頑張れ〜女の星、山崎宇宙飛行士!!

レス25
(トピ主4
お気に入り64

生活・身近な話題

ウーマンリブ60

還暦の専業主婦です。
40余年前に工業高校を卒業して21歳の時、2級建築士になりました。
回りからの「行き遅れる!」という心配は凄かったですが。
理解ある男性(夫)と恋愛して、結婚後も仕事を続けようと思っていました。
けれども保守的な婚家の考えに押し切られて、専業主婦になってしまいました。
それでも楽しい人生ではありました。

高校の先輩に、1級建築士をとり、ずっと独身で働いていた女性がいました。
回りから「女を捨てた」と言われていました。
化粧もせず、いつも作業服で、恋愛もなかったようでした。
私には、彼女が「女を捨てた」気持ちも分からなくはありません。
そうしなければ、あの時代(しかも地方)では女性が技術者になることなどできませんでした。
あれから40年近く…

宇宙飛行士の山崎さんが宇宙に旅立ちました!
なんと美しく、結婚して、お子さんもいて、宇宙飛行士!!
こんな女性が出現するなんて!
それを許す時代が来るなんて!

感無量です。
こんな時代が来るとは思っていませんでした。
本当に嬉しいです。
嬉しくて、ニュースを見る度、涙が出ます。

頑張れ、山崎さん!

ユーザーID:0414377069

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無事の帰還を祈るばかり

    お子さんにとっては蛇の生殺し状態でしょうね。
    母親から愛されているからこそ、万が一の事があればどれほど傷つくか・・・。

    娘さんを本当に愛しているなら、娘と決別してから飛び立つべきだと思いました。

    ユーザーID:6848824949

  • 野球でも

    ナックル姫や、欽ちゃん球団の片岡選手のことも応援しています。
    頑張れ!

    ユーザーID:3210690067

  • 素晴らしいですが、本当の女性の人間としての幸福を願います。

    山崎さん、素晴らしいですね。写真からもオーラが伝わってきます。

    ただ、私が思うのは、女性の活躍は女性が人間らしく生きていくということが前提にあるのです。そこには結婚や子供や美しくてということは関係ありません。

    「女性なのにここまでがんばって、偉い!」というのはいまだ発展途上にある日本女性の社会進出や家族内での位置(例えば介護は嫁に、という前提と現実)を考えれば当然だと思います。

    でも思うのです。トピ主様のような考えは、女性もいっぱしのキャリアもって、結婚して子供産んで、おまけに美しくて、それでこそ女性として完璧!というとてつもない重荷を女性に課しているのです。

    山崎さんの活躍が女性の地位向上になんらかの形で繋がることは疑うべくもありません。

    しかし本当の女性の解放はそこにはないのです。どの女性も(そして男性も)性別に基づくステレオタイプを押し付けられないで生きていくことができてこそ女性の地位の向上に繋がるのです。問題はもっと構造的なのです。

    最後に「それを許す時代が来るなんて!」というのは間違いです。時代は許していませんが山崎さんが時代を打ち破ったのです。

    ユーザーID:5527165348

  • ママさん宇宙飛行士は、日本人第一号

    今朝のラジオでママさん宇宙飛行士は、日本人では第一号って言ってました。
    旦那さまは、航空管制官だったらしいのですが、奥様(山崎直子さん)のため、仕事をやめ、お子さんを連れて海外に移住したとか。
    旦那様はしばらく無職だったため家事育児はほとんど旦那様がしてたらしく、一時期離婚を考えたこともあるとか。
    家族の支えなくして、今はないってことですかね。

    私の小学校の頃の夢は宇宙飛行士でした。
    でもなんにも努力しなかったので、夢だけで終ってます。(苦笑)
    私にとっては、雲をつかむような職業・宇宙飛行士に、一生懸命努力してなる人って本当にすばらしいなって思います。

    ユーザーID:3265225973

  • 山崎さんと同じ歳です

    ちょうどさっき、ニュースサイトの記事を見ていました。
    山崎直子さん、旦那さんの山崎大地さんのTwitterも見てたところでした。
    twitterには、直子さんを支える家族の優しい想いが溢れているように思いました。

    私は山崎直子さんと同じ歳です。もちろん学歴や優秀さでは
    比べるべくもないですが、それでも小さな頃からの夢を実現して
    今まさに宇宙にいる山崎さんからは勇気を貰った気がします。

    がんばって無事にミッションを達成して欲しいです。

    ユーザーID:9393154433

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 向井千秋さんを

    忘れないであげてください。

    ユーザーID:0393970877

  • 確かに素晴らしい、でも

    たしかに山崎さんはマルチな才能にあふれた素晴らしい方だと思います。

    ただ、ことさらに「お母さん宇宙飛行士」とか「妻であり母であり・・・」を強調し、美談に仕立て上げるマスコミの報道の仕方には若干違和感を覚えます。
    女性として妻としてというなら既に向井千秋さんがいらっしゃいますし、母であることがすごいことなら、他の「お父さん宇宙飛行士」だって同じように賞賛(?)に値するでしょうし。
    彼女レベル位になると、妻とか母親とかそういう枠をとうに超越した存在だと思います。どうも今の報道のされ方は「女性なのにすごい」という考え方が前提にある気がして、日本はまだまだ遅れているなと感じざるを得ません。

    私としては、彼女のプライベートなことではなく、今まで彼女が築きあげてきたキャリアのことや、そしてもちろん宇宙飛行士としての任務のことにもっとスポットを当ててほしいです。

    ユーザーID:7766669309

  • ほんと、カッコいいです。

    惚れぼれします。
    素敵過ぎる。
    そして、ニュースで見たのですが、あの、ダンナ様のかっこえぇ〜♪こと。
    ご夫婦のラブラブなこと。
    お嬢様がとてもしっかりされていること。

    い〜な〜。マジで、なんで、こんなに人生、違うんだろう。

    積み重ねられた選択と努力の結果が出ているんですよね。

    自分の境遇は嘆かない。これを今後、自分に課したいと思います。

    ユーザーID:6005408680

  • すごい!すご過ぎる!!

    すごいですよね。仕事+結婚+子ども。しかも美人。すべてデキルなんて、驚くほどすごい努力をされたのだと思います。

    それにひきかえ…。もっともっと勉強しないと。それに夢を叶えるためには、お金も稼いでおかないといけないですよね。反省。

    ユーザーID:7122191188

  • 報道のされ方には疑問

    確かに結婚して子供もいる女性の日本初の宇宙飛行士。
    女性も世界にはばたく第一歩としてすばらしいとは思います。

    でも報道のされ方にはかなり疑問があります。
    かならず「夫は夢を諦めて専業主夫になってささえた」というのが
    ついてきますよね。

    でも女性で自分のキャリアを諦めて夫の夢をささえている女性なんて山ほどいますよ。
    そういう場合、夫が世界的に成功しても脚光を浴びるのは夫だけで
    キャリアをあきらめ家事や子育てに専念した妻をほめてる報道なんてみたことありません。
    男女が入れ替わっただけで同じなのに!!

    これを見てもまだまだ男性優位社会なんだなとつくづく感じさせられます。

    男性だろうと女性だろうと夫婦で決めて出した結論なのに女性なら支えて当たり前で男性が支えたらすごいという認識、いいかげんにやめてもらいたいです。

    でも、トピ主さんのガンバレ!という応援の気持ちは共感できます。
    次は「パパさん宇宙飛行士と同じぐらいママさん宇宙飛行士」が当たり前になることを期待します。

    ユーザーID:5548738733

  • 素直に喜びたい

    冷やかに見ている方が少なくないようでちょっとびっくりです。
    私は単純なのか、おそらく血のにじむような努力と強い意志と家族との軋轢(実際に離婚の危機もあったとご主人が本に書いていましたので)を乗り越えて手にされたものを素直に喜びたいと思います。同じ日本人女性として誇らしく思います。

    結婚も出産も山崎さんにとっては自然なことだったのではないでしょうか。
    たまたまご主人ではなく彼女に宇宙飛行士としての適性があった、たまたま彼女が女性だったから子供を産む立場だった、ということなのでは?

    私は7歳のお嬢さんがしっかりとお母さんの活躍を見て記憶できる年齢にあってよかったのではないかと思います。これまでどんなにか寂しい思いもしたでしょう。これからもそうかもしれない。宇宙飛行士の母親が重荷に感じるときもくるかもしれない。それでも、彼女はそういう星の下に生まれたのだから、その運命はポジティブにとらえてほしいと思います。24時間一緒にいなければ母親の役目は果たせないわけではないのです。離れてたって母親は母親なんですから。

    任務を果たされ無事に帰還されることを祈っています。

    ユーザーID:0154706060

  • 人によって受け取り方がちがうんだな〜

    専業主夫万歳さまの意見をみて、そのように受け取る人もいるのだなと思いました。
    私は、この話が女性の夢のために男性が犠牲になった話だから美談になりえたのだと感じました。
    これが逆で、男性の夢のために女性が犠牲になる話だったとします。今の時代それが美談として受け入れられるでしょうか?私にはそうは思えません。奥さん可哀想〜。自分勝手な男!と受け取られるでしょう。
    今の日本は女性に対してはいかなる不利益扱いも許さないが、男性に対してはそれを簡単に容認する空気があるように感じます。

    ユーザーID:5992668526

  • 日本のニュース

    そうだったんですか。

    日本からもママさん宇宙飛行士が誕生したんですね。
    よかったよかった。


    女性の生き方、家族のあり方の多様性と、能力ある女性が羽ばたいていくという新しい日本女性がでてきてくれてうれしいです。

    ちなみに向井千秋さんも大好きです。

    ユーザーID:9386598240

  • トピ主です1 レスありがとうございました

    お一人ずつお返事できないことをお詫びします。
    リモコンさんまでの13レスだけでも、人によってこんなにも感じ方が違うのかと驚いています。
    どう答えれば良いのか、ちょっと戸惑っています。

    1.男性には体力的に劣る女性が宇宙飛行士になったという驚き。
    2.昔は「結婚しながら仕事を続けること」さえ大変だった。
    3.しかも子供を産むという「キャリア上のハンデ、時間のロス」を乗り越えて。
    単純にこの3点に驚いて、深く考えもせず嬉しさだけでトピを立てました。
    (向井千秋さんを忘れてはいません!でも当時我家にインターネットが繋がっていなかったので今回発言しました)

    例えるなら「女性が陸上競技100メートルで9秒9を出した!」ような快挙だと思ったのです。
    昔なら結婚した女性が競技生活を続けることすら難しかったのに、出産という時間・体力のロスを乗り越えて、それを成し遂げた、…それに近い印象です。

    ユーザーID:0414377069

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です2

    >べじさん
    >トピ主様のような考えは、女性もいっぱしのキャリアもって、結婚して子供産んで、おまけに美しくて、それでこそ女性として完璧!というとてつもない重荷を女性に課しているのです。

    とんでもない、私はそんなことは考えてもいません。
    私はキャリアもなく、既婚ですが子供に恵まれず、おまけに美しくもなく、しかももう還暦ですが…、自分なりに頑張って生きてきて、家族と支え合い、微力ながら社会の一員として存在してきました。
    こんな微力な人間に存在する価値がないでしょうか?私は自分を否定する負の感情は持っていません。(持つ時もありますが・笑)
    完璧に見える人は完璧に見えるな人なりに、微力な私は微力ななりに、存在する意義があります。

    >時代は許していませんが山崎さんが時代を打ち破ったのです。

    文章が下手で、うまく伝えられなくてすみません。
    私が言いたかったのは、時代または時間という観念的抽象的なものがそれを許したと言うことです。
    山崎さんが打ち破ったのは「世間」「慣習」のような即物的なものじゃないでしょうか?

    ユーザーID:0414377069

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です3

    字数制限って、難しいですね。
    500字の中でうまく書ききれません。
    それと難しい問題に答えられる能力もありません。

    変な感傷を入れず、ただ単に「山崎さん頑張って!」と言えば良かったのですね。
    単純に、純粋に、世界どころか宇宙で活躍する女性に エールを送りたかっただけです。
    そして無事に帰る日を待ちわびるのみです。

    ユーザーID:0414377069

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 頑張れ、日本女性!

    山崎さんの様な女性が、珍獣パンダみたいな存在ではなくて、ごく普通の存在になってくれることを祈ります。

    男女の区別無く、その能力を偏見などに邪魔されずに、存分に発揮できたらもっと風邪通しの良い社会になるのではないかと思います。

    日本は残念ながら主要先進国の中で女性の社会進出度が最下位にランクされています。
    私もこれまで女・妻・母であるが故に散々外野からノイズが入り、何度も足を引っ張られそうになりました。

    山崎さん、颯爽として素敵ですよね。

    家族の形態も、様々で良いと思います。
    外野の意見は、その家族内で同意があるのであれば余計にお世話だと思います。

    山崎さん一家も色々と波風があった様ですが、それを乗り越えて結束が強くなりとても幸せそうですね。

    山崎さんの無事の帰還を願っています。

    ユーザーID:0215070731

  • パイオニア

    感動でウルウルとまではいかないけど、いろいろと考えさせられるニュースですよね。
    一番に考えたのは、やはりしっかり仕事をして、無事に返ってきてほしいということ。
    以前のインタビューで家庭との両立は「生半可なものではなかった」と答えていらっしゃったのを聞き、
    そこはとても共感できました。
    その苦労が、報われるよいミッションとなることを祈ります。

    これが男女反対ならプライベートがこんなにもニュースにならないわけで、
    そういう点では、まだまだだな、という感想もあります。
    また、まだまだという印象はメディアにも持ちました。
    ご本人たちのキャラクターにもよるのでしょうが、本来の仕事より、
    私生活に焦点があたることに違和感がありました。

    山崎さんの成功のために、同じような境遇で(あるいはそれ以下の境遇で)それこそ男女問わず、
    心身挺して働いている人たちが何百、何千といるわけで、
    ニュースの登場したこのご夫婦の言動を見ていると、ちょっとはしゃぎすぎでは、
    と言いたくなってしまいます。

    日本社会が、ひとつまた成熟へ向かうきっかけとなればと思います。

    ユーザーID:3995598367

  • こうありたいものです

    日本のメディアは、日本的ではない夫婦としての取り上げ方しかしていませんが、お二人にとっては普通に恋をして、子供を産み、問題もあり、葛藤もあり、だけど彼女の夢を現実にできるようにと話し合った結果ではないでしょうか。

    すばらしいのは、どんな葛藤があったとしても、家族を一番に考え、話し合えた事、男女として、夫婦として尊敬し合えている事だと思います。
    お子さんもそういうお二人を理解し、尊敬しているようです。家族としての愛情が感じられます。

    発言小町のトピを読んでいるとこのように、話し合え、尊敬し合え、そして努力している夫婦や男女がいかに少ないかを感じます。だからこそ、すばらしいと思えるのかもしれません。
    夫婦として、家族として、社会人としての個人の生き方をどう摺り合わせていくか、話し合え、理解し合い、一つの道を見つけ出す事は大変な事だと思います。
    山崎さんご夫婦は、既成概念ではなく、お二人の形を作る事ができたのだと思います。

    ユーザーID:4063880472

  • 凄いと思います。

    山崎さんより2歳下の者です。

    素直に凄いことだと思います。

    たしか、いつだったかの事故の影響で長いこと延期になった末の搭乗なんですよね?

    山崎さん自身も「ママさん宇宙飛行士とは呼ばないで下さい」っておっしゃっていますが、

    いくら時代がかわって家庭をもつ女性がいろいろな場面で男性並みに活躍するようになっても

    やっぱりまだまだ女性が何かをなしえるのは難しいこの時代に、(ご本人はもちろん、御主人、お子さんも)凄いなぁ・・・と感心するばかりです。

    出産後普通に会社で働き続けるのでさえ、あんな小さい子を保育園に預けて・・・なんてまだまだ言う人はいますからね。

    どうか、無事の帰還を祈っています。

    ユーザーID:6995213262

  • 男女入れ替わっただけ

    素直に感動されているところ申し訳ないですが、
    ご主人がご自分の夢をあきらめてサポートに徹しているからできたことではないでしょうか。
    出産だけは女性にしかできないですが、家事・育児は男性にもできます。

    結婚して子どものいる技術系男性宇宙飛行士は普通にいるでしょう。
    それが女性になっただけ ではないでしょうか。

    ご本人も「妻であり母である」って持ち上げないで 
    とのようなコメントを出されていてような気がします。
    ニュースを見ていて、「優希ちゃんは何かあったとママ〜って泣くのかな。
    パパ〜って泣くのかな」と思ってしまいました。

    男女関係なく技術系日本人宇宙飛行士の活躍を見守りたいです。

    ユーザーID:5542662227

  • 山崎さんはママ宇宙飛行士とは呼ばないで!とおっしゃってます

    某記事で見ましたが、山崎さんご自身が記者会見で、

    「ママ飛行士」とは呼ばないでください。

    とおっしゃってますので、皆さん気をつけましょう。

    ストレートにとれば、育児を自分ひとりでやったわけではないというご主人への配慮だとは思いますが、
    斜めに見ればだれも「パパ飛行士」なんていいませんからね。

    私は山崎さんは女性としてではなく、人間としてすばらしいと思います。
    男女問わず、宇宙関連の仕事をしている方はすごい才能をお持ちなんだなぁと関心します。

    ユーザーID:0535404664

  • 宇宙飛行士の門戸は最初っから開放されています

    後は

    知力
    体力
    時の運

    男女も時代も関係ないですよ。

    ユーザーID:4655602499

  • 単純に嬉しかった

    ママさん○○、と呼ばれるのが嫌という気持ちわかります。
    私も呼ばれることがありますが、うーんと思ってしまいます。

    しかし、子供を持ちながら、夢をかなえた山崎さんに
    私はすごく励まされました。
    子供がいても夢がかなうんだ、と思いましたし
    子供を言い訳にしちゃいけないんだ、とも思いました。

    子持ちを理由に、自分の中で様々なハードルを下げていたことに気付きました。

    もちろん鈴木さんは、生まれながらに恵まれた点もあったでしょう。
    でも、それだけでは宇宙に立てませんよね。
    私も頑張ろうって思いました。

    ユーザーID:9447644774

  • お帰りなさい山崎さん

    山崎さんが無事に帰ってきて本当に嬉しく思います。

    彼女を「女性なのに」と特別視して「すごい!」と思わない(人間としてすごいとは思う)世代がこんなにいるのだと、認識を改めました。
    女性なのに、さらに子供を産むことで時間・体力のロスがあっただろうに、…と思うのは私が『前世紀の遺物』故かもしれませんね。
    (彼女を『ママさん宇宙飛行士』とは表現していません、私もそれは嫌です)

    なにはともあれ、良かった良かった。
    ということで、トピは閉めます。
    レスを下さった皆様、ありがとうございました。


    ユーザーID:0414377069

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧