ボールペンの謎

レス18
(トピ主0
お気に入り22

生活・身近な話題

さち坊

景品やもらいもので、家にはたくさんボールペンがあります。
しっかりインクもあるのに、なぜかどれも書けません。
毎日のように使ってればいいのですが、再び書けるようにするにはどうやったらいいですか? 誰か教えてください!

ユーザーID:6084967588

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無題

    1,インクが乾燥して粘度が高くなっている。
    2,ペン先を上に向けて保管していたため、ペン先にインクがない。
    3,ペン先のインクが乾燥で固着し、ボールが回らない。

     1はどうしようもありません。
     2はペン先を下に向けて、何度も試し書きしている間に使えるようになりますし、お湯に入れるなどしてやるとインクの流動性が高くなり、早く書けるようになることもあります。
     3はペン先をライターなどでちょっとあぶってやれば書けるようになることもあります。

    ユーザーID:6320231327

  • 伊○家の食卓

    まず、
    ティッシュペーパーを用意します。
    それに書けないボールペンで軽いタッチで書いてみてください。
    これは、
    摩擦係数の高い紙を使用することで、
    先端のボールに強い力をかけて動かすやり方です。

    それでもダメな場合は、
    古すぎてインクが固まっていたり、
    不慮の衝撃で、
    先端のボールが減り込んだり、
    変形してしまった場合など考えられます。
    その時は諦めましょう

    ユーザーID:9529818673

  • たしか

    何年か前にテレビで見ました。
    四つ折りにしたティッシュに撫でるように軽い力で試し書きをすると書けるようになるそうです。
    先端のインクがでる部分のボールが乾いて固まっていることが原因なら、この方法で解消するみたいですよ。ティッシュの毛羽立ちがボールを動かしてくれるらしいです。
    あと、使わないときはインクの出る側を下にして立てておくと良いらしいですよ。

    ユーザーID:3234498164

  • 対外この方法で対応できると思います

     ボールペンは気温が低い所は嫌いです。夏に書きやすかったり、冬に書きずらくなったりします。確か気温が一定の温度を下回ると液が流れずらくなる構造になっています。後、対処方法として4センチ〜5センチ程度離してライターで暖めると出やすくなります。

    ユーザーID:3316578898

  • 裏技でやってたなぁ

    ティッシュを一枚机に敷いて、
    そこをゆ〜っくりとボールペンでなぞる。

    すると、驚くほど書ける様になるっていう裏技だけど..。

    ・・・・私はダメでした

    書けないボールペンが書けるようになる方法!
    私もそれを!すごく知りたいので、
    このトピに有力情報が寄せられることを祈っております。

    ユーザーID:2370332005

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ありますよね……

    お湯(ポットで大丈夫です)に先端3センチくらいを入れて、しばらく放置して、柔らかくなった先端に溜まったインクを拭き取って乾かすと復活したりしますよ!

    ただ、やっぱりダメなものはダメだったりしますね…

    ユーザーID:3337503980

  • お湯につける

    油性のものなら。

    ユーザーID:1100242619

  • もしかして左利きですか?

    ボールペンの構造と文字の書き順
    この二つは左利きと相性が最悪でペン先のボールが
    奥に押し込まれてインクが詰まります

    左利きなら一度、右から左に横線を引いて見てください
    詰まりが直るかもしれません

    ユーザーID:6024296571

  • 後の祭り

    書けなくなってからでは手遅れです。

    余分なボールペンの先に、糊を少量つけて乾燥させ、外気を遮断しておくのがベストに近い保存法です。

    使うときには、固まった糊をポリッと爪先で外せばOK。

    ユーザーID:0292004334

  • ボールペンも季節商品

    実は夏用と冬用でインクが違います。書けなくなるのは概ね夏用です。夏用はインクが固く(粘度が高い)、冬用はインクが柔らかくなっています。
    これは気温の影響で冬場はインクが固着しやすくなるため、粘度を下げなければ書けなくなってしまう事、夏場は逆に固くしなければボール先端からインクが漏れてしまう事からそういう風に出荷時期で製造し分けているという事です。

    夏用のインクが気温の低い時期に固着してしまうと、ボール先端部分くらいなら加熱や湯通しでかけますが、それがもう先まで少し進んでしまうと完全に固着してしまい溶かす事ができません。書けたり書けなかったりするのはこのためです。
    逆に冬用インクのボールペンを胸ポケットなどに入れておくと、夏場はインクがドバっともれてシャツがインクで・・・という事も良くある事のようです。

    ちなみにチョコレートも夏場と冬場で溶けやすさが違うらしいですね。

    ユーザーID:7020178882

  • 捨てる

    使えないものは捨てましょう。
    何とかして使えるようになったところで、どうせ使い切るようなこともないでしょうから。

    1本あれば十分でしょ。

    ユーザーID:3414266836

  • ぶんぶん

    途中でインクが途切れているものに。

    クリップ付きのもの限定ですが
    カウボーイの投げ縄のように、
    クリップ部分に紐をつけてブンブンまわします。
    遠心力でインクがペン先にまわり書けるようになります。

    お試しの時には周りに人がいないか、十分ご注意ください(笑)

    ユーザーID:4106867509

  • 自転車

    自転車の後輪にペン先をタイヤ側に向けて挟み、自転車のスタンドを立てたまま思いっきり漕ぐと遠心力でインクがつまって書けるようになるとテレビでやっていました。

    説明下手ですみません。

    これだと、片足スタンドの自転車じゃ実際に走らないと無理ですね。
    今気付きました。

    ユーザーID:7477830391

  • 安かろう、悪かろう:単色は長持ちの傾向

    机の上に11本あります。8本が3-4色。8本が名前入り、すなわち業者からのもらい物。もらったボールペンのいくつかは、出ない色があり、いらつくので内部で切断してあります。安いのはそれくらいだろうと思ってます。
     4色でも高かったペン(自費購入)はどの色も生きています。赤単色のペンは10年近く使っており、まもなくインク切れ。これくらい使えます。
     7年前にもらった外国製の、デザイナー名入りの立派な黒のボールペンは、なぜかかすれてきました。ほとんど使ってないせいかも。スペースシャトルで使うペン(インクをバネで押し出す)なら、最後まで使えるかもしれません。

    ユーザーID:9820970164

  • レフィル(中芯)交換が一番早いです

    景品やもらいものボールペンを分解出来たら中のレフィル(中芯)をだしてみてから、これに刻印がしてあると思います。
    メーカー名や製造ロットや製造年月ですけど。
    規格品だと交換してくれる場合があります。無印だとまずは無理です。
    景品のでもメーカー品のがありますし、もらいものでもまた同じですね。

    ボールペンは大体製造から1〜2年が使用限度と思っていていいと思いますよ。
    あとは自前であれこれ挑戦してみるのですけどアルコールにつけて垂直に紙にたててソフトにゆっくり円を描くようにして紙の摩擦を利用して先端のボールをなんとか回すと中のインクが誘導されて出てくればいいのですけど。

    紙粉やその他の細かいゴミがボールと先端の間に挟まっていると回らないので一瞬だけライターの炎であぶってみるとゴミが燃えてくれれば。
    いずれにせよ自前でやれば自分で壊したことになるのでそれでインクがでなければあきらめです。

    でもやりたいのは人の常。使う分だけ用意して大事に使うと規格品は筆記距離が規格で決まっているので保証して無償交換なんて事もしてくれるはずです。

    ユーザーID:7559114023

  • ボールペンは季節商品じゃない

    「ボールペンも季節商品」(医療関係者さん,2010年5月17日20:15)について,余りにあんまりな内容なので只のヨタ話かも知れないなあと思いつつ.

    食品ならば賞味期限あるいは消費期限があって,出荷時から定められた期間内に購入者は消費するわけですが,ボールペンは食品とは違いますから,出荷してから購入される時期が特定できません.すぐ売れるかも知れないし,長期店頭在庫になるかも知れない.
    また購入者がそのボールペンを消費するまでにかなりの期間がかかります.使いきるまでに1年かかるとすれば,夏にも冬にも使うわけです.

    これだけでもヨタ話なのが明らかですが,“ボールペン+インク”でネット上の特許明細書などの技術文書を読むと,JIS常温(5度C〜35度C)の範囲で,温度による粘度変化が可及的に少なくなるように成分配合が調整されていることがわかります.
    また,製造会社が公表しているボールペンインクの粘度値を調べてみると,夏用,冬用の区別はないことがわかります.

    末尾に(嘘)とか書いていただけるとよかったのですが.(笑)

    ユーザーID:8506517023

  • チップ交換

     私は油性ボールペンが途中で書けなくなった場合,芯を取り出して芯だけ保管して後で使っています。外側やキャップは捨てています。
     調子良く最後のインクまで使い切ったボールペンがあれば,この先端チップをペンチで引き抜き,保管中の芯の先端チップと交換するのです。これでほとんどの芯が最後まで使えます。交換直後は,チップとインクの間に空気が入る事がありますが,使っているうちに空気は抜けます。またボール径の違うものも用意しておき,気分によって太さを換えることもできます。ためしてみてください。

    ユーザーID:7728835261

  • あまりにもナンセンス (横)

    >左利きなら一度、右から左に横線を引いて見てください
    >詰まりが直るかもしれません

    ボールペンは、ペンと違って、持つ位置が特定されていません。

    だから、特定の方向(たとえば左から右)へ線を引くとしても、
    持つ度に、ボールの回転方向は異なるのです。

    ユーザーID:6189915093

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧