毒親へ対決の手紙を書きます

レス87
お気に入り111

yuka

ひと

夫と1歳になる子供と暮らす主婦です。夫の実家、私の実家共に遠方です。
毒になる母親に振り回されて30余年、虐待を受けて育った私が子供に虐待を
しないため、カウンセリングを受けたり様々な本を読んだりしてきました。

中でも「毒になる親」という本の内容は衝撃的でしたが、その本に書かれている
毒親との「対決」はまさに今の私にとって必要なことだと思っています。
本には毒親と対決することが虐待の連鎖をくい止めることだと書かれています。
直接会って対決するのが一番よいかもしれませんが、実家は遠方のため
なかなか会うことはできないし、電話だと母が一方的に切ってしまうでしょう。
元々私の話を最後まで聞いてくれる母ではありませんし、この際手紙を書くことに
しました。

そこで相談なのですが、毒親と対決したことがある方、毒親に手紙を書いたことが
ある方、どのような対決でしたか?対決した後の親の反応はいかがでしたか?
その後の親子関係はいかがですか?

数日前に母に言いたいことをメモ書きのように便せんに書きました。「産まなければ良かった」などひどい言葉に傷ついたこと、妹を溺愛して私が「どうして妹ばかり可愛がるの?」と聞くと「うるさい、離れろ」「私はあんたの母親じゃない」と
怒鳴りつけ、私が泣くと益々面白がって笑いながら「お前なんか非行する子供が入る寄宿舎の学校に入れてやる」と言われて辛かったことなど。(母は間違いなく実母です)

メモを読み返してみると、母が読んだらぶち切れることばかりです。ブチ切れられて絶縁されても仕方ないという気持ちと、子供にはお祝いなどをくれるので、絶縁は避けたほうがいいのではという気持ちが交錯しています。母が少しは反省してくれるような心に響く手紙の書き方はないものでしょうか。

ユーザーID:1751392569

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数87

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 反省するかなあ?

    私も毒親がいるので、トピ主さんのお気持ちを痛いほどわかるつもりです。
    しかし遠方にお住まいなら、疎遠ではダメなのですか?
    お祝いを贈ってきたら、お返しをデパートから送るなどして直接コンタクトを取らないとか、帰省はしない、電話も取らないなどではいけませんか?
    お母さんは反省しないと思います。
    反省できる人は毒親にならないと思うからです。
    またトピ主さんが手紙を書く作業が、辛い出来事を思い出させたりしてすごくストレスになると思います。
    だから私の場合、手紙は書かずノータッチでいます。

    ユーザーID:5855136778

  • 応援だけですが

    応援だけで、すみません。
    トピ主さんは、私がやろうと考えつつも行動に移せていない事を実行しようとされているので
    アドバイスはできませんが心からのエールを送ります。
    うまくいきますように。

    パンダさん、横レスすみません。
    失礼ですが「毒になる親」を読まれた事がないのでしょうか?
    トピ主さんはその本で専門カウンセラーが推奨している事を実行しようとされています。
    本には対決の必要性もしっかり説明されていますよ。

    ユーザーID:6501062713

  • 1度や2度で

    相手が簡単に心に響く位ならと−っくに母親は改心してますって。
    トピ主さん、ここまで辿りつくのに沢山泣いた事でしょう。毒になる親を読んだ時、悲しくなりましたよね。
    私も未だに戦い中です。結婚して10年以上たつのにまだ支配しようとしています。
    手紙には淡々と書くだけでも、気持ちの全てを書いても良いと思います。でも反撃も覚悟してね。この手の母親は本にも有るけど自分の為の言い分けにはたけた人だから。
    なので言うだけ言って後は疎遠でも良いのでは。
    パンダさんが言う事はやった人でなければわからない事を先にお伝えしてるだけですよ。ご自身も毒親がいてと書いているでしょ。本読んでやった事有るから出る意見です。雪さんも同じ立場なら、攻撃の様な事書かずに済ませませんか。
    私は今も戦い中だからね、そう思うのです。
    トピ主さん、最初の一歩だよ。頑張れ!

    ユーザーID:1320768712

  • 毒親に響く言葉はない

    数年前、私も毒親(父親)に手紙を書いて、
    面と向かって読み上げながら対決しました。

    その場では「俺が悪かった」と泣いてみたり、
    「それは違う」とか自分にいいように取り繕ったりしてましたが、
    結局その場だけ。
    翌日くらいには、娘からそんなことを言われたことすら忘れてたと思います。
    その後の毒っぷりの加速もすごいです。
    今も苦しめられています。

    基本、毒親の心に響く言葉なんてないと思います。
    子供から何か言われてわかるような親なら、
    もともと毒親になっていないですから。

    とはいえ、自分の心を整理して毒親にぶつけるという作業がまったくの無駄だとは思いません。
    つらいですけどね。
    相手が改心しようがしまいが、自分がそういう作業をしたということは、
    ある種の自信?になってます。
    区切りというのかな。

    相手が変わるかもと過度な期待はせずに、
    自分の中で区切りをつけるような気持ちでやってみてはどうでしょうか。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:0106534825

  • 戦う必要ってあるのかなあ

    物理的に距離がおけているなら、
    対決するよりのらりくらりとかわし続けた方がよくないかなあ。

    物事の解決方法ってひとつだけじゃないと思うんですよ。
    毒になる親には確かにそう書いてあるけど
    例えば寒風摩擦で体力がつく人もいれば風邪ひいちゃう人もいる。
    返り討ちにあっても踏ん張れる精神的な体力が今自分にありますか?
    やられたー!ってなったときyukaさんのご主人は満身創痍のyukaさんを抱えきる精神的な体力がありますか?

    逃げるが勝ちっていう言葉もあるし、向こうがいくら支配したがっても今はそれが出来ないという事実が既に勝利なんだからつけいる隙とか与えない方がいいような気がします。

    yukaさんがお子さんを虐待しない為にはお母さんと対決するより、ひとりで子育てしないことが効果があるような気がします。ご主人の、地域の、お友達の力を上手く借りて、自分も誰かを助けてあげて、そういう方法もあると思います。

    私は手紙を書いて出さないで仕舞って時々読んで、また書いて仕舞って何度も読んで、母を反面教師にすることが出来たと思います。書くのはとてもいいと思うんです。気持ちに整理がつきますから。

    ユーザーID:8683778487

  • 私の場合ですが

    毒になる親という本は読んだことがありますが、この本に出会う前に、帰省した際に母親に直接何度も言ったことがあります。私の話し方が良くなかったのか、うちは特別強力な毒親なのか、母は心の病だったのか、何でも自分の都合のよいように話を曲げていってしまい、全く自分のことを言われているとは気づいていませんでした。母娘の関係の心理学系の本を渡すと、母と母の親(私の祖母)との話ばかりして、私の気持ちは全く伝わりませんでした。
    そして、私への支配は止まらず、ますますひどいことをされたので、信頼できる人のアドバイスに従って転居先を知らせず転居、転職しました。その際、家出人として探されないよう「今後は自分の人生を生きます。こちらに迷惑をかけたら警察へ相談します。(毒親の親族で、警察沙汰になったら解雇される職場に勤務中の人がいるので)絶対やめること。エゴを手放し世のため人のためになることをしてください」と書き書留で送りました。それでも知人に手紙や伝言を言付けたり、着信拒否していた携帯電話に山ほど電話していたようですが、携帯の番号も変えて完全に疎遠になりました。

    (続きます)

    ユーザーID:1470336912

  • 続きです。

    私は上記のようになりましたが、トピ主様や他の方は「対決」して希望通りの結果が得られるかもしれません。
    私の場合は、毒親を持たない人から「何があっても親子だから、時の流れとともに仲直りのチャンスがあるよ」とか「帰省したり連絡してあげて」「スピリチュアル的には自分が毒親を選んだのだから」とか、「親孝行教」の布教も受けました。嫁姑問題のある人からは「血縁のある親子関係は一生つきまとう」「過去生で毒親と立場が逆だった」などつらい言葉も言われました。
    毒親持ちの先輩からは、「毒親持ちの人はもともと親子の縁が薄い」「毒親よりも子供の方が精神年齢が高い」と言われました。
    親との問題から自分が何を学んだか、自分にとっての学びの答えに思い当たれば、その問題は既に問題ではなくなって(結果的に親と仲良くなれるか、逆にもう関与しなくてよくなる)卒業できるのだと思います。心が解放(卒業)されてからそれが現実に反映されるのには少しタイムラグがあります。

    過去から自由になり、「今この瞬間」から自分らしく自分の幸せの道を選ぶことができると思います。
    人それぞれその道があります。その個性を心から応援しています。

    ユーザーID:1470336912

  • 書きましたよ

    私も毒になる親を読み、医師やカウンセラーと会話をして毒親と確信しました。

    私の場合、親や兄弟との関係もありますが誰にも言えなかった子供時代に受けたショックな出来事があり、ある日突然フラッシュバックで記憶が蘇りました。
    その事の告白もする意味で親に手紙を書きました。結果は親からお前が悪いと罵られ、あまりの口汚さに電話切りました。

    毒親は多分改心なんてしません。ですが、吐き出したらスッキリしました。
    お前らなんて大嫌いだ!と宣言しただけでもスッとしました。私の親は外ヅラが良いので、信頼できる親戚には洗いざらい話してありますので何かあった時にはその人に相談します。

    一切連絡しなくなったので、一度人を介して仲良くやろうみたいな事を言われましたが突っぱねました。
    医師にも親の言う事は聞かなくて良い、接触してはだめだと言われたので、今は絶縁しています。改心は期待しない方がいいですが、気持ちは楽になると思いますよ。

    ユーザーID:3157870407

  • レスありがとうございます

    パンダ様
    >反省できる人は毒親にならないと思う
    そうですね。その通りだと思います。私の母も反省する人ではありません。
    遠方で疎遠になって、心穏やかに暮らせてはいますが、たまに電話で会話を
    すると昔の嫌なことが思い出されてきます。ならば電話に出なければとも
    思いますが、無視すると「親をなんだと思っている」と反撃してくるでしょう。

    一昨日電話で話したのですが母は私の話を最後まで聞くことはないくせに
    私が母の話を遮ると「最後まで聞けーーー」と電話口で大声でのたまっていました。

    母が反省するしないにかかわらず、「対決」はしなくてはならないと思って
    います。手紙を書くことでストレスになるというご意見も分かりますが、
    私の場合は母に対する不満を書きなぐることで気持ちが少しずつ整理できている
    ように思います。ただ、不満をぶちまける手紙だと母は反撃してきます。
    涙をさそうような手紙に書きかえ、少しでも心に響く手紙にしたいのです。

    ユーザーID:1751392569

  • レスありがとうございます2

    雪様
    私もなかなか実行できていません。とにかく便せんに思いのたけを書いてみることから
    はじめようと思い、ひたすら書いているところです。手紙の文章に推敲を重ね、母の
    心に少しでも響くものを書きあげたいと思っています。
    応援していただき、本当に嬉しいです。応援の言葉をもらえるとこんなに心強く思う
    ものなんですね。

    neko様
    私の母も本に書いてある通り「言い訳にたけた人」で、反撃してくることも目に見えて
    います。母は自分も虐待を受けて育ったことを言い訳にしてきました。私よりもひどい
    虐待を受けて育ったそうです。言いたいことを言うだけ言って疎遠にするのは最終手段
    として考えています。反省して謝罪の言葉をくれるのではないかという期待を持つことは
    ありませんが、少しでも母の心に後悔の念を植えつけたいのです。手紙を送るときは
    「毒になる親」を同封しようと思っています。母が読むかどうか分かりません。母は
    虐待された過去を乗り越えられず私を虐待した。でも私は母と違う。乗り越えようとして
    いるということを母に見せつけたいという気持ちもあるのです。
    これは戦いなんですね。

    ユーザーID:1751392569

  • もっと傷ついてしまうかもしれません

    医師のカウセリングを父と一緒に受けて、私は両親ともに毒親だと理解しました。
    一緒に受けたので、父は理解したようでしたが、母は聞く耳すらなく、
    断絶しましたが、辛かったことを、自身に書くことには賛成ですが、破いて棄てられるか?もう一度母親から捨てられる辛さを味わうことになるかもしれません。

    今では、両親も亡くなりましたが、徹底した反面教師になり、子供たちも巣立ち、穏やかな日々に、余計な苦労をしたけれども、今の私の幸せはそれもひっくるめてあるのかもしれないと思うようになりました。
    しかし、必死に幸せになろうとする私を、何度も引きずり降ろしたり、暴力に、両親を許せる気持ちには一生ならないと思います。

    ユーザーID:5717707311

  • レスありがとうございます3

    yuri様
    >数年前、私も毒親(父親)に手紙を書いて、
    面と向かって読み上げながら対決しました。

    もしできるなら私も同じことをやりたいです。
    面と向かって言うほうが相手の表情などを見る
    事ができるからです。

    yuri様はお父様から泣いてお詫びを言ってもらえた
    とのことですから、たとえその場だけだとしても
    私にはうらやましいです。私の母は子供の私に頭を
    下げることなど屈辱的だと思っているでしょうから。

    >相手が変わるかもと過度な期待はせずに

    そうですね。毒になる親にも書かれていましたが
    謝罪も改心も期待することなく、私自身の区切りを
    つけるために頑張ります。

    ユーザーID:1751392569

  • レスありがとうございます4

    いいちこ様
    対決するという結論にいたるまで、のらりくらりとかわしたほうが良いと
    思っていました。子供にとっても可愛がってくれるおばあちゃんは必要だと
    思うし、言い方は悪いですが、母を上手く利用するくらいの気持ちで上手に
    ごまをすっていたほうが得なのではと思うこともあり、今も葛藤しています。

    >返り討ちにあっても踏ん張れる精神的な体力が今自分にありますか?

    返り討ちはあるでしょうね。踏ん張れるかどうかやってみないとわかりませんが
    子供のころ「産まなければよかった」を言い続け、私を全否定してきた人に対して
    最終手段として「あなたから産まれてこなければよかった」「あなたは親失格」
    くらいは言ってもいいと思っています。返り討ちに対しても反撃できるように
    このような言葉を準備しておくのはよくないでしょうか・・・。

    >私は手紙を書いて出さないで仕舞って時々読んで、また書いて仕舞って何度も
    読んで、母を反面教師にすることが出来たと思います

    素晴らしいことだと思います。書いても出さないで乗り越えられたんですね。
    それもひとつの選択肢だと思います。

    ユーザーID:1751392569

  • 毒親に響く言葉はない

    響く言葉があったら毒親になってなどいませんって。
    毒親は会話が成り立ちません。
    しばらくおとなしくしていたとしても直ぐ元に戻りますし。

    家族、親戚に迷惑がかからないようにパッツリと切る事をおすすめします。
    手紙を書くのだったら絶縁のお手紙です。
    毒親の介護なんて腹が立つだけです。

    孫にだって容赦なく我がまま言いたい放題しますから。
    本を贈っても無駄、人のことで自分が該当するなど考えもしません。
    自分はいい親で立派に育ててやったくらいしか考えません。

    これからは会話したりするときに録音をおすすめします。親戚一同に公開できるように。証拠があるといいですよ〜。

    ユーザーID:2902177134

  • レスありがとうございます5

    かつおぶし様
    とても興味深く読ませていただきました。毒親を持たない人、持つ人からの言葉も
    なるほどと思いながら読みました。私も同じようなことを言われたことがあります。
    「スピリチュアル的には自分が毒親を選んだ」というのは江原啓之さんの本にも
    書かれていました。一時は「私が選んだ修行なんだ」と思ったり「母のほうが魂の
    年齢が幼いんだから仕方ない」と思うようにしましたが、なかなか私自身が江原さんの
    言う年齢の高い魂ではないようで、母とは幾度も衝突してしまいます。

    母と対決するには絶縁も覚悟しなくてはならないと思います。かつおぶし様のように
    「迷惑をかけたら警察へ・・・」という手紙を送って絶縁ということもあり得ると
    思っています。

    くもり様
    誰にも言えなかったショックな出来事を親に告白することも勇気が言ったことと思います。

    >毒親は多分改心なんてしません。ですが、吐き出したらスッキリしました

    そうでしょうね。私の母も改心することや謝罪は期待できません。それでも、
    絶縁となっても言うだけ言って気持ちが楽になるのなら、対決する意義がありそうです。

    ユーザーID:1751392569

  • 親子で対決…???

    私は毒親という言葉を最近小町で知りました。
    トピ主さんのお話や別のトピを見ていると胸が詰まりそう。
    私は毒になる親を読んだことはないです。が、皆さんのいう毒親といわれる親の元で育ちました。
    お前は屑だ!この出来損ない!今から山に連れてってやるから死んでこい!
    などなど思い出してもキリがない位いろんな事母に言われました。
    もちろん暴力もハンパなかったです!
    私を叩く為の道具(掃除機の棒など)は今までいくつ壊れたのか数え切れません。
    私は成人頃までは母に恨みという感情しか持っていませんでした。
    最近ほんの少し丸くなった母をみると昔母は辛かったのかも知れない。
    そう思い始めたらいつの間にか恨みという言葉は母に対して無くなってました。
    皆さんいろんな乗り越え方があると思います。
    でも私は乗り越えたというか受け入れたっていう感じに近いです。
    好きではないですが私を産んでくれた母に感謝してますし、
    躾も厳しかったですが今思えば愛情の一つかな…と。
    最近いがみ合う親子、夫婦、友達が多い気がします。トピ主さんがそうというわけではありません。
    トピ主さん、いろんな人達の意見を吸収して自分にとって一番良い方法を見つけて下さい。

    ユーザーID:9133391673

  • つらいですね

    私の親も毒親です。
    今までいろいろありました…。
    私も「毒になる親」を読みました。
    手紙は書いた事はないけど、自分の気持ちは親に伝えた事はあります。
    神妙な顔をして聞いていたので、わかってくれたのかな?と思ったけど
    無駄でした。
    結局何もわかってくれていなくて、余計落ち込みました。
    どうして理解できないんだろう、この人の頭は?と、つくづく思いました。

    結局、毒親って言うのは何を言っても無駄だな、と悟りました。
    わりきってつきあうか、疎遠になるかしかないようです。
    私にも子供がいますので、私自身がこんな毒親にならないよう、必死でがんばっています。

    トピ主さんがご自分の思いを親御さんに伝える事は良いことだと思います。
    でも、これ以上トピ主さんの心が傷つきませんように。

    ユーザーID:4859570465

  • 対決の目的は?

    件の書籍を読んだことがなく、「対決」にどのような意味があると書かれているのか分からないので的外れな意見かもしれませんが...
    トピ主さんにとって対決の目的は何ですか?

    >私が子供に虐待をしないため

    これだけと言っても過言ではないのでは?

    そう考えると、

    >母の心に少しでも響くものを書きあげたい
    >少しでも母の心に後悔の念を植えつけたい
    >乗り越えようとしているということを母に見せつけたい

    こういった思いは、最初に挙げた「目的」の達成には何の役にも立ちませんよね。
    第三者の目から見れば「邪念」としか映りません。
    このような期待が少しでも存在することで達成できないことがストレスとして作用し、本来の目的への悪影響となって現れる可能性を懸念します。

    おそらく「対決」は、母への影響を期待して行うのではなく、自分への決意として、過去との決別を宣言するプロセスのように思えるのですが。

    目的の本質を見誤らないことをお祈りします。

    ユーザーID:3025581589

  • 自立、自立、これのみ

    くやしいのはよく分かります。

    反省させたい。絶縁をためらう。また、とりわけ絶縁をいう。
    手紙を書く。お祝いはほしい。心に響くかな。
    あなたのこれらの心理は、酷なことをいうようですが、自立してない証拠です。
    心の大きな部分にお母さんを住まわせてしまっているのです。

    兄弟と差別されて育ったことを言いつのる裏には、もっと可愛がってほしかった、ひいては、母親が大好きという心理が隠れていると思うのです。
    これとまず対決することが先決だと思います。(私の経験から言ってます)

    本当の自立は簡単な道ではありません。
    なぜなら、人のせいにする、人を恨むという行為で
    時間を費やす方が楽だからです。
    でも、自立はあなた次第で可能です。

    自分の人生を充実させて下さいね。
    そうすると、ある日、ひと月に一度も母親のことを考えない自分に出会う日がきますよ。

    ユーザーID:4348870399

  • 手紙は..

    後々、残るものだから?
    あまりお薦めしません。

    後味悪く苦い気持ちになったことが過去にありました。

    きっと悲しまれると思います。
    これからの関係を良いものにしたいのならば
    お会いされたとき
    「あのときは、こんなこと言われて
    とても切なかったよ。辛かったんだよ」と
    さりげなく自分の訴えを聞いてもらったら?

    あなたが、もし?将来に
    お子さんにそんな風に子供から手紙をもらったら哀しくなりませんか?

    ユーザーID:0192852048

  • 対決しました

    十数年前に手紙を出しました。私の母は絶対謝りません。手紙は完無視されました。それから十年くらい絶縁状態でした。年賀状だけのつきあいです。その後私は精神系の内服を服用するようになりました。親戚の葬式で十年ぶりくらいに帰省したとき父が気の毒なくらい老いていて、私の手を握って、「また帰ってきてほしい。」といいました。父の寿命を感じました。そのとき私は吹っ切り、両親を招き、母に嫌なことをされたらそのときの気持ちを伝え、傷ついた自分の気持ちをそのつど直接言いながら、なんとなく折り合いをつけています。言わないでも母に分かってほしいという気持ちは捨てました。今はときどき一緒に旅行に行ったりしています。母は、完全私まかせで相変わらず文句ばっかり言いますが、楽しかった。といってくれます。
    「愛を乞う人」なんだなぁ。と思いました。きっと母は、両親からあまり愛されなかった人なんだと思います。そんな母の淋しい気持ちも感じます。
    イグアナの娘という漫画をよかったら呼んでみてください。私自身の気持ちの整理になりました。何か参考になればと思います。

    ユーザーID:0068979201

  • レスありがとうございます6

    ナンシー様
    お父様だけでも一緒にカウンセリングを受けてくださって理解してもらえて
    良かったですね。お子様たちが巣立たれたということは私よりもだいぶ年上
    の方でしょうか?私もナンシー様と同じくらいの年齢になれば自然に同じ様な
    心境に変化するといいのですが・・・。なかなか未熟な今の私にはすぐに
    悟れそうにありません。
    手紙はとにかく書きあげようと思います。出すか出さないかは今決めなくても
    良いのでは・・・と皆様のレスを読みながら思っているところです。

    ふつうより様
    便せんに書いたメモ書きはまさに絶縁状のような文になっています。
    このまま清書して出したら絶縁状です。これを少しでも心に響く書き方に
    直したいと思っていますが、毒親に何を言っても無駄というご意見が多く
    やはり毒親の心に響く手紙を書くというのは困難なのでしょうか。

    >孫にだって容赦なく我がまま言いたい放題しますから。

    これはひどいですね。こうなったら絶縁以外の選択肢はありません。

    ユーザーID:1751392569

  • レスありがとうございます7

    ちゃんるい様
    対決せずとも乗り越えられたのですね。できることならそのほうが良いと
    思っています。ですが私はちゃんるい様のように受け入れるということは
    難しいのです。人間としてまだまだ未熟だと実感しています。
    もし機会がありましたら、「毒になる親」を読んでみてください。

    >私を叩く為の道具(掃除機の棒など)は今までいくつ壊れたのか数え切れません。

    私は暴力は受けていませんが、母は掃除道具でよく叩かれたそうです。
    「自分は叩かれて育った」が口癖でした。

    ゆうな様
    >わりきってつきあうか、疎遠になるかしかない

    わりきってつき合うというのは難しいですね。今は表面上は上手く付き合って
    いますが、ときどきはらわたが煮えくりかえるようなことを言われ、数日間
    悶々とします。まだまだ母の呪縛から逃れられていないようです。

    >どうして理解できないんだろう、この人の頭は?と、つくづく思いました

    きっと自分の中で言い訳をして自分を正当化しているんだと思います。
    私の母も言い訳にたけています。手紙を出すまでに傷つく覚悟もしなくては
    いけませんね。

    ユーザーID:1751392569

  • レスありがとうございます8

    ノヴ君様
    一番の目的は自分が子供を虐待しないため、虐待の連鎖を止めるためです。

    母の心に少しでも響くものを書きあげたい
    少しでも母の心に後悔の念を植えつけたい
    乗り越えようとしているということを母に見せつけたい

    こういう思いは確かに目的達成には役にたちません。でもこういう思いが
    私の中にあるということは事実です。こういう思いを裏切られることも
    覚悟の上です。

    >おそらく「対決」は、母への影響を期待して行うのではなく、自分への決意として、過去との決別を宣言するプロセスのように思えるのですが

    その通りです。自分が虐待をしないためには過去を乗り越えることが必要なのです。
    母への影響を期待する手紙を書きつつも、出すときは母への影響を期待せず、乗り越える
    決意として出したいと思います。なんか複雑ですみません。まだ自分の中で整理できていない
    のです。母への手紙を書きながら少しずつ整理しているところです。

    ユーザーID:1751392569

  • レスありがとうございます9

    まだ寒い様
    おっしゃる通りです。自立できていません。母に電話で嫌なことを言われると
    数日間嫌な気持ちを引きずることからもそう思います。そして「もっと可愛がって
    ほしかった」「母親大好き」という気持ちが裏にあることも自覚しています。

    こういう気持ちと対決するというのはどうすればいいのでしょうか?
    母に手紙を書くこと(気持ちを整理すること)はその一歩にならないでしょうか。

    消印様
    そうですか。後味悪い気持ちになることもあるのですね。覚えておきます。
    会ったときに「あのときは辛かった」とさりげなく言うのは難しいと思います。
    母は人の話を最後まで聞かずに話をへし折って自分の話にしてしまい、私が話を
    元にもどそうとすると「最後まで聞けーーー」と怒鳴るので。

    >お子さんにそんな風に子供から手紙をもらったら哀しくなりませんか?

    それは悲しくなるでしょう。でもそんな思いをさせていたのだと反省できる
    人間になりたいです。その前に子供に私と同じ思いをさせないために努力します。
    私の母は悲しくなるような手紙をもらうだけのことをしてきたのです。

    ユーザーID:1751392569

  • おつかれさま

    まず、あなたの傷を癒す為に、過去の傷を見返すのではなく今現在の状況を受け入れる能力を同時に身に着けることをお勧めします。
    過去に対して「あの時こういっていた」「あのときこうされた」
    そういった怒りがあるのは、当たり前のことです。
    しかし、そういった過去に対して「囚われている」ということがあなたに対して大きな負担になります。
    あなたの中には沢山の怒りがあります。
    そしてその怒りは、美しいものではない。
    けれども誰もが、虐げられれば傷つき、傷つけられれば牙をむくものです。
    あなたの怒りは決して間違っていない。
    それを発散するために、実母に向けて言葉を発するのは間違っていません。ただ、実母は恐らく「自分は正しい」と思い続けているに違いないと私は思うのです。
    それは、実母のおかしさは社会に容認されてきたからに他なりませんが、それに対して憤っていたとしても仕方のないことなのです。

    実母に対して怒りの手紙を書く行為は間違っていません。しかし、それによって実母が反省し、あなたを大切にするという事は恐らくですがありえません。
    あなたは何を期待して手紙を書きますか?

    ユーザーID:0448384731

  • お疲れ様です2

    実母に対して、何かを期待して、何か自分にとって「よいこと」がおきるのではないかと期待して手紙を書くのならば
    やめたほうがよいと私は進言します。
    実母に対してきちんとした精神科がサポートについていて、実母が悩みながら手紙の解釈を探るというのならば、確かに有用です。

    ですが、物事は、「相手を変える」事を基本とせずに、自分が変わることを基本とするのが正しいのです。
    あなたが関わり続けて生きたいと願うのならば、それはかまいません。
    しかし、あなたの思うようには決して変わらないでしょう。
    そして、あなたの気持ちをつづることであなた自身が、実母と決別できるのならば、これは大変意味のあることなんです。
    相手の行動に期待はしないが、自分のしていることに意味を持つ
    これは大切なことです。
    特に一方的に話が通じない相手には大切なことです。

    あなたが手紙を出したいと思った理由は何ですか?
    相手を変えることは出来ません。
    絶対に不可能なのです。
    同時にあなたを変えることも、あなたにしか出来ません。
    それは、双方の持つ権利です。
    何を目的として手紙を書きますか?

    ユーザーID:0448384731

  • 破り捨てて終わり

    だと思う。
    そんな手紙を読んで、気持を動かす人なら最初から毒親になってないと思います。

    うちもそうで、大学で精神医学を習った時、親に「あれは虐待だと確信した」と言うと、「そんな事を言うとぺチンと叩くよ!お母さんがどれほど頑張って子育てしたか!気分悪いから切るよ!」と言って、ガチャンと電話を切りました。

    普段の電話でもそうです。自分にとって都合の悪い事や耳の悪い事を言われると、ガチャンと平気で切る人です。

    毒親への最大の復讐は自分が幸せになる事だと思いますよ。
    幸せになって、上から勝ち誇って見下ろした時に、最大の復讐になると思います。

    そんな手紙やめた方がいいですよ。

    トピ主さんが傷つくだけです。

    ユーザーID:0657994065

  • 未練があるうちは止めておいたほうが良い

    対決の手紙ではなくて、決別の手紙なら
    私は賛成したいと思いますが。

    トピ主さんは「対決」がしたいのですか?
    対決したいというのは、親に勝ちたいのですね。
    勝って、謝らせたい?
    改心して欲しい=これからでも自分を愛して欲しい?

    それが可能であるか、無理なのか。
    冷静な判断、自己分析・状況認識が出来ないのであれば
    止めておいた方が良いでしょう。

    要は、未練があるのなら止めておけということです。
    親という存在を失う悲しさも切なさも、社会的道義も
    すべて含んでなお、この親と関わり合っていたら
    自分という存在が侵害されると考えるなら、決別するしか
    ないのですから。
    それは実質簡単です。
    財産分与放棄の法的手続きをする、そのかわり老後の面倒は一切みない。
    今後一切のコンタクトを取る気はなく、そちらからも受付ない。
    冠婚葬祭においても同様。
    と、弁護士を使って手続きし、弁護士から内容証明でも何でもつけて
    通達すれば良い。
    自分の子供にお祝いをくれるくらいで、揺らぐくらいの気持ちなら
    対決はあなたにとって意味をなさないと思います。

    ユーザーID:6118856130

  • レスありがとうございます10

    nekomura様
    お手紙を完全無視されたとのことですが、お母様は一度も読まれなかったのでしょうか。

    >母に嫌なことをされたらそのときの気持ちを伝え、傷ついた自分の気持ちをそのつど直接・・・

    子供の頃はそのつど直接伝えていましたが、「親に向かってくるなんて悪い子だ」と言われ
    嫌なことを言われたときにすぐに嫌と言えず、後になって悶々とするようになってしまい
    ました。それでも最近は「そういう言い方されると余計気分悪くなる」など言い返せる
    ようになりましたが、まだまだです。あのとき言い返せばよかったと思うことはたくさん
    あります。

    イグアナの娘は、テレビドラマを見ました。原作は漫画なんですね。漫画も読んでみたいです。
    ドラマは確か10年以上前だと思うので内容はところどころしか覚えていませんが、主人公の
    少女を自分と重ねて欠かさず見ていました。

    私の母も愛情に飢えた人です。気の毒な育ちだったと思います。さらに気の毒なのは
    それを乗り越えることができず、ストレスをすべて私にぶつけ、私に背負わせようとした
    ことです。甘えですよね。

    ユーザーID:1751392569

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧