他人の何気ない一言に助けられた<2>

レス302
(トピ主0
お気に入り3,972

生活・身近な話題

みみずく

他人の何気ない一言に助けられた に感動しました!
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0419/309359.htm?g=01

昨日、ヤフーニュースに載ったからでしょうか?
あっという間にレスがたくさん付き、投稿が終了してしまいました。

もっと、みなさんが感動した一言を見たいので、せん越ながら
続きトピを立てさせていただきます。

よろしくお願いします。

トピ主さん、勝手にトピを立てたことをご容赦ください。

ユーザーID:8784562460

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数302

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 息子の担任 2

    字数制限のため、続きです。


    いままで、ノートをとらないことを相談しても、「家庭でちゃんとしつけてください」と言われるばかりで、「先生に確認してもらうことはできないですか?」とお願いしても「特定の個人だけにかかわっていることはできない」という返事ばかりだったので、今のクラスの担任のこの言葉には涙があふれました。

    私は「高学年なのに低学年のような指導をお願いしてしまって申し訳ありません。」と涙ながらに頭を下げました。
    担任は息子ががんばっていることをいまでも連絡帳で知らせてくださいます。


    先生の数々の言葉に救われている今現在です
    (LD・ADHDについては現在カウンセリングを受けています)

    ユーザーID:6942258150

  • ありがとう

    このような素晴らしいトピをたててくださって感謝しています。
    もう涙、涙です。

    主人の仕事の関係で昨年アメリカに来て、半年たったころ初めての妊娠がわかりました。日本で4年間不妊治療をしていて全然結果がでなかったのにアメリカに来て初めての自然妊娠に喜んでいたのも束の間、心拍が確認できず、流産を告げられました。内診台の上で泣きじゃくる私に担当の女性のDrが「I'm sorry...」と何回も言っていました。先生は何も悪くない、初期の流産は誰のせいでもないのに先生はひたすら謝っていました。先生も辛かっただろうな。。。いっぱい泣いた後帰る時、「絶対また来ます!」と言いました。
    手術の時も、看護師さんに「私もあなたと同じ経験したことあるのよ、大丈夫よ」と励ましてくれました。とっさの言葉が出ず「Thank you」しか言えませんでしたが、今度はきっと分娩でここにくるぞ!と強く思いました。
     

    ユーザーID:3146572392

  • 仕事で疲れきっていた時

    大学卒業後、自分の適性に反して就いた営業職。大人しい、つまらないと言われる自分を変えたくて飛び込みました。
    元々不向きな性質な訳で、営業成績もふるわず、上司にも冷たくされていました。外回りの毎日が辛いのなんの。でも、何とか頑張っていた時のことです。
    取引先の会社で課長さんに呼び止められ、
    「頑張ってるね!いつも色々な情報提供を有難うね!」
    と、小さな包みを渡されました。後でその包みを開けてみると、なんと!Z字型の可愛らしい鞄掛けのフックが! 営業で大きな鞄を持ち歩く私の為に、わざわざ下さった物でした。
    声掛けだけでもウルッときたのに、ただの営業姉ちゃんにここまでして下さるのが有り難くて申し訳なくて、自社のトイレで30分ほど泣き続けました。
    その後奮起し、落ちこぼれの私が表彰まで受けることに。

    今はもうかなりのお年かと思いますが、課長さん、お元気かな…。

    ユーザーID:8797754163

  • きらきらのビー玉

    娘が小学1年生の夏休み、娘の通ってる学童保育での出来事
    ふたつ上の学年でヨーロッパ系のお父さんがいるAくん
    色白で少しポッチャリしてる事で同級生たちの間でいじめられていた様子
    その日も一部の子供達が「Aは色が白くて気持ち悪いから一緒にお弁当食べない」
    「そばにいると気持ち悪いのがうつる」などと言いお弁当の時間Aくんを仲間外れ
    にし、いくつかあるテーブルにAくんは1人で座っていました

    それを見た娘が「何が気持ち悪いの?私気持ち悪くないよ?一緒に食べよう!」
    と言いAくんの隣に座ってお弁当を広げ、それを見ていた娘と同じ学年の子達が同じテーブルにやってきて一緒にお弁当を食べたそうです。
    *上記の経緯は、学童の先生から聞いて知りました。

    ある日、娘がとても綺麗なビー玉を光にかざしているのを見て、そんな綺麗なビー玉持ってたっけ?と聞くと「Aくんにもらったの。優しくしてくれてありがとうって言われて何の事か解らなかったけど綺麗だったからもらっちゃった♪

    それを聞いた時、胸がキュンとしたことと娘が良い子に育ってくれて
    良かったなとウルッときて娘を抱きしめちゃいました。

    ユーザーID:3153596835

  • セミを逃がしたおじさん

    ある夏の日、都内で電車に乗っていると突然足元に激しい音を立てて何かが転がってきました。
    ゴキブリか?!とびっくりして飛び上がると、なんと車内迷い込んだセミでした。外に出られずセミもパニック。他の乗客も後ずさりしました。

    すると私の向かい側に立っていた汚れた作業着姿のおじさんが、大きな声で笑いながら「びっくりしたなあ!セミだったなあ!」と話しかけてきました。そしてひょいと素手でセミをつかむと「次の駅で逃がしてやるから」と。次の駅でホームに降りるとパッとセミを放しました。
    セミは元気よく空へ飛んでいきました。

    ホームにいた人はびっくりしていましたが、こちらを振り返ったおじさんは満面の笑顔でした。
    思わず私も笑顔で頭を下げました。

    建物の中に閉じこもりきりの仕事に追われて疲れていた頃。
    セミを逃がしてくれたおじさんの笑顔と空に飛んでいったセミの姿に、なんだか涙がこぼれそうでした。私もあんな笑顔で生きたいと、強く思いました。
    おじさんありがとう。

    ユーザーID:7358255674

  • 涙涙

    子供が産まれて間もなくの頃、義母に
    「あんたのような子が育てたらまともな子にならない。」と言われました。

    子供を取られまいと、必死に育てました。

    子供が一歳のとき、ベビーカーに乗せて出掛けました。
    とても機嫌よくしゃべって(?)いるのを見た
    通りすがりのおばあちゃんに
    「あら、ご機嫌な赤ちゃんね。きっとお母さんがちゃんと子育てしているのね。」と声をかけられ、涙が止まりませんでした。

    それ以外にも、近所の方が
    「あなた、がんばってるね」と声を掛けてくれた時、思わず涙がでてしまいました。
    ほんの一言、二言なのに、その人の今までの集大成の言葉がそこから湧き出てくるようです。


    人を暖かくする言葉がすっと出てくる、
    そんな人に私はなりたいです。

    ユーザーID:4216045504

  • 今まさに助けられてます

    実家へ仕送りをしなければならない状態になり、主人に相談しました。
    自分達の生活だけでもいっぱいいっぱいなのに、実家のことで情けないやら申し訳ないやら。
    でも主人は「そんなんオレがもう少し余分に働けばなんとかなるやろ。じいちゃんたちは好きにさせたれ。」

    ホッとしました。結婚してほんと〜によかった!と声を大にして言いたいけど本人には恥ずかしくて言えません

    ユーザーID:6211866070

  • 姉から

    私が義親と同居し、義親の過干渉に悩み落ち込んでいる時に


    実親でも、イラッとさせられる事があるんだからイラッとして当然。


    って言われました。
    なんとなく、救われました。

    ユーザーID:2553359407

  • 手袋

    20年以上前の話です。その日は真冬で本当に寒かったのを覚えています。夜、なかなか来ない電車を待つのに駅のホームの椅子に座り、かじかんだ手をこすり合わせていました。すると隣に座っていた女子高生が自分のしていた手袋を外して私に差し出してくれたのです。言葉はありませんでした。こんなおやじに手袋をすすめてくれたその気持ちに、寒さなんて飛んで行ってしまい心が温かくなったのを今も忘れません。

    ユーザーID:2226387207

  • 息子を救った看護婦さんの言葉

    10年位前、当時12歳の息子を白血病で亡くしました。
    最後の頃は私も病室に泊まり込んでいました。

    真夜中、ふと目が覚めると、息子と看護師さんが何やら話しているのが聞こえました。

    「○○くん(息子)、しんどいやろ。でも、大丈夫やで。必ず治るからな。」
    「○○くんは、自分しか病気の子知らんやろ。看護師さんは、何人も同じ病気の子知ってるから。みんなしんどいときあったけど、治って元気なってるんやで。」
    「○○くんも、必ず元気なるわ。だって看護師さん、治る病気やって知ってるもん。」

    息子は治療の副作用からひどい下痢をしており、一日30回以上もトイレ介助が必要な状態でした。
    看護師さんは、ポータブルトイレに座る息子に、優しい口調で語りかけ、介助が終わると
    「トイレじゃなくてもまた来るし。お母さん起こさんといつでも呼んでちょうだい」
    と静かに出てゆかれました。

    それから数日後に息子は天に召されましたが、あの言葉のおかげで、息子は絶望の中で旅立ったのではなく、最後まで希望を持てたのでは…と思え、親として救われる思いでした。

    ユーザーID:5755456140

  • 朝のニュースで

    最近、ニュースに頻繁に取り上げられる、普天間問題。
    ぼんやり、見ていました。

    その中で、沖縄の女子高生達の、普天間問題についての話し合いの様子が流れ始めました。

    「沖縄に、基地があるのは、嫌だ。でも、自分たちが嫌なものを、本土の人達に押しつけていいものかと悩む。本土の人に、こういう思いは、させたくないなと思う。」

    心が、じんとしました。優しさ、ありがとう。
    本土の一人に、わたしも含まれています。

    あの子たちの辛抱があるから、私の今の静かな生活があるのだ、と単純に思いました。

    人間なんて、本心は、自分やその家族さえ良ければいい。所詮、人生は、お金と権力がものを言う。・・・人として生きるって、案外、味気ないな。
    私は、心の深いところで、思っていました。

    でも、それは、違う。
    幸福とか、自分の理想の生活からは、ほど遠いかもしれない。

    でも、こうやって一日一日を、平和に、静かに、私が生きていることの裏には、見えない人達の、辛抱や、怒りや、涙の上に、成り立っているのだと。

    感謝・・・。沖縄の女子高生、ありがとう。

    ユーザーID:0274909378

  • もう20年以上前のことですが・・・

    心から好きになって結婚も考えていた彼女に振られて落ち込む日が続いていました。
    職場での昼食時、その様子を見かねて話しかけてきた先輩に成り行きを打ち明けると「よかったなぁ、また次いけるやん!」と。
    凹むな!次の恋をしたらエエねん!と背中を押して下さいました。

    恋愛に限らず、何事についても前向きに考えられるようになった一言です。


    ※このレスは仕事中に読んではダメです!!! 涙目で接客することになりますから。

    ユーザーID:1202491147

  • 簡単だから

    社会人を経て、再度大学に入りました。
    会社勤めをしているときに知り合った人と付き合って5年目。
    向こうは結婚したがっていました。でも、こちらは、自分の目指すところを今ここで投げ出すわけにはいかない。
    こちらから別れを切り出しました。
    相手が「そう、わかった」とすんなり。
    進学しないで結婚していればよかったのか、自分のことだけ選んだ結果か、云々、久々に泣き明かして、友人に、別れた旨だけ短いメールを打ちました。

    友人からの返信
    「でも、彼氏は大学の単位よりも簡単に確保できるから、
    いまは勉強一筋の時かもねー」

    確かにそうかも・・・と思った自分、
    どれだけ辛い学生生活なんだよ!!
    と爆笑し、泣いているのが馬鹿馬鹿しくなりました。

    その後浮き沈みしていますが、何とか前進できている気がします。

    ユーザーID:6613097724

  • 家庭教師の一言…

    素敵なトピですね!皆さんのを読ませてもらいましたが、どれも素敵な一言でジーンときました。

    私にも自分の気持ち(考え方)を変えた一言があるので参加させてください。

    小学生の頃、中学受験をするので、塾と家庭教師で毎日が勉強でした。
    当時は勉強がイヤで嫌で…笑
    『みんな遊んでるのに何で私だけ?!』といつも思っていました。

    家庭教師の先生がいらしても、ぶすっとして…最悪な子供だったと思います。
    その時先生に…『何の為に勉強してるの?』と聞かれました。
    当時の私は、『やらないと親に怒られる…。』と答えたのですが、先生は、『何言ってるの?自分の為でしょ?自分の為じゃなきゃ勉強しなくていいから!!』と言われたのです。

    言われた時は泣くしかなくて…。そして理解できなくて…。
    案の定第一志望校には落ちました。
    この時、『勉強するのは自分の為でしょ』と言われたのが少し理解できたような気がしました。

    今でもこの言葉は忘れらないし、私を支える一言です。

    ユーザーID:0932322623

  • 年をとったら

    私にも、忘れられない言葉があります。

    仕事にも慣れて責任ある職務に就き始めた頃、
    仕事のことやこれからの生き方、
    周りとの関わり方・求められる自分の姿と現実の自分のギャップに悩んでいました。

    そんな時、職場の先輩と話していたら、
    「雪が思う、俺よりも雪の方が優れている部分でどこだと思う?」
    と聞かれ、答えに困っていると、
    「俺は優しさだと思うんだよね。」と言われました。
    「年をとって、例えば60とか70とかになるまでそれを磨き続けたら、
    お前の優しさはマザーテレサみたいになれるかもしれないって、
    俺は思うんだよね」と。

    たしかに、周りの人に「優しい」と言われることは多かったのですが、
    それが私には「優柔不断」や「弱さ」のように感じることもあり、
    悩みの原因でもありました。
    でも、先輩のこの言葉で、
    「これは私の長所なんだ」と思えるようになり、
    辛い時も優しくあろうと頑張れるようになりました。

    先輩は、今月いっぱいで職場を離れ、夢に向かって進まれます。
    でもきっと、これからも、何度もこの言葉に励まされるんだろうな、と思います。
    私の大事な、宝物です。

    ユーザーID:4521558021

  • カーラジオから

    30頃のことです。

    27で始めた仕事が楽しくなり始めた頃。
    まだ新人なので超激務で、家に帰ると化粧も落とさずリビングで寝てしまう、そんな日々でした。

    当時結婚2年目。
    応援してくれていた夫も、あまりの私のワーカホリックさに嫌気がさしていたのでしょう。
    仕事を覚えるのと比例して、夫婦仲はどんどん冷えていきました。
    家事もしない、夜の生活もない、家に帰ればリビングでだらしなく寝ている。
    こんなのは妻じゃなくてただの同居人だ。
    そんな言葉を年中投げかけられていました。

    その日の朝も下らないことから離婚話に。
    夫も大事、でも仕事も大事。
    板挟みの私は本当にどうしていいのか分かりませんでした。
    そんな時、出勤中の車でいつもかけていたラジオから流れてきた曲が、
    ビートルズの「LET IT BE」。
    なすがままに、って何て簡単そうで難しいんだろう・・・
    歌詞が心に染みいり、号泣しながら職場に向かいました。

    あれから5年。
    全てが上手く進み、今も愛する夫と仲良く暮らしています。
    仕事も少しセーブしつつ、以前よりずっといい仕事内容です。
    あのときの歌はずっと忘れられない、自分の転機となりました。

    ユーザーID:5391755420

  • がんばる方法

    自身のブログでの書き込みの経験はありますが、他はありません。トピを毎日見て勝手に涙を流しています。

    そのときの一言がこんなにも暖かく、そして長い年月をかけて本当の意味が分かる単純な言葉がそこにあったと思っています。

    10年前に人生にへこんだ時期がありました。気がつくとおじさんに電話を掛けていました(今でも不思議です)。
    そのおじさんは私に何も聞かず、何か察してくれたのか一言だけ私に言いました。


    『明るく元気に頑張れ』


    何故かその場で大泣きしました。
    その一言で何かが変わりました。口では表現出来ない何かが。
    私にとってこの一言はかけがえのないものです。

    現在、会社の中での役目は「特攻隊長(死語?)」的な仕事内容です。
    正直、一日一回は仕事が嫌になります。
    そのときは、この言葉を思い出します。


    『明るく元気に頑張れ』


    10年後もこの言葉を思い浮かべて頑張っていると思います。
    この言葉が大好きです。



    『明るく元気に頑張れ』

    ユーザーID:2777426164

  • お坊さんの言葉

    このトピで人間の心の温かさを感じて、ほっとさせていただいています。

    私は二年前に、息子を急な病気で亡くしました。
    一生懸命に助けようと夫とがんばりましたが、結局病に負けてしまいました。
    まだ25歳の若さでした。
    我が子の方が先に逝くなんて・・・と信じられぬ思いでした。
    「もっと元気に産んであげればよかった」「もっと〜してあげてたらよかった」など、自分を責めて辛かったです。
    そんな時、法要で来られたお坊さんが、
    「誰が悪いというのではなく、定めだったのだと思います。
    残された者は、彼を供養しながら明るく生きていくことが大事です。」とお話なさいました。
    「定めだった」という言葉に、これは運命であり、どうしようもなかったのだと心が救われた思いでした。

    毎日お仏壇に手を合わせ、写真に向かって名前を呼びかけ話しておりますが、優しかった息子を何かにつけ思い出し涙することが多い日々です。
    それでも、根本的なところで救われた思いでいます。

    息子はきっと私達を見守ってくれていると信じています。

    ユーザーID:3175115622

  • 義母からの手紙

    初婚の時のお姑さんは、夫の継母で、夫に対しても私に対してもひどいことをする人でした。

    「占いによるとその女は筋金入りの腹黒い女だ。早く別れろ」そういう嫌がらせの手紙やファックスを送りつけてくる人でした。

    私はうつになり、夫は自分だけ逃げて行方不明になりました。

    その後離婚、私は40歳過ぎて再婚をしました。

    今度のお姑さんに対して不安でいっぱいでした。
    お姑さんは優しそうでしたが、前回のトラウマがあって心を開ききれないでいました。

    再婚して初めての私の誕生日、私宛にお姑さんからダンボールが届き、開けてみると野菜や手作りのフキの煮物や郷土の名産品と一緒に封筒が入っていて、
    「お誕生日おめでとう」のあたたかい手紙と一万円が同封してありました。
    差出人は「母より」と書いてありました。

    私は声をあげて泣きました。

    実親からも夫からも誕生日にそこまでしてもらったことがありませんでした。

    私は夫よりも実親よりもお姑さんが大好きです。

    子供ができないかもしれない40過ぎの年増の私を、あたたかく家族に迎えてくれたことも、感謝してもしきれません。

    ユーザーID:9968448958

  • 叔母大好きさん

    >私は同性愛者です。(ご不快になられた方申し訳ありません)

    どうして謝るの?不快になんてなりませんよ。

    人は、誰かを「異性だから」好きになるのかしら?
    そうだとは思えない。
    あなたも、誰かを好きになるときに、その人が「同性だから」好きになるのですか?
    きっと違うでしょう。好きになる人が、同性なだけでしょう。
    人を好きになること自体、素晴らしいことです。
    私はまったく人を好きになりません。
    きっと「好き」という感情が欠落した人間なんだと思います。
    人を好きになる心を持っていない私より、人を好きになれるあなたのほうが
    ずっと素敵です。

    すみません、でしゃばって。
    でも、同性愛だからってみんなが批判すると思ってほしくなかった。
    あなたに自信をもってほしかったので。

    ユーザーID:9202778101

  • 世界一!

    私ももう一つご披露させてください。

    私は父が転勤族で、
    2年おきに転校を続けてきたので、
    同級生や先生の記憶はあまりありません。
    でも一人だけはっきりと覚えている小学校の先生が居ます。

    この先生の口癖が「君達は世界一素晴らしい!!」でした。

    子供心にも「先生って大げさ」とはわかっていても、
    褒められれば嬉しいものです。

    先生に褒めてもらえるのが嬉しくて。
    進んでいろいろな事をやりました。

    仲の良い女子で相談して、
    日直の腕章をちくちく手縫いで作ってきた時には
    先生が大きく手を広げて
    「君達は本当に素晴らしい!世界一だね!!」と
    褒めてくれました。

    皆ほほを染めて喜んでいました。
    今でも昨日の事のように覚えています。

    私が教員免許を取ったのも、
    教師の端くれを務めているのも、
    先生みたいになりたかったからです。
    私も子ども達に「世界一!」と
    言葉をかけてあげたかったからです。

    こんな風に先生の気持ちがどんどん広がって、
    皆を幸せにしていくような気がします。

    きっとこのトピと一緒ですね

    ユーザーID:0194755977

  • 突然の電話に

    親元を離れ、他県の大学に進学して半年あまり経った二十歳の頃。
    環境や大学に馴染めず、何をやっているんだろう、今までの自分は何だったのだろう、と毎日悩む日々でした。
    地元に帰りたい、もう一度やり直したい、今の自分はダメな自分、と否定的になっていました。
    進学を支援してくれている親にはなかなか気持ちを言い出せず、何の拍子だったか、ふと思いつき、
    慕っていた地元のピアノの先生に思い切って電話をかけたのでした。
    電話に出たのは先生の旦那さんでした。
    突然の私からの電話に、
    「おう、Azか!元気か?久しぶりじゃないか!」
    そして、何かを察したのでしょうか、
    「Az、俺はお前が大好きだ!大好きだからな!」
    まだ何も話していないのに、何度も力強くそう言われ、思わず笑ってしまいました。
    と同時に涙がぽろぽろと溢れ出し、悟られないように話すのがやっとでした。
    良いことも悪いことも、すべてを包み込んでもらえたような、そんな不思議な言葉でした。
    もっと自分を好きになろう、がんばろう、素直にそう思いました。

    その後、無事大学を卒業し、自分を生かせる職に就き、今は元気に働いています。

    ユーザーID:8096577681

  • 父の言葉

    (文字数がオーバーしてしまうので、2回に分けさせていただきました。)

    海外の大学に留学中です。

    約12年前の9歳のとき、母を亡くしました。
    高校2年で留学を考え始め、思い切って父に相談しました。
    普段からすごく優しい父ですが、止められるだろうな…と思っていましたが、父の返事はただ一言「うん。頑張れ」とこっちが拍子抜けしてしまうような返事でした。

    高校は卒業生のほとんどが大学に進学する進学校といわれるところでしたが、少しでも留学費用の足しにするために、卒業後1年間フリーターとして働いてそれから留学するつもりだと3年生になってすぐ当時の担任に伝えました。

    私のフリーター宣言は問題視されてしまったようで、すぐに親を交えた進路面談が組まれてしまいました。

    ユーザーID:7704540832

  • 父の言葉 (続きです)

    学年主任と進路指導の先生、担任と父と私の5人で
    先生方は私の留学を止めるのに必死でした。
    「お父様からもご説得お願いします」と学年主任に言われた父が、

    「10年ほど前に妻を亡くしました。それから娘には我慢やつらい想いをたくさんさせてきてしまったと思っています。
    娘がこれほど強い意志を持って私にお願いをしてきたのは初めてです。
    親として全力でサポートしてやりたいと思っています。
    娘をとめるつもりはありません。」とキッパリ言ってくれました。

    我慢なんてしてないよ…と思いつつも、こんな風に思ってくれてたんだ…と父の優しさに直に触れた気がして、涙が止まりませんでした。
    今でも思い出すと目頭が熱くなります。

    今一人で家に住んでいる父を思うとなんとも切なくなりますが、
    父に恩返しするためにも、ちゃんと立派に卒業して胸を張って帰国したいと思います。

    お父さんの娘でよかったよ。大好き。

    ユーザーID:7704540832

  • 小6の時の担任に言われたこと

    小6の時、4年間闘病生活をしていた父が亡くなりました。
    入院した時から半年の命だと言われ、4年ももったのが奇跡だったと、成人してから聞きました。

    私は父があまり好きではなく、本心からではなくても「死んでいいよ」と思っていました。

    ある日、授業中に伯父が来て、父が危篤だと知らせてくれ、病院に向かいました。
    車の中では、「ごめんなさい。お父さんを連れて行かないで」とずっと思っていました。
    病院についても、父の病室には怖くて入れず、待合室でもずっと謝っていました。
    そして、本当に死んでしまった。私は自分のせいだと思いました。

    父の葬儀も終わり、学校に登校した日の放課後、担任の先生から
    「神様がOO(私)はもう一人前だと思ったから、お父さんを連れて行ったんだよ。」
    と言われ、救われました。

    それから私は、神様を裏切ることは出来ないと、まず母を思いやるようになりました。

    今でも父に対して申し訳ないという気持ちはありますが、あの時、担任の先生の言葉がなかったら、私はきっと前向きにもなれなかったし、自分を責め続けていたと思います。

    N先生、ありがとう。

    ユーザーID:5764772681

  • バイト先の人事部長に

    2度目の投稿です。

    父が亡くなってから、私は本当にいろんな人に助けられてると思います。
    そのもう一つのエピソードです。

    ひとり親家庭なので、「お小遣いは自分で」と、高校時代はバイトをしていました。
    私は勉強嫌いで成績は悪く、さらに見た目も残念な子でした。
    学校で、軽くいじめも受けていて、ネガティブになっている時期でした。
    就職試験前、バイトを辞める最終日、バイト先の人事部長から、

    「試験は面接あるんだっけ?それならOO(私)は絶対受かるよ。もし落ちたら人事の見る目がないんだ。もし落ちたらうちに来いよ。やりたい仕事もやらせてやる。だから頑張ってこい!」

    と言われました。

    こんな私でもいいと言ってくれる人がいるんだ、しかも人事部長に言われたと、嬉しくなりました。
    部長の言うとおり、私は希望した会社に入社することが出来、6年間、人に恵まれた環境で充実した日々を送ることが出来、人生のパートナーも見つけました。

    自分が卑屈にならず、こうやって今、母として妻としていられるのも、根底にあの言葉があったからだと思っています。

    ユーザーID:5764772681

  • 助けたかも

    赤ちゃん育て中、バス停のベンチでおばあちゃんと隣になりました。
    そのおばあちゃんと何でもない話をしているとき、膝の上の娘の手がおばあちゃんの手に触れたので、そのまま「握手」ってちょっと手をつなぎました。
    そしたらおばあちゃん、涙を流して喜んでくれたんです。

    どんな事情の方か全然わかりませんが、赤ちゃんのホワホワの手にふれて、
    何かうれしく思ってくれたんだと思います。
    赤ちゃん育て中はできないこと一杯で、幸せだけど他人の役に立つような喜びはない毎日だったので、私もとてもうれしかったです。

    「何気ないことで他人を助けることがある」と知った日でした。

    ユーザーID:8426799072

  • ネット友人から

    数年前、今思えば鬱病だったんだと思います。
    夫の借金返済、家事・育児・仕事・長男のような夫の世話疲れ・・・と、いろんなものを抱え込んでいました。

    そんな時、ネットで知り合った友達。
    ネットだから素直になれるのもあるのだろうけど、ケンカをしても、

    「嫌いにならないから、きちんと話しをしよう」

    と、どんな時でも優しく、私と話をしてくれました。
    ケンカをすると黙り込む夫には、嫌われるのが怖く、言いたいことも言えずに溜め込んでいました。
    そんな私には、本当に救われる言葉でした。

    私が私に戻るまで、3年はかかったと思います。
    ある日、心が晴れて、彼はずっとカウンセラーだったんだと気づきました。

    会ったことも、声を聞いたこともありませんが、今でも大切な友達です。

    ユーザーID:3603831255

  • アメリカのディズニーワールドで

    大変感動的な話ばかりで楽しく読んでおります。

    昔、フロリダにあるディズニーワールドに遊びにいったときのこと。ディナーに行く前にパスポートを部屋に置き忘れたのに気づきました。アルコールの出る場だったので、連れを置き一人で慌ててホテルに戻りました。

    すぐにバス停に戻って待つも、時刻表の時間を過ぎてもバスは全く来ず・・・。周りは楽しそうなファミリーばかりの中で、連れも同じく一人で待っていることを思うと例えディズニーでも海外ですから急に不安になってきて、うつむいてバスを待っていました。

    そこにホテルの方が通りすがり、「気分が悪いのですか?大丈夫ですか?」と。簡単に事情を説明すると「I'm so sorry」とバスが遅れていることを心から謝ってくれ「バスは絶対にすぐに来ますよ!」と笑顔で言って貰いました。彼に声をかけてくれてありがとう、と言いちょっと気が楽になって顔を見上げた瞬間・・・バスが来たのです。

    バスが来るのもスケジュールとはいえ、一番嬉しかったのはその方の心遣いと謝ってくれたこと。とても嬉しい気持ちになりました。

    ユーザーID:7223961247

  • 私立中学校で教員をしていました。1/2

    ある時、あるクラスの中心的存在の女子生徒が、しばらく元気がないことに気がつきました。担任によると、友達同士のトラブルで落ち込んでいる、とのことでした。そこでノートを集めた時、最近笑顔が見られなくてさみしい、というようなコメントをつけて返却しました。

    またその後、急にテストの成績が落ちた男子生徒がいて、担任に、彼は家庭の経済的な事情で、もうすぐ公立に転校しなければならないと聞きました。優秀な子だったので、テスト用紙に、君ならどこへ行っても大丈夫、とコメントをつけて返却しました。
    すると、数日後彼と廊下ですれ違った時に、「偽善はやめてください」と言われてしまいました。

    ユーザーID:1387761581

レス求!トピ一覧