海外で子宮頸癌の手術

レス18
(トピ主10
お気に入り22

心や体の悩み

パピコ


今回、初めてトピを立てさせて頂きます。長くなりますがお付き合い頂けたら幸いです。
私は30代前半既婚女性で現在は海外在住(英語圏)です。

先日、パップスメアの検査(子宮頸癌検診)を受けました。
以前に受けたのは3年ほど前だったと思います。その結果、アブノーマルな細胞が確認されたとのことで検査を受けた掛り付け医より呼び出され、すぐに専門医にて精密検査を受けるように言われました。(確か、グレード3という数字だったと思います。ハイレベルと言われました)

その後、専門医にて子宮の中を顕微鏡で見る検査を受けた結果、1,2ヶ月以内にLLETZ(リープ手術)をして、悪い細胞を取り除く必要があると言われました。まだ癌かは分からないし、この手術で治ることもあるとのことでした。日帰りでできる簡単な手術だそうです。

私にはまだ子供はいませんが、近い将来的に妊娠を望んでいた矢先のこの結果に正直、落ち込んでいます。ドクターに、今後の妊娠の可能性について伺ったところ問題はないとのことでしたが、手術で切り取った細胞の病理検査で進行癌が発覚したら...など、色々な悪い妄想をしてしまって不安の毎日です。

何よりも、初めての海外での手術、専門医はすべてが英語で、専門用語も多く、日本語のように完全に理解しずらいので更に不安が募ります。(英語力は日常会話程度です...)
ネットによると精密検査になっても日本では経過観察で様子をみる場合もあるようですが、日本と他の国とでは同じ状況でも手術のタイミングの判断が異なる場合もあるのでしょうか。

私のような状況で海外でLLETZの手術を受けたご経験のある方、いらっしゃいましたらお話を伺えたらと思いトピを立てました。宜しくお願いします。

ユーザーID:2130042245

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 海外ではありませんが

    こんにちは。わたしも異形成グレード3bと診断されて二年が経ちます。その間、2ヶ月おきの検査をしていますが、同じ状態が続いています。
    35歳既婚で子供なしで、やはり不安な気持ちは常につきまとっています。手術を望まないのであれば、セカンドオピニオンを受けるのも一つだと思います。先生によって治療方針が違うようなので。
    手術を受けても円錐切除だと思いますので、子供は大丈夫ですから、お互いに頑張りましょう!

    お役に立てなくてごめんなさい。

    ユーザーID:9266438935

  • 私も海外でリープしました

    在米です。LEEPの手術をして2年目を迎えました。

    私も「パプスミア→顕微鏡→ハイレベルのアブノーマル細胞の発見」で、LEEP手術までたどりつきました。その間、およそ1ヶ月。健康だと思ってたので「信じられない」というショックと「ガンだったらどうしよう」という不安とで、毎日、精神的に辛かったです。私も外国で、言葉が分からなくて困りました。ですので、今のパピコさんのお気持ち、お察しします。

    手術の目的は、検査の為に悪い細胞を取るだけでなく、その細胞を除去するという意味で治療でもあります。日本の場合は3aや3b等々に分けられてるみたいですが、私の場合(米国)の場合では、細胞のランクは3段階に分けられ、その中でも最悪のランクでした。

    言葉が分からなかったので、日本であらゆるサイトを掘り当てて情報を得ようとしましたが、悪い情報ばかりが気になり不安になるので、途中で止めました。情報はかかりつけの病院からのものだけを気にするようにして、あまりクヨクヨしないようにしました。

    私の場合、術後の経過は問題がなく、悪い部分を取り除いたという事で、気持ちもスッキリしました。医療技術を信じましょう。

    ユーザーID:6897154514

  • 私もです!

    20代後半、北米在住です。
    1年少し前に初めて受けた婦人科検診で軽度異形成(Mild Dysplasia)と診断されました。
    それから3ヶ月おきにフォローアップのPap Smearを受け経過観察を行いましたが治癒せず、今年初めに凍結切除手術を受けました。手術をすれば異常な細胞はなくなるはず・・でしたが、3ヶ月後に受けたPap smearでも異形成の診断。
    現在も3ヶ月に一回のペースでPap smearを受けています。

    最初は、トピ主さんと同じく、不安でたまらずネットでいろいろ調べたりドクターに質問をしました。
    ただ、もうご存知かもしれませんが、子宮頚ガンは比較的進行が遅いこと(異形成からガンになるまで平均10年)、万一ガンであっても早期ステージであれば妊娠も可能であることを教えられ、今は落ち着いています。

    ただでさえ不安になる状況に加え、言葉の壁・・・
    心配でたまらないとは思いますが、進行している可能性があるのであれば、ドクターも1,2ヶ月以内と悠長なことを言わないのではと思います。

    完全に同じ状況ではないですが、すこしでも気持ちを楽にする助けになればと思いレスしました。

    ユーザーID:9800733959

  • ありがとうございます

    >異形成グレード3b さん
    お役に立てなくてなんてとんでもない、レス有り難うございます。そうですね。不安な気持ちが常につきまとう。まさにその通りです。私の場合、今までとても健康だと思っていたのでいきなり病気が発覚した時は青天の霹靂で、かなり頭の中が混乱してしまいました。今は、もう治すしか無いと前向きな気持ちに落ち着いてきました。ただそれでも、ドクターの事を信用していない訳ではありませんが、やはり海外だと、もしかしたら日本で手術をした方がいいのではないかなど不安もでてきてしまいます。よく有る簡単な手術だとドクターはおっしゃってましたが、このドクターの腕は大丈夫かとか、この手術をするという事はもうすでにかなり悪い状態が疑われているかも、だからこの方法を勧められたのかなど、悪い方に考えてしまって...安心のためにセカンドオピニオンを受けるのも考えて見たいと思います。 お互い病気に負けず、頑張っていきましょう!

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • ありがとうございます!

    >案ずるより産むが易し さん
    レスありがとうございます。2年前に米国でLEEPをされたとのこと、その際はきっと今の私と同じ心境でいらっしゃったのだろうと思います。私も自分がいたって健康だと思っていたので検査結果が出たときには衝撃でした。こちらは米国ではないのですが同じく細胞のランクが3段階で分類されており、私もその最もハイレベルな状態と思われます。今まで病気についての知識もなく、英語の専門用語と日本語を照らし合わせようとネットを調べてまくっています。おっしゃる通りで、中には怖くなるような情報もたくさん目に留まりますが、とりあえず前向きに考えようと不安と希望をいったりきたりな感じです。術後の経過が問題ないとのことで、本当に良かったですね。私も早くスッキリできますように...!

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ありがとうございます!

    >北米在住 さん
    レスありがとうございます。温かい励ましのお言葉でとても気持ちが楽になりました。お察しの通り、暇さえあればネットで情報収集をしていまして、この病気については少しづつ理解してきているとは思います。でも、やはり一人でPCに向かっているとふと不安になる事がありこちらにトピを立てたのですが、同じ病気で同じ思いをされて頑張っている方々が他にもいるんだ、自分だけではない、私も頑張ろうと前向きな気持ちになれました。ありがとうございます。北米在住さんの異形成が早く消滅しますように...

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 手術はしていませんが・・・

    非英語圏に、駐在妻としてきています。
    昨年、日本で子宮頸ガンの検診を受け、レベル3aと言われました。
    その後、軽度から中度にあがりました・・・
    その段階で手術の必要はないと言われたものの、不安な気持ちを
    ずっとかかえています。
    4ヶ月ごとに必ず検診する様に言われましたが、先に書きました通り、
    しょっちゅうは帰国できません。

    出国前に、卵巣がんでも検査に引っかかり、再度の検査では平気だった
    ものの、現在下腹部に痛みがずっとあり、考えた末 急遽検査帰国します。
    命には変えられませんから。

    話がそれましたが、異国で言葉が上手く通じず手術とは、大変ですし
    不安でいっぱいですよね。お気持ちお察しします。

    悪い方に悪い方に考えてしまいますし・・・

    でも、進行は かなり遅い様ですし、その後妊娠されてる方もいる様です。

    手術が無事に終わることを祈っています。
    お身体お大事にしてくださいね。

    お役に立てるレスでなくて すみません。

    ユーザーID:3370234620

  • LEEPで治癒しました

    1年半前にカナダでLEEPを受けました。
    何年かぶりに受けたPap Smearで高度異形成が出て、
    コルポスコピー+生検で前癌病変と言われ、LEEPを勧められました。
    LEEP当日は術中に緊張し過ぎないようにiPodを持っていったのですが、
    台に上ってヘッドフォンを耳に入れ曲を選んでいる間に終わっていました。痛みもなかったです。

    その後3ヶ月毎のコルポスコピー+生検で2回「ノーマル」が出たところで、妊娠解禁になり、数ヵ月後に妊娠し、妊娠中のコルポスコピーでも「ノーマル」、出産後のコルポスコピーでも「ノーマル」でした。
    異常なしに戻れたので、これからは定期的にPap Smearを受けて早期発見に努めようと思います。

    1年半前に高度異形成と聞いた時は最悪の場合まで覚悟をしたので、トピ主さんの不安はよく分かります。
    私にとってはLEEPは手術というより簡単な処置という印象でした。
    治癒をお祈りしています。

    ユーザーID:3311365854

  • 同じですよ、私も

    びっくりしました。私が書いたトピかと思いましたよ。

    私は、夫の母国(欧州、非英語圏)で受けたパップスメア検査で思わずしてひっかかりました。
    レベルが3で、アブノーマル細胞が見つかったと。

    がくがく震えましたよ。
    幼児がいて、今絶対に死ねないと本当に心を入れ替え、もろもろの検査は、腰を据えて受けました。

    検査や手術は、夫が必ず付き添ってくれましたが、夫でさえ母国語での専門用語(婦人科だし)がよく分からず、二人であたふた・・・・思い出しても笑っちゃう

    日帰りの手術(おそらく焼き切った)は全身麻酔で15分で終わり。出血もせず術後の経過は順調でした。

    その後、思わず妊娠、出産しました。
    その時、妊娠初期のパップスメアテストで陽性が出ました。
    先生によると、妊娠の刺激で陽性になることがあるので、出産後また検査しますとのこと。

    無事出産してからの検査では陰性になり、その後は毎年パップスメア検査受けてます。

    怖いのとっても分かります。悪いほうに考えるのも止まらないですよね。
    深呼吸して、大きな声で「負けるか!」
    あとは、自分を信じて、手術受けてください。

    ユーザーID:6584581502

  • ありがとうございます!

    >まま さん
    レス有り難うございます。異形成の診断を受けてからの日本出国、さぞご不安な事だ思います。
    私の場合は3年ほど前に日本で検診を受け、その時はノーマルでした。定期的に検診を受けた方がいいのは分かってはいたのですが、海外ということもあり、検診を受けるのをなんとなく先延ばしにして3年後までひっぱってしまった結果、今回いきなり高度異形成(Severe Dysplasia)になってしまっていました。定期的な検診を受ける大切さを身にしみて感じています。

    今回の件でずっと検診を受けてない友人達にも、検診を受ける事を強く勧めました。おっしゃる通り、何事も命にはかえられません。

    ままさんの日本での検査が無事に終わり、何事もありませんように私もお祈りしています。温かいお言葉ありがとうございました。

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • ありがとうございます!

    >LL さん
    レス有り難うございます。私が受ける予定と同じLEEPのご経験、「ノーマル」に戻られた事、そしてその後の妊娠、お話を伺ってとても心強い気持ちになれました。私の場合はPap Smearでグレード3(高度異形成の事だと思います)が出て、コルポスコピーを行い、先生がちょっと顕微鏡で組織を見て(これが生検だったのでしょうか?)その場でLLETZの手術を勧められました。その時もらったパンフレットによれば、LLETZは "large loop excision of the transformation zone"の略でリープ手術の一種だそうです。私の場合は範囲が広いみたいです。きっと不安になりすぎるとストレスで良くなるものもならなくなってしまいますよね。とても前向きな気持ちになれました。ありがとうございます。

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • アメリカでLEEP後、妊娠しました。

    1年半前、アメリカでLEEPを受けました。

    私の場合は既婚で、2人の子がいて、当時3人目は考えていませんでしたから、
    定期的(3ヶ月に1回)の検査結果に一喜一憂しているよりは、思い切って切ってもらおう!と思って、踏み切りました。

    簡単な日帰り手術と聞いてはいましたが、病院にいた時間は30分未満で、
    手術の説明を受け、同意書にサインし、術後にどの程度切ったかなどの説明もあったので、手術自体は5分ほどだったと思います。
    自分で車を運転して帰宅し、家事も育児も問題なく、その日からできました。

    手術から1年経った頃、3人目を希望するようになり、すぐに妊娠がわかりました。
    子宮頸管が短くなっている為、流産や早産の恐れがあるとの事で、頻繁に健診がありました。

    赤ちゃん側の問題で20週に入る頃、子宮内胎児死亡となってしまいましたが、
    強い陣痛促進剤を10コも投与しても、なかなか子宮口が開かず、初産並みの35時間の陣痛の末に、出産しました。
    赤ちゃんは残念でしたが、LEEPの影響は全くないという事がわかったので、
    また機会があれば、授かれたら良いなと思っています。

    ユーザーID:1620376781

  • ありがとうございます!

    > カリフォルニアン さん
    レス有り難うございます。こちらでの皆さんからのレスで今はとても前向きな気持ちです。そうですね、もし不安になったら「負けるか!」という気持ちで深呼吸。実践します!うちの主人も現地人で精密検査の際、付き添ってくれたのですが、同じく婦人科での専門用語にあたふた。むしろ事前に下調べしてた私の方が専門用語に関してだけは詳しかったり(笑)でも、私が手術という言葉に動揺していたので、冷静に手術の日程調整をしてくれたので本当に助かりました。カリフォルニアンさんのお話から、たくさん勇気を頂きました。ありがとうございます。

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 不思議

    かなり疑問に思うのですが、なぜ日本に帰国しないのですか。

    海外の医療レベルは、アメリカですら日本ほど安定しているわけではないですし、
    日本語ですら難しい説明が英語となれば、相当勉強した方でも理解するのはほぼ不可能なはずです。
    ましてそれが、妊孕性が温存できるかどうかの事になれば話は更に重大です。
    上で数人の方が「私は大丈夫だった」という書き込みをされてますが、
    体のことですから、当然大丈夫でない可能性もあります。
    というか、その可能性が否定出来ないからこその手術なのだということを、
    ご主人ともども肝に銘じるべきです。
    その後の妊娠のことを考えれば、これを機会に日本でかかりつけの産婦人科医を作っておくべき場面です。

    お金についても、相当かかると思います。
    国にもよると思いますが、下手をすると、日本への往復航空券くらいの差額は出てしまうのではないでしょうか。

    ユーザーID:4176743213

  • ありがとうございます!

    >サクサクサクラ さん
    アメリカでの手術のお話、聞かせて頂いてありがとうございます。
    手術時間は5分ですか!皆さんのご経験談を伺っていると比較的短時間で終わる手術のようですね(もちろん、程度やそれぞれの病状によって異なるとは思いますが..)お子様の件は、本当に残念でしたね..辛いご経験でしたね..それなのに、レスで情報を教えてくださって本当に有り難うございます。サクサクサクラさんのもとにまた赤ちゃんがやってきますように...

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • ありがとうございます!

    >vsper さん
    レス有り難うございます。日本へ帰国するか、とても迷いました。おっしゃる通り日本語が通じるお医者様に見てもらえる環境にいるのがベストですよね。こちらで受けることにした経緯ですが、色々と調べた中で、日本との比較は分かりませんが、今住んでいる国は先進国の中でも医療水準は高い国で、国をあげて子宮頸癌への啓蒙活動が盛んである事、この病気に対しても事例が豊富である事が分かりました。更に私は永住権保持者でこの国での保険がきき、手術費用も大半が保険でまかなえる状況で、逆に日本では保険がなく自費で診察手術を受ける必要があり、航空券代も考えるとこちらで手術を受ける何倍もの金額がかかってしまいます...もし妊娠できた場合もこちらで産む事を考えていました。皆さんからのレスで、大丈夫だったというお話にはとても励まされます。その一方、もちろん自分に関してそうでない可能性がある事は理解しているつもりです。上記をふまえた上でのこちらで手術の決断でしたが、ふと一人になると不安になってしまって..他の方のお話も伺えたらと思いトピをたてました。心配をして頂いてアドバイスを頂き、本当に有り難うございます。

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 手術してきました。

    今回の件に関して、たくさんの方から、励ましのお言葉や経験談、アドバイスをありがとうございました。ご報告になりますが、昨日無事に手術を終えてました。まだ病理検査の結果はでていないので安心はできませんが...。今後同じ状況の方がこのトピを訪れて頂いた時に少しでも参考になればと私の手術経験談を記録しておこうと思います。 少し長くなりますがおつき合いください。

    私の手術法はコルポスコピー&リーツ法(リープ手術の広範囲なもの)で日帰り手術でした。
    朝、病院で受付を済ませ、看護師さんの問診、麻酔科医からの説明のあと、手術着に着替えてベッドで手術までの時間待機していました。そしてオペ室へ移動し主治医との挨拶のあと、麻酔科医より麻酔。全身麻酔で、手の甲の血管から点滴?で麻酔を入れられた時、ああ、手術するんだなと実感が湧いてきました。その後、マスクをされ数秒で眠りに落ちそこから意識はありません。次に目覚めたときはすでに手術は終わりベッドの上でした。気がづいたら2時間ほど経過していました。

    続きます。

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 手術してきました。2

    続きです。

    感想としては、え?もう終わったのという感じでした。眠っている間の手術なのであっという間でした。麻酔のなかにペインキラーも入っているらしく、目覚めたとき痛みもほとんど感じませんでした。術後、少しベッドで休んでお手洗いに自力で歩いていけました。違和感としては、た●ぽんが中に入っている状態と似た感じでした。その後、軽い軽食(コーヒーとサンドウィッチ)が出てお腹がすいていたので完食してしまいました。最後に麻酔科医、主治医が術後の報告にきてくれて手術は無事終わった事、切除部位が結構広範囲だったこと、術後の注意事項、病理検査の結果がわかる日の説明を受けました。
    そして、主人に運転してもらい帰宅。帰宅後は私の場合は普通に家事もできる状態でした。1日経った今も特に痛みや異常はないですが、まだ安心はできないので安静にしていようと思います。
    手術が終わってほっとしましたが、病理検査結果がでるまで、また数日不安な日々だなという気持ちもあります。今はただ、検査結果が大事ではない事を祈るのみです。

    ユーザーID:2130042245

  • トピ主のコメント(10件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧