マグリットの石

レス4
(トピ主1
お気に入り5

生活・身近な話題

リーコ

さだまさしの歌に マグリットの石 という歌がありますが

1970年に発売された「ビッグコミック」の中の
藤子不二雄さんが描かれた マグリットの石 という短編まんがの内容を 
ご存知の方
いらっしゃいましたら 是非教えて下さい。 

ユーザーID:7029581841

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 読みました

    『藤子不二雄A ブラックユーモア傑作選 ぶきみな5週間』
    に掲載されていますよ。紹介文を引用すると、『古本屋でマグリットの画集を見つけた主人公。ピレネーの城という絵に魅かれるが、そこに描かれた宙に浮かぶ巨大な石のことが頭から離れない』
    という内容です。
    最後は衝撃な終わり方です。
    他にもなかなかブラックな作品が収録されています。お嫌いでなければ、ご覧になってはいかがでしょうか?

    ユーザーID:5366364347

  • うろ覚えですが

    本屋でマグリットの画集を見た魔太郎チックな主人公が、
    絵に魅入られて常に頭の中にマグリットの石を
    思い浮かべながら暮らすようになります。
    次第に、妄想は現実味を帯び、ついに主人公は
    妄想だったはずのマグリットの石に押しつぶされてしまう、
    という話だったと思います。

    ここもご参考に↓
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E7%9F%B3

    ユーザーID:8041012151

  • シュールレアリズムを

    代表する画家のひとり、ルネ マグリットの好んだモチーフだよね(石)あの毒とユーモアの混在する世界観はなかなか面白い。そんな歌や漫画があるのは初めて知ったけど

    ユーザーID:7445327164

  • トピ主です


    早々とレスを頂き ありがとうございます。
     衝動的な終わり方というのは マグリットの石に押しつぶされてしまう
    という事でしょうか?
    凄く興味深いお話ですね 読みたくなっちゃいました。

    1970年の作品らしいですが これは 何処で入手できるんでしょうか?
    もう市販されていませんよね?
    質問ばかりですみません。どなたか教えて頂けますか。

    ユーザーID:7029581841

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧