五十肩と神経痛

レス10
(トピ主1
お気に入り5

心や体の悩み

wolfwhito

 私は五十肩で長いこと苦しんでいます。治療を受け始めて、もう4年ほどになりますが、いまだに苦しんでいます。リハビリも並行して受け、ブロック注射は合併症で発症した(糖尿病からと思われます)坐骨神経痛もあり、都合22か所(1週間単位)になります。50まで、仕事柄、外傷は多々ありましたけれど、病気らしい病気はなにひとつしたことがなかったのに残念です。五十肩は意外にしつこく、主治医の語るには10年、20年かかる人もざらだそうです。
 前述の五十肩同様、〈坐骨神経痛〉の痛みも強烈ですよ。歩けば痛いし、歩かなければますます痛くなる。全く悪循環ですね。それもこれも元々は糖尿病からきており、それを助長してしまったのが〈脳梗塞〉です。脳梗塞は4年前に発病しました。早朝4時、勤務していたタクシー会社に出勤しようと目を覚ましたのです。いつも大体一番先に出社するのが自慢でした。しかし目は覚めているけれど、足に力が入らずに全く起きることができないのですね。初めは寝方が悪くて、「強烈極まりない痺れか寝違いだろう」と感じていました。しかしどうしても納得しかねること、おかしすぎることに少しずつ感づいていきました。痺れというよりも左足全体に、微感覚が全く感じられないのですね。「これは大変なことになっているな!救急車を回してもらうか?それともこのまま何もしないか?どうしよう」鬱病も持っていたので、死ぬことに対して抵抗はなかったのですが、住まいの引っ越し中だったのですよ(嘘みたいな本当の話ですよ)ともかく私の運命なんて、超変なことばかりですよ。しかも、よりによって介護タクシーの運転を始める約束になっていたというのですからね。虚言も妄想も全くない私の体験をどうぞ信じていただきたいです。
 これからも書かせて頂きますね。真っ直ぐ一直線に生きる馬鹿な男の生きざまを。

ユーザーID:5525333435

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 合併症の辛さ・・・

     wolfです。糖尿病を発症したのは2000/4月。その頃未曾有の不景気に突入して、自営建築大工としての先行きに、シッカリとしたかげりを感じました。しかし仕事をしないわけにもいかず、下関市の某建築会社で、下請けの請負大工として働いていました。
    それでも当時の状況下では、収入的には不足はなく。悠々とした生活は遅れていたのです。私は幼いころから刃物が好きで、その刃物による自傷事故が多くよく血を流しては母を嘆かせていたものです。
    そんな私でしたけれど、40歳の後半まで「自分は病気にはならない!」と信じていたものです。40歳で離婚。2度目の女(同居)に、金銭問題で自陣をメチャクチャにされ、熊本県に逃避しました。しかしどうしても関西圏の空気が忘れられず、兵庫県の丹波地方に舞い戻ったのです。とはいえ、仕事を探すのに苦労しました。蓄えはあったので、(保険が満期)物でも書いて悠々自適としゃれこみましたが、其のラクが自分をむしばみ始めていたのですね。
    ごめんなさい、また続きを書かせていただきます。

    ユーザーID:9082903950

  • 私も同じです。

    書く気満々ですね。
    毎日の健康管理に本気で取り組んでください。
    今何歳ですか? 50歳?
    私も同じく五十肩と坐骨神経痛を患っています。五十肩は発症して1年くらいですが、自分でリハリビ運動をしており、少し動く範囲が広がってきたように思います。
    神経痛も1年くらいですが、ブロック注射・消炎鎮痛剤で痛みはなくなっていますが、もともとの神経圧迫が解消されていないので、いつ再発するかという状態です。神経痛の痛みは本当につらいですね。
    頑張ってください。トピ見ています。

    ユーザーID:9249124752

  • 忍び寄る病魔

    畑つき、憧れていた萱葺の家。紀州犬とラブリーのミックス犬との丹波の生活は、四季にわたり快適でしたが建築業はますます冷え込んで行きました。
    〔この機会にパソコンを覚えよう〕と思いソーテックのデスクトップPCを通販で購入しました。しかし、全く何の知識もない私ごときに、あまりにも困難ではありましたね。でも前進あるのみ。学習意欲だけは盛んでしたよ。合間は畑仕事を軽くし、山に分け入り、キノコなどを採取するといった日々でした。
    そんなとき足に軽い、しかし終息しない〔痺れ〕を感じました。(糖尿病の前兆でした)其の痺れは大した強さではありませんでしたけれど、一向にひかないのですよ。半年ほどののち、訳あり住まいを引き払って、下関市の病院に飛び込んだのです。そうして病名を告げられました。医師から「立派な糖尿病だな」と・・・

    ユーザーID:9082903950

  • 61歳、ちょっと硬派の男子です。

     書く気満々?そう思われますか…、コメントありがとうございます。私は大工の棟梁でしたからね、体は酷使しましたよ。しかし少し前に〔骨密度〕を測定して頂きましたら〔115〕でしたか?医師からは「年齢よりも10は多いですよ。安心してください」と言われました。
    建築全般わたって仕事が縮小、消失していく中で選択したのが〔タクシー乗務員〕としての道です。私は無事故無違反で30年の表彰も受け、絶対的に車の運転には自信がありました。しかしなんとかして取得した二種の免許。それを活用してのタクシー会社への転職。しかし驚いたのは、ジメジメとした仲間イジメの体質にはうんざりしましたね。最初のタクシー会社では、あまりの理不尽さに裁判を起こしました。結局大した経過もなく、最初の審問で先方は私の軍門に下りましたね。管理職じゃなく、もっとも意地の悪い、そこの若社長を提訴しましたからね。面目躍如でしたね。
    神経痛の事ですが、私のように一度○○ナミンを飲んでみたらどうですか?テルネリンをよく処方されると思いますが、4年も服用して全く効果なしでしたね。ブロック注射は1週間以内はしていただけませんからね。

    ユーザーID:9082903950

  • 神経痛に、光明。

     五十肩がなかなか治らないうちに、関節炎を併発してしまいました。それに坐骨神経痛が加わって久しい〔3年〕のですが、其の三つが絡んで及ぼす激痛はとてつもなく困難なものです。
    しかし先日、いつもの整形じゃなく内科の副院長に相談した結果処方された〔○○○ミン・ビタミンB1〕この効果が、魔法のように発揮されているのです。全く自分でも夢を見ているようで、にわかに信じられないほど痛みが緩和されてきたのです。同じように苦しんでおられる方、一度試してみる価値はある!と思いますよ。

    ユーザーID:9082903950

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 散歩に出られるまでに回復しました

     ○○ナミンを服用するようになって、各所の神経痛が静かになってきて、今は元通り愛犬と散歩に出られるようになっては増した。チョットことなのに、薬って大切ですね。

    ユーザーID:9082903950

  • 定期注射の日です。

    金曜日は、整形定期受診日。そして痛い注射の日です。あれ以来、模様がよいので18か所に減らして頂きました。整形は院長の担当ですからとりあえず○○ナミンの事は報告しませんでした。ここの院長の膝の見立ては抜群ですよ。一昨年両膝を手術していただきましたけれど、鮮やかで15分くらいで済みましたね。もちろん驚きました。11日で退院の運びとなり、その後は痛みが全くありません。快調快適な毎日に感謝しているのです。

    ユーザーID:9082903950

  • お久しぶり・・・

    2回目のレスです。
    五十肩の方は大分良くなってきました。
    ダンベルを持ってブラブラさせるだけなのですが、腕の稼動範囲が広がったのと痛みか゛軽くなってきました。

    現在、失業中で時間だけは沢山あるので、体力だけでもと思い、ジムに通って筋トレと機械でのジョギングに頑張っています。この2ヶ月で40分くらいは走り続ける体力がつき、また下半身の筋肉量も増えてきたように思います。
    お互い、特別な事がなければ、あと20年くらいは頑張って生きていかねばなりません。 できるだけ自分の力で生き抜くように頑張りましょう。

    ユーザーID:9249124752

  • tomodati 1 さんへ

    tomodati1さん
    レス、ありがとうございます。少しは良くなってこられたそうで心から喜んでいます。わたくしはアリナミ?摂取を一時的に切断していました。と申しますのは、重大な副作用として〔口内炎〕が専門書にて自身・予測されており、ナメテいたのですが見事に出現しましたね。あんまり激しい口内炎に歯磨きが不可能になり、口内炎が治まるまで中止していました。ようやく口内炎が治ったようで3日前から再度の服用を始めました。重篤な糖尿病ですから、口内炎とは切っても切れない関係にあるのですね。
    中性脂肪を下げる薬〔高脂血症です〕と、整形から出されるお薬(五十肩の)は、筋肉がげっそりと殺げたので、どちらかの薬の副作用でしょう。内緒ですが(問診で聞いても否定されるでしょう)、飲んでません。(薬名は勘弁して下さい)高脂血症の薬を飲んでいても、体重は確実に増加しておりました。

    ユーザーID:5525333435

  • tomodati1さん

    よく内容を読ませていただきまして、前回の返事の内容に恥じ入っております。
    体を鍛錬することの重要性を説かれているのですね。失礼しました。色々とスポーツジムに行っての筋肉の鍛錬、頭が下がります。
    自身の昔ごとについてお答えいたします。中学時代に剣道は有段者でした。ボクシングも大阪府科のジムで練習性として励んでいました。
    大工棟梁として40年培ってきましたので、体力仕事は日常の事でした。分けあり、タクシー乗務員として働き始めても腹筋に腕立て伏せ、一日2回、千回していました。仕舞いはシャド−ボクシングでしたね。
    でも物言わぬ病気、糖尿になってからは何も利得になっていない気がするのです。今は合併症だけでも11を抱えて困惑した日常です。とくに筋肉の衰退に顕著なものがあり幻滅です。
    とにかくレスしてくださって、たいへんありがとうございます。

    ユーザーID:9082903950

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧