他人の何気ない一言に助けられた

レス587
(トピ主2
お気に入り9,939

生活・身近な話題

ふくろう

レス

レス数587

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 犬はいいぞ。

    羽田空港で飼い犬と搭乗前に、見ず知らずのおじさんに言われたひとことです。

    邪魔にならないように建物の外で、私と一頭で静かに搭乗手続きを待っていました。
    5月の東京にしては肌寒く、犬を抱っこしていると、犬の体温がしみじみと伝わってきていました。


    初めて犬を飼って、しかも初めての土地への引越…喜び半分、不安も半分。
    いろんな想いが渦巻いていた時でした。


    あれからもうじき一年たちます。
    おじさん、どうしているかな…。

    このトピックを見つけて、思い出しました。

    ユーザーID:7743892049

  • 居た堪れない気持ち

    当時3歳の次男が高熱でひきつけを起こし、白目をむいてヨダレを流す姿にパニックになり救急車を呼びました。救急車を待つ間にひきつけも収まりグッタリする次男と共に総合病院へ

    病院へ着く頃には気持ちも落ち着き、小児科へ通される頃になると『救急車を呼ぶなんて大袈裟だったのでは・・・忙しい救急隊の方や小児科の先生に迷惑だったのでは・・・』と思い始め、バタバタと動き回る皆さんの邪魔にならないよう部屋の隅に小さくなっていました。

    持ち場へ帰られる救急隊の方に『すみません、ありがとうございました』と何度も頭を下げる私に小児科の先生は『お母さん、初めての痙攣でビックリしたでしょう。きちんと検査しましょうね』と優しく声を掛けてくださいました。

    子供は心配するような事もなく、その日のうちに帰宅でき、最後に礼を言う私に先生は『良かったですね。痙攣を起こす原因は様々ありますからきちんと検査した方が良いんですよ』と穏やかに仰っていただき、次男の心配と居た堪れない気持ちでイッパイだった私を気遣ってくださいました。

    あの時の先生、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:0310743053

  • 経験あります

    数年前仕事で大きなミスをして、同僚にも迷惑をかけ死ぬほど落ち込んでいた日の深夜、帰宅途中。若い男の子が「お姉さん遊びに行かない?」と声をかけてきました。

    いつもなら(鬱陶しい…)と無視するところでしたが、なぜか人と話がしたくて「もう遅いから。家もこの辺だし」と応えてしまいました。

    「仕事の帰り?残業なの?」「そう」「こんな時間まで大変だね。ごめんね。じゃあね」と言って走って去っていきました。

    他愛もないやりとりですが、なんだかちょっと心が軽くなった、なんてことがありました。懐かしいです。

    ユーザーID:9671466456

  • 助けられました

    何もかもうまくいかなくてマイナスオーラが出まくってた時

    車通勤の帰り道、歩道で自転車を押してる汚れたおじさんと
    目があったら、クシャ〜って笑顔をしてくれた

    夜中にコンビニへ買い物に行った時、隣の車のオナベっぼい
    人に投げキッスをもらった

    33歳で結婚が決まった親友に『神様は私が結婚のかわりにまんまるを
    そばに居させてくれているんだってずっと思ってた』って言われた

    この三つは今でも私の力になってます。

    ユーザーID:5425950948

  • トピ主です

    昨日立てたトピなのに、沢山のレスがついていて驚きました。

    皆さんのレスを喫茶店で読みながらウルウルしています。
    はたから見たら怪しい人ですね、私。

    ふと思い出して立ち上げたトピでしたが、本当に世の中捨てたもんじゃないなと改めて実感致しました。
    そして何より素敵な経験を語って下さった皆さまに まだまだ未熟な今の私は助けられています。本当にありがとうございます!

    そしてもう少しだけ 皆さまの貴重なお話、聞かせて下さいませ。
    とても勇気づけられます。

    ユーザーID:5643892031

  • 歌詞でもよか?

    今、0ヶ月の子供をほとんど一人きりで育てています。
    夜は夫が帰ってきますが、疲れています。

    不眠不休、ストレス、ホルモンの変化、おっぱいの痛み、など体中と心が悲鳴を上げそうななか、子供にはかろうじて笑顔と優しい声ができています。

    「意地」という二文字だけが自分の頭の中心にありました。

    夫ともだんだんうまくいかなくなり、口げんかが増え、最後には最低なことを言われて、私は夫に暴力を振るってしまい、。
    なんのために子供を産んだのかなど、変なことまで考えてしまう始末でした。

    そんなとき、「糸」という中島みゆきさんの曲を聞きました。
    忘れていた何かを思い出した瞬間でした。
    涙を流すことがこんなに大切だったとは知りませんでした。

    最近毎日聞いています。

    このトピをみつけて、読みながらまた泣いています。
    涙って大切。

    ユーザーID:8080579211

  • 施設にいた時

    色々うまくいかず。つまづいて追い詰められていた時真っ暗な部屋で布団でうずくまってたら日頃から話しをして唯一信頼してた若い保母さんが部屋にきて何も言わずに背中を向けてただ泣いてくれた時です。大人とうまくいかない私に大人が泣いてくれる事にただビックリでした。今でもメル友です

    ユーザーID:5707961525

  • 表面張力

    どんなに辛くても笑顔でいなければいけない職場にて。ひどい振られ方をし 仕事どころではない気分の中 応対した 患者さんに あんたの笑顔は最高だ!と言われた瞬間 涙が 溢れました。また ろくに帰省しないでいた私が いきなり実家に帰り 夕飯を食べていたら 母が 休みのたびに帰っておいで!何回でも帰っておいで!と言ってくれた時 親の有り難みを感じました。

    ユーザーID:3838435047

  • やんちゃな子の育児で大変だった時

    知らない、レジのおばさんから
    (みるからに人間が良さそうな方)レジの時、ぐずがる息子に
    とまどっていたら、「もうちょっとよ!もうちょっと」
    あの言葉に、気持ちが軽くなりましたね。
    当時、息子は2歳でしたけど、今は4年生
    世の中には、他人の事に、あんなに勇気づけてくれる
    人がいるのですね、今でも、その人の事は忘れません。
    今、スーパーのレジには、そのおばさんは、見ません。
    そこのスーパーは、ほとんどの方が、仕事は速いし
    感じがいい人がほとんどですから
    あのおばさん、又、会いたいです。

    ユーザーID:2031096654

  • 銀行のATMで…

    まだ乳児だった息子と
    イヤイヤ期真っ只中の娘とATMに並んでいました

    自分の番がきた時に限って
    ベビーカーに乗せていた息子がぐずり出し

    まだ腰も座っていない息子を片手で抱っこし
    片手でATMを操作し
    冷や汗が出そうでした

    すると 後ろに並んでいたおばさんが
    抱っこしといたげようと言って
    抱っこしてくださいました

    そしてお友達のもぅ一人のおばさんと

    少子化少子化って言ってるけど
    こんな若いお母さん頑張ってるやんなぁ
    偉い偉い

    と 会話が聞こえてきました

    私に言ったのではないかもしれない

    でも 誰にも責められる事はあっても評価されない
    育児に行き詰まり自信が無かった私には
    かなり込みあげるものがありました

    人前では泣かないと決めているので
    涙流れる事はありませんでしたが
    今でも思い出すと 鼻がツーンとします

    あんな おばさんになりたいです

    ユーザーID:2140974496

  • いいトピですね・・・。

    心にジーンとくるお話ばかりですね。

    世知辛い世の中ですけど、捨てたもんじゃないなって思えます。

    私も一つあります。数年前の事ですが、仕事もプライベートもうまくいかず、いろいろな感情に縛られて
    今思えば雁字がらめになっていました。
    そんな時です。小島よしおさんの“そんなの関係ねぇ”を聞いたのは。
    そうだ、もう後先考えずに全部投げ出してしまおう!
    もう何も関係ない、自分の気持ちを優先して
    強く生きるんだと思えました。

    あれからかなり図々しい人間になりましたが、
    小島さんのおかげでなんとか生きていけそうです。

    世の中で小島よしおさんにこれほど感謝してるのは
    私だけかもしれませんが、あの時はありがとうございました。

    ユーザーID:5725965754

  • 私の話ではないですが・・・

    いいトピですね。

    私自身でなく、おばの話ですが・・・

    先日、体調不良で検査の為、夫であるおじと一緒に遠方にある大病院へタクシーで向かった時の話です。
    丁度桜が満開の時期、道中桜並木がピンクのトンネルの様になった中を通過したそうです。
    運転手は年配の女性だったそうですが、病院へ到着後、料金を払った後にお礼を言われたそうです。
    「こんなに綺麗な桜並木、お客さんに連れて行って貰ったお陰でいっぱい見れました。どうもありがとうございます。」

    自身の体調の事で、不安だったおばはその言葉を聞いて、胸がいっぱいになったそうです。

    現在、検査の結果、自宅療養しているおばから、この話を聞いて私も胸がいっぱいになりました。

    ユーザーID:0373236044

  • 愛犬とのお別れに…

    私も書き込ませてください。
    今年に入ってすぐ、15年一緒に生活した愛犬が天国へ行きました。

    亡くなる数ヶ月前から下半身が動かなくなり、車椅子を個人で制作されている方をPCより見つけ、散歩が大好きだった愛犬の為に体型に合った形をお願いしました。

    しばらくは自力で散歩にいけるようになった事を嬉しそうに元気に走り回っていました。

    最後には散歩もいけず、寝たきりの為、床擦れになり、体がボロボロで、涙を流していた愛犬を、早朝5時まで側にいたのにその後、目を離した2時間のうちに一人きりで旅立ってしまいました。

    あと少し側にいれば…
    自分よりこんなに小さくて、感情も表せないから怖かったろう、悲しかったろうと、後悔ばかりしていました。

    その後、作って頂いた車椅子をお返ししにいき、旅立った事を報告すると、

    『そうですか。
    家族を悲しませたくなかったから一人の時に逝ったんかな。』
    この言葉に救われました。

    家族以外には噛みつくし、散歩は延々走り回る、大変な愛犬だったけど、いつも側にいてくれた可愛くて仕方ない大切な家族でした。

    また生まれ変わってもうちの家族になってね。

    ユーザーID:0291065360

  • 母の入院中

    昨年亡くなった母の入院中の出来事です。
    毎日病院に通って、不安と疲労でいっぱいだったとき、時間外の通路から帰ろうと警備員さんに、ありがとうございましたと声をかけました。

    警備員さんの『お疲れさまでした。おやすみなさい』の一言に何故か涙が出てしまいました。
    何気ない一言に救われた、まさにそんなときでした。

    ユーザーID:5114494638

  • 私も歌詞

    先週、15歳になる愛猫が病気で亡くなりました。

    入院治療の効果が無く退院しましたが、自力で歩けず、水も飲めず、オシッコも出ず…痙攣を起こすたびに弱っていく愛猫。
    最後は私の腕の中で逝ってしまいました。

    この子の人生(猫生)は幸せだったのだろうか。病気を治してあげられなかった私はダメな飼主だったのか…

    自分を責めて、後悔で押しつぶされそうなときに車のラジオから流れてきたのが、山下達郎さんの「希望という名の光」

    愛猫が私に歌ってくれてるんじゃないかと思いました。
    すぐにCDを探しに行きました。
    発売日は愛猫の命日でした。

    ユーザーID:7161929385

  • 今から12年前に

    勤めていた店が閉店になり無職になった時
    ちょうど父親が体調を崩し入院が決まり、夫婦一緒の仕事だったので替わりの人員に私が選ばれました。


    そこが自宅から車で3時間程の場所の社宅だった為に、私はとりあえず当面の衣服をバッグ2個に入れて
    タクシーで社宅に向かう時
    運転手がミラー越しにジロジロ
    そのうち運転手さんの人生の苦労話をチラホラ始めたり
    超絶前向きな説教めいた事を話しだしました。


    で、気づきました
    「私...家出娘と思われてる!?」


    運転手さんが勘違いしているようなので
    逆にこれから親元に行く事を伝えても
    虚偽の申告と思われ信頼されていない様子


    ようやく社宅付近に着き(まだ親が帰ってなかった為に、待たなくてはいけなくて、近くのコンビニで降りた)
    タクシーから出ようとしたら運転手さんが


    「オッちゃんも昔は苦労したけど
    今も金はねぇけど普通に生きてられてるよ
    お姉ちゃんも生きてるだけで良い事 あるんだからね!
    諦めんじゃないよ!」

    と言われました(笑)

    完全に家出娘認定(笑)でしたが、こんなに見知らぬ他人の事を心配出来る人がいるのかと
    良い気分になりました。

    ユーザーID:3281527096

  • お化け屋敷で…

    小学生低学年の頃、どうしてもお化け屋敷に行きたくて1人で中に…
    けどやっぱり怖くて立ち往生

    そこに一組の若いカップルが…

    お姉さんの方が「1人なの?じゃあお姉さん達に任せな!」
    そう言って私の手をギュッと握ってくれました

    またお兄さんの方は「怖くてなったらつかまりな!」と言ってくれ
    何故か私を挟んで3人でお化け屋敷を探検しました

    怖くてどうしようかと思った所に、本当にありがたかったです


    でもお化け屋敷って一番カップルが密着できるのに…
    私を思って、真ん中に挟んで手をしっかり握ってくれた
    お兄さんお姉さん、ありがとう!


    私にもそんな素敵な相手が見つかるように頑張ります(笑)

    ユーザーID:2352464626

  • 「それでは、良いお年を」

    何年か前。
    新しい仕事、新しい職場で、仕事もなかなか上手く回せないし人間関係も最悪だし、
    毎日毎日遅くまで一人残って仕事してて。
    新任だから舐められてたのか営業所もぜんぜん報告の期日守ってくれないし、
    「なんで回答取れないんだ」って上司には怒られるし、回答取らないと自分の仕事が回らないし、
    でもでも…とドツボ。

    でも一人だけ必ず期日を守ってくれる(海外の)営業所の人がいたんです。年末のもう怒涛のように忙しい時期にその人は、自分もこっち以上に忙しい筈なのに、「こちらはもうクリスマス休暇に入ってしまうから」と早めに回答くれて…。
    その気遣いに感動してしまって「本当に助かります」とお礼のメール書いたら、すぐに返事が来ました。「自分も同じような仕事してたから、遅らされて困る立場は良く分かるんです」と。
    文末に書かれた「それでは、良いお年を」という言葉を読んで、暗い職場でひとり泣いてしまいました。
    「今はこんなだけど、何とか頑張って行こう」「来年は絶対良い年にしよう」と心から思った出来事でした。

    今も同じ仕事で何とか頑張ってます。

    ユーザーID:7209114813

  • 言葉じゃないのですが、

    私は、看護学生でつい先月まで病棟実習と戦っていました。

    私は、子どもが好きで小児科で働きたいと思っていたので
    小児実習では実習前日まで勉強をして寝不足になりながら実習に向かいました。
    寝不足なのと先生が少しきつく言う先生だったこと
    そして、小児科で働きたいために頑張らなきゃ!っていう意識が強く
    初めの1週間で空回りして先生にすっごい怒られてしまいました。
    受け持ちの患児の保護者ともなかなか関係がうまくできず、すごい落ち込みました。

    とある朝に
    私は、母親に「やだーあと4日もあるー行きたくないー」と愚痴をこぼしてしまいました。

    母親は、何も言わなかったのですがいつも作ってくれる弁当の上に
    母親秘蔵のミカンを置いておいてくれました。(普段はそんなことはしないのに)

    しかも、そのミカン、枝がついててその枝にはたくさんの葉っぱがついてたんです。
    弁当をしまう時に見つけて、笑ってしまいました。

    そして、肩の力が抜けて、実習に臨むことができました。
    保護者とも関係を気付くことができました。

    ありがと、お母さん。

    ユーザーID:1031154349

  • 私も参加させてください

    大学生の時、小売店の売り場でバイトをしていました。
    私自身、かなりとんがってて、仕事ができない仲間、変わりばえのしない仕事にイライラし、
    ぶすったれた顔でテキパキとレジをこなしてた時でした。
    買い物を終えたおじいさんが、ニコニコしながら、
    「あっこさん?ここ、長いよね?頑張ってね!」
    と。

    確かに3年間ぐらい働いていましたが、そんなに長いとは言えないし、
    そのおじいさんの顔も記憶してはいませんでした。
    名札を見て、適当なことを気まぐれで言っただけかもしれません。

    けれど、その一言で、見てる人はいるんだ。私の頑張りを認めてくれる人がいるんだ。
    と、嬉しい気持ちになり、また初心を思い出して頑張ろうと思いました。

    私もいつか、人生に余裕を作り、その余裕を他の人に分けてあげられるような。
    そんな人になれたら…と思います。

    ユーザーID:1803070500

  • 二回目の投稿です。

    もう一つ。
    ずっと薬が離せない病気になり失意のどん底だった私に保健師さんがくれたCDを吹き込んだカセットテープ。。「魔女の宅急便のボーカルコレクション」のうちの「めぐる季節」の歌詞<幸せ探す人が一番幸せだって>と「鳥になった私」の<人は、昔は、きっと鳥だったの>に励まされ頑張りました。結構人にプレゼントしました。あまりお店に置いてないアルバムで、いつも取り寄せました。

    あと辛い時あたってる人がいたのですが、その人から怒られたりマイナスのことを言われたことはなく、励ましてもらってばかりいた時、MONGOL800「あなたに」の<人に優しくされた時自分の小ささを知りました>という歌詞が胸に突き刺さりました。

    ユーザーID:5707961525

  • 救われました

    13年前の夏。
    ひどい振られ方をした私は、気持ちを切り替えるためにNYへ一人旅をしました。
    それまで、彼のことを考えなくてすむように忙しくしていたのに、飛行機の中で灯りが消えた瞬間、
    「彼は、彼自身を守るためなら、私を傷つけても平気だったんだ」
    という思いがこみあげてきて、涙がとまらなくなりました。
    すると、私の泣き声が聞こえたのでしょう。隣の席の女性が、「よかったら」とキャンディーを勧めて下さいました。

    とてもうれしかったのですが、泣き声を抑えるのに必死で、「ありがとうございます」と言うのがやっとでした。
    泣いているときに、甘いものを口にすると落ち着きますよね。
    それで、キャンディーを勧めてくださったのだと思います。
    飛行機の機内で、たった一人で泣いていた私は、その方の優しさに救われました。
    この掲示板をその方が目にしてくださることを願って、
    心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

    ユーザーID:5817212927

  • 俺は見てるでな。←若干方言

    忘れもしない社会人1年目。
    新歓当日(主賓・私)と、数ヶ月後に立て続けに事故を起こし免停になりました。
    車もなく、仕事も出来ず、職場になじめず、先輩にもキツくてたまらん、といった環境に身を置き、こんな情けない新人が何処にいよう?今日こそ辞めよう、と毎日すぎていく中でしぶしぶ参加した忘年会。

    ステージでふざけているような顔見知り程度のおじ様が、
    手持ちぶさたの私の所に突如来て、手を握り

    『がんばれよ。俺はちゃんと見てるでな。お前B型か?だろうな。B型は結構クヨクヨしちゃうだい。分かるよ。俺もそうだもんで気になっちゃうだい。』
    と顔を覗き込んで一言。

    疎外感と自信のなさで心が折れる直前に、この方言べたべたの響きが暖かく、理解者がいてくれた喜びで涙が出そうでした。


    その瞬間、気分的にも吹っ切れて、その後10年勤めました。今でも年賀状のやりとりが続いています。

    ユーザーID:4528270425

  • 私もタクシーです。

    12歳の時に母を亡くし、
    親戚をたらいまわし→施設に入れられて
    世の中を見返すつもりで
    肩で風を切るような勢いで生きていた20代の頃。

    仕事でも先輩後輩上下関係なく
    つっかかっていき、言葉づかいも
    最低だったある日、社長のおつかいで
    現金を持って銀行へ行くことになりました。

    で、つかまえたタクシーで、
    なにげなく行き先を告げた私に
    (○○銀行までお願いします、と言っただけなんですが)

    「いまどき珍しいきちんとしたお嬢さんだね、
    ご両親、お母さんの育て方が素晴らしかったんだね」と
    言われ目的地まで涙が止まりませんでした。

    お母さん、褒めてもらったよ!と
    今でも思い出すと泣けてきます。

    ユーザーID:9012805099

  • 情けない母さんと一緒

    私も二十年前、娘が三歳で自閉症だとわかった頃に娘を抱っこしてバスに乗っていました。
    車窓を見ながらも考えるのは娘の障害の事、将来に希望も見出せず不安で一杯な私に見知らぬおじいさんがバスを降りる時に一言、「幸せになっておくれやっしゃ。」と声を掛けてくださいました。

    その時は神様に声を掛けてもらえたような気がして本当に救われました。いまだに忘れられず、辛い時には思い出して幸せにならなくっちゃ!と思って頑張ってます。

    ユーザーID:2108901027

  • おばちゃんありがとう

    溺愛してくれた父を亡くし、何とか喪主をつとめ、「気丈にふるまって偉いわ」
    「しっかりしてて安心した」などと繰り返し言われるうち、何故か全く涙が出なくなってしまっていた私。
    納骨が済み、知り合いに会うのが嫌で家から遠いスーパーに行った時のこと。
    食欲が湧かず、空っぽのカゴを持ったままぶらぶらしていると、
    「お姉さん!食べていかない?美味しいよ!」と、実演販売のおばさんが声をかけてきました。
    私の顔をのぞきこんだおばちゃんは、「そうだ、おばちゃんもう帰るとこでさ。
    これもって帰って作りなさい。ドレッシングもあげるから。」と、袋にリンゴとレタス、
    売り物のドレッシングを入れてくれました。そして、念を押すように
    「絶対美味しいから。食べてね。」と言いました。
    スミマセン、アリガトウ、とぎこちなく頭を下げ、足早にその場をあとにしました。
    おばさんが一瞬、「沢山食えよ」といつも言っていた父に見えた気がして、涙がこぼれてきたからでした。
    ひとしきり泣いたらお腹が空き、久しぶりに食べ物が美味しいと感じました。
    それ以来、リンゴとハムとレタスに白いドレッシングをかけたサラダが大好物の私です。

    ユーザーID:4536915442

  • あります

    初めての子の育児中に少しノイローゼ気味になり、
    すっかり自信を無くしていた時近所の公園で通りすがりの年配の方に
    『まあ可愛い!いい笑顔ね、きっとお母さんの育て方が上手だからよ!』と言われ、
    何だか認められ気持ちがして泣いてしまいました。

    初めての子育てって想像以上に不安だらけ、周りのフォローは大切ですね。
    あの時の何気ない言葉に本当に救われました。

    ユーザーID:9959036546

  • オバマ政権!

    何年もの間在米なのに、他国から帰ってくる度(私にとっては帰ってくる)に入国の際質問攻めに合い、この国にとって私はいつまでもたっても所詮外国人、と心に刻んでいたのですが。 オバマ政権になってから、外国人の私にでも入国の時に長年の在住と判ると、”Welcome home"(おかえりなさい)と言ってくれるようになりました。 おもわず涙が出そうになりました。

    ユーザーID:7592078504

  • 借金で苦しかった時

    クレジットカードや金融から借りたお金の返済で自転車状態だった時、
    電話した金融の職員と話している時に泣いてしまった私(かなり精神的に参ってました)
    そんな私に
    『うちも取り立て厳しいから、借りるのは止めて自己破産申請した方がいい』
    と、言われました。
    その一言に勇気が出て、申請しました。
    闇金でいろいろトラブルがあったりするご時世で、こんな丁寧優しくしてくれる人がいるんだってうれしかったです。

    ユーザーID:5353498456

  • 円形脱毛

    若い頃、円形脱毛症になり、いつまでも美容院に行かない訳にもいかず、勇気を出して初めてのお店に行きました。

    「あ〜、コレ、ぼくもなったことあるんですよね」
    と美容師さんに言われ、ホッとしたのを覚えています。 

    円形脱毛症のお客さんを見たらそう言えというマニュアルがあるのかしら、と思うほど見事でした。

    ユーザーID:5037086807

レス求!トピ一覧