• ホーム
  • 学ぶ
  • アニソンらしくないアニメソングについて(駄)

アニソンらしくないアニメソングについて(駄)

レス33
(トピ主2
お気に入り29

趣味・教育・教養

りーべ

海外在住子どもなし主婦です。
知人の9歳のお子さんが、こちらで放送されている日本のアニメの大ファンだそうで、その主題歌の意味を教えて欲しいという要望を受けました。
歌詞を読んでみると、アニメのストーリーやキャラクターとは全く関係ないような恋の別れを歌ったもの。 単なるタイアップ曲って感じなのです。
この歌詞をお子さんに説明した所で「??なんで?」と言われそうな予感。「大人の事情なのだよ」これ以上の説明もできません。

そこで日本のお子さん達はこういうタイアップ曲について、どう思っているのでしょうか?
「歌は歌」とクールに割り切っているのか、それとも私が「バビル2世」と聴くとすぐに「3つのしもべに命令だヤッ!」と口ずさんでしまうようにしっかりアニメと連動されているものなのでしょうか?

そして海外で作られているアニメやドラマに主題歌があるのかは知りませんが、そういう主題歌はちゃんと本編に沿った内容の物なのでしょうか? 日本のようなタイアップもアリなのでしょうか?

まとまりのない質問ですみませんが、子持ちの方、海外在住の方、情報お待ちしております。

ユーザーID:8410088097

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たまたまそういう曲だった…

    って事はありませんか?

    最近のアニソンは確かに昔に比べてアニソンらしくないと言えばらしくないです。

    しかしながら、歌う方もそのアニメのイメージを大切にして内容を聞き作っているとたいていのアーティストはインタビューで言ってますので、主様が目にした曲はそういう意図がないもともと関係なく作られた曲をあてがわれたのではないかな?と私は感じました。

    具体的にナンの曲かは分からない所での感想ですみません。

    ユーザーID:1293234757

  • 昔のようなアニソンは少ない

    息子が5歳位の時NarutoのファンだったのですがこれのOPとエンディングはトピさんのいうアニソンらしいアニソンでした。確か息子はポケモンのファンでもあったので覚えているのですが日本版のOPはアニソンらしい曲でしたがアメリカ版のDiamond & PearlのOPは大人が聞いてもcoolでしたよ。必ずしも日本のアニソンが変わってしまった訳ではないようです。つまり対象年齢が大昔と違って高目にしているんでしょう。昔のアニソンをジョークの様に使っているアニメはありますね。

    ユーザーID:9167684335

  • 最近の傾向じゃないですね

    37歳アニオタ主婦です。

    私が中学生頃から段々とアニソンが作品と内容が伴わない感じになってきました。知らない人とカラオケに行ってアニソン歌っても気がつかれない感じです。
    スラムダンクやら名探偵コナン、最近だとナルトかな?主題歌CD集が出ていますが作品を知らない人がきいたら「いろんなアーティストが歌ってるぁぁ」と思うでしょうね。

    10歳の娘のお気に入りアニメが「黒執事」第一期の主題歌は「モノクロのキス」黒というキーワード、なんとなく作品の雰囲気は伝わりますが「ロケットパンチ」的な歌詞はありません。
    第二期の主題歌もそんな感じですが何の違和感もなく娘は見ています

    有名どころではエヴァの主題歌「残酷な天使のテーゼ」タイアップではない曲です
    が歌詞は作品の雰囲気を表しているかと思いますがこちらも「ATフィールド」など作中の単語は入っておりません。エヴァだってもう95年の作品、最近ではないですよね。今に始まった事ではないかと思っています

    子供は特に違和感なしに見ていますね。もう生まれた時から主題歌はこんな傾向でしたから。セーラームーンだって必殺技は歌詞にないですしね

    ユーザーID:5429609396

  • 枯れ葉散る白いテラスの午後3時

    子供心に違和感のあった、バカボンのエンディング。冗談だとは思ってなくて、はずかしくなってました。結構良い曲とおもいながら みなしごハッチのエンディングは今でも違和感。 ムード歌謡みたいで。変!

    ユーザーID:2220886709

  • 私的見解ですが・・・

    主題歌ってオープニングとかエンディングのことで良いんでしょうか?

    私は子持ちではありませんが、子供の頃を思い出すと主題歌の歌詞とアニメの内容は別に気にしていませんでした。

    思うに主題歌って効果音とさして変わらないんじゃないでしょうか。雰囲気を出すためのツールというか。
    OP、EDなら始まりと終わりの合図みたいな感じで。
    アニメを見るときって基本映像に集中しますし、主題歌の歌詞にまで注意を向けてないと思います。

    ただ、タイアップ曲でも、どこかで聞くと「あのアニメの曲だ!」ってわかりますから、多少なりとも連動しているとは思います。

    ・・・なんか分かりにくくてすいません。

    ユーザーID:6565859794

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 具体的にどのアニメかわからないと

    答えようがないですね。

    最近のって、一見無関係なラブソングっぽいけど、よくよくストーリーを考えると、一種の別解釈って感じのものが多いですから。

    転機はセーラームーンですかね。
    セーラームーンのもともとの日本の曲はラブソングでしたが、英語の歌詞は正義の味方っぽく直されました。
    これ、欧米、特にヨーロッパのファンにかなり不評だったそうです。
    ヨーロッパでは、最初はやはり正義の味方っぽい歌詞にしたものの、すぐ差し替えた国が多いです。
    ヨーロッパ人のファンに聞いたことがありますが、「あえてストーリーの本筋と違う意外性の富んだ歌詞をつけるところが、日本のアニメの複雑で示唆に富んだところで、文化の奥深さを感じさせる」そうです。
    (いや、そんな深く考えてないと思うけど)

    具体的には、どのアニメですか?

    ユーザーID:5891756583

  • 関係なさそうで、微妙に関係あることが多い

    たとえば、「関係ない主題歌」の代表のような名探偵コナン。

    パッと聞くと全然関係なさそうですが
    よくよく歌詞を読んでみると、
    蘭ちゃんと新一君のことをうたっているように
    聞こえないこともないような・・・・
    みたいに、解釈次第では関係なくもない歌が多いです。

    普通の曲にしては「なぞ」みたいな
    キーワードが頻繁に出てきますしね〜。
    全く関係ないというわけではないみたいです。

    アニメと連動していると言っても、
    バビル二世のように
    「知らない人でもわかる番組の説明」
    みたいな歌詞のもののほかに、
    毎週見ていて内容をよく知っている人にはわかるような
    登場人物の気持ちを歌っていたり、
    ストーリーにかかわっているような歌詞のものがあります。

    そういう曲は、アニメの中身を知らないと、
    「普通の歌」に聞こえるかもしれませんね。

    ユーザーID:1829104996

  • 少しでも金に結び付けられるものは、利用する

    タイアップ曲ばかりになりましたねえ。

    自分の契約アーティストの歌を宣伝したいレコード会社と
    アーティストの知名度や、話題性で、視聴率を上げたい局
    あるいは制作会社や代理店。

    それぞれの思惑が、結びついた結果なんだろうなーと思ってます。
    「3つのしもべ」では、中高生や大人にはCDは売れませんもんね。

    以前、キャラ商品を作る仕事をしてました。
    積極的に他社とコラボをしていました。
    やっぱり話題を呼んで、売れるんです。
    特に芸能人には、積極的に売り込んでいました。

    >そこで日本のお子さん達はこういうタイアップ曲について、どう思っているのでしょうか?

    そういうものと思ってるのかもしれませんね。

    うちの子供に、昔のアニソンや特撮ソングを聴かせたところ
    カッコイイ!と飛びつきました。
    歌が、作品世界そのものを表現してるからだと思います。
    (マクロスやザブングル、ウラシマン、サンバルカンなどです。)

    タイアップ曲は、それがかなわないでしょうね。残念です。

    ユーザーID:0703053964

  • レスありがとうございます。

    トピ主です。わかりづらい質問にお付き合いいただきありがとうございます。

    私の中のアニソンは30年前で進化が止まっているため、J-POPのような主題歌には違和感を覚えます。
    今回その少年が歌詞を知りたいと言ってきたのも、この歌詞の中にキャラクターの心情やストーリーがちりばめられているのでは?と期待しているのかな?と勝手に考えました。
    彼の国のアニソン文化が私と同じ所にいるなら、彼は「どうしてこんな歌詞?」と疑問に思うことでしょう。
    しかし今の日本と同じなら本編と連動してなかろうが気にならないのでしょう。
    今のお子さんはこれが当たり前ですものね。違和感なんてあるはずなかったですね。

    さて問題のその歌詞ですが、実は私はそのアニメの中身を見た事がないので本当に無関係なのかは自信ありません。
    ただ簡単にアニメのあらすじを読んだだけで「関係ないじゃん」と思ってしまいました。
    このアニメに詳しい方には歌詞とストーリーのリンクする所が見つけられるのかもしれませんね。この際ですので教えてください!

    曲名は「ユラユラ」です。

    ユーザーID:8410088097

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 今や

    アニメは子供だけのものじゃないからでは?
    もちろん大人の事情やしがらみなど色々なものはありますけど
    ネットが普及した今、売れるためならどんなことでもやらないと
    生き残れませんから。

    でも、歌詞は意外と中身とリンクしていることもありますし

    一概に「アニメソングらしくない」とは言い難い気がします。
    子供向けアニメの主題歌がどうなっているかは分かりませんが…。

    ユーザーID:2273140915

  • 全くの駄レスで

    しかもご存知の方には「あれは反則」と
    言われてしまいそうな気もしますが…。

    内容と歌があっていない事を逆手にとったとしか思えない
    アニメもあります。子供向けではなく、深夜番組の途中で
    やっていたと記憶していますが「すごいよ!マサルさん」です。

    いっそ「これ以外にはあり得ない!」
    と、見る人に思わせるタイアップOPの奇作です。

    ユーザーID:3212611641

  • 最近そんなんばっかりです

    歌詞に絵がついて「ほぉ」とわかるものが多いです。
    歌単独で聞くと関連性がなかなか読めません。

    ユーザーID:2482646599

  • 小学2年生の息子は

    うちの小学2年生の息子は、「この歌好き!」と言って、名探偵コナンの歌とか、
    テレビを見ながら歌っていますよ。
    去年のウルトラマンの映画ではMISIAが主題歌歌っていましたが、
    それもすごく気に入ったようで、もともとMISIAファンだった主人と一緒にCD聞いて歌っていました。アニメらしい曲よりこういう曲の方が好きみたいです。

    ユーザーID:3233188719

  • 思い切り許容範囲だと思います。

    私もNarutoは見てませんが、確かストーリーの途中で親友と敵同士になりませんでしたっけ?
    だとしたら、歌詞として別れの歌は十分ありだと思います。

    そういえば、昔懐かしい思い出だけど…。
    「バビル2世」や「マジンガーZ」を聞いた当時の大人たちって、今の子ども番組の主題歌はなっていない、「笛吹童子」や「赤胴鈴之助」のような歌でなければならないって、けちょんけちょんに言ってたなあ。
    「ゲゲゲの鬼太郎」「キューティーハニー」「魔女っ子メグちゃん」の歌なんて、PTAに目の敵にされてました。

    今も昔も、親の世代がつける文句って、子どもがサブカルチャーを楽しむためのスパイスみたいなものですね。

    ユーザーID:5891756583

  • そうっすか?

    今から20年前となれば、「タッチ」とか「ドラゴンボール」とかやっててナルトの主題歌もそれと同じ程度には内容に沿ってるよってな感じだと思いますが、30年前となると燃え上がれガンダムとかの時代になりますかね?
    確かに歌詞でタイトル連呼とかはしてませんねぇ。
    でもその時代からアニメによってはエンディングはあんまり内容と関係ない内容が多かった気がしますけどね。そうですね「ユラユラ」はガンダムのエンディング曲とか堺正章のドラマの「西遊記」の主題歌の「ガンダーラ」とかと同じ程度には内容に沿ってると思います。

    ユーザーID:1146076070

  • アニソンの変遷

    古来のアニメソングは、主人公の名前やストーリーが織り込まれているのが当然でした。
    全シリーズでパート1のストーリーが歌われてしまった「宇宙戦艦ヤマト」など、
    最たるものでしょう。何回イスカンダル行くんだ?と。

    ヒットチャートに出るようになったのは、杏里の「キャッツアイ」からといわれています。
    これ自体は歌詞に作品名が織り込まれていましたけど、
    その後、内容とあまり関係しなくても主題歌として使われる曲が増えました。
    すでに出てますが、「名探偵コナン」は、しょっちゅうかえてますね。
    どうも、イメージだけ伝えて、あとはおまかせ、という感じになるようで、
    アニメ作品への思い入れは生まれないのかもしれません。

    ちなみに、流れにあえて逆らったのが「プリキュア」シリーズだそうで、
    確かにタイトル連呼されます。

    ユーザーID:4141936213

  • 30年前・・・だと

    レス拝見しました。

    例に挙げておきながらナルトは視聴した事がなく歌詞と物語がリンクしているか否かは正確には分かりかねます、すみません。

    トピ主さんの中でアニメの主題歌ってキャンディキャンディとかみなしごハッチとかポールのミラクル大作戦などもろ的確に作品内容を説明歌詞やマジンガーZやデビルマンなどタイトルや必殺技連呼タイプのイメージなのかもしれないですね。

    中学時代からオタだった私はアニメ雑誌を購読し読んでいました。当時の記事に「最近の主題歌はタイトル、必殺技連呼や内容を紹介した物が少なく有名歌手を起用したものが多くなっている。時代の流れなのか」という内容のものがあったと記憶しております。
    当時私は「聖闘士星矢」が好きでしてこれの主題歌はタイトル連呼タイプ、昔懐かしい正統派?主題歌であると記事で締めくくっていたように思います。

    そんな事が記事になる様な変革期はもう20年以上前です。
    今放送中の作品特に幼児向けなどはもしかしたら昔懐かしい主題歌なのかもしれません。(プリキュアとかはそうなのかな?見てませんが)
    新作アニメを数本見ましたがどれも今時の主題歌でした

    ユーザーID:5429609396

  • 2度目です

    あれから息子にPokemon Battle DimensionのOPを聞かせてもらったんですがよく聴いてみると対象年齢はいいとこ10歳位でした。歌詞はアメリカの子供受けするものでした。ライブラリーで日本のアニメで「彼氏彼女の事情」こちらではHis and her circumstancesというDVDを借りて見てみたんですが昔の鉄人28号やアトムの主題歌とは対象年齢が大分違うのは分かりました。
    このDVDは13 or aboveになっていたけどアメリカではまだ子供が見る物という先入観があるようです。内容はそうでもなかったです。息子は「日本の女子高生は可愛い」と喜んでいました。
    それで付け足しますがこのアニメの場合は内容にそった曲でした。EDは井上陽水が昔歌ってた曲を主人公の二人の声優が歌ってました。オリジナルより可愛かったな。

    ユーザーID:9167684335

  • 合ってますね

    トピ主さんの仰っている曲、ちょっと調べてみました。
    歌詞と作品の内容、結構、合ってます。

    私はアニメを見ていないので、原作漫画のみの知識ですが
    その作品は、幼なじみで、忍者の任務を一緒にこなす
    仲間同士になった3人組(主人公+男の子+女の子)のうち、
    途中で男の子の方が、過去の復讐心にとりつかれて
    失踪してしまうんです。

    女の子(ヒロイン)は、ずっと、その男の子が好きでしたし
    主人公にとっても、色々な意味でライバル兼大事な友達でも
    あったので、彼が消えてからは、ずっと主人公とヒロインが
    その身を案じています。元気でいるだろう、でも心配だ…と
    葛藤しつつ数年間が経過し、消息が知れてからは
    何とか引き戻そうとする…のが
    メインストーリーの1つになります。

    多分、これは作品内で、その男の子が消えてから
    再会するまでの間に該当する曲だと思います。

    多分、ヒロイン視点でしょうね。でも女性ボーカルなので
    ちょっと違和感はありますが、主人公の少年視点でも
    大体、こんな感じといえばこんな感じです。

    それほど外した歌詞ではないですよ

    ユーザーID:3212611641

  • 水木一郎さんが・・

    マジンガーZの水木一郎さんが、「最近のアニメソングは軟弱でいかん!
    もっとロボットや武器の名前を連呼しなきゃいかん!」と、TVのバラエティ番組で
    力説していて、思わず笑ってしまいました。

    キャンディ・キャンディの堀江美都子さんも、「もう少し、子供のためのアニソンも
    残っていて欲しいな〜。」とTVで言ってましたが、私もちょっとそんな風に思います。

    一度、会社の社員旅行で、懐メロアニソンのCDをかけたら、若者たちを含めて、
    ものすごく盛り上がり、何人かの若者が後でCD借りに来ました。

    今のアニソンはまた別ジャンルで、あれはあれでいいんだと思いますが、昔の
    アニソンみたいなジャンルも残しておいて欲しいです。

    ユーザーID:4613305498

  • 嚆矢は「ルパン三世」かな?

    いわゆる「第二シリーズ」(ルパンが赤いジャケット着用)はEDが一貫して作品の内容とは
    かなりかい離したのものが使われてます。
    しかし、いずれも聞けば「あ、ルパンの曲だ」とすぐに連想できますね。
    だから、今の子供たちも案外ちゃんと結び付けているのでは。

    あと、TVアニメの「劇場(映画)版」は主題歌が「アニソン風ではない」オリジナルで作られ、
    一般の歌手が歌うことは昔からありました。

    そういえば、日曜19:30〜の「世界名作劇場」のOP・EDの歌手が新田恵利になった時は
    保護者層の方々から「アイドル歌手に歌ってほしくない」という苦情がテレビ局にかなり行ったと
    いう話があったなあ。(読売の「放送塔」でも見ました)

    ユーザーID:2916995180

  • そういうもんなのかー

    でしょうか。

    私の中で一番アニソンらしくないアニソンといえば、TM NETWORKの「Get Wild」ですね。それまで歌のどこかしらにキャラクターや必殺技の名前が入ってたイメージがあったけど、あれは全く入っていなかったけど(歌とエンディングのアニメはマッチしてたけど)、別に違和感は感じなかったなぁ。

    最近は、そんな歌が多いから逆に他の方が書いてるようにプリキュアなんかは逆に新鮮かも。

    ユーザーID:3829828963

  • そーいやその昔

    銀河漂流バイファムってロボットアニメがあってね、そのオープニングが英語歌詞だったんでアニメの主題歌としてどーよと当時話題(議論)となっていたのを思い出した。
    発艦しようとするバイファム(ロボット)のパイロットと、母艦のオペレーターとの交信(これも英語)から始まるって代物で、えらくかっこよかったという記憶が・・・。(遠い目)

    ユーザーID:3777926240

  • 業界の考え方

    昔は、歌詞の中に登場人物やロボットの名称を入れるのは当たり前だったようですが(三つのしもべ、懐かしいですね)、でもそれだと、番組が終われば曲の寿命もそこで尽きてしまう。今のように、番組内容と全く関係ない(番組イメージにそった曲調ではあります)曲をタイアップさせたほうが、曲の寿命も長いのでは?

    ユーザーID:9268863871

  • そういえば誰もツッコミ入れないけど

    昔のロボットアニメの主題歌で、ロボットの名前や必殺技を連呼してたのは、オモチャを売るためですよ?
    (ロボット玩具にはいろんな種類があり、必殺技のできる方が高かった)

    一時期は、ロボット玩具を売る必要性から、原作のストーリーとはまったく無関係にロボットが出てくるアニメも多かったです。
    こっちの方が、金のため、アコギって気がするけどなあ。

    まあ、たしかに今のエイ○ックスなどのアニソンの売り方は、商売っ気が強すぎるとは思うけど。

    今の40代が昔のアニメを見ていたころだって、子どもで「大人の事情」を知らなかったと言うだけで、純粋に商売っ気なしに曲が作られてたわけじゃないよ。

    ユーザーID:5891756583

  • 今の方がむしろ

    さらば地球よーとかならともかくデビルイヤーは地獄耳とかの昔の燃える系の主題歌は心情とかストーリーとか言うよりもむしろ煽り文句に近いかと。やっぱりあの歌は子供心にワクワクすると思いますよ。現在ではむしろ全く子供向けじゃないアニメの主題歌(エヴァンゲリオンとか創世のアクエリオン)とかがかなりそのアニメのストーリーを語ってたりしますね。
    特にアクエリオンはアニメよりも曲の方が有名になってたり。
    (ほぼ一人のキャラの心情でストーリーを語ってるんですけどね)
    そう考えると、やっぱりアニメ主題歌はなんとなくそストーリーに沿ってるけど普通のJポップとしても聞けるかなってレベルよりアニメ思い切りあわせて作ったほうが結局記憶に残る曲になる気もします。
    バブル期前後はアニメの主題歌だという認識を超えて有名になった曲もあるんですけどね。剣心の曲とか。ナルトもストーリーとの共振度の高い青春狂騒曲とか主題歌としてやっぱ好きだったなぁ。

    ユーザーID:1146076070

  • イメソン

    >そして海外で作られているアニメやドラマに主題歌があるのかは知りませんが、
    >そういう主題歌はちゃんと本編に沿った内容の物なのでしょうか?

    ザ・フレイ(The Fray)の人気が爆発的に広がったのは
    「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学 シーズン2」の主題歌に
    使用されてからだったような。
    内容を盛り込んではいないけれどイメージから外れてない程度?

    最近のアニメソングも歌だけ聞いても、
    人の出会いや別れ・恋の歌・平和を求める気持ち
    が伝わってくるものが多いので聞くのは好きです。

    ユーザーID:1885734050

  • レスありがとうございます。

    トピ主です。様々な考察、情報をいただき感謝しております。
    海外のアニソンも日本と同じような感じなのですね。
    安心しました。
    例の「ユラユラ」も話とリンクしているようなので、あとは少年の解釈に任せたいと思います。
    訳詞を試みていますが、現地語はまだ全然できないので難しい!
    最初の「ゆらゆらと」から躓いています。

    アニメに詳しくないので皆様の挙げてくださったタイトルに「そうそう!あれはかっこよかった」と一緒に懐かしむことがなかなかできないのが残念でなりません。
    訳詞が終わったら動画サイトで見てみようと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:8410088097

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • いっとき、同じようなことを思いましたが

    最近、昔の作品がDVD-BOXになってます。
    再見して思ったのですが

    必殺技やキャラ名が入ってるだけで案外内容に合ってない

    ってのもありますよ。

    同様の理由で、最近、某ユニットがハナにつくんですが。
    大声で歌い上げてるだけで、歌詞が内容と全然合ってませんから!

    それに、最近は、依頼されて作ってることも多いようです。
    歌詞にこの言葉を入れて、とか、こういうテーマのアニメなんですよーとか言われてオーダーされてるそうです。
    某バンドなんかはすごく上手ですよね。自分たちの「やりたい」音楽は別名でやってるようですし。
    「商業音楽」に対する姿勢の是非はここでは論じませんが。

    依頼されて作ったものが、合ってなければ作った人の技量不足です。

    それにレコード会社(って今は言わないのか)はスポンサー様ですからね。
    また、ファン同士で意見交換してわかるのは、案外、そのアーチストの元々のファンと番組ファンが一緒だったりするんですよ。
    上手い調査をしての起用だったりするわけです。

    ユーザーID:7816886325

  • そういえば

    横かもしれませんが

    ヤッターマンの主題歌で、一時期もめてませんでしたか
    アレンジの曲調が、ふさわしくないとかで。
    そういうのも関係あるのでしょうか

    ユーザーID:7078888125

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧