• ホーム
  • ひと
  • 30代未婚で介護:夢と将来について、ご意見下さい(長文)

30代未婚で介護:夢と将来について、ご意見下さい(長文)

レス20
(トピ主2
お気に入り17

家族・友人・人間関係

K

30代未婚の女性です。
介護と自分の夢と将来の狭間でどうすれば良いのか最近分からなく
なってきてしまったので、ぜひご意見いただければ幸いです。

昨年父が倒れ、寝たきりとなりました。
父は、現在、体も動かせず、会話も出来ない状況です。
現在は、幸い転院の必要のない病院に移って、完全看護となっていますが
倒れる前に父が「寝たきりになるようなら助けないでくれ」と言っていたのに
その時は奇跡を信じて手術をしてしまったのが悔やまれて
家族で交代で毎日病院へ行っています。

父が倒れる前、私は10年越しの夢を叶えるために海外で
暮らしていましたが、その夢を諦めて家族を支えるために帰ってきました。
家族は他に母と兄がいますが、兄も未婚であるものの頼りにならない人で
親戚などからも、帰国を促されたためです。

帰国後、最初の半年以上は毎日3時間以上、病院の父に付き添っていましたが、
今年に入ってからは気分的にも状況的にも少し落ち着いたため、
働き始めています。(はじめの2-3カ月は半分鬱状態で毎日泣いていました)
ただ、現在は、母と交代で父の病院に行くため、
前職で専門職として働いていた時の
お給料の2/3以下で派遣社員として働いています。

私が病院に行くと必ず目をしっかり開けて見つめている様子の父と
最近急に老いて弱っていく母を見ると、自分の夢は優先出来ないと思う一方
また、海外に戻りたいという強い気持ちは残っています。
ただ、何度か話し合いましたが、兄は生活をほとんど変えず週末のみ病院の父を訪れるだけ。

本当は海外で結婚して生活基盤もそちらにと思っていたのに、
全て犠牲にして我慢すべきなのか、それとも、我がままを押し通すべきなのか
何が正しくて何が正しくないのか、わからないでいます。
ご意見いただければ幸いです。

ユーザーID:3890993089

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 現実を。

    海外の国で、すでに夢の職業に就いて活躍し、よきパートナーもすでに見つけ結婚しているという状態ならともかく、もし現状ではこれらが存在せず、単なる夢・理想なら、犠牲にするもなにもないと思います。あなたの年齢なら、実にそこにいるご家族と現実的な将来設計を考えたほうがよいと思います。

    ユーザーID:0257598795

  • 私も30代半ばで、同じような境遇です

    夢をあきらめる辛さは本人しかわかりませんよね。
    私も未婚で、弟と一緒に父の看護をしています。
    母はいません。
    完全看護なのに毎日病院に行かなければいけないんですか?
    Kさん、少しがんばりすぎなんでしょうね。

    Kさんは、今まで年老いたご両親のことを振り返ったことはありましたか?
    将来のプランにご両親のことは全く抜けていたんですか?
    私やKさんだけじゃなく、同じ思いをしている30代が全国に沢山いると思います。
    だって団塊世代って死ぬほど働いていたんですもの。
    脳卒中で倒れる人がものすごく沢山いるのも不思議ではありません。
    私もKさんに偉そうな事言える立場じゃなくいつも揺れてます。
    弟に大きく頼っています。
    20代は自分の為に生きれるけど、30代は家族の為に生きなきゃ。
    その中でがんばって、お互いベストな人生を見つけましょうね!

    ユーザーID:9668707192

  • どちらの選択が後悔が少なくてすみますか?

    何が一番正しくて適切な選択肢か?などと、誰にも分からないです。
    まして、赤の他人の、通りすがりのような人が、Kさんのことを何一つ知らない人が、適切な事を言えるか?そりゃ無理でしょ。

    自分の思うように生きてみたらどうですか?

    はっきり言えるのは、両親を置いて海外にもう一度出て自分の思うように生きたとしても、例えこのまま日本に残って両親の介護に追われながら生活したとしても、どちらを選択しても、Kさんにとっては、多かれ少なかれ、多少の後悔の念は残るでしょ。

    だったら、後悔の少ない方を自分で冷静に考えて選択したらどうですか?

    辛口意見ですけど、海外と言ってもピンキリですし、社会保障の整っている海外もあれば、未発達な国もあるし。これといったスキルがあるのかどうか分かりませんが、海外で現地住民並に収入を得ながら家庭を築くのも、そう簡単な事ではないです。

    日本での今の生活にしても、派遣という不安定な身分では、お父さんの介護の問題が片付いたとしても、どのみち将来性に不安要素を大きく持ったままなのは変わらないのでは?

    ユーザーID:2106025432

  • 今できること

    こんな場合,正しいとか正しくないとか,誰にも分からないでしょう.
    どういう納得の仕方で道を選択するか,ということだと思います.

    僕は,海外で就職したことはありませんが,プライベートだけでなく仕事でも何度か訪れて,日本と海外の違いはある程度分かるつもりです.異国で就職して実績を作るには,かなり努力されたと思います.

    御父上ですが,意思を示すことは出来るのでしょうか.
    意思の疎通もとれない状況であれば,まずはご自身の生活を優先するのが現実的な選択だと感じます.
    入院費も,かなりの負担だと思うからです.

    今すぐ海外に戻るのがいいのかどうかは,冷静に考えた末に結論を出すのがいいと思います.
    状況を整理して,今できること,将来のために準備しなければいけないことを書き出してみては如何でしょう.

    僕にも兄貴がいますが,一人で何も決めらないタイプなので,基本的に何も期待してません.とは言うものの,自分の今の道に十分自信があるわけでもなく,悩みは尽きません.

    どの道,悩みのない人生なんてあり得ません.
    元気を出して前向きに頑張って下さい!

    ユーザーID:2731741845

  • もう少し日本で過ごしても

    私の母も脳卒中で入院しています。
    少し意識が回復したので、病院に通って毎日話しかけています。

    私は、40代の主婦です。
    でも、やりたいことはやります。
    完全介護はありがたいですよ。
    25年前同じ病気だったときは、つきそいをしていました。
    こちらで暮らしても、できることはあると思います。

    もう少し日本にいることはできないですかね。
    一生いなくても、また海外に行けるチャンスはあります。
    そのための勉強はできると思います。

    ユーザーID:6714733642

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 私は親との仲が悪かったからでしょうけれど

    親の世話をするために、自分の人生を諦める必要性がさっぱり理解できません。

    私がトピ主さんの立場だったら、見舞いや手助けのために一時帰国はしても
    生活基盤は海外に残したままにしたと思います。

    完全看護になったら、病院へのお見舞いもそんなに行かないでしょうね。
    自分の今まで通りの生活をして、余暇時間があれば顔を出す、でしょうか。
    親の介護をする前提で仕事を探すことはしません。ましてや辞めるなんて。

    何か言われても「私は私をこの先50年以上食わせていかなきゃならないの。
    親が一生私の面倒見てくれるわけじゃないでしょ」で終わりですね。
    実際、私は親にそう言ってます。

    そう間違ってる考えでもないと思うんですけど。
    トピ主さんのご参考になれば。

    ユーザーID:9548853837

  • 30代、未婚で似たような状況でした。

    正直、お父様が元気なうちは、別々に暮らして、1年に一度会うかどうかみたいな生活だったのでは?
    何故病気になったら急に一緒に居ないといけなくなるんでしょうかね?病気になってから駆けつけても遅くないですか?
    私はこういう話を聞くと、いつも思うのですが。

    どっちを選んでも必ず何か、後悔は残るとは思います。
    だったら、私だったら、私の人生のほうが長いので、私の人生を充実させるほうに行きます。

    つまり、ご両親を日本において海外に行きます。
    (もちろんその前に、その夢は本当に日本ではかなわないのか、考える必要があるとは思いますが)
    こんなんで鬱になって泣いちゃうぐらいなのだから、よほどですよね。

    私もプチ海外みたいなところに住んでいる病気の母には、
    最後の2日しか近くに居てやれませんでしたが、仕事があったので仕方ないです。
    父は寝たきりですが病院にほぼ丸投げで、ほったらかしです。
    どっちにも後悔はあります。でもしかたありません。親戚なんか、私の人生に責任とってくれません。

    どうぞ、トピ主さんも後悔のないように。

    ユーザーID:3051912019

  • 30代…

    30代の前半か後半かで全く話が違う気がします。前半なら人生の多くをあきらめるには犠牲が大きいし、後半なら結婚・出産を焦らなければならない年齢です。

    これまでお父様が倒れたことの精神的ショックで、大変だったことと思います。冷静になればなる程、ご自分のことを考えるのは普通のことと思います。まず、お兄さんはあきらめた方がいいでしょう。想像ですが、自分のこともろくにできないのに親の世話などできるはずもありません。次にお金の話、そしてお母様のケアでしょう。

    お父様の意志はトピ主さんの人生を犠牲にしたくないに決まっています。(倒れる前の意志表示からもあきらかですよね)しかしながら、海外のハードルは高過ぎます。99%介護を放棄するに値するでしょう…。お母様がそれでもいいと言うなら、行く決断をしてもいいかもしれないです。良心が痛み、お母様が壊れてしまうと考えるなら、海外はあきらめて日本の仕事を拡充していくしかないかな…。

    人生って本当に想定外なことの連続ですよね。私も同じような状況です。でも私は歳なんで、あきらめ上手になりました。体はひとつしかないので、仕方
    かなと思っています。

    ユーザーID:1254606792

  • 病院はついの住処ではありません

    みなさん自分のことばかりで驚きました。

    日本では病院はついの住処にはなれません。病院はあくまで退院し出て行く場所です。基本3ヶ月以内に。非情と言われようがそうしないと次の方の治療ができません。
    ですから、意見する方は病院に任せるだのと簡単に言わないでください。

    介護を実子がやるやらないは家庭の自由ですが、実子が介護放棄するには、それなりのお金が必要です。
    介護もしない、お金も出さない、そんな勝手は日本では通りません。
    都合がいい時ばかり病院に押しつけるな!

    …と脱線しましたが。
    介護をせず介護費用を捻出するため、やりたい仕事を優先するのはありだと思います。そこは、現代の介護の仕方の一手段だと思いますよ。
    その代わり、海外に行くのなら特に、急変時に駆けつけられないかもしれないこと、そして実際介護をしてくれる人(母でも介護職でも)へ後からしゃしゃり出て茶々を入れない覚悟があればいいと思いますよ。

    ユーザーID:1694060978

  • いし様

    もしかして、医療従事者の方でしょうか?
    三か月という決まり(?)はどのくらい厳しいものなのか、よろしければ現実を教えていただければ幸いです。
    保険の点数が落ちる為に、病院側が追い出すとか、たらい回しとかは聞いたことがあります。その場合、自宅介護が不可能な場合はどうなるのですか?

    トピ主さんは、お父様の病状も経済力も具体的には書いていませんので、推測になってしまいますが…。

    ユーザーID:1254606792

  • 横ですみません

    トピ主様の内容から逸れたことを申し上げたらすみません。
    日本では、「医療行為」が必要な方しか入院できません。必要な「医療行為」を提供し医療保険+患者負担から収入を得ているのが病院だからです。介護をして収入を得ている訳ではないのです。
    入院を要する医療行為というのは点滴や処置などを指します。ここで勘違いされやすいのは、日常動作への介助、リハビリなどは医療行為ではないという点です。要は、医師・看護師でなければ法的に許されない行為以外の介護職でも施行を許されている行為は、医療行為には当たらないため、病院以外でやってくれ、ということです。
    そのために介護保険制度があります。
    3ヶ月の縛りは病院の性格によります。急性期病院では最も厳しく(最も高度な医療を必要とするので、慢性期は診る隙間がない)、慢性期病院や自由診療(要は保険によらない実費請求)を使い分けている病院であれば緩いはずです。ただいずれにせよ、病院は生活の場ではないので、いずれ出ることを前提に介護への切り替えを進めることになります。続きます。

    ユーザーID:1694060978

  • つづきです

    病院を出た後は、自宅介護か介護福祉施設への入居となります。自分達の負担を減らしたいなら、介護保険に上乗せをし実費負担で介護を受ければいいのです。お金をかけて施設に入れればいいのです。それしかありません。それが今の日本です。
    それを、金は出せない、介護はしたくない、という都合のいいことばかりいう人の何と多いことか!病院にいれば医療費負担だけすればいいので、家族は楽ちんでしょう。しかしそれでは病院は前述通り、次に医療行為が必要な方に医療を提供できませんから、病院側としても必死に(苦渋の選択で)医療行為がいらない方から追い出しにかかる必要があるのです。
    病院も必死ですから、入院時から患者様の身元引受人(血縁者)の特定は必死で行いますよ。時に県外にいようと探して呼び出し、患者様を退院させる金銭的・社会的足がかりにします。
    なので、病院に放り投げれば済むということは決してありません。血縁者が問われる責任は、そう甘くはありません。
    …そういう実情もふまえて、トピ主様が悔いのない選択をされるようお祈りします。
    ちなみに私なら、介護保険を使って半自宅介護か、頑張って働いて施設介護できるよう稼ぐかな。

    ユーザーID:1694060978

  • トピ主です。皆様ご意見ありがとうございます。

    トピ主です。
    様々なご意見ありがとうございました。

    このトピックを作ったのは、もちろん、最終的には自分で消化して
    決断しなくてはならないのは重々承知ですが、もしかしたら似たような経験を
    既にされてらっしゃる方もいるのではと思い、様々な方の様々なご意見を
    聞いて考える際の参考にさせていただきたかったためです。
    やはりいろいろなご意見があるのだなと改めて考えさせられました。

    それから、少し補足せていただきます。
    年齢は30代前半で、海外での夢というのも語学留学などのレベルではなく
    既にその国の海外大学院を出ており、日本でも同分野の専門職としての経験を
    積んでいるので、その分野では国際的に進んでいるその国で
    専門職として働きたいと思っていました。

    それから、病院については、多くの病院が3カ月で出されるのは経験済みですし、既に3か所目です。ただ、入院後1カ月後ぐらいからネットなどで情報をひたすら探し、長期的な病院移転計画(A病院→B病院→C…など)を練っていましたし、入院期限がない病院も例外的にあるのを見つけました。

    ユーザーID:7969228649

  • トピ主です2

    上記の続きです。

    ですから、計画通りに、半年待ち以上待ちだった入院期限がない療養型病院(医療保険適用)に少し前に移れることが出来ました。今後自宅介護をしなくともよいというのは、ある意味救われます。

    皆様のご意見を聞いて、やはりどの選択をしても後悔は残るのだなというのを改めて思いました。今後は、いただいたコメントを自分の中で消化して、
    自分が納得できる選択をしたいと思います。

    本当に心のこもったアドバイスや厳しいけれども現実を見据えたご意見
    など、参考となるご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:2541091843

  • ホント・・・

    難しいですよね。
    私は25歳の時に母が倒れ、半年で自宅介護に切り替わりました。
    弟は当時大学生。
    まともに病院にも来ず、遊びとバイトに専念してました。
    10年以上経った今でも、遊びと仕事に専念してます。

    父も弟には何も言わず全部私に任せっぱなし。
    20代半ばから色んなことを我慢してきました。

    30半ばで縁あって結婚し現在妊娠中ですが、
    それでも母の介護の大部分は私。
    無事に子供が生まれるか、
    生まれてからも子供に不自由させるのではないかと心配です。



    兄、母と話をしてください。
    全部任されて身動き取れなくなりますよ?
    それに、完全看護なんだから・・・もっと施設を頼れば良いです。

    いきなり生活基盤を海外に・・・とまでは行かないと思いますが、
    少しずつ準備しながら、最良の案を探してください。



    「寝たきりになるなら助けないでくれ」
    ・・・これは私も考えました。でも、その場で「じゃあ、何もしないで下さい」なんて
    誰も言えるはずが有りません。
    私も同じでした。
    それは考えないほかないです。どうしようも無い事ですよ。

    ユーザーID:0233533566

  • 正しいとかはなく、後悔するかしないか、です

    30歳初めに母を病気で姉と介護するようになり、10年で看取りました。
    (父は既に他界)
    経済的な問題があり、母の望みは結婚せず、2人で介護して欲しい、でした。

    母の発病後数年後、姉は退職し介護。私は数年後 結婚し仕事を続けながら(金銭援助の為)通いで介護を手伝いました。

    姉は看取った現在、後悔はない、との事です。
    しかしながら独身で(婚期逃しました)、仕事も見つからず無職です。
    現在の生活と今後の老後の心配をしてるようです。

    私は介護と平行してできないので子供はあきらめましたが、仕事は続けております。

    私が親の希望を無視したのは、自分の人生を親のせいであきらめた、親を恨むかもしれない、それではいけない、と思ったからです。

    人生の責任は誰も取ってくれません。
    辛くても、自分で判断し、できる事をやり、後悔しないように頑張るだけです。

    いっぱい悩んで、納得できる結論が出せるよう、応援しております。

    ユーザーID:4200882473

  • 人生は前に進むのみ。是非海外に戻って前進して。

    是非海外に戻って下さい。

    今から失礼な言い方をしますのでお許し下さい。
    トピ主さんが仕事のきつくない派遣をしながら介護をして、そして10年後にお父様が亡くなったら。。。
    その時40代前半の半端なキャリアしかないトピ主さんに何が残るのですか?

    今時必死にフルタイムで働いても将来の年金は月6万位なのに、その働き方ではろくに年金を貰えないでしょう。
    60歳過ぎて会社からお払い箱にされたら、トピ主さん野垂れ死にしますよ。

    専門職なんだし、正規就職でバリバリ働けば自分の老後の資金は貯められるでしょう。
    でも「派遣しながら介護」だったら親が居なくなった時に野垂れ死にの可能性大です。

    もし親が財産や家を残してくれるから微年金でも大丈夫なら、
    今その財産を使ってお父様に有料施設に入って頂いたら?
    「自分には一銭も残さなくていいから今そのお金でお父さんを施設に入れて(又はヘルパーさんをつけて)」と。

    働くなら海外の方が良い理由は
    1、それが夢だった。
    2、女性も65歳位までバリバリ働ける事が日本より多い。
    3、先進国なら年金が日本よりマシな場合が多い。

    ユーザーID:9822531210

  • 40歳、同じ様な境遇

    まず、完全介護の病院なら、毎日の通院は必要無いのでは?
    先日、医師からも、手術の日でさえ、完全介護なので
    来なくても大丈夫と言われました。

    それから、病人の親としては2パターンが有る様に感じます。
    一つは、依存心などが強く、家族を巻き込みたがる。
    もう一つは、自分より、家族(子)の心配をするタイプ。
    後者は、例えば、フィギュアスケーターの癌になった父親。
    最後まで娘の夢を叶えるべく、渡米を促しましたよね。
    トピ主様の父親は、寝たきりになったら助けないでと仰ったとのこと。
    家族の負担を軽減させたいとの気持ちも有ったのでは?

    そして、お父様の病状は、もう、正直「どうにもならない」という事です。
    語弊があるかもしれませんが、トピ主様が尽力される事で解決される問題では
    無いという事です。

    トピ主様は、親の介護を終えてから再渡航も出来るかもしれませんが
    未練があるのなら、御自分の道を進まれる方が良いのでは?

    うちの父も、死を覚悟した手術前日に、私の今後や仕事の事だけを心配していました。
    親は、子供に幸せになって欲しいのではないでしょうか?

    ユーザーID:7485411328

  • トピ主です(再1)

    やはり同じような経験者の方々の言葉は、身にしみます。
    そうですよね、大衆食堂さんの言うように、「自分の人生を親のせいであきらめた、親を恨むかもしれない」と思ってはいけないし、将来、年金にしろ、自分の人生が立ち行かなくなっては、問題ですよね。
    父の病状も残念ながら、「自分を大切に」さんが書いてらっしゃるように「どうにもならず」、これ以上改善する余地はあまりない状態です。

    今現在、今後を想定すると、自分の人生を全く変えずに甘えている「兄を恨む」可能性大ですし(既にかなり嫌気がさしています)、正直言って将来「自分の人生を犠牲にした」と思う可能性も多々あると思います。ただ、その反面、病院へ行くとやっぱり父は私がいなくてはと思い、父関連の税申告とか役所関連の申請書類が出来ない母を見ると、やっぱり私がやってあげないとと責任感を感じたり。決断は難しいですね。ただ、やはり少しずつ前に進んでいかないとと思います。

    ユーザーID:3890993089

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です(再2)

    それから、他の皆さんのおっしゃるようにそんなに真面目に病院に行かなくてもといいんだなとも思えるようになりました。母とも、長期戦になる可能性もあるので、良い意味で、少し気を抜いていこうと話しました。

    今後については、専門分野の仕事に戻る可能性や、海外に戻る可能性は残しておこうと思います。
    まだ、すぐには頭の整理はつかないとは思いますが、少なくとも、将来、誰も恨まないような選択をしようと思いました。結局、自分の人生は自分で選択するものですものね。

    誰しも、そんな状況にはなりたくはないと思いつつも、そこへ運ばれてしまう時が人生にはあるのだと、改めて思いました。そこで、やはりきちんと逃げずに考えて、タイミングが来たら決断するのが、後できっとどちらにしろ後悔はするとしても、一番重要なことではないかと思えるようになりました。
    皆さんからご意見をいただいて、心の中が整理されたような気がしました。
    いろいろ辛い経験をされつつも、その経験を共有して下さった皆さん
    真剣に考えて下さった皆さん、本当にありがとうございます。

    ユーザーID:3890993089

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧