• ホーム
  • 話題
  • 萩尾望都さんの漫画とともに70年代を過ごされた方

萩尾望都さんの漫画とともに70年代を過ごされた方

レス405
(トピ主97
お気に入り440

生活・身近な話題

梅雨ぞら

レス

レス数405

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • エドガー「ル」…

    デライラ様 
    貴重な情報ありがとうございます。
    そうだったのですね エドガーの本名には「ル」がつくのですね。
    お誕生日情報とともに出典までばっちり記憶していらっしゃるとはすごいです。
    筋金入りのモー様ファンとお見受けしました
    (余談ですが「えどがーる」を変換したら「江戸ガール」と出ました…っ)

    うさぎ印の砂糖会社様
    とても素敵なハンドルネームだと思います。何か理由があってのお名前だとは思ったのですが、はじめはわかりませんでした。ですので、あの作品のあの場面を読んでいてそのルーツを発見した時の感動は忘れられません。
    新たな出版情報もありがとうございます。さすがアンテナ高くていらっしゃる!

    おばさんです様
    お久しぶりです!うれしいです。
    お仕事大変ですね。でも萩尾作品で上手にリフレッシュなさっているようですね。
    「春の小川」よかったですか?新しいエッセイも発売されたそうですから楽しみですね。我儘読者、応援します!

    ユーザーID:8710609720

  • トピ主のコメント(97件)全て見る
  • デライラ様

    かなりの通とお見受けいたします。
    リアルタイムで「白き森〜」を読めたなんて、うらやましい。
    当時、少女雑誌はいろいろ本屋さんに積まれてはいました。
    少女コミックだけ、その山が低かったのを覚えています。
    売れてないのかなあ、売れ過ぎたのかなあと判断できませんでしたっけ。
    発行部数が低かったと、のちに読みました。

    お名前の「デライラ」はデュラン伯爵の奥方のお名前ですよね。
    (もう少し若い世代なら、伯爵カインシリーズを思い出すのかも)
    ポーツネル男爵夫人としては、シーラがぴったりだと思います。

    エドガール・エヴァンズは、衝撃です。
    対談で、作者がエドガー・アラン・ポーについて言及しているので、たぶん誤植で「ル」がついたんだろうなあと思いますが、そんな記事で書かれた日には絶対忘れられませんよね。
    貴重な資料です。

    トーマの表紙原画をお持ちの方は、どうしていらっしゃるのでしょうね。
    大切にしていてほしいなあ。
    もちろんサイン入り絵葉書も。
    どなたがお持ちであっても、宝物ですもの。

    ユーザーID:7317182067

  • いい天気です。




    残酷な、を読んで 当たり前なんですが親の責任って 重大なんだな、、と
    子供って何時までも子供もままじゃないから 親にされた事、親に言われた事なんて何十年たってもフラッシュバックするんですよね。

    残酷な、は トーマの改正版ですよね。ある意味少しダブっている部分がありますね。トーマはそれに宗教が絡んでいるけど。。

    ユーザーID:6260409062

  • はるか昔の原画展

    はるか昔、地元の田舎デパートで原画展がありました
    催し物会場にちょっとコーナーを作って『見たかったら見てね』という感じで入場無料でした
    当時、熱病のようにファンだったから何回もかよったのに何を見たのか全然記憶にない・・・・
    もしかしたら他のまんが家も合同だったかもしれないけどそっちの記憶もない・・・

    印刷するのに一生懸命で!
    そう、その原画展にはポーシリーズのまんがの原版(鉛?金属製の版画の原版みたいなの)も出品されていてインクまで用意されていてセルフ印刷OKだったんです
    いつ行ってもガラガラだったんでバレンと紙を持ち込んでインクまみれになって印刷しました
    でも何枚やっても出来に満足できなくてくやしかったなぁ
    ケント紙とか良い紙だとインクが乗らなくて藁半紙だとインクが乗りすぎて・・・
    学校帰りに制服のまま通ってました
    すっごく挙動不審な女生徒でした

    それにしても今だったら信じられないですよね
    すぐそばで洋服のセールとかやってるのにインクでセルフなんて!

    もしかして当時でももう古い技術で使わなくなったからあの原版出品されていたのかもしれません

    ユーザーID:7902790610

  • 「江戸ガール」

    ???
    ウサギ印の砂糖会社さま
    ということは、エドガールは誤植ということですか?
    エドガーの本名はやっぱりエドガー??
    (それにしても、デライラさまのハンドルネームの謎を即座に解いてしまうあたり、さすがですね!)

    デライラさまの版画セルフ複製のお話、大変興味深く読ませていただきました。
    そんな企画もあったのですね。とても貴重な体験をなさいましたね。
    挙動不審な女生徒だなんてとんでもない。
    私もきっとインクまみれになって同じことをしていたと思います。
    その時の貴重な印刷物は今もお手もとにあるのですか?

    まきまき様
    そちらはお天気なのですね。日本では沖縄は早くも梅雨明けしましたが、関東はいよいよ梅雨本番といった感じです。
    ドイツにも雨季はありますか。
    そういえば、エド(また「江戸」って出ました)とメリーベルが、岬の家で海に降る雨を見る場面がありましたね。
    「海に雨が降っている、それだけなのに不思議ね」というようなセリフがあったように思いますが、静かで煙るようで、どても好きなシーンです。
    以来、私にとってドイツの雨はあのイメージです。

    ユーザーID:8710609720

  • トピ主のコメント(97件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • エドガーは伯爵のご子息

    梅雨ぞら様
    羽仁未央さんとの対談で、名前をエドガー・アラン・ポーからとったのかという質問に対して、作者が認めていました。

    エヴァンズ伯爵が父親なので、エドガー・ポーツネルでなく、エドガー・エヴァンズが本名になるはずです。
    でもまあ、彼は女装が似合うので、江戸ガールでもかまわないでしょう。あ、アランが「ぼくのほうが女の子にみえるよ」とか言いそう…

    ユーザーID:7317182067

  • 昨日の「ベルばらキッズ」

    エドとアランの名前がエドガー・アラン・ポーに由来しているという話は、私もどこかで読んだような気がしていたのですが、そうですか、羽仁未央さんとの対談の場面でしたか。
    今思えば豪華な対談ですね。

    ところで、昨日の新聞の「ベルばらキッズ」の解説文に、少年漫画と少女漫画の垣根が崩れ始めた象徴として、1970年代に萩尾先生が「百億千億…」を少年チャンピオンに連載されていたという話題が取りあげられていました。
    あの時代の漫画の流れは今こんなふうに評価されているのですね。勉強になりました。

    この解説文を描かれていたのは(おそらく同年代の)男性記者さんでした。
    男性にも先生のファンがいるということ(当たり前ですが)を何とも嬉しく感じつつ、この記事を大切に切り抜きました。

    ユーザーID:8710609720

  • トピ主のコメント(97件)全て見る
  • ブッダ展

    国立博物館で開催中のブッダ展の評判が良いようですね。
    仏像と手塚先生の原画が並んで展示されているそうです。

    このトピのおかげで作品を原画で見る楽しさを知りました。
    また、手塚先生は萩尾先生がとても尊敬し影響を受けた方です。

    ですので、行ってみようかな、ブッダ展。
    会期が26日までと知って少々焦っています。
    急がなくっちゃ。

    ユーザーID:8710609720

  • トピ主のコメント(97件)全て見る
  • レスします





    萩尾さんは女子美術大学アート・デザイン表現学科メディア表現領域の客員教授に就任されたそうです。
    ますますお元気で活躍なさっているようで、本当にうれしいです。

    ユーザーID:7317182067

  • 京都国際マンガミュージアム

    週末京都に旅行した折に、国際マンガミュージアムへ行ってきました。
    噂には聞いていたのですが、その蔵書数には圧倒されました。
    天井まで埋め尽くされた懐かしい雑誌たち。週マ、別マ、週コミ、別コミ、LaLa、ASUKA…懐かしい表紙の絵。
    「あ、これ持っていた。あれも持っていた。覚えてる、覚えてる…」と時のたつのも忘れて見入りました。
    個人で長期に保管することはなかなか難しい漫画雑誌を、このようにきちんと保存することは大事だなあと思いました。

    「5人5色展」という特別展示をやっていて竹宮恵子先生が出展されていましたが、原画がなかったのが残念でした。
    会場で「風と木の歌」をイメージしたというお香をいただきましたが、金木犀系の良い香りでした。

    もちろん萩尾先生の作品もたくさん所蔵されていました。
    私が読んだことのない作品もありましたが、時間がなくて読めなくて残念。
    次回はぜひゆっくり訪れたいと思います。

    萩尾先生は教職につかれたのですか。
    先生に教えていただける学生さんは幸せですね。
    うさぎ印の砂糖会社さま、またまた素敵な情報ありがとうございました!

    ユーザーID:8710609720

  • トピ主のコメント(97件)全て見る
  • はじまりはポーの一族。

    20代前半の頃
    県庁で臨時職員をやっていたとき
    役職のある女性の上司から借りて
    イッキにハマりました。
    あの、物語の世界からかえって来れない読後感…
    すごいですよね。

    本を貸してくれた女性は
    当時の私からすれば
    ちょっと年配の方でしたが
    非情に上品&知的で
    マンガなんて意外…と思いましたが
    バイトのような私に大切なモノを
    貸していただき
    とてもうれしかった記憶です。

    その後も萩尾望都さんのマンガは
    結構読みました。少しは集めてます。
    中でもスター・レッドは号泣。
    今読んでも胸が苦しいです。

    ユーザーID:0333060914

  • サマーバッグ

    皆様、美術館など出かけておられて少しうらやましいです。
    ふと思いだしました。昔、高校生くらいの頃でしょうか。
    全員当選、ポーの一族サマーバッグなるものがあり、応募しました。来たのは、手のひらサイズのビニールバッグ。なんか小さいので、水着を入れてなどと売りにしていたのに、入らないぞと思ったものです。
    確か一週間の表紙だったか、違うものだったか。
    まだ実家にあるかなあ、と懐かしい思い出です。

    ユーザーID:9330732286

  • 今日も真夏日

    梅雨ぞらどころか、一気に真夏の暑さですね。ふ〜っ

    くるり様に「ポー」を紹介してくださった方、素敵な方だったのでしょうね。
    きっとこの人ならばポーの世界をわかってくれる…と思って貸してくださったのでしょう。
    その思いにしっかり応えてくるり様も萩尾作品ファンになったとなれば…その方もきっと嬉しく思われたことでしょう。
    スターレッド、よかったですよね。私も大好きな作品です。
    エルグがセイを連れ去ったように、あんなふうに一瞬で火星まで連れて行ってもらえたら…心を持ってかれちゃいますね。

    私は誰か様 お久しぶりです!
    う〜む、手のひらサイズのサマーバッグですか…確かに微妙な大きさですよね。
    でも全員プレゼントとは言え、賞品が送られてきたときの嬉しさは格別でしたでしょう。
    きっとご実家のどこかに大事にとってあるのでは?
    ひょんな時に見つかったりして、それもまた楽しみですね。
    今だったら何を入れますか?

    ユーザーID:8710609720

  • トピ主のコメント(97件)全て見る
  • お宝がいっぱい

    私は「一週間」のサマーバッグがうらやましいです。
    雑誌の付録に申し込むという作業がとてもハードルが高かったこと、そもそも定期的に雑誌を買うことがなくてその存在を知らなかったことなどが、悔やまれます。

    萩尾望都作品目録さんに、付録や懸賞のリストがあります。
    70年代当時「JOTOMO」という雑誌がありました。前身が「少女の友」のようです。
    この付録の画像があるのですが、タロットカードです。
    萩尾キャラ総出演で、作れないものかと夢見てしまいます。
    さて、どのキャラがどのカードになるでしょうか。
    同じ夢を見た人、キャスティングしてくださいませんか。

    カネボウのシルクレディでは、スカーフの絵柄が、どうもオスカーとユーリっぽいです。
    入手した人、大切に大切にしているでしょうね。
    ああ、うらやましい!

    ユーザーID:7317182067

  • 萩尾望都フェア

    そごう大宮店で、7月12日〜18日の予定で、萩尾望都フェアが開催されるようです。
    版画とオリジナルグッズの販売、複製原画の展示などがあります。
    買い逃したグッズがみつかるかも?
    ただ、原画の展示はないようです。
    暑い時期でしょうから、いらっしゃる方は、お体にご注意くださいね。

    ユーザーID:7317182067

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧