幼児期からの英語教育

レス19
(トピ主0
お気に入り30

趣味・教育・教養

kiyo

英語を高校生まで授業で習っただけの者ですが、以前から疑問におもうことがあります。

昨今、子供の将来も考え幼児期からの英語教育に熱心な親御さんを見受けます。特に熱心な方は塾などで授業形式で学習するだけでなく、家庭でも英語で会話するなどされていると聞きます。
それだけ外国語に接する時間を使うと、本来の母国語(日本語)の習熟度が浅くなるように思うのですがいかがですか ?
 日本語も他の言語も、非常に繊細な表現もありますし、表現されている内容も日々、時とともに変化していきます。それについていけるのでしょうか?
以前、大学で英語の教鞭をとっておられた通訳の方に聞いたところ、その方も余り幼い頃より力を入れてやるよりも、まず母国語をしっかり学んで、一定の年齢になって外国語を勉強した方が良いのではないか、母国語の理解の深さが外国語を理解する力にもなるとおっしゃっていました。
今後、孫のこともあるのでご意見を聞かせていただけませんか?

ユーザーID:6096621303

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何度も、繰り返し出ている話題

    以下の過去ログも読んでみて下さい。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0522/241146.htm
    子供の英語教育(喋れるようになるには…)
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0417/308990.htm
    週1回の英語教室で、効果はでますか??

    ユーザーID:7483848485

  • 大きくなってからでも十分です。

    発音だけにこだわるなら、小さい頃からやってもいいですが、継続的な習得が必要です。
    でも、語学は発音だけではありません。
    話したり、書いたりすることには知性がでます。
    母国語がちゃんと出来て、知性のある人のしゃべる英語は、理路整然としていて、発音が下手でも英語を母国語とする人は敬意を持って聞いてくれると思います。
    留学している頃に、日本最難関の国立大学の友達がいました。彼女の英語の発音はあまり上手ではありませんが、語彙の量はものすごくあり、しゃべる内容も、論文もすばらしかったです。発音は下手でも全く物おじしない態度も素敵でした。彼女は特に英語教育を受けた事もなく、勉強したのは受験英語だけの様でしたが、元の頭のいい人は、何をやらせても出来るんだなと思ったものでした。
    私は、自分に留学経験がありますが、娘には全く英語教育をしていません。
    なぜなら、本人がやりたいと言わない限り、子供には必要ないと思っているからです。大人になってからでも英語習得は十分間に合います。

    ユーザーID:7018899981

  • やりすぎはよくない

    幼児期の英語教育は、遊び感覚で楽しみ、将来に繋げることが目的であり、「英語を習得」するためのものではないと思っています。確かに幼児期から英語に慣れておくと、後々覚えやすいということはありますが、「勉強」するのは中学からで充分です。

    幼児の英語教室は、英語保育園のようなもので、歌やゲームが中心です。小学生もゲーム感覚で授業を進めます。

    日本に住んでいれば、日本語に影響が出ることはめったにないと思いますが、幼児期なら親は母国語で話しかけた方がいいと思います。幼児はまだ日本語を学んでいる途中ですから。
    子供が「言葉遊び」のつもりで、日本語と区別して家族と英語を話すのは構わないと思います。ただし、やりすぎは禁物です。

    ユーザーID:7276508395

  • どちらにしても

    孫のことには口出ししないのが一番だと思いますよ。
    トピ主さんのためにも、お孫さんのためにもね。

    ユーザーID:4758413066

  • 一定の年齢になってからがよいと思います

    米国留学(技術系修士)経験に基づき私見を書きます

    これから大人になる日本人は仕事で使えるレベルの英語力が必要になります
    TOEIC950、英検1級、TOEFL100

    しかし、正しい発音のため聴覚が出来上がる幼児期までに英語教育を始めよ、という議論は間違いです

    まず、英米人以外にとって「きれいな発音」は必要ありません

    両親の一方が英米人でない限り子供が日本に居て正しい発音を獲得するのは到底無理です
    実用上も必要ありません

    例えばインド人の英語は相当訛っていますが、英米人はよく理解できます

    幼児期は何といっても日本語です。繊細さと論理・議論力

    ただし小学校に入ったら英語に力を入れる必要があります。理由はその暗記力です

    英語で仕事ができるレベルになるには英単語を一万二千も覚えなければなりません

    大人になると暗記が苦手になります

    英単語と英文法は他の知識に比べて変化が少なく、役に立ち、暗記する価値があります

    小学校高学年と中学校では「英会話」を学ぶのではなく「英語で他教科の授業を受ける」必要があります

    高校では学習内容の取捨選択が必要です。例えば古典漢文は時代遅れです

    ユーザーID:2760423535

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 耳だけは。

    4歳の娘がいます。
    私が子供の頃より身近に外国の方もたくさんいるような社会ですから、
    英語ができるにこしたことはないと思ってますが、ガツガツやらせるつもりはありません。

    我が家では自宅で教材(DVDで見たり、本で読んだり、遊んだり)や英語の歌を聞かせる程度です。
    本人が楽しく英語に触れることができればいいなという感じです。

    ただ、お勉強としてだけの英語ならいくらでも後からできると思ってますが、
    英語には日本語にはない音があり、それを聞き取る耳は幼児の頃には
    持ち合わせているけれど、小学生以降になるとだんだん母国語にない音は
    聞き取りにくく(判別しにくく)なるといわれてますので、覚える・覚えない
    は別としても英語の音が耳に入ってくる環境は作ってあげたいと思ってます。

    日本語を学ぶことも大事ですが、平行して「これは英語では○○っていうんだよ」と理解しているようですし、バイリンガルの子供のように日常的に多く英語を使っているわけじゃないので混同することもいまのところないです。


    ただ、お孫さんの教育は親御さんの責任ですから、口出しはトラブルの元ですよ。

    ユーザーID:4565027212

  • 6歳と3歳の娘たちの場合です

    6歳の娘が4歳の時に1年間「英語だけを話す学校」に通っていました。その時娘は学校で使われていると思われる言葉を英語で話し、家庭で使う言葉は日本語でした。その後日本語の幼稚園に変わり土曜日に1日英語の学校に通っていますが、英語で簡単な受け答えが出来るけれども日常会話は日本語、時々「これは英語でなんて言うのか、日本語でなんて言うのか」と聞いてきます。一方で3歳になる娘ですが、姉と一緒に英語のビデオを見たり、姉の英語の会話につき合わされていたからか、言葉が出てくるのが遅く出て来た言葉も英語の方が多くて、最近まで友達と言葉のやり取りというのが出来ず一人で遊ぶ事が多かったのですが、4月から幼稚園に通い始めて日本語の語彙が一気に増え、よくしゃべります。
    我が家の場合、英語の学校も保育園がわりに行かせていたこともあり、幼児期の英語教育には否定的です。お金の無駄かも、、、まあ、これで外国に興味を持ってくれて日本の外に将来羽ばたいてくれれば、と願っています。

    ユーザーID:7120494617

  • ホントに皆さん熱心です

    知り合いに0歳から英語教育をしているご家庭があります。
    同じ教材(キャラクターを使ったDVDなどのセット)で同い年。
    現在4歳ですが、片方は日本語が少し遅れてるかな?でも英語はバッチリ。
    もう片方は英語が消え日本語も怪しい。
    4歳児の発達として、運動や集団のなかでの行動も?な感じです。

    個人差はあって当然ですが、同じ教材、同じように熱心な取り組みで、
    これだけ差が出てくるのはどうしてなのだろう?
    他人事ながら気になっています。

    私は英語教育には興味がありませんでしたので、何もしていません。
    同じ4歳の子供がいますが、母国語は一番流暢にしゃべり、お友達への配慮や手先の器用さ、運動能力、遊ぶ力と人と関わる力は一番あります。

    どうしてあれほどにも英語に熱心な親御さんが多いのか、子育て中ですが不思議です。

    ユーザーID:8934826111

  • 今は教育内容も変わってきてますよ

    30代の既婚男性です。

    今は、小学生から英語の授業があります。
    それはともかく、ヒアリングについては幼児期からしておいたほうがいいと聞きます。
    私は英語が大嫌いでしたが、仕事で使わざるを得なくなって、読み書きは出来るようになりました。しかしヒアリングだけはなかなか思うように出来ません。

    昔は英語教育といえば読み書きだけでしたが、今やヒアリングも試験内容に入っていますし
    やりすぎはともあれ、馴染みあるものという程度は出来るならやったほうがいいのかなぁ
    と思って、させています。

    ユーザーID:2432749543

  • ついていけない

    2ヶ国語を学んでいる、というより、わざわざ外国語(英語)だけを習得している方が多いです。大抵の方はついていけず、得意な事は「英語だけ」になり、その他のことがすべて出来ず、結局おちこぼれになります。
    でも、ごくわずか、、なんでもできる方がいるんですよね。勉強もスポーツもって出来る方がいらっしゃるでしょう?

    で、英語だけにしていると幼児同志のコミュニケーションも取れず、空気の読めない子に。そして嫌われます。日本は封鎖社会ですし。

    でも、日本は英語至上主義なので、いろいろ英語だけしかできない方の職もあるんですよね、不思議と。インターもたくさんあるし、そうなった場合もお金さえあればどうにかなるとは思います。

    家族だけ英語で話しているのは優越感もあり、いいですよ。でも子供の将来を考えたら、言語の選定は大事だと思います。

    ユーザーID:9919507349

  • 大丈夫ですって!

    知り合いで米国に住んでいる方ですが、夫婦共にコテコテの日本人です。
    既に数十年と住んでいても、話す英語はそこまで上手ではありません。

    でも、米国で生まれた子供は英語が主体で、しゃべりはネイティブです。
    両親とのコミュニケーションはずっと日本語ですが、難しい日本語はダメです。
    結局は生活で使う言語の方が優先されてますね。

    幾ら頑張って日本で英語を教えても、生活圏での言語が日本語であれば
    上達するのは、最終的に日本語であって、英語が同じレベルになれませんよ。

    まあ、言語と学問の壁ってヤツですかね。

    ユーザーID:0273282226

  • 学習?習得?

    大学の応用言語学科で第2言語習得理論を研究講義しています。

    言語習得理論からいえば、日本でお孫さんが育つのであれば、幼児期にどんなに両親が英語で話されていても、最終的に大人になれば日本語が母国語になって、問題なくコミュニケートできるはずです。ただ、1歳から3歳ぐらいまで日本語にまったく触れさせなければ、かなりな日本語発達障害がでるはずです。母国語の習得には四六時中、多量の様々な言語表現にさらされることが重要な要素になるからです。つまり、幼児期に例え両親が英語で話しかけてもそれぐらいでは英語の完全な話者にはなれませんが、それなりに英語が話せる子供はできる可能性があるということです。そのとき同時に日本語の言語環境も絶やさないようにすることが大切です。

    その後の「英語学習」は話が別です。外国語として英語を学習(習得ではない)する場合、最も適した年齢は12〜3歳という研究結果がでています。中学生からの学習が一番ということです。日本人は英語に特別の思いがあるようですが、世界には6千もの言語があるのです。子供には選択の幅を広げ様々な言葉に親しみ、異文化に興味を持つような教育を望みます。

    ユーザーID:7154410050

  • なにごとも

    発音の違いを聞き分ける能力が出来あがるのは幼児期だということで
    幼い頃から外国語に触れる機会を…と考える方も多いようです。

    しかしながら、トピ主さんがご心配のように
    幼い頃の極端な英語偏重教育のため、幼稚園などに入った後
    日本語のコミュニケーション能力が低いので
    子供同士の輪に入れなかった… という事例を聞いたことがあります。
    あくまでも「極端な(家庭でも英語生活のような)」場合かと思いますが。

    また、幼い子どもというものは
    親が望めば望まれるまま、自分が無理をしている自覚も無いまま頑張ってしまうこともあります。


    英語教育のみならず、何事も極端な行動には極端な結果がついてくるものです。
    誰かが極端な方へ突っ走ってしまいそうになったら
    誰かがブレーキに、或いは「違う道もあるみたいよ」と視野を広げられるように
    うまくサポートできたら良いのではないかな、と私は思います。

    「違う道がいいんじゃぁ!!」
    と、手を引いて逆方向に突っ走ったらまた問題ですが。

    ユーザーID:8534795747

  • お孫さんにはkiyoさんが美しい日本語で

    子供に外国語を学ばせることについてはいろいろな意見がありますが、具体的な追跡調査やデータが示されているものを私は見ていません。ですから、自分の経験の範囲内での狭い視野からしか判断できないのですが、結論から言うとその他の習い事同様、英語を習うことに弊害はないと思います。ただ、これまたその他の習い事と全く同様、好きでもないのに習わせるものではないはずです。将来のこと、と言ったってその子は英語は受け付けないけれどもフランス語が流暢になるかもしれないのですから。

    まず母国語を、と私も思いますが、日本で教育を受けている限り日本語はガンガン頭に入って来ます。たとえ家庭で一言も日本語を話さなくても外に出れば日本語という状況であれば心配ないと思います。英語塾でちょこっと英語に触れたからといって日本語が疎かになることはないです。私の身の回りは2か国語、3か国語で育っている人/育った人が殆どですが、いろんな言語の便利なところ不便利なところを使い分けられて快適そうですよ。

    ご心配でしたら、お孫さんの教育環境を否定することなく、お孫さんに美しい古来の日本語でたっぷり接してあげればよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1773230284

  • あくまで習い事

    英語講師(幼児〜大人)です。言語学・言語教育学修士号を持っています。

    本気で言語を習得しようとすると、基礎の基礎だけでも最低2000時間は必要です。
    それもできるだけ途切れさせないで。
    正直、日本で普通の生活を送っているのでは無理ですよね。

    週に1〜2時間のレッスンで英語が身につくわけがありません。
    その程度なら母語に影響することもほとんどありませんよ。
    「日本語以外の言語があることを知ってもらいたい」
    「日本以外にも目を向けてもらいたい(今すぐじゃなくても)」
    「とにかく楽しんでもらいたい」
    そういう気持ちでやっています。

    特に幼児の保護者の方には
    「今はとにかく、英語が好き!と言える子供に育てるつもりでいてください」
    とお話し、納得してくださった方だけがレッスンにいらしています。

    初めて触れたとき楽しかった、好きになった、だからやっている、それでいいと思います。
    本当に目覚めれば、自分から勉強するようになります。
    英語に限らず、そう、ピアノでも習字でも、なんでもそうですよね。
    好きこそ物の上手なれ、です。

    ユーザーID:7742244873

  • ゆっくりと

    英語に触れる、楽しむことを目的に1歳から某幼児教材で英語を
    やっています。
    一日30分程度のかけながしをやったり、やらなかったり。

    母国語には全く影響していません。
    英語は簡単な受け答えは出来ます。

    日本語で話していたら日本語で話し、英語で話しかけられたら英語で
    答えます。
    聞き取る耳はついているようで発音も良く英語が好きと言います。

    子供は社交的で誰とでもお友達になれどこでも順応しています。
    英語やってて良かったですよ。

    私立の幼稚園では英語の授業があるところが多いようです。

    ユーザーID:9516184306

  • 口を出すなら

    英語が出来ても出来なくても、かわいいお孫さんはニコニコ笑顔で「おばあちゃ〜ん♪」と呼んでくれるでしょう。
    口を出さなければ、ね。


    やらないほうがいいと言うのも大きなお世話ですね(笑)。
    もしも、アドバイスのつもりでも、やったほうがいいと口を出すのならば、お月謝もだしてあげてくださいね。せっかくですから少し本格的な英語教室に入れてあげてください。

    ユーザーID:8785430984

  • 母国語の習熟度?

    母国語については、個々の家庭(両親)次第だと感じますよ。
    きちんとした家庭(両親)の中で育てば、教えなくとも自然にきちんとした母国語が身に付くことでしょう。逆に、適当な家庭(両親)の中で育てば、それなりで。英語の勉強とは別問題と考えた方が良いと思います。

    ただ外国語については、理解と書かれていましたが、日本人はペーパーテスト(文法)は完璧に出来る人でも、喋ることは出来ないという話、聞いたことありませんか?

    まず日本人は、ネイティブ英語を聞き取れないそうです。
    聞き取れる耳がないそうです。
    その理由が、小さい間に聞いたことが無いからのようです。

    なので私自身は、子供が3歳のときから週一の英語教室に通わせ、音楽やお話など、なるべくネイティブ英語に触れられる機会を持ってきました。(5年間程続けました)

    子供本人は、ネイティブの授業も英検のリスニングも、友達はわからないっていう事も、なぜか聞き取れるし得意だと言います。

    いま現在留学していますが、小さい間にネイティブに触れて来た事が、聞く耳を育てたのだと思っています。

    ユーザーID:5011012891

  • 0歳からネイティブ英語を聞かせ育てた20年後

    長男の事です。
    ドン引きされそうな早期教育をしたのですが、その理由は単純に私が英語が好きだったから。でも、私は喋れません(恥)
    しかし【継続は力なり】なんですね。
    テープを聴かせた後→1歳半で英語教室(ネイティブの先生)→高校2年まで通いました。
    物心ついて無理強いした事は一度もありませんが、生まれてすぐに色々やっちゃった事が、無理強いと言えばそうかもしれないです。

    早期に始めてて良かったと思う事は、やはり撥音が大変良いと色々な所で褒めて頂けた事と、英語を聴く耳が非常に良かった事。
    又、本人も英語が大好きになり、自ら日常生活の中に英語を当たり前のように置くようになった事。
    高校時代は学年で10名ほどの中に入り留学も行くことが出来ました。
    そして今は、国立大(理系)に進み、それほど英語の必要ない所におります。
    しかし、英語好きは続いていており、相変わらず身近に英語があるようです。
    英語の習得は、それなりの歳になって留学を数年すれば身に付くと思いますが、うちのように長期留学出来ない場合は、英語を聴く耳を育て英語に触れ続けることが良いのでは?と思います。

    ユーザーID:2107642592

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧