上げ膳据え膳の殿方の将来

レス19
(トピ主1
お気に入り29

生活・身近な話題

ゆりね

40代女性です。
良い義理両親(ふたりとも70代)に恵まれた私は幸せだと思っています。
私たち夫婦宅から車で1時間の距離に義理両親はふたりで住んでいます。

舅(北陸地方出身)は亭主関白で、家で横のものをタテにもしないタイプです。
ずっと専業主婦だった姑は、かいがいしく舅の身の回りの世話を常にしてあげています。
食事のときも、舅は席に着いたら一度も動きません。上げ膳据え膳です。
お茶!といえばお茶が出てきます。
コーヒー!新聞!と怒鳴ればすぐに出てきます。
食べた後にお皿を下げるなど一度もしたことないと思います。
だいたい台所に入ることすらないようです。(私は一度も見たことありません)
70代以上の年代の男性はこういう方もめずらしくないのかもしれませんが・・・

だとしても、ヨメの私はふと思います。
(姑が先にいってしまったら、残った舅はどうなるんだろう・・・)
(誰かが代わって同じような世話を強いられるのではないか・・・)
姑は「この人を看取ってあげないとねー。私がいないと、何も出来なくてかわいそうだから」と言いますけど、
将来どちらが先にいくかなんてわかりませんよね・・・

要介護状態の人でもないのに、手取り足取り面倒を見るなんて・・・私、出来ません。

もしこれが自分の両親ならば
「お母さん、お母さんが先に死んだらお父さん生きていけないじゃないのよ、少しは自分でやらせてよ」
とか言えますけど、義理の親なのでそんなこと言えませんし、
夫にも言えません・・・

親御さんや義理の両親がそういう状態だという人、いませんか?
将来的に、危惧を感じませんか?
今から出来ることって何かありますでしょうか・・・?

ユーザーID:0350905764

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 似たようなもの

    うちの父親も似たような感じです。
    でもラーメンくらいは作れるし新聞なども自分で取りに行くから、トピ主さんとこの舅さんよりはちとましかも。
    同居しているわけではないなら舅姑に対してできることは無いでしょう。
    しいていえば、姑さんが舅さんより元気で長生きできるよう祈る・健康に良いもの送るくらいじゃないですか。
    亭主関白してる人は威張ってるように見えて精神的に奥さんに依存してることが多いです。
    だから奥さんに先立たれた夫の寿命は短いんでしょうね。
    トピ主さんの場合、旦那さんに兄弟がおありかわかりませんが、姑さんが舅さんの面倒見れなくなったら誰かが引きとって同居って話になるかもしれませんね。
    トピ主さんちに来ることになっても、トピ主さんを奥さんみたいには使わないでしょう。だって他人だもの。
    すごーく遠慮して不自由しながら暮らされることになると思いますよ。でもそれは仕方ないことと思います。
    うちは将来父が残されたら引きとって住むつもりです。
    実父なので言いたいことは言うし、楽隠居なんてさせません。
    家にいる以上はいろんなこと手伝ってもらうつもりです。

    ユーザーID:8862238907

  • 家も そうですね

    家の夫今49才ですが、20才で結婚した時からそうですね。
    で、今でも「晩酌のあては何しな」「ごはんのオかずに何しな」。箸も取りません。

    口であれこれ言いますが自分は動かないです。

    舅も頑固で融通が利かず、姑は魚とか舅のを骨取って上げたりしてまし。
    育った家庭がそうなので、今は仕方ないと思ってますけど。
    男は強いもの、台所に立ったりとんでもない世代の様ですから、主さんの姑さんも無理してやってるんじゃ無いとは思います。

    主さんがこれ位やったら?と言ってももう治らないし、夫婦の事だから放っておきましょう。

    ユーザーID:2782128074

  • そのまま

    兄嫁の話です。
    兄嫁のお母さんが初期のがんで2週間入院しました。
    何もしないお父さんが一人家でお留守番。
    兄嫁は食事、洗濯などの家事をする為、
    実家へ通っていました。
    こんな事情のときでも、酒のつまみまで用意させたそうです。
    昨日の残り物とかは絶対食べないそうです。
    お母さんが甘やかしていたのかもしれませんが、
    嫁いだ娘にそこまでさせるか?とびっくりしました。

    でも、トピ主さんはお嫁さんですからね。
    少しは遠慮してくれるのでは?
    旦那さんが話のわかる人なら、
    間に入ってもらえればいいのですが・・・。

    一度面倒を見てあげたら、期待されるので
    最初から線を引いておいたほうがいいと思います。

    ユーザーID:6473922007

  • 我が家もです

    とはいっても夫ですが・・・。
    そして夫38歳、私32歳。

    うちは「コーヒー!」などと上から言う人ではないけれど、言われる前に出しています・・・。
    もちろん箸置きすら出したこともないし、10年以上一人暮らしをしていたけれど
    ごはんも炊けません。パンは焼けますが、使ったバターを出しっぱなしなので溶けてしまいます。

    最近はだいぶ治ってきましたが、「自分でやる」という意識がそもそもないようです。
    なぜなら義母が真綿で赤ちゃんをくるむように主人を育ててきたからです。
    結婚式の日も靴下が曲がっているといって足先を直していたくらい。
    (気持ち悪かったです)

    今後子供ができたら主人の世話と両方はキツイから、今から自立してもらおう・・・と
    思ってはいましたが、無理だろうと半ばあきらめていました。

    このトピを読んで、最後はもしかしたらお嫁さんに迷惑をかけるのか!と
    初めてそこに気づきました。
    姑の尻ぬぐいは私がせねば・・・。

    とても参考になりました!
    ありがとうございました。

    ユーザーID:2939150523

  • 取り越し苦労です

    その時にならないとわからないですよ。
    長年ふんぞり返っていてもやってこれていたのは妻相手だからであって、
    嫁を同じように顎でこき使うかどうかはわかりません。
    座り続けて怒鳴っていても放っておけば、血管切れるまで怒鳴り続けるか、仕方なく
    自分で動くかは本人のやる気体力次第です。
    私の実父も狭い部屋で家族四人で鍋をした時に、目の前に鍋があるのに母に取り分けろと
    要求し、母に「目の前にあるんだから自分で入れて」と言われると食器を放り投げて自室に
    籠もったりするくらいの人でしたが、母も娘も言いなりにならないと徐々に分かってからは
    自分で出来ることが色々増えました。

    ボク、怒鳴る人、
    ワタシ、動く人

    の図式が成立するとこうなります。成立させなければいいのです。
    関白は家来がいないと成り立ちませんから。
    自分で適度に身の回りが出来ないと認知症になったりするのも早いと考えています。

    ユーザーID:9502453242

  • 父は72歳

    家の父は最近まで何もしなかったけど
    母がもともと体が弱く70歳過ぎてから
    洗濯・掃除・ご飯などを積極的にやるようになってきてます。

    凄い時はアイロンまで。

    そういう人って同世代の(もしくは年上)の同性が
    やってるのを見ると右に倣えで、「俺のほうがずっとうまくできる」と
    負けん気だしてやってくれるかも?

    ユーザーID:9808494928

  • うちの父親は

    料理好きで自分で勝手に作って食べるので、うちの両親は二人暮らしですが、母親が入院しても特に食生活とか苦になりませんでした。洗濯だって教えれば出来るし。でも、なくなった舅は台所に立つ人ではありませんでした。この辺は長男と次男の違いなのかなって思いましたね。

    やっぱり自分のことは自分で出来るように慣らしていかないと。今更無理なことはわかってますが、実際一人になってどこまで出来るかってところですよね。健康なのに誰かを当てにするような人だと、この先大変かも?

    昔の人ははっきりいって面倒な人が多いのも現実です。今の時代だと離婚されてる人も多いと思います。今の人とはギャップありますから。姑が生きてるうちは生活変えないだろうし、色々難しいですよね。

    ユーザーID:9754108198

  • 夫婦の親、共にそんな感じでした

    36歳主婦です。

    主人の父も私の父も年代は違えどそんな感じです。
    私の母はそこまでかいがいしくなかったので、半分は私の責任かもしれません。小学生の頃から父に果物の皮やゆで卵の殻をむいてあげていました。
    お茶もいれてあげていました。

    そして母は11年前47歳で他界しました。私は既に結婚していましたので世話をする人は傍にいません。(車で1時間の距離)
    仕方なく自分でやるようにしていましたね。でもメールで「唐揚げってどう作るの?」「いおなりさんの油揚げってどう味付けるの?」などの質問が毎日の様に・・・

    今は別件で疎遠なのでメールも電話もありません。どうにか自分でやっているようです。

    主人母はかいがいしい方でしたが父の方が先に他界致しました。
    私の母の葬儀の帰り道「・・・頼むから俺より先に死なないでくれ」と言っていたそうです。

    母は泣いていましたが「でもお父さんより先に死ななくてよかったのかも」
    と、つぶやいていました。

    ユーザーID:5776414395

  • 結局は自分の心配?

    トピ主さんの心配事は、

    お義母さんが先に亡くなったら、お義父さん一人で大丈夫かな・・・

    ではないのですね?

    「良い義理両親に恵まれて幸せ」な割りには、結局は自分の事しか考えていないのですね。

    ユーザーID:6464327223

  • そりゃあそうでしょうV4さん

    なんでこういう性質の舅という他人のことを心配しなけりゃならないのか、
    そっちのほうがわかりませんけどね。

    私のお舅さんは人間として尊敬できる人なので、
    そういう人相手なら、もちろんお舅さんのことを心配します。
    私の舅がトピ主さん舅タイプなら、最終的にはシランということになるかもしれません。
    その舅が亭主関白で何も出来ない人なのは私のせいではありませんもの。
    もちろんトピ主さんのせいでもないです。
    夫がなんとかするでしょう。

    ユーザーID:0860967406

  • デキル人はデキル

    「男はでーんと構えて妻が甲斐甲斐しく世話をするのがあるべき姿」というプライドの高い男性は、「自分でせざるを得ない」状況になればそれはまたそれで今度は「それぐらい自分でも出来る」というプライドの下に頑張るものだと思います。

    ユーザーID:7067350529

  • わかります

    うちの義理の両親は義父・・・数年前に勤めていた会社が倒産後、働こうともせず家でダラダラ、家の事は全くしないくせに働いている義母の家事が不十分だと文句
             義母・・・安定して働かない夫の為にずっと働きづめ。夫に文句は言うが言っても動かないので自分がしてしまう。 といった感じです。
    正直義理の両親のことに口出しはできませんし、しても反感を買うだけだと思っています。ただ義母に何かあったら義父は困るだろうと思いますよ。
    でも、だからって私は同居も面倒も見る気はありませんし、夫から打診があっても断ります。
    ただ、唯一今現在している事といえば、義理の父の行動言動でどうしても許せない事や傷ついた時は夫に話すようにしています。
    あらかじめ理解しといてもらうことで、夫の気持ちも違うと思うので。

    正直先の事は分からないことだらけですよね。前もって準備や計画を練ることが可能なことは備えあれば憂いなしだと思うのですが、義理の両親は一つの家庭として何十年もそれで成り立たせてきているし、やはりそこは他の家庭として割り切ってそっとしておくしかないのではないかと思います。

    ユーザーID:3094296533

  • 父がまさにそうでした

    リモートに手が届かなければ叫んで誰かを呼んでテレビのチャンネルを変えさせるほど。自分でやるのはトイレと食べ物を口に入れることくらいでした。

    ところが、母が病に倒れたんです。生死をさまよう大手術3回、長い長い入院生活。海外に住んでいる私が帰国してみると、これは一体誰なんだ、、、?っていうくらい父が変わっていました。

    毎日床の掃除機かけ。毎日病室を訪れ、母の汚れ物を持ち帰って洗濯。調理はできないのでスーパーの惣菜ばかりでしたが、栄養のバランスを考えて、毎日野菜ジュースを飲んでいました。そればかりか「お前が好きだったから買ってきたぞ。日本にいる時にいっぱい食べていけ!」なんて言って、私の好物を必死に勧めるんです。

    私が帰国する前夜、父がしみじみ私に語りました。
    「母さんには苦労しかかけなかった。やったことがなかったから分からなかったけど、家を毎日守るってのは本当に大変だな。」

    母はかなり回復し退院しましたが、父は今でも毎日の掃除機かけと風呂掃除が日課で、母に「しょっちゅう掃除機ばっかりかけててウルサイ〜。」と言われています。

    その時がくれが、きっとやりますよ。

    ユーザーID:9110766767

  • 横です

    ガスモ小町さん

    >真綿で赤ちゃんをくるむように

    赤ちゃんを柔らかい真綿で優しくくるんだと言いたいのでしょうが、

    どうしても「真綿で首を絞める」の諺が浮かんでしまいます。
    この場合はこの比喩は使わないほうが宜しいかと。

    ユーザーID:9632328120

  • 悲惨な行く末です

    まさに舅が今、その状況です。

    絶対に先立たれるはずのない(勝手ですよね!)姑に先立たれ、
    ・「お米をとぐ」の意味すらわからず(やり方がわからないのではなく、意味すら知らない)
    ・当然ながらご飯の炊き方(炊飯器にスイッチを入れるだけなのに)がわからない、できない。
    ・スーパーや市場で買い物をしたことがないので、1人用パックの惣菜の存在すら知らない。
    ・ゆで卵の作り方を知らない。つまりはゆで卵以上のものが作れるはずもなく、一切の料理はできない。
    ・カップラーメンのみ自分でできるようになった。

    仕方なく毎日外食をしているようです。

    さんざん姑に迷惑をかけ通したツケが今まわってきたのです。
    自業自得だと思います。

    私は遠方に住んでいるのでどうしようもありません。

    ユーザーID:8136695285

  • 亡き舅がそうでした

    まさに上げ膳据え膳で、車の運転もできなかったため
    出かけるにも姑に車を出させていた人でしたが
    まさかの転勤になり、姑に舅の親の介護をさせるため自分は単身赴任に。

    給料を使い放題で毎食外食し(自炊できなかった)
    美食・暴食のために糖尿その他の持病持ちになって帰ってきました。
    食事制限ありでしたが姑が何を言っても聞かず
    悪化させて最後にはガンで亡くなりました。
    まだ65歳でした

    たぶん姑さんが先に亡くなったとしても
    嫁の私がお手伝いさんのように…いえ、看護師のように面倒見るはずないし
    自分で食事制限できなかったと思うので
    持病悪化は同じだと思うのです。

    結局早く亡くなる運命だったのでしょう

    ユーザーID:1714554240

  • 横です

    さつき様

    レスしようかどうか迷いましたが。

    「真綿で首を絞める」の諺はもちろん知っていますが、
    「真綿でくるむように(育てる)」もよく使われませんか??

    真綿=絹 という常識も廃れつつある今、
    江戸時代のお殿様が赤ちゃんの頃から絹の肌着、布団、着物で育てられるほど、
    別格の育ちという背景から生まれた言葉なことは
    あまり知られていないかもしれませんね。
    でも小学生の時のテストにも出た気がしますよ。

    連想なさるのはご自由ですが、意味を間違えたわけでもなく
    文章として成り立っているのですから、
    第三者からのご指摘は必要なかったと思います。

    ちなみに私のHNは、

    「ガスモ小町」ではなく
    「ガモス小町」です。

    ユーザーID:2939150523

  • 二世帯住居に住んでます。

    夕食時の義父がまさに、トピ文そのままです。そんなに偉そうには言ってませんが(苦笑)
    座ったまま「ビール。」「漬け物。」「リモコン。」「メシ。」と。
    義母はかいがいしくずっと動き回ってて、一緒に食事できません。義父が食べ終わってお茶を持ってリビングに行くと、ようやく義母は食べ始めます。
    義母は「一緒に食べたら食べた気がしない。お父さんがリビング行ってからゆっくり1人で食べたい。」と言ってました。
    しかし!毎朝の野菜炒め・目玉焼き・コーヒーは早起きの義父が作ってます。
    そしてみっちり一時間かけてすみずみまで掃除機をかけ(ソファーや電話台も毎回移動させて)、窓拭きや庭の草むしり、食洗機があるのに食器も洗います。
    昼御飯も義母がいれば義母が作りますが、いなければ勝手に義父がラーメンやらチャーハンを作って食べてます。勤めてる時は毎晩ピシッ!と翌日の服にアイロンかけてるのも義父でした。そうそう、お風呂をピカピカに磨きあげてるのも義父です。
    上げ膳据え膳でもやるときゃやる義父です。
    ちなみに私は別台所なので義両親の食生活・生活スタイルには干渉しません。(もちろん義両親からも干渉無しです。)

    ユーザーID:2113053900

  • レスありがとうございます

    レスしてくださった皆様、ありがとうございました。
    まずは、同じようなお父様やお舅様をお持ちの方がたくさんいらっしゃるということで共感を得て、
    気分的に少し楽になりました。
    けれどもそのような殿方が最終的にどのようになられたかは、人それぞれですね。
    「やるときが来れば立派におやりになる方」もいれば「いぜんとしてダメな方」も・・・
    結局、今からあれこれ考えても仕方がないというのが結論のようですね。

    riho様のレス
    >正直先の事は分からないことだらけですよね。前もって準備や計画を練ることが可能なことは備えあれば憂いなしだと思うのですが、
    >義理の両親は一つの家庭として何十年もそれで成り立たせてきているし、
    >やはりそこは他の家庭として割り切ってそっとしておくしかないのではないかと思います。


    これが結論なんだな、と思いました。
    彼らには彼らのやり方があるんですしね。

    とりあえず今のところは、「相手が健康なうちにしか出来ない」親孝行をしておこうと思ってます。
    そして将来状況が変わったらまたそのときに考えます。
    皆様おつきあいありがとうございました。

    ユーザーID:0350905764

レス求!トピ一覧