東北の出身の方、教えて下さい! (「稼ぐ」の意味)

レス95
お気に入り53
トピ主のみ1

たんたん

話題

このトピのレス

レス数95

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • イコールではない

    関東在住です。
    私の中では「稼ぐ=働く」ではありません。

    「稼ぐ」という言葉には「お金」が含まれているように感じ、
    「働く」には「お金」が含まれているようには感じません。

    「稼いでるねー」は、たとえて言えば「儲かってまんなー」という感じです。
    私の中では「頑張って働いているね」という意味合いとは違います。

    出稼ぎにしても共稼ぎにしても
    「お金を稼ぎに行く」「二人で生活費を稼いでいる」というニュアンスです。
    どうしても「お金」がからんできます。

    「○○ちゃんが、あのお店で稼いでた」と言われたら
    「○○ちゃんはあのお店で働いてたくさんお金を得ていた」のだと受け取ります。
    単純に「働いていた」だけだとは受け取りません。

    そもそも私は「稼ぐ」という言葉はほとんど使いません。
    普通以上にお金が発生した場合にしか使わないと思います。
    例「こないだバイトで稼いだんだよー」(結構な臨時収入が入った)
     「お姉ちゃんのダンナ、稼いでるよね」(たくさん働いてたくさんお給料をもらっている)
     「もっと稼ぎなさいよ」(もっとお金をとってきなさいよ)←こんなことは言いませんが

    ユーザーID:0405741119

  • 同義語

    青森県、三八地方です。

    「稼ぐ」=「働く」=「就職」
    最近の若い方は使わないかもしれませんが、すべて同じ意味で使っています。
    地域特有の使い方になってしまっているので、方言として扱っても良いのでは?

    辞書で調べて、その意味と比べるのはナンセンスでは?

    と、言うわけで・・・

    (例1)
    「とっちゃ(お父さん)、どこさ行った?」
    「畑さ稼ぎにいった」

    (例2)
    「あんだの娘さん、どごで稼いでるの?」
    「○○○ 株式会社だよ」

    というわけで、うちに地域では「稼ぐ」という言葉に含みは無いですよ。

    ユーザーID:2146205427

  • 呼ばれていない東海ですが

    岐阜の人です。
    その文脈なら「店で給料もらって働く」ぐらいの意味にとれます。

    トピ主が気にしている「含み」というのは、
    「稼ぐ」=「利益を上げる」と解釈して、
    「○○ちゃんが、あのお店で稼いでた」
     =「○○ちゃんが、あのお店で(尋常でない給料を)稼いでた」
    「○○ちゃんが、あのお店で稼いでた」
     =「○○ちゃんが、あのお店で(カリスマ店員みたいになって)店の売り上げに貢献していた」
    じゃないかというのも想像できます。

    そんなところですか?

    ユーザーID:8455717915

  • 東北

    生まれですが、”お店で稼ぐ”は、聞いたことありますが、それほど一般的ではないかもしれません。”お店で働く”が普通かと思います。ただし、稼ぐは、他の方も言っておられますが、”働く”とう意味ですので、日本語的には特に問題ないのではないでしょうか?ただし、これを聞いてなんのためになるのかトピ主さんの意図がよく理解できません。

    ユーザーID:3101268818

  • 岩手は使う

    働く=稼ぐ です。
    岩手では。

    稼がねばならねども〜
    (働かなきゃいけないんだけど〜)

    みたいな感じで。
    ま、方言ですね。

    ユーザーID:6240472669

  • 岩手出身でーす

    「よぉぐかしぇぐごど〜」(よく稼いでいるね)と言ったらそれは
    相手の事をほめています。
    たくさんお金を稼ぐという意味ではなく、一生懸命働いている事を
    ほめているのです。

    その行為にお金がからんでいてもいなくても
    「よく働いている」「よく動いている」という意味です。

    ボランティア活動も子供のお手伝いも農作業も家事も全て
    「稼ぐ」と言います。

    ちなみに今は群馬に住んでいます。
    「あげる」も「やる」も「くれる」と言います。

    子供を産んだ直後に保健所から電話がかかってきて
    「おっぱいくれるの上手に出来てますか〜?」と言われた時は
    く、くれる?くれるって敬語?でも敬語で喋っているよ?と
    しばらく返事が出来ないほど考え込みました。
    群馬の友達は「それの何がおかしいの?」と言いますね。

    私も、今の今まで「稼ぐ」の意味がちょっと違う意味だと
    気づいてませんでした!方言って面白いですね。

    ユーザーID:2946903966

  • 素直に驚きました。

    東北弁では、「稼ぐ」と「働く」が完全同義語なんですね!

    私はトピ主さんの言うところの含みがとてもよく分かりますが、
    「おっしゃる意味がわかりません。含みとはどんな含みか教えてください」
    というレスが多くて驚いています。

    どなたかのレスにありましたが、「稼ぐ」には金銭的な儲けが伴い、「働く」には純粋な労働の感があります。

    ですから、「稼ぐ」と日常会話で使用するのは、聞きようによっては「通常(=働く)ではないことをして儲ける」という一種微妙なニュアンスが含まれます。

    口調や言い方でケアできる問題ではありますが、あくまで純粋に同じ意味として使用するならば、
    少なくとも文章では「稼ぐ」ではなく「働く」のほうが良いかもね。

    ユーザーID:4574752684

  • 北海道出身ですが

    稼ぎに出る、とか普通に使ってたと思います。あ、30歳です。
    含みとか、逆にそう勘ぐっちゃう方がどうなんだろう…

    ユーザーID:2035791450

  • 含みはないと思います

    南東北在住です。

    特に嫌味を込めた感じでもなければ、
    「○○ちゃんが、あのお店で稼いでた」
    は、「あのお店で働いていたよ」って意味だと思います。

    稼ぐを働くという意味で使うのは方言だったんですね。
    はじめて知って驚きました。勉強になります。

    ユーザーID:6539184961

  • 日本語って難しい

    生まれも育ちも関東です。

    みなさんのレスに「含み」ってどういう意味?とありますが、私も「稼ぐ」という言い方を聞いたらあまりいい意味にはとれません。
    真っ先にお金が絡んでくる、いやらしい言い方に聞こえてしまいます。

    どなたかのレスにあったように、一所懸命働くという意味ではなく、金銭的な意味を絡めての意味にとれます。
    少なくとも私の周りには「あの人○○で稼いでたよ」というような言い方をする方はいません。
    使うとすれば、ふざけて「かなり稼いでるんでしょ〜」とからかっているような言い方でしか聞いたことありません。

    でも、働くという意味で使われる方も多いと知り勉強になりました。
    同じ日本語でも難しいですね。

    そういえば接客をしていたとき、料金の説明をすると「そんなにとるの?」と言われるのがとってもイヤでした。
    「そんなに高いの?」ならイヤではないんですが「とる」って‥!?

    ちなみにこういう言い方をするの、50代以上くらいの女性が多かったです。
    あれも、変な意味ではなかったのでしょうが、本当に本当にイヤでした。

    ヨコですが、なんだか急に思い出してしまいました。

    ユーザーID:4539113027

  • かんこです

    みなさんのレスを読んで、東北では
    よく働く=稼ぐ
    なのかと思ったので、前のレスのように思ったのですが
    働く=稼ぐ
    なのでしょうか。
    一生懸命働くのもだらだら働くのも、時給が高くても低くても「稼ぐ」なのでしょうか。
    だとしたら、こういう事ですね。

    関東では、時給1000円で一生懸命働いた人と、時給2000円で一生懸命働いた人では、2000円で働いた人の方が稼いだ事になります。東北では時給に関係なく、どちらも稼いだ事になるのでしょうか?
    ⇒その通り

    また、関東では、時給2000円でだらだら働いた人と、同じく時給2000円で一生懸命働いた人は、どちらも同じように稼いだ事になります。東北では、時給が同じでも一生懸命働いた人の方が稼いだことになるのでしょうか。
    ⇒どちらも同じように稼いだ事になる

    そして、関東では、時給1000円で一生懸命働いた人より、時給2000円でだらだら働いた人の方が
    稼いだ事になります。東北では、逆なのでしょうか。
    ⇒どちらも同じように稼いだ事になる


    ボランティアでも、騙されてただ働きしても、「稼いだ」と言うのですか?

    ユーザーID:4883584657

  • 子供のお手伝いにも言いますよ。稼ぎっ人(かせぎっと)だねって

    祖母から言われた言葉を思い出しました。
    母の田舎に行って祖母の手伝いをすると、『○ちゃんは稼ぎっ人だぁねぇ』と目を細めて言われたことがあります。
    お駄賃をもらうことはないので、お金のためにがんばったわけではないです。
    おばあちゃんに褒められたいという気持ちはありましたけど、それはお手伝いをする子供なら普通に思うことですよね。
    そんな感じにも使います。

    ユーザーID:0556698673

  • 方言では

    生まれも育ちも東京です。
    東京の友人からそういった内容のメールをもらったら多分びっくりすると思います。
    共稼ぎ、出稼ぎ、稼ぎ頭等特別の働き方をするといったニュアンスが感じられるので
    単に働くという意味で「稼ぐ」は使いません。
    どちらかというと使いたくない言葉です。

    トピ主さんもそのあたりの感覚があるのでお友達のメールに含みがあるのではと感じてしまったのでは。
    「〜の店で稼いでいた」には揶揄ややっかみがある様に思われたのですかね。
    私だったら、地方の友人からのメールなら一瞬?と思いますが方言なんだろうなと深読みはしないかな。

    ユーザーID:2075284571

  • そうなんだぁー

    関東在住です。

    私もトピ主さんと同じに「○○ちゃんがあの店で稼いでいた」と聞いたら、
    どんな事して稼いでいたんだろう?って思いますねー。
    普通のバイトでは得られないようなバイト代を得た・・ってニュアンスが
    含まれていると感じます。
    関東では、働く=稼ぐではないです。

    トピ主さんの??って思う気持ち、分かります。

    そうですかー、畑仕事をしても稼ぐと言ったりするんですね。

    方言や訛りもいいし(素敵、ずっと受け継いで行って欲しい!!)
    地方地方で同じ言葉でもニュアンスが違ったりって、いいですね。

    ユーザーID:6971335001

  • 普通は

    方言と同じで、「稼ぐ」=「働く」
    40歳代までは間違いないと思われます。
    ただ、30歳までと、地域での使い方では変わってきているかもしれません。
    私も40代ですが、冗談な言い方でしか使いません。

    どこかで線引きできるという使い方はできないと思われます。

    ユーザーID:4440088505

  • 近所のおばあちゃんたちが使ってました

    仙台近郊の田園地帯出身です。
    まぁ私も田舎育ちの40代なんで実は使ったりもしますが、
    稼ぐ=『よく働く』『働き者』といった良いイメージの使い方です。

    例えば畑仕事中のおばぁちゃん達の会話で、

    「Aさん、ずいぶんかしぇぐ(稼ぐ)ごだー、ちょっと休まいん、おじゃっこ飲まねすかぁ?」

    なんて会話があったとします。

    翻訳すると

    「Aさん、今日も仕事に精が出ますね、少し休憩でもしませんか?お茶でもいかが?」

    って感じです。

    仙台近郊でもけっこうこんな会話がありますので、
    仙台市内の方で使いません!と言う方がいらっしゃるのを見て、軽くカルチャーショックでございました。

    ユーザーID:4870544548

  • 唱歌『待ちぼうけ』山田耕筰

    まちぼうけ まちぼうけ
    あるひせっせと のらかせぎ ←ココ
    そこへうさぎが とんででて
    ころりころげた きのねっこ

    野良稼ぎ=野良仕事、農作業。ですね。

    ユーザーID:9141493807

  • 父の故郷が岩手県三陸地方です。

    確か私が10歳位の頃だと思いますが、7歳下の従兄弟が箒を持って床掃除の
    真似事をしていた時、それを見ていた祖母が「よく稼ぐわらし(子供)だこと」
    と言ったので、意味が判らなかった私が「どういう意味?」と聞くと
    「よく働く子だ」と教えてくれた事がありました。

    トピ主さんには「稼ぐ」は良い意味には取れなかったかも知れませんが、
    他の方も仰る様に東北ではよく使う言葉だと思いますよ。

    ユーザーID:8277158710

  • トピ主さんと同じ感じ方です

    東北地方ではおおむね「稼ぐ」イコール「働く」の意味なんですね。
    多くの人のレスで納得しました。

    私は近畿出身東京育ちですが、
    「あの店で稼いでいたね」と言われたら、ちょっと抵抗を感じます。
    自分の中では、働くは「労働」、稼ぐは「報酬を得る」という使い分けがあります。
    他人に対して「共働き」とは言っても「共稼ぎ」というのは失礼だと思って使わないようにしていました。

    「点数を稼ぐ」「時間を稼ぐ」なども微妙に卑しい(と言ったら言い過ぎかもしれませんが)ニュアンスが含まれていませんか?

    際立った方言ではないので、気づきにくいところですね。
    教えていただいてありがとうございました。
    今後もし「稼いでいるね」と言われることがあっても、素直に褒められたと受け取ります。

    ユーザーID:4423627201

  • work と job

    新潟でも「稼ぐ」=「働く」です。

    でも私も東北圏以外から引っ越してきたので違和感バリバリです。
    よく近所のおばあちゃんに「よくお稼ぎで〜」と声を掛けられました。
    「なんで、私の収入知ってるの?」と唖然としたものです。

    私の感覚では「稼ぐ」は「(特別な)利益・金銭を得る」意味で使います。
    「パチンコで稼ぐ」
    「いい子ぶって点数を稼ぐ」
    「残業して小遣いを稼ぐ」などなどです。
    「儲ける」に限りなく近いですね。

    ですから「よくお稼ぎで」と言われると、高収入を揶揄されているように感じます。
    嫌みっぽいです。

    でも「稼ぐ」は方言なんですよね〜。
    同じ言葉で微妙に意味が違うって質が悪いです。
    危うく人間不信になるとこでした。

    ユーザーID:1382070348

  • 山形です。

    言います!私のおばあちゃん(78歳)の年代のひとは「働く」とは言いません。「稼ぐ」と言います。意味は全く一緒です。
    ちなみに、私の年代や私の両親の年代は「稼ぐ」ではなく「働く」と言います。

    ユーザーID:7534533440

  • 使います!

    山形出身者です。

    私が生まれ育った田舎町では「働く」=「稼ぐ」でした。
    それも好意的な表現で、「一生懸命働いている」という意味で
    使われることが多いです。

    他にも、息子の嫁が家事をマメにする場合も
    家庭菜園などを上手に育てられるお嫁さんのことも
    「よく稼ぐ嫁で助かるわ〜」などと使います。

    ユーザーID:9471401351

  • 褒め言葉

    山形県の日本海側、庄内地方の出身です。

    郷里では、マメな働きっぷりを見せる人に対し、
    「ほー、かせぐのぉ」
    と言って褒めます。

    お金をもらえる仕事だけではなく、家事にも使います。

    自宅に遊びに来た親しい友人たちをもてなすため、男が、お茶を入れたりお菓子を出したりと、甲斐甲斐しくすると、
    「かせぐのぉ。いーがら座わてれ」(マメだねぇ。構わないから座ってて。)

    というような用法です。

    ユーザーID:7663467117

  • 勉強になりました

    私は首都圏の生まれ育ちで現在南東北に住んでいますが、「稼ぐ」は「お金を儲ける」か「お金を儲けるために働く」で、「働く」は「勤労する(報酬なしでも使う場合がある)」という意味が共通語だと思っていました。

     例えば、私のこれまでの理解ですと「彼の奥さんは良く働く。炊事選択掃除裁縫と家のことをきちんとこなしている。」という場合には決して「稼ぐ」は使いません。
     こういう場合でも「稼ぐ」を使う地方があるというのでしょうか?
    あるいは、「お金を稼ぐための労働をする」という意味では「稼ぐ」を「働く」と同じぐらいに普通に使うという意味なのでしょうか。

    多分後者なのかなあと思っているのですが・・・。

    いずれにしても、『稼ぐ』が私が思っているよりずっと幅広く『働く』の意味で使われているらしいことを知りました。勉強になりました。

    ユーザーID:5732715607

  • 共通語とは

    少しニュアンスが違う様に思います。

    共通語では手段はどうあれお金を手に入れる事。

    方言では対価の有無にかかわらず体を使って働く事。

    なので子供がお手伝いをすると「よぐかしぇぐわらしだー。」と、褒められます。

    他にも、草むしり等をしていても「えらいかせいでるね。」となります。

    方言での「かせぐ」は体を動かす、額に汗する事に比重を置くので
    そこから対価や報酬が無くてもかまわないのです。

    日常生活では両方とも無意識で使い分けているので、こうして改めて言われると言葉の意味は奥深いですね。

    ユーザーID:5991950248

  • ナイロンさん

    東北での意味を聞いているんのになぜ関東の解釈を書くんですか?

    東北ではそういう意味でも使うよという話ではないのですか?

    ちなみに東北の稼ぐは前後の言葉の使い方が違います。

    東北でだって「お金を稼ぐ」は使いますよ。
    それプラス「稼ぎさ行く」とも使うんですよ。

    外国人に日本語の不思議を質問されたトピがありますが、不思議はそれと同じなんでしょうね。

    ユーザーID:1391487570

  • 「働く」「動く」という意味です。

    東北に嫁いできました。
    家事をしていると言われました「よく”稼ぐ”な〜」って。

    「は??私専業主婦なので、一円も稼いでないですけど??」

    と言ったら「稼ぐって方言だったのかー?!いや〜、よく動くなって意味だよ。誉め言葉」と言われました。

    ユーザーID:1726463359

  • ありがとうございました! トピ主です。

    皆様より、たくさんのご回答を頂き、本当にありがとうございました。
    さまざまなご意見、とても勉強になりました。

    数名の方からのご指摘の通り、「含み」という曖昧な表現を使ってしまったこと、反省しております。また、稚拙なトピ文ながら、「含み」という言葉のニュアンスをくみ取ってご回答下さった方々には、心より感謝しております。

    「稼ぐ」、褒め言葉として使われるのですね。ホッとしました。
    (よく働く、よく勉強する、よく動く…等 )

    最初に友人のメールを見た時は「ちょ、ちょっと露骨じゃない?? もしかして○○ちゃんのことあんまり良く思ってないのかな??」と、ネガティブに考えてしまったのです。
    しかし、皆様のレスを読み、それも払拭されました。
    おかげさまで、友人にも余計なことを言わずに済み、メールも「そうだね、○○ちゃん頑張ってるね〜」と返信できました。
    勘ぐりすぎてしまったようで、反省です。

    各地方によって様々だと思われますが、東北の言葉大好きです。
    どんどん吸収していきたいと思っております!

    ありがとうございました!

    ユーザーID:3814317737

  • 東北ではそうなんですね

    九州在住です


    働く=労働をして対価を得る
       無償で何かをすること   
     
    稼ぐ=お金を「儲ける」

    ってイメージです
    ごめんなさい 事情をしらなければ
    「稼ぐ」って言う言葉に含みがあるように感じてしまうと思います

    ユーザーID:8983386808

  • 金稼ぎ

    東北出身です。
    そういえば、わざわざ「金かね」をつけて「金稼ぎ」と言う場合もあります。「野良稼ぎ」のレスを読んで、思い出しました。
    「稼ぎはいいのかい?」は「収入はいいの?(会社・農家どちらも使う)」のニュアンスもあると思います。

    家事労働に関しては嫁がやって当たり前、労働のうちに入らないので「稼ぐ」とは言いません。

    ユーザーID:6797761873

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧