• ホーム
  • 学ぶ
  • (駄)響きの可愛いネコ関係の外国語を探してみるトピ

(駄)響きの可愛いネコ関係の外国語を探してみるトピ

レス18
(トピ主1
お気に入り52

趣味・教育・教養

吉里吉里

皆様、トピを開いていただいてありがとうございます。

駄トピ、それも猫ネタなんで、明るいほっこり系のトピにしたいです。
重たいウンチクは、ご遠慮くださいね。

たまたま、Wikipediaで「ネコ」を調べたら、左の「他の言語」ってところにものすごい数の外国語リンクがあったので、「ネコってよその国でなんていうのかなあ」と、いろんな言語のページをクリックしてみました。
すると、各国語版の「ネコ」のページの写真の可愛さに、思わずほっこり。

やはり「K○T」に近い言葉が多かったんですが、ハワイ語の「ポーポキ」やスワヒリ語の「パカカヤ」は、何だかかわいくてほっこりしてしまいました。
ポーポキって、何だか日なたでのんびりしてそうな響きだし、パカカヤってイタズラ好きっぽいなあ…などと勝手に妄想が進みます。

その他にも、「肉球」は英語で「ポー(paw)」、ポルトガル語で「パタ」っていうのも、何だかネコの手でツンツンする雰囲気が出ててかわいいし、「ネコ科」のラテン語の「フェリダエ」も、何だかおすましした感じがいいなあ、などと色々遊んでしまいました。

皆さんもWikipediaで遊んでみませんか?

ネコ関係の外国語で、「この響きは可愛い!」というのを見つけたら、教えてください。

ユーザーID:1425127355

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • コーシュカ

    ロシア語で「子猫」という意味の「コーシュカ」が、すごく可愛いと思います。
    大人のにゃんこは「キーサ」とか「キーサニカ」と呼ぶそうですが、それも可愛いです。

    ユーザーID:9862545355

  • 横ですが、ロシア語の補足

    正確に言いますと ロシア語で

    コーシュカ(кошка)は、メス猫をさします。

    ちなみにオス猫は コット(кот) です。

    仔猫は
    カティヨーナック(котёнок) です。

    ロシア映画に「こねこ」というものがありますが、原題は「котёнок」です。

    ユーザーID:9831986302

  • インドネシアでは

    猫は『くちん』です。(マレーシアも同じ。マレーシアには、くちんという街がありますよ)

    泣き声は「めおんめおん」インドネシアは広いですから、これは多少違うところもあるかも。

    ユーザーID:9089675374

  • ドイツ語で

    カッツェ、どうでしょう?
    複数形だと、かっつぇんです。

    ちなみに女性名詞です。

    ユーザーID:7540907911

  • イタリア語ネコ関連

    イタリア語で、ネコの正式な名詞は
    雄がGatto(ガット)、雌がGatta(ガッタ)ですが
    「ネコちゃん」というような親しみを込めたニュアンスでは
    雄ーMicio(ミーチョ)、雌ーMicia(ミーチャ)と言います。
    たとえば道端で知らないネコに遭遇し「おいでおいでー」と
    言いたいときは「ミチョミチョミチョ…」と呼びかけます
    (手招きのアクション付)

    ユーザーID:1516723966

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ハンガリー語では

    猫はmascka(マチュカ)、子猫はcica(ツィツァ)です。
    最初耳にしたときになんて可愛いんだろう♪と思いました。
    (ちなみに犬はkutya/クチャで、これも可愛い〜)

    ユーザーID:2068932505

  • 韓国語で

    猫は「コヤンイ」

    鳴き声は「ヤオン」 

    幼児語っぽく「にゃんこ、にゃんにゃん」という時は「ヤオンイ」
    鳴き声から派生するところは日本語と同じですね。

    ちなみにトピズレですが、犬は「モンモン」と吠えることになってます(笑)

    ユーザーID:3272984168

  • 中国語

    「猫」は「マオ」ですが、「ネコちゃん」は「マオミー」。鳴き声は「ミャオミャオ」。
    また、猫の名前や呼びかけとして「ミーミー」がしばしば使われるようです。
    日本語と似てますね。

    黒猫クロちゃんは「小黒(シャオヘイ)」。
    白猫シロちゃんは「小白(シャオバイ)」。
    茶トラちゃんは「小黄(シャオホワン)」。

    ユーザーID:4350445324

  • シャノワール

    フランス語で『黒猫』ですよね。

    チェーン喫茶店と同じですけど、店は特に黒猫っぽくないですよね。

    ユーザーID:0366103970

  • レスありがとうございます

    さつきさんまでお読みしました。
    埋もれかけていたトピにレスをいただき、ありがとうございます。

    どこの国の言葉も、猫に対する愛情が感じられて、ほんわかしますよねー。

    wikipediaのロシア語の「ネコ」の項目はコーシュカなので、女性名詞で一般的なネコを指すんですね。ドイツ語のカッツェもそうなのか。言葉って国によって、違うんだなあ。

    インドネシア語のクチンって、猫のクシャミを想像しました。可愛い。

    どこの国も、ネコ以外に「ニャンコ」にあたる言葉があるみたいですね。あと、呼ぶときの言葉も。
    そういえば、映画「こねこ」の主人公はティグラーシャ(トラちゃん)でしたね。

    ミーチョ、マチュカ、ヤオンイ、ミーミー…全部おぼえておいて、どれ使ったら来るか試してみたら面白いかも。

    ユーザーID:1425127355

  • 可愛くはないけれど

    ドイツ語で「カッツェンヤンマー(Der Katzenjammer)」
    猫の嘆き、呷き声という単語があります。

    日本語に訳すと「二日酔い」です。
    可愛くはないけれど、なんとなく笑ってしまいます。


    と、ここまで書いて調べたら、英語でも「Katzenjammer」という
    単語がありました。  意味は同じでした。

    ユーザーID:2825013205

  • 猫関係とのことなので

    猫そのものではありませんが、
    猫がフミフミする動作を英語でmake cookies (クッキーを作る)と表現します。
    はじめて知ったとき可愛い!!!と思ってしまいました。

    ユーザーID:1533142603

  • ドイツ語で

    子猫ちゃんのことを『ミーチェ』というらしいです。

    英語にすると キティですか。

    ミーチェって子猫の鳴き声みたいでかわいすぎて、信じられなかったです。

    子猫を呼ぶときは 『ミーチェ、ミーチェ!』って呼びます

    ユーザーID:6051133878

  • ネコがなく

    イタリア語の動詞で、ネコが鳴く事を「ミャゴラーレ」といいます。
    初めてしったときは、思わずわらっちゃいました。かわいい

    ユーザーID:8878296481

  • アラビア語エジプト方言

    エジプトでは猫のことを「オッタ」といいます。
    フスハーだと「キッタ」っていう発音が近いかな。
    カイロではいっぱい野良猫がいて、毎日、オッタ、オッタ、と言っていました。
    猫大好きです。
    今は日本で猫ストーカー中です。

    ユーザーID:1107717728

  • ベトナムでは

    確かベトナムでは「メオ」だった気がします。ベトナムのネコって、ネズミを捕るのが仕事で特別に名前もついていないそうですね。可愛い。


    ヨコですが、ベトナムって、ボーが牛でガーが鳥ですよね(フォーの名前からの推測)。鳴き声で名前が決まってるんでしょうか?

    ユーザーID:5374006860

  • タイ語では

    メーオです。
    鳴き声そのままじゃんと思いました。
    でも犬はマーなんですよね。
    なんで?

    ユーザーID:4294294640

  • のどをごろごろさせる音

    ポルトガル語で猫がのどをごろごろさせる音を
    RONRON
    (Rはのどの奥から息を出すように発音する。ほんほんと聞こえる。ついでにRONALDOはホナウドと聞こえる)

    ごろごろ鳴らすという動詞は
    RONRONAR(ほんほな〜る)と言います。

    猫の鳴き声はMIAU(みゃう)

    猫が鳴く動詞はMIAR(みあ〜る)です。

    ユーザーID:4976867992

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧