カンジタ腟炎とクラミジアの違いって?

レス5
(トピ主1
お気に入り14

心や体の悩み

コーギー

40代の主婦です。
皆さんにカンジタ腟炎とクラミジアの違いについて教えていただきたく思い投稿しました。


私は若い頃子供を産むようになってからカンジタ腟炎かクラミジアになった記憶があります。(どちらかわかりません)(ここ10数年なっていません)当時はこれといっていい市販薬もなくよくムヒをつけていたように思います。
じつは義母が最近なりました。今は落ち着いているようですが一時酷そうでした。専用の市販薬を暫く使っていたようですがなかなか改善されなかったみたいです。

そこで皆さんに質問です。カンジタ腟炎とクラミジアって どちらも酷い痒みを伴うのでしょうか?また営みがあるとなるものなのでしょうか?


私には結婚している娘がいるのでいざという時の為に知っておきたいので教えてください。


皆さん、どうかよろしくお願いします。

ユーザーID:3801421114

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 病院へ

    症状等は人によって若干の違いがあります。

    クラミジアは病院で抗生剤を処方してもらわないと治りません。自然治癒はありません。
    カンジダはもともと皆さんの体にあるもので体力が低下しているときなどにでてきます。
    カンジダは市販薬ありますが効かないと聞きます。

    なによりまず病院へ行くことだと思います。

    ユーザーID:6474117540

  • 受診です。

    受診です。何か勘違いなさっていらっしゃるようですが原因が全く違いますし、
    クラミジアに関しては「性感染症」です。

    カンジダはカビです。お薬も全く違い「ムヒ」で治ると本気で思っていらっしゃるとは・・・。

    知識としてお母さんが持っていらっしゃるといいのは「良い婦人科」の場所です。

    素人判断で売薬を使っているととんでもない事になりますから早めの受診をお勧めします。

    それとクラミジアに関しては本人だけの治療では治まりません。深刻な病気です。

    何歳になっても正しく受診して正しい治療をお受け下さい。

    ユーザーID:8696970594

  • 婦人科または皮膚科へ

    カンジダ腟炎は、カンジダという真菌(カビの一種)による感染症です。
    カンジダは成人なら誰でも消化管に常在していて、とくに女性は消化管(肛門)と陰部が近いため、自己感染しやすいです。
    性行為により男性にも感染します。
    症状は陰部の痒みと、特徴的(白いチーズのよう)な『おりもの』です。
    原因が真菌なので、抗真菌剤による治療が必要です。
    また、完治が難しく免疫力が低下すると再発を繰り返すこともあります。

    クラミジアは性感染症で、性行為やキスで粘膜に感染します。
    性器クラミジアはほぼ100%性感染です。
    症状がまったくない(無症状感染)こともありますが、とくに女性は、症状がなくても炎症がひろがり、卵管閉塞などの不妊の原因になります。
    また、妊娠中は流早産の原因(絨毛羊膜炎)にもなります。
    出産時には新生児に肺炎をおこす原因になります。
    また、クラミジアに感染していると、ほかの感染症(HIVなど)に感染しやすくなります。
    症状は、痒みやおりものの増加などがあることも。

    ユーザーID:4045478872

  • 再び

    市販のカンジダ治療薬は、一度きちんと受診して治療したあと、再発→医師の許可により市販薬を使うというもので、初めての方にはおすすめできません。
    対処を誤ると悪化したり、治りにくくなります。
    また、ほかの性感染症のように不妊や流早産の原因になったりすることもあります。
    繰り返しますが、カンジダはカビの一種です。
    通常の軟膏や石鹸などで悪化しますので、まずは受診を。

    クラミジアは、非常に頻度の高い性感染症です。
    また、症状が出ないことが多い(女性の80%、男性の50%は症状が出ない)ため、症状がないままパートナーに感染させるケースが多いです。
    感染率が高いため、クラミジア感染している状態で性行為があれば、ほぼ間違いなくパートナーにも感染します。
    最近ではオーラル行為による咽頭クラミジア感染症から、性器への感染やキスにより口から口への感染もよくみられます。
    ただし、クラミジア自体は弱い細菌なので、性行為以外(接触など)では感染しません(ほぼ100%性感染)。
    治療は抗生物質による薬物治療。
    パートナーも一緒に治療しないとピンポン感染(お互いに感染させあう)します。

    ユーザーID:4045478872

  • トピ主です。

    皆さん、いろいろなアドバイスありがとうございました!知らなかったこと、正しい知識がわかりました。

    本当にありがとうございました!感謝!です!

    ユーザーID:3801421114

  • 心や体の悩みランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧