑)。

    昭和の時代は,電話で苦労しました…

    ユーザーID:5434804008

  • 小学校の思い出

    はじめまして。私も昭和20年代半ばの生まれです。小学校の校舎は、もち論、木造です。都会の小学校でしたが、「冬の思い出」で、暖房は「火鉢」でした。大きな火鉢が先生の机の横においてありました。炭を日直の当番が「小遣い室」と言うのは昔。「用務員室」に取りに行くのが朝の仕事。先生が火をつけてくださいます。休み時間になると皆、火鉢の周りに集まるので先生は「子どもは風の子。運動場で遊べ!」と、いつも怒鳴られました。餅を焼く網があって、給食のコッペパンを班別で焼いて食べたのを覚えています。(美味しかった。)ストーブになったのは高学年になってからです。

    ユーザーID:6508913700

  • 懺悔です

    昭和44年生まれです。

    私が幼稚園ぐらいの時に、白黒からカラーテレビに買い換えました。

    ある日、家にNHKの集金の人がやってきました。母は玄関に出る前に、私に言い聞かせました。「あの人に、うちのテレビはカラーかと聞かれたら、白黒だと言いなさい!」

    せっかくカラーに買い換えたのにおかしいなと思いながら母にくっついて玄関に出ると、NHKの人にテレビがカラーか白黒か聞かれたので、母の言うとおり白黒だと答えました。

    後で母が言うには、カラーだと白黒よりも受信料が高いのだそうです。

    その後、白黒テレビが絶滅した時代になって何年も経った頃。母の留守中にNHKの人が来ました。そして、「お宅のテレビが白黒ということでずっと白黒料金になっているんですが、今も白黒をお使いですか?」と聞かれたのです。

    恥ずかしすぎて、だいぶ前にカラーに買い換えましたと言いました。NHKの人は、「今までの差額は払わなくていいので、次回からカラー料金でお願いします」と言って帰っていきました。母にそのことを言うと、私に嘘をつかせたことはすっかり忘れていました。

    ユーザーID:6656657588

  • なつかしいなぁ

    35年生まれです、もうすぐ50歳になります、いい時代でしたよね、昭和って、今のように何もかもがある時代ではなかったけれど
    季節事の区切りがしっかりあったように思います

    さすがに馬での移動は経験ありませんが、バスはボンネットバスで、女性の車掌さんが居て、切符を切って貰ったのを覚えています
    本物のロバを引いたパン屋さんも居ましたね

    電話もなくて、我が家に初めて電話がついたのは、中学生になってから、電話に花柄のカバーをして大切にしていました
    初めて、カセットテープで自分の声を聞いた時は、5歳上の兄とゲラゲラ笑ったのが懐かしい思い出です

    正月には、朝風呂に入って、新しい下着を着て、いつもと違う朝に、ワクワクしたのもでした

    今は何もかもお金さえあれば手に入る時代、家族の濃い関係さえも敬遠される時代、昭和がなっかしいです

    もう父もとうに亡くなって、子供の頃の思い出話がしたくても、母も遠い記憶の中に入ってしまいました

    このようなトピを立ちあげて下さったトピ主さんに感謝します

    みなさんのどんな昭和を読ませて頂けるか、楽しみです

    ユーザーID:5634640799

  • おぼろげな記憶

    馬が移動手段…!
    すごい!カッコいい!!
    西部劇の世界ですね(笑)

    私の昭和の記憶は…
    〉セスナ機?で、空からビラを蒔いていた。
    事。
    ビラの内容はわかりませんが、喜んで拾って歩った記憶があります。


    馬は、時々リヤカーを引いて、歩いていましたね。
    まだまだ戦後を引き摺っていた時代のせいか、隣近所や家族や親戚などの結束が固く…でも、のんびり温かい時代でした。

    昭和33年生まれです。

    ユーザーID:5873818524

  • 昔犬は洗うものではなかった

    面白いトピ!
    確かに昭和から現在にいたる激変ぶりはすごいものがありますね。

    ペットの飼い方も激変していますね。
    私は43歳ですが、私が幼稚園の頃、同居の祖父が犬を飼っていました。
    昔は犬は家の外で飼っていて、洗うものではなく、
    餌も残り物でした。しつけなんてしてた様子もなく、通りがかりの人に
    めったやたらと吠えていました。番犬の役割もあったので。
    かなり田舎だったので散歩に連れて行っても、フンを拾ったりしなかったし。

    名前もポチやコロで、病気になっても寿命だと割り切って
    動物病院なんてつれていかなかったです。予防注射はしてましたけどね。
    去勢手術なんてしてなかったから、近所でぽんぽん子犬が生まれてたなあ。

    今の飼い主が見たら噴飯ものなんでしょうが、
    犬たちも過剰な飼い主の想いを背負わなくてよくて、
    それなりに幸せだったのかも。

    ユーザーID:0786662410

  • 戻りたい

    私の小学生時代は昭和40年代、学校の前は田んぼが広がっていました。子供でもぴょんと渡れる小さな川があり、川とは言えないかな?空き地でよくバッタやコオロギを捕まえ、四つ葉のクローバーを探したりしました。田んぼには蛙の卵が発生し、次第におたまじゃくしになり、その変化を飽きずに見ていましたね。お米が収穫されると、穂が綺麗に吊られ、そのあと重ねて高く盛られていました。学校の帰り、そこで寝転ぶのが好きでした。また家の近くにお風呂屋さんがあり、毎日行っていましたが、そのお風呂屋さんの横は広い広い敷地になっていて、お風呂を沸かすための材木が沢山積まれていました。そこが格好の遊び場所にもなっていました。日曜日は第三京浜の近くにレンゲ畑が広がっていたので、レンゲ草で首飾りを作りに行きました。いやぁ懐かしい。

    ユーザーID:5321270588

  • わかります。

    子供、幼少の頃、当事バタバタと、呼ばれてらしい、今、スクーターの元祖の原動機自転車を、覚えてます。冷蔵庫なんて、氷を木の箱の上段に入れて冷したり、ストローは、なんか植物の筒だったな。

    ユーザーID:8401367241

  • 昭和20年代後半生まれで移動手段が馬!?

    ほ…本当ですか?どんな田舎なんでしょうか?(失礼!)私は昭和30年生まれですが、今でも覚えてるのが、洗濯機の脱水が手動式ローラーだった事です。洗濯物が厚すぎると、なかなか回らなくて逆回転させたりして、今思うと笑っちゃいますが、懐かしい思い出です。

    ユーザーID:6238366649

  • 昭和30年

    >移動はもっぱら馬でした(古!)。
    馬の蹄の処理はどうなさっていましたか?

    ・・・私の近所に馬蹄屋さんがありました。
    運送屋さんが馬を連れて来ると股の間にお馬さんの足を後ろ向きで挟み、
    痛んだ蹄鉄を外してから爪を削り、新しい蹄鉄をコークスの火で炙ってから
    削った爪に嵌めて釘を打っていました。
    コークスの火で炙られた蹄鉄が爪にフィットする時に独特の臭いがしました
    ネ。
    そう、爪が焼ける臭い・髪の毛が焼ける独特の臭いです。

    皮の脛当て(ローハイドみたい)・爪を削る鎌のような鋭い刃物・蹄の形状に
    合わせて蹄鉄を打つ鍛冶の技、嫌がる馬を巧みに落ち着かせる心の技・など
    など。
    素晴らしい技を持ちながら動物相手と貧しい馬方相手なので、汚くて臭くて卑
    しい職業とさげすさまれていつしか消えていった職業のひとつです。

    >運送屋さん
    自動車が普及していない時に馬を使って運送業を営んでいた個人事業主です。
    >爪を削る鎌のような鋭い刃物
    親しい野鍛冶に頼んで肉厚で自分の手に合った角度と大きさの包丁を使って
    いました。

    ユーザーID:1642060865

  • 石炭

    昭和32年東京生まれです。お風呂は薪で沸かし、燃えた灰をかきだすのが私の仕事でした。

    学校のストーブは石炭でした。オルガンは足踏みで風を送るタイプだったな。あぁ、懐かしい。

    小学校の給食の割烹着と、給食当番の配膳の仕方が今も全く変わらないのが面白いわ。体操着のブルマー提灯だったけど(笑)いつ頃までちょうちんだったのかしら…(笑)

    ユーザーID:0573420948

  • バブル抜きには語れませんね。昭和は。

    昭和40年代の生まれです。

    昭和と聞くだけで沢山の思いが蘇って来ます。
    やはり、バブルですね。一番に頭に浮かび上がるのは。タクシー券とか出してもらいましたね。会社から。
    お立ち台の上ではボディコン、ワンレンのお姉さん、しばらくすると超ミ二スカートのお姉さんが、先っぽにふわふわの付いた扇子を持って、それを振りながら踊りはじめました。もう下着丸見えで、同姓ながら、目のやり場に困ったのを覚えています。(まあ、私も似たようなものでしたが。。。(笑))

    昭和天皇がお亡くなりになられて平成になった時、歴史の変化を分かち合えたような妙な気分になったものです。

    円高ドル安。貯金についてくる利息の高さ。家がどんどん、あちこちに建ち始め、しかもその値段といったら。。。

    懐かしいですね。なんだかもっと思い出しそうです。

    ユーザーID:1429951628

  • S39年生まれです。

    懐かしいです。物心ついた頃には白黒テレビや、冷蔵庫、手回しで絞る洗濯機などが、だいぶ普及してました。

    さすがに都会だったので、薪はなかったけど、石炭で風呂を沸かしてましたね。買い物は母が子供をぞろぞろ連れて(3人)歩いて行ってました。

    今思えば、昔のお母さん達はよく頑張ってたなと思います。

    子供の遊びも、草野球、ビー球、フナ釣り、虫取り、秘密基地作り、ドロ団子作り、はてはカエルや蛇を捕まえて解剖したり。怪我して家に帰っても、バカと怒られて赤チン塗って終わり。
    なんともワイルドで楽しい時代でした。

    ユーザーID:0578158219

  • 昭和好きです。

    ゆうこさま初めまして39年生まれのリベラルです。

    昭和のころのテレビドラマ、CMが大好きです。

    歌謡曲も覚えやすい、いい曲が多かったように思います。

    ユーザーID:6223237295

  • 古すぎ?

    私、昭和23年生まれの男、田舎育ち。 地域性の違い、ジェネレーション・ギャップも大きいだろうと思いますが、、、。

    まず、完全給食の「脱脂粉乳」の味は最悪。冷めるともっとマズい。残せば先生の大目玉!

    次に、DDTの洗礼。 不潔な環境で頭にシラミが湧くとの理由で、小学生は、男女とも頭にDDTをまぶされ、白髪状態。嫌だから、自分で払い落としたことがバレると、先生に捕まり二度目の洗礼。 進駐軍の指導とやらで恒例行事(年二回だったかなあ?)。 後に、DDTは、発ガン性物質で製造・使用禁止となった。

    尺貫法施行は小学生の頃。 親に言われて、近所の肉屋に、「挽肉、百もんめ(375グラム)」買いに行かされてた。

    また一升瓶(空き瓶)を持って、近くの醤油店へ。 醤油の量り売りで、○○円分ください、と。

    飼っていた十姉妹のエサは、米屋まで行き、「粟と稗で、30円分ください」と。自分の小遣いを三日分貯めての買い物。

    その後、皇太子がみっちゃん(正田美智子さん)と婚約、そして結婚。

    戦後生まれですが、実に昔話でした。 ああ、遠い昔だ。

    ユーザーID:7607849509

  • 永遠の昭和です

    いいですね!  昭和ってきくだけで胸がきゅんとする私の一番の感動はやはりテレビが「我が家にやってきた」ことです。
    白黒テレビではじめてみた番組が「矢車ケンノスケ」(字ははっきりしない)。。。小学生の私にはショッキングな興奮でした。

    西部劇の「ボナンザ」にも夢中になり特にファンだったジョー役のマイケルランドン(?)が後の大草原の小さな家の父さん役になってることにも感激しました。

    先日「懐かしの名画」という通販でこの「ボナンザ」がDVDセットで売り出されていて懐かしく購入しました。
    当然ながら当時のときめきや感情移入の感覚はあるわけもなくただ懐かしさだけで二度見ることはないでしょう。

    ユーザーID:8665205059

  • 訂正と補足です

    上のレスで、小学校の頃「尺貫法施行」と書いてしまいました。

    明らかに、「書き間違い」です。
    正確には、「尺貫法廃止」⇒「メートル法施行」です。

    ちなみに、尺貫法では、四貫は15キログラム、だから一貫は3.75キログラムと習いました。
    尺については、建築、くじら尺、和裁とありましたので、詳細な説明は混同を避けて割愛します。

    勘違いで書き間違いをお詫びします。

    ユーザーID:7607849509

  • マンガとかドラマとか

    小学校1年生の時に「週刊マーガレット」が創刊されて、
    確か本屋さんがタダでくれたのを覚えています。

    その後は少女フレンド・なかよし派とマーガレット・りぼん派がいて、取替えっこして読んでいました。

    あの当時はスポ根ものが多かったですね。
    漫画で「ただいまの記録2分20秒5」というのがあって、なぜかタイトルが今でも頭にすりこまれています(笑)

    そういえば演歌の小林幸子さんも「青い太陽」という水泳ドラマにでていましたよね。今では考えられないけれど。

    ユーザーID:7875633825

  • 押し売りやお貰いさん

    昭和は玄関の鍵なんてかけませんでしたよね。
    だから、気付くと玄関に押し売りやお貰いさんがいたりしました。
    母は、押し売りには滅法冷たく強い(自分が商家の出なので、あの販売方法に怒ってた)反面、
    痩せてるお貰いさんには優しかったです。
    幾ばくかのお金と一緒に必ず渡したのは大きなおにぎりでした。
    今のドアホンの時代、想像できないお話です。

    ユーザーID:6863215856

  • あの夕焼け空は

    昭和33年生まれです。

    子どもの頃、オート三輪をよく見かけました。雨の日は泥水かけられました(笑)
    駄菓子屋さんでビー玉の入ったラムネを飲んだり、紙芝居の梅ジャム煎餅!
    メンコにブリキ独楽に瓶キャップの手裏剣(←危なっ!)そんなものが遊び道具。

    あと、テレビは白黒でしたがブルーのレンズカバーみたいなのを付けてました。
    四つ脚木目調テレビの上には白いレースが乗っかってます。この頃、やたらにレース多し(笑)

    で、現在と一番違うなと思うのは、夏休みに表で遊んでいるとふいに夕焼け空が目に入ったこと。
    ほんとうに、濃いオレンジ色が黄昏れて行く夕焼け空がわたしの「昭和」の想い出ですね。

    ユーザーID:7152066140

  • いいなぁ。二度と戻れない。

    アパートに住んでいました。トイレと洗面所が共通でした。そこに洗濯機が並んでいました。脱水機じゃないですよ。挟んで回すんです。
    ストーブは小中高と石炭で、朝当番の方が2名でバケツにいっぱい取りに行ってましたね。ストーブの前は熱いんです。囲いにお弁当を置いていましたね。
    中学のお昼にパンのセットが4種類くらいありました。牛乳入れて100円でした。わぁ楽しい。

    ユーザーID:5321270588

  • 犬を洗うで訂正

    噴飯もの、ではなく激憤ものです。
    ごめんなさい〜。

    人間は昔は素朴でのどかでよかった、なんて言うけれど、
    犬はどう思ってるんでしょうね。
    人間ほど長寿の犬がもしいたら聞いてみたいものです・・・。

    ユーザーID:0786662410

  • トビです

    昭和は64年間あって思えば長い年月でした

    私の生家は北海道の片田舎で農家をしており
    馬は生活の一部でしたね

    父が早く他界した後は離農し、町に住みましたが
    近所は親戚のように親切でした

    公衆電話はダイヤルではなくハンドルを回して交換手が出るものでした

    ケンパやゴム飛び、十字架なんて遊びもありました
    あ〜なつかしいですね
    みなさんのレス、すごく楽しく読ませていただきました

    私もまた思い出したら書き込みしようと思います

    ユーザーID:5380202591

  • オレンジ色の光

    37年生まれです。私には昭和を感じる色があります。それはオレンジ色。
    まだ裸電球だったような部屋もあったり、練炭火鉢があったり、その光の色が
    何となくオレンジ色だったような覚えがあります。今のライトは青い気がします。
    車のライトやクリスマスのイルミネーションも青い色が多いですよね。

    夕焼けに似たような色が何となく自分の中の昭和です。

    冬は寒くてお風呂上りにはすぐに湯冷めをしました。
    シャンプーの後、ドライヤーで乾かすという習慣もなく石鹸でグリグリと洗って
    翌日は見事に寝癖がついて・・・。でもクラスに何人かいました。

    夏休みは朝のうちに宿題をという約束でしたが何をしていたのか
    覚えもないままお昼からは遊びにでかけ、夕方に帰ると蚊取り線香の匂いが
    どの家からもしてました。2学期になって自分の服が蚊取り線香に燻されて
    いるのを何となく恥ずかしく思ったり。

    四季が今よりもっとはっきりわかったのが昭和でした。
    懐かしくて涙でそうです。

    ユーザーID:8864043698

  • 古きよき時代

    45年生まれです。
    セピア色の楽しかった思い出ですね〜
    スーパーなんて遠くにしかなく肉屋、魚屋、八百屋、酒屋なんかがあちこちにあり母と買いに行ってました。近所に空き地がたくさんあり、近所にいっぱい住んでた同年代の子供達とカンケリしたり、かくれんぼしたり…楽しかったなぁ〜
    幼稚園位からは友達の家や公園に勝手に行き、暗くなったら勝手に帰る、今では考えられない治安のよさ。近所中おじさんおばさんも皆顔見知り。今みたいにおいしいものやオシャレな店なんてなかったけど、いい時代でした〜

    ユーザーID:7282360721

  • お風呂

    両親が団地に引っ越した翌日に私は生まれました。昭和41年生まれです。
    以来、結婚して家を出るまでずっと団地暮らしでした。

    団地なのでトイレは水洗、ガスも都市ガスで、当時としては結構進んでいたと思います。

    それでもお風呂は木製で、上がり湯を溜める小さなスペースと湯船があって、楕円形をしていました。

    お風呂のお湯を沸かす時に、ガスの元栓を開けて、風呂桶の火をつけるところのレバーを回して開けて、マッチで点火。
    今思うとかなり危ないですよね。子供だった私もやらされました。

    両親は今でも同じ団地に住んでいますが、お風呂は相変わらず都市ガスでも、浴槽はステンレス製でボタンひとつでパッと点火、お湯が沸くと「お風呂が沸きました」とお知らせしてくれます。
    便利だけど、木製のお風呂の上がり湯が懐かしい。
    身体の温まり方も違うように感じます。

    ユーザーID:0543410269

  • テレビ。

    テレビは叩いて直す!

    これ、昭和の常識。

    ユーザーID:2997768191

  • 暖房と弁当

    26年生まれです
    小学校低学年の頃、給食は一日おきでした
    弁当持参の時、冬期はストーブを利用して弁当を暖めておくカゴがありました。
    何段かになった金網製で、朝それぞれ自分のをそこに置いておくのですが
    勉強時間中、えもいわれぬにおいが漂って

    あっ! 誰かたくわん持ってきた!!! と、男子の鶴の一声

    弁当を包んできた新聞紙に染みたおかずの汁が黄色かったりするとタイヘンでしたね。
    あっ!おまえたくあん持ってきたっぺな?!と。

    当時は皆貧しかった。
    両親のおかげで、私にとってはお弁当は楽しいものでしたが、
    包み紙の新聞紙で隠しながら食べてる子が多かった事の意味がわかるのは、完全給食になってからでした。

    ユーザーID:8246034709

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧