• ホーム
  • 話題
  • 海外で見聞きした面白い話、驚いた話を聞かせてください。

海外で見聞きした面白い話、驚いた話を聞かせてください。

レス85
(トピ主15
お気に入り219

生活・身近な話題

Tom Cat

レス

レス数85

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • イギリス人、くしゃみ・鼻水が出たら

    イギリス人はハンカチで鼻をかみ、手首あたりの袖に入れて一日中持ち歩き、週1回の洗濯時に他の洗濯物といっしょに洗濯機に入れるんです。

    新型インフル対策として政府がPRしてたのは「くしゃみはティッシュにキャッチ、すぐゴミ箱に捨てて、感染を断つ」。小学生並(笑)。

    イギリスでは新型インフル流行時もマスク姿はまったく見かけず、日本人旅行者がマスクをして観光してるを凝視してました。テロリストかと疑ってたらしい。

    芝生が多いお国柄か芝アレルギーの人が多いので、花粉症シーズンは4-6月がピーク。なのに少しでもお天気が良いと半裸で公園の芝生でゴロゴロ。太陽光線で免疫を高めるためだと言う人も。

    ユーザーID:1934397538

  • ニュージーランドから

    食器洗いの手順です。
    こちらではキッチンのシンクに、熱すぎて素手では触れないお湯を張ります。
    そして、洗剤付きのブラシ(知り合いが以前、キッチンにあるこのブラシを見て
    「なんで靴洗いのブラシが台所にあるの?」と聞いていました・・・)でひとつひとつを洗った後、
    そのまま食器伏せ用のトレイやラックにたてかけ、布巾でふきあげて終了です。
    ここまでは、初めは驚くものの、そういうものだとご存知の方も多いと思います。
    あるとき、ある集まりでのディナーが無事にすみ、さあ、片付けましょうという時のこと。
    友人がシンクの前でお皿を「リンス」(すすぎ)しているではないですか?!
    わたしがちょっとびっくりして
    「あれぇ、こっちではリンスしないでいいんじゃなかったっけ?」と聞いたら
    その友人が「なぁーに言ってるの!私はちゃんといつもリンスしてるわよ」とのこと。
    そうだよね。リンスする人もそりゃあいるよね・・・と納得していたら、彼女は「洗浄する前にリンス」(つまり、大きな汚れをちょっと洗い流すということですね)という作業をしていたのでした。
    なぁんだ。やっぱりねぇ・・・・。

    ユーザーID:1288200385

  • 今朝のテレビニュースで見ました

    アメリカです。今ローライズジーンズが流行っていますね。
    あれって気をつけないと、かがんだときにお尻の割れ目が見えちゃうことがあるでしょう。
    太めの人が多いここアメリカでは、見たくないものを見せられてしまうことが良くあります。
    (特に太めの男性に多い)

    今朝のテレビで「割れ目カバー」なるものを紹介していました。逆三角形の平たくて皮製のように見えるカバーで、どうしてくっつけるのか知りませんが、お尻の割れ目の上に貼り付けて、ジーンズがずり下がったときに、それが見えるという仕掛けのものです。いろんな色やデザインのものがあってなかなか凝ったものもありました。

    紹介していた女性アナウンサーがもう大笑いしてしまって、話を端折ってしまい、
    詳しいことが聞けなかったのが残念です。

    ユーザーID:9229903327

  • クレジットカード

    楽しく拝見しておりました。

    今日、ふと思い出しました。
    在米で、不正使用防止にクレジットカードの裏面のサインを
    "Ask for Driver License"(運転免許証をチェックして下さい。)としてあるのですが、
    アジアの非英語圏に旅行をした際、デパートで、運転免許証をいっしょに差し出したら、ダメという。
    言葉が通じず、何回かやり取りした後、あきらめてサインしました。

    Ask for Driver License

    そのまま。

    ユーザーID:1883854167

  • レストランでヨウクシャープディングを注文の団体客。

    BBCのラジオの(可笑しかった話の逸話)の番組で耳にした某観光地のレストランのウエイトレスの話です。

    日本からの団体の旅行者に店ご自慢のヨークシャープディングを勧めると、
    ヨークシャープディングの中のシュチュウだけを食べてヨークシャープディングが旅行者皆のお皿に残されている?
    Lサイズのヨウクシャープディングが(深みのある皿型)の為に日本人はメインのヨークシャープディングを飾りのお皿と勘違いされたようだ、肉のグレイビーに浸って美味しいのに?との話でした。

    日本からの旅行者の皆さん、お皿ではありません?

    ユーザーID:7454054407

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • また来ちゃいました。

    日本の温泉の話題になったら九割がたが
    「見ず知らずの人とお風呂に入るなんてあり得ない!水着つけなんでしょ?!」
    と言う割りに、スポーツジムの更衣室では平気でまっぱで歩き回る英国女性。
    温泉はダメで更衣室はOKって線引きがなんだかよく分かりません。
    しかもシャワーがものすごく早い。
    例えば、私がシャンプーをしている間に隣のブースに来た人が、私がコンディショナーを流す前に出て行くってのはザラです。
    そして大多数がジムのプールでリゾート用の水着を着用。
    ビキニが基本です。
    ジムのプールはトレーニングの為のものではなく、水遊びの場所として認識されている模様です。

    ユーザーID:4402288293

  • 日本文化

    欧州旅行の際、ある博物館の展示会に行ったのですが、ホント驚きました。

    子供の頃から信じていた事が覆されました。

    「あやとり」は日本独特の遊戯ではないのですね。イヌイットや南国の先住民、ネイティブアメリカンも昔から遊んでいたそうです。出会った西欧人の中にも出来る人がいました。

    伝統的に伝承されている以下の遊戯具(遊戯)は、日本が発祥地でなく、日本だけで遊ばれているものではありませんでした。
    - 囲碁、将棋(中国から伝来)
    - 独楽(エジプトの時代から遊ばれていた。)
    - 竹馬(中世ヨーロッパから)
    - 剣玉
    - 双六、絵双六(中近東発祥のバックギャモンが母体)
    - だるまさんがころんだ
    - 石蹴り
    - 馬跳び
    - ハンカチ落し

    他にもまだたくさんあると思います。

    ユーザーID:2286733204

  • 先ほどの話は、少し勘違いでした

    先のアテネの5ユーロの件です。

    夫に訊いてみたら、5ユーロ札じゃなくて、コインで5ユーロだっただろ?と・・・・
    運転手いわく、「あなたの国のコインで、5ユーロ分持ってる?」

    そういえば5ユーロ札って、どの国発行でも同じでしたね。
    訂正します。

    2ユーロ×2プラス1ユーロコインでした!

    最近、すぐ忘れちゃうのですよ。
    大変、失礼しました!

    ユーザーID:6133852076

  • お茶ネタをひとつ

    楽しいトピですね、参加させてください。


    オーストラリアにて、
    真夏に(42度)喉がからからに渇き
    甘くない飲み物を探してチャイニーズショップで緑茶を購入。
    さっそく一気飲みしたら。。砂糖入りでした。
    飲み物をあれだけ漫画みたいに勢いよく吐き出した(失礼)のは初めてです。

    そしてその後、ネスレの紅茶シリーズに
    『グリーンティーフレーバー』を発見。
    さすがにもう勇気がなかったです。。

    ユーザーID:5539396663

  • また、きちゃいました

    主さんのお墨付きを頂いたので、しつこくレスします。

    ユーロが始まった年、アテネに行き、タクシーに乗った時。
    運転手は、「道端で手を挙げてタクシーを拾おうとしている別の客」の前にいちいち止まり、先に乗っていた私たちになんら尋ねることなく、さっさと別の客をも乗せます。客の申し合わせなしの相乗り。

    料金はどうなるのよ?って夫とヒソヒソ話してましたよ。

    目的地に近づくと運転手
    「あなたたちの国が発行してる5ユーロ札持ってる?見てみたい」

    「(財布を覗きながら)あるよ。」
    運転手
    「じゃ、料金は5ユーロでいいよ」

    5ユーロって、私たちぼられたのか?それとも、運転手は、損をしてるのか?なんせ相乗りだから、メーターのままの料金じゃないはずよね?
    相乗りのもう一人の客の料金はどうなるんだ・・・??

    全く、腑に落ちないタクシー料金でした。

    ユーザーID:6133852076

  • ほんとですよ Asumpta 君

    イギリスでは?
    kipper は燻製のニシンを指す、イギリスの朝食のメニューには付き物、
    トピ君がherringの燻製を注文ならばsmoked herring と言うべき。
    朝食のメニューにsmoked herring は皆無。

    black pudding つまりblood を原料のソーセージであるが
    色からとってブラックpuddingと言うblood pudding とは言わない。

    米国ではbam and egg イギリスではbacon and egg と朝食を注文する、
    同じ事であるつまり両方とも肉の燻製 ham =bacon

    ユーザーID:7514149295

  • ほんとだってば

    ブルガリアでは首を横に振るとYES,頷くとNO.

    イギリス人(イタリア人も)は親切にも自分が知らない道を(間違って)教えてくれる。

    スペインのレストラン/バルで食事する時にタバスコを頼むと、そこにあるのに拒否される。

    アルバニアでは30万円も出せば家を買える。

    アイルランドにはケルト語のTVチャンネルがある。
    土曜日の朝に今週のきれいな町(ゴミが散らかっていない)のコンテストのTV番組がある。

    イギリス式朝食に変化を与えるためにベーコンの代わりにKippered Herringを頼んだら
    さんま大のニシンが2匹出てきたことがある。

    イギリス人は朝食にハムを食べない。ベーコン、ソーセージ、ブラッドプデイング、焼きすぎの卵、
    フライドポテト、トマト、油で揚げたトーストは食べる。

    イギリスで最もポピュラーなファーストフ-ドはフィッシュアンドチップスではなく、カレーである。

    イギリスでアジア人(ASIAN)と言うとインド人&パキスタン、バングラデイッシュ人を指す。
    中国、韓国、日本人はオリエンタル。

    ユーザーID:7029495476

  • トピ主です

    中国での交通事故、車でぶつけた人はどういう状況であろうとちょっとは心配して欲しいですね、
    恐ろしいです。ところ変わればいろいろな事が違うという事ですね〜。

    アムステルダムの自転車も怖いですよ!
    歩道と自転車道、自動車道があり、おしゃべりをしながら歩いているといつの間にか
    自転車道にはみ出した私。猛スピードで自転車をこいでいる人に本気で怒られました。
    こわっ!標識もあまり無く、常に後ろ、脇を気にして歩くのに疲れちゃいました。
    友人は自転車に轢かれ、怒鳴られ、靴には車輪の跡が。
    観光客にとってあまりフレンドリーではない所だな、などと思っちゃいました。

    アムステルダムといえば、マヨラー多し!
    サラダもマヨネーズ系が非常に多く、フライドポテトにマヨネーズも名物なので試しましたが死にました。
    芋にはモルトビネガーです!マヨネーズが甘めでつらかった。

    フィジーではタクシー運転お客でもOK?アバウトで素敵です。
    アイルランドのバス運転手は道を知らない外国人運転手が少なくなく、
    乗客がが道を運転手に指示することも。
    運転手はバスの行き先について質問されても分からない場合もあり、他の乗客が答えたりしています。
    一心同体?

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • トピ主です

    ミュンヘンのクリスマス市に行った時の事、あまりにも寒かったのでモルドワイン?(イギリス、アイルランドで赤ワインにスパイス、砂糖を入れて暖めた冬に飲むワインで。)に似たようなものを飲みました。その時、お土産用のかわいいマグに入れてくれ、カップのデポジットを請求されました。ワイン+マグ代、マグは気に入ればそのままお土産として持っていけば良いし、欲しくなければお店に戻し、デポジットを返してもらうというシステムでした。画期的でエコに対して個人個人がかなり意識している国だな、と思い感心しました。

    あまりに寒い冬のドイツで次はハニーミルクを頼みました。おいしく飲んだら私も友達も急な眠気に襲われました。あれはお酒が入っているのでしょうか?ドイツに詳しい方教えてください!寒空の中歩いていても立っていられないほどの眠気に襲われ、喫茶店に入り二人ともテーブルにうつぶせになり30分程ねました。あの眠気は何にも勝てなかったわ。

    ドイツの中央駅に細かく分別されたゴミ箱、そしてお店のレジの後ろでは空き缶、空きボトルを買い取るシステムがあり驚きました。
    ドイツネタばかりですみません。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • アイスティー

    アイスティーについていろいろレスがついていて面白いですね。
    アイスティーの炭酸バージョン、私は大好きです。
    東京ディズニーリゾートに行くとアップルティーソーダがありますよね?
    あれ、ものすごく好きなんです。毎回行くのが楽しみなるくらい。

    トルコの紅茶はアップルティーが有名ですよね。インスタントでお湯に溶かすだけでOKのやつですが、あれを炭酸水で割ったらアップルディーソーダになるのでしょうか?こちらでも購入できるので試そうかな、と思いつついつも忘れてしまいます。日本でも缶に入っているインスタントのものがありますよね、あれにも一度はまったことがあります。

    リプトンといえばイギリスを浮かべますが、フランス、ベルギー、オランダに行ったときには
    違うフレーバーがありました。私のお気に入りは「オレンジジャイプール」です。
    これはイギリスでも探しましたが見つかりませんでした。
    アイルランドでは清涼飲料水としてリプトンのアイスティーがありますがティーバッグは売っていないんです。東ヨーロッパ系のお店で手に入りますが。
    どなたか知っています?お勧めのフレーバーも教えてください!(話がヨコですみません・・・)

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます!

    お一人お一人にコメントを・・と思ったのですが
    思ったよりたくさんのレスをいただきまとめてお礼を言わせてください。
    楽しく拝見しました。ありがとうございます。

    皆さんいろいろな経験をされていますね、驚きました。中には笑ったものもありました。
    一度レスをして下さった方からの2度目3度目のレスは大歓迎です。
    2度3度とは言わずに思い出したらお話お聞かせください!

    私もまた思い出しました。

    友人のお父さんが亡くなり思い出した話なのですが、
    アイルランドでは故人の借金は家族が引き続き支払わなくてもいいそうです。
    なので家のローンやクレジットカードの未払い分などは亡くなったと同時にチャラだそうです。
    これには驚きました。
    余命が少ない人は家族に好きなものを私のカードで買え、と言うくらいだとか。
    もともと死に対して敬意を示す、というか特別な事なのでそういう制度が出来たそうです。
    すごい事ですよね・・・いくら私の夫の余命が少し、と宣告されてもそれだけは出来ないです。
    むしろ買い物する気にもなれない気もしますが。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • フィジーの乗り合いタクシー

    もう随分前ですが、ホテルから町に戻るのに乗り合いのバンを利用しました。

    私達を乗せた後、バンはなぜか民家へ向かい庭先で止まりました。
    どうやら運転手さんの用事があったようです。

    前進して進入したので当然バックで出るのですが、出る時になって近所の人たちが群がってきました。
    どうやらバックのギアが壊れていたようで、近所の人たち総出でバンを押し出しました。

    その後、道端でフライドポテトを売っているのを見た運転手さんは、
    停車して助手っぽい男の子(10歳位)に買わせました。
    ポテトは当然のように乗客に回ってきて、私もいただきました。

    そのバンは、バックだけでなくローギア以外は全て壊れていたようで、
    数十キロの道のりをローギアだけで走破しました。

    しばらくすると、運転手さんが舟をこぎはじめました。え、ちょっと、と思っていると、
    「昨夜、さっきのホテルで徹夜で踊ってたんだ。ワッハッハ」と豪快に笑いました。

    眠くて仕方なかったらしく私の横にいた元彼に「おい、運転代わってくれないか」と言い出し、
    元彼が交代すると、私の横で手足を広げてぐわぁ〜といびきをかきながら寝てしまいました。

    大らか♪

    ユーザーID:7016668364

  • 洗剤では

    ドイツでも、食器を洗ったとの洗剤は流しません。(食器洗い機は別ですが)
    ホームステイをしていた時に、そこのおばさんに、日本では洗剤を洗い流す、と話をしたら、
    洗わなくてはいけないほど毒の入った洗剤を使っているのか、驚かれました。

    あと、ベルギーでかったシュークリーム。
    巨大で、甘くて。食べ物を残すことはめったにしないのですが、
    あのシュークリームは食べきれなかった。

    それとアイスティー。ドイツでは瓶入りアイスティーが売られていました。
    オランダでも見たかな。それが炭酸入りなんです。
    最初は、えええ、と思いながら、何度か飲むうちに病みつきに。
    日本でも時々見かけますけれど。
    アイスコーヒーといえば、やはりドイツのスターバックスで、
    つい、日本と同じ気分でアイスコーヒーを頼んだら、
    コーヒー+氷入りのアイスコーヒーが出てきたのにはびっくり。
    それまで、ドイツでアイスコーヒーと言うと、熱いコーヒーに、生ぬるい生クリームをのっけた物が出てくるのが普通だったので。

    ドイツネタばかりですみません。

    ユーザーID:0561465538

  • 紅茶ネタ

    20年程前フランスに行った時、スーパーでリ○トンの缶紅茶を買いました。

    シャワー後に、一気に飲もうとしたら・・・炭酸入りだったため、いきなりむせかえり、暫しのたうちまわりました。普段炭酸が苦手な私です。炭酸入りの紅茶があるなんて、ビックらこきました。

    続いて同じ旅で、スペインに行ったとき、カフェ?でアイスティーを頼んだところ、普通にホットの紅茶(お湯と紅茶のティーバッグ)が入っているティーカップと、氷が入ったグラスが出されました。自分で冷やせってことらしい。

    アイスティーって存在しないものなのかしら?

    ユーザーID:9400098611

  • 泡つき食器

    イギリスの泡つき食器は見たことがないですが聞いただけでもカルチャーショックですね。でもだとすると、水をだいぶ節約できますね。水も石油と同じで将来なくなってしまうものだから案外良いのかも。


    中国でのお話。
    タクシーで田舎を走っていたら、自転車に乗った男の人にぶつかってしまいました。自転車の人はぴょ〜んと2メートルほど上に飛ばされて地面に落下。

    事故なんて初めてのことなのでショックで、その人が大丈夫かとても心配でどきどきしていたらタクシーの運転手さんが急いで車から出て行きました。

    大丈夫かなと思って見ていると運転手さんが大声で怒鳴っているんです。私はどうしたのかと驚いて見ていたら、自転車の人が急いで立ち上がり自転車に乗って逃げていきました。

    えぇっ〜。

    タクシーの運転手さんは怒りながら戻ってきました。
    中国語がわからなかったのでどうなったのかよく理解できませんでした。
    が、どうもぶつかった人間のほうが悪かったらしいのです。

    私がまだ子供の頃でだいぶ前のことですが、今はそうでないことを祈っています。

    このトピとっても楽しいです。

    ユーザーID:4614057565

  • 英国にもアイスティーありますよ

    何度もすみません。

    英国のアイスティー事情ですが、コンビニでペットボトル入りのフレーバーティーが購入できます。
    レモン、ピーチ、アップルを私もたまに購入します。
    カフェなんかでも、主流ではないですが出しているところも結構ありますよ。

    その英国のバスの話で。
    日本で言うスイカのようなカードを使うと割引料金で乗車できるのですが、その読取り機がよく故障します。
    その度にバスは無料に。
    律儀に現金で乗る人は何食わぬ顔で料金を徴収され、そのお金はドライバーのポケットに入ります。
    こっそりではなく、結構堂々と横領してます・・・。

    態度の悪い乗客は有無を言わさず降ろされます。
    深夜バスでは酔っ払いと運転手の喧嘩が度々目撃されます。
    運転手が「お前が降りないなら俺は運転しない!」って車内アナウンスをするので、意地で残ってると針の筵になります。
    野次を飛ばされたり、蔑まれたり。
    最後には少しだけかわいそうに思えたりします。
    でも楽しい酔っ払いもいて、乗車と同時に歌いだし、他の乗客と合唱したりしてます。
    こういった手合いはクリスマスやサッカーの試合後によく見ます。

    ユーザーID:4402288293

  • 何度も失礼します

    また、思い出しました。しつこくてすみません。

    スイスに住む友人の家に泊まった時、聞いた話(というか愚痴)。

    家はチューリッヒ近郊の、「山の中腹」です。

    1)夜の1時、街灯はすべて消えるそうです。環境保護の為とはいえ、山のくねくね道、危険すぎます。24
      時間営業が普通の国では、考えられませんよね。近くのスーパー、日曜日は当然、休業でした。

    2)日曜日にこれをすると、警察が違反切符を切りに来るそうです。近所の人が通報するらしい。が、違反切
      符って・・・(謎)
     ●掃除機がけ
     ●洗車
     ●洗濯&それを外に干す

    3)家の中に、アトミックルームがある!
      厚さが10センチ以上ある、鉄のドア。これには、びびった。
      中は、12畳はある広さ。


    欧州の、ある国に住む、姑のアパートの暖房がすごいです。
    セントラルヒーティングですが、夜の12時からあさの7時まで、強制的に消されます。スイッチをオンにしても、つきません。

    朝早く出勤する人&帰宅が遅い人から、苦情の嵐です。

    冬に里帰りし、時差ぼけで夜更かしになると、寒くて死にそうです。ありゃぁ、拷問ですぜ。(泣)

    ユーザーID:6133852076

  • 日本も面白い国なのかも。

    モロッコで。
    市場の肉屋に行ったら、キリンの首から上が売られていた。皮が剥がされて、肉の状態になってもキリンの模様は鮮やかに残っていた。

    フィリピンで。
    鶏の頭部や、足(細いところ)が焼き鳥になって売られていた。食べたが大しておいしくなかった。地元の人によれば、貧しくて食べるものがなかったためそういう部分も食べるようになったとのこと。

    ある日バスに乗ったら、ドライバーに「(運賃を)払わなくていいよ」と言われた。なんでかと尋ねると、彼が最高のスマイルで「今日、俺の誕生日なんだ。」
    乗客全員タダだった。

    イギリスで。
    クリスマスバケーション前、アフリカ行きの飛行機で、「もうスペースが無くてあなたの荷物を乗せられないかも」と言われた。偶然にも積み込まれた乗客の荷物を見たが、自転車、冷蔵庫やテレビでぎゅうぎゅうだった。追加料金を払ってまで持っていきたい自転車、冷蔵庫って...?と思ったが、後にアルジェリア人の友人が、そういうものがなかなか売られていない国から来ている人は、追加料金を払ってでも持って帰りたいのだとおしえてくれ、納得した。

    ユーザーID:6701987915

  • 二回目の書き込み失礼します

    中国本土にて。

    アイロンがけ用(はい、アイロンがけは世界中ついてまわります)スプレースターチを買おうとスーパーへ。
    ないんです。
    店員さんがアメリカと違って沢山フロアにいるので聞いてみました。私の中国語力はゼロ。
    アイロン、は身振りで通じた。で、霧吹きと糊と筆談。全く通じず。面白いのは、その辺の買い物客も一緒になって考えてくれて。親切な10人強の頭を寄せ集めましたが、ないようでした。

    後日見つけたのは輸入品を売る高級スーパー。6倍の値段が。家庭での洗濯に糊はつけないのかな。

    日本製品も高価だけれど豊富。予定より長い滞在で、活字中毒の私は読み物を入手する必要が。
    洋書などありと看板のかかる大きな書店へ。外国語の勉強は中国でも熱心そう。韓国・朝鮮語、日本語、英語など。沢山のテキストブックが並ぶ。

    週刊誌か小説ないかな〜
    あ、ありそう。上級者向けの棚は読み物がありそうですよ〜。
    あった!




    「こころ」夏目漱石   などなど(涙)


    日本語は諦めて英語のほうへ。「トムソーヤ」「嵐が丘」などとハーレクイーンロマンス系。げーっ

    英語で胡同解説の本をやっと見つけて落ち着きました。

    ユーザーID:0311302566

  • 在英です。

    あの泡ついたまま終了の食器の洗い方、そんなに有名だったんですねぇ。私も最初に見たときはかなりショックを受けました!
    食器洗いだけではなく、お風呂でも同じと聞きました。シャワーではなく浴槽にお湯をためて入る場合、中でソープを使い体を洗います。その後すすぎなして直接タオルで拭くそうです。食器と同じですね・・・。手を洗うときも微妙に泡が残っていてもそのままタオルで拭いているを見かけたりもします。
    なんとなく「泡=綺麗になった」というイメージなのではと思います。

    さて、食べ物ですが!!ジャケットポテトをご存知でしょうか。大きなジャガイモを皮付きのままローストしたものですが、とっても美味しくてお芋好きな日本人にはたまらない一品です。
    皮付きで「ジャケット」なんですねぇ。このネーミングは一度聞くと忘れられません。とってもお気に入りの名前+食べ物です!

    ユーザーID:1319360262

  • 二度目レスです。

    以前、アメリカのホームセンターで特殊なねじ回しを購入した時の事。レジのおばさんが、「ねえ、あなた、なぜうちの店で買うのか?」と聞いてくる。
    私、「へ???」と返事に困っていると、「いや、一ドルショップで買った方が安いでしょ。」と親切にアドバイス。
    なんというか、お買い上げありがとうございます、という発想がないんだろうな。
    アメリカらしい。

    その他、今まで何度か衝撃の瞬間を目撃してきました。車の事故の瞬間、路肩で炎上している車、警察が犯人を逮捕している瞬間、あげくのはては、自分がのっていたボートが沈没して救助されるという経験までしました。
    波乱万丈で面白いアメリカ生活です。

    ユーザーID:9479439016

  • それまで食べるの!?

    幼少の頃からアメリカに住み、20年になります。

    アメリカでは殆どのフルーツは皮付きでそのまま食べると知っていたのですが。。。まさか白桃まで皮で食べるのには、かなり驚かされました。

    表面の毛は気にならないのでしょうか?

    ユーザーID:0520201975

  • アメリカのアイスティー

    イギリスにはアイスティーがないんですね。びっくり!!

    アメリカには確かにアイスティーがありますが、
    ガムシロップがないんです。
    甘党なアメリカ人たちは粉の砂糖を入れて、当然ほとんど溶けないため、
    少し飲んで不服な顔をしてさらに砂糖を何袋もいれていました。

    ガムシロップのことを教えてあげたら喜ぶかしら。。。

    ユーザーID:4584146291

  • 中国の結婚式で…

    兄の結婚式で中国に行った時のこと。(兄の結婚相手は中国人)
    親戚と言われる方々が150人以上はいました。人数が多過ぎて数えれませんでした。。ちなみに兄の親戚というのは私含め父と弟のみ。
    日本の大きな披露宴会場みたいなところで式を挙げたんですが…
    料理がでてきて15分後ぐらいには後ろの方の席の人達が料理を食べてそそくさと帰って行きました。30分たったころには人数は3分の1に。
    そして極めつけ!
    私達はまだ食べているのに会場のスタッフが後片付けを仕出して、コップやお皿を敷いてあったテーブルクロスで拭きはじめたんです!!
    その光景をみた瞬間、自分が飲んでいたお酒やご馳走を食べれなくなりました。。
    世界は広いなって思った瞬間でした。。

    ユーザーID:4951153573

  • ロンドン

    30年前にロンドンに住んでいました。
    フラットといわれるアパートにはオーストラリア人、ニュージランド人、ポーランド人、インドネシア人と私が住んでいました。1階2階の4人でバスルームを兼用していましたがほとんどの人が1週間に2回ぐらいしか使っていませんでした。このアパートに大家さんが雇っているクリーナーが来るのですがバスタブにクレンザーをまいてシャワーをかけるだけ。私が後から残った粉をこすっていました!
    アパートは6カ月契約で家賃は前払いの週間払い、大家さんがカギを使って中に入ってきて徴収します。煩わしいので後にひと月払いに昇格?してもらいました。何年か経って信用されたころには好きなだけ居てと言われました。
    ところで紅茶を頼むとミルク入り?と聞かれました。うなずくとミルク入り首を振るとストレート。
    センズベリーで百円ぐらいで買って普段使いにしていました。
    フィッシュ&チップスも健在ですか?お酢をかけて食べる!懐かしく思い出しました。     

    ユーザーID:2545488109

  • 私もアニメの思い出

    ハンガリーでクレヨンしんちゃん
    エジプトで宇宙戦艦ヤマト

    日本のアニメってすごいですね。

    ユーザーID:5721273503

  • 中古の「結婚してください」サイン

    アメリカです。

    朝の某ニュース番組でスタジオの外に群がる人たちがよく手作りのサイン(ボール紙やタオルなど)にメッセージを書いてカメラに向けているのをよくみかけます。時折「何々さん、結婚してください」というメッセージを見かけることがあります。

    今回のは「何々さん」という名前の部分に線を引いて消してあり、その上に別の名前が書いてあって「結婚してください」というものでした。番組の出演者の人がおもしろがってその人になぜ名前が消してあるのか、と聞いたらその答えが、

    「これは友達が前に使ったものだけれど、もういらないといったからもらってきた」のだそうです。

    何だかアメリカだからこそあり得る話みたいですが、それにしても求婚はうまくいったのでしょうか?

    ユーザーID:9229903327

  • 驚いた話ですが

    アメリカのESL(English as a second language)のクラスに通っています。そこに集まる人たちは本当に国際色豊かです。過去にしていた仕事について話し合うとき、ブラジルから来たクラスメイトがブラジルでは、2時間のランチタイム、3時からお昼寝の時間があると聞いてビックリしました。日本でランチタイム30分も取れないような激務だった私には、とっても羨ましい待遇と思いました。

    後、アメリカのガーリックの産地近くに住んでいたとき、ガーリックフェステバルをやっていてガーリックを使った料理が売られていました。その中に、ガーリックアイスクリームがありましたね。興味はありましたが、息子が幼くて愚図りだし、アイスクリームを買うまで長い列が。仕方なく、諦めました。試した人がいたら教えてほしいです。

    後、シカゴスタイルのディープディッシュピザ。「あんな物食べるから、太るんだよ。」って思うものでした。

    ユーザーID:8245524455

  • 食文化はつながっている。

    ほかにおいしいと思ったポ−ランドのお料理は、ピエロギとよばれるゆで餃子そっくりの食べ物、中身はマッシュポテトとオニオンです。なんだかスターチが多いなーと思いつつラビオリにもにていておいしいんですよ。食文化は大陸でつながっているんだなと思いました。ピエロギはロシアのピロシキと語源は一緒の気がします。

    以前ロンドンでメニューにアイスティ−があってめずらしいと思いどんなものか聞いてみたらスナップルだと言われました。そのお店で会計のときおつりが足らないでおじさんがチップのコップから出していてわりと適当なんでちょっとびっくりしました。

    いまオーストラリアにすんでいますがおつりを間違われるなんてざらですよね。私もその場できづかないで今日は多かったとか、少ないと後できづいたり。

    アイルランドの食事は揚げ物がおおいですか。the IT Crowdのロイがいつも脂っこいもの食べてますね。私彼のこと結構好きです。

    ユーザーID:5725924866

  • 驚かれた話@イギリス

    バブルが弾けた頃の出来事です。
    ヒースロー空港から、ロンドンの外れに住む知人宅までタクシーに乗りました。
    知人は「住所見せれば大丈夫!」と言い、運転手はTシャツジーパンの若者…
    不安いっぱいで乗ったら、案の定
    「地図を確認したいから一度停車させてくれ」
    どうにか到着したら、運転手さんが申し訳なさそうに
    「自分はプロなのに地図を確かめないと行き先がわからなかった。お詫びに料金は半額にする」
    と申し出たので、ラッキー!
    と言い値を支払いました。

    それを知人やイギリス人に話すと、必ず「奇跡だ!」と驚かれます。
    どうも相当ラッキーだったみたいです…

    ユーザーID:7303778013

  • だから海外は面白い

    横ですみません、レモンさん
    >予断ですが、オランダは、ネスレの国だけあって、コーヒーが滋味です。

    ネスレってあのコーヒーのNestleでしょうか?ネスレってスイスの会社じゃなかったでした?

    それはさておき。
    私も海外暮らしが長くなってきたのですが、その国その国でカルチャーショックとか食文化の違いに驚くことはたくさんありました。私にとってはやはりタルタルステーキは今も抵抗あります。生肉大丈夫?と思ってしまう。逆に「生ざかなを食べる方が気持ち悪いわよ!」と言われたこともたくさんあります(笑)。

    アイルランドでショックだったのは、すっごく細くて車一台しか通れないような道に、80キロとか100キロの速度標識が立ってたりすることかな。ムリだろ〜、と思ってたら現地の人は本当にそれぐらいの速さで走ってました……。

    ユーザーID:1939683859

  • 大英博物館

    代表的な展示は既に見て回ったので、他に何かないか探してたら「Japan」の常設展があるのを見つけました。
    身贔屓で見に行ってみようと表示に従って進んでいったらトイレにたどり着きました。
    表示が分かりにくく、正しくはトイレの手前の階段を上がらなきゃいけなかったようで、気を取り直して展示室へ。
    こじんまりとした展示室に根付とか浮世絵とかがあり、部屋の奥には日本の現代美術なども。
    その並びに日本の現代風俗として、渋谷のファッションとかが紹介されてました。
    その中に暴走族の項目も。
    英語の説明なんですが「ZOKU - Tribe」と。
    間違ってないけど、わき腹に来る説明でした。

    ユーザーID:4402288293

  • 英国でレモンティーは?のご質問ですが・・・

    グラスゴー駅構内のカフェで、お茶した時
    レモンティーはメニューにあり
    注文して飲みました。

    レモンティーは、由来が、確か
    英国の貨物船の中で、紅茶とレモンが偶然混ざってしまったことに
    発した、と聞いたことがあります。

    英国は、さすがに紅茶が美味しいですね。
    英国航空の機内サービスも、紅茶は美味しかった(機内食は不味かったけど・・・)
    また、B&Bの部屋に置かれた紅茶は、ただのティーバッグでしたが、美味しく頂きました。

    予断ですが、オランダは、ネスレの国だけあって、コーヒーが滋味です。

    ユーザーID:8629462102

  • Graziaさま 入れ替えとは

    本当の事情はそういうことだったのですか。
    ジャック・マイヨール著の本を読んだせいか、人格が入れ替えられているとは考え付きませんでした。ジャックのほうが明るい性格でイタリアン的だったわけですね。偶然、日本に来ていた氏と乗り物が同じになり、お話させていただいたことがあるんですが、思い返すと確かに明るい気さくな感じだったかも。亡くなられて残念です。

    だけど、事実に反するなら日本人潜水チームの描かれ方も問題ですよね。日本人ってあんなふうに見えるのかもしれないけれど。名指しじゃないからいいのかな。

    ところで、イタリア人はあの映画は好きではないのでしょうか。フランス人目線が気に障るんでしょうか。ああ、日本人にとってもそういう映画がありますね。外国人が日本を描いてはいるけど正確じゃない、というのが。その気持ち、分かりました。

    ユーザーID:9482010817

  • 続けてすみません

    イギリスにはアイスティーが存在しないとのことですが、イタリアには冷たいコーヒー類がありません。
    冷たいコーヒーの作り置きというものがバールにないのです。

    頼めば出してくるかもしれませんが、たとえばアイスカプッチーノなるものは、私も間違ってイタリアに住み始めたばかりの頃一度頼んだことがありますが、普通に熱いエスプレッソを作ってそれをグラスに入れた後に冷たい牛乳を注ぐので、生ぬるいんです。

    その時一緒にいたイタリア人が「やめたほうがいいよ」と言った理由がわかりました、だったら最初に言ってくれって思いましたけど。

    どうしても冷たいコーヒーが飲みたければ、カッフェ・シェケラートという、シェーカーに熱いエスプレッソと氷を入れてシェイクしたものがあります。
    これもお砂糖少なめにと頼んだほうがいいかもしれません、1杯に砂糖2袋くらい入ります。

    コーヒー絡みはネタがつきないのですが、文字制限があるので書き切れません!(また書いていいですか?)
    それから、イタリア人もビスケットやクロワッサンをコーヒーや紅茶に浸して食べてます。
    アイロンもタオルから下着のパンツ、靴下までかけてますよー。

    ユーザーID:1531517993

  • >イギリスにて

    >学校の先生、アメリカで飲んだアイスティーは邪道らしい。
    >そう言えば、1年の滞在中、アイスティーは出なかった。
    >他のイギリス経験者の方はどうですか??

    横ですが、イギリスでは紅茶には牛乳で
    レモンを入れるのは邪道だと聞きました。

    某ホテルでアフタヌーンティーを楽しんだ時に
    レモンを持ってきてもらった客がいました。
    ロシア大使館の近くのホテルだったので
    きっとあの人たちはロシア人なんだと納得しました。

    イギリスでは紅茶にレモンは有りなんでしょうか?
    無しなんでしょうか?
    私は紅茶には牛乳です。

    ユーザーID:9536824493

  • ルサッコさま ほんとの『グランブルー』

    『グランブルー』はご存知のように実在したふたりの潜水チャンピオンの話を映画化したものですが、
    エンゾのモデルとなったイタリア人エンゾ・マヨルカが、
    事実に反する映画の内容に意義を申し立てたため、ずっとイタリアでは非公開のままでした。
    「事実に反する」というのは、結局のところ、映画のなかのエンゾとジャックは人格が入れ替えられていて、エンゾはステレオタイプなイタリア人に描き上げられ、笑いを誘っています。
    2001年ジャック・マイヨールがイタリアのエルバ島で自殺したことが影響してなのか、
    映画完成から14年経った2002年に、ようやくイタリアでも劇場公開されました。
    基本的にイタリア人とフランス人はお互いのこと嫌っていて仲悪いですからね、フランス人のリュック・ベッソンも冗談が過ぎちゃったんでしょうね。

    ついでですが、イタリア人も寝るときはパンツ脱いでます。

    ユーザーID:1531517993

  • カストロ通り

    サンフランシスコのカストロ通りは大変有名なレインボーエリアです。
    夫と買い物で訪ねたお洋服の店のお兄さんもやはりそちらの方でした。
    色々親切に見立ててくれてたのですが、お兄さんの知人らしき人が入店してきて様子が変わりました。
    二言三言しゃべってるなーと思ったら、いきなりお店の靴コーナーにあるソファで撮影会が開始されました。
    被写体はお兄さん、カメラマンは知人さん。

    そんなこともあるのかもね、と物色を続けていたら、やおらお兄さんが脱ぎ始めるではありませんか!
    上だけならまだしも下も!!??
    最後の布切れに手がかかる前に夫と二人お店を出ました・・・。

    これ、反映されるかな?

    ユーザーID:4402288293

  • ちょっと思い出しました

    アイルランドでの交通事情は日本と同じ右ハンドル左走行。横断歩道などで「右を見ろ」とか「左を見ろ」と表示がありました。なんて親切な国なんだろう〜なんて思っていたら、観光客用でした。アメリカや他のヨーロッパ諸国からの観光客が多く、事故が起こりやすいそうです。そんな私もドイツで路面電車やバスを反対側で待っていました。つい癖で・・。

    ビーチサンダル大好きアイリッシュ、スーツを着ていても下はビーチサンダル。冬でもビーチサンダル。2月の真冬に雪がちらつく中おしゃれなコートを着ているのに足元はビーサン、絶句しました。
    冬でもTシャツ大好き。どんなに極寒の天候でも必ず数人は半そでTシャツの人を街で見ます。

    超頭のいいエリート会社に勤めるある男性とその彼女の話。観葉植物が部屋にあり、枯れそうだったので日本人の友人が「枯れそうだったから水をあげたよ。」と言ったら「だめだよ!鉢に水を入れたって水を吸収できないよ!植物は霧吹きで葉に水をやるもんだろ!」「そうよ、葉から水を吸収するのよ。これ常識でしょう?」言われたそう。どんな教育受けてんの?

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます!

    Pammy Lee 様
    読んだだけで悲鳴を上げるデザートですね!コレステロールも高そう・・・。ポーランドやウクライナの人って卵をよく食べますよね。特にゆで卵+マヨネーズ+アルファで。ウクライナの女の子とアパートをシェアしていたら12個入りの卵パック、数日で使い切ってました。マヨネーズ系やらチーズが大好きで巨大チーズがいつも冷蔵庫に入ってました。30後半の彼女、にきびをいつも気にしてましたがその食生活では・・・。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます!

    にゃんこ 様
    裸足は気持ちいけれどビーチや芝生の上だけですね。彼が裸足で歩いているときの周りの反応はどうでしょう?振り返る人とかいましたか?最後のお別れ、プッと笑っちゃいました。彼、裸足が本当に好きなんですね。かわいい・・

    30女 様
    巨大肉まんのジャム、バニラバージョン・・・ちょっとそれは嫌です。ライスプディングも米を主食として食べる日本人の私は苦手です。ソリすべりは直滑降でいくだけにスキーよりスリリングでしょうね。ビール、食器洗いはアイルランドと非常に文化が似てます。ジャガイモ主食なところとかも。

    奥様 様
    こちらではタイタニックのテーマソングが店内で流れると90%の人がいっせいに歌いだします。これ、かなり笑えます。イギリス人の友人もアイスティーはありえないと言ってましたし、アイリッシュの友人もありえないとみんな声をそろえていいますね。喫茶店では一切見ないですがネッスルのアイスティーはボトルに入って売ってます。現地人はあまり購入しないけれど外国人はよく買っているみたいですよ。レモンティーもほとんど見ないですね、こちらもミルクティー(+ビスケット)が主流ですね。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます!

    すでに宇宙人 様 
    日本の自動販売機は日本だけの文化ですよね。それだけ治安がいいということなのでしょう。まったく躊躇なしで1万円入れてました、考えてみればすごい事ですよね。それにしてもいろいろな事を見聞きされてますね。思い出したらまたレスしてくださいね。

    アラフォー主婦 様
    ピンクの揚げ油の主成分は何しょう???すっごく気になります!
    メキシカンのおじさん、ビールの最高の飲み方を知ってほしかったのでしょうね。なんだか素敵な人だな、なんて思ってしまいました。

    すねーく 様
    声を上げて爆笑してしまいました!あまり意味を知らなくて、ただ漢字がかっこいいからという理由だったのでしょうね。誰かその意味を教えてあげたのでしょうか?また思い出したらレスしてくださいね!

    ルサッコ 様
    アニメが実写版の映画化が流行っているこのごろ、ぜひルパン三世もやってほしいものです。イタリアでは不都合(?)な映画やアニメはカットもしくは上映されないんですね・・
    そういえばフィンランド航空がボディーをムーミンの絵柄にしたことありましたよね? 

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます!

    どんぐり 様
    うわ〜・・そのルパン似の方にぜひぜひお会いしたいです!ルパン似だなんてさぞかっこいい人だと想像しています。日本にきたらタレントになれそうですね。

    omiomi 様
    バーデンバーデン!私は10年以上前から行きたいと思っていた場所です。クアハウスで有名なんですよね。脱衣所が男女別々でその後は一緒?全裸はOKなのに脱ぐところは見られたくない、という心理?私にも修行が必要ですね・・。

    東へ西へ 様
    イミグレーションオフィスのトイレは外国人が多いので張り紙がされていました。「便座に土足で乗らないでください」と。張らないと分からない国籍の人がいるのでしょう、靴の跡だらけでしたね。

    deedee 様
    ぎゃ〜〜〜っ!と思わず悲鳴を上げて呼んでしまいました。過去に何人かは確実に落ちているでしょうね、きっと。

    Nyan 様
    携帯電話の罰ゲーム、その発想が素敵です。

    カリフォルニアン 様
    飛行機の墓場、TVや映画で見た事はあります。あれ、住居として使えないですかね?日本の貨物列車の貨物のように。窓があるし、ファーストクラスがあるボーイングならベッドとして利用できて快適?

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます!

    面白い話、たくさんありがとうございます!既にレスされた方、思い出したら何度もレスして下さったらとてもうれしいです。

    無責任艦長 様
    そのTシャツ、大うけです!あるアイリッシュのおじちゃんが腕に漢字でタトゥーを入れてました。「これ、クールだろ?漢字で I love you. という意味なんだ。」と言うのですが私にとって「愛」という字はどこにも見当たりませんでした。香港人の友人が申し訳なさそうに広東語で「F*ck you」という意味だと教えてました。おじちゃん絶句。

    プチトマト 様
    アイルランドも信号を守る人は少ないですね〜。しかし盲導犬までトレーニングされてるとは驚きです!!寝るときにパンツをはかないという話もキョーレツですね。私の日本人の友人は逆にパンツのみだけで寝るそうです。気持ちいいのだとか。(ちなみに女性)

    カランコロン 様
    揚げ油の温度の測り方、健康に害云々よりも火事にならないの?とそちらのほうが心配になってしまいました。マッチの先はかなり害があると思うのでどちらにしても驚きです!!

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • 強烈なデザート

    聞いただけでお腹いっぱいになるデザートです。ポーランド出身の方に聞きました。
    お家で愛されているものです。家族みんな大好きなんだそうです。

    作り方は簡単。マグカップに卵黄を適宜入れます、2、3個じゃありません5、6個と言った感じで。そこに滑らかなペースト状になるくらいの量のさとうを入れてスムーズになるまでまぜます。

    できあがり。純粋に卵黄の味とさとうのじゃりじゃり感を楽しむんだそうです。超甘党むけです。

    誤解なきように言っておきますが、いろいろおいしそうな料理の話もたくさん聞いています。試したらおいしかったものもたくさんあります。これだけは試してはいけない気がします。おなか壊しそうで。

    ユーザーID:5725924866

  • イギリスにて

    クリスマス前、バスに乗っていたら突然酔った乗客がクリスマスソングを歌い出した。しまいには運転手まで!! 歌詞を知らなくてその輪に入れなくて淋しかったです。

    ホストファミリーのママが毎日暑そうにアイロンをかけていた。見ればジーンズ、パジャマなんでもアイロンをかけてる。
    私のパジャマはアイロンかけなくていいよ。
    と言ったら
    ホントに?ホントに?ほんとーに?
    ってすごい念を押された。日本人はあまりパジャマにアイロンかけませんよね・・・・?

    学校の先生、アメリカで飲んだアイスティーは邪道らしい。そう言えば、1年の滞在中、アイスティーは出なかった。他のイギリス経験者の方はどうですか??

    ミルクティーにクッキーを浸して食べてるのにはびっくりしました。おいしかったけど。アメリカ人はドーナツやマーズも浸すのよって言っていましたが、本当ですか?

    ユーザーID:8184223900

  • ドイツで

    −お祭で必ず見る巨大肉まん!
    具は甘いジャム、バニラソースをたっぷりかけてスプーンで食べます。
    美味しいですけど、半分でお腹いっぱい…普通の肉まんが恋しいです。

    −標高3000Mの山から滑るソリすべり!
    南にはスキー場ならぬソリすべり場があり、中には5歳のお子さんと二人乗り
    して滑っている親子連れも…足がブレーキなので非常に危険です。
    私も膝を怪我しましたし、「ドイツ人ってドMだ〜」と思いました!

    −朝食でビール!
    ドイツ人はビールをコーラやスプライトで割るので、朝からジュース如く飲みます。
    ドイツビールは種類が何千とあって、やはり海外とは比べ物になりません。
    職場の誕生会でも、勤務中なのにお昼からビールが出されてビックリ!

    −食器の洗い方は同じで、泡をつけたまま布巾で拭きます。
    まぁ、食洗機が無いお宅は稀ですが、お鍋やワイングラスは手洗いですね。
    「泡を利用して磨けるし、Froschだから大丈夫」だそう(笑)

    ユーザーID:8747415161

  • カリフォルニアにて

    10年程前、割と高級住宅街にあるご家庭にホームステイした時の事です。
    滞在先の息子さん(高校生)は、登校時やショッピングなど何処へ行くにも何故か裸足でした。他の家族や彼の友達は普通に靴を履いていたので、とても不思議な光景でした。理由はただ単に「靴が嫌いで裸足が気持ち良いから」。そんな彼のこだわりを周りの誰もが当たり前に受け止めている国民性(?)に衝撃を受けました。そして、私もそうありたいと思ったのでした。

    帰国の際、家族皆で空港まで見送ってくれました。お別れが辛く泣いてばかりの私の頭をそっとなでてくれた彼。涙で滲んだ彼は…やっぱり裸足でした。

    ユーザーID:4670830245

  • 上映不可?

    トピ主さんのイタリアでの「不二子」体験、楽しさが伝わってきました! 不二子ってスタイルがいいだけじゃなくて、あなた、じゃなかったソナタ(byルパン)も弾けて要領がよくて度胸もありますから、妄想でも一瞬でもなってみたいです。ルパン人気も嬉しい。

    イタリアの話で思い出した話。映画「グランブルー」の撮影で使われたレストランに行ってみた話をイタリア人にしたら、沈黙の後「あの映画ね。あれはイタリアでは見られないの」と。ラストが切なすぎるから? 宗教的価値観がずれるから? ということでちょっと残念な話でした。エンゾご自慢、マンマのスパゲティの海辺のレストラン、ロケーションは素敵でしたが帰りのタクシーにはメーターがなくて、言い値。ホテルに呼んでもらったのに? シチリアだから?

    ムーミンワールド(島にある)はファミリーには楽しそうでした。数年前の話ですが、金髪少年があるキャラとしてテーマパークと島の普通のエリアの境界にいましたっけ。島を丸ごと使ってない、アメリカナイズされていないところがよかったです。フィン語で「こんにちは」を繰り返す子供向けの歌が耳に残る…。

    ユーザーID:9482010817

  • もうひとつ小話。

    友人が米国の大学で学生をしていた時の話です。
    色んなタイプの学生さんがいるなか、アウトローな感じの非常に強面の男性が隣の席に座ったそうです。
    誰とでも仲良くなれる自信のあった友人ですが、挨拶しても迷惑そうに「ああ」としか返ってこない彼とはなかなか打ち解けられなかったそうです。
    授業も始まりしばらくして、暑かったのか、隣の彼はジャケットを脱いだそうです。
    思ったとおり、彼の腕にはたくさんのタトゥーがありました。
    横目で図柄をみていてふと肘の内側で目が止まり、そしてえらく納得したそうです。
    その図柄は、ずばり漢字で「小心者」だったそうです。

    ユーザーID:4402288293

  • 連投すみません

    今思い出してもマヌケな話なのですが私にとっては
    インパクトある思い出話なので書かせていただきます。

    アメリカのオークランドにあるメキシコ系の食料品店で
    コーンスナックとTECATEビールを買ったときのことです。
    私は日本にいるときからこのTECATEビールが大好きだと
    ハイテンションなメキシカンのおじさんに言いました。
    話の流れで「じゃあ、今日は天気がいいし、うちの店のテラスで
    1本飲んで行けよ」と言うので1本追加して買ってテラスに・・・・

    TECATEビールの蓋をシュワっと空けて飲んでいたら、さっきの
    メキシカンのおじさんがスペイン語で何か大声で怒鳴りながら
    こっちに向かってきたので反射的に逃げました。
    私は大荷物を抱えていたのですぐにそのおじさんにつかまって
    しまい「もう私は逃げられない、、ダメだ」と観念したら
    おじさんが想像もつかなかったことを言いました。

    「キミね!TECATEビールが大好きだっていうから飲み口に
    つける塩とライムを持ってきてあげたんだよ!これをつけるのと
    つけないのでは味が全然違うんだから、ちゃんとつけなさい!」

    でもメキシカンのおじさんは怖かった!

    ユーザーID:7539794033

  • ショッキングピンクの揚げ油

    フィリピンの不便なところに駐在している夫婦を
    訪ねていったとき村の屋台を案内していただきました。
    白身魚のフライを出してくれる屋台のお鍋の中の揚げ油が
    ピンク!鮮やかな真ピンクで腰を抜かしてしまいました!!
    駐在なさっているご夫婦はそんな私を見て手を叩いて笑って
    いましたwww「あはは♪やっぱり驚いたでしょ?」って・・・・

    ユーザーID:7539794033

  • まだありました

    3度目、失礼します。

    テキサスの砂漠を走っていたら、飛行機の墓場がありました。
    古い飛行機がてんこ盛りです。

    空港かと思ったら、滑走路なし!向きもバラバラ。

    野ざらし、雨ざらし、砂ざらし。ゆうに100機は越えてます。

    さすが、アメリカはでっかいよなー。

    ユーザーID:6133852076

  • 携帯電話

    やじろべいさん、うちのクラスでもありましたよ。こちらは皆にコーヒーを買うでした。で、なったのは講師の携帯でした。

    因みにアメリカではありません。

    ユーザーID:9114223804

  • 周知のことですが香港で・・・

    香港や中国では建築現場の足場が「竹」だということは聞いていましたが
    (香港映画でもよく出てくるし)、
    実際に香港で超高層ビル(ものすっごい近代的な)の足場も
    バッチリ「竹」で組まれているのを目の前で見たら、やっぱりビックリ。
    中国人、逞しすぎる・・・。

    ユーザーID:5488853497

  • モスクワのトイレ

    ホテルなどは別ですが、学校や街中の一般的なトイレはあまり綺麗じゃないことが多いです。
    便座(男性が使用する時上げるあのわっか)がついていないことがよくあります。
    ちゃんと便座がついている時は なぜか靴の跡がついてます。
    ってことは?

    私の想像。
    便座が汚い→上に乗る→靴跡がつく→便座が汚れる→上に乗る→便座が汚れる→上に乗る→便座が壊れる→便座なしになる

    真相を知りたいものです。

    ユーザーID:7205641783

  • ドイツの温泉

    昔、ドイツのバーデン バーデンと言うところの温泉に行きました、確かに更衣室の入り口は男女別々なのに男の更衣室で服を脱いでいたら、後ろをすっぽんぽんの若い女性が通りました、何も隠さずに、、、
    あれっ 入り口間違えたかなと思ったらなんと混浴だったのですね、
    それも室内プールみたいなところに若い女性が仰向けで寝ているのです、当然何も付けていないので丸見えです、思考回路が飛びました、煩悩で生きている私には皆様の裸がまぶしすぎて直視に耐えませんでした、しかも体型は抜群な人ばかり、たぶんこの温泉は覗き見などどいう低俗な言葉は無いでしょう、
    日本皆さんも煩悩抜きで混浴に入りたいと思いませんか!
    私にはものすごい修行が必要と思います。

    ユーザーID:3639293806

  • 世界で一番強烈だった体験

    色々な国に住んで、色々な国の人たちと仕事して、沢山の国を旅行しました。
    世界で一番衝撃的な体験をしたのは、なんと、日本。
    それは。。。。誰もが迷わず躊躇せず、潔く信頼感を持って一万円札を自動販売機に投入する!!!
    ありえません。 $100ですよ!
    今住んでいる所では公衆電話はおつりが出ないし、ソーダの自販機など壊れていたらお金を取られて終わり。$5以上は絶対に入れたくないです。

    いえ、日本以外の話ですね。
    フィリピンで5才の子供の誕生会で豚の丸焼きが出た、スイスでキューティーハニーは変身の部分のスッポンポンがカットされてた、中国の巨大な駅で切符売り場からホームまで小走りで5分はかかるのに1分後に出発の電車の切符を売られて「乗り遅れたおまえが悪い」と払い戻しできなかった、アイルランドで友達の実家がテロリストに爆破された、いえ、これは面白い話じゃないですね。 アメリカで友人の義弟さんが義父になった、カナダのバス停で「そのジャケット売ってください」と$600渡された。

    でも、とにかく一番の体験は日本人は自販機に一万円入れる! コレが世界ビックリチャンピオンです。 

    ユーザーID:8248230176

  • Tom Catさんへ

    私、あるとき、イタリア人のクラスメートに「俺って誰かに似てない?」と聞かれました。
    「えー、誰?」
    「日本のアニメの主人公でさ・・」
    「・・・?・・・あーーー!わかった!似てる似てる!そっくり!!」

    クラスメートはルパン3世のそっくりさんでした。彼もイタリアでルパン三世観てたって言ってました。友達にもルパンと呼ばれていたそうです。

    ユーザーID:7339195767

  • 油の温度の測り方

    ブラジルに住んでます。
    結婚して間もない頃、夫の姉に料理を教わりました。
    その時に揚げ油の温度の測り方について、

    「油を入れたお鍋を火にかけてしばらくしたらそこに
     マッチを投入。
     そのマッチにぽっと火がついたら揚げるのに最適な温度。
     マッチはそのまま鍋の中にほっといてよし。」

    と教わりました。
    健康に害はないのか心配ですが、
    姉もその一家もみんな元気なので結構平気なのかもしれません。
    でもこのやり方を真似したことはありません。

    ユーザーID:7658344619

  • さすがフランスです

    日本でパピーウォーカーをしていたので、フランスで盲導犬を見ると
    なつかしくて、つい目で追ってしまいます。
    ご存知かもしれませんが、フランスでは、歩行者は赤信号でもすきを見て、みな堂々と渡って行きます。
    な、なんと、盲導犬もちょっと止まりましたが、車が途切れてると判断したのか
    赤信号の中、堂々と横断歩道を渡りました。(日本ではあり得ない・・)

    また、フランス人は寝る時はパンツをはきません。

    ユーザーID:4874293183

  • アメリカで。

    8年くらい前、アメリカのフロリダで。
    かっこいいおにーさんが、日本語のロゴの入ったTシャツを着ていました。


    「きみ、日本人?これ、クールでしょ?なんて意味なの?」

    と、そのTシャツの漢字の訳をしてくれと言うので、正直に答えました。

    「・・・WC・・。って、意味ですよ。」


    そのTシャツには、でっかく「便所」って、書かれてました。
    おにーさんの表情が忘れられません・・。

    ユーザーID:0922948049

  • 楽しいイタリアン

    前レスのイタリアンのシェアメイトは女性、いとことその友達は男性でした。アニメで盛り上がるとルパン3世の話が出てきました。

    「あのルパンの話の中で不二子とルパンがいちゃつくようなシーンがあるんだけど、あの話の続きどうなったの?」と聞いかれました。 ????? 何の話? イタリアでは何度も再放送をしているのでみんなストーリーを覚えています。そして男女の関係っぽい部分はすべてカットされて放送されるそうなので、話が飛んでしまうとかで続きはどうなった?と聞いてきたのです。
    そんな私に聞かれても・・・覚えていません。

    みんなルパンが大好きで、シェアメイトは「私ルパン〜!」いとこは「あ、おれ次元ね。」と。私は彼ら二人に「きみは不二子ね!」(ありがとう、二人とも。)私の友達もそこにいたので「じゃあ私は五右衛門で。」と、ルパンのメンバー使い切っちゃいました。いとこの友達のキャラなく、みんなで残念がっていると彼は「あ!じゃあ俺はズェ〜ニガァタ〜ね!」と。銭形のとっつぁ〜んです。みんな大爆笑でした。イタリアでもルパンは大人気のようです。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • トピ主です

    にゃんこ 様
    20歳の大学教授が歌手でCDまで出しているなんて。大学教授になったのが先でしょうかね?それとも歌手になって売れて大学教授に?その教授の歌はどうでしたか?

    楽しいレスをいただいて、私もアニメについて思い出しました。家をイタリア人とシェアしていたときの事、その子のいとこと友達2人が遊びに来ました。滞在中は家に泊まっていたので私も一緒に遊んでいました。

    ディナーで揚げ餃子を作ってあげたら「ラビオリ!」と言って喜んで取り合いになるほど気に入っていました。おにぎりを作ってあげたら「あ!!!これだ!!!釣り吉三平のアニメでおにぎりを見たときに食べたいと思っていた。あ〜夢の食べ物が目の前にあるなんて!子供のころからこれが食べてみたかった!!!」とイタリアン3人が盛り上がってました。みんなおにぎりは甘いお菓子だと思っていたそうです。これって日本では「あのアニメにでてくる骨付き肉がたべてみたい!」という感覚と一緒なのかもしれないですね。

    おにぎりでこれだけ感動されるとは思いませんでした。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • トピ主です

    だび 様
    はい、あげた芋には酢です!ギネスの瓶入りはこちらにも売っていますよ。でもみんなパイントグラスに注いで飲みますね。缶入りにはプラスチックのボールが入っています。アワアワを出すためです。一番おいしいギネスはギネスストアハウスの工場直送のものです。味が違います・・!

    ジーンズの折り目、大爆笑でした。はい、そのとおりです。ジーンズにアイロンの折り目があるどころかTシャツ、靴下にもありますよ。洗濯物が乾きにくいのでアイロンをかけるそうですが、笑えます。

    やじろべえ 様
    携帯電話の罰則制度、いいですね〜ユーモアがあります。罰がドーナツというところがアメリカですね!アイルランドだったら1パインとおごれ、でしょうね、きっと。食い気より酒です!

    ジョン百太郎 様
    さくらんぼ2キロ、私も食べてみたい!日本のりんご狩りに行きましたがりんごは試食のみでした。試食後好きなりんごの木へ行って自ら取り支払うシステムでしたね〜・・・。こちらはさくらんぼが高いので本当にうらやましいです。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • トピ主です

    カルフォルニアン 様
    チェコのレストランでストリップショー?それも全裸?普通に考えられないですね・・・。誰かの誕生日祝いの催し事だったとか?それにしても全裸はありえないですね。もし新婚旅行でのロマンチックなディナーでの出来事やツアーグループでの食事だったらどうなることでしょうね。
    ハリケーンの話、笑ってしまいました。高級住宅街の人々はたくさん電気料を払ってくれるので特別?
    13年前のザーサイ!?ふたを開けてみたいような・・・。

    スネーク 様
    マングースとコブラの戦いは99%マングースが勝つと信じてました。50/50なんですね。・・・庭でそんな壮絶な戦いがあるなんて。トイレにコブラ!!!!ありえない場所から出てこられたら悲鳴物ですね。強烈な驚きです。

    ルサッコ 様
    フィンランドにはムーミン村があると聞いたことがありますが行ってみたいです。英国新聞版のムーミンも気になります。ちょっとグーグルで検索してみます。ムーミンママはなんでいつもハンドバッグを手に提げているのでしょうか?子供のころから気になっています・・・。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • レスありがとうございます。

    パトリシア1972様
    旦那様はモルトビネガーにはまりましたか。一番おいしいビネガーはやはりフィッシュ&チップスのお店で売っているのがおいしいですよ。次回アイルランドに行く機会があったらお勧めします!
    アイルランドの音楽は一度聞いたら頭から離れませんね、私には。

    ありらん様
    フランスでまさにフランス舞台のアニメが見れたってすごいですね!フランス、イタリア、スペインでは日本のアニメ、それも70年代、80年代のものが繰り返し放送されると聞いたことがあります。

    Vicki 様
    私も洗濯機がキッチンにあるのには驚きました。アメリカは違うのですか?アメリカの普通のお家は広くていいですよね。アメリカ映画を見るとアパートですら大きいのでうらやましい限りです。

    マリンカ 様
    ドイツでは公園でも丸裸で日光浴を楽しむ人が多いと聞いたことがありますが・・・。でも湖に水着なしで泳ぐのはすごく気持ちよさそ〜!私も試してみたいです!考えてみれば露天風呂と思えばOKですよね? ドイツ料理大好きでかなりドイツには遊びに行きました。駅のデリカテッセンですらよだれ物ですよね。

    ユーザーID:8412646546

  • トピ主のコメント(15件)全て見る
  • もう一回、書かせて

    マイアミに住んでいたときの話です。

    ●ハリケーンが来て停電したら、電気が回復するのは、なぜか高級住宅街から。
    トランプマンションなどは、次の日には復旧。我がアパートは、三日三晩電気なし!知り合いは、丸一週間停電だった。
    我が家の窓から遠くに見える、高級住宅街がうらめしかった・・・

    ●スーパーは、停電してても三日目には店を開ける。
    店に入るには1時間も列に並び、店の外にはライフルを持ったセキュリティーが待ち受ける。店内、真っ暗。買えるものは、缶詰、パン、お菓子の類。冷凍&冷蔵はもちろん買えず。
    停電の間は、コーン、缶詰ウインナー、バターなしのパンばかり。
    何しろ、まずい!飲み物もぬるすぎ。暑いので、どっちみち食欲なし。

    ●アジア系スーパーで、13年前に消費期限が切れた「桃屋のザーサイ」が売られていた。ふたは開いてないのに、なぜか中身が半分(調味液が蒸発したのか?)。ふたは錆び錆び。

    ユーザーID:6133852076

  • ラオスにて

    二十歳の大学教授がいました。
    しかもその人、歌手としてCDデビューもしてるとか。

    吃驚しました。

    ユーザーID:4909743070

  • 無料食べ放題!

    カリフォルニアでさくらんぼ狩りに行きました。
    目的地までものすごい大渋滞です。
    しかしその甲斐は十分すぎるほどありました。

    果樹園に着くと、入園料とか駐車料いっさいなし、さくらんぼ、桃、すももが食べ放題!時間制限なし!驚くことに食べる分は無料で、持ち帰り分だけ支払うという日本じゃ考えられない太っ腹なシステムでした。
    信じられなくて何度も確かめました。

    農薬が気になりましたが食べ始めたら甘さに感激。2キロくらい食べたと思います。おみやげに10キロ買いましたが安かったです。

    ユーザーID:1827802466

  • 在米です。

    いろいろあったけど。印象に残ったもので、とある資格を取るために10日ほど毎晩講習会に通ってました。

    始めに先生が、「授業中は携帯電話のスイッチは切るように。」そこまでは当たり前なんですが、「もし携帯が鳴ったら、その人は罰として翌日皆のためにドーナツを買ってくること。」と言いました。
    そしてある日、誰かの携帯がけたたましく鳴りました。とたんに教室中が「イヤッホウ!」「グレート!」やんやの大喝采。大笑いしました。
    アメリカらしいです。

    ユーザーID:9479439016

  • ギネスは私の。夫のではない

    トータルで在米20年以上になってしまいました。
    ロンドンでフィッシュ&チップス食べました。揚げた芋には酢!ですよね!

    ギネスビールが好きです。アメリカでもアイリッシュパブではちゃんと泡がクリーミーなギネスが飲めることが多く幸せです。しかし注文してからほどなく飲み物が来ると、ギネスは必ず男性の前に置かれてピルズナーが私の前に。チビな東洋人女が黒ビールなわけなかろうと思うようです。アメリカでは(泣)

    ガラス瓶入りギネスを持ち寄り食事会に持って行ったら、瓶に直接口をつけて飲もうとした人が。あっという間に泡泡させて恐怖映画の一場面を再現という状況。
    瓶入りはあの泡を出すための仕掛けがあるから、バドとかと違ってちゃんとグラスにつがないとダメなんです。輸出品だけでしょうか。本国では瓶入りなんて必要ないですよね?

    米国でジーンズについて。
    アイルランドからの移民だった曾祖父母とその息子(祖父)がカウボーイだった夫、ジーンズにも折り目をと強く主張します。
    労働着なんだから、んなわけないと反対する私。
    テキサスなどでは確かにこぎれいな人は、折り目あるジーンズばかり。なるほど。

    ユーザーID:0311302566

  • アニメもいいけど、マンガもね

    ありらんさんのレスを見て、思い出しました。

    フィンランドでTVのアニメ、ムーミン(現地語ではムーミ)」を見ました。日本で作られたかわいいキャラクターの。でも、歌は「ねえ、ムーミン♪」じゃないし、声も低かったりして。

    周りのフィンランド人に聞いたら、ムーミンは知ってはいるけど本を読んだことないのだそうな。だけど、彼らの中に確実にあの世界(アニメではなくて英国の夕刊に連載されたマンガのほう)に出てきたことを見ることができるのが面白いです。これはもしかしたらおかしなとらえ方で、フィンランド発英語のマンガのほうに、より正しいフィンランド人像が描かれていると思ったほうがいいのかもしれないですが。マンガの中のムーミンはダメな部分もあり、とても人間っぽいです。男女間のことなどが書かれているので大人にはこちらが面白いでしょう。

    書いていて、「キャンディキャンディ」のイタリア語版の歌も違っていて驚いたのを思い出しました。

    ユーザーID:9482010817

  • 今もそんなに変わらないと思いますが

    ニューデリーでの日常。
    自宅の庭でコブラとマングースの死闘が夜な夜な繰り広げられてました。
    どちらが勝利したかは、朝の庭を見れば結果が転がってました。
    勝率は五分五分でしたね。
    トイレに行って便座の蓋を開ければ、コブラの子供が優雅に泳いでおり、目あう前に水洗。
    年に数回、庭のコブラ狩りのため、巣穴すべてに油を注ぎ入れ一斉に点火。
    地面から火が湧き出る様は結構キレイでした。
    20年以上前の話で、さすがにニューデリーではもうこんなことないと思いますが、ちょっとした地方都市なら今も割と日常な気がします。
    空を見上げればハゲタカが周回してる、とか。

    車での移動はちょっとしたトラウマになりました。
    渋滞やら交差点で止まろうものなら、老若男女問わず少しの隙間から手をつっこんでこようとします。
    「バクシーシ」って言われても・・・怖いんだってば・・・。
    暑くても窓を開けてはいけないことを学びました。

    ユーザーID:4402288293

  • チェコのレストランにて

    夕食に、あるレストランに入りました。食事が終わって、アルコールを飲んでいると、女性のダンサーがステージへ。

    音楽に合わせて踊っていると、衣装をどんどん脱いでいくではないですか!

    みんなで、「は?は?これ、なに??」と思っていると、とうとう彼女は全裸になりました!全裸ですよ。レストランですよ。

    ボーゼンとしていると、彼女は脱いだ衣装を抱え、颯爽と裏へ消えました。
    みんなで、「ここ、ストリップバーだったの?」と納得いかない表情で話してましたね。

    いくらなんでも、全裸はやばいんじゃないのかなぁ・・・

    ユーザーID:9991764190

  • イギリスの食事は世界的に有名ですが(駄)

    あの味のセンスには一生忘れられない衝撃を受けました
    マッシュポテトに粒マスタードがゴッチャリ(むしろ粒マスタードにマッシュ?)
    美味しそうな薫製のシャケを熱湯で20分煮てクタクタのもろもろになったのが平気でメインディッシュに!
    バンガーズって大昔の給食のウインナーみたいなのは皮だけで中身スカスカ!!
    プディングって、ナニコレ、宇宙食かい!!!
    どこいってもカンズメの豆にブラウンソース、ぐおおおッ!!!

    前々から話に聞いていたけどこれほどとは!
    国民みんな味オンチなんじゃないの、とツッコミまくりの旅でした
    これは実はビクトリア時代からの伝統的な禁欲的なキリスト教の影響で、
    食に対する贅沢を戒めて来た結果らしいです
    「イギリス人たるもの、美食におごっていては大英帝国の威信は守れない!」って感じ?
    アイリッシュ・パブはまともなのが救いでした

    二度とイギリス飯はごめんだ!と思って帰国
    所が・・・、しばらくすると、あのスッカスカな味が妙に気になってならず
    三年後に渡英した時はバンガーズにブラウンソースに豆てんこ盛りでガッツリ!
    今書いてるだけでヨダレが・・・

    ユーザーID:8078419335

  • 湖でスッポコポン!

    ドイツのベルリンに滞在中の事
    土地がどこまでも平坦で景色に山脈がないのにビックリしました
    そのせいか町中に湖がたくさんあって、夏は水浴、冬はスケートととっても楽しかったです
    ヨーロッパの夏の美しさは格別!
    パルックに変えた?ってくらい光が透明でなにもかも見とれるほど奇麗なんですもの!

    だけど、夏の湖はチョット・・・なぜかって言うと
    自然派の人たちが湖でマッ裸で日光浴したり、泳いだり、フリスビーなんかしてるのがカルチャーショックだったもので!
    日本人の奥様達、アレをものすごく嫌ってましたね
    わたしも初めは苦笑いでしたが

    ある月の奇麗な夜に、ドイツ人の友人達と誘いあって湖に行きました
    水着を持って行こうとしたら「バカげてるよ」って笑われちゃいました
    ま、郷に入ればなんとやらで、ええい!っとスッポコポンで飛び込んでみましたら
    うおおおおきンもちいイイイイイイーーーーー
    身体を締め付ける余分なものが一切なく、自然の真っ直中にいられる快感、その開放感
    五感がどんどん研ぎすまされて行って、不思議に満ち足りた最高の気分を味わえました
    以来病み付きに(笑)

    ユーザーID:8078419335

  • イギリスでの

    体験。はい、イギリス人は食器はつけおき、そしてラックに戻す。え?????洗剤荒い流さないの? そのお皿でまた、食事。洗剤くさくて、おまけにぬるぬる。

    そして、滞在先のイギリス人カップル、シャワー2日に一度。お湯はタブにためて、そのお湯に次の人がつかる、髪あらう、体洗う。お湯はそのまま、次の人用にとっておく。。。。。
    フィッシュ アンド チップは毎日のように食べてました。カレーソースが大好きでした。

    KFCにはマッシュポテトないんですねぇ。


    洗濯機がキッチンにあるのにはびっくりしました。


    スウェーデンのトイレ、座ると足がぶらぶらしてしまいました。


    Vicki
    アメリカ在住

    ユーザーID:6639433154

  • フランスいった時テレビつけたら

    アニメ「ベルサイユのばら」をやってました。当然フランス語でした。
    フランスが舞台の日本製アニメーションをフランスでみた。

    ユーザーID:1168928067

  • 夫が

    夫はアイルランドで食べたフィッシュ&チップスに感銘を受け
    今もアイルランドが大好きになり、モルトビネガーが家にある。
    夫が美味しい美味しいと食べている。

    アイルランドの音楽にハマり「モザイク」がお気に入り。
    私はびっくりしたのは日本タイトル「ロンドンデリーの歌」
    ほとんど男性が歌っていたこと。オッサン率高し。
    女性の歌だと思ってた。

    違ってたらごめんね。

    ユーザーID:2293861040

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧