金銭要求し続ける叔母

レス33
お気に入り195
トピ主のみ0

パンチ

ひと

このトピのレス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 援助は止めた方が良いと思います

    40代の嫁で、五歳になる一人息子が居ます。
    私の家に同居している夫の叔母のことです。
    独身で10年前に家に戻ったですが、兄弟が他界しているのに祖母がいたので、家に居ます。
    今は祖母も他界し年金を貰っています。
    ですが、祖母のお金も東京に居た40年間も仕事をしていたにも関わらず親からお金を貰い続け家に戻ってからは親のお金を管理しながら私たちより贅沢に暮らしています。
    未だに毎日遊びに出掛けています。
    今回は息子さんの新築資金ですよね?
    私の叔母と同じで親が生きている居る限り次々にお金を要求すると思います。
    渡してからの後が心配です。

    ユーザーID:5926031468

  • どうも話がおかしい

    >叔母は小さい頃から耳が悪くてあまり活発ではなく、幼くして父親を亡くしています

    叔母は「幼くして」父親を亡くした??
    でも本文に、叔母が結婚して夫の親が他界して相続した預貯金が底をついてきた頃、「叔母の父親が他界」したと書いてあります。どちらが本当なの…。
    他にも、叔母はパート経験ありのはずが、「今まで一切働かずにお金を手にしている」とか。
    叔母が相続した預貯金のお陰で子供を大学へ進学させたはずなのに、「まとまった入学金や様々な援助をしてきた」とか。
    叔母は45歳から金銭に困って金の無心を始めたはずなのに、「何十年もの慣習となってしまった援助」とか。レスで話が大きく変わっています。

    ともかく叔母様が多額の遺産を相続したのでしたら、母様も別の叔母様も同等の○千万の遺産を相続したのでしょう。祖母様はその3倍の遺産(数億円?)を手にしているでしょうに、何でお金がない状態になっているのでしょうね。

    皆で目の色を変えて、祖父様の遺産が問題だったんですかね。まぁとりあえず、母様に豊かな老後を過ごして欲しいと心から願うなら、トピ主様が母様に援助するという事もできますよ。

    ユーザーID:0779187930

  • そうそう

    二度目です。

    パンチさんの意識が変わってよかったです。
    決して「加害者:叔母」「被害者:その他」ではありません。
    「加害者:叔母と援助を続ける人」なのです。

    お母さまのことはとても残念ですが、精神的に少し距離を置いて
    みてくださいね。

    ユーザーID:0176711846

  • こちらから同じことしてみるのは?

    ちょっと目先を変えて、お母さんがお金に困ったと叔母さんに泣きついては?

    今までの出資がお父さんにばれて、離婚になるから返してとか・・・。
    子供(トピ主さん)に縁を切られるから返してとか・・・。
    縁を切るか、そのぐらいの切り返しをしないと根本は解決しないと思います。

    叔母さんをうらみたくなるでしょうけれど、あくまでお母さんが自分やまわりを不幸にする道をたどってる事を自覚し、変わる事が第一ですよね。
    私の母なら、「次援助したら、縁を切ります。目を覚まして下さい」といいます。
    お金で助けたつもりになっていても、おっしゃるように麻薬のようなもので、
    叔母さんたちを地獄へ導いているお金になってますから。

    お母さんとじっくり話し合って、良い方向に向かう事を祈っています。

    ユーザーID:1008162030

  • トピ主です。9


    様々なご意見ありがとうございます。
    叔母が夫は忙しくしていると言い出しました。
    状況によって本当にコロコロと意見を変える叔母です。
    時に夫が働いてくれなくて苦しいと泣きつき、今回は別の叔母が働かない人間に家を与えることに抵抗があると言ったことから、それに合わせて嘘をつくのです。

    お返事です。

    >aiaiさんへ

    いとこと話すのは残念ながら難しいです。
    今回のことで解ったのですが、どうやら叔母は今までの援助をひた隠しにしてきたようです。
    まとまった入学金や様々な援助をしてきたのに、母はまだしも祖母は本当に気の毒です。
    祖母が私にお金が無いんだって言ったことがありました。
    母の判断で祖母のお金までも勝手に援助していたこともあったのです。
    母はよかれと思ってしているけど、母の満足のために私や祖母は正直苦しいです。
    正直このトピのお陰で母の身勝手さを冷静に見ることが出来てきました。
    既に何十年もの慣習となってしまった援助は叔母一家を堕落させる麻薬のような物でした。
    母の甘さが結果として不幸を産んでしまったのかも知れませんね。
    念を押してみます。

    ユーザーID:3169853451

  • トピ主です。8



    結局、母が話をしてリフォームと言うことで別の叔母が叔母には話をしたそうです。
    それも別の叔母が叔母に対して働かない夫を説得するように話したそうです。

    この話を聞いたときとてつもない違和感を感じました。
    なんで援助をするのにそれを働かない夫に了承を得る必要があるのか?
    しかも、やってもやっても感謝されることもないのに、相当姉妹で馬鹿なんだなって思いました。


    皆さんのご意見にもありますように私は蚊帳の外なので次第に第三者的に見るようになりました。
    今回は、話せること感じことを母に伝えること位しか出来ませんでした。
    いつか叔母に何か言えるタイミングが来ればそのときに話をしたいと思います。
    ただ、人の気持ちは完璧には隠せないもので私が叔母を見る目は相当な物だと思います。
    その時、目が語っているもあると思っています。
    そんな叔母の生き方を反面教師にしていこうと思います。


    >無理ですのでさん

    本当におっしゃるとおりです。
    60才から援助した個人年金の支給が始まりますので、それを蓄えるように母から言って貰うことになりました。

    ユーザーID:3169853451

  • 私なら・・・

    叔母さんの子供(いとこ)が話がわかりそうなタイプなら、ちょっと話すかもしれません。

    でもそれがややこしそうなら、やはり専門家か第三者を間にいれます。

    素人判断であとで贈与税やらどうのこうのになるのも嫌ですし、えてして第三者をいれないと、叔母さんの当たり前の基準がよりおかしい事にもなりますし、もちろん自衛や記録を残すためにも。

    お金は人間関係もおかしくしてしまいます。
    そして、叔母さんの人生もおかしくしてしまう事をお母様に言っては?

    宝くじで人生台無しにしてる人、人に依存して結果破滅してしまう人、身の丈以上に支出して結果孤独になっていく人、借金を肩代わりしてもらってもより借金してしまう人・・・世の中にはそんな例もいっぱいあります。

    甘やかす事で一時的にはよくても、叔母さんも皆も結果不幸になる気がしてなりません。

    次世代にもつながる事です。お母様には、身内の情に流されず、長い目で物事を考えていただくよう、念を押されてみては?

    ユーザーID:1008162030

  • トピ主です。7


    お返事です。

    >春さん

    私が知っている限りでは、叔母は小さい頃から耳が悪くてあまり活発ではなく、幼くして父親を亡くしています。
    それを可哀想に思い、周囲の援助で叔母だけが大学に進学しています。※貧しかったので普通には進学できない状況でした。
    また、別の叔母はいつも母に対して確執があるように感じていますが、それは人間的に合わないと言ったレベルです。
    父親(祖父)の相続ではむしろ二人の叔母の希望に添って母は損をしています。
    なにか事情があれば母の性格でしたら話してくれていると思いますので無いと思います。
    私も自立すべきとのお話ですが、ご理解頂けないと思いますが、遺産などは古いものの維持、先祖の供養をするために使う物だと思っています。
    土地などを維持するだけで税金が掛かりますし、親戚づきあいにも費用が掛かります。
    そのように感じられてしまうことがあるということもご意見としてあるということを理解できました。
    また、向こうの子供達は何も知らないから援助の話はしないで欲しいと叔母が希望しています。
    幸い、長男と長女が仕事をしているのでそれだけは安心しています。

    ユーザーID:3169853451

  • トピ主です。6


    母とゆっくり話しました。
    叔母が実は既に新築のデザインを選んでいたことが解りました。
    いつからか建て替えて貰うことを待ち続けていたのでしょう。
    さすがに母も別の叔母もびっくりしていました。
    二人ともそのレベルの住宅は建てられないと断ったそうです。

    そもそも今回の話は、別の叔母が誘導した話で別の叔母は一部資金提供だけで母に負担させようと計画された物であったことが解りました。
    母は二人で決めた話にしぶしぶ合意をしたそうです。
    ところが悪いことばかりではなく、どうも今の叔母の土地の使用状況から新築建て替えは許可がおりないそうです。

    つまり、選択肢がリフォームと言うことになりそうなのです。
    しばらくは状況確認をしていくことになりそうです。
    リフォームということであれば、この話を言い出した別の叔母の資金で出来そうな可能性が出てきました。

    ユーザーID:3169853451

  • トピ主です。5


    続きです。

    >ぷっぷくぷぅさん

    私は母が老後の資金を無くしてしまって影響があるかもしれないと思っています。
    今回の援助も自分の老後の資金からの援助だと聞いております。既に母に収入はございません。
    諦めるのは母の豊かな老後だと思っております。
    娘として苦労して残したお金を健康なうちに趣味などに使って貰いたいと思っております。
    常に金の無心をする近親者が側にいるというのは精神的にとてもつらいものだと思います。
    私は叔母のことを嫌っておりますので同情も何もないのですが、母は妹が不幸で可哀想、援助してもそれをその夫が労をせずに資金を受け取るのは不本意だと思っております。
    今となってしまえば、ずるずると援助を続けたことが彼らを堕落させたのだと反省しております。
    むしろ、ぷっぷくぷぅさんのご家庭のような対応が叔母夫婦にも必要だったのかもしれません。

    >セラさん

    私が心配しているのはその点です。
    抜け出せないような状態にならないように母に話をします。
    第三者から見て間違っているということも伝えてみます。

    ユーザーID:3169853451

  • トピ主です。4

    こんなお話にご意見をいただけてありがたいです。
    皆様のご意見を拝読させていただきまして、援助するほうに大きな問題があるというのが世間一般のご意見だと考えるようになりました。

    おそらく、援助しないというのが母の老後を守る方法でそれ以外はお金を捨てる覚悟をして母の責任で対応すると言うことなんだと思います。
    私も叔母のことを実家で見るのも嫌ですし、その話題を話すのも疲れます。
    最後に母には皆さんのご意見から私が感じたことを伝えるだけ伝えてみようかと思います。
    それでも母が援助すると言うなら母のお金のことなので仕方がないと思います。

    >りんごさん

    他人に言えば、母が悪いの一言で終わるお話なのかもしれないですね。
    叔母の存在は恥となっておりますので、母姉妹達の間でしか話は出ていません。
    金の無心にくる叔母を親孝行な娘さんと理解している人もいます。

    続きます。

    ユーザーID:3169853451

  • これが最後の援助なんて

    > 今後の援助をしない約束でこの資金提供をしよう

    でも、叔母さんが「生活に困って病院にも行けない」なんて言ったら、お母さんは援助しないではいられないでしょう?

    お母さんは、自分の老後の分だけではなく、叔母さんが本当に困ったときに助ける分を確保しておかないといけません。
    それこそ、葬式代が無くて出せないと甥姪が言ってくる可能性も考慮して、甥がローンを組めば事足りる新築費用などに散財せず、緊急時や困窮時の援助用として、叔母さんが亡くなるまで大事に貯金しておくべきです。

    と、お母さんに言ってみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:9052206780

  • 何か理由あり

    普通姉妹であってもそれぞれ家庭を持てば金銭も別ですし、ここまではあり得ませんよね。
    その上、援助して貰っても堂々としていて、感謝の気持ちもないんですよね。
    伯母さんの気持ちの中にはそうされて当然の何か理由があるのではないでしょうか。
    あなたは姪の立場ですよね。あなたには判りえない複雑な感情が、
    伯母さん姉妹、祖母の間にあり、その為その要求を断り切れないのではと想像しました。

    しかし、その伯母さんの子供たち(あなたの従兄弟ですよね)まで感謝の気持ち云々は関係ないかも。いや、むしろ、その子供たちはその事情を知っているのかもしれませんね。
    事情の解らない小町に聞いても「そんな事ありえないよ」としか言いようがないですよ。
    それとも将来あなたに入る財産が減ることへの心配で思わず書いてしまったのでしょうか。
    私の身内に ある事情で破産させてしまったご主人をなくされた方を一生面倒みた人がいます。
    周りはその事情知りません。念書も何もなしにね。
    トピ主さんはまだ若い方だと思いますが、人生長くなると様々な感情が絡みつきます。
    あなたはお母さんのお金を当てにせず、自立しましょう。

    ユーザーID:8529721689

  • 近い将来・・・

    近い将来、親族共々路頭に迷うような結果になりそうな気配ですね。
    くれぐれもご用心を。

    ユーザーID:0443725409

  • お母さん老後はどうするの?

    ちゃんと蓄えておかないと何か有ったとき困るよ?
    いつまでも若くないんだからね!
    そう言ったらダメかな?
    今の時代、将来の不安は誰でもありますしね。

    ユーザーID:6530659542

  • ふーむ

    >生きている限りたかられそうで恐怖感でいっぱいです。
    >私にはたかることはできないのでそこまではないと思います。
    たかられてるのはトピ主様ではないし、たかられる事もないのに、何故恐怖感で一杯?

    >最悪の場合、私が母たちのことをあきらめるしかないのかもしれないですね。
    これは何を諦めるの?母様達の財産を諦めるという事?

    トピ主様にたかってくる事はない(=実害がない)のでしたら、この件には関わらないという態度でいた方がいいと思います。母様達に金銭提供をやめるよう忠告しても聞かず、納得して提供されているのでしたら、それ以上にできる事はないでしょう。母様達が財産をどう処分しようと母様達の自由です。トピ主様がどんなに嫌でも口出しする権利はないのでは。

    私は20代の頃、事業に行き詰った叔母(父の妹)夫婦から何度かお金を無心された事がありましたが、はっきり断りました。
    親はいくらか金銭の援助をして、それ以上はできないという態度を取りました。後に叔父は自己破産し、夫婦で雇われ人として働き始めました。立ち直った叔母夫婦と、親も私も普通に親戚づき合いをしています。

    ユーザーID:0779187930

  • お母さん、バカだなあ

    と思ってしまいますね。

    他人に話したら、笑われますね。

    ユーザーID:3063557727

  • トピ主です。3

    お返事の続きです。

    >まいまいさん

    おっしゃるとおりです。
    子供達には叔母が負担をさせないようにしているとしか思えません。
    それとその子供達もお金を貰って当たり前と思っているのでどうにもならないように感じます。
    父親も母親も働かずに育てられたのは特殊な環境としか言いようがありません。

    >うみさん

    出せば出すほど、たかられているのが今の状況だと理解しています。
    母屋を取られる下り、本当に危ないと思っています。
    何があるわからない恐怖感があります。
    最近の詐欺のニュースをみると叔母のことが重なってしまいます。

    ユーザーID:3169853451

  • トピ主です。2


    お返事の続きです。

    >おばさん

    縁が切れるのが一番ですね。
    甘すぎますよね。
    普通の方々は私を含め、ローンを組んで対応することなんですよね。

    >FLAPPYさん

    サラ金もにているのかもしれないですね。
    はじめは喜んで貸して貰えるから最後まで借り切って自己破産になるんですよね。
    私にはたかることはできないのでそこまではないと思います。
    最悪の場合、私が母たちのことをあきらめるしかないのかもしれないですね。

    >被害にあってますさん

    強硬手段に出られるのが一番いいのでしょうね。
    それができない母にいらだつことが多いです。
    私は冷たいので、権利もないくせに私に金の無心をするようなら、逆に訴えてやります。

    >シビアにねさん

    念書も難しいかもしれないですね。
    今までの過程でもことごとく貰って当たり前の態度でしたから。
    せめて感謝しくくれればと思ってしまうのは未熟だからですね。

    ユーザーID:3169853451

  • トピ主です。1

    皆様のご意見ごもっともだと納得しております。
    もっと自分もしっかりすべきだと考え始めました。

    >行政書士の娘さん

    ほんと自分で払って貰いたいです。
    何かいい方法がないかと相談してみたものの難しそうです。
    過去の資金提供も現金では
    相手が受け取っていないと言えばそれまでだそうです。

    >あっこさん

    その通りです。
    出す方が悪いのは当たり前です。
    今回は別の叔母に泣きついて話を決めてきたそうです。
    別の叔母は子供もいないのでそういう判断を簡単にします。

    >ノアさん

    新築しなくてもいいんですよ。
    それにアパートを売却すれば家を建てるくらいのお金を用意できるでしょう。
    このままでは、あの叔母が手段を問わず
    生きている限りたかられそうで恐怖感でいっぱいです。

    >みさとさん

    はい、だまされやすいと思います。
    母は資産はたいしてありません。
    別の叔母にはあるようです。
    それなのに出すから呆れてしまうんです。

    >ラインさん

    私は一円も渡すべきではないと進言していますが、聞く耳を持ちません。

    ユーザーID:3169853451

  • 甘いですねえ

    皆さんの書かれるとおりです。
    なんで「最後に」援助なんかする必要があるの?

    援助したくないなら今からきっぱりとおやめくださいな。
    そういう人にとって「最後は何度でもある」んですよ。
    あなたがたのことを打てば金が出る小槌かなんかと思ってるだけ。
    約束もプライドも関係ありません。

    お金が出ればそれでいい。
    そのためには拝んだりゴネたりなんでもしますよ。
    いつまでたかられていたいんですか?

    ユーザーID:0754328522

  • ださない!

    面倒みれるだけ金もちなんでしょうが
    今まで散々だしてきて感覚が麻痺してませんか?
    普通ださないし
    出せばだすほど、金づるとしてタカられる人生が続きます

    親戚なので後味悪く感じるのでしょうが
    どうしても面倒みる人がいなければ、最終的に国が面倒みますし
    突き放す努力をしなければ、「軒を貸して母屋をとられる」ように
    母屋が屋台骨だけになりますよ

    ユーザーID:8581069594

  • 言語道断

    私もいくら念書を書かせたところで無心してくるのは目に見えてますし、医療費や介護問題などが発生した場合、頼られてくると思います。
    無関係な第三者としては、縁を切るべきと思います。これは極端な意見かもしれませんが、「縁を切る」か「今後も援助を続けるか」のどちらかのような気がします。
    というか、従兄弟は何をしてるんでしょう。あてにならないからこんなことになっているんでしょうけど。
    お母様やおばあ様には、「もし二人に何かあったら、今度は私があてにされることになる。そのことをどう思っているのか」とよく話し合うべきと思います。弁護士の方も何故、援助を前提の話になっているのでしょうか。懇意にしている弁護士で、お母様たちの強い希望で「今回だけは援助を」ということになっているのでしょうか。
    でも、そういう甘い対応が「口ではだめといっててもいざという時はなんとかしてくれる」という考えを助長させているのだと思いますよ。何故「金もないのに家を新築するなどもってのほか」ということを説得しないのでしょうか。。長男の家なら長男夫婦に金出させろ。

    ユーザーID:8609488689

  • 援助の必要あるの?

    「新築建替の資金提供を最後に」と決められたのなら、それはパンチさん家族の考えだと思うので、私は何も言える立場ではありません。

    ただ、私の想像ですが・・・
    念書は書いてくれるとは限らないと思います。
    念書書かずに金銭を手に入れようと、あの手この手で接してくるかもしれません。(したたかだというお話なので)
    そしておっしゃるとおり、金銭要求も続くでしょう。

    きっと、援助や接し方の賛否両論が出てくるでしょう。
    ここに書き込みされたのが単なる愚痴でないのなら、私は以下のように思います。

    感謝しろと思うなら、それは他人に要求するものではないと思います。
    お母さんが良いと思って援助する場合、全て持っていかれる覚悟で援助なりやられっ放しでいたらいいじゃないですか?
    嫌なら、小町の書き込みを参考にするなり専門家に相談をするなり、お母さんと話しつつ、全力で手立てを考えたらいかがですか?

    ユーザーID:5713603208

  • うちの親戚と似てます。

    これからは弁護士を立てて一切直接話さない事ですね。電話が来ようが家へ来ようが、「弁護士に伝えてください」でおしまい。少しでも話を聞けば元の木阿弥ですよ。お金に執着心がある人間は何をするか分かりません。ましてや、働かずに暮らして来た人たちという事ですよね。トピ主さん家族がお金に見えてるのでは?気をつけた方がいいです。お母さんが亡くなられた後の事をよく考えておかないといけません。次の代までたかられたら堪ったものではありませんからね。

    ユーザーID:4319617910

  • ずっと変わらないと思います。

    うちにもそういう叔母がいます。
    トピ主さんと違うのは夫親の遺産で生活していたというのではなく、サラ金などで金銭を得ていたということでしょうか。
    (夫はヒモ同然で数人変わっています。子供は施設に手放しました)

    サラ金は幾度となく祖父母が清算(トータル数千万?)していました。
    家に戻ると言ってはお金を持ち逃げしたりしてましたね。

    こういう人はこの先も変わらないと思います。
    トピ主さんの叔母さんは今まで何とかなっていて、うちの叔母(今は祖父もなくなり祖母のお金も無くなったのでしおらしくしていますが)のように「人生に反省してみようかな」という分岐点もなく、無くなればどこからお金がわいてくると思っているので、この先もなくなれば「当然のように」無心してくると思います。

    今、この叔母夫婦に資金を出せば、祖母が亡くなればトピ主母が、その次に兄弟姉妹が亡くなれば甥姪に「たかる」と思います。

    差しあたっては、新築の固定資産税が払えなくなったとか、年金が少ない(またはない)ので生活ができないと言ってくる可能性はあります。
    これからは念書を盾に突っぱねるしかないですね。

    ユーザーID:6468302728

  • ださない

    無視してお金は出さない、これしかないですよ、

    出させる状況などぞんざいしません

    結局は、とぴぬしさのお母様と、祖母甘いだけです

    弁護士を通して念書をとっても、お金を出せば、また出てくると思われるだけです
    弁護士代かけるだけ無駄ですよ、
    ない袖は触れない、無いといい続けるしかないです

    それで縁が切れたって困らないでしょ

    ユーザーID:1933112673

  • アドバイスも何も

    何で援助する必要があるかどうかについて悩んでいるのか全く解りません。
    1円たりとも援助する必要はない。

    ユーザーID:8008014270

  • 出す方がアホ

    どうして「母も自分の老後が心配なので」資金援助をすることになるのか、
    そもそも分かりません。
    老後が心配なら、ご自分でお金を持っておく方がいいのでは?

    トピ主さんが書いているように、今まで資金援助してもらっていた側が
    「これが最後」を聞き入れるはずがありません。
    聞き入れるなら、もっと早い段階で援助要請が止まっています。

    そんな叔母にお金を出し続けるなんて、お婆さまもお母さまもその妹さんも
    よっぽど資産がおありになるんですね、とそんな感想です。
    傍から見ると、要求し続ける叔母もどうかと思いますが、
    要求に応じ続けているご家族もどうかと思います。

    何のアドバイスでもありませんが、ともかく援助はしない方がいいと
    思いますよ。

    ユーザーID:0176711846

  • 長年の援助で感覚が麻痺してませんか?(精神的に)

    長年援助し続けてきたため、感覚が麻痺していませんか?

    今まで当然のように他人のお金で生きてきた人が、念書ごとき(多分叔母夫婦の感覚ではそう)で今後の行動を改めるとお思いですか?

    別に家を新築しなくとも生きていけるのですから、今さら一銭たりとも出す必要はないのでは?

    今ここで出したらやれ『孫の出産費用を』、やれ『孫の入学資金を』などと言って延々と無心されますよ。

    念書を作るにしても、『今以上お金を出さない』方向で弁護士さんに依頼したほうが良いと思います。


    それにお子さんが十分な年齢なのですか、親(叔母夫婦)の面倒は実子に見させるべきです。

    トピ主さんのお母様が、ご自分の老後を犠牲にしてまで見る必要はないかと。

    ユーザーID:0647860053

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧