なりたい職業の見つけ方がわからない

レス39
(トピ主0
お気に入り44

趣味・教育・教養

まなみ

はじめまして。高一のまなみといいます。
小学生のころから私にはなりたい職業というものがみつかりません。
中学生の頃先生に「将来こうなりたいという理想を持ってそれに向かって努力しよう。」と言われ、すごく焦って職業が載っている本を読んだり、親や親戚の人と職業について話してもピンとくるものがなくそんな自分がずっと悩みでした。
勉強自体は嫌いではないので、とりあえずどんな職業につくにしても、中学校の基礎学力は必須だと思い受験はがんばったので進学校に入学はできました。
でも、大学受験だけは自分のなりたいものを見つけた上でチャレンジしたいんです。友人からは「そんなに固く考えずに大学でバイトとかしながら社会と触れ合ってみつかるかもよ。」と言われるんですが、そんな見つかる保証もないのに適当に大学入学するのは親にも申し訳ないと思います。

このように書くと全く無趣味の人間のようですが、バレーボールが大好き、フルートが得意、でもその二つは職業にしたいとは思えずあくまでも大人になっても趣味としていきたいなあ位しか考えられないです。
母からは「好きなことを職業にしなさい。」と言われ兄からは「そうはいってもどうせ働くなら収入面も考慮して決めるべき。」と言われどちらも納得できる意見だと思います。
一体普通の人たちはどうやってないたい職業をみつけたんですか?

ユーザーID:8752428723

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 長いですよ

    お母様の言われる事が、長い目で見た場合、一番妥当かな、と思いました。

    お兄様は、今、まさに、重責を担う立場にあるが故に、その様に仰るのかも
    とも思いました。

    トピ主様が、いま、チャレンジしたい事があるのであれば、それを第一優先に
    お考えになられて良いと思いますよ。

    先生方は、よく、”目的を持って”、と仰いますが、あれは、絶対に嘘ですよ。

    トピ主様の年代で、それが分かるはずがありません。

    唯一、あてになるのは、自分の好き嫌いだと私は思います。

    トピを拝見する限り、お母様もお兄様も、十分頼りにして良いと思いますので、
    当分は(あと10年くらいは)、甘えさせてもらうくらいに思って、好きな事を
    なさっても良いのではありませんか?

    トピ主様のお優しい気持ちは、伝わりましたが、自分が好きな事をするのが、
    結局、周りの人も幸せにするのだ、とお考えになられた方が良いと思います。

    ユーザーID:8995736875

  • 興味ある職業をしぼってインタビュー

    高校生なのにいまから将来のことを考えるのはえらいですね。同じ世代の人たちでいまから目標を持っている人のほうが少ないでしょう。専門的な仕事を考えているという前提でレスしますね。

    まず勉強が嫌いでないということなので、得意は文系ですか?理系ですか?理系の場合医者、看護師、薬剤師などに興味ありますか?医者や看護師の場合は勤務時間が不規則で場合によっては長時間働くこともありますが、それでもOK?文系の場合は暗記やロジックはお好きですか?弁護士、弁理士という職業はどうでしょう?それから会計士もいいですね。人に教えるということはどうですか?教師も長時間勤務ですが、結婚しても子供ができても働き続けられます。
    働くということだけでなく、どんなライフスタイルを考えているのかによっても職業選択は変わってきますね。普通の休みがほしいということでしたら公務員でもいいし、もっと上をめざすのなら国家公務員の試験をうけて政府機関で働くこともオプションの一つです。
    職業の絞込みができたら、実際に働いている人にインタビューしてみましょう。まだ先は長いのですからあせらなくて大丈夫ですよ。

    ユーザーID:5894843375

  • 私の場合

    高校1年生で、色々考えていてえらいですね。

    今の段階で職業を決めるのは難しいと感じて当然ですよ。たとえば普通の企業就職にを考えると、学部はあまり関係なかったりしますしね。(ただし新卒に限る・・・)

    また女性の場合、結婚や出産や、さまざまな状況で一環して仕事を続けられない状況ということも考えられます。私も大学卒業して、企業に就職し、結婚退職してから、いろんなところで子供育てながら働いています。一応、結婚退職後の仕事はすべて、『語学』関連でやってます。大学は教育学部で、選考が英語でした。先生は一度もやってません(苦笑い) やりたいんですが、共働きでやるのは、親のヘルプが難しい現状では、家庭を考えると選べません。

    結婚して思うこと、資格職は有利です。看護師・薬剤師等の医療系、経理系、法曹界系。でも、嫌いなことは続きません。血を見るのが嫌いな私には医療系は厳しいし、経理関係も法曹関係にも興味なしでした。

    なので、自分の好きを大事にして、おおまかな方向を決めていったらいいんじゃないかと思います。何かこれ、って思えるものがみつかるといいですね。

    ユーザーID:4493981864

  • 好きな教科はあるかな?

    高一だもんね。まだ、将来の職業なんて言われても、ピンとこない人のほうが多いと思いますよ。基礎学力が大事と気づけるまなみさんは、賢いですね。

    好きな教科はありますか?たぶん2年生になったら、文系と理系に分かれますよね?その程度の好き嫌いはあるかな?

    文系でも、語学とか政治とか文学とか、理系なら生物、物理、コンピューター・・・いろいろあるけど、興味がある分野はある?

    大学のパンフレットや進学情報誌などを読み漁るのもいいかもしれません。進路指導室はあるよね?なければ担任の先生に聞いてみてもいいよ。どんな学部・学科があって、それぞれどんな学問をするのか、就職先はどんなところかが分かります。

    新聞や本もたくさん読んでね。勉強も大変だろうけど、本を濫読するのは若いうちがいいそうですよ。世界に対してアンテナを張って、おもしろいと思えることを見つけてください。それが職業選択につながっていくかもしれません。

    ユーザーID:8379459051

  • まずは経験値と見聞を広げてみて

    高一だもん、まだやりたい仕事がわからなくても当然。焦らなくても大丈夫。

    話を聞いたり本を読むだけじゃピンと来ないなら、実際に働いて経験してみたら?
    進学校だから大変かもしれないけれど、意識してタイプの違うバイトをいくつかやってみたり。
    その経験の中で「この仕事のこの部分は楽しかった」「この仕事でこの作業をする時は
    充実感があった」っていうパーツのデータベースを少しずつ積み上げていくと、
    まなみさんがやりたい仕事の「傾向」は見えてくるよね?
    その傾向を持っている仕事はどんな仕事か調べてみるといいんじゃないかな?
    職種名や業種名で「絞る」んじゃなく、傾向から「広げていく」って感じ。
    正直、まだ絞る段階ではないと思うの。

    あと、職業インタビューも続けてみた方がいいと思う。
    世の中には本当にたくさんの仕事があるから、身内だけじゃなく友だちのご両親に
    やっている仕事の内容とか、やりがいとか聞いてみるとまた世界が広がるかも。
    同じメーカーの仕事だって、配属部署によってやっている仕事は全然違うしね。
    今は見聞を広める時期ととらえていろいろな経験をしてみたほうがいいと思います。

    頑張って!

    ユーザーID:0722611585

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 見つかったらなればいい

    私は、高校から情報処理科に行き、もう、プログラマーやシステムエンジニア方面に行く事を決めてました。
    好きになるかわからないけどーで、行きましたけどね。
    もう、すぐに楽しくて、虜になってしまい。

    その職業も楽しかったです。
    しかしー、今は、全く違う仕事をしています。運動系の。

    30代になってから出会った今のこの仕事。
    勉強して、学校に通って、プロになってしまいました。

    なりたい仕事に、いつ出会うかは、わかりません。
    取り敢えず、お兄様が言うように「稼げる仕事」に就いておけば、
    なりたい職業が見つかった時に仕事を辞めて勉強するお金が出来ます。

    がんばって。

    ユーザーID:2288418260

  • 99%以上の人は「成り行き」で職業を決めている…たぶん…

    羽生善治や武豊、石川遼ならいざ知らず、「一般人」の99%以上は、
    確たる信念も確信もないまま、なんとなく今の職に就き、
    その仕事をそのまま続けているのではないでしょうか?

    だいたい、実際にやったこともない仕事に対し、
    「向き・不向き」も「好き・嫌い」もないはず。

    「運」と「出会い」と「偶然」から、ある職業に出会い、
    とりあえずやってみて「これはムリだ…」となれば転職をし、
    「何とかやれそうだ」と思えばしばらく続け、
    1年2年と歳を重ねていくうちに、熟練してプロになっていく…
    とまぁ、こんな感じでしょう、実感としては。

    と、いうことで…
    「向き・不向き」「好き・嫌い」に拘り過ぎず、
    あまり生産的でない「自分探し」に過剰に耽ることもなく、
    淡々と人生を乗り切っていけば良い…と思いますがねぇ〜

    ユーザーID:9535299057

  • 成り行きみたいなものです

     55歳のお父さんです。
    私は理系の学科が好きだったので、工学部へ入学しました。現在は企業の経営者です。経営には当然理系の知識は役立っていますが、孝行の頃考えていた、エンジニアとはずいぶん違うところに来てしまいました。
     いろいろな人にあって話を聞いた経験から言いますと、その職業になろうとしてなった人は、ごく少ない人たちで、多くの人は私のように紆余曲折があって、今の職業についている方ばかりです。
     しかし、その時その時でも不況は持っていました。高校の頃は、電子製品の設計者になろうと思っていたし、大学に入ったらプログラマーになりたいと思ったり。
     私は、その時のやりたいものに向かって素直に進めばよいと思っています。私の2人の子どももそうでした。
     トピ主さんはどの教科が好きですか?そこから、向き不向きが見えてくるかも知れません。
     たくさん悩むことです。

    ユーザーID:7950276755

  • わたしもなかった・・・

    「将来の夢」って強要されるとつらいですよね。私もまったく見つからなかった口です。
    とにかく勉強自体が嫌いだったので、「なりたいもの」なんて考える余裕はゼロ。
    高校でも勉強にまったく身が入りませんでした。大学受験も
    「理系は絶対にありえないから、文系のどっかに入ればいっか」みたいなかんじで…。

    そんなある日、高校1年の夏だったと思いますが、アメリカのあるミュージカル映画を見ました。
    そしてなぜかそれにものすごくはまってしまったのです。
    レコードを取り寄せ、英語の詞を全部一人で訳したり
    文字通り100回以上聴いて、歌詞やせりふをすべて覚えてしまいました。
    そのとき日本語と英語の違いに大変驚き、また興味を覚え
    突如「英語をもっと勉強したい」と思い始めたのです。
    自慢じゃないけど、それまで国語以外、英語も含めて4教科追試の常連だったんですよ。
    その後色々調べて、私が興味があるのは「言語学」だとわかり
    言語学を専攻できる大学への進学を目指しました。

    いつどこでなにに出会うかわからないものです。
    あせらず、常にアンテナを張り巡らしておくといいですよ!

    ユーザーID:8264043141

  • 難しいね・・

    >一体普通の人たちはどうやってないたい職業をみつけたんですか?

    ないたい・・多分なりたいだと思いました・・

    本題ですが、不純な動機の方がいいと思います。
    大抵の女性は結婚したら仕事は辞めます。
    女性は仕事をしに行くというよりは、夫を見つけに行くがしっくりいくでしょう。
    女性が勉強して企業に入る事は、よりよい旦那さんを見つけに行く為です。
    下手に女性しかいない職場に行ったら、婚期を逃します。

    ユーザーID:0361296594

  • 学歴社会ですから・・・

    芸術家や職人と言った特別な技能職を目指すのでなければ、ひたすら勉強をして良い成績を取り、難関大学へ進学する事です。

    良い大学に入学すれば、その後の人生の選択肢が増えるのです。もしも途中で方針が変わったとしても、変更出来る可能性が高くなります。

    言い訳ばかりで勉強をサボると良い大学に進学出来ません。卒業後の進路が限定され、その後の挽回も大変困難になります。

    勿論、勉強して良い大学に進めば将来が保障される訳ではありませんが、豊かな人生を過ごす可能性は著しく高くなります。

    でもね、こんな事は小学校5-6年生の段階で自覚して、その後の進路を選ぶものですよ。親や教師は何をしていたのでしょう。でも高校1年ならばまだ挽回は可能です。しかし、既に4-5年出遅れていると考えるべきでしょうね。

    貴女の人生に幸あらんことを!

    ユーザーID:6496101268

  • 職業は

    趣味や好きなことにしない方が良かったりもする。
    趣味や好きなことでも仕事でするとつまんない(笑)

    でも大変な時、苦しい時は好きなことだから、が支えになったりもするので人間難しいね。
    みんながみんななりたい職についているわけじゃないというか、なりたい職の人のが少ないんじゃないのかと思います。

    結局のところは、色々やってみて「コレダ!」っていうのを自分で見つけるしか。

    ユーザーID:9071342196

  • 自分はどういう人なのかという事

    なりたい仕事なんて、なかなか見つかるものじゃ無いと思います。だいたい、大学生の就職活動でも仕事の種類を特定して会社選びをする人ってそんなに多くないですよ。安定してる会社がいいとか、雰囲気の良い会社が良いとか、会社を選ぶ軸は人それぞれです。
    そして、その軸をどうやって見つけるか、というと、とにかく今を楽しく生きて、自分の傾向を知る事です。

    まずは仕事とか条件とか考えずに自分の好きなもの、得意な事、自分の心に耳を傾けて。
    バレーボールが好きなんだったら、何故好きなのかを考えてみると良いです。
    他人よりできるから?良い仲間に恵まれたから?勝つのが好きだから?

    自分の嫌いな事、苦手な事にも耳を傾けましょう。それをなぜ嫌いなのかも考えましょう。

    たくさんいろんな経験をして、その中で生まれた自分の好き嫌いを分析して行く事で、自分の人間としての軸が見えてくるはずです。そしてその軸を満たしてくれそうな会社に就職するのが人生にとって一番幸せだと思います。

    今は、就職をそんなに意識せず、高校生活を楽しんでくださいね。

    ユーザーID:9707370153

  • 文系か理系か

    高校で焦って決める必要はありませんよ。無理に決めてしまう方が危険です。

    ただ一つだけ高校で決めなければならない事があります。
    理系にするか文系にするか・・・です。

    文系でいくと、将来、エンジニアにはなれません。医療系の職業にも就けません。
    理系でいくと、例えば会計士のようなアカウンティングに関するの職業や
    弁護士など法律に関する職業になるのは難しくなるでしょう。

    この理系にするか文系にするかの選択で後悔のない選択をするように努めることです。
    数学が嫌だから文系とか社会が苦手だから理系とか
    安易な選択を取らないようにすることが大事です。

    ユーザーID:9227145690

  • 答えを出そうとしない方がいいよ

    「なりたい職業」なんて、誰も本当は明確にないと思います。
    すべてはイメージだし、本当にその職業を知っているわけじゃないし。
    俳優のxxが好き!とかと同じ程度。

    でも、自分が何に心動かされ、どういうものに関心を持ち、どんなことに感動するのか、そういうことを常に意識していることは大事です。

    だから、漠然と「多くの人を動かす仕事がしたい」とか「国際的な仕事がしたい」とか「社会の発展に貢献できる仕事がしたい」とか「目の前にいる人に喜ばれる仕事がしたい」とか、、、そんな自分なりの要素を固めて行けばいいのだと思います。

    何ていっても、世の中には職業がものすごくたくさんありますから。
    今、あなたが知っている職業以外にも、たくさんの可能性があります。
    それを絞り込むよりは、自分が熱意を感じられる分野に、もう一歩踏み込んで見て、少し視野を広げてから職業を考えればいいのでは?

    大学に入って、専門分野の勉強をすると、また見えてくるものもまったく変わってきますよ。

    ユーザーID:4701968225

  • 好きなのは何?

    「好きなもの」って、そんな大げさなわかりやすいものでなくても良いんですよ。

    例えば、家の家事を手伝う中でやっていて苦にならないものとどうにもイヤなものとがありませんか?
    人とおしゃべりするのは好きですか?
    絵を描いたり、本を読んだりするのは?
    どんな本が好きですか?
    パソコンは使ってますよね、それでどんなことをするのが得意ですか?または苦手ですか?

    「好きなことを仕事にする」というのは、バレーボールが得意だから選手になる、なんて大げさなことではなくても良いんです。
    日常の中で苦にならずできること・やっていて時間を忘れることを生かしていくという方法が一番長続きしやすいのではないかな、と私は思います。

    大学に行くまでにそれが固まればもちろん良いのかもしれませんが、大卒の資格は将来重要なポイントになってきたりします。行けそうなら、好きな分野の大学に進んでおくのも良いと思いますよ。
    4年間、流されるのではなくその時間の中で、」「自分はどんなことに時間を忘れて没頭するのか」「自分は何が苦にならずこなせるのかをよく考えながら過ごせば、きっと天職に巡り会えると思います。

    ユーザーID:9940961482

  • あまり深く考えなくてもいいと思いますよ

    大学受験に際してなりたい職業が決まっている人は、そんなに多くないと思いますよ。
    ましてや、大学生になってから、その目標通り頑張って、大学卒業後にその道(職業)に進んで目標を達成したという人は少ないと思います。
    大学では友人を作ることやバイト、勉強、サークル活動などたくさんすることがあります(すべてやる必要はありませんが)。
    これらのことを通じて、考え方は変わることがあるでしょう。
    学生と話すとよくわかるのですが、2,3年前と全く同じ目標(なりたい仕事や夢)を持ち続けている人はそう多くはないです。
    つまり、若い時にはいろいろな考え方を吸収することにより、個人の目標や考え方も変わってくるのです。
    なので、大学入学時と卒業時では目標が変わったという人はとても多いですよ。

    高校生の時にたくさん勉強をして、いい学生がたくさん集まる大学を目指してください。
    いい学生が集まるいい大学には、たくさんのチャンスあるいは機会(勉強、資格試験、留学、就職など)があります。
    そうすると将来の選択肢も増えてきます。
    まずは、職種の選択肢が増えるいい大学を目指しては?

    ユーザーID:9939664969

  • そんなもんです

    高校生ならそんなもんだと思いますよ。
    若者は夢を持ってそれに向かってがんばる、というのが当たり前みたいな風潮ですが、そんなのは幻想です。だいたい私は「夢」という言葉がキライなひねくれ者ですので(笑
    学校の先生は、生徒の尻を叩くのが商売なので偉そうなことを言っているに過ぎません。イジワルな言い方をすれば、学校の先生なんて教育大を出ただけの世間知らずなんですから。

    医師、看護師、教師、保育士、研究者、理髪師etc...就くまでのルートがハッキリしてる職業は、努力するポイントも分かり易くていいですね。
    でも何になりたいのか良く分からないなら、将来の選択肢を増やすために進学するというのもありだと思います。
    それに、なりたい職業に就くのだけが人生じゃないですよ。仕事なんて収入を得るための手段に過ぎない、と割り切ってしまうのもいいですよ。

    ユーザーID:6728960011

  • アドバイス

    私は語学と美術に才能があり興味もあったので、小さい頃から将来なにやりたいか、何を勉強したいかで迷いませんでした。
    けれど、迷わなければ結果よかったかといえばそうでもありませんでした。
    大人になってわかったのですが何の職業になりたいというよりは、”どんな人生計画を望んでいるか?”のほうがぜんぜん重要だったのです。

    たとえば、あなたの最終的な目標は、あたたかい家庭で主婦業で若いうちに結婚して20代で3人子供が生みたいのであれば、その目標を達成しやすい進路にするべきです。

    たとえば女性の場合、4大卒よりも高卒や短大卒で早めに就職するほうが採用の人数も多いですし、結婚相手さがしに大企業の事務職に入るにも有利だと思います。
    かたや、あなたは家庭的よりは、独立志向で結婚はするかもしれないけれど、今のところ自分ひとりで十分に食べていけるキャリアがほしいと思うのでしたら、男性と差別されにくい職業の資格を取るのが重要です。

    たとえば、事務系よりは、研究職のほうが出世も給料も女性でも差別が少ないです。今の世の中半数の女性が専業主婦になります。
    そういうこともよく知ってくださいね。

    ユーザーID:8738129631

  • 出来ない・向かない・したくない仕事を除外していくといいかと

    仕事を決めるときには、タイトルにあるようにすると楽かしらと思います。例えば、血や注射器を見て気分が悪くなり、それを克服できないと自分で思うようなら、医者よりも他に向いている職業があるかも、また、責任を持って大勢の幼い子どもの面倒を見るのは向いていないと思うなら、幼稚園や保育所で働くのは大変かも、といった感じで。
    また、自分のために働きたいのか、他人のために働きたいのかなど、働く理由と目的(目標?)を正直に考えた方が良いですよ。いろいろな理由・目的が複合して皆働いているようです(好きな事にかかわって生計を立てたいから働く、家族のために働く、自分の老後の安泰のために働く、貯金・資金調達のために働く、自分の為になるよう助言・心配してくれる周囲の為に働く、自分の成長のために働く、誰か不遇な立場にいる人のために働く、社会で孤立しないために働く、など)が、そのなかでも「とりわけ何かの為に働く」という気持ちが働いている人にはあるかな、と思うのです。
    既に働いている方々の話をいろいろ聞くことが出来るといいのですが…
    わかりにくい文章でご免なさい。

    ユーザーID:6089802213

  • 常にアンテナを立てる1

    気づいただけトピ主さんは同級生の先を行っています。応援したくなっちゃいます。

    私の知り合いは、今、発展途上国の女性教育向上に携わり、
    国連に出入りする感じの人です(漠然としていてごめんなさい)。

    彼女自身は、中学生の時、家庭内暴力から逃れて、お母さんと警察に駆け込んだそうです。
    その時、どうして女性はこういう目にあうのかな?と思って、本を読んだことがきっかけだそうです。
    そんな彼女は、高校1年生でしか受けられない留学試験の枠を勝ち取って、
    海外の、世界中の子が集まる高校・大学に留学しました。そこで、人種差別などを学んだそうです。

    その試験は、高校1年生でしか受けられないのですから、今トピ主さんが興味を持っても間に合いませんね。
    ですから、こういうことは早すぎると言うことはありません。

    ひとつお伝えしたいのは、「なりたい人」と「職業につく」ことは似ていて非なるものです。
    先述の彼女は、大学院で論文を書いているうちにそうなったわけで、職業はまだ大学院生、だったのに、
    国際社会で働く職員になったわけですから。

    つづきます。

    ユーザーID:5517646607

  • つづきです

    大事なのは、この世界で、自分は何がしたいんだろう?ということと、
    自分はどんな仕事がしたいんだろう?ということを、一緒にしないことです。
    オリンピックに出場する能力の持ち主は「スポーツ選手」かもしれませんが、
    実は裏では大会に出る費用を稼ぐために会社員として働いているかもしれませんからね。

    まずは、自分がやってて楽しいこと、自分が向いていると思うこと、をつきつめてみてはどうでしょうか?
    小学生のとき、歌がうまくて、声が通る美人な彼女は、さすがに芸能人を目指しませんでしたが、
    アナウンサーの勉強をして、結婚式の司会者をしています。
    本を読むのが好きで、図書委員をやってた彼女は、今図書館の司書として働いています。
    漫画が好きで、いつもお絵かきばかりしていた彼女は、いざ進学・就職の時、どういう職業に就こうか悩みました。
    イラストレーターほど絵がうまくない彼女は、それでも絵が好きだったので、
    大学は経済や情報を専攻し、広告を作る会社に就職しました。

    何も、フルート奏者やバレーボール選手にならなくていいんですよ。
    ちなみに、例のうちの1人が私です。

    ユーザーID:5517646607

  • 自分を客観的に見るのも大事

    私は大学を出て、特にやりたいことがなく、とりあえず内定が出た会社の事務職に就職したのが大失敗でした。

    そもそも事務が向いてなくて、あまりの仕事のできなさに自分がADHDの可能性が濃厚だと気づきました。
    もともと整理整頓が超苦手で、雑で気が利かず、数字にも超弱い私が何で事務に就職したのだろうと後悔。
    性格的に組織でOLをするのも向いていませんでした。
    就職のとき、もっと自己分析をすればよかったと思います。でも入ってみないとわからないんですよね。

    やりたいことがわからないなら、得手不得手を具体的に抽出してみるのもいいと思います。
    そして、できれば自分の強みが生かせて、自分が興味のあることが見つかればいいですね。

    大学で学びたいことがわからないなら、東京大学とか国際基督教大学のように一・二年は教養科目を勉強して
    三年から専門を決めるような大学もあります。

    あと、大学はやっぱりできるだけレベルの高いところに行った方が、出会う人の質も違うし、就職の選択肢も広くなります。

    ユーザーID:3086184989

  • 焦らない方がいいですよ

    私は、図面を描く仕事をしています(設計関連です)
    今の仕事は、これからもずっとして行きたいなと思う仕事ですが、この仕事に出会えたのは、30代になる少し前でした。
    高校の時、何になりたいのかはっきりしたビジョンは、何もありませんでした。
    漠然としたまま何となく大学というのも・・・と思ったので、就職して社会の中で色んな事を、お金もらいながら勉強したほうがいいや、なんて思って高校卒業後に就職しました。
    社会に出れば、視野が広がります。そこで考えもどんどん変わっていくと思います。
    今はしっかりと学校の勉強に励む事が大事だと思います。
    何か手に職を付ける、という事も大事かと。

    絶対にやらないで欲しいのが、親から(周囲から)この仕事が絶対向いているからしなさい!と言われて、本当に自分がやりたい仕事なのか判断もせずに、その方向へ走ってしまう事です。
    (妹がこれで、大変苦労しています)
    ご自身の人生ですから、押し付けではなく自分で納得して前に進んで下さいね。

    ユーザーID:2017816776

  • たいていの人間は

    あのね、あなたのお父さん、お母さん、親戚の人は何の仕事していますか?

    芸能・スポーツなど一芸に秀でた人以外の凡人がつく仕事は大きく分類すると「物を売る仕事」か「物を作る仕事」か「サービスを提供する仕事」しかないんですよ。

    世の中にはいろいろな会社がありますが、どんな会社でも目的は全て「自社製品を売る」ということです。会社によって売るものが食品か衣料か車か…という違いがあるだけの話なんですよ。

    だから、大きく分類すると「1物を作る人」「2物を売る人」「3サービスを提供する人」の三種類しかないんです。1は工場のラインに立つ人から開発担当者まで、知識技術の有無でいろいろ。2はいわゆる営業さん。百貨店やスーパーなど小売り業もそうですね。3は介護や清掃だけでなく、ある意味弁護士や教師なども含むでしょうね。

    一部の人を除けば、声優だの作家だの宇宙飛行士だのという特殊な仕事につくわけではないのです。どこの会社が採用してくれるか、レベルの話なのです。だから好きなことを仕事にするというのは「自分は車よりは食品を売りたい」「○○を作る側になりたい」そういう観点の話ですよ。

    ユーザーID:7872371570

  • あわてなくていい。ゆっくり自分探しをすればいい。

    あわてなくてもいいですよ。ゆっくり自分探しをすればいいんです。60歳、70歳になって天職が見つかったっていいじゃないですか。お金を稼ぐだけなら、頭さえ使えばデイトレ−ドでもFXでも楽にできる時代です。お金のために嫌々働くなんて、短い人生、もったいないですよ。

    ユーザーID:5204695141

  • とにかく就職すればいい

    そんなに難しく考えることはありません。

    テキトーにつぶれにくそうな会社をピックアップし
    就職し、嫌なことがあってもお金のためと割り切ってやめないで働く。

    そんなのでいいと思います。

    なりたい職業に就くということの裏には
    やりたくなくなったら辞めるというワナがあります。

    ユーザーID:6887572745

  • バイトとかは?

    例えばバイトをしてみる。接客が辛いなら難しいかもしれない、でも努力したり慣れたら案外できるかもしれない。

    技術や根気が必要なら、どれが続きそうか。
    自分の性格はまん丸で偏りが無いなら、女性としてどう生きるか?が大事かもしれません。ならば向いているより、食いっぱぐれが無い資格で取れたら良いもの。不況でどれだけ苦しんでいるか。女性でも将来家族を支えるかもしれません。

    なりたいか、向いているかは、どう生きるかにもよります。将来の不安が余り無いなら花嫁修業に精を出す。料理洗濯掃除裁縫、そこそこできないととか思いませんか?
    自分の心と向き合う作業でもあります。将来の自分への不安の大きさも人によります。不安が大きければ、自分でできることは何か?自立とは自分の責任を果たす、最低限一人でも生活できるということでもあります。
    既に資格を取って働いている人もいる年令ではあります。

    生きるという事は、飢え死にしないことでもあります。案外難しいです。
    こつこつ考えてみましょう。まずは、理系と文系は選ばされるでしょうし。

    ユーザーID:6214352153

  • 無題

     まず、自分が「できないこと」にどんどんバツを付けて消していきましょう。そして残ったものがあなたに「できること」ですので、それをやりましょう。
     「自分探し」より「自分なくし」です。
     どうぞ「さよなら私」(みうらじゅん・著、講談社)を読んでみてください。

    ユーザーID:6218780051

  • 消去法と資格を目標

    同じような状況から、今、30歳になりました。

    私は自分が可能な限り収入を目標にしました。

    ひとり暮らしするにも、服や化粧品を買うにも、趣味や帰省にもお金が掛かるからです。

    結果、資格を取って会計事務所で働きました。
    理由は妊娠しても働けて、子どもが幼稚園くらいに再就職できそうだからです。

    もし、トピ主さんが理系科目も得意でしたら、薬剤師はいかがでしょうか?

    私の友達が薬剤師になりましたが、マツキヨなどの資格者枠で採用されたり、結婚して再就職したりが比較的可能なようです。

    興味があれば化粧品や製薬会社の研究開発で頑張れますし、もちろん普通の病院や薬局で働く選択肢もあります。

    なにか資格を目指して頑張ることをおすすめします。

    学生時代も充実していい友達ができますよ。

    ユーザーID:2236302311

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧