ジャッキーチェンの英語にならう

レス6
(トピ主1
お気に入り3

趣味・教育・教養

ashita

ジャッキーチェンがある日本のテレビ番組で
「I speak Jackie Chan's English」と自信をもっていってたのでカッコいいと思いました。

英語は国際語なので、アメリカ英語やイギリス英語など気にしないで、ツールとして英語の役割に注目し、
言いたいことが正確に伝わればよしとしたいです。しかし、ジャッキーみたいに思いきれない自分がいます。

自分の訛りなんて気にしないで、どんどん話していきたいです。
「わたしは気にせずどんどん話して、むしろ相手を自分のペースに巻き込むよ」的な
力強いレスお待ちしています。

ユーザーID:4679070058

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかります!

     英語が上手な人はあまり認めないように思いますが、その感じ、よくわかります。映画『ブラック・レイン』の高倉健さんの不器用(失礼!)な英語、日本人らしくてスッゴく好きです。
     かく言う私はジャッキー熱中世代。たしか『ヤング・マスター』、英語なんじゃなかったでしたっけ?
     言葉は気持ち!ですよね〜

    ユーザーID:3358691253

  • そのとおりです

    現在英語講師をしています。
    私が常々生徒さん(子供から大人まで)に、他国語を使うときに重要なのは

    1.自分が相手に表現したい(言いたい)ことがあること
    2.表現する勇気があること
    3.表現するための語彙力があること

    の3つだと強調しています。

    確かに語彙力やある程度の文法力は誤解を招かないためにも必要だと思いますが
    とにかく発音やアクセントよりも
    伝えたいことを誠心誠意伝えよう!という気持ちが大切だと思います。

    これは留学時代、自身で痛感したことです。
    話している相手は、友達であれ、教授であれ、カフェの店員であれ
    私が何を言おうとしているのか、何を望んでいるのかが知りたいのです。
    そこで発音が・・・とか文法が・・・とかウジウジしていても仕方がないんですよね。

    残念ながら、人の発音や間違いを笑う人はどこの国にも(日本にも)いますが
    そんな人は相手にしないしない!
    いや、間違いは謙虚に受け止めなければなりませんが
    それだけで人格を否定するような態度をする人に割く時間はありません。

    いつでもだれとでも臆せずいきたいものです。

    ユーザーID:1543937631

  • レスありがとうございます。

    うれしいです!!返信があって!!
    イギリス英語かアメリカ英語かの議論だと、結構「発音はあいてにわかる程度に気を付けていれば大丈夫、それが国際語である英語」というレスが多いのですが、真っ向から「訛りなんて気にしないでどんどん話そう」という投稿するとなかなか返信がつかなくて。

    わたしもそうなんですけど、やはり「国際語である英語」を強調するのは実は根深い英語に対するコンプレックスがあるからかなと。

    そのコンプレックスを認めて、ジャッキーの領域に達したいと思います。

    わたしは成田までのリムジンバスの日本人のおばさんの英語のアナウンスが趣があってとっても好きです。

    ユーザーID:4679070058

  • 発音のきれいさより大事なこと、ありますよね

    小学生の時からジャッキー・チェンのカンフー映画を見て育ったので、アメリカでも人気が出てうれしいです!
    私にとっては「ちょっとコミカルなアクション・スター」なのに、アメリカではどちらかというと「アクションのできるコメディー俳優」として分類されている気もしますが・・・

    私の夫は流暢な英語を話すものの、かなり強いフランス語訛りです。おしゃべり好きなので、パーティーなどで話し始めたら止まりません。

    たいてい最初は「お、訛ってる」という反応を示されますが、相手も話すうちに慣れるのか、巧みな話術にのまれるのか、いつのまにか歓談してます。
    自分の訛りをジョークのネタにすることも多いし、それで話題が広がることも多々あります。

    最初は「この人、ユニーク性と話題性を保ちたくてわざとフランス語訛りを使っている?」と疑ったほどです(笑

    ユーザーID:5935290456

  • 会話における知性と論理性、そして内容

    確かに、ジャッキーチェンが、米国のトークショーなどにゲストで出た時には、彼の早口のせいもあるかもしれないけれども、司会者に何度も聞きなおされていたよね。  でもそのような場面でも、彼のキャラクターと、実力で周囲は好意的だよね。

    私のいる国では、組織のトップなどでも、出身国の訛を持った人がいくらもいます。 決して どこかの国のように ”ネイティブ並みハチオン” 何てことを気にしていないんだよね。  それはなぜか?

    無論会話をする相手のレベルにもよるけれど、会話の内容が聞くに値するものであり、知性があり、論理的であること、 これが重要だからと思う。 いくらぺらぺら話せても、知性のない会話ほど役に立たないものはないと思う。

    中学・高校の英語の基礎があれば充分と思う。 文法と辞書は基本中の基本。 そのあとはただ質の良い教材(例)をまねること。 言葉の意味する微妙なニュアンスが肌で感じられるようになるまでは、悪達者な俗語の使用などは避けること。  売らんかなのための基礎を無視した会話促成教材などに、惑わされないこと。
     

    ユーザーID:1770921847

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 問題はアクセントがあるかではありません

    アクセントは関係ないのです。会話の内容です。「そこの棚の物をとってください」、とか「今日はお天気いいですね」は会話のうちにははいりません。
    趣味、政治、お国柄など3分以上2分でもいいです内容のある会話が出来たら、その内容が聴きたくてアクセントなど関係ないでしょう。結局中身ですね。
    日本人の特徴はマイクを突きつけられたときのスポーツ選手、俳優、政治家、一般の人達が「あのー それでー 。。。ですよねー、ウーン」これは会話ではありませんからどんなアクセントがあっても関係ないです。  

    ユーザーID:6684908521

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧