『炎の蜃気楼』(上杉景虎・直江信綱)にハマったひと!(駄)

レス21
お気に入り41

まんぼー

学ぶ

素敵な男性の描かれている漫画(駄)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0203/292407.htm?o=0&p=0
のトピ主です。
現在BASARAを大人買いせずに月に2〜3冊ペースで読んでいます。

この前ちょい足しランキングで『炎の蜃気楼』と聞き、懐かし〜学生の時ハマッたなあと思いだしました。コバルト好きから、BL好き、知らぬ間にアニメ化もしていたようだし、最近では歴史ブームで再浮上してきたのでしょうか。幅広いファンがいそうですよね。

ハマッたわりには途中までしか読んでいなく、イラストが代わったからなのか、内容があきたからなのか思い出せませんが、また読みたくなってきました。1巻から買うべきか、読んでいない巻からかうべきか。

それとも、新しいシリーズものに手を伸ばしてみるべきか!?
大人向けの小説も読むけど、それとは別に漫画ほどすぐに読み終わらずに、漫画の世界が堪能できるコバルト文庫系のシリーズが無性に読みたい。昔読んで良かった懐かしものから最新ものまで「シリーズもの」を是非とも語って下さい!

ユーザーID:3773826395

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 懐かしい〜

    私も学生の頃『炎の蜃気楼』ハマってました。

    途中までしか読んでおらず、遥か昔なので内容もとぎれとぎれで…

    去年の大河ドラマの影響か、私も去年ふと思い出し、古本屋に探しに行きましたが、数冊しかなかったです。

    ユーザーID:6610150482

  • 懐かしい〜

    高校生のとき、友人からかりてよんでました。懐かしいです!そういや高校卒業するまでに完結しなかったので、後半全くしらないですね。(赤鯨衆までよんだ)
    コバルト文庫で伏せ字をみるとはおもわなかったです(笑)

    鞍馬寺いったとき、奉納されている絵馬にミラージュと幽遊白書のネタが多かったなあ。

    ユーザーID:0592896466

  • うわぁ、なつかしい

    炎の蜃気楼、嵌りましたよ。
    連載が長すぎましたけど、思いっ切り嵌ってました。
    最後の方は二人が可哀想で読むのが辛くて辛くて、最終回の時は一週間ほど引きずっていました。
    コバルト文庫であれほど嵌ったものはなかったですね。
    アニメも直江の声が速水奨さんでしたから、聞いててぞくぞくしました。

    コバルト文庫で真堂樹さんの四竜島シリーズもおもしろかったですよ。
    こちらも結構長いですけどね。

    ユーザーID:9356901284

  • うぉ〜懐かしい!!

    私も高校生の頃ハマってました。桑原先生のサイン会にも行きました(笑)
    今からでも遅くはないです、是非最後まで読んでいただきたいです。
    400年も続いた二人の結末を知りたくはありませんか・・・?
    二人が出した答えは決して「めでたし、めでたし!」ではありませんが、私にとって一生忘れられない小説です。

    さて、シリーズものの小説といえば小野不由美さんの「十二国記」シリーズですね!
    NHKのアニメにもなりましたが、断然小説の方が面白いです。
    もう何年も続編出てませんが(汗)、たまに雑誌で番外編が掲載されます。ものすごく読み応えがありますし、大人の読者もとても多いです。
    このシリーズが完結するまでは死んでも死にきれません!

    ユーザーID:5171251711

  • 私もハマりました

    「炎の蜃気楼」というトピが目にとまった瞬間、激しく反応しました(笑)
    私はアニメから入りました。原作は、ライトノベルとは言え40巻あるのでまだ手を付けていません。でもいつかは読んでみたいです。上杉景虎に直江信綱は本当にかっこよかったですね。アニメでは風魔 小太郎と高坂弾正も素敵でしたが....。

    以下の3作品はNHKでアニメ化されましたが、アニメも原作も両方おもしろいです。素敵な男性もいっぱいでてきます。おすすめです。
    「彩雲国物語」(角川ビーンズ文庫)
    「十二国記」(講談社X文庫)
    「守り人」シリーズ(偕成社)

    不覚にも「素敵な男性の描かれている漫画」というトピを見落としておりました。
    ちなみに、私の『漫画の中の素敵な男性』は
    「クライングフリーマン」火野村窯
    「MASTERキートン」キートン太一
    「沈黙の艦隊」海江田四郎
    「十二国記」延王 尚隆
    「彩雲国物語」藍 楸瑛
    「ファインダーの標的」麻見隆一(ちょっと腐女子系ですが......)

    キーワードは、”イケメンで冷静で頭が切れる”ですが、何と言っても男らしいです(笑)

    ユーザーID:6028711386

  • 懐かしい

    正直に言うと、個人的には1巻が一番読み応えがありました。
    2巻以降は、物語の本質より、作者や一部ファンに傾倒した趣味色が濃くなりすぎて、
    小説としての面白さが減ったような気がして少し残念でした。
    そう感じつつもファンだったけど、いつの間にか読まなくなって…

    そのうち直江という名称が、ごく普通の人(笑)からも出てくる風潮になって、ああ懐かしいなー、と思っていました。

    ミラージュに限らず、趣味傾倒でもいいから、やっぱり基本は物語!という小説が読みたいです。

    ユーザーID:5070035956

  • 懐かしいです☆

    私も学生時代にハマってました!
    イラストレーターさんが変更になってから読んでいませんが。
    あの時代のコバルトだとハイスクールオーラバスター、割と最近でしたら破妖の剣シリーズや流血女神伝シリーズに夢中でした!
    読み返したくなりますね〜。

    ユーザーID:0635246922

  • 注文しました!

    私のようにハマったけど途中までしか読んでない方もいますね。
    私は黄泉(よみ)への風穴の14巻まで読んだことがありそうです。

    今日、アマゾンで1,2巻を注文しました!
    内容説明を読んでストーリーを思いだしかけてしまいましたが、今度は全巻揃えて絶対に古本屋に出さないぞ!と決意しました(笑
    最終回はすっきりハッピーエンドではないようなのが気になりますが。。。
    ベルばらの最後を読んだ時のような気持ちが再び!?


    十二国記ものすごく評価が高いですね。
    炎の蜃気楼を読破したら十二国記読みます!!これは順番に読むものなんでしょうか?
    それとも国ごと話が完結しているのかな?

    夏子さん
    >キーワードは、”イケメンで冷静で頭が切れる”
    いいですよね〜はやく漫画の世界に浸りたい。
    明日には届くはず。

    破妖の剣シリーズ!!
    私も読んでいました。こちらもシリーズ途中でイラストが代わってしまったんですよね。かなり不評みたい。
    ミラージュのイラストレーターは東城和実さんから浜田翔子に代わったけどクレームがあまりありませんよね。どちらも人気イラストレーターだから?

    ユーザーID:2735271899

  • 十二国記

    トピ主さま
    十二国記はやはり『月の影 影の海(上下)』から順番に読んだ方がわかりやすいです。国ごとになっていますが、登場人物が国をまたいで活躍しているので......
    現在のところ11巻まででているのですが、あれからもう9年くらいたちますが、次がでていません。(2年ほど前に1巻番外編が出てますが....)
    十二国記ファンとしては続きが気になって気になって、気が狂いそうなのです(笑)

    この本を初めて読んだのが今から6年ほど前なのですが、この世にこんなに面白い本があったのかと....一気に11巻読破しました。異世界ファンタジーの最高峰と言っても過言ではないように思います。

    今度日本に帰ったら『炎の蜃気楼』を仕入れたいと思います(笑)

    ユーザーID:6028711386

  • 懐かしすぎるっつ!!

    私も高校生〜大学の頃にはまりまくり、大学の卒業制作で
    シルクスクリーンで一冊の本をデザインした位でした(笑)
    砂吐くほど辛い製作期間だったけど、お陰でいい仕事に
    ありつけたので今となっては良い記憶です・・・

    あの頃は戦国時代の歴史に無駄に詳しくなりました。
    (きっとみなさんもそうですよね!)
    実家のどこかにきっと残っているんだよな〜。
    ああ、無性に読み返したくなってきたので、
    今度実家に帰ったら探してみようっと!

    ユーザーID:0946682006

  • 懐かしいです。

    中学2年の頃に第一巻を手に取り、以降貪るようにように読んでました。
    徐々に今で言うBLになっていく展開にドキドキしてました。

    直江が大河になった際も、同僚に
    『直江って知ってるの?歴史詳しいんだね』
    なんて言われて、今更、蜃気楼がブレークしませんように。。。
    なんて思っていました。

    最後まで読んでないのですが、皆さんのレスを読んで私も終わりを知りたくなりました。
    確か、二人で逃避行?しけこんだあたりまで読んだような。

    ユーザーID:6077393491

  • 楽しみが増えた!

    結局BASARA残り10巻一機に買って読んでしまった。
    目が大きくてキラキラしている絵が苦手なので
    人気があると知りながらも読まなかったけど、読んで良かった〜
    やはり人気があるにはちゃんと理由があるのですね。
    自分の中では好きな漫画NO.1になりました。
    小町のお陰です!!

    炎の蜃気楼は4巻まで読みました。まだしばらくは、そうそうこういう話しだったわと
    思いだしながら読んでいる段階です。炎の蜃気楼の後は十二国記が待っているし、当分は楽しみがあってうれしい(笑

    今の歴女ブーム?は別として、男性に比べ女性は戦記物は好きじゃないってイメージがあったけど、
    こうやって見ると女性の読む漫画やコバルト系小説の人気作品にも戦記物多いですね。

    この前実家に帰って天は赤い河のほとり全巻持って帰ってきました!

    『月の影 影の海(上下)』って篠原千絵さんの「海の闇 月の影」みたいな題名ですね


    >あの頃は戦国時代の歴史に無駄に詳しくなりました。
    (きっとみなさんもそうですよね!)

    中学〜高校で読んでたけど歴史苦手でした(笑
    皆さんは歴史の本とかみながらよんでいましたか?

    ユーザーID:2735271899

  • 全巻読破!

    ミラージュ懐かしい。
    完結した後で初めて手にとって、一気に読破しましたねぇ。

    コバルトで伏せ字を見た時は吹いちゃいましたが(笑)

    ユーザーID:1021494220

  • 昔から気になってはいたのですが・・・

    37歳主婦です。

    昔から気になってはいたのですが未読なんですよね、蜃気楼・・・
    アニパロコミックとかに良く名前が挙がっていて「何なんだろう」とは思っていたのです・・・

    そんなに面白いなら読んでみたいのですが金欠で(高校生みたいですね)
    ところで十二国記は面白いです。こちらは大好きで現在小5の娘にお勧め中です。
    別の出版社の「魔性の子」もこのシリーズに含めていいと思いますのでよろしかったらどうぞ。出版時期は一番古い(月の影 影の海より前)のに内容は「黄昏の岸 暁の天」と同時期か後位なんです。

    トピ主さん、篠原先生お好きなんですね、私も好きです。「闇の・・」が一番好きですが。

    ユーザーID:0910875813

  • おおぉ

    懐かしいですね〜。
    私もトピ主さんと同じくイラストが変わったあたりから読んでません。
    悪い絵じゃなかったのに…何故でしょうかね?
    当時は"直江津"駅に行って"津"を隠して撮影するファンが沢山居たとかなんとか。

    また読みたいなぁ。買っちゃおうかな。トピ主さんのせいで(笑)
    コバルトじゃないですが、「闇に歌えば」とか読みかえしたいです。

    ユーザーID:3382468696

  • うわぁ・・・なつかしい

    中学生の時友達に借りて読んでましたよ!
    卒業してそれっきりなので途中までしか読んでないんですけど、完結してたんですね!
    しかも40巻!?多すぎる…。

    なんかしらないけどドキドキした気分になります。じたばたしたような思い出も…。

    うーん、大人だしなぁ。ボーナス出たしなぁ。大人買い…しちゃおうかなぁ…。
    1冊500円として40冊だから20000円か…だせなくもないな…。
    でもそんなの買って家に届いたら夫にゴッチンされそうだな…。

    ユーザーID:3106649638

  • はまりました

    すごいハマってずっと読んでました!
    でも結末がとても辛い結果になりそうで、買ってはあるんですが
    最後の2冊はいまだに読んでいません。小心者です(笑)

    今は、景虎たちが初めて換生した頃の話『真皓き残響シリーズ』が大好きです。
    怨霊大将になってしまった景虎と軍神になった謙信のやりとりとか、
    他人の体に入ったことの違和感と葛藤する景虎とか…
    蜃気楼知らなくても楽しめるので、読んでいない方いらっしゃったら
    是非とも!おすすめです。

    ユーザーID:9605768148

  • 数年前です

    動画のサイトで知りました。
    そして読んでみたくなりました。
    ちょうどその頃、長男がボーナスがでたと言ってお小遣いをくれました。
    迷わず(でもなかったと思うけど)、40巻+α揃えました。
    そして、四国八十八ヶ所まわりました。
    先日、高野山へお礼参りしてきました。
    桜の季節にお伊勢さんへと思っています。

    歳のせいか、わざとそういうのを選んでいるのか、涙でボロボロになってしまう本ばかり読んでいます。
    今は『最遊記外伝』。OVAも発売されるとのことで、これも買ってしまうんだろうなあ。


    普通、子供からお小遣いもらったら使えませんよね。
    はぁー。(情けない親です)

    ユーザーID:5027535864

  • 20周年です。

    今まだ現役で炎の蜃気楼を愛してます。読み出して17年経ってます。

    23日は高耶さんの誕生日なので記念に書き込みさせていただきます。

    今年でミラージュは20周年ということで総集編やグッズなど発売されてます。
    いまだ色あせない小説だと思っています。
    なので懐かしいとの皆様の言葉が寂しかったり…。

    まんぼーさんが読み進めるの応援してます!


    そして十二国記、私もかなりおススメします!
    物語といい登場人物といい魅力的すぎな小説です。

    あと素敵な男性といえば、古いのですが「デルフィニア戦記」もおススメです。
    コバルト文庫でなくてすみません。

    ユーザーID:6375089064

  • 懐かしい〜

    別のを検索した時に偶然トピを見つけて、思わず反応(笑)。

    はまってた友達から1冊借りた日から
    1週間ほどで出てる分すべて買いそろえて読みました。
    当時で20巻超えてたし、社会人だったので
    相当、睡眠時間を削って読みましたね〜〜。

    最後まで読みましたが、
    四国編あたりからはちょっとう〜〜んと
    思いながら読んだ記憶が。
    けどキャラが抜群に力強かったんですよね。

    既出ですが「十二国記」「彩雲国物語」「精霊の守り人」
    はどれもお勧めです。
    どれもNHKのアニメで存在を知りましたが
    原作すごく良いです。

    特に「彩雲国物語」は、読みだした時に、
    同じように嵌まりました。
    もうそろそろクライマックスになりつつある所で
    読者の年代も幅広いようですよ。

    あとちょっと古いですが
    田中秀樹の「銀河英雄伝説」も好きでした。
    本編10巻+外伝4巻できっちり終わってますし、
    話もかなり面白かったですよ。

    ユーザーID:0793291819

  • 学生のころから

    全巻揃えて、時々取り出してはにやにやして読んでいます(笑)
    高耶さんが大好きです。
    途中で表紙の過激さにためらった事もありましたが、
    最後まで読んでよかったと思います!

    そのおかげか日本史は大好きになりました。
    テストで「高坂弾正」と書くのが楽しかったですね。

    先に昭さんが紹介されている「デルフィニア戦記」は私もおススメですよ〜。

    ユーザーID:4247684524

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧