大後悔の留学

レス54
お気に入り84

とまとパスタ

学ぶ

西欧の某大国(非英語圏)に留学して、7年くらいになります。今、卒論書いてます。

私は30代の始めにこの国に留学したことを大変後悔しています。なぜ英語圏にしなかったんだろう。

留学の動機は、仕事で外国語が使えるようになりたいと思った事、この国に惹かれた事、外国に住んでみたかった事です。全部、自分のお金です。

でもいまだに、授業の内容、人(ぼそぼそ話す)によっては、言っていることが全然わからなくなることがよくあります。テレビニュース、本も同様です。

後期になって英語の授業が始まりました。このころから落ち込みが始まりました。
百科事典のように分厚いテキストが課題で、50冊くらいの英語の本からの引用がつまっています。でも、英語のテキストのほうが、全然わかるんです(話せないけど)。

英語は中学生のころから勉強しているし、社会人になってからもずっと触れていました。土台が異なるのです。それに、英語は本当に構造が単純な言語です。英語が世界語になった理由の一つとしても、そう語られます。
その点、この国の言葉は・・・。主語と時制に従って(ほぼ)全て変わる動詞の活用、性によって変わる名詞や形容詞、入り組んだ表現、そんなものを覚えている暇があったら、英語なら新しい単語の一つを覚えられたのです。

もし私が英語圏に留学していたら、今頃仕事で使えるほどの英語力が身に付いていたと確信します。なぜ英語にしなかったのだろう。

いや、この国に留学してもよかった。でも、大半の人のように長くても2、3年で切り上げて、「好きな国の生活を楽しんだ」「簡単な会話/読み書きができるようになった」程度で満足して終わらせればよかった。仕事でものにならないなら、この程度でも卒論執筆レベルでも、要は趣味に過ぎない、同じだ、と思ってしまいます。

少しでも前向きになる言葉をいただけると、嬉しいです。。。

ユーザーID:5120680400

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数54

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんな気分なときもあるさ〜。

    私はイギリス在住10年です。30代です。
    英語も英会話もかなり不得意です。
    もう、万年中級クラスです。
    話すのはもちろん簡単な会話のみ。
    読むのはめっちゃ遅い。
    映画もドラマも本当に大まかにしかわかりません。

    しかし生活って何とかなるもので、
    こんな私でもイギリスの大学を卒業して、
    イギリスの大企業の正社員です。
    運と勘で生きてます。
    それが意外と楽しかったりします。

    ま〜、日本にいる人は ”10年もいれば、さぞ英語がぺらぺらだろーに”って思いがちです。
    そういう人には”私みたいなのもいますよ〜”って
    開き直っています。

    どんなことにも個人差はあります。
    私の場合は目標設定を高くしても疲れるだけなので
    ある時点でそういうことはやめました。

    好きな国に住めてそれで良しとしましょうよ〜

    就職に有利かどうかの英語力って、
    ものすごく上級でないと意味がないと思うので
    そういう意味では好きなことやってる今の選択は
    正しかったとおもいますよ。
     

    ユーザーID:7216850085

  • 頑張れ…!!

    大学教員です。

    ちょっとお疲れのようですね。
    留学するなら英語圏、というのはそうですよね…。
    英語は世界共通言語ですから。
    言語的にも本当にシンプルですし(個人的には、スペイン語やイタリア語の方がさらに文法も発音もシンプルだと思いますが)。
    察するにスラブ系の言語ですか?
    お疲れ様です。よく頑張りました。
    あれは、手ごわいですよね。

    計算すると40歳近く、ということでしょうか?
    トピ主さんが後悔されているのは、将来のビジョンが見えないからですよね。そのあたりをいろいろな人に聞いてみたらいかがでしょう?
    完璧に言語ができなくても、その国の知識や人脈などを生かした就職先があれば、また気持ちも変わってくるかもしれません。
    そうでなくても、卒論まで書けるところまで頑張ったのですから、そのことは誇りに思っていいと思いますよ。

    元気を出せと言われて出せるものでもないと思いますが、前向きに卒論、頑張ってください。

    ユーザーID:4540118361

  • ドイツで泣いていたクチです

    わたしは31歳でドイツに留学しました。
    ドイツ語は日本のドイツ語学校で勉強していましたので、文法や単語は理解していましたが、話すほうは・・・からっきし駄目でした。
    でも、一念発起してドイツへ。アジア人のいない田舎町での学生生活でしたので、さんざん揉まれましたが、目標としていた資格を取って帰国しました。
    帰国後は日独&独英の翻訳と事務をしていましたが、その後英語圏の会社に就職が決まり、再度海外に出て現在に至ります。
    ドイツに留学した理由は英語は話せる人が多いので、それ以外の語学が出来て、その国の資格があれば、この先仕事の上で有利に働くと思ったからです。
    留学中は精神的にかなり参りましたし、わたしのしていることは時間とお金の無駄ではないのか?30過ぎの独身女が今までのキャリアを捨て、貯金を使い切って、何の得にもならないことをしているのではないか・・・・と泣くほど悩みました。
    しかし今、ドイツ語を使って仕事をし、生涯の伴侶にも巡り合え、今までしてきたことは決して無駄ではなかった、としみじみ思っています。
    とまとパスタさんの留学も、終えてからきっと答えが出ると思いますよ。

    ユーザーID:1507281989

  • 答えは、

    人生に無駄無しです。
    いつか納得する日がきます。

    ユーザーID:6659603574

  • 人間万事塞翁が馬

    日本にも英語ができる人ってだんだん増えてきましたよね。

    でもトピ主さんが学んでいる言語を駆使できる人って
    日本ではかなり希少価値なのでは?

    その分、仕事の需要が少ないというものあると思いますが、
    トピ主さんがその言語で同時通訳ができるレベルになれば、英語の通訳より時給は高いはずです。

    まあ、長い人生の中では、何が良くて悪いかなんてすぐには答えが出ないものですから、
    とりあえず今は卒論に集中してみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:8584562053

  • 無駄な経験など何ひとつない

    こんにちは。

    30歳を過ぎてからの非英語圏への留学、
    その決心だけでも素晴らしいと思います。
    それだけで尊敬します。

    私は30歳直前にその夢を断念をしてしまったので特にそう思います。

    勉強でも仕事でも生活でも人生の経験で無駄なことなど
    何一つないはずです。それは日本でも外国でも同じだと思っています。

    胸を張って留学を終えて、次のステップにチャレンジして
    欲しいです。トピ主さんの後に続く後輩がいるかもしれません。

    勝手な意見でごめんなさい。
    自信をもって欲しいです。

    ユーザーID:6928525782

  • 誇りを持ちましょう!

    卒論を書いてらっしゃるということは、単なる語学留学ではなく、
    ご専門があるということですよね?

    つまり、当初の目的だった「外国語が出来るようになりたい」以上の
    目的が出来たということでしょ?語学のみで7年ではないのでしょ?
    しかも、それを卒業間近まで続けてらっしゃる。
    それだけでも素敵ではありませんか〜。
    ご自分のして来られたことに誇りを持ってください。

    「仕事で使える語学力」に執着(←失礼!)されてるようにお見受けしますが、
    それって、社会に出てからでも遅くはないのではないでしょうか。

    現に私も、非英語圏で、現地語を使いながら仕事をしていますけど、
    自信を持って言いますよっ!(仮に同じ言語だとして)私の現地語能力は、
    トピ主さんのそれを、遥かに下回ると思います!!!

    でも、うちの職場では、私だけでなく、案外多くの外国人が、
    仕事で使う現地語は、仕事をしながら身につけて行っているようです。

    もちろん、職種にもよりますから、「だから大丈夫!」と断言はできませんが、
    トピでおっしゃってる程、悲観するものでもないと思います。

    ユーザーID:5196742009

  • 専攻は何でしょうか

    卒論を書いていらっしゃるということは、何らかの分野の学位を取ろうとされているわけですよね。専攻は何でしょうか? その分野で学んだ内容を当然ながら卒業後のお仕事に生かすキャリアプランはお持ちではないのでしょうか。

    2〜3年で切り上げる人が大半なのであれば、逆に7年の留学経験はよりその言語ができ、その国の社会や文化を深く知っているという意味で、就職上有利に働くはずではないのでしょうか。流暢に話せたり、聞き取ることが難しいとしても、読む力があれば、その国の言語圏の情報を収集するうえで有利なツールになるでしょう。それは英語しかできない多くの人と差別化できる仕事の武器になるし、ましてや英語もある程度できるとなれば、プラスアルファのスキルとして有効に生かすべく、戦略を考えればよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:6041441521

  • 大丈夫!

    卒業とか帰国が近くなると、結局なんにもモノにならなかった…と落ち込むのは、私も経験あります。
    でも、大丈夫! 専門+英語の人材は特別ではありませんが、専門+非英語の外国語+英語なら、強いですヨ。英語圏じゃないところに留学していた経験は、グローバルな視点でモノを考えられる人ほど好感度高く受け入れてくれます。

    もう十数年前ですが、欧州に留学していました。非英語圏です。
    帰国後、私生活の変化にあわせていつくかの職場を渡り歩き、現在も希望の仕事に就いています。その間、留学先が非英語圏だったことがマイナスに作用したことは一度もありません。むしろ、常にプラスになりました。

    自信、もって下さい! 応援してます。

    ユーザーID:1798188800

  • あなたはえらい!

    たくさん頑張ってて偉いです!

    卒論が書けるくらいの語学力は滞在しただけじゃ身に付かないですよね。留学して1から勉強して卒論を書くに至るまでの努力は誰にでもできることじゃないですよ。そこを素直に誇りを感じていいと思います。

    私には留学経験はないんですが、日本の大学で大好きな事を優先して勉強してしまって、就職氷河期といわれた時代の就職活動で「なんで、もっと就職に有利なことを勉強しなかったんだろう」ってものすごく後悔しました。

    でも、人生ってそういう経験の元に続いていくんです。私の場合は滑り込んだ会社が外資系で駐在員になってアメリカに来て夫に出会いこの国で子育てしてます。就職に有利な勉強をして就職を勝ち取ってたら、全く別の道を進んでましたね。そっちのほうが良かったのか今はワカリマセン。確実なのは今が幸せだと言うことです。

    この先一瞬でも幸せって思えたら、過去の辛いこと、後悔は全て無駄じゃなかったと思うんです。

    あなたの努力の上に続く人生にも「幸せ」って思う瞬間が絶対来ます。

    後悔して悩みすぎて体を壊さないように気をつけてくださいね。外は良い気候ですか?

    ユーザーID:3883025889

  • お疲れ様です。

    自分に余裕がないと、物事悲観的にとってしまいますよね。
    トピ主さんは今、自分に余裕がないんだと思います。お疲れなんですよ。きっと。
    貴方の留学期間の7年を、もう一度振り返ってみてください。
    今までに何度か分岐点に出くわしたことがあるでしょう。その時に選びながらたどり着いたところが、今の貴方の人生です。他の道を選ばなかったのはどうしてでしょう?それはその"他の道”が”選ばれた道”より魅力がなかったからじゃないですか?

    >もし私が英語圏に留学していたら、今頃仕事で使えるほどの英語力が身についていたと確信します。
    そうかもしれません、でもそうでないかもしれない。ない人生は語れないですよ。今、英語、日本語どちらも上手に操る人はどの分野でも驚くほどいます。そんな中で仕事を見つけるのは今以上に大変だったかも。。。?

    外国でその国の人たちと肩を並べて競争するのって疲れますよね。トピ主さんはそんな中、お疲れなんだと思います。
    少し肩の力を抜いて、あなたの人生振り返ってみてはいかがでしょうか?
    意外と悪くないな。って思われると思いますよ。

    卒論の合間に休憩もお忘れなく。

    ユーザーID:1593120994

  • いつか報われる

    自分に言い聞かせるようにこのレスを書いています。
    私も30過ぎて非英語圏(欧州)に留学開始、現在半年が過ぎました。
    自分では思った以上に言葉の上達が遅く、「もっと早くに留学していれば…」とか年齢のせいにもしてしまいます。

    でも、自分で思っている以上に周りは私のつたない言葉をほめてくれます。
    「独女よりも言葉ができないけど働いている外国人はたくさんいる」と。
    (トイレの入り口でチップもらうような仕事ではなく、ホワイトカラーとして、です。)

    どんな状況でも、誰が相手でも完璧に理解する、というのを目指して落ち込むよりは
    むしろ「ガイコクジンデース、言葉マダ完璧デハアリマセーン」という前提で、まずはお仕事探してみるのも手だと思います。
    私は最終的には日本に帰る予定ですが、
    自信になるならインターンも一度くらいやってみようかな、と思ってます。

    トピ主さんは私から見たら外国で卒論を出すまで極められた大先輩です。
    私もがんばります!!

    ユーザーID:1276322646

  • レスにはなりえないかもしれないけど

    ちょっとお疲れ気味のようですね。そう考えちゃうとき、誰にでもあると思います。ちょっとゆっくりなさってみては?

    一方私は、40歳。英語がしゃべれる人をとてもかっこいいな、と思って育った世代です。

    外国生活に憧れ(英語圏)、留学してみたいと思いつつ、できずにこの年齢になりました。

    それもこれも、たまたま、国内有数の大企業に入社できたから。
    私のレベルでこの会社に勤められるとは思ってなかったので、その後の人生を考えたら、それを辞める、っていうことができず、今まで会社生活を続けています。(その分、国内で真剣にひたすら英語を勉強し、TOEICは社内一になりましたが、会話はあまりできず)

    だから、心の底から、外国生活、ってのを達成なさったトピ主さんがうらやましいです。

    今は瞬間的に、トホホに感じていても、無駄な経験ってないです。もし、日本に帰国されたら、何かの瞬間に「あ、これって○国にいたときに知ったことだ、やったぁ」って感じることがぽろぽろと出てくると思います。
    その瞬間瞬間で、自分にとって、そのときにできる最良の選択をしてきたって信じましょうよ!お互い!

    ユーザーID:3240681360

  • 努力家なのですね。

    私も20代後半でオーストラリアに留学していアライドヘルスの資格を取ってこちらで働いています。
    私の場合は英語圏でも未だ流暢ではないことがつらく思います。
    もしかしたらこういう気持ちって終わりはないのかもしれません。
    仕事で使えるレベルのというなら曲がりなりにも英語を使って働いているから
    達成されているのかもしれませんが。

    もしかしたら主さんも英語圏に行っても上を見始めて切りのない悩みをもたれていたかもしれませんよ。私からすれば第三語がはなせるなんてとてもうらやましいです。というのも自分の分野は北欧、ドイツの会社が優れた製品を開発していてメーカーも本社がそういった国々にあります。私は日本語はまるで役に立たず、それでもまだ完璧ではない英語で現地の就職希望者とも争うことになるのでとても苦労した気がします。今も顧客とのやり取りで毎日必死です。

    きっといい道が開けますように祈っていますよ。努力家の主さんなら今からでも英語は何とかなるのでは?私はドイツ語もフランス語も北欧語も東欧語も南欧語も何冊もテキストを買い、みんな挫折しました。

    ユーザーID:8536958539

  • このまま頑張って!

    英語圏に留学し、帰国後は通訳翻訳の仕事に恵まれ、今はただの専業主婦として育児に追われている30代です。

    英語なんて日本にもできる人はごまんといますから、通訳していても「この人は私が間違ったらわかるだろうな」というような人ばかりで、正直やりにくかったです。

    その点トピ主さんの言語はまだ日本にはそれほど多くないですよね。少なくとも英語程はいないでしょう。
    きっと帰国してからが花ですよ!現地にいるんだから、自分の実力が低く見えるのは当たり前!

    将来を楽しみに。
    海外で独りで頑張った経験は、必ず力になります。経験者ですから断言できます。
    応援してますよ!

    ユーザーID:5796194296

  • 努力したことは必ず財産になる

    こんにちは。
    私は中学の時から英語に興味を持ち、一番得意科目だったので大学も英文科に進みました。
    でも私より学力がある人はたくさんいたし、それほど英語力もつかないままで、
    あげく外国に関係した憧れの会社の就職に失敗して故郷に帰って地元で就職したため、
    親にはさんざん責められて(都会のお金のかかる大学に入っても無意味だったと)かなり落ち込みました。
    その後も語学とは無縁の仕事に埋もれたまま、そこから飛び出す努力もせず
    結婚、出産〜田舎の主婦というコースになってしまいました。
    なのでトピ主さんがとてもうらやましいです。立派です。
    自分のいいかげんさが恥ずかしいです、
    トピ主さんは今壁にぶち当たった状態なんですね。
    でも。情けない私ですが、やっぱり大学生活で経験したこと全てにおいて
    何かの拍子に役に立つことがあり、決して無駄ではなかったと実感することが最近多いです。
    現在苦しいかも知れませんが、必ず抜け道はあり、ご自分の財産になっていくと思いますよ。
    私の住む町は今桜の真っ盛りです。あなたの人生もこんな風に花開きますよう祈っています。

    ユーザーID:4877775601

  • ステキだ

    英語以外の語学に堪能というか留学経験だけでも、たとえ長めの旅人気分だけでもステキなのですが。半端なく全うされれば帰国してもしなくてもいいことがあると思います。

    ユーザーID:1805229893

  • 是非頑張って下さい! 私の後悔は... 

    トピタイトルの「大後悔」を「大航海」に変換しましょう。
    人生の旅です。視界不良で難航しているといったところでしょうか。
    天気良好でも無風状態で思うままに進まなかったりで、人生色々ありますね。

    私は30年以上前に、非英語圏に語学留学(遊学)。
    その時代に父は私に「英語は誰でも何処でも勉強できる。折角留学するなら、他の語を。」と言ってました。その後、現地出身の夫と結婚して、日常の会話から習得しただけなので、
    論文を書けるレベルまで行ったという主さん、すごいと思います。

    大した資格もないですが、運良く現在の職に就きましたが、周りは欧州人ばっかり。
    それもこの国、多国語が公式用語なので、仏独バイリンガルはざらです。
    上司と同僚皆、母国語は現地語ではありませんが、
    滞在年数同じでも、会話と文書のレベルはもう敵いません。めげても仕様がないといった感じです。

    完璧になんていつなれるのでしょうか。この年では、もう脳が鈍ってきて、知ってる単語さえすぐ出てこない… 私の職場は観光業関係なので、英仏独語を日常会話位の趣味程度でも話せると重宝します。

    若い内にもっとちゃんと勉強するべきだったなあ。

    ユーザーID:2209438124

  • 私と同じ国でしょうか

    もしかして私と同じ国にいるのでしょうか。この国の言葉は難しいと思います。40歳目前に夫の仕事でこちらに滞在しています。20代後半にも同様な状況で一年の滞在経験がありますが、当時、英語圏だったらよかったのにと何度も思いました〜。

    そして現在、現地校に通う子どもにこちらの言葉を教える際、苦労しています。子どもも大変そうで、英語だったら、文法が楽ですし、将来も使えるのにと心から思います。

    しかし、自分で再び勉強を始め、子どもの宿題につきあううちに、難しいし、使いこなせないけれど、私はその言語がもつ複雑さが好きになってきました。

    私は初心者のレベルを脱することはないでしょうが、より勉強を深めるにつき、素晴らしい発見、経験ができるのではないかと想像します。後ろ向きに感じる時こそ、1つの段階を打破する前ではと思います。近いうちに明るい光が見えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:5114036773

  • おつかれさまです

    お勉強お疲れさまです。
    大後悔だなんておっしゃらないでください。うらやましいですよ、ホント。
    私は在米20+年なので 英語には困りません。 でも今となっては スペイン語を話せるようにしておけば良かったなと思います。(今は頭がかちんこちんで何も覚えられないですよ)
    英語は ほとんどの人が読み書きできるし、留学してなくても会話できる方などいらっしゃいますよね。でもトピ主さんは英語圏外の言葉が出来る、まして英語もすでに。。。。
    うらやましいです。 どうか後悔だなんておっしゃらず 今後もそのがんばりと 手に入れた語学で自分の納得できる人生を楽しんでくださいね。

    ユーザーID:6381294293

  • 一時の落ち込みは普通です

    察するにイタリアにご滞在でしょうか。
    私も20年以上滞在していますが、いまだにリフレッシュのために、時々、語学学校に通います。
    それくらいこの国の言語は文法が難しいのですよね。
    正確に話す、きちんと文章が書けるようなるまでの道のりの長いこと…
    (ちょっとしゃべるくらいのレベルなら難しくないのですが)

    だから、ちょっとくらいの落ち込みはあたりまえです。
    周りを見て(それだけできない人が多い…)、自信を持ってください。
    この国に来て、絶対に良かったと思う時が来ます。
    毎日の努力は、必ず将来につながります。
    がんばってくださいね。

    ユーザーID:2212257847

  • トピ主です。

    レスをありがとうございました。何度も読み返しています。

    もっと詳しくお話したいのですが、、、もう鬱病だと思います。気力が出ません。

    最近では、英語の後悔よりも、「なぜあのキリのいい時、帰国しなかったのだろう」という思いの方が強いです。といっても、その時帰国しても、どうなっていたかは知りませんが。。。

    八方ふさがりとはこの事です。これも年のせい(苦笑)?
    周りが若者だから、それも辛いです。

    ユーザーID:5120680400

  • トピ主です。2

    もしよろしかったら、引き続きレスをいただけると嬉しいです。

    医者かカウンセラーにいったほうがいいのではと思いつつ、日本人のカウンセラーなんて(たぶん)いないので、できません。あと日本人の友達をつくったほうがいいのかも・・・。今一人もいません。キャンパスでも日本人を見た事ないです(アジア人は中国人。経済学部にいるのでしょう)。滞在しているのは大都会ですから、日本人そのものはいるのですが・・・。

    この小町のレスだけが、今の生活の明るい材料です。何度もみなさんのレスを読み返しています。よろしくお願いします。暗くてすみません。

    ユーザーID:5120680400

  • お疲れさま

    私は留学中(英語圏です)カウンセリングに行きました。

    結構同じように思う人は多いと思います。他の人より長い学生生活を終えて帰国してから1年、最近やっと無駄ではなかったと思えるようになりました。

    ユーザーID:1902464375

  • 人生こんな時期も有るさ

    ここでいっぱい弱音を吐いて下さい。
    今まで沢山努力なさったのだから、精神的に参ってる膿を少し出しちゃいましょう!

    7年間全て自費で生活、しかも非英語圏の卒論執筆レベルまで到達されたなんて素晴らしいです。
    ずっと気を張ってきて、お疲れなんだと思います。

    私は20代後半に英語圏で2年程学生しましたが、そうですね、周りが若いですよね。
    あまり将来に不安の無い若者が周りにいると、確かに辛いです。

    どなたかもおっしゃってましたが、人生に無駄な経験など無いと思います。
    5年後、10年後、
    あの頃はね〜と笑って話している、とまとパスタさんになっていると思います。

    もう1つ、
    私自身(現在40歳)に感じている事ですが、ホルモンバランスが崩れ始めているようで…
    生理前に精神的に参ってしまったり、マイナスな事ばかり考えたりします。
    ここ2,3年に始まった事です。
    仕事に悪影響なので、こんなときは漢方の鎮静剤に頼ります。
    不思議と気持ちが少し晴れるんですよね。

    とまとパスタさんんも、カウンセラーの前に処方箋の要らない薬を試してみるのも良いかもしれません。

    ユーザーID:5588277453

  • 後ろばかり見ないで前を見る。

    じゃないと転びます。頭打ちますよ。人生も同じ。前を見る。
    八方ふさがりなら壁を打ち砕いて道を作り出す。それしかないでしょう?道は必ずあります。見えていないだけ。
    そこで立ち止まって泣いていたら、いつになっても外に出られないよ。

    すごく長い距離、歩いたり、走ったりしたことあるかな?それと同じ。止まってたらゴールに着けないでしょ。自分の足で前に進まなくちゃ。どんなに辛くても、苦しくても、少しずつでも前進を続ければ、必ずゴールに着くでしょう?でも怪我をしたら、怪我が治るまで休まないとだめ。どんなに時間がかかっても。そうしないと元も子もなく全てぼろぼろになるから。

    貴方も心が疲れてしまったら、休まなくちゃ。休学してもいいと思う。そうしたら本当は何がしたいか見えてくるかも。
    今苦しみながらしていることは、長い人生の中のほんの一時にしか過ぎないから、もう少し肩の力、抜いていいと思います。

    大都会にお住まいなら、日本人会があるはず。大使館に問い合わせてみたらどうでしょう?

    人生、意外と自分次第である程度、どうにでもなったりするものだと思いますよ。道がわかれば尚更。。。

    ユーザーID:1593120994

  • まだまだこれからですよ!

    卒業後はそちらの国で就職希望ですか?

    卒業後に英語圏に短期でも滞在しに行かれると良いと思います、

    そうするとその非英語圏の国の良さも外から実感する事が出来るかもしれませんよ!

    ユーザーID:2109177927

  • これからは、気の持ちよう

    卒論を書くレベルにまで到達するなんて、すごいじゃないですか!
    英語話せる人なんて大勢いますが、その言語でそれだけのレベルに達するのは
    今までとても苦労されたと思います。これから先その努力が報われることは間違いありません。
    そのすごさがトピ主さんにはまだわかってませんね・・・。

    わたしは逆で、英語が流暢であったものの
    もういくら勉強しても英語の能力はこれ以上あがらない、と感じたことと
    世の中英語だけじゃ渡っていけないな、と思うことがあって
    他の国に留学しました。おかげさまでその国の言語も大学卒業レベルにはなりましたが
    いまだに「英語ってラクでいいなぁ。」と思うことがあります。たぶんこれは一生続くと思います。

    後悔なんてしなくていいですよ。この労力を英語に使っとけば、という気持ちはわかりますが、
    日本は英語を勉強できる環境には恵まれていると思いますからやる気と方法さえ間違えなければ、働きながらでも
    今のその言語と同レベルの英語力をつけることは可能ですし、実際そうしている人もたくさんいます。
    逆に、その言語の希少価値というのも、わかると思います。

    ユーザーID:3283721390

  • 今後の進路にお悩みですか?

    30代はじめに米国へ留学(7年間)、学位取得後こちらで就職して永住しています。

    7年留学していたとなると、トピ主さんは37〜39歳くらいの方でしょうか?私も経験しましたが、学位を取れる目安が付くとその後の身の振り方に悩みますよね。アラフォー女性では分野に関わらず、日本での就職は論外ということが分かっていたこともあり、就職先を見つけるまで私自身もかなり落ち込みました。おそらく、トピ主さんの現在の気持ちも同じかなと思ってレスしています。

    私の場合は理系の専攻で、学位と仕事が直結していたので案じていたより簡単に職が見つかりましたが、同じ英語圏でもそう幸運な人ばかりではないことも御存知ですよね。もう過ぎ去ってしまった、そして御自分で選んできた過去を気にしていても仕方ありません。“今後”の身の振り方を考えましょう。

    不思議なもので自活の目途が付くと自然に気持ちも落ち着きます。トピ主さんに幸いあれ。

    ユーザーID:7258736738

  • 大丈夫だから!

    私もドイツの大学を7年かけて卒業しました。修士論文書いた直後にストレスで倒れて1カ月心療内科に入院しましたよ!

    卒業までこぎつける大変さ、わかります。今論文執筆中だからこそ、考えてしまうのもわかります。でも、今は論文に集中した方がいいですよ。後のことは終わってから考えればいいんです。論文は甘いものじゃないですから。

    どうしてもダメなら、半年休んじゃえばいいんです。こちらの大学って病気には甘いですよね。心療内科で診断書もらえばOKです。

    仕事につながらないなんて、仕事を探してから言っているのですか?
    日系企業の事務ぐらいありますって。
    専門にこだわりすぎてはいけませんよ。結構これで失敗する人いますから。

    また留学する時の鉄則:他人の留学と自分の留学を比べてはいけません!

    他の人が2−3年で帰った?多分その留学は「遊学」以上に評価されてませんよ。2年てまんま語学留学以外の何物でもないじゃないですか。語学留学は日本で評価されませんよ。

    そして貴方には30歳までの社会経験があるじゃないですか。これは仕事探す時強いですよ!大丈夫!とにかく論文に集中して!

    ユーザーID:8379316777

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧