「ショックを受けた時」のBGMに最適なクラシック曲は?(駄)

レス25
お気に入り27

バロック好き

話題

1.バッハ「トッカータとフーガ」(冒頭部分)

2.グリーグ「ピアノ協奏曲」(冒頭部分)

3.サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」(冒頭部分)


いえ、別に「選曲の必要」に迫られてるわけではありません。
最近クラシックを聞いているうちにふと興味が沸いたもので…。

個人的には2ですかね。1はオルガンだと案外悲劇的に聞こえない感じが。
関西の人は3を選ぶ人が多いような気もしますが。

ユーザーID:4077005053

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ちゃらりーん、鼻から牛乳〜♪

    関西人ですが断然、1ですね。
    嘉門達夫さんの「鼻から牛乳」が聞こえてきます。

    ショック状態ではないですが、悲しい気分の時はメンデルスゾーンの「バイオリン協奏曲」ですね。
    大昔、「魔法使いサリー」の悲しい場面で使われてたような気がします。

    ユーザーID:1682783155

  • 面白いですね。

    私が”ガガーン〜”や”ガビー〜ン”の時はベートーベンの交響曲第5番冒頭が脳裏に響き渡ります。

    ユーザーID:1893823182

  • 私の人生を変えるトピになる予感が

    私の脳内プレイヤーの「ガーン」と「あ゛〜〜」フォルダーには
    「1」しか入っていませんでしたが、
    今後は「2」と「3」も使わせていただきます。

    ユーザーID:5438907545

  • これはどうでしょう?

    ちょっとマイナーかもしれませんが、これもありかと。

     4.マーラー「交響曲第1番「巨人」 第4楽章」 冒頭部分

    初演のときだったか、居眠りしてたご婦人がびっくりして椅子からズッコケたそうです。
    急転直下な感じがいいですよ(笑)

    1〜3だと、やっぱり2かな。3もいいですね〜!

    ユーザーID:1005999667

  • 全部使いますが

    一番なじみがあるのは「トッカータとフーガ」です

    ちゃらら〜ん、パセリとニンジ〜ン♪
    というバージョンも使ったりします。

    2と3は、一人で歌ってもその悲壮な感じが伝わりにくいですね。

    ちなみに関東人。嘉門達雄さんの「鼻からぎゅーにゅー」も好きです。

    ユーザーID:9840053288

  • 3番

    ツィゴイネルワイゼンです。

    1番は「鼻から牛乳」なんですかー?
    クラシックを聞くのは好きなんですが、題名を覚えられないにわとり状態で。

    ツィゴイネルワイゼンの思い出をひとつ。
    私の結婚式の際、夫の義母の知人がバイオリンを弾いてくださいました。
    それが「ツィゴイネルワイゼン」で。
    ピアノの伴奏がなかったので、クラシックに詳しくないと「なんの曲だっけ?」って感じだったかも?
    (そのつながりで)義母の携帯からの着信音がツィゴイネルワイゼンで(夫の親戚関係は全部それなんだけど)、聞くとビビってしまいます。
    (ショックを受けるのはそのせいもあるのか!!)

    ユーザーID:5421290297

  • 月光もいいかな

    ベートーヴェンの「運命」です

    ユーザーID:5452150250

  • やっぱり

    嘉門達夫さんの「ちゃらりーん鼻から牛乳・・・」ですね。
    もうそれしか思い浮かびません。
    私が子供が粗相した時など口癖になっていたので
    気がついた時にはいつしか子供も
    「ちゃらりーん・・・」と言うようになっていました。

    ユーザーID:9850360115

  • 昔の人材派遣会社のCMで

    入社式で紹介された役員(高齢者)が全員バニーガールのコスプレ。
    上司に恵まれなかったら電話してね、という映像のバックに流れていた曲です。
    それ以降、チャイコフスキー:弦楽セレナーデ 第1楽章  が私のショックBGMです。
    あとは定番の1、でしょうか。

    ユーザーID:7019800738

  • 私はコレです

    やっぱり「トッカータとフーガ」がいいでしょうね。

    個人的におすすめなのが、
    ・オルフ「カルミナ・ブラーナ」おお、運命の女神よ
    ・レクイエム:怒りの日
    ・ベートーヴェン ピアノソナタ「悲愴」第一楽章
    です。

    ユーザーID:6838400567

  • ベートーベンなら

    「革命」も聴いているとガーンという吹き出しが見えるような気がします。

    ユーザーID:7978629939

  • 間違えました

    「革命」はショパンの作品でした。

    ユーザーID:7978629939

  • カルミナブラーナ

    >ショックを受けた時」のBGMに最適なクラシック曲は?(駄)
    私は、この三つの中では1でしょうか。
    2は透明感ありすぎのような、3は色気ありすぎのような?

    他の方もおっしゃっているように、ベートーベンの5番の交響曲もいいですね。これが定番のような?

    でてないようなので、
    カール オルフの「カルミナ ブラーナ」の第一曲「おお、運命の女神よ」もいいのでは?
    「運命」ばっかり。

    ユーザーID:6613745460

  • あの曲です

    ちゃらり〜ん ですね。

    子どもの学校に湧水があり、そこから小さな川ができているんです。そこの環境整備をしている時にうっかり川に膝まではまってしまい、つい「ちゃらり〜ん」と行ってしまいました。

    ユーザーID:3078688131

  • レスありがとうございます

    「トッカータとフーガ」が人気ですね。
    桑原和男よりも嘉門達夫のほうが影響力が高いということか…(なんやそれ)

    新たに曲を紹介していただいたので、聞いてみたいと思います。

    あと、一つ付け加えるなら

    ・リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」(冒頭部分)

    はどうでしょうか。

    ユーザーID:4077005053

  • 小フーガト短調

    「ガーン!」というショックから、「あ〜あ…」となった諦めの境地に至るまでの悩める心境にピッタリです。

    おまけ。
    パッヘルベルのカノン。
    「あ〜…これからどうしよう…って、どうしようもないよな〜。笑うしかないよな、もう…。」と、諦めの境地を悟ったという時に流れます。

    ユーザーID:4969281871

  • よもぎ饅頭さんに1票!

    モーツアルト レクイエム「怒りの日」コレですよコレ!
    盛り上がる割にさっさと終わってしまうので、テーマ曲として使いやすいです。
    それと関西人にはやっぱり1でしょう。ショックがお笑いに昇華されます(笑)

    ユーザーID:2184906681

  • ベードーベン

    私もベードーベン「運命」ですね。これは子供の頃から。

    とぴ主さんのオススメ?の中では1番です。
    2番は、遺産相続でもめた時のBGM。
    3番は、これも派遣会社か何かのCMで使われませんでした?なので、そんなイメージです。

    ショパンの革命はキョンキョンとわかめ好き好きの鉄男、
    そして「紙の鍵盤じゃ指が沈まなーい!」という名(迷)ゼリフが、どうしても思いだされます。

    ユーザーID:3853912946

  • 『ほんとうのジャクリーヌ・デュ=プレ』で、病気の進行に怯えた


    ときにかかった、ドボルザークのチェロ・コンチェルトの、『じゃーん、じゃんじゃんじゃんじゃんじゃーん』というパッセージです。

    深刻なシーンだったのですが、『ここでこれを使うなよなあ〜!はまりすぎで恥ずかしいでしょ!』と思ったのに、なぜかいまやあたしの定番ショックなシーンのBGMになってしまい、ちょっと複雑です。

    ユーザーID:2375514136

  • 映画『ほんとうのジャクリーヌ・デュ=プレ』で、


    デュ=プレが病気の進行に怯えたシーンで流れた、ドボルザークのチェロ・コンチェルトの、『じゃーん、じゃんじゃんじゃんじゃんじゃーん』というパッセージです。

    深刻なシーンだったのですが、『ここでこれを使うなよなあ〜!はまりすぎで恥ずかしいでしょ!』と思ったのに、なぜかいまやあたしの定番ショックなシーンのBGMになってしまい、ちょっと複雑です。

    ユーザーID:2375514136

  • ごめんなさい!

    間違って二回送信してしまいました!

    ごめんなさい!

    ユーザーID:2375514136

  • チャイコフスキー交響曲第6番

    いわゆる悲愴交響曲です。第1楽章の中ほどで静かな曲想から急に全合奏で大音量になる部分、ショッキングです。他にはショスタコーヴィッチの交響曲第5番の第1楽章冒頭部分、第4楽章冒頭部分。ベートーヴェンではコリオラン序曲など。

    ユーザーID:4605066383

  • これは?

    ムソルグスキー作曲「展覧会の絵」の一曲「サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ」の始まって30秒くらいのところで出てくる「ジャージャン!ジャラララ〜〜・・・」という部分なんですが。かなり昔、伊東四朗さんが出ていた白子のりのCMで、「白子のり食べたことある?」「いいえ」みたいなやり取り?で、まさに伊東さんがショックを受けている場面で流れていた曲です。

    ユーザーID:8714310017

  • レスピーギ

    音楽関係トピには目のない白山です。

    オットリーノ・レスピーギ作曲の交響詩「ローマの祭り」の第1曲。
    残酷な祭りの開始を告げるファンファーレ風の部分が続きますが、
    冒頭の2小節くらいは短いショックに、
    その30秒くらい後はさらにしつこいショックにいかがでしょうか。

    ユーザーID:9810872697

  • チャイコの6番なら・・・

    4楽章も結構いけると思います。なんかじわーっと悲しみが押し寄せてくる感じがするんですが。

    あと、サン=サーンスの『動物の謝肉祭』の中の「水族館」。これなんかも
    ショックを受けて抜け殻になってる感じにはぴったりくるような。。

    それから、モーツァルトのレクイエム挙げてる方いましたが、ベルディのレクイエムの「怒りの日」もお勧めです。

    ピアノ曲ではショパンの『革命のエチュード』なんかいかがでしょう。
    むか〜し、小泉今日子さん主演のドラマで使われてましたよね。懐かしい。。。

    ユーザーID:7971526234

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧