心や体の悩み

認知症の高齢母について

レス25
お気に入り32

やまだ48歳(女性)

健康

先日、80歳の母が認知症初期と診断されました。介護申請もしました。

アルツハイマーなのか脳血管性なのかはわかりません。(怖くて今は知りたくないのです…)ネットでは、当然ながら厳しい情報ばかりで落ち込んでいます。進行性なことも、今後長年壮絶な介護になることも覚悟は少しづつできてきました。家族会があることも知りました。

子供も仕事もあるので自分でできることには限りがあり、他人様に頼るしかない現実…。
目前の母の衰えが悲しくて辛くてたまりません。母は自立した女性でした。『子供に頼りたくない』が口癖でしたが、今は別人のようです。

世の中にはもっと辛い思いをしている方がたくさんいらっしゃるとは思います。最初は『突然母が死んだら私がショックすぎるから、神様はお別れの時間をたくさんくれたんだ』と自分を慰めました。
しかしながら、この世にこんな不幸はあるのかと思います。多くの人は親の介護や死という、想像を絶する悲しみを超えて生きているのか…?と、様々なことが頭をめぐっています。

経験者の方、渦中にいる方、何かお言葉をいただければ幸いです。

ユーザーID:7006070892

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数25

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親のことではないですが

    親にはある程度、直接かかわれますが、家庭を持っている自分のきょうだいが認知症になっても、その配偶者や子からどんな扱いをされていても遠くから見ていることしかできない。
    自分はきょうだいの近くに住んでいないし生活に追われているので何もしてあげられないのがじれったい。
    脳血管性だから一緒に生活していた家族が早期に発見出来ていれば、と思うと誰をも責められないが残念極まりなく思っています。

    お母様はお薬は飲まれているんでしょうか。
    進行は止められなくてもスピードを抑えられます。
    今は他人様に頼ることが必須の時代ですから介護保険など強制納入しなければいけない形なのですし誰にも憚ることはないと思います。

    ユーザーID:2718965611

  • 大丈夫ですよ。

    お母さんの認知症の診断聞いた時はショックでしたでしょう・・察します。
    これからお母さんと共に病気と付き合うあなたへ  聞いて下さい。私の母は、病名は違いますが、20年闘病の末64歳で天命をまっとうしました。私も母が発病し 少しずつ進行する過程をDrから聞いた時、一人泣きました。私にも家庭がありましたので同じ働くならと母を介護しながら仕事として介護職に就きました 
    今は、母亡き後介護専門職となり日々認知症の皆様の今を大切にお付き合いさせてもらってます。 

    介護当時に帰りますが、現実は母の世話、父の愚痴、いつかは訪れる母の死で潰されそうでした。これからのあなたの現実は山あり谷ありになるかも知れません、が今は認知症は何処にでも存在するコトが理解されてきた時代です。色々なサービス利用もあります。一人で悩まずオープンにしてください。行政も利用して下さい 必ず救われます これからをお母さんと共に上手に過ごしてください
    今、私は亡き母に守られしあわせです。

    ユーザーID:7490863517

  • がんばって

    もちろんがんばりすぎないように… 私は認知症の方を専門に介護している者です。
    息抜きを必ずしてください。 そしてお母様にとって心地いい空間を作ってあげてください…。とんちんかんな事を山ほど言うと思いますが、話を合わせるのです。
    きっとお母様のかわいらしいところが発見できると思いますよ。

    ユーザーID:6990666362

  • 経験者です

    約20年前に、父をおくりました。

    こういう問題に言及する時に「いつ父は亡くなったのか?」かが、今もわたしの中では決まりません。

    肉体が、動くことと社会性を喪失することのギャップは、今もわたしの中で葛藤になっています。

    厳しい状況ばかり、というのはそうだろうな、と思います。

    何をどうすれば、トピ主さんの心の平安に結びつくのか分かりませんが、個々には「今日は昨日よりもはっきりしている」といったちょっとのことに感謝する気持ちが一番かと思います。

    何年か先どころか、半年先を考えても落ち込んでしまいます。
    事務手続は厳然としてありますから、それらは粛々と進めて、その一方で日々の生活にはそれなりに喜びを誇張して過ごすのが、全体としては良いかと思います。

    ユーザーID:7180049317

  • 認知症

    認知症と診断されたと言う事は病院へ連れて行ったのですね。

    我家は80歳の義母、自分は馬鹿でも狂ってもいないと言って暴れる為病院へは行っていません。
    でも明らかに認知症、一日に何度も同じ話をする食事をしても直ぐお腹がすいた、お漏らしをしても解らない、味付けがめちゃくちゃ濃い甘い、一番酷いのが被害妄想!!

    一応かかりつけの内科医が精神科の先生と連携しているので、リスパダ-ルという薬を出してもらってはいますが認知症でも知恵が働き、主人がその薬だけは必ず飲むようにしつこく言ったせいか病院からもらって来て何処かに隠したようです。

    先月から医療費の詳しい内訳をもらって来ているので、それで隠してるんじゃないと言う事に。
    認知症でも知恵が働く所もあるので何処までどうなんだか!?普段義母に何を言われようが暴れて何をされようが耐えていますがもうそれも限界に来ています。

    介護認定を受けデイサービスとかも利用出来るのですが、主人があまり深刻に考えていないので難しい。
    娘が大学で社会福祉勉強中でそろそろ施設に実習に行くので助けになってくれる事を期待して今は我慢、我慢!!(泣

    ユーザーID:2156604610

  • ここにもいますよ

    渦中にいます。母は要介護1です。

    父は持病があり入院しています。
    ディサービス以外の日は、母を連れて、父の病院へ
    行っています。

    いずれはわが身かもしれませんよね。
    自然な成り行きでしょうね。
    年を取れば、支障が出てきて不思議では
    ありません。

    悲しいとか辛いとか、そういう感情は
    無くなりました。親の衰えはごく自然に
    受け入れることが出来ましたが
    子育てをしていた頃のように
    自分の時間が思うように取れず
    ストレスになることがあります。

    長い道のりです。一人で頑張らず頼れる人には
    時には甘えて乗り越えていかなければ
    なりません。

    トピ主さん、一緒に乗り越えていきましょう。

    ユーザーID:6448401279

  • お気持ちお察しします。

    検査をしたとはいえ結果が分かった時はショックだった事でしょう。
    私も長谷川式なる検査を受けている父が「わかりません」と答えているのを聞きながら「あの父が…」という思いに涙を堪えるのがやっとでした。

    お母様は自立した女性だったとか。
    「子に頼りたくない」が口癖だったお母様なら尚のこと、認知症は子に頼らざるを得なくなった自分の不甲斐無さや死と向き合う恐怖を和らげてくれる「神様からの贈り物」だと思えば良いのでは?

    これから綺麗事では済まされない現実を目の当たりにすることでしょう。
    どんなに良い関係だとしても苛々してしまったりキツイ言葉を返してしまったりすることもあるでしょう。
    そんな時認知症との診断をドクターから聞いた時のこの気持ちをいつでも取り出せるように心にしまっておいて下さい。

    申請→調査→認定とバタバタと進んでいく環境の変化について行けず一番戸惑っているのはお母様ご自身だと思います。
    取り敢えずお母様が安心できるような娘ならではの優しい言葉を掛けて上げて下さいね。

    大切な親子の時間を後悔のないように送られる事をお祈りしています。

    ユーザーID:9781910865

  • 人ごとに思えずでてきました。

    お辛いことでしょう。いままで、頑張ってきたお母様と違って突然別人のようになってしまう。私も今は大丈夫だと思っておりましても、いつ何時、認知症になるかわかりません。本当に怖いです。これは、私の体験からですが、あるきっかけ、例えばいままで仕事などで頑張ってきた、それも一筋で頑張ってきた方が退職した後、役目をおろされたときなど、何か生活の変化が大きく変化した時に人間は、がくーんとなる。安心感というよりも生きがいが抜けたような感じになった時が脳の病気になる隙を与えるように思います。まずは、お母様を温かく見守ってあげてくださいませ。私も過去に介護体験しましたが、やはり食べたものなど覚えていなかったり、露骨なことを言ったりすると思います。是非反論や注意するのではなく、そうね。と認めてあげることで、なにかとスムースに。人間誰しもがいずれは訪れるものとは思うのですが、やはり怖いです。ご家族の愛があれば、お母様も多少おトイレのことなどの不便等あっても健やかに過ごされることかと思います。現在は家庭への看護サービスやお医者様、大変有難く感謝しております。

    ユーザーID:9725917705

  • 家もそうですよ。

    私の母も認知症です。詳しく調べてもらいました、病院で。レビー小体型の認知症です。家の母もかつては、公の場でそれなりの地位がありましたが、今では唯のおばあちゃんです。見た目は普通におばあちゃんですが、やる事なす事、ええ、認知症関連の本で読んだとおりのリアクションの数々、介護の先輩である職場の知人から伺った経験談の中の数多くの出来事が次々と当てはまります。私はシングル親、母と私の子供と同居しています。本当に去年の夏前まで自動車運転していたとは信じ難い、現在ですが、認知症だもの。仕方ないんです。頓服薬も慰め程度。ましてや、脳に異常があり、数ヶ月前いきなり足が立たなくなり、手術、リハビリ転院を終えて自宅での介護です。この数ヶ月間で、あっという間に進行しました。今から思えば、本人が嫌がろうとも介護申請速めにしておいた方が楽だったかもです。入院中に、全ての必要な手続き、仕事、家事、子育て、病院の往復の合間で大変でしたから。とことん、出来るところまでやっていく、それしかないです。もし、自分の手に負えなくなったときは別の手立てあります。先は見えませんが、今出来る事するのみです。

    ユーザーID:1250092257

  • 一人で抱え込まない

    かなりショックを受けられているのが、
    伝わってきます。
    私は、姑が認知症です。
    アルツハイマーです。
    ちゃんと、検査をされどんなタイプか、
    知っておく方が良いと思いますよ。
    治りはしませんが、症状を遅らせる事は、できます。
    MRIで調べれば、脳の委縮した部分が、
    はっきり色に出てわかります。

    とにかく、一人で抱え込まない事です。
    介護認定が出たら、どの程度介護保険から、
    補助金が出るか分かります。
    介護施設を探して、ケアマネージャーにケアプランを、
    作成してもらって下さい。
    デイサービスや、ショートステイなどいろんなヘルプが、
    受けられます。
    とにかく、全部を自分でしようとせず、
    プロの手を借りて、長丁場に備える事です。
    そうでないと、心身ともに参ってしまいますよ。

    今は、寝たきりで施設に居ますが、
    散々、嫁いびりされ憎くて仕方なかった姑ですが、
    なぜか、他の人は忘れても、私が行くとニコニコして、
    来てくれて嬉しいと話します。

    『一人で抱え込まない』
    あなたのすべてを犠牲にする事を、
    お母様は、望んでないと思うんです。

    ユーザーID:7126552285

  • 受け入れ寄り添ってあげてください

    アルツハイマー認知症で寝たきり、胃ロウの母を8年在宅介護しています。
    私の経験と後悔を「認知症介護者」の方の参考になればと思っています。

    お母様の事、ショックと不安で気持ちが整理できないんですね。
    認知症には3つほどの種類があります。
    早く病院で「何の認知症」か診断してもらい、合う薬を処方していただきましょう。
    それから、本人にあったデイサービスなど施設利用するプランを立ててもらいましょう。
    施設では本人の残存能力を生かしながら精神的な不安解消に努めてくださいます。
    貴女一人ではなく家族の皆にお母様を理解してあげて(認知症を)受け入れる事に協力してもらう。
    でないと、「怒ったり」「叱ったり」「ボケてるんや」となり、ますます悪化します。本人が一番辛く悲しいのに私は勉強不足で「ののしりあい」をしてしまい後悔しています。
    それから、お仕事は辞めないほうがいいです。家族会は精神的に大きな力になります。
    ご近所の方にもオープンにしておいた方が見守ってくださいます。
    貴女の受け入れる事が出来ない辛い現実、お母様へのいとしさが交差しているお気持ち良くわかります。

    ユーザーID:1581205163

  • お辛いと思います

    学校を卒業以来、介護福祉士・ケアマネとして働いています。
    働いてからまず祖母が認知症になり
    そして、先日 父が初期のアルツハイマー型認知症だと診断されました。

    仕事上 認知症のお年寄りと接してきていて
    その家族の悩みも聞いてきました。

    それでも 実の父親(66歳)が「初期のアルツハイマー」と診断されたことは
    頭では理解できるもののショックでした。


    家族としてはしっかりしていた頃の記憶が強いので 受け入れるのは時間がかかると思います。
    でも 不安で 辛くて 悲しくて 悔しくて・・・それが普通だと思います。

    介護保険の申請をしているとのことなので
    一人で抱え込まず、ケアマネや主治医に 相談し
    上手にサービスを使ってください。

    市役所の高齢者担当の課や地域包括支援センターなど 支えてくれる機関も増えていますし
    認知症について勉強し理解を深めようとしてくれている人も増えています。

    ケアマネや福祉関係のスタッフ・家族会はきっと味方になってくれます。
    愚痴などをこぼすだけでも きっと楽になれると思います。

    ユーザーID:7830529279

  • 続きです〜

    母を介護して、その仕草がとてもとても可愛くて笑える事もふえました。
    私を誰か分からなくても、母の口癖とか、小さい頃の話とか、
    歌とかペットの名前とか話かけると「眉毛」や「唇」で答えます。
    「心」は生きています。今、とてもいとおしく感じます。
    その母が2ヶ月前から入院してしましました。
    大切に愛情込めて看護、介護をしていたのに〜病院では「ただの患者」。
    手出しが出来ない事がもどかしくて心配で夜も眠れず〜。
    「ベッドにいない」事がさみしくて喪失感で胸が一杯になります。
    そして思い出すのが認知症初期の誤った介護です。
    適格な診断の遅れ、奇行を繰り返す母への無理解な私、
    もう少しちゃんと看てあげたら良かったと後悔反省しきりです。
    だから、今のやまだ様にはお母様と楽しく過ごされる事をお祈りしています。
     

    ユーザーID:1581205163

  • 本当にありがとうございます

    たくさんのレス、心より感謝いたします。何度も何度も読み替えしています。

    皆様のお陰で母の認知症がどの種類なのか、ドクターに聞きに行く気持ちになってきました。怖いですが現実ですから、受け止めないといけませんね。
    薬の内容も詳しく聞いてみたいです。

    本人が一番不安なんですね…。今日、強い口調でつい言ってしまいました。同じ話を何回いいえ何十回と聞くのが辛くて…。気をつけないといけませんね。
    あまり先のネガティブなことは考えすぎず、楽しい時間を過ごそうと思います。

    ユーザーID:7006070892

  • 初期のアルツハイマーなら

    朗報です。
    昨日のネット情報ですが

    http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/dementia/?1272874728

    葉酸とビタミンB12が有効とのこと、サプリメントでも手軽にとれますよね。

    お医者様に相談されてはいかがでしょう。

    ユーザーID:6894501299

  • お辛いですね

    お辛い心情が伝わりレスできませんでしたが、認知症の種類を確認するお気持ちになられたようで、本当によかったです。
    種類により薬も出てくる症状も違います。症状が違えば周囲の対応も変わります。一生懸命やっていても的外れだと本人も看る者も不幸です。
    本人の状態を把握することで適切な対応を知ることができます。できるできないは別にして、方向が定まれば自分なりに進めると思います。

    母を亡くし末期は認知症状態でした。せん妄がひどく看護師さんから退院を促されたことも。本人は暴れたことは覚えていなくても、どうやら自分が皆を困らせたらしいとだけ分かるのです…自分が何かしたはずだから看護師さんに謝ってと懇願されました。ミミズのような字で「○○さん(担当看護師さんの名前)ごめんなさい」と書いた日記を見た時は涙が出ました。

    http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201003009
    地方新聞で「知ってますか?認知症」というコラムを連載する杉山孝博医師を紹介されたページです。コラム本文が読めるページも検索すれば出てきます。ご参考まで。

    ユーザーID:8525366618

  • お辛いことと思います

     祖父がアルツハイマー型の認知症です。現在、寝たきりで特養ホームにいます。
     認知症の症状が軽い時、おもらし・徘徊をし、お金や大事な物が無くなったと言っては、鋏を投げたり、釜を振り回したりする事がありました。自分で押入れ等に片付けているのですが、忘れてしまって被害者妄想となるんですね。命に関わることもあって、警察に相談したり大変な時期でした。
     介護することも難しい状況でしたので、病院に入院、その後、特養ホームにお世話になっています。

     辛いこととは思いますが、デイサービス、ショートステイ等を利用しながら介護をするのは難しいですか?お母様と離れる時間も必要だと思います。お母様と接する時は優しく受け止めてあげてください。
     それと一人で抱え込まず、福祉の人等に相談することも必要です。

    ユーザーID:1241357587

  • 再度お礼です

    杉山先生のことをネットで調べたり、本を注文したりしました。
    ネットで論文を見て、光明を感じ、涙が出ました。ありがとうございました。

    家族の対応の仕方が丁寧に書かれていました。本人の混乱を考えると胸が痛いですが…。
    (全く逆の対応をしている家族がいるのです。否定したり、叱ったり。
    事情がありますので、詳細はご説明できませんが…)

    認知症の種類に関しては、GWがあったので、残念ながらまだ知ることはできてません。
    またご報告させていただきます。

    ユーザーID:7006070892

  • 介護者の家族会に行ってきました

    やまだ様前向きになられて良かったです。
    昨日、介護者の会の集まりに行って参りました。
    初対面の人同士でもすぐに話が通じ合い、悩み、心の葛藤、介護施設への要望等など、涙、笑いで存分に時間を過ごしました。
    ボランティアの方々は「すでに介護を終えた方」が多く、暖かくアドバイスしてくださいます。
    私は「心が壊れそう」になった時や「介護でこんなにうれしい事があった」時に行っています。
    行政では解決出来ない精神的な事を支えて頂いています。
    どこの自治体でもあると思いますので、ぜひ参加されれば良いと思います。

    ユーザーID:1581205163

  • 同じです。

    実父が認知症初期要介護2の認定です。遠距離別居です。実家は父と母のみの老老介護です。
    現在特病があり入退院を繰り返しています。幸い認知症症状は強く現れていません。言うことはヘンなのですが、記憶の障害があまりないようで日常生活に困った事があまりないのは幸いです。
    小さな悩みなのですが着替えをしてくれません。
    パジャマも着てくれないし、外出の際まともな服着せようとしてもだめです。でもこれは認知症発症前からあった傾向ですが・・
    将来に強く不安を感じます。何かあれば仕事を休んで帰りますが、距離があるので。
    一昨日退院で母親が対応の予定が、気分が悪く行けないということで急きょ帰省しました。母親は幸い2日で元気になりましたが、
    今後母親の体調にも気をつけてやらなければならないでしょう。母が入院でもすれば父親どうしよう。
    あー心配だ、父親施設に入れることには抵抗があります。(まともなところがたくさん残っているので)
    主様介護お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:1086525343

  • トピ主です

    レスをありがとうございます。大変参考になります。

    実は様々な葛藤の中、認知症の種類を医師に確認するのは今はやめようかと思っています。

    母は短期の記憶はやはり駄目ですが、メンタル面の症状が全くないのです。私の情報収集力が母の病気の先を行ってしまったようです。(できないことは確実に増えています)杉山先生の本のお陰か、私に対してはすごく安定しています。

    しかし先のことを考えるとの怖いです。

    あきらめに慣れる必要があるのかな…、とぼんやり考えています。今一番辛いのは、味覚が鈍っていることです。『甘い』はハッキリわかるようです。

    食べながら首をかしげる母が悲しいです。でも食欲はありますので、良いと考えようと思います。

    ユーザーID:7006070892

  • 再レスです。一緒にがんばろ!!

    母は短期の記憶はやはり駄目ですが、メンタル面の症状が全くないのです

    上記はとてもよいことです。父と反対です。父は記憶がOKで、メンタル面がだめです。すぐ感情がきれました。一時期は母親を声も出さず泣かすような数々の暴言をしました。
    理由は分からないのですが今はそれが少なくなってます。

    高齢者の方だったら脳の老化も進んでいますから、きちんと細かく脳を検査すれば、現在では、何十%以上の高い確率で、何らかの認知症や脳の障害のような症状は見つかるんです。認知症と言われたからといって特別視する必要はないと思います。
    上記が過去他の方から私にいただいたアドバイスです。

    入院中の様子を主治医は、行動など見ると認知症の症状が出ているが、記憶の部分は大丈夫のような?認知症ですね。と言われました。
    この1年症状は進んでいません。穏やかに進む認知症もあるみたいです。

    歳をとれば脳の老化は避けられません。いかに相手と寄り添っていくか のようです。

    ユーザーID:3315763185

  • ありがとうございます

    悲しみな雪のようにさん、レスありがとうございます。
    『認知症=進行性』と知り、最近では末期の情報ばかりをインターネットで調べてしまいました。
    (覚悟をする為でしたが、やりすぎた感じもあります…)緩やかに進行する場合もあるのですね。

    昨日母と一時間程話しました。本当に認知症なの?と思ったり『やっぱりそうか』と思ったり揺れています。

    お父様のこと、お察しします。『一緒にがんばろ』と言われて、本当に嬉しく、大変心強かったです。

    ユーザーID:7006070892

  • ホームヘルパー資格を取得してはどうですか?

    突然のことで驚き、戸惑っていらっしゃると思います。

    もしこの病気について理解を深めたいと思ってわれるなら
    時間が取れるならホームヘルパー2級の資格を取ってはいかがでしょうか?

    本格的な介護が必要になった時に知識と経験が役に立つのはもちろんですが、
    スクールでは同じように介護が必要になった親御さまのために資格取得をという方がいて
    相談というか、悩みを打ち明け合ったりしてました。
    公的な支援にどんなものがあるのかやその受け方なども勉強します。
    施設での実習で、いろいろな認知症の方と接する機会もありますよ。
    決して悲観的になることばかりではないと思えるはずです。

    うちの祖母がすぐばれる嘘を繰り返したり、5分前の行動を思い出せないことを
    父は「ばーさんは夢の世界でお気楽いいね」なんて言いましたが、
    「本人は自分の記憶がないのがとても怖いんだよ」と言ったら、
    初めてその可能性に気付いたようです。

    知識があることで知らずに高齢者を傷つけずに済みます。

    ユーザーID:1415290989

  • ありがとうございます

    ヘルパー二級、是非検討したいと思います!フルタイムの為、資格取得の時間確保は難しいかもしれませんが、何か一歩を踏み出せたらと思います。

    母は穏やかに見えます。

    ユーザーID:7006070892

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧