禁止事項の多い家庭で育った子供の「その後」

レス240
お気に入り735

もち米

ひと

こんにちは。30代既婚女性です。

よくこちらでも手作りのお菓子や食事ばかりを与えられてるお子さんが、友達の家でむさぼるようにお菓子を食べまくるなんて話が出ていますが、実際子供の頃そういう環境で育った方は、大人になってからどうですか?

私はいわゆる上記のような環境で育ち、例えば友達が皆お小遣いを持って駄菓子屋へ行くのに私だけだめでした。(でも隠れて行ってた)

食べ物以外にも禁止事項が多かったです。キャラクター物のノートや鉛筆持ってる友達が凄く羨ましかったです。そんなせいか大人になった今、ジャンクフード大好きです。「やっと好きなものが食べられる」って感じです。

物欲も凄いです。
欲しいものは欲しいときに手に入れないと気が済みません。
親元を離れもう15年以上たちますが、初めはこんな物欲も2,3年経ったら飽きるかな・・なんて思ってたら大間違い。昔の寂しかった気持ちって消えないんですね。
今でもお菓子、ジャンクフード大好き。
欲しいものはすぐ買ってしまいます。そうするとすごく心が満たされます。
(ちなみに自分の働いたお金で買います。夫のご飯は健康的な物を作ります) 

子供の頃はともかく早く大人になって自分のお金が欲しかったですね。
そんな幼少時代を送ったせいかどうかは分かりませんが、あまり感情がないというか、興味の対象が凄く狭いように感じます。
「お金で買えない大切なもの」
たぶん親はそういうのも私に教えたかったんでしょうが、あまりにも禁止事項が多くて子供の頃も欲しいものをどうやって手に入れるかばかり考えてました。

別に親を恨んでるわけではありません。ただ同じように禁止事項が多い家庭で育った方は大人になってからどうなのかなと思い投稿させて頂きました。

もしよければ同じような境遇で育った方の「その後」、お聞かせ頂けますでしょうか。宜しくお願いします。

ユーザーID:4152388984

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数240

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逆の環境でした

    30年ほど前の田舎で母が小さい店をやってました
    今でいうコンビニのド田舎版?でしょうか
    生活に必要なものが最低限はそろっているような雑貨屋です。

    もちろんお菓子・ジュース・アイス(冬場のみ)もありました
    今と比べると種類はとても少なかったです。
    特にうるさく言われたこともないのでコーラにこって毎日1本飲んだりチョコにこった時は毎日板チョコ1枚食べたりしてました。
    食べまくるような事はなく1日1種類を1個みたいな感じで
    食べてたような気がします

    成人してからはお菓子にまったく興味がなかったです。
    子どもがお菓子を欲しがるようになった頃、買い物でお菓子やジュースを
    買う事がない自分に気づきました。
    まわりのお母さんたちは結構買っていたのが不思議でしたね。

    買わなくなった理由ははっきりわかりませんが「飽きた」のかなぁと思ってます。(笑)

    ユーザーID:6168275356

  • まったく同じです。

    友達が食べる駄菓子を指をくわえて眺めていました。
    何を頼んでも、あれはダメこれもダメ!でした。

    働くようになってから、押さえつけられていた物欲が爆発。気に入ったものがあると、シリーズですべて買い占めないと気が済みません。

    自分の子供には、禁止禁止で育てたくないんで、結構アマアマなんですが、ぜんぜん物欲がない子で、好きなもの買っていいよ、と言っても、別に欲しくない、なんて言ってます。

    ユーザーID:3503462319

  • 様々な禁止事項がありましたが

    私が子どもの頃に家で禁止されていたのは
    ・駄菓子屋への出入りと、駄菓子を食べること
    ・歌謡曲(J-POP)やロック
    ・キャラクターグッズ
    ・インスタント物

    大人になった今、
    ・憧れていた駄菓子を買いましたが、美味しいと思えませんでした。
    ・キャラクターグッズは大人になる前に、憧れもなくなりました。
    ・インスタント物も美味しいとは思えません。

    唯一、昔のアイドル曲や古いロックなどは、ネットでダウンロード購入して新鮮な気持ちで聴いています。

    ユーザーID:7602071839

  • 同じです

    私の親も、お菓子は手作りのみ、見るテレビも厳しく、服も親の好みでした
    今は見事に、ジャンクフード大好き、テレビっ子、子供の頃に着たかったピンクの花柄やふりふりの服が好きです
    あんなに制限してなんの意味があったのかなと思いますね

    ユーザーID:2129297747

  • 40代なかばです

     私服の中学校なのに親が決めた制服風の服で通わされ、
    髪は短く切られ、成人後でさえ外泊も許されませんでした。

     いわゆる適齢期に、親の気に入った相手と結婚。
     相手は国立大卒の医師。親は鼻高々。
     しかしその相手はろくに家にお金も入れず、揚句に浮気。
     その時29歳。30年親の期待に沿って生きてきた、もう育ててもらった
    義理は果たした、と思い、実家には全く相談せずに離婚。

     その後、親は到底気に入らない、でも自分の好きな相手と再婚。
     相手が初婚なので、式も披露もしたが、出席はしてくれたもののひとことのお祝いもなし。
     ところが嫁ぎ先には大切にされ、家も車も好きなものを買ってもらい、
    夫には愛され、仕事も最大限に協力してくれる。
    かわいい子供にも次々恵まれ、内孫のいなかった婚家は大喜び。
    夫の全面的協力で仕事もそこそこキャリアを積んで、ちょっと
    うらやましがられるポジションをゲット。
    後輩の女性に「どうやって御家庭と両立されたの、うらやましい…」なんて言われてます。

     欲張りですね。でも回り道したけど親がくれなかったものをバネに
    プラスに転嫁できたかな、と思っています。

    ユーザーID:7783834304

  • 程度はあるでしょうが。

    私のことも考えると。何が問題かって、お友達とのお付き合いを楽しめなかったこと同年代の楽しみを「くだらない」の一言で注意されたことで、「人とは違う=普通じゃない」という感覚を大人になっても未だに持っていますし、集団で自己開示することが苦手です。

    私の場合は、「遊びに行くこと」をあまり良く思われず、身だしなみすら「くだらない」「ませガキ」と母に言われていました。
    親は共働きで忙しく、平日から週末まで「勉強」か「昼寝」の子供時代を送りました。それが正しいと思っていたのも確かです。
    ので反動か、大学時代は派手で彼氏と浮気相手は常にいましたし、毎日遊んでいました。

    が、社会に出てからは母が言う通り、とても地味な生活と、おしゃれの「お」の字もない姿でおります。・・・・・
    なんでだろうと不思議ですが。

    ユーザーID:0304746685

  • ヨコですが・・・ぴよこさん、ナイス!!

    結婚までともかくも親の言う通りにして、その後の自己決定でそこまで幸せをつかんで、それこそ実力! ご立派です。

    そこで、ぜひ知りたいこと。
    ご結婚におめでとうもおっしゃらなかったというご両親、その後のぴよこさんがご自身の選択と努力で手に入れた幸せな生活についてなんとおっしゃっていますか?
    はっきりと言葉になさらなくても、どんな風に受け留めていらっしゃいますか?

    「娘が幸せですごく嬉しいけど、ちょっぴり悔しい…!」っていうところ?

    それとも、
    「あなたが自分の力で幸せをつかめて良かった、親の判断をおしつけて馬鹿だった」とはっきりおっしゃった?

    知りた〜い!

    ユーザーID:6431719263

  • 禁止事項いっぱいの家庭でした

    おやつはなぜかありませんでした。おやつが欲しいならお腹いっぱいご飯を食べろと言われていました。

    服はボロボロになって大きな穴があいても接いで着させられました。小さい穴がいっぱいあるし毛玉だらけでとても恥ずかしかったです。

    高校卒業まで門限は夕方5時まで。お泊りとか友人宅で夕飯なんて有り得ませんでした。

    そんな風に育った私は非常に物欲が強いです。特に食べ物・服飾品は借金してまで買ってしまいます。サラ金まで手を出してしまいました。

    苦しいです。

    ユーザーID:8157363043

  • 同じ!同じ!

    流行の服(ジーンズ等)、駄菓子、ジャンクフード、歌謡曲、漫画、ラジオ、ドラマ、性を連想させるもの(キャミソールなど)、は禁止の家で育ちました。

    トピ主さんの親御さんと同じく「人工物や既成品ではない、物や経験の良さを知ってほしい」という願いだったのでしょう。しかし私の親は、残念ながら「既製品や人工物を上回るような素晴らしいモノやコトや他人」との出会いは準備してくれませんでした。

    反動に走ったのも、自分が何が好きなのか分からず興味の範囲が狭く、無感情なのもトピ主さんと同じです。

    いま子育てしていて思うのですが。禁止をするからには、それに代わる経験を提供するのが親の義務だと思います。

    ・歌謡曲禁止なら、親がプロ並みの生演奏を披露するか、週1回はリサイタルに連れて行く。
    ・ドラマや漫画禁止なら、人生経験を子どもに話し聞かせてくれる兄貴的な大人(親と先生以外)を数十人は確保する。

    ユーザーID:6740182814

  • ちょっと違うけど、結果は一緒

    私も厳しい家庭で育ちました・・・と言っても、教育的に厳しかったんじゃなくて、金銭的に厳しかったので、子供心に親を責めちゃいけない。自分が我慢すれば良いだけだ・・・と思ってました。ええ、いい子でしたよ。優等生でした。

    そして今はやっぱりジャンクフードもB旧グルメも大好き。外食大好きです。特に外食は私が子供の頃憧れていた食卓ですから、家族揃っての外食は心を満たしてくれます。

    今はどうしようもない状況じゃなく、親の意志で外食させない家もあるのでしょうが、ほどほどにね、子供の理想が家族揃っての外食じゃないようになったらいいと思います。

    そんな私、かーなーり食育ママです(笑)外食以外は多分凄いご飯並べてます。でも、それ以上に子供の頃に憧れた物というのは排除できなくて、外食はま、いっか・・・でやってます。

    どんだけ外食の被害を説明されても、私には外食をすることが幸せな家族の1風景としてインプットされているので、ダメなんです。
    そんな風にならないようこれからのママにはほどほどにね・・・・と言いたいです。

    ユーザーID:4898659130

  • まさに…です

    ゲーム、マンガがダメでした。

    ゲームは友達の家で狂ったようにしてました…友人は恐らく幼心に引いてたと思います

    マンガは…大人になって漫画しか読みませんでした。最近やっと新聞や話題作の本を読み出したくらい…

    なんでも大事なのは「ほどほど」だと身を持ってしりました。それが非常識だったり法に反したことでなければ、子供にはさせてあげようと今思います

    ユーザーID:5328175381

  • 私の場合

    成人した後、「実家に寄り付かない」子どもになりました。
    親には感謝していますが、信頼はしていません。
    相談する相手は、夫か友人です。

    自分自身の子どもも、持ちたいとは思えません。
    親と同じことをしてしまいそうで・・・。

    あくまでも、私個人の場合ですが。

    ユーザーID:2547737099

  • よく似ています

    私も、駄菓子禁止、テレビ番組はド○フ等のお笑い禁止でアニメは親の許可があるものだけ。
    服装は親が露骨にイヤな顔をするので、常に顔色を伺ってる感じでした。

    大学に入って親元を離れ、駄菓子やジャンクフードこそ食べましたが、ファッションやテレビ等の興味は、感性が鈍くなっていたのか、うまく「世間並みの若者」には適応できなくなってました。物欲はないですがファッションにはかなり無頓着で「人並みの服装」をするのが、困難です。
    若い女性が、お洒落や恋愛に興味のないのはおかしい、と親も途中で気付いてたようですが、後の祭りです。

    私の場合は、トピ主さんの反動の半分くらい、かと思います。
    親も「やりすぎた」と気付いたため、孫には口を出してこないですね。

    ユーザーID:6956572669

  • バスストップさん

    私も同じような環境で育ちました。
    息子は、アバウトに育てていますが(お菓子やオモチャ、洋服やゲーム等に関してのみで、他の躾に関して、善悪の判断や感謝の心等の躾は別です)、私が買ってあげようとしても、まだ使える別の物があるからいらないよ。今、欲しい物ないよ。どうしても欲しい物があったら、お願いするから、(買ってくれるって言ってくれて)ありがとう。です。

    ユーザーID:1037698529

  • 同じです

    私も子供のころから、市販のおやつは絶対ダメ
    キャラクターものの靴やノートがすごく欲しかったです
    門限も厳しく、大学に進学してからもアルバイトを制限されていました

    ですので私も、ジャンクフードやお菓子が大好きです
    混ぜると色の変わる、合成着色料満載のお菓子とか
    楽しくてたまりません
    お金がないのであまり買い物できませんが
    物欲はすごーくあります

    私の夫も義母からかなり制限された環境で育っているので
    夫婦ともにお菓子大好き、アイス大好き、買い物大好きです
    夫はコーラなどの甘い炭酸飲料も好きです

    やはり、制限が多いと大人になってから反動がすごいのかもしれませんね

    ユーザーID:1632708653

  • 自立しようと思った

    私の母も「やっちゃだめ」が多かったですね。
    結婚するまでは当たり前だと思っていたのですが、結構厳しい家だったのだと気が付きました。

    お菓子は100円以内でひとつだけ。
    しかも兄弟3人で分けられるもの。

    おもちゃの電池は一度なくなったら買ってもらえない。
    その割に「あんたはせっかくおもちゃ買ってあげてもすぐに飽きてしまって!!」と怒る。

    おばあちゃんに買ってもらった履くとブーブー音が出るサンダルは「うるさい」と言う理由から鳴らないようにされました。

    年頃になってからのオシャレもかなり馬鹿にされました。

    禁止事項というより母の思った通りにしないとダメって家だったので、頼らないで自分でできるようになろうと思いましたのでかなりしっかりしました。
    人に頼り辛いと言うか人を当てにしなくなったとも思います。

    物に対する執着は人並みだと思いますが、誰かに買ってもらおうと思うより自分で買いたいと思います。

    結婚して姑が「してあげる、買ってあげる」のタイプだったのですっごく戸惑いました(笑)が、ありがたくしていただいています。ただ実母の嫉妬がすごいです。

    ユーザーID:1956950927

  • 友人は

    子供のころ、着色料が入ったお菓子はすべて禁止されていて、大学生になって
    親の目が離れた瞬間に今まで禁止されていたお菓子を食べまくったと言ってました。

    私は恵まれた子供時代を過ごしたので、雛人形はすっごく立派なものを買ってもらったのですが、
    それで自分が満足しているのか、子供の雛人形に興味があまりなく、出したり出さなかったりします。
    物欲もあまり強くないと思います。

    反対に夫は子供のころあまり裕福ではなかったらしく、その反動かやたらと見栄張りで贅沢をしたがります。
    義妹は子供の雛人形をマンション暮らしで絶対に邪魔になると思うのですが、
    かなり立派なものを買ってあげたそうです。持っている友達が羨ましかったそうです。

    子供のころの欠乏感って自分で思っているよりも大きいと思います。

    ユーザーID:5978279330

  • マンガ好き

    うちはジュースや市販のお菓子類はイベントの時じゃないと食べさせてもらえませんでした。
    漫画は月に雑誌1冊のみ。テレビも時間がきめられていました。
    しかし、これは小学生まで。
    中学からはお小遣いの範囲で好きにしていました。

    結局兄弟そろってマンガ好きになってしまいました。


    >あまり感情がないというか、興味の対象が凄く狭いように感じます。
    これは全くないですね…。
    全面禁止ではなかったからかもしれません。
    特に、マンガやお菓子を禁じられていたことに対して寂しかった気持ちはないです。子どもの頃は、「うちはきびしくてビンボーで嫌!」って思ってましたけどね。
    今は手作りのお菓子とか、繰り返し読んだ絵本とかに対する思い出のほうがおおきいです。

    ちなみに、今は母もテレビを見ながらジャンクなお菓子をボリボリ食べてます。
    子どもの頃に食べたあのクッキー、作ろうよ。
    と言っても、「面倒…」とか言われます。
    「お母さんが禁じたせいでマンガ好きになった。勉強を禁じたら勉強好きになったかもね」と言うと母は笑ってます。
    あの頃の厳しさはなんだったのだろう?

    ユーザーID:5747069518

  • テレビ

    うちは平日8時になったら寝ないといけなかったので、友達の話についていけなかったです。
    土曜日は唯一次の日が休みで9時まででしたが、テレビはひとつしかなく、仕方なく父親が見ているドリフだけでした(年バレ)。

    働くようになってから、深夜まで見るようになってしまいました。
    今でも日付すぎてからでないと寝ません。

    そういや、中学上がるときも漫画は強制的に止めさせられましたっけ。
    だからといって、勉強をするようにはなりませんでしたけどね。

    ユーザーID:7017483666

  • 兄弟でも差が出ましたよ

    市販の菓子禁止、キャラものグッズなし、ジャンクフード言語道断、トピ主さんと似た環境に育ちましたが、兄はトピ主さんとそっくり同じになり、私は物欲ほぼゼロになりました。
    ジャンクフードやスナック菓子は正直今でも胃が受け付けませんが、少し口に放り込んで適当に場を流すことも出来るので、特に問題ありません。兄は大好きなようです。執着がすごくて時々唖然とします笑。
    母は同じ環境で育ててどうしてこうも差があるのかといつも首を傾げています。

    兄は親の「これはだめ」をただ禁止と反発しているようでした。今でも「あれもだめ、これもだめでうるさかった」と文句をいいます。
    私はだめな理由をいちいち聞いて、その都度納得していたように思います。親の小言はうるさかいけれど、その根本は自分のためらしい、時々迷惑だけどと思ってました。私の方がきっと理屈っぽかったんですね笑。

    母の同じ行動が、兄にとっては強権的な抑圧で、私にとっては(ちょっと過保護だけど)愛情になっていたのだと思います。
    母が兄に対して説明を怠ったのか、兄が聞いていなかったのかは知りませんが、親と子供の関係次第なのでは。

    ユーザーID:9320600892

  • かえって強情に自由に生きるようになりました

    駄菓子、TV、ゲーム、漫画、お友達と遊びに行くこと…
    殆どのものを禁止されていました。

    友達と話題も合わず、何をするにも親の了解をとりつけるのが大変で、
    遊びに行ったり好きなものを買うのが後ろめたかったです。
    反動で強情で親に嘘をつくのが平気な人間になっちゃいました。

    高校生になってからは、親の言うことを聞かず、自由に生きるようになりました。

    親は、甘やかしたらダメになると思ったようですが、
    いろんなことを体験させるのと甘やかすのは別ですね。
    自分に子供が生まれたら、楽しいことを満喫させてあげたいなと思います。

    ユーザーID:1920254353

  • 漫画の大人買い

    ウチも禁止が多くて…少しの駄菓子程度はOKでしたが、漫画が徹底的に禁止でした。(学研のひみつシリーズはOK←解ります?)

    活字ばかり読んだおかげで国語や歴史や雑学は身に着いたけど、社会人になってから猛烈な漫画熱に襲われました(笑)全巻大人買いしまくりです。

    文庫版が沢山出てるからスペース取らなくて良いけど…自分がここまで読みたかったのかと驚きましたね。
    小学生当時は友達から借りても、全巻読めずに結末知らずだったので、散財ですが快感です。36才主婦なんだけど…

    ユーザーID:7903561561

  • 内容によります

    うちも厳しい家でした。

    テレビ禁止
    →テレビはつまらないので観ません

    マンガ禁止
    →めちゃめちゃ読みます

    ジャンクフードやコンビニ弁当&コンビニパン禁止
    →美味しくないので食べません

    ゲーム禁止
    →大学時代はいっぱいしてましたが今はしていません

    あまりものを買ってくれなかった
    →物欲がすごくなり、買い物しまくります



    なにより、テレビの話題など、友人と話が合わなくなるのがつらかったです。
    自分のこどもには、友達と話が合わなくならないようにさせるつもりです。

    ユーザーID:7011284502

  • 全ては親のせい?

    3児の母です。

    私も父親がとても怖くて厳しい人だったので
    一人暮らしを始めたときの開放感ったらなかったです。
    やっと好きにできるのだと。
    でも、だからといって好きな物をたべまくったとか、
    テレビばかりみてしまうとか、
    反動でどうこうっていうことはありませんでしたよ。
    親の言ってた事を守っているわけでもなく、
    自然に過ごしてます。

    親のせいばかりではないと思います。
    執着心が強いのも、本人の気質の問題もあるのでは?

    ユーザーID:7212165923

  • お気持ち分かります

    トピ主様と同じような家庭で育ちました。
    お気持ち、痛いほど分かります!!

    私もあれはダメこれはダメと、禁止ばかりでした。

    女の子なのに長い髪ダメ
    コンタクトレンズが欲しいといえばメガネで十分
    高校卒業まで、友人宅へのお泊り禁止
    アルバイト禁止
    子供用の浴衣・水着は、年に一度しか着ないのだから不必要

    母の口癖は、
    「大人になったら自分のお金で買いなさい」
    でした。


    で、カンジンの大人になった今、、、
    大抵の欲しいものは買っています。
    欲望のままお金を使っているなぁと、自覚するくらいです。

    でも欲しいのだからしょうがない。
    当時欲しくても手に入れられなかったものをこうも易々と買える今に感謝です。

    まだ母親にはなっていませんが、子供ができたら何でも買い与えるママになりそうだなぁと予想しています(笑)

    ユーザーID:4108199191

  • 中途半端かな〜。

    トピ主さんや他の方々と同じく、色々な禁止事項(食べ物、服装、外出先、付き合う友人、テレビ番組、等々の生活の全てにおいて)にがんじがらめの子供時代でした。

    親と大喧嘩をして20歳で一人暮らしを始めたとき、大学の授業料と生活費をアルバイトで稼ぐ超貧乏暮らしでしたが、生まれて初めてお好み焼きやたこ焼きを食べました。
    その後、インスタントラーメン等を食べたり、タバコを吸ってみたり、少し不良っぽい友人たちと夜遊びをしてみたり…を続けました。
    でも、1年もしないうちに飽きてしまい、普通の生活に戻りました。

    今でもお好み焼きは好きですが、ジャンクフードもファストフードも食べないし、手作りのお菓子を良い材料を選んで作っています。
    親から言われていたときは本当に嫌で、「いつかファストフードの店で、お腹一杯ハンバーガーを食べてやる!」とか思っていましたが、何回かやったら満足しました。
    憧れていたほど美味しくないし、胸焼けするし、肌は荒れるし…。

    独身ですが、結婚して子供ができたら、「禁止事項」ではなく「注意事項」としてアドバイスしたいと思っています。
    因みに、今現在も親から干渉されています。(苦笑)

    ユーザーID:1370561677

  • あります

    親のせいかどうかはわかりません
    子供のころ毎日のように野菜を食べさせられていました
    野菜は大嫌いで一部の野菜は泣きながら食べてました

    家を出てからは嫌いな種類の野菜は絶対に食べない
    買うこともないです(笑

    ジャンクフードは太るのであまり食べませんが大好きです!

    ユーザーID:5130541751

  • 爆発しました。

    私が子供の頃は
    ・友達同士でお祭りなどに行ってはいけない。
    ・外泊は絶対にダメ(大人になっても)
    ・お菓子は親が買い与えるものだけ(週一回くらい)
    ・コーヒー・コーラは中学生になるまで飲んじゃいけない
    ・夜は9時就寝
    ・漫画は読んじゃいけない
    ・テレビでも漫画はほとんど見させない(世界名作劇場はOK)
    ・カップラーメン・インスタントラーメンは禁止

    ・・・と、結構厳しかったです。
    でも結局は嘘をついてお祭りに行ったり(大人も一緒だからとか)、外泊したり(学校で研修だから。遠出するから)、こっそりお菓子やカップラーメンを食べてました。
    高校生になりお小遣いが増えたとき爆発したようで、お小遣いのほとんどをお菓子やカップラーメンにつぎ込み、過食症のようになりました。
    食べることに執着した数年でしたが、25歳を過ぎた頃から落ち着いてきましたね。

    頭から押さえつけられるよな躾で、本当に窮屈に感じていました。
    今思っても苦しくなります。

    ユーザーID:0973032292

  • 物欲の女王

    私も、禁止事項の多い家庭育ちです
    食べ物に始まり、着るもの、持ち物、付き合う友達、付き合う男、などなど
    あれダメこれダメダメダメ尽くしでした
    親と一緒に買物に行っても私が好む物は全て否定され、楽しかった記憶がありません
    今、親子で楽しそうに買物をしている姿を見るととても羨ましく思ったりします

    そんな私の「その後」はと言えば、
    やはり負担が取れたような状態です
    とにかく欲しい物はすぐ買います
    夫からは「物欲の女王」と言われます
    買ったらとりあえず満たされますが、
    すぐまた次のターゲットを探すような感じです

    特に着る物ですね
    子供の頃はあまり服を買ってもらえず、
    母が知り合いから頂いたものばかり着させられてたので、
    自分でお金を稼ぐようになってからはめちゃくちゃに服を買いまくっています
    これもトラウマなのかなって、ちょっと思ったりします。。。

    ユーザーID:1119859345

  • 遺伝子によるんじゃ?

    うちも、コーラなど甘い飲料水なし、ジャンクフードなし、テレビなし(もちろんゲームも)でしたが、特に、ほしくもなかったです。子供を持った今もそのまんま。スナック菓子食べながらゲームやテレビにかなりの時間を使いちょっと太めの子供を見ると、「それでいいのか!親!」と思います。

    でも、弟は親の意見無視して、勝手にジャンクフード買いまくり、勝手にテレビ線引いて自分の部屋で見ていましたね。

    今、うちの子供も一人はほしがりもしませんが、一人はパパとジャンクな週末の生活を楽しんでいます。

    もって生まれたものじゃないですか。もともと好きだったんでしょう。

    ユーザーID:6122274631

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧