「相手が嫌なことはしない」の矛盾

レス122
(トピ主2
お気に入り136

生活・身近な話題

雨上がり

はじめまして。

小町では良く「自分が良くても、また世間がどうであれ、相手が嫌と思うことはしてはいけない」というコメントがあると思います。特に嫁姑トピ・夫妻トピなど。また私自身も自分の子どもに対して同様のことを言います。しかし、先日10歳の娘が友達といざこざがあり注意したところ、それに対して以下のように反論されました。

「私は逆の立場でも嫌とは思わないが、相手が勝手に嫌と思っているだけ。それを私に対してやめろというのは、私に対して”我慢する”という嫌なことをさせるわけで、『相手が嫌と思うことをしてはいけない』ということと矛盾する」と。

小生意気なガキの屁理屈ではありますが、屁理屈も理屈。
確かに小町でトピ主に対して「相手が嫌なことはしてはいけない」というレスは多く、トピ主がそれを実行した場合(内容にもよりますが)逆にトピ主自身が嫌な思いをするんじゃないかな、と思うものもあります。

抽象的で申し訳ないのですが、何となく分かりますでしょうか?
口ばかり達者な娘に何と言って理解させれば良いでしょうか?

ユーザーID:9091611379

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数122

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まず自分がちゃんとするということ

    『相手が嫌がること』の"相手"とはあくまでも相手であって、自分に置き換えてはいけない。
    『相手が自分に嫌なことをさせる』ことと、自分がどうすべきかはまったくの別物。

    このふたつがポイントだと思います。

    ユーザーID:8796243525

  • 思いやりとか優しさゆえに相手を尊重します

     それが、思いやりとか優しさなのではないですか?

     相手の意見を通せば自分が嫌なことを我慢することになるけれど、相手に嫌な思いをさせるのは気の毒だとか・・・。

     「思いやり」「優しさ」を示せば、その後もっと人間関係が楽しくなるんだということを教える機会には出来ないでしょうか?

    ユーザーID:3576884761

  • 簡単

    トピ主さんは、娘さんが嫌がる事(その行動をやめるように言う事)をしない。
    娘さんは、相手が嫌がる事(その行動を続ける事)を自主的にやめるようにする。
    これで解決です。

    屁理屈も何も、娘さんが相手に対してその行動を続ける事自体が、そもそも「相手の嫌がる事をしない」の概念からは外れているのですよ。
    自分は嫌だと思わないとか関係ありません。
    もともと「相手が」嫌がる事という前提なんですから。
    屁理屈にもなってないですよ。

    ユーザーID:2392569842

  • 屁理屈を言うな!と一喝する・・・

    >口ばかり達者な娘に何と言って理解させれば良いでしょうか?

    一言で言えば、なめられてるんですよね。
    本気で怒ってないからじゃないですか?
    オシッコちびるぐらい(比喩表現ですよ、念の為)怒らないと。

    >屁理屈も理屈。

    多分、お子様はトピ主に似たんでしょうね。
    子供同士なのでいざこざ自体は良くあるのでしょうが、何か理屈をつければ相手に嫌がらせOKという歪んだ考え方の出来るお子様ってのはいただけませんね。

    ここまで書いて、ふと気がついたのですが、

    屁理屈を言うな!と一喝する・・・
    とアドバイスしても、トピ親娘からの屁理屈が返ってきそうですよね(笑)

    と言うことで、以下のアドバイスも書いておきますね。
    トピ主に荷が重いとお感じならば、学校の先生も交えて話し合ってみてはどうですか?
    もしくは、学校に専門機関に紹介してもらい、相談してもよろしいと思います。
    理詰めで徹底的にやりましょう。

    大袈裟ですが、屁理屈をこねれば、より一層大事(おおごと)になることを身をもって体験させるのが一番良いのではないでしょうか。
    社会性を学ばせる良い機会かもしれません。

    ユーザーID:8462050447

  • まぁ〜口が達者ですね



    要は、「自分がされてもイヤだと思わないことは、相手もイヤとは思わないはず(思ってはいけない??)」ということでしょうかね?それこそ独りよがり、自分勝手というものでしょう。相手がイヤと思うかどうかは、実際のところ聞いてみなくちゃわからないですよね?それを推し量って、相手に対してそれをしないというのが「思いやり」というものではないでしょうか?

    「自分が『我慢』というイヤなことを強いられている」と思うのは、つまるところ「自分が損をしている」と感じるのでしょうか?「私は、私が、、、」と自分の主張ばかりで相手の意見を聞き入れないのは、単なるワガママ・ジコチューです。相手が居る以上、多少の妥協は必要だと思います。それが人間関係ではないでしょうか。

    ユーザーID:0613539438

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 具体的にどのようなことですか?

    その屁理屈だけでは回答のしようがありません。

    どのような場面なのか例を出して説明していただけませんか?

    ユーザーID:0265117759

  • 「してはいけない」部分が指すのは

    『相手が嫌と思うことを 相手に してはいけない』ではないでしょうか?

    自分がしたいことを自分に対してするのは問題ないと思うのですが?

    ユーザーID:9424862781

  • 難しいですよね。

    娘さんには娘さんの言い分があるのだと思うので、
    その一件に関しては静観でいいと思います。

    ただ、難しいんですよね。掘り下げて考えてしまうと。
    「人が嫌がることをしてはいけない」
    「人に嫌われないようにしなさい」
    「優しい子になりなさい」「我慢強くなりなさい」等々・・・

    状況や出来事の発端原因によっては、理屈や正論が当てはまらない場合も多い訳で。
    相手が『人間』であるが故に、子供達の関係といえども
    大人達と同様に、それなりに色々悩んでいるわけで。

    うーん、難しい。

    ユーザーID:7247247751

  • 私なら・・・

    「相手が嫌がっているのにやめてあげないということは、相手に我慢させているってことだよね。あなたも我慢は嫌なんだよね。じゃあ、やっぱり逆の立場なら嫌なんじゃないの?」
    と応戦しちゃいそう。

    もしくは、「相手も『我慢は嫌って勝手に思ってる。私なら我慢は嫌じゃない』と言うかもよ」とか。

    お互い価値観が合わないときは、どっちかが我慢でどっちかが希望を全部通すんじゃなくて、中間地点を話し合って歩み寄るっていう方法もあるよ、って言うかな。

    ユーザーID:4192046316

  • この程度で論破されてはダメ

    具体的に何を指すのかわかりませんが、
    「私は逆の立場でも嫌とは思わない」というのは屁理屈です。
    トピ主さんは、公平に見て、娘さんの言い分は正しいと思いますか?
    娘さんが友だちに同じことをされても、
    絶対にイヤとは思わない、と断言できますか?

    それだったら、その友だちがただ我が儘なだけです。
    でも、そんなことってあるのかな?

    それと自分がされてもイヤとは思わないけど、普通の人はイヤだと思うこと。
    そこの線引きはきちんとできてますか?
    普通の人はイヤだと思うことなら、自分がされてもなんとも思わない、
    という論理は通用しません。

    最後にもう一つ。
    自分がされたらイヤなことは、誰に対してもしない。
    他の人が嫌がることをしないこと。
    それを我慢とはいいません。

    ユーザーID:5401963040

  • 典型的な屁理屈ですな(笑)。

    反抗期なのでしょうか。
    屁理屈に理屈で理解させようとしても堂々回りになるだけでしょう。
    理屈をこえたところに答えがあるのですから。
    そもそも『人の嫌がることはしない』というのは理屈ではなく、道徳やモラルの部類です。これらは無理に理解『させる』類いの問題ではないと思います。
    自らがそう思わなければ意味がないのですから。

    娘さん、おそらく心の底では分かっていらっしゃると思いますよ。要するに意固地になっているだけかと思います....。

    ここは、まともに対峙するより、静観してみてもよいのではないでしょうか。
    理解させるというより、自らがそう思うよう『導く』といった感じで接してみてはいかがでしょうか。そう心配するようなことにはならないと思いますよ。

    ユーザーID:5141578684

  • あはは

    私はそういう娘さんの生意気さ、嫌いじゃありません。
    疑問を持つことで、納得と解決を繰り返し、思慮深い大人になって貰いです。


    娘さんにはこう説明すれば?

    ●思いやりはポイント制。

    相手の嫌だと感じることをしないとポイントが1たまる。
    逆に我をとおして嫌な思いをさせると2減る。
    「どんなことを我慢するか」ではなく、相手を大事にして相手の気持ちを考えて行動するとポイントが1つく仕組み。

    そして、自分だけがポイントを貯めているわけではなく、相手も「娘さんはこれ、イヤだろうな」と思うことを我慢していることが絶対にあるはず。

    ポイントがゼロになるとその友達は去って行くし、困ったとき助けてくれない。
    逆に、ポイントを沢山持っていると、いつか助けてくれたり、喜しいことをしてくれたりするラッキーチャンスが増える。

    自分だけが我慢しているわけではなく相手だって我慢してくれている。

    自分の嫌なことは人にもしない、というのは、目安で、最低ラインのこと。

    自分はよくても相手が嫌なことを想像してあげられる人が思いやりの上級者です。

    ユーザーID:0980590441

  • こわい子供さん。

    大人向けになりますと、
    セクハラは受けた側がセクハラと思うなら、
    相手が「そんなつもりはなかった」といってもセクハラです。

    いじめも然り。
    相手がいやな思いをしたというなら、
    それはいじめです。
    いじめる側が「私はそうされてもなんともない」と言っても。

    人の感覚や感性は千差万別です。
    その中で折り合いをつけていくものでしょう。
    娘と友達は違うのよと教えることでしょう。

    認め合う、
    差をなくす、アンバランスをなくす。
    難航すれば第三者に聞いてもらうということも大事でしょう。


    最悪、
    失礼ながら娘さんは、
    「他虐的な傾向にある子供」ですか?
    人の苦痛を喜んでしまうタイプですか?
    娘さんは、
    相手がいやなことをやめることは私は我慢することになる、
    というわけでしょう?

    私の快感を損なうと考えている子供さんですか?
    まさか、そういう話じゃないのですよね。

    十人十色です。
    いやなことはしたらいけません。

    ユーザーID:9040647877

  • さすが女の子ですね!

    女の子も10歳ともなれば、ああ言えばこう言う、口が達者になり屁理屈をこねるものです。

    でも心配は無用。
    娘さんは自分が屁理屈を言っているということを百も承知ですから!

    娘さんを上からぎゃふんと言わせる方法はいくらでもありますよ。
    まったく同じことの逆を娘さんにしてみればいいのです。

    例をあげましょう。
    娘さんの嫌がることを仮に「顔に虫を投げつけること」としましょう。
    お母さんが娘さんに虫を投げます。娘さんは泣いて怒ります。
    その時にお母さんは娘さんが言った屁理屈とまったく同じことを言えばいいのです。

    「お母さんは虫を投げつけられても全然いやじゃないから、あなたに投げた。
    それを拒否して怒るということは、お母さんに『虫を投げる』我慢をさせている!」
    とね。

    でも、そんなややこしいことを目には目を、のようにする必要はありません。

    単なる反抗期なだけですから。

    「相手の嫌がることはしてはいけない、の意味が理解できない
    おバカさんはみんなに嫌われるだけだよ」と、放っておきましょう。

    ユーザーID:4637208780

  • 威厳をもって人の道を説く

    矛盾なんかしてないでしょう。
    親は我慢を強要しているのではなく、人としてあるべき道を説いて導いているのです。

    自分は平気でも、相手が嫌だと感じることを知りながらもやることが正しいことなのか。
    嫌だということがわからなかったというなら、人の気持ちを思いやる想像力が欠如している。
    理屈をこねて自分を正当化し、あえて嫌なことをやると言うなら、あなたの人間性を疑う。
    自分さえよければいいという傲慢な人間に育って欲しくはないと言ってやってください。

    それでもまだ理屈をこねるようでしたら、トピ主さんが平気でもお子さんが嫌だと思うことしてやったらいかかがですか?
    お子さんが「やめて」と言ったら、「あなたが勝手に嫌だと思ってるだけでしょう?お母さんに我慢させるの?」と言ってやりましょう。

    どんないざこざかはわからないですが、お子さんの言い分をちゃんと聞きながら話し合って解決できたらいいですね。

    ユーザーID:0488695730

  • イロイロだけど

    「人はそれぞれ違う。自分は全く嫌じゃなくても、相手が嫌と言ったらやめなさい」
    「あなたは、友達が嫌と言ってもやめないの? 好きな人が嫌と言っているのに?」
    「自分に我慢させるのが悪いと。で、世の中みんながそう言いだしたらどうなる? 
    まずは、相手が嫌と言ったらそれをやめることから始めるしかないんじゃないの?」

    後は、拳骨して「屁理屈言うな!嫌なもんは嫌なんだ。自分自分てうるさい!」と怒鳴るか。
    個人的には、こういう有無を言わせぬ躾ってのも必要な時があると思います。
    理屈ではなく「オマエ、そういうのは頭で覚えるんじゃない。
    体全体で覚えるんだよ。それができないのは、大事な何かが身についていない証拠なんだよ」と言いたくなることってないですか?

    ユーザーID:6857208758

  • そもそも

    娘さんは良くても、第三者であるトピ主から見たら、明らかに娘さんが悪いと判断して注意されたのでしょう?
    でしたら、その「悪いこと」を主題にして注意すべきではないでしょうか?
    我慢することが嫌なこと、というのは屁理屈でもありません。ただのわがままです。
    社会に出す前にしっかりとご家庭で教育してもらいたいですね。

    ユーザーID:8071480410

  • 矛盾なんてないでしょ。

    意味を教えず、人の言葉で子育てしようとするから簡単に言い負かされるんですよ。

    >私は逆の立場でも嫌とは思わないが、相手が勝手に嫌と思っているだけ。

    相手が嫌だと思っているのでやらないようにしてね。
    以上。

    それと、「娘が嫌なことはしない」ことは別の話。

    >それを私に対してやめろというのは、

    だれがやめろといっているのかよく分からないですが、
    やめろと言うのがtopi主さんだとすると。

    1.未熟な娘に苦言を呈するのは親の役目。娘がいくら嫌がっても道から外れるなら、親は止める。がきが生意気言っているんじゃない『ごつん』

    2.相手が嫌がっているのが解からないのは娘の想像力がないと言う事だ。娘が非常識なのか、相手が非常識なのかは分からないけど、娘が未熟であるから相手が嫌がっている事を理解できないのではないのか?「よく考えろ!『ごつん』」

    3.「娘が嫌がる事」を「相手にしては行けない」と言っているのではない。「相手が嫌」だからやめろと言っている。『ごつん』

    ユーザーID:3088315511

  • 回答

    「相手が嫌なことはしない」の本質的な意味は、
    自分と相手のどちらか一方が必ず嫌な思いをする場合には
    自分がその嫌な気持ちを引き受けなさいという意味です。

    つまりそれは「ゆずりあい」です。

    娘さんと友達の間にある「嫌な気持ち」は娘さんが引き受けなさい
    ということ。

    一方で、お母さんの注意は娘さんにとって嫌なことかもしれないが
    注意してもしなくてもお母さんに嫌な気持ちは引き受けられません。

    これが屁理屈返しです。

    でも本当は躾の話なので、もっと親らしく言っても良いかと。

    お母さんは「我慢する」ということを教えているけど
    娘さんは友達に我慢を教えようとしているわけではない。
    (「私は逆の立場でも嫌とは思わない」と言っているから)
    教育に関しては「嫌なことはしない」は当てはまらない。
    何故なら教育を受ける側はその当時には教育のありがたみが
    分かりにくいものだから。

    ユーザーID:3893502314

  • 何をしたの?

    何をしたのか?にもよるかもしれませんが・・・。

    「私は逆の立場でも嫌とは思わないが、相手が勝手に嫌と思っているだけ。それを私に対してやめろというのは、私に対して”我慢する”という嫌なことをさせるわけで、『相手が嫌と思うことをしてはいけない』ということと矛盾する」

    矛盾しませんよ。
    お子さんの立場だけで話すれば良いだけです。
    自分の立場からみて相手が嫌だと思うのならばしなければ良いだけです。
    それを我慢することによってものすごくストレスがたまりやっていけないのならば
    その事を相手に伝えればよろしい。
    そうすれば相手も「ごめんね」で意思の疎通が出来てお互い思いやる心が育つことでしょう。

    ただね。
    相手が嫌がる事をしてそれを我慢することが自分自身にとって嫌な事って何?と思いますね。
    ただの喧嘩かしら?
    それならば両成敗です。

    ユーザーID:8730444477

  • 賢そうなお嬢さんですね。

    ママは誰かに
    「ブス、馬鹿」と言われたらとても嫌だわ、悲しくなる。
    その人が言いたい気持ちを我慢させるのは嫌な事を無理強いするという事なの?
    (簡単に、我慢させず言わせるという事?でも良いかな)

    そか、そういう考え方もあるのか。

    と言って終わりにします。
    それだけの理屈が言えるのであれば本当の事はもう分かっているはずです。

    口が達者で言い返そうとしてくるのであれば
    諭そうとすれば、なお折れないと思います。

    言い分は認めて、
    (認めるというより、こう言いたいのねと)
    ママはこんな気持ちになったんだ。

    という手もありかと。

    ユーザーID:0505633940

  • 本人に考えさせてみる

    娘さんの主張、理解できました。頭いいですね。

    「だからと言ってあなたがそれをしたら相手が嫌がる。
    では、どうしたらどちらとも嫌がらないのかな?」
    「相手が嫌がるのを無視してまであなたがそれをしたい理由は何?」
    魔法のような言葉は持ち合わせていませんが、本人に考える機会を与えてみてはいかがでしょうか?
    一方的にダメと言われたと思って反抗しているようにも見えたので。

    ユーザーID:3340468134

  • そうなんですよ

    やっとそこに気が付きましたか。

    小町では特に顕著ですが、タイトルの内容を女性が主張する場合って、
    自分の属するポジションに一方的に合わさせることのみを目的として
    要求を正当化する場合によく利用される理屈ですよね。
    ただ、その時点で娘さんの言うように相手側へは諸々の負担を課しています。
    権利意識の塊になった人はそれに気が付かない、
    指摘されても屁とも思わない人ばかり。
    娘さんはその矛盾点に気が付き、それを悪用して正当化しているのですね。

    小町では多くの男性が、あくまでバランスを考えてお互いが折り合いを付け、
    お互いに思いやった上で「相手が嫌なことはしない」というのを
    お互いがやっていこうと考えて問題提起しています。

    小町での男女の意見の食い違いはここなんですよ。

    娘さんには、是非とも「お互いが」という意識を
    芽生えさせてあげてください。
    その気持ちさえあれば自然と本来持つべき
    思いやりの上での考え方になるでしょう。
    ただ、その前にトピ主さんにその考え方が無く、
    「やらせる」「従わせる」という考えでは矛盾点が拡がるばかりで
    娘さんへの悪影響を助長させることになるでしょう。

    ユーザーID:4719163533

  • 嫌なことの内容にもよりますが

    ばかやろう!お前がしようとしなければ、「嫌だからやめてくれ」と言う手間がはぶけたのに
    そうせねばならなくなったんだ。嫌というのには非常なエネルギーを使うんだ。
    そこを伝えてくれたんだ。それとお前の我慢はトントンだ。嫌と言ってくれたことに感謝するがいい!

    と、伝えるでしょうかね…
    「下着を脱いで触らせてください」「嫌です」「私はあなたが嫌といったら止めたいい人、
    あなたはあなたが嫌だからと私に我慢させた、ひどい人です」
    笑い話みたいですね。

    こういうことは「嫌なこと」の内容にもよると思いますが、犯罪行為と照らし合わせれば
    いいのではないでしょうか。
    金よこせ!いやだ!おれに金を盗ることを我慢させたな!
    この会話をどう思う?と…。頭のよいお子さんのようだから、
    すぐ理解すると思いますが、どうでしょうか。
    大切な人が「生きるのが嫌だ」と死のうとすれば、嫌がっても止めますから、
    やはり、嫌なことの内容によりますね。難しいです。

    ユーザーID:6095208853

  • そうですね〜

    娘さん、生意気ですね。
    子供の頃の私のようです。

    そうですねー。

    「お母さんは、あなたの思いやりのあるところをもっと伸ばして欲しい。あなたのやさしさをお友達にもっとみせてあげて欲しい。」

    とでも、言ってみちゃあどうでしょうか。
    言われた娘さんはその時は憤慨するかもしれませんが、きっと後で考えると思います。
    ちょっぴりあきらめたような悲しそうな表情で穏やかに冷静に言って下さい。女優になったつもりで演技して下さい。

    娘さんがやさしい性格かどうかはともかく、言動を否定されると意固地になって反論するタイプ(+お年頃)のようですし、弁が立つからには頭の回転が速く思慮深い一面もあるのではないでしょうか。
    褒める方が得策のような気がします。憎まれ口をたたいても、母親にはいつも味方になって欲しいはずです。

    ユーザーID:5828140695

  • なかなか、頭の良いお子さんですね。

    おお〜そうくるか〜って感じですね。


    私なら、
    『確かにあなたの言うことにも一理あるが、問題なのは他人に迷惑になるかならないかと言う点。
    相手が嫌がることをすると不快にさせ、相手に迷惑をかける。
    対し、あなたが我慢することは、あなた自身の問題であって、
    他人の迷惑にはならない。
    我慢するとはそういうものだ。自制することも事も学べよ。』

    とか何とか言って、屁理屈には屁理屈で対抗します。

    うちの三姉妹は上が小学生になったばかりですが、じきに屁理屈こねて
    親子対決する時期に突入でしょうね・・・。
    楽しみ楽しみ。

    ユーザーID:3593360337

  • それしか教えないからでは?

    普通は、1番目に
    「自分がされて嫌なことを相手にも、してはいけない」って教えるのではないでしょうか?

    その上で、2番目に
    「たとえ自分がされて嫌でないと思っても、相手が嫌だ、止めて欲しいと言うなら、してはいけない。」

    その場合、「相手の気持ちを尊重し、自分が我慢することになっても、してはいけない」と教えるのでは。

    あと、自分がされて嫌でなくても、常識として「してはいけない」こともある。と教えることも必要ですよね。

    「相手が嫌なことはしない」だけだと、お互いが相手側の気持ちを判断しないといけないから、ややこしくて人間関係が成り立たず、お互いが仲良く暮らすことはできない思います。だから娘さんのような理屈も成り立って、「正当」にきこえるのではないでしょうか?。

    もっとも相手が「変人」の場合はこの限りではありませんが。

    「他人に迷惑をかけない」ってのも似てますね。これ「だけ」教えると、「迷惑かけてないから何をやってもいいだろう」っていう論がまかり通ります。

    ユーザーID:6007832975

  • これでどうでしょう〜! 

    相手あっての 自分と考えるか、自分あっての、相手と考えるか?の違いではないでしょうか? どちらを主体にするか?です。 一般的には 相手があって、自分があると考えたほうが 相手に自分を添わせることになりますから、(相手の嫌な事はしない=相手を大切にする)そこには、協調性が生まれる事になります。 自分が、自分がとなると、なかなか人に好かれる事は難しくなると思いますが、いかがでしょうか?自分が嫌でなくとも、それを嫌と感じる<人>がいる という事は、他人を認識する上に於いても とても重要な事ではないでしょうか?

    ユーザーID:1411400083

  • こんなふうに

    ・「自分が人にされて厭だと思うことは人にしない」
    ・「人が嫌がることはしない」

    これって基本でしょう。

    それができない人は、自制心に乏しく、我が儘、自己中心であり、
    人の迷惑を全く考えないですし、何事にも逆恨みし危害を加えたり、理不尽な行為をする、悪意ある噂流すなどを平気でする非道い人です。
    そんな人間でも上辺はいい人を装っていますからなお立ちが悪い、ごくごく平凡な外見でお国なまりがある物言いで良い人を周囲にアピールしたりと、一見なら必ず騙されます。心底自分のことしか頭に無い酷い人間です。

    やはり我が儘に育てるとろくな人間にならないですから、
    今から、しっかりと教育なさったほうがお子様の将来の為です。

    ユーザーID:5379696061

  • 凄い・・

    娘さんだと10歳でもうそんなことを言うのですね!
    立派ですが、自分勝手を正当化するのは不安ですよね。

    人それぞれに正義があり、娘さんにもトピ主さんにもそれぞれの正義があるという上で
    「私は、自分の娘がそのような事をするのは悲しいから注意をしたが、あなたはそれで嫌われても構わないのならそうすれば良いよ」、、、ということかなぁ、。
    相手の子が何をされたかにも寄るんですが。
    相手に悲しい思いをさせ、それでいいと思う子はどうかと思うけどとか、、うーん、責める言葉無しに説得は難しいですね。

    けれど娘さんの言うとおり、トピ主さんの理屈を受け入れる必要も無いといえば無いのですよね。
    大人はその後にある嫌な思いや悲しみを知っているから、あれこれと言いたくなりやり込めたくなるのですけど。

    もしかしたら止めなさいといわれるから、余計意地になってたりしてるかもしれませんね?
    勝手な事ではありますが、娘さんはトピ主さんに判って貰いたいのかもしれません。

    トピ主さんのその気持ちを「説得させる」というの無しに正直に言葉にしてみてはどうかしら?
    その場合矯正するかどうかは本人次第ですが..

    ユーザーID:9152747408

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧