色覚異常を彼に伝えるべきか

レス52
お気に入り63

ラパン

健康

トピを開いてくださり、ありがとうございます。

アラサーのラパンと申します。
付き合って1年半の欧州某国出身の彼がいます。

タイトルの通りのご相談です。
私は色覚異常者です。
男性に比べ女性は少ないそうですが、母方の遺伝でそうなりました。
祖父と従兄弟の一人も色覚異常者です。

この事を彼に伝えるべきでしょうか?
彼とは結婚も考えています。
最近の日本では色覚異常に対して偏見等はもうないですが
欧州では実際どうなのでしょう?
また、欧州だろうがなかろうが関係なく人としてきちんと伝えるべきなのか…。
伝えてお付き合いがなくなることはないと思うのですが何となく不安です。
母は保因者だということを父に伝えたのか、疑問に思いますが聞けません。
(お母さんのせいでラパンがそうなってごめんね、と泣きながら今まで何度も言われたので聞き辛いです)
ただ、一度結婚しようと思った時、母に
「お相手の方にはちゃんと目の事は言わなきゃね」
と言われました。

色覚異常をお持ちの方、男性でも女性でも結構です。
お付き合いされているお相手、婚約者にご自身がそうである事を伝えましたか?
また、健常の方、ご自分のお相手がもし色覚異常者だとしたらきちんと言ってほしいですか?

ご意見、お願いします。

ユーザーID:7058392266

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 伝えるべき

    国は関係なく、人としてきちんと伝えるべきです。

    色覚異常ではありませんが、私にも遺伝的な問題があります。
    それも、出れば見ただけで障害とわかり、かつ心無いいじめにあうようなものです。
    親戚はそれを伝えず結婚しましたが、すぐにお嫁さんから離婚されました。
    障害がどうというのではなく、そのことを黙っていた、騙されたという気持ちで愛情が冷めたそうです。
    障害があると結婚しない程度の愛しかないと思われたことも、傷ついたと言っていました。

    私も別のトラブルがある人と結婚するなら、同じようなことになると思います。
    好きな人に敬遠されるのが怖い気持ちはわかりますが、言わなければいずれもっと悲惨なことになるかもしれませんよ。

    ユーザーID:1868364122

  • それは・・・

    言わなきゃだめでしょ。
    欧州とか関係なしに。
    特に子供を望む場合は別れる大きな要因になります。

    ラパンさんの不安は理解できますよ。
    私も遺伝する確率のある疾患があるので。
    でも、見た目に分からないからこそきちんと言っておかないと
    あとあとラパンさんがもっと傷つく結果になるかも知れません。

    ユーザーID:8277549489

  • 結婚18年目の夫が

    色覚異常の上、片目はほとんど見えていない事を
    結婚10年目ぐらいの時に告白されました
    正直、結婚詐欺だと夫に言った記憶があります
    色覚だからではなく、どんな異常であったとしても
    「一生共に生きて行く」と決めた相手にまで隠して
    結婚をしたと言う、その心に腹が立ちました

    隠していた事と隠して一緒になった事、2重の裏切り
    だと思いません?
    私がそれを聞かされても結婚の道を
    選んだかと言う事は別として
    夫には言ってもらいたかったな〜
    それが「共に生きて行きたい」と選んだ相手への
    礼儀ではないのかな〜

    夫の隠したかった気持ちは重々わかっているつもりです
    でも結果的にその事自体は今でも許せていない
    自分がいますよ

    だからあなたにはそう言う気持ちを彼に背負わして欲しく
    ないしあなた自身も背負って欲しくないと切に思います

    ユーザーID:4669668536

  • 言いませんでした

    保因者です。
    が、結婚する時に夫に言いませんでした。
    家族に色覚異常のものがいるし、自分が保因者であるかもしれないと知っていました。
    でも、家族が色覚異常でも、進路や生活上の困難はほとんど感じることがありませんでしたので、結婚する時に思い出しませんでした。
    息子は色覚異常だと分かった時に夫(外国人)に言いましたが、特にどうとも言いませんでした。
    いまのところ、息子は色覚異常が問題になるような職業を希望していませんので、特に実際的な問題も生じていません。

    ただ、一つトピ主さまの文を見て思ったのですが、
    色覚異常は伴性遺伝(X遺伝子とともの伝わる)ですので、女性で色覚異常ということなら、トピ主様の場合、両親ともに色覚異常の遺伝子を持っていたのではないですか?

    ユーザーID:0544439360

  • 夫が色覚異常者です

    夫の弟も同じです。ちなみに外国人です。結婚生活は20年弱です。

    彼がそうだと分ったのは、知らされるよりも前に、普通の会話の中で気付きました。でも結婚は彼以外とは考えられなかったので、躊躇はありませんでした。今北米在住ですが、生活・仕事何も支障はありません。

    ただ子供への遺伝はよく調べました。それと私の父母へは特に知らせることはしませんでした。私の一存です。

    娘(十代半ば)が保因者ですので、つい最近遺伝の仕組みを話しましたが、元々父親の色覚異常を普通に受け入れているので、淡々と聞いていました。将来の相手を決める時、2人でオープンに話しあって欲しいと思います。娘が『打ち明ける』という事ではなく、子供を持つ可能性を含めて、最終的には自分で決めて欲しいというのが母親としての正直な気持ちです。

    余談ですが、お母様が保因者でしたら、お父様が色覚異常でない限り、トピ主さんが色覚異常になる事はないと思うのですが、私の考え違いでしょうか。いずれにせよ、引け目に感じることはないと思います。糖尿になりやすい体質の家や癌になりやすい体質の家、遺伝は色々ですよ。私は知らせることが相手への思いやりだと感じます。

    ユーザーID:8149770233

  • 伝えておくべきでしょう

    皆さん、同じレスが返ってくると思いますが…

    ご自身一人の問題ではなく、確実にお子様に影響の出る問題ですよね。
    単なるお付合いだけで結婚の予定がないなら伝える必要はないでしょうが、結婚を視野に入れているならば、当然伝えるべきだと思います。
    黙ったままでいれば、最悪、お相手に「騙された。詐欺だ」と罵られることになるでしょうし。

    私は健常ですが、結婚前にきちんと互いに遺伝疾患がないかどうかは確認しましたよ。

    ユーザーID:2478988030

  • 伝えるべき

    結婚するということは、多くの場合、子供を産み育てることに繋がります。
    医学的にお子さんに遺伝する確率が明らかで、お母様がご自分を責めていらっしゃるのもご存知で、何よりその障害のためにご苦労なさっていらっしゃった当人のトピ主さんが、ご主人に子供を諦めてもらうなり、子供にトピ主さんと同じ苦労を背負わせるなり、といった結果を生むことに全く抵抗がないのでしょうか?
    きちんと打ち明けて、それでもトピ主さんとの将来を望んでくれることを確認してから結婚すべきだと思います。
    それに、日本国内の法律になりますが、万が一結婚してから真実が発覚し、ご主人がそれを受け入れられなかった場合、「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚申立が可能となり、慰謝料を請求される恐れがあります。
    実際、私のご近所でそういう騒動がありました。
    そうなれば、余計にご両親にご心配をお掛けすると思います。
    トピ主さんお一人で生きている訳ではない事をご自覚下さい。

    ユーザーID:7030551851

  • 結婚して子供を産むつもりなら伝えるべき

    私自身は色覚異常はないので、実害はわかりません。
    でも、もし相手に黙っていられたら・・・そして我が子に遺伝したら、騙されたと思ってしまいます。

    日常生活に問題はないそうですが、一部の職業にはつけません。
    子供の将来にかかわることです。
    結婚して子供を産むつもりなら、必ず伝えるべきだと思います。

    ユーザーID:4396852590

  • 「色覚異常者」という表現自体に抵抗あり

    45年前、公立の工業高校を受験できませんでした。当時は色弱でも欠格条項の対象となり、願書を受理してもらえませんでした。
    私立の工業高校から重電メーカーへ就職し、数年後退職し工業大学に進学しましたが、その頃は色弱でも受験可能でした。入学以来、仕事にも私生活にも何ら支障はありません。ちなみに海技免許も有しています。

    すなわち、非常に特殊な業務に携わらない限り色覚が問題になることはないはずです。にもかかわらず、いまだ「色盲」などと発言する人がいることも事実です。偏見はなくなりません。
    参考までに、Word 2007で「しきもう」と入力しても「色盲」とは一発変換できませんでした。

    一般的に母系遺伝と聞き及んでいますが、母の兄はいわゆる「甲種合格」組で、私の兄は文系であり問題なし。医療系の妻には言いました。我が息子は公立畜産系に進学し、特に問題なしです。
    参考になったか否かはわかりませんが、赤緑色弱である、私の体験でした。

    ユーザーID:9868449887

  • 言うべきでしょう

    当然言うべきでしょう。
    ラパンさんが女性で色覚異常の表現系があるなら、男の子を産めば100%色覚異常になります。医学部での門前払いはなくなったものの、依然として職業の制限を受ける場合はあります。

    ちなみに、女性であるあなたが色覚異常だという事は、お父様も色覚異常です。

    ユーザーID:6555656754

  • おおげさすぎる反応も差別のうち

    2回目です。
    みなさんの書き込みを見て、「なんとおおげさな」と思ったのは私だけでしょうか。

    トピ主さまのお母さまもおおげさでは?
    そんなに色覚異常であることによって、何かそんなに実害があったのですか。

    実際、色覚異常って、ただの色覚の感じ方の個体差にすぎないのを、
    歴史的に「障害」として取り扱ってきてしまっただけなのではないでしょうか。
    そうした差別をなくそうとしてきた人たちの活動により、
    大学進学でもほとんどすべての学部を受けられますし、
    パイロット、電車運転手等のごく一部の仕事に就く以外はほとんど問題がありません。

    小学校での検査もなくなりました。

    特に上記の職業につこうと考えなければ、一生、知らずにいても全く問題がない方がほとんどなのです。

    これからは「障害」ではなく、「ただの個体差」ととらえる考え方に向かっていくことでしょう。

    特に「寒天ゼリー」さんの書き込みは偏見そのものです。
    色覚異常の遺伝子を持ったひとは、子供をもってはいけないといわんばかりです。こういう差別的な発言がまだたくさんあるのかと思うと本当に悲しくなります。

    ユーザーID:0544439360

  • びっくりなんですけど・・・

    35歳の二児の母です。
    長男と長女がいます。

    私も色覚異常です。高校の色覚検査でわかりました。
    「色覚異常?何それ?」程度にしか感じませんでしたが、
    帰宅後母に聞くと、「お母さんもそうなのよ〜、遺伝ね!」
    の一言でした。
    そう言えば思いあたることもあり、(黒のヘアゴムだと思って買い、よく見たら緑だったとか)納得しましたが、生活する上でほとんど支障がなく、特に気にすることもなく過ごしています。
    夫も友人もこのことを知っていますが、特に「告白した」というほどのことではなく、話の流れで言った感じです。
    誰に言ったかも思いだせないくらい、軽い感じで話しています。
    例えて言うなら「私の視力0.5しかないんだ〜」くらいの感じでしょうか?

    こんなに重大なことを抱えて私は生きてきたのでしょうか・・・?
    息子も色覚異常ということになりますが、正直、不憫ともなんとも思いません。
    将来、息子に「泣いて告白」しなければいけないほど、重大なことなのでしょうか・・・。

    皆さんの色覚異常に対する感じ方にびっくりしています・・・。

    ユーザーID:0234422231

  • そもそも離婚だとか、騙すだとかそれほどの大問題なのでしょうか

    3回目です。

    前のレスにも書きましたが、私は結婚前に夫に保因者であることを話していません。
    それは、「騙そう」と思ったからでもなく、「自分に不利だから黙っていよう」と思ったからでもありません。
    家族や親戚に色覚異常のものがいて、その生活を見ていても、
    全く何の問題もなく生活をしていており、
    結婚の時に言わなければならない重要問題と思ったこともなかったので、
    全くそれを伝えておかなければならないという発想自体がなかったからです。

    つまり、多くの色覚異常の人たちは、本人も不便をそれほど感じていないし、進路の上でも特殊ないくつかの仕事を希望しないかぎりは問題がないし、誰にも迷惑をかけてもいないのです。

    それを「障害」としてとらえてきた考え方自体が間違いであり、偏見であるのだと思います。

    私が知る限りでは、色覚異常の一番の実害は、ここにレスを書かれた方々の大部分のような「結婚や出産等に関わる大問題」だとする人々の偏見であり、それ以外にたいした実害がないのです。一人一人が大げさに色覚異常を「障害」だと考えなければ、色覚異常であることの不幸はなくなるのです。

    ユーザーID:0544439360

  • 過剰反応しすぎじゃないですか?

    > 色覚異常の遺伝子を持ったひとは、子供をもってはいけないといわんばかり

    と言う人。
    現時点で9割方の人が打ち明けるべきとは言っていますが
    誰も断てとは言ってません。
    障がいが一定の割合で遺伝すると分かっているのに
    故意に隠して結婚に持ち込もうとすることに苦言を呈しているのですよ。
    秘密が露呈し夫婦関係を継続する上で乗り越えることが出来ない不信感を抱いた
    知らないうちに子供まで設けていた
    となったら
    離婚を考えてもおかしくない。
    そしてその要求は通るものである。
    という事実を述べているだけじゃないですか。
    「都合の悪いことは隠し文句を言われたら差別だと反論する」
    それって障がいの有無という問題ではなく人としてずるいと思わないのか疑問。

    ユーザーID:4634528605

  • そうなんですか・・・

    私の夫も色覚異常です。
    結婚前に知っていましたが、近視で左利きの私と同じようなもんだと思って、気にしませんでした。
    夫は社会的にもきちんとした職業についていますし、健康体です。
    ちなみに息子が2人、娘が1人います。
    彼らは色覚検査をたまたま受けることができ、
    異常なしでしたが保因者になるんですね。
    それと息子の1人と娘は、血液型がRhマイナスです。
    私も夫もRhプラスですが、子どもたちも因子は持っているということですね。
    Rhマイナスの女性の出産はハイリスク出産だそうですが、これも伝えるべきでしょうか?

    ちなみに結婚して20年経ちますが、
    夫が色覚異常で何か問題が生じたということはありません。
    たまに「あ、そういえば」と思う程度です。
    ですので、私自身はたくさんある個性のうちの1つ、という認識なのですが、
    結婚が破綻するほど大事な受け止め方をなさる方もいるのはなんとなくわかります。
    実際印刷会社など色を見分ける仕事は無理でしょうし、
    医師や薬剤師にもなれないと聞きますから。

    でも、十分に幸せで充実した人生を送ることはできますよ。
    自信を持って欲しいです。

    ユーザーID:9074208958

  • 私は言われた側です。

     主人が色弱(青緑系)です。
     付き合っていた時に言われましたが、特に何も思いませんでしたよ。当時私は医療機関の眼科検査の仕事をしていて、むかーし小学校でやった色覚検査の本なんかを閉院後に主人にしてあげた事があったのですが、
    ばっちり色弱でした。

     その後結婚しましたが、子供の事とか考えた事はありません。といっても子供はいませんけど。

     私は研修などで今は色覚異常に関してそんなに厳しい条件はなく、免許も取れるし取れないのはパイロット(だったかな?)位だったので、職業も関係ないので自分自身は全然気にしませんでした。

     でも主人は結構気にしていたのかな?
    今でもよく「俺の見えている色はみんなと同じようにみえているのかな?」って言いますから。
     そんな時は「色の名前は記号と一緒。自分でこれは○色だって思ったものが○色なんだよ」って言ってます。

    ユーザーID:3363736032

  • 本当?

    ご質問の内容から外れてしまいますが、

    > 男性に比べ女性は少ないそうですが、母方の遺伝でそうなりました。

    後段はちょっと違うのではないでしょうか。
    色覚異常の遺伝はX染色体の上にのった劣性遺伝なので、
    女性の場合は父方・母方の両方から遺伝しないと発現しません
    (と生物の時間に習いましたが違う事例もあるのかな)。

    男性に比べて女性が少ないのは、父母両方から因子を貰わないと
    色覚異常にならないからです。

    私も色弱ですがそれが当たり前すぎて特に誰かに言うという事もありません。
    子供の頃は黒板に赤いチョークで字を書かれると何が書いてあるのか
    分からず苦労しましたが、今はそういう場面もほとんどなくなりました。

    ユーザーID:5528875045

  • 伝えておくべきでしょう

    大げさ、差別、と仰る方がいらっしゃいますが、その意見には概ね賛成なのですが、それでも結婚相手には伝えておくべきでしょう。

    日常生活に問題ない場合が多いとはいえ、子供に遺伝した場合、就ける職業に制限が出たりする以上、事前に伝えて相手の意思を確認するのが誠意ある行動だと思います。

    反応は人それぞれ、気にしない人もいれば気にする人もいるでしょう。
    それは相手の判断にまかせるしかありません。

    余談ですが、最近では色覚異常という呼び方が差別につながるとして色覚特性という呼ばれ方もされ始めているようですよ。

    ユーザーID:7515409234

  • 「隠す」という表現が適切に感じてしまうなら、言うべき。

    私は告白された側です。
    判別出来るべき色が判別できずに苦しんだ過去も聞きました。
    親族には青信号が「見えない」方もいらっしゃるそうです。
    色覚障害を苦にしてない方のお怒りの投稿もありますけれど、
    悩む悩まないは、障害の深刻さやその人の受け取り方の違い等による
    でしょうから、その辺りの議論はあまり意味がないと思います。
    (見えるものが見えないのだから障害は障害だと私は思っているのですが)

    私は早々に言ってもらって良かったと思っています。
    色を判別できない事で不利益を被る事を、私が予測したり想像したりして
    助ける事が出来ますからね。
    持病や健康不安なんて大抵の人が持っているでしょう?
    それと同じだと思っています。
    「片頭痛持ちで…」とか「実は血圧が高くて…」なんてよくある話。
    言う必要が無いから言わない!と思えるのなら言わなくても良いでしょうが、
    きちんと言うべき?と悩むのなら言ってしまった方が良いでしょう。
    小さなしこりでも一生その存在を感じ続けるのは不快だと思いますよ。

    ユーザーID:9890512650

  • トピ主です1

    皆様、レスありがとうございます。

    人によって感じ方、捉え方も様々ですね。
    今回のレスを拝見したところ、伝えるべきとのご意見が多かったので
    彼に会う時にきちんと伝えようと思います。
    それで別れようと言われたら、仕方ないですけど素直に別れるつもりです。
    そうは言ってほしくないですが…。
    次に会うのは再来週なのでそれまでモヤモヤと緊張感でいっぱいの毎日になりそうです。。。

    ところで、皆様のご指摘?を読んで驚いています。
    父の事です。
    小さい頃から母方の遺伝と言われてきました。
    二十歳の時、就職の為に健康診断を受けましたが
    その時、もう自分は色覚異常だと勿論知っていましたので
    検査時に自ら色覚異常者と伝えなぜかわざわざ眼科に出向き
    石原式の数字を読むタイプのものともう1つ検査をしました。
    (色のついたコマを色順に並べるみたいな、いまいち判別つかず)
    その際、眼科のお医者さん?看護師さん?担当の方に
    「母方の遺伝なんです、祖父と従兄弟が…」と言った記憶があります。
    それに対して特に何も…「お父さんもでしょ?」等は言われませんでした。

    続きます。

    ユーザーID:7680018649

  • いずれわかることなら

    早めに言われたほうがいいのではないでしょうか。
    しかし、知り合い(男)が色弱ですが、結婚もしていますし、そんなに深刻ではないですよ。

    ところで、小町では女性の色覚異常の方をよくみかけますが、あなたと同じように親の片側だけが原因であるかのような書き方をしている人が多いようです。
    もともと女性の色覚異常は稀ですので、背景をしっかり書いて頂かないと本当の話であるのか疑ってしまいます。
    どなたか書かれていましたが、色覚異常の遺伝で一番可能性の高いものは伴性遺伝するタイプで、その場合、女性が色覚異常になるためにはお父さんがほぼ100%色覚異常でなければなりません。
    そうすると、お母さんだけが泣いて謝る必要はありません。
    母方からだけの遺伝であるのなら、一般的な色覚異常でなく優性遺伝なので、お母さんが色覚異常であるはずです。

    多くのかたから真剣に意見をいただくためにも、正確に書いていただいたほうがよいと思います。

    ユーザーID:1031908969

  • トピ主です 2

    きょん様まで読ませていただきました。

    検査の結果ですが、会社に提出してしまってしっかり覚えていませんが
    色弱、カッコ書きでなにか書いてありました。

    話が飛躍しますが、まさか私は父の子ではない!?
    なんて一瞬考えましたが、それはないと思います。
    私と父は外見も中身もとても似ているんです。
    なので、父が母に自分も色覚異常者だと言っていなかった?
    母は知っているけど私に言わないだけ?
    どちらにしてもそれを追求した所でどうにもなりませんから、父の事は気にしていません。
    ただ、ビックリ、驚きでした。
    父も同じ様な見え方をしているのかな、と。

    今回、「色覚異常」という表現に対して、不快な思いをされた方にお詫びを申し上げます。
    どの様に表現してよいものか考えたのですが的確な言葉が見つからず
    この表現で書かせていただきました。
    Wikipediaでは現在の表現として「色覚異常」「色覚障害」また、「少数派色覚」ともありました。


    長くなり、申し訳ありません。
    皆様の貴重なご意見、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7680018649

  • そんなに大事なの!?

    私は父親が色覚異常を持っています。本人が茶色だと言っている鞄を見たら深緑色だったりします。
    でも、それだけです。
    別に周りの家族が教えてあげればいいだけだと思っています。
    就けない職業があるとよく言いますが、最近は減りつつあるとか。

    深く調べたことはありませんが、私も保因者の可能性があったはず。
    でも、上記のように呑気に構えていたから、すっかり忘れていて、夫には結婚してから伝えました。
    夫は別に気にしないようでした。

    ユーザーID:5661653481

  • 伝える

    >色覚異常を彼に伝えるべきか
    伝えた方がいいのでは。
    トピ主さんは「色覚異常」は問題になる(可能性)、と考えているわけでしょう。
    隠していても結婚相手にはそのうちばれるでしょう、特に(異常が大きい、社会的に重要等)問題が大きい場合は。今伝えても、後伝えても同じですよね?後の方が他への影響は大きいのでは
    で、問題が小さい場合(わからないレベル)も今伝えても、後伝えても同じですよね。

    トピ主さん、自分で重要事項だとおもっていてそれをずっと隠せますか?
    重要でないなら、伝えればいいし。

    ユーザーID:1101606256

  • たまたま人間関係に恵まれて来たのだと思う

    ご本人で、そこまで気にすることなのか?とおっしゃっている方々がいますが、
    それはたまたまその方々の周囲が、
    理解ある人たちだっただけということは充分有り得ると思います。

    何も問題ないとおっしゃるのなら、
    それこそ結婚の具体的な話が出る前に、
    普通に言っておくべきです。

    こちらでの投稿を見ても分かるように、
    いろいろな考え方の人がいます。
    辛い思いをするのはご本人だけではありません。
    お子さんにそういう思いをさせることもゼロではない。
    子供を不憫とも思いません、というご意見には少々驚きました。

    ユーザーID:2043794144

  • 万葉さん、

    色覚異常者や色覚異常者の家族は、それが「異常」と名づけられていたとしても、
    それを「異常」とするほどの実態がないことを知っています。

    だから、故意に隠す人もいるでしょうが、故意ではなく、
    かえって色覚異常が「都合が悪いこと」だと思わないから、
    報告するほどのことではないと思っているのです。

    だから、話さない場合があっても、「故意に隠した」「騙した」と責めないでほしいと思うのです。
    また、「保因者」の場合、検査をしないかぎりは、実際に子供を持ってみないと保因者であるかどうかわかりませんし、あなただって、保因者かもしれませんよ。

    また、医者や薬剤師になれないと書いてあった方がいらっしゃいましたが、
    どちらにも現在はなれるはずです。

    ユーザーID:0544439360

  • KONさんへ(すみません横です)

    Rhマイナスのことは、娘さんが将来妊娠したとき(特に二人め)、新生児が危なくなりますから、当然知らせるべきです(怒)。娘さんのために、ご自分でよく調べてください!!現在は対処法もほぼ確立していますので、Rhマイナスであることを知ってさえいれば危険を回避できる可能性が高くなります。

    ユーザーID:2400408495

  • 色覚異常ですが医者をしています

    私は赤緑の色覚異常です。
    小さい頃から赤と緑の色の区別つきにくかったですが検査もせずに大人になったため、自分も忘れていたことです。

    運転免許を持っています。信号は意外に平気です。毎日運転していますが、今年20年目でゴールドですよ。

    医学部の入試の際に色覚異常について複数の大学に問い合わせたことがありますが、問題ないとのことでしたし、実際にそれを調べる検査もなく、今は外科医として働いています。
    色覚の異常が手術や人の命に関わる障害にはなっていません。

    そういえば母方の祖父(外科医)が色覚異常だったとか聞いたことがあったような記憶があるので、遺伝としては母方からだと思います。

    結婚した相手も医療従事者でしたので、遺伝について勿論、日々命に関わる現場にいるので色覚異常が大した問題ではないと受け取ったのだと思います。

    当事者は人が思うよりが大きな問題になりますが、カラーコーディネータを目指すのなら別ですが普通の生活には何ら支障はなく、学校で馬鹿にされた経験もありません。

    結婚相手には言うべきでしょう。それで破談になるようでは先が思いやられます。

    ユーザーID:8554801551

  • どうも誤解が多いですね

    色覚異常は、日本人男性の20人に1人という非常な高確率で存在しています。
    けっして稀ではありません。
    また、遺伝に関しての誤解をされているかたが多いですね。
    まさかお医者様までとは。

    トピ主様の誤解については、既に指摘されていますので省略。
    大丈夫様が男性か女性かはわかりませんが、
    お医者様が「遺伝としては母方からだと思います」と書かれては困ります。
    男性なら、当然母方です。「思う」も何もありません。X染色体上にあるからです。
    女性なら、父母両方からです。

    また、KON様が「息子は保因者」と書いておられましたが、
    発現しなければ男性は保因者にはなりません。
    ご安心を。

    ちなみにトピ主様、色覚異常は、欧米では日本より多く、
    12人に1人の割合になります。
    欧米のほうが日本よりは偏見はないようです。

    ユーザーID:0130314995

  • 調べてもらうことは可能ですか?

    便乗質問になります。
    私には他の持病がありますが、夫や夫の両親にはきちんと説明した上で結婚し、仕事もしています。
    症状も安定しているし、もう自分が健康だった頃の感覚が薄れ、筋肉痛のような痛みが毎日ありますが、それが当たり前になってしまっていますので、bebeさんの言わんとすることはわかります(だからって人に言わないと言うことは信じられませんが)。
    現時点で遺伝するとは言われていないし、薬でコントロールしながら子供もと思っていました。
    でも、「「保因者」の場合、検査をしないかぎりは、実際に子供を持ってみないと保因者であるかどうかわかりませんし、あなただって、保因者かもしれませんよ」という一文を読んで怖くなりました。
    3親等以内にいないことは間違いないと親に言われましたが、それでも検査した方が良いでしょうか。
    どこで調べてもらえますか。
    他に調べてもらった方が良い遺伝性の障害とか病気ってありますか。
    「子供を不憫とも思わない」と公然で言い切れるほど私は強くありません。
    自分の病気もあるし、出来るだけ不安要素は明らかにしたいと思います。
    不謹慎とは思いますが教えて下さい。

    ユーザーID:4936909886

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧