• ホーム
  • ブランド物を持ってるとおばちゃん?

ブランド物を持ってるとおばちゃん?

レス37
(トピ主0
お気に入り63

美容・ファッション・ダイエット

キリン

35歳です。若者のいろいろ「離れ」が進んでいるということですが、
ブランド離れも進んでますよね?
私の周りだけかもしれませんが、ブランドのバッグ(ヴィトン、エルメスなど)や時計をしているのは、どうも35歳以上の気がします。

それも、時計などは、10年くらい前に買ったもの?をずっとしているような…
この人年上かな?下かな?とわからない時はバッグや時計を見て、
ブランドだと同世代よりも上と思って、ほぼはずれません…。

洋服は買い替えるものなので、洋服だけだと年代がわかりませんが、
この35歳(1974年生まれ)って結構ボーダーで
1975年生まれ以降ぐっとブランド率が下がると思ったり。
どうしてなんでしょうね?
皆さんの周りはどうですか?

※私はバッグはブランドですが、時計は適当です…。

ユーザーID:9340957256

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ブランドに興味がなくなった

    1974年生まれです。
    20代前半の頃はバッグや財布を使っていましたが徐々に使わなくなり、今はまったく興味がなくなりました。
    類は友を呼ぶのか私の周りでもブランド使ってる人いないですね。

    私の中のブランド持ってる人のイメージは40代からって感じです。

    ユーザーID:2753950132

  • おばちゃん「しか」持ってはいけない物

    時はバブル全盛期。欧米で暮らしていた時、日本のギャル達が(18歳〜)こぞってブランドバッグを衝動買いしていました。それをみた現地の友人は
    「子供がブランドを持ってみっともない。美しくない」と眉を潜めて申しておりました。

    欧米ではブランドバッグは人生経験も肉体も成熟した「マダム」がドレスアップした時に持てる魔法のアイテムなのです。

    キティちゃんのストラップを下げた「ギャル」が親や彼氏に与えられ有頂天になっている姿を冷笑していました。
    私的に「まだ35歳のペーペー」にも不釣合いな「物」に見えますけど?

    不景気になった昨今「新日本人」と言われる若者達は1.6キロ以内しか行動せず、デートはネットカフェ、彼の家で漫画、ブランドや車を持たないらしい。
    これぞ、質素を重んじる日本人の健全な姿。ブランドバッグは金銭に余裕のできた「優雅な熟女」が持ってこそ、輝くのです。

    因みに私はアラフォーで気持ちは20代「まだまだ持てる身分&年齢ではないかも」と自負していますけどね…。

    ユーザーID:7900955588

  • 恐れ多くて手が出せない。(35歳)

    と、いうよりも似合いまっせん(泣)。
    以前、背伸びして或る瀟洒なホテルに泊まりました。
    その時、エレベーターでご一緒した、気品のある着物をお召しになっていた70代位のご婦人がVUITTONのトラベルバッグ(というのでしょうか)をお持ちになっていたのですが…。
    着物と全く違和感がない。
    いや、むしろ素敵!
    はまってる、とは正にこの事。
    お足元が少し不自由な様子だったので、開閉ボタンを押してどうぞ、と促すと、
    『まあ、ありがとうございます』
    と優しい、凜としたお声で返して下さいました。
    うわーん、格がないとやっぱりブランド物は身につけられないよぅ。
    しかも微かに爽やかな、お香の様な残り香がするしっ。
    一緒にいた夫に私はいつになったらブランド物が持てるのかいのう、と聞いたら、うーん。来世に期待、と言われました。

    とほほ。
    な、訳で人生に貫禄がついてから持つ、が正解かな…または生まれながらに、やんごとなき人ならいいかも。

    おおよその基準は『違和感があるかないか』ですね。

    ユーザーID:8900483701

  • フリマでの出来事から→3,000円でも高いって!

    今の時代、不景気ですからブランド品を持つ余裕なんてないんです。
    この前の日曜日に久しぶりにフリマに出掛けたのですが、フリマのお客様と売り手の会話がすごかったんですよ。一つ500円の商品に、100円にはならないの?なんて値切り方が半端ないです。
    以前はフリマルールという暗黙の了解のようなものが存在してまして、フリマ開始からお昼までの値切り金額は、最大で半額位でした。売るほうも買うほうも納得ですよね。それから安くして頂くにしても何点かまとめて買うから安くしてもらえない?でしたが40代位のおば様でもいまや50円のエコバッグ一つを買うのにも迷ったあげく買うのをやめて20円にしてくれと言ってますよ。
    そんな状態なものですから、新品のバッグを半値以下で3,000円でも高くて買えないわあと言ってるんです。昔はフリマでグッチやディオールもあったりしたけど、いまは、掘り出し物ってなかなかない。フリマに行くと景気がよくわかります。

    ユーザーID:1547758681

  • 貧富の問題とキャリアの問題

    こんにちは。1979年生まれの兼業主婦です。

    地域差にもよりますが、20代の、ヴィトン、エルメス他、高級と言われるブランドの
    愛用者は、確かに関東県内でも見かけなくなりました。

    それでも、あえて書きませんが、某ブランドのバッグ他を使用している
    学生、20代はたくさん見かけます。

    派遣契約の解除などの事情で、高級ブランドの
    プレゼント、自分へのご褒美にできないのが実情ではないでしょうか。

    ちなみに、私の愛用ブランドは、
    HUNTING WORLD、Ferragamo、BURERRY(blacklabel、bluelabel)
    です。

    TPOに合わせ、ブランドを使い分けてます。
    ただし、どれもワンポイントでブランドを判別できるものを愛用しています。

    某ブランドのマークがいっぱい入ったバッグやお財布が利用者が多い中で、
    高級ブランドを使う勇気は正直ありません。
    (靴は脱がないとブランドがわからないデザインです。)

    腕時計は、PCでのデータ入力時に邪魔なのでしない主義です。
    私の会社はタイムカードと、パソコンに表示される時間が全てなので
    勤務中は不要なのかもしれません。

    ユーザーID:2999250304

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 消費は悪くないよ

    20代後半より若い不景気以降の世代は嫌消費世代と言って、極端に消費を嫌い、自分の身の丈「以下」の消費行動しか取らないそうです。
    しかし、こうした消費行動が日本経済を縮小させていて、このままではますます企業収益があがらず経済は苦しいままです。
    お金はやはり世の中でまわっていかなければいけないんですよ。
    もちろん浪費はダメですが、みなさんが収入に見合った消費をすることで結果的にご自分の収入が増えるんです。消費を必要以上に嫌悪することは消費待っている豊かな性格の芽を摘んでしまうことにもなるんですよ。

    ユーザーID:7838353456

  • そうでしょうか・・・?

    関西在住です。

    最近は、コーチのバッグを20〜60代まで幅広い層が持っていると思います。某アウトレットでも、コーチは行列が出来るほど大盛況してました。

    ヴィトンも20代で相変わらず持ってるのを見かけます。
    シャネル・エルメス・クロエ・ディオール、20代で持ってる人多数です。

    ただし、20代が持っているのは、定番ではなく比較的新しいもの(限定?)だと思います。
    定番型を持っているのは30代以上が多いかな?

    時計に関しては、女性のは興味が無いのでわかりません。
    男性の時計はたまに見ます。ロレックスしてる人が多いな、というのが印象です。

    ただ、ブランド物は、長く使ってナンボだと思います。
    時計も長く使えるからこそ、ブランドの価値があると思います。

    なので、10年とか使ってそうな人を見ると、「物をキチンと丁寧に大切に使っているんだな」と尊敬します。

    あ、財布でヴィトン、は周りを見渡せば絶対すぐに1人は見つかるほどに、所持率高いと思います。
    財布がヴィトン、は10代でもザラにいます。

    ユーザーID:9522783256

  • 年齢では分けられないのでは?

    20代後半の会社員です。
    数年前スイスのフィニッシングスクールに通っていたのですが、
    そこに集まっていた世界各国の20歳前後の女の子たちは、どの子もブランド品持ってましたよ。
    (国籍はアメリカ・ギリシャ・スペイン・メキシコ・サウジアラビア・スイス・ラトビア・ロシア・パキスタンなど多岐にわたります)
    日本人ギャルの様にバッグや財布だけブランド品っていうのではなく、
    服や靴もそれなりのものを合わせているからか、全く違和感がありませんでした。
    彼女たちは買える“財力がある”から持ってるんだと思います。

    ブランド品って、「無理して買ってるな」とか「取り敢えず持っておけば安心だからかな」という印象を与えた時点で似合わないですから。

    新日本人…会ってみたいですね(笑
    「彼氏が新日本人です」みたいなトピ立てたら、小町では確実に質素じゃなくてケチ認定されそうですけど。
    ちなみに高校・大学の同級生で働いている大手社員や専門職の子たちは,大抵ブランド品持っていますよ。

    ユーザーID:2692558162

  • かわいいに移行した

    私は33歳ですが、全くブランドに興味ありませんね!

    いい年こいてますが、かわいい物の方に惹かれるんですよね
    かわいい物は安くて沢山買えますから(笑)

    ですからブランド品はかわいくなくて高い!


    今の若い人は、少しでも若く見せる事に努力してますよね?

    バブルの頃は少しでも大人っぽく見せるようにしていたような気がします

    私はバブルの恩恵を受けた事ないので、やっぱり何十万のブランド品はもったいない気がします

    ユーザーID:6042233156

  • たしかに!

    そのボーダーラインはあるかも!
    私自身はバブル世代。若い頃はブランドバッグ持つ事に憧れを感じていました。

    面白いのは子供の保護者会で、そのボーダーラインが見える事。
    上の子が小学校の時はお母さんがバブル世代前後が多く、ブランドバッグを持っている人が多く、服装もコンサバ系。おまけに私立中学もブランドで選ぶ人が多かった。
    逆に下のお母さんたちは普段着のままで、ブランドを持ってコンサバ系だと、なんか浮いちゃう感じ。だいたい30代半ばが多いかな。通勤電車で見ている限り、ブランドバッグは、おばさまたちの方が多いかも。自分もおばさまだけれど、なぜか上の子のお母さんたちの中、浮きまくっていた普段着女です。

    ユーザーID:6687401447

  • 貧乏だからでしょ

    単純に。

    今の若い子は好景気を体験したことがないんじゃないですか。
    就職難だったりも経験してますから非常にしっかりしてますよね。
    まあケチともいいますが。
    景気も後退の一歩を辿ってますし、浮かれて分不相応な物を
    買う余裕もないでしょうしね。

    昔は貧相な若い子がブランドバッグとか持ってて、
    それはそれですごくみっともなかったですよね。

    まあ、本来の場所に落ち着いたということで、いいんじゃないでしょうか。
    消費低迷は日本経済にとっては痛手だけどねぇ。

    ユーザーID:0485978063

  • じゃあわたしたちもおばちゃんでしょうか?

    24才の女子です。少しずつ周りに既婚者が出てくる、そんな年頃ですが周りの独自の友人は大抵の子がブランドの物を持っています。
    だいたいバッグや財布ですが、アクセサリーや時計、靴などはいいものを持って、お洋服は質の良いものを少しと流行り物をミックスした格好の子が多いですね。
    私たちくらいの年代で独身だと両親や彼からプレゼントされることが多いんですよね。既婚者で子持ちだとプレゼントは子ども行きになりますから。
    大人の仲間入りをし、自分でも買えるようになったので学生時代よりショッピングが楽しいです。
    貯金もするが消費もする!がわたしの周りの20代半ば女子の姿です。
    ちなみに時計はみんなブランド物ですよ。

    ユーザーID:7962457779

  • 不景気だから

    私が、今まで色んなカバンを見てきた中でやっぱり、ヴィトン、モノグラム、ダミエは本当に、1位に上がるほど、素敵な物だと思います。
    品がある、デザインもいい、ヴィトンの皮の匂いも大好き、もう購入して10年以上経つけど、使い終わったら柔らかい布で拭き、新聞紙を入れて柔らかな袋に入れ、大事に大事にしてますよ。
    10年経っても、財布も、カバンも、飽きないです。

    私は、もう中年になりましたが、ヴィトンに限らずブランドものは、その人をワンランク上げますね。
    若い子が、肩にかけてさっそうと歩く姿なんてかっこいいし、なんか、グッチのバッグにしても
    可愛くみえます。あ、おしゃれなんだなって。

    おばさまでも、よりカバン、ひとつでゴージャスに見えるのが不思議。今、ブランド離れになってるのは
    不景気だからじゃないかな〜やっぱり、高価なものいいものはいいし、安物のバッグには叶わない魅力
    がありますね〜。

    ユーザーID:4593186470

  • ファッションが多様化したからでは?

    ブランドやメーカー、ファッションのジャンルも増えましたからね。

    多くの人がぱっと見てわかるような(ロゴものとか?)
    所謂スーパーブランドの小物を持っている人も勿論いますが
    最近ではじっくり見ないとわからないブランド小物を持ったり
    知る人ぞ知る通好みなブランド小物を持つなど
    購入するブランドのジャンルが分散していっただけだと思います。
    昔よりも世間のお洒落への関心が高まってきているんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7233529059

  • 30歳です

    子供がいるのでおばちゃんでもなんでもいいんですが、ブランド物は大学の入学祝いだったり誕生日プレゼントで親からもらったものばかりです。
    ダイヤのネックレス類や、時計バッグもそうです。
    今は子供が小さいので壊されないようしまっています。

    夫も私の学生の頃アクセサリーはブランドで買ってくれたりしました。
    今でも子供の出産などの時は子供とお揃いのブランドで買ってくれます。

    他人のブランドやこだわりに興味もないです。
    人によって食器にこだわる人もいれば、海外旅行が好きな人、住居にこだわる人や、子供服はブランドだけの人もいます。
    別に他人がどんなものを持っていてもその人が満足して幸せだったらいいんじゃないのかなと思います。

    ユーザーID:5599881527

  • バックや小物好きです

     皆さんのように若くありません。

    ブランド品に興味をもったのは数年前からです。たまたま始めて買った財布がとても丈夫で型崩れせずおしゃれな感じで、それからです。(ブランド品だからと知って買ったのではありません。)

     現在は手作り感があり暖かさのある2,3種類のブランドが好きでたまにバックやポーチなど好みの品を買って楽しんでいます。高額な品ではないけど持っていてしあわせな気分になります。

     80になっても身奇麗で外見もきれいな年寄りになりたいのです。冬でもお年寄り特有の暗いトーンだけでまとめないように気をつけています。化粧品もいろいろ試しています。

    ユーザーID:4533799240

  • 価値観の転換点

    じゃないでしょうか?経済事情もあるのでしょうが、ブランド神話の崩壊のようなものもあると思いますよ。
    身の丈に合わないものを身に付ける恥ずかしさに気付いたのでは?ブランドに対する視点がシビアになったのでしょう。ある意味成熟したと言えると思いますが。

    また、個人の好みが細分化していることも要因の一つだと思います。
    分かりやすいスーパーブランドだけではなく、小さいけれどもこだわりのあるブランド、あるいはユニクロやH&Mといったファストファッションの登場。ネットで様々情報を得られるようになったことも大きいでしょうね。選択肢が格段に増えましたから。

    年齢を重ねる程、そういう新しい情報や価値観を受け入れにくくなるものだと思います。バブルの名残を引きずり続けている方は多いです。

    ユーザーID:7764157243

  • そう言われてみると・・・

    20代社会人です。
    特に気にしたことはなかったのですが、
    ブランドにこだわる人、ブランドで固める人って
    ちょっと上の世代かな?という印象はあります。

    職場は、40代、50代が多かったのですが
    30代後半から40代くらいの世代が一番ブランド物を持っている世代でした。
    同世代では、ポイント的に持っている人はいても
    あんまりブランド色が濃くない感じがします。

    ユーザーID:9251694407

  • 不況

    一番大きな理由は不況ではないですかね。
    バブルが崩壊して就職氷河期時代に就職したのが35歳前後だったはず。
    それ以降は悪くなる一方です。未来が、生活の安定がおぼつかないのに
    ブランド品とは中々ならないでしょうね。

    次の理由は価値観の多様化、情報が増えたことだと思います。
    無い袖は振れないわけですし、経済含めた様々な状況の変化に
    社会が変化し、人々の意識もそれに合わせて変化したのかなと。

    持ちたい人は持てばいいと思います。
    ブランド品を流行の品みたいに追っかける風潮がなくなるのは
    時間の問題でしょうね。本来の姿に戻って良いことです。

    10年以上前の品を愛用するなんて
    本来、高級ブランド品は長く愛用するものだと思うので
    素敵な使い方だなぁって思います。

    確かにバブル期の人は、ブランド品であることに
    重きを置いてそのもの自体が良い品なのか、
    そうではないのかという見極めに甘い気がします。
    ブランドならなんでもいいわけではないんです。

    ユーザーID:5290204882

  • 20代ですが

    20代ですが私の周りの友達はみんなブランドだらけですよ。

    バレンシアガ、MIUMIU、クロエ 等々

    エルメスやヴィトンは昔みんな持ってたけど、最近は

    上記に挙げたブランドが多いかな。

    ブランドもはやりがあって多様化してきただけだと思います。

    ユーザーID:6145654497

  • それあるかもしれない

    私は地方在住、しかも沖縄、30歳独身ですが、いつも全身ユニクロです。

    ナイキのウォーキングに適したスニーカー。

    無印のリュックです。

    もう毎日楽チン。余計なストレスがなくて気持ちがのびのびとします。


    都会にいたときはさすがにお洒落をしていましたが毎日疲れていました。でも田舎に戻ってお洒落を辞めたら毎日疲れ知らず。


    断然今がいいですね。

    日本人にはブランドモノが似合う人は凄く少ないです。

    特に外国のブランドはやはり外国人に合わせて作られているため胴長短足、おまけに不細工の日本人にはまるで似合わないです。モデルとか俳優さん女優さんとかがやっと似合うくらい。


    上の世代のダサさをみて反面教師にしたんじゃないですかね(笑)。

    ユーザーID:4526192442

  • そう思います。

    景気のせいとか、地方にもよると思いますが、ブランドは、おばちゃんぽいと思います。
    見方によって違うでしょうが。

    私自身、以前から思ってたんですが、ブランド好きな友達がいて、
    いつも、「おばちゃんぽくなる為に、わざわざお金払ってる」と思ってました。
    小学生の時、ああいうのを持っていた「入学式・卒業式の親御さん達」を思い出すからでした。

    それに、「何年も使う」というのが、好きでないです。固執してるみたいだし、飽きちゃうので。

    私はというと、自分のハンドメイドのコサージュとかをつけて、服やバッグをアレンジして楽しんでます。
    ただの、貧乏なおばさんです。(37歳よ)

    端切れなんかを捨てずに、それで、ササッと今時に作って・・と言う物をたくさん持ってて
    使い分けるのが好きです。

    トピ主さんから見たら、どちらも、おばちゃんでしょうね(笑)
    でも、流行を追ってるパワーが、若者のつもりです!

    自分らしさ・自分に似合った物・自分が楽しめる工夫、、、あまり人目を気にせず、
    おしゃれを楽しんで下さい。

    トピ主さんが、ステキな女性で いつづけますように。

    ユーザーID:7081496658

  • そういう話題になりました

    先日友人と話していたときそういう話題になりました。
    時計やお財布はまだまだブランドを持つ人が多い気がしますが
    バッグはその傾向が強いと思います。
    アラフォーの友人が
    「私達はバブル世代だから一目見てどこの、いくら、とわかる
    『ブランドバッグ』にこだわるのが普通。
    狭い家に住んでもバッグはエルメス!みたいな。」
    といっていました。

    アラサーの私としては
    学生時代はプラダ・グッチ、途中からヴィトンが大流行。
    割と周りでも持っている子が多かったですが
    卒業したらクロエ・バレンシアガ・ボッテガなどが流行っていました。
    就職して多少余裕があるはずなのに
    実際持っている子は周りでは少なかったです。

    最近同年代の友人はイルビゾンテ・フェリージ・ゴヤールなど
    どちらかとういうとサラッと持つことができる
    ブランドを持っている人を見かけます。
    でもそこまで掛けないという人のほうが多いです。

    不況の影響なのか、ファストファッションがこれだけ流行する中で
    バッグだけ高級だとアンバランスかもしれませんね。

    ユーザーID:4114041714

  • 自分が一番いけていた時代のファッションを・・・

    し続ける人が多いらしいですよ。
    ブランドで全身完全武装した若いお嬢さんだった人が
    今おばちゃんになって、ブランドファッション継続中なんだと思います。

    ユーザーID:6967687770

  • ある意味そうかも。

    30代後半です。
    貧相な若者がブランドバック持ってたという書き込みがありましたが、まさにその世代のちょっと下でございます。

    「バブル時代は貧相な若者が持っててかっこ悪かった」って的を得てると思います。
    その頃の20代は今の子より老けててかわいくなくて、スタイルも悪い、更にほとんどは歩き方や姿勢も変でしたよね。

    今の20代は賢いって思います。ヴ○トンを持ってるのはジャージのヤンキーが多く、普通の子はそういうのダサい、なぜあのデザインがあんなに高いのか?って思うみたいです。
    だからと言ってむやみに安い物だけ買ってるわけでなく、古着にこだわる子、ユニクロでおしゃれに決める子、あまり知られてないメーカーの服を着てる子、ギャル系、ナチュラル森ガール系、いろいろいておしゃれを楽しんでていいと思います。

    でもアラフィフの先輩は未だにブランド志向ですね。
    周りからはそれより歯を治せ、キャリアアップしろ、と言われていますが、本人はそれでもブランドのバック命だそうです。

    ユーザーID:6680539384

  • 確かに

    先日、子育てサークルにて。
    35歳の友人が、ブランドバッグをいずれ娘に譲ろうと思っているという話をしていました。
    ほかの友人、30歳前後が数人、皆固まっているのが感じ取れました。
    ここは地方だしな…とその時は思ったのですが、
    いや、年代の差だったか。

    ユーザーID:6586620604

  • 1967年生まれですが

    すぐにわかるブランドはダサいと思うようになりました。

    バブルの頃はヴィトン、フェンディ・シャネル等を当然のごとく

    誰もが持っていて、またそれがステータスだったのです。

    今はクロエ・ボッテガヴェネタなどパッと見てどこのものかわからない

    ブランドがオシャレに思えるようになりました。

    衣類は安くてかわいいものがたくさん出ていますが

    やはりバッグ、時計、財布などはいいものを持ちたいですね。

    ブランドはブランドでもヴィトンなどはおばちゃんぽいです。

    ユーザーID:9092534542

  • そうでしょうか

    26才女子です。
    私の周りの同年代女子を見回すと、バッグやお財布、アクセサリーは高級な良いものを身につけてる気がしますよ。
    私が高校生の時は、ブランド物を身につけるのがステータス!というノリ(?)で、ロゴが前面に出てるわかりやすいデザインが人気でしたが、今は一目ではブランド物とわからないようなさりげないものが人気だと思います。
    ですので、一見わからないだけでよく見るとブランド物だったりするのではないでしょうか?昔と比べて、所有するブランドやデザインも多様化してると思いますし。
    みなさん、自分に似合うデザインをきちんとわかっていて賢いチョイスをしていると思います。

    ユーザーID:6479969379

  • 思いません

    横ですが・・
    ブランドとすぐにわかるものを持つのが恥ずかしい・・・
    でもやっぱりいいもの持ってるのねというのは思われたいんでしょ?
    そのほうが屈折してる感じがします。
    普通に高いものが買える方は、ひとめでわかろうがわかるまいが気にしてないかと思いますが。
    身にそぐわないものを持ってるので、人目意識しすぎなんじゃ??

    あといいものを修理しながら子供に受け継いで行くって普通のことだと思ってました。
    バッグだけでなく世代にあったものを受け継ぎませんか?
    ブランドものって飽きて使い捨てにするものだと思いません。

    ユーザーID:1523357592

  • 当たってます

    当たってます。
    私が結婚する前バリバリ働いてた時に買い集めたブランド物を今でも使っています。(財布・バッグなど)
    さすが高級ブランドなだけあって8年くらい経ってるのですが殆んど痛んでないんですよね。
    でもって新しく買い換えるお金の方が惜しいというか・・・
    他に回したいというか・・・そんな感じで使っています。
    若く見られたい願望もどこかにあるのにそういうことで
    年齢を見られてるとは気付かされ恥ずかしいです(笑)
    ちなみに今年40歳になります。

    ユーザーID:8498635822

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧