なぜ、努力して無い人が勝ち組になっているのか?

レス440
お気に入り330
トピ主のみ3

職人

働く

私は現在、園芸店で働いています。
給料は安いですが正社員です。

今の店長さんに運良く拾って頂く前は、六年間ほど派遣社員として色んな職場を転々としていました。

派遣社員になった経緯は、勤めていたファミレスが業績不振で撤退し、失業してしまった為です。
再就職先は、終身雇用の保障がある他業種にしようと、あちこち面接に行きましたが、当時は中々採用してもらえる所がなく、やもなく派遣会社のお世話になりました。

「派遣になれば色んな会社に派遣されて、転職の足がかりになる職歴が作れる」という話を信じ、六年間頑張りましたが・・・・派遣先では、肉体労働やライン作業といった正社員の人がやりたがらない仕事をあてがわれるばかりで、ろくな職歴が作れず、正社員への登用もなく、昨年、遂に離職いたしました。
(学生時代にお世話になった園芸店の店長さんに頼んで、何とか今の職に有り付けましたが)

その派遣時代に、どうしても納得できなかった事が一つあります。
幾つかの大手企業に派遣されて気付いたんですが、大手企業の社員さんって、半数以上がバブル時代に採用された人たちなんです。

バブル出身の社員さんって、“入社試験どころか面接審査も受けずに入社”してるんです。(高卒の人ですら!)中には、履歴書を書いた事がない人すらいました。
彼らが大手企業に入る事ができたのは、努力したからでも、学歴があったからでも、優秀だったからでもなく、単に新卒の時に景気が良かったお陰なんです。

ろくに就職活動をせず、入社試験すら受けなかった人たちが、大手企業に正社員として入り、入社後は自動的に昇給を重ねて、今では500〜800万の年収を得ているんです。

何で、努力して無い人たちが、こんな厚遇を受けているんですか?
これって、納得できないんですが!?

ユーザーID:8271062159

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数440

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あらまぁ

    >入社後は自動的に昇給を重ねて 

    組織が大きければ大きいほど
    要らない人間は淘汰されていくんですよ

    社内で「昇級試験」があることすらご存じない?

    ユーザーID:3489894314

  • 怒りの矛先を変えましょう

    少し極端かもしれませんが、視点を変えてみましょう。
    「今の若いものたちは、戦争も経験せずに、ぬくぬくと楽しいことばかりしている」
    そう苦々しく思っている戦争経験者もいるかもしれません。

    悲しいかな、皆、時代の大きな波に流されて生きています。

    努力もせずに雇われた人たちが悪いのではなく、そうやって大量の人を採用した企業が悪い(?)わけですし、そういう時代でもあった。
    さらに、現在、企業は人を雇おうとしないし、非正規雇用者の救済や経済格差の救済もなかなか行われない。
    そういう時代を作っているのは誰でしょうか?

    世界経済の大きなうねりはあれど、トピ主さんが日本人の成人であれば国政への参政権はあるわけです。
    トピ主さんも社会を構成する一員として、日本をこれからどのようにしていくべきか考え、行動してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:8298865092

  • 貴女が先進国に生を受けられたのは努力したおかげ?

    世界の貧しい国では、理不尽な死をとげる人が沢山います。
    彼ら悲惨な人生をおくったのは努力が足りなかったからでしょうか、違いますよね。

    私は氷河期世代ですが、同期は殆ど縁故入社でした。

    ある同僚は、財界のお偉いさんの親族として生まれ
    幼稚園から大学までエスカレーターで、縁故入社し
    高級マンションから、運転手付リムジンで通勤してました。

    地方から出てきて、必死にバイトして大学を出て
    必死に試験を勝ち抜いて、同じ場にいた私。
    そして沢山働かされるのは私の方。給料は同じ。
    本当にバカバカしかったです。

    今冷静に考えれば、彼女を入社させるだけで
    会社にはすごい利益だったわけです。
    政財界とのつながり固められるわけですから。
    政略結婚みたいなものですね。
    今は会社の事情も理解できます。

    世の中、上を見ても下を見てもきりがありません。
    納得できないと頑張っても、一生納得はできないでしょう。
    つまり時間の無駄ですよ。

    ユーザーID:4455239966

  • 納得できなくても受け入れるしかないのでは?

    そりゃ、努力した人が恩恵を受けるのがいいと思うのはまっとうな意見です。

    でもバブル期って、時代ですよ。
    時代のせいで受けたいいこと悪いことまで平等にできません。

    そんなこといったら、「戦争時代に産まれたせいで損した」とか「高度経済成長の時代に産まれたせいで、父親と遊んだ記憶がない」とか、「女が大学に行かないのが普通だった時代に産まれたせいで、学歴がない」とか、きりがないでしょう。

    どの時代に産まれても、その時代の「いいところ」「わるいところ」があるんです。

    トピ主さんはお若いのでしょうか?
    オバサンの私から言えば、今の若い人は学校が土日休みでいいなあと思います。
    私の頃は土曜日も毎週授業がありました。

    トピ主さんが土日休みの世代だと仮定して、バブル世代の方達と比べたら、高校卒業までの12年間の授業数がものすごく違うのでは?
    そう考えると、本人の努力とは関係ないですが、バブル世代はトピ主さんの世代よりたくさん勉強している世代ではあると思います。

    まあ、どの世代も色々ありますよ。
    いいことも。悪いことも。

    世代のせいでの損得は納得できなくても受け入れるしかないです。

    ユーザーID:9560864196

  • え?

    500〜800万て勝ち組ですか?
    バブル期に採用されたとしたら40前後という事ですよね。
    その大手企業内では勝ち組では無いですよ。

    それに、あなたの言う努力って就活の事?大事なのはその後では?
    6年も無駄に過ごしたあげく、そこで見聞きした他人をねたみ、
    何の努力もしていないなんて決めつけるのは、あまいですね。
    バブル世代だからといって、全員が楽に就職出来たわけではありませんよ。

    今の仕事に誇りを持って働いていないと、どんどん差が付きますよ。

    ユーザーID:6261538441

  • そうですね

    正社員になれて良かったじゃないですか!
    おめでとうございます。

    私は未だに派遣で正社員への糸口がみえません。

    超氷河期時代就職組の私は私も何度もそのような事を思ったりもしたし、
    いまだに悔しい事もあります。

    望む企業に入れるように学生時代から、勉強も頑張って、
    良い大学にも行って、印象よいように見た目にも気をつかい…
    でも採用はどこも非常に厳しく、人事等もバブル期の人々が
    どこでものさばっているようにみえて。
    これまでの努力はなんだったのだろうって…

    生まれた時代そのものの運もあるのでしょうね。

    あとはもうできるかぎり、恨んでも仕方ないので考えず
    小さな幸せを探していくのみです。

    ユーザーID:1428590539

  • 入り口だけが努力ではありません

    その厚遇を受けている方は、入社してからそれなりに努力したり、
    経験を積んで認められたからこそ、その地位にいるとは考えられませんか?

    ただ運が良かったからその場所にいる、と言う人も存在することは否めません。
    ですが、すべてを一括りにして憤っているのは滑稽ですよ。
    まずは今いる場所で努力をすることが大切なのではないですか?
    彼らの多くは、それが出来たからこそ現在の地位を築いたのではないでしょうか。

    ユーザーID:0344349814

  • まあ、気持ちはわかるけど。

    気持ちはわかるけど、世の中なんて「理不尽」な事で溢れかえってませんか?

    「時代のせい」って言葉は好きじゃないけど、確かにバブル時代は
    企業を選び放題だったんだし、あまり優秀じゃない人でも大手企業に
    就職できたでしょう。
    でもそう言う人に「納得できない」と声を荒げたところで、言われた方だって
    困るんじゃないでしょうか。
    「だってそういう時代だったんだもん」ってことですよね。
    戦争時代を経験しているお年寄りに「あなたはあの時代の苦労を何も知らない。
    こんな飽食の時代に暮らして…納得いかないわ!」って言われたら
    トピ主さんどう思いますか?
    「え、そんなこと私に言われても」って思いません?

    誰かから見たらトピ主さんだって「恵まれてる人」なのでは?

    ユーザーID:6416954374

  • それが世間と言うものよ

    トピ主さん、すっごく世間知らずですね。

    一言で言えば、それが世間と言うものですよ。
    例えば美人に生まれればそれだけで人生5割はお徳。
    例えばお家が資産家ならば、生まれた瞬間からお金持ち。
    そんな事は二十歳を越える前に、皆心のどこかで納得してしまうものでは。
    納得できない事は分かりますが、ぼやいて貴方の報酬が良くなりますか?
    そしてコレだけは言っておきますが、努力と報酬は別ものです。
    私いは努力した、私は精一杯やった、と貰えるお金は違うのですよ。

    ろくに就職活動もしていないと馬鹿にしておられますが、
    その世代はいの一番に、大量リストラに合った世代でもあります。
    リストラされた人達は、今大量に自殺している世代ですよ。

    勿論、世代的な不満はあるし、今の就職難は酷いけれど、
    それでも、TVで今年の新卒学生が言っていた言葉が心に染みました。
    「不況のせいでは無い。それでも就職する人はしているのだから。」

    そしてトピ主さん。
    努力と報酬は別モノですが、努力していない人間は、報われる確率は低い。
    結局は、努力が後々モノを言うと思っています。

    ユーザーID:3720799157

  • その身に備わった運

    納得できる理由なんてあるわけないです。

    戦争中に青春時代を送った人と比べられますか?

    自分が与えられた状況で、精一杯頑張るしかないでしょう。

    頑張りましょう、お互いに。

    ユーザーID:3834678445

  • バブル期の生き残りは優秀

    たしかに、バブル期は大量雇用した企業が多かったです。
    超が付く売り手市場でしたから、
    実力以上の企業に入社した人も多かったでしょうね。

    でも、それから20年以上経過してます。
    その間に辞めていったバブル入社組も、それこそ星の数です。
    今残っている人たちは、それなりに社内でも揉まれて淘汰された人たちだから、
    少なくとも、何も努力してないというのは言い掛かりです。

    自分で自分のことを、厳しい生存競争を勝ち残った優秀な人材だ、
    なんて吹聴する人はいませんよ。

    ユーザーID:9988500709

  • 時代

    それを言うなら時代の流れ。当時の採用担当者はそれでOKをしたんだから。納得出来ないなら、採用担当者に聞いてみれば良かったのでは?
    因みに私は、バブル期末だったので、中途募集で面接時に即採用を頂けました。今なら無理だと思います。

    ユーザーID:6571498604

  • 生まれた時代が悪かっただけ

    トピ主さんがうらやんでいる層の人達は、たまたま生まれた時代に景気が良かっただけでしょう。

    失われた10年世代の人でも同じ歳なのに

    高校卒業と同時に就職した人は、景気が良かったので、正社員
    大学に4年間行っている間にバブルが弾けて、卒業時には不況、新規採用制限などで、正社員になれず
    にフリーター、その後も正社員の機会がなかなか来ないまま、30代という人もいます。
    同じ年齢でもたまたま就職した時の景気不景気で随分違うのですから、トピ主さんがうらやんでも
    どうしようもありません。

    他人をうらやむとトピ主さんに何か良いことがあるんですか?

    ユーザーID:3176557239

  • 日本社会が新卒至上主義だから

    簡単に言うと、そういうことです

    ユーザーID:7265300616

  • そんなこと

    そんな、納得できないことなんて世の中にいくらでもありますよ。
    トピ主さんはそれが一番納得できないことなのですか?

    私は国に関することで納得できないことが多いですね。

    今現在、そういうことになっているのを変えていくことがトピ主さんにできますか?
    会社に「無能なバブル社員をリストラして、私を採用しろ」と言えますか。
    言ってもいいとは思いますけれどね。

    納得はできないけど、今世の中はこうなってしまっている。
    だったらどうするかってことで、
    「納得できない!」と嘆いているだけじゃ気分がどんどん荒んでいくばかりですね。私なら。

    すごく眠い時は天下りのことを考えると怒りで目が覚めますから
    メリットもあるってことですがね。

    ユーザーID:3389131648

  • そんなもんですって

    人生は不平等です。
    それは就職に限らずです。

    理由もなく、突然に命を奪われる人だっているんですよ、
    それをどうやって納得しろというんですか。

    悔しいけれど、それが人生。
    納得いかなければ、自分が苦しむだけ。

    ま、そんなもんか。努力は無駄じゃない。
    と柔軟に考えられる人間になれば、
    あなたももう一皮剥けるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8291867151

  • 努力だけの問題でしょうか

    まず、その方たちは努力していないと100%言い切れますか?目に見えないものは評価できませんね。
    持って生まれた性格、感覚など光るものもあるでしょうし入社してから努力なしに仕事はできませんよ。人間関係を含め、続けることは容易いものではないはずです。
    不況を理由にしてもなんの解決にもなりません。
    とぴ主さんは今すべき事を精一杯頑張る事です。たくさん勉強したら自分のお店が持てるかもしれませんし、新たな時代にあった仕事のチャンスに恵まれるかもしれません。

    ユーザーID:0286151628

  • 分かります・・

    お気持ちよくわかります。
    私は大手企業でアルバイト勤務をしています。
    今の会社に入る前は、同業種の小さな会社でずっと社員をしていて、下積みをしたつもりで今の会社に来ました。
    不況の影響で昇格凍結し、バイトも4年目になります‥
    時代が悪いというのは重々承知ですが、やはり時々納得が行かないこともありますね。

    景気の良い時期に入った人と、景気の悪い時期に入った人、私の会社では給料も違います。
    その後の昇給具合は同じなので、景気の良い時期に入った人が圧倒的にお金貰ってます。実力がどうであれ。
    大きな会社故か、実力のない人も解雇にはできないようで、お陰で実力のある人はもっと待遇の良い会社に移り、ない人はだらだらと今の会社に寄生しているような状況もあります。(勿論一部です)

    仕方がないとは思っていても、多少はモチベーションに支障が出ている気がしてなりません‥
    とはいえ会社と闘う術も持ち合わせていないので、なんとか自力で登りつめてやるといった意気込みです。

    お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:2813810619

  • 聞き捨てならない

    ちなみにうちの上の子ども二人は、昨年と一昨年に職を得ましたが、二人とも大学院を出て大企業に入社が決まりました。ありがたいです。

    私は男女雇用機会均等法以前入社ですので、大卒女子は求人すらありませんでしたが、ゼミ推薦で大企業に入りました。でも入社試験ありましたよ。ただし当時は雇用慣行が終身雇用、年功序列、寿退社だったので、それを基準に賃金体系が組まれていました。結婚、出産を経て同じ職場に勤め続けるのは今よりも大変でした。

    私の妹は、私と同じ国立大学を卒業(主席)、バブル期入社。
    とはいえ人気企業は高嶺の花でしたよ。入社した企業も面接だけではなく、筆記試験もあったと聞いています。

    ただ私達姉妹の入社した企業は、それぞれバブル終焉後、壮絶なリストラが敢行され同期の男女が多く辞めていきました。

    >バブル出身の社員さんって、“入社試験どころか面接審査も受けずに入社”してるんです

    中には実力以上の企業に入った人もいるかもしれませんが、みんなが努力していないというのは聞き捨てならないです。入社してからも厳しかったですよ。 

    ユーザーID:8530068488

  • 世の中そんなもの…

    私も就職氷河期に就活をして希望の企業には行けませんでした。
    周りにはそういう人が沢山いて、少しでも自分の夢や希望を叶えるために転職を繰り返してます。
    それでもなかなか思うように行かないのが現実ですね。
    氷河期じゃなかったら違う人生になっていたと思う反面、氷河期でも夢を叶えた人たちがいるのも事実…。
    就職活動だけじゃなく、世の中納得行かないことだらけだと思います。
    努力は報われるって思って頑張ってたこともあるけど、そうでもないんだなって思うようになりました。
    それでも、自己満足のために私は頑張ります。
    努力が報われないからって怠惰な生活を送る自分は好きになれないと思うし…。
    世の中不公平だなって思うこともあるし、頑張ることが馬鹿馬鹿しくなることもあるし、理不尽なことだって沢山あるけど、自分が納得できる生き方をしたいと私は思います。
    悲しいけど、そうやって割り切らないと余計に辛い気がするから。

    ユーザーID:9290857864

  • しかたないよ

    景気の悪い時代に当たってしまったんだからしかたないよ。
    納得いかないのも分かるけど、戦時中に当たるよりよくない?

    ユーザーID:3792770946

  • おすすめの本があります。

    宋文州さんの「努力しているヒマはない」という本です。
    読んでみてください。

    世の中は公平ではないのです。それがわかっていれば、あなたの言う「努力してない人」が厚遇を受けているのは「運が良かったから」だと思えます。

    ユーザーID:2904363785

  • トピ主さんすでに自ら「答え」も書いています。

    それはもう決まっています。
    「彼らが努力したからでも、学歴があったからでも、優秀だったからでもなく、単に新卒の時に景気が良かったお陰なんです。」
    ・・・とトピ主さん自ら答えを書いているではないですかあ!! それ以上は追求しないで! 私も万年低賃金労働者。 いっしょうにがんばりましょう!!

    ユーザーID:2325998215

  • 大学の時に

    フランス語のテストでカンニングしている生徒がいました。
    友人はものすごく怒っていて、「努力もせずカンニングして良い点が取れるなんて腹が立つ」と言っていました。

    わたしは「カンニングした生徒以上の点を勉強して取れば全然腹が立たないよ」と言いました。

    就職の時、縁故採用を友人はずるいと言っていました。
    わたしは「縁故は気を遣うだろうし自分の努力で内定取るほうがいい」と思い超氷河期と言われた時代でしたが大手正社員で内定をもらいました。
    その後、転職しましたが2度とも正社員でした。

    欲しい人はいつの時代も欲しがられる、その欲しい人になる努力をするか強運を持つかしかないでしょうね。
    羨ましがるより、努力をするほうがいいですよ。

    ユーザーID:7334385453

  • しいて言うなら時代のせい?

    私は、昔勤めていた会社の当時60代後半の社長に、
    「お前は産まれた時から白飯好きなだけ食えていいな。俺なんか昔芋の蔓まで食ったんだぞ。」
    と言われたことがありましたが、トピ主さんの言ってる事ってコレと近いものがあると思います。

    バブル期に就活中で大手へ容易に入社できたのも、白飯食べ放題で育ったのも、運とか時代とか個人の努力ではどうにもできない次元の話ですよね。自分のあたった時代に合った努力をする事が大切だと思います。
    誰のせいでもなければ理由も無いです。

    前職時、肉体労働やライン作業が嫌なら何か即戦力になる知識・スキルを身に付けるべきでしたね。派遣で働こうと思ったら、誰にでもできる事しかできないのは不利です。


    ちなみに私も自分が社会に出た時は不景気だったので(新卒で入った会社は倒産)バブル世代が羨ましい気持ちは分かりますが、その世代が勝ち組とは思わないです。このご時世に育ち盛りの子供や住宅ローン抱えて大変そうな側面もありますし…。

    ユーザーID:5702017926

  • 納得する必要はないです

    ただ、ギャーギャー言っても始まりませんから、事実を受け入れて「さあ、どうするか?」ってだけでしょう。

    文句だけを言っても仕方ありませんよ。

    ユーザーID:9616816590

  • 皆さん、レス有難うございます。

    皆さんの仰る事はごもっともです。
    でも、私がいいたいのは、そういう事じゃないんです。
    分かりやすくバブル世代の人を引き合いにだしましたが、私はバブル期という恵まれた時代を羨んでいる訳じゃありません。

    一昨年前までは好景気でした。
    この年(2007~2008年卒)に新卒だった子たちも、簡単な審査だけで大量に大手に入社しているんです。大手に派遣されていた私は、その光景をこの目でみました。
    皆、大手の内定を複数採っていました。高卒で大手に入った子達も沢山いました。

    方や、不況が再来した今年は、早稲田や東大を出てる子でも、中小企業に入るのがやっとの状態だったそうですね。


    私が納得できないのは、“新卒の時に不況にあたった子達は高学歴でも就職が難しくなるのに、新卒の時に好景気の当たった子達は高卒でも簡単に大手に入れてしまう”という仕組みなんです。

    これって、企業が新卒主義を止めて、好景気の度に全ての人に門戸を開いてくれていれば、起こり得ない事じゃありませんか?

    新卒の時の景気次第で、スタートラインが大きく変わってしまう仕組みが、私には納得できないんです!

    ユーザーID:8271062159

  • 私も言われたことあります。

    私は29歳。今から努力をしないとなりません。18歳からしてないとならない努力をです。SPIを解いたり、勉強一杯したり、資格の勉強もしたり。
    厄介です。
    転職難なのに、29歳なのに、なぜ、私だけがこんな事をしなければならないんだろうと、気が遠くなります。勉強していて、ちょっとでも分からないとなると、教科書を投げるまでになりました。(しないと道ひらけないのですが)

    家族に、「そんなに嫌ならやめろ、死ね」とあたりまえですが言われます。
    問題。分からないとイライラするのです。
    学校でとったノートを見ても、ぜんぜんピンとも来ない。

    私は、18歳からパートと派遣で、短期単発を繰り返していましたが、ほぼ試験なしで働けていました。
    試験らしい試験は、高校入試と、資格試験ぐらいです。
    だから、私は努力しなかったのです。
    大変な思いをしなくても、転職しても次がみつかっていました。
    若い頃までは。
    自分を申し訳なかったと思っています。

    だから今29歳になってこんなツケが来たのです。
    努力もせず、すぐに転職で、環境を替えたがっていて。
    今、派遣切りされた以来、仕事がない

    ユーザーID:5344371957

  • トピタイトルが間違っているのでは

    「新卒至上主義に憤る」なんかがよかったのではないでしょうか。
    ただ、どうすればいいのでしょうね。たぶん、企業側にも新卒至上主義を打開する具体的な方法は見えてないのではないでしょうか。
    トピ主さんが勝負しようにも、6歳下に同じ能力の人がゼロということはないでしょう。日本は広く人口は多いです。
    全く同じスキルの2人がいれば、より若いほうを採用したほうが賃金の面でも教育の面でもお得ですよね。
    では、歳が上の分キャリアがあればいいかというと、同じキャリアのより若い人はやはり日本のどこかにいるでしょうね。
    でも6年派遣で頑張ったのは無駄ではなかったから今の正規雇用が得られたのではないでしょうか。
    6年非正規雇用でいると、二度と正規雇用に戻れない人もいます。

    ユーザーID:2466054391

  • 再レスです おばさんの話しかもしれませんが

     男女雇用機会均等法以前に入社した私だって色々思いますよ。

     私が勤務していた企業も、今の40代前後が入社した頃は、育休・産休、時短、女性登用プロジェクトまで登場。
     出産後も「どうぞ働いてください」というレールが予め引かれているようなものです。
     でも私が結婚した頃は、育児支援の制度もなく、結婚が決まったと上司に報告したら「イツ辞めるの?」と聞かれました。
     同期の女性が「定年まで働きたい」と初心表明したら「結婚しないのか?」とも言われたそうです。
     これって当時は労組公認ですよ。

     結局、私の同期の女性は、結婚、転職の為、独身者一人を除いて退職しました。

     こんな時代に生きてきたので、今の30代や20代の方達に、小町なんかで
    「夫婦共稼ぎが当たり前」とか、「簡単に辞めるなんて」とか言われると複雑です。

     私は新卒で勤めたあと、結婚退職、その後転職しました(今は介護の為専業)
     だから、今の30代、20代正社員の人には羨ましいところもあります。
     でも彼らも、就職の時には大変だったと思うので「ずるい」という感情にはなりません。

     

    ユーザーID:8530068488

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧