失ってから気付いた大事なモノ

レス13
お気に入り7
トピ主のみ1

Algo

話題

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これからもっと大きな失ってから気づくことがあるかも

    60歳男性です。
    25歳で結婚し婚姻暦35年。
    トピで夫婦の軋轢として、家事の分担についての苦情が多く書かれていますが、私も35歳まではサークル活動オンリーで家事の分担を放棄していた為、今もって子供が3人居て共働きだった時に全く協力してくれなかったと、何か問題があるたびに、未だに思い出して批判されます。
    それは前置きとして、少しテレますが、結婚する前から心の穏やかで誰に対しても優しい人だなと思っておりましたが、長い結婚生活をともに生きてきても、やはりその思いは変わらず、現在は私の母に対し一生懸命に介護に尽くしてくれており、頭の下るばかりです。
    現在、ともに60歳になり二人の今後の生活を考えたり、死後のことも話したりする中で、私が残って妻が先に逝ったときに自分の失ったものの大きさはどれだけ大きいだろうかと思ったりしているこの頃です。妻のことを思えば、私が最後を看取りたいし、自分のことを思えば妻に妻に看取ってもらいたいし。
    でもやはり子供任せにせず、私が看取ってやりたいと思っています。
    トピ主さんも、これから失ってから後から気づくことの無いように今を大切にしてください。

    ユーザーID:1169083179

  • 視力と、丈夫な心臓。(2)

    視力。
    元は1.5〜2.0近く見えていた良い視力でした。
    最低、1.5以降見えていた。

    でも、右目 0.03(弱視・乱視も含む近視。)
    左目 0.04(こっちは弱視と乱視を伴っていないため、まだ増し。)

    まで悪い視力となりました。
    眼鏡掛けても、0.3が限度だと言われます。

    自動車免許すら取れないです。
    自転車に乗り、よくサイクリングをするのですが、ちょっとおぼつかないです。
    眼鏡掛けた目だって、近視の人の視力と同じなのですから。

    今は無職ですが、お金がもっとあったらば、右目だけ、せめて、レーザーで視力回復をしたい。

    目が良い時は、感じなかった苦労を、感じました。
    自分が目が悪くなった時は、小学校4〜5年生ぐらいだったか。
    本当に「急激だった」A→C以下まで下がったため、驚きました。
    当時の悪く成り立ての時は右目だけが悪く、右がいきなり0.1か2だったかな。当時、「もう私、勉強できなくなるじゃない。」と泣きました。

    心臓。
    派遣切りにより、1月から無職からの「慌て」が祟り、気をつけていないと、大変です。
    両方とも失うと特に大変。

    ユーザーID:7379209603

  • 仕事と学歴

    それは仕事です。
    辞めたいとか大変だとか早く終われだの思っていましたが、失ってから気付いたら、今度は「やってたらよかった お金がもらえた」
    と後悔。

    あと、大学に行くこと。

    また、学校でいじめを受けるのが嫌だからと、すぐに社会に出ようとしました。
    でも、それも、正社員試験にも破れ、28で派遣契約の打ち切りに遭い、いい人生にはならなかった。

    大変だけど、嫌な事一杯あるけど、健康や生命と同じ、大事な必要不可欠な事です。

    ユーザーID:7379209603

  • 卒業…

    もうそのブレスレットがなくても、あなたはちゃんと生きていけるし、お母様への愛情は充分通じたから、あなたからそっと離れていったのかも。

    そのうち、また新しい普段づかいのアクセを仕事で頑張って買うとか、彼がプレゼントしてくださる、とか、お母様との思い出同様、新しいドラマと共に素敵なジュエリーに出会えると思います。

    あなたの人生が新しい段階に入ったのだと思います。

    ユーザーID:4304100056

  • 皆様、ありがとうございます

    思いがけずたくさんの励ましを頂き拝読し徐々に気分を切り替えております。
    皆様、ありがとうございます。

    sakiko様、ネームなし子様、島そだち様、かわ様、
    同じような励ましを職場の先輩からも頂きました。
    「何か災厄を回避するために無くなったのか」
    と納得するようにしております。
    代わり(?)に数週間前に失くしたストラップが不意に駐車場で見つかりました。
    何だかブレスレットの代わりに出てきてくれたようで嬉しいので大事にします。


    じゃパンダ様、光源氏様、連続意見書様、
    辛い出来事ばかりを一緒に過ごしてきたブレスレットだったので、そろそろ過去の記憶や出来事を整理すべき時期だったのかも知れません。
    一昨年結婚し、昨年はリストラ・再就職とブレスレットを身に付けるようになってから三度目の浮き沈みが激しい時期だったと振り返ると合点します。
    特に今年は厄年ですので「もうお役御免」とブレスレットが自ら消えるタイミングだったのかも知れません。


    母との想い出。心の中で大事にします。
    軽くなった左腕、慣れるまで時間が必要そうですが前を向いて頑張ります。

    ユーザーID:6338400388

  • まだ失ってはいない

    人でも物でも失ってからその大きさに気付くことありますよね。
    ただ、失ったからこそ、その大事なものに気付けたのかもしれませんよ。

    これからは大切な思い出を心に大事にしまっておきましょう。
    そうすればもう失くすことはありませんし、お母様はあなたの心の中で生き続けるのだと思います。

    ユーザーID:0557190621

  • 物ではないんですけれど・・・

    「友達で良いので・・・」と言っていた彼と自分の将来を考え連絡を絶ちました。

    赤い車で素敵な所へ連れてってくれる、彼でした。

    連絡を絶ち2年になり、私は未だに彼もいなく、さびしくなり彼にメールをしましたが・・・・
    返事は返ってきませんです。

    彼はいつまでも私が好きだという、私の勝手な思いからでた驕りのツケなんでしょうね。

    この先彼のような方に出会えることはないと思います。

    失ってから気付く、恋愛に疎いタイプです。

    お母様との思い出を大切に!

    ユーザーID:9020877272

  • 大切な物は

    普段大事に身に付けているものが自分の元から無くなる時は自分の身に何かが起きることから守ってくれると言われます
    なので手元から去った時は悲しみではなく守ってくれてありがとうと言うといいですよ!

    そして今のあなたに本当に必要な物なら必ずあなたの手元に戻ってきます

    ユーザーID:4152408341

  • お母様が守って下さったのですね

    大切にしている品物が壊れたり無くなったりしたときは、
    「もっと大きな災厄が我が身にふりかかりそうだったから、その品物が犠牲になって守ってくれたのだ」と考えることにしています。sakiko様も同じようなレスをなさっておられますが、私もそう信じています。

    私なら、素敵なブレスレットの「二代目」を購入します。
    「これだ!」と納得できるものに出会えるまで待つかな。
    そして母の仏前に事情を報告して二代目を見てもらい、無くしたブレスレットと同じように
    大切にしようと思います。

    >皆さん、ふと失くしてしまってから気付いた、実は自分にとって大事なモノってありますか?

    50歳を前に慢性の病気を持つ身となりました。
    「健康」が当たり前だったころ、その有難みを十分に理解していなかったなあと反省しています。

    ユーザーID:3958086122

  • 見つかるといいですね

    トピ主さま、とても悲しんでいらっしゃると思います。
    見つかるといいですね。

    sakikoさんのレスを読んで、思い遣りがあり素敵な事をおっしゃる方だなぁと感動しました。
    『守ってくれた』そう思って、かつての存在を感謝の気持ちで思い返せたらいいですね。

    ユーザーID:9508972280

  • つらいですよね

    自分にとって、失ってみてはじめて気付いた、大切なものはありません。だから、このレスをするのにはふさわしくないのかもしれません。でも、algoさんの文章をみて、つらいだろうなと思うのと同時に、うらやましいなぁとも思いました。

    大切なものが、無くなるのは、大切なものが最初から無いのに比べて幸福だと思います。algoさんのブレスレットはたった一つだけの母親との思い出の品です。

    でも、大切なのはブレスレットじゃなくて、ブレスレットを通じてalgoさんの心に母親の思い出が甦ることなんだとおもいます。

    物はいつか無くなります。でも、思い出は消えない。algoさんの母親への想いは消えないのです。

    だから、ブレスレットはなくてもいい。少しさびしいけどね。

    僕は、algoさんのお母さんがこんな風に言っているように感じます。
    「私は、algoさんの中で生きているから、いつまでも守っているから、algoさんはalgoさんの人生をいきていいんだよ。いつまでも昔にとらわれないでね。」

    ユーザーID:9792792385

  • いろいろ無くしました

    夢や希望や友情など(←抽象的だけど)

    なくした指輪は探してはいけない
    と言いますから、ブレスレットもお母様からの「前に進みなさい」
    という暗示だと考えてみてはどうでしょう?

    ユーザーID:9952748137

  • さびしいですね

    お母様との思い出の品、大切にされていたようですのに残念ですね。

    思い入れのある大切なアクセサリー(身に付けるもの)、私もたまになくすことがあります。
    でも、そういうとき「あ、身代わりになってくれたんだ」と思うようにしています。
    かなり本気で信じているので、あまり落ち込みません。
    古くはアクセサリーは、魔よけや呪術的な意味もあったみたいです。
    ましてお母さんがくださったものだとしたら、なおさら、トピ主さんを守ってくれたんだと思いますよ。

    もし、後からみつかったら?
    「役目を終えて、(余力が残っているから)戻ってきてくれたのね」と思います。

    ユーザーID:1183304564

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧