これから先の時代はどうなるのだろう?

レス8
(トピ主1
お気に入り11

生活・身近な話題

JOUDO

こんにちは。いつも小町を拝見させて頂いている、JOUDOといいます。

仕事柄、年配の方と話をすることが多いのですが、ものすごく人柄のいい方ばっかりでとても和やかな気持ちになります。
でも最近感じるのですが、この方達がいなくなったらこの日本はどうなるんだろう、と思うのです。

思えば自分の祖父母は健在ですが、自分の小さい時からやさしくしてくれ、とても可愛がってくれました。
身内ながら、いつでもニコニコして人格も素晴らしいし、今でもそんな祖父母が大好きです。
しかし、この方たちともいつかは別れないといけない時が来る、それを思うと悲しい気持ちになります。

昔の方は激動の時代を生き抜かれ、食うものにも困る時代があった、とよく聞かされます。
今では想像もつきませんが、本でもそんな時代のことが書かれています。
そんな中でよく生きてきて、苦労に苦労を重ねて、ここまで来たのだろうと想像するのです。
今の祖父母からはそんなこと微塵も感じさせませんが。

今の時代は本当に自分本位で、オレオレ的で、まるで「世界の中心で俺が回る」的な人ばっかりでとても悲しい思いになります。
テレビのニュースも自分中心な事件で溢れ返り、日替わりのように終わることはありません。
昔はこんなに悲しいニュースばっかだったかな?と思います。

なので、この人格の、苦労のお手本とも言える方達がいなくなった世界はどうなるのだろう、と思うのです。
自分もこの祖父母のような人になりたいと思うのですが、これから先の時代はオレオレ的な人で溢れかえるのだろうか、と思います。

たとえ科学が進んでも、人の温もりがない、ものすごく辛い時代になるのだろうか?

見識豊かな小町の皆さんはこれから先の時代、どう思われますか??
長文にお付き合いくださいましてありがとうございます。

ユーザーID:8046694676

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 長々と行きます―(1)

    不見識者で申し訳ありませんが、このまま沈めてしまうのは勿体ないので。

    おっしゃりたい事はよく分かります。が、私は至って楽観的です。
    人も社会も価値観も「変わるもの」だからです。

    今の老人達が、昔から好々爺だったとお思いですか?
    もしそうなら、彼らをナメすぎです(笑)

    学生の身でありながら勉強そっちのけで警官隊と闘い、
    変節した仲間を裏切り者と呼んで容赦なく制裁を加えた学生たち。
    それが今の60・70代の若かりし頃ですよ。

    もちろん今ほど学生は多くありませんし、女性はごく少数だったはずです。
    でも、これは逆に厳然たる社会階層や差別の存在の裏づけでもあるので、
    それが良い事かどうかは軽々には決められません。

    また、彼らが物不足に苦労したのは、戦争があったからです。
    科学技術云々は後付けの話で、それと社会の豊かさとは関係ありません。
    日本は戦前から先進国だったのですよ。

    戦争体験の有無が社会の未来の良し悪しを決めるのだとしたら、
    我々も一度は戦争で国を潰した方が良いという事になります。
    そんなのあり得ないでしょう?

    (長くなるので切りますね)

    ユーザーID:6945219653

  • 長々と行きます―(2)

    現代と未来に不安を感じる時、過去に憧れるのはよくある事です。
    そんな時は、視点を別の時代に飛ばして妄想してみましょう。

    例えば江戸中期(享保)の庶民が昭和初期と平成の今を眺めたらどう感じるか?
    私は「違いが分からない」と思います。

    鉄道も自動車も大型船も飛行機も石造りの橋やビルも、
    昭和初期には既にあったからです。
    大戦末期には大量破壊兵器すらありました。
    軍艦なんて、今の方が見た目はずっとショボイです。

    享保から見れば、昭和だって充分に「未来」なんですよ。
    平成とどっちが新しいかなんて分からないはずです。

    私はいわゆるアラフォーで、今では完全におやじ扱いですが、
    学生時代には「新人類」と呼ばれていました。
    当時は「テレビが若者を壊す!」なんて言われていたものです。
    地デ鹿? 何の話っすか??(笑)

    分かるでしょう? 時代によって「諸悪の根源」は変わるんです。
    帝国主義化・社会主義化・西洋化・核家族化・情報化・非婚化などなど、
    社会の流れが変わるたびに脅威の対象も変わり、
    その変化を体現した世代が新たな懸念の対象になるんです。

    我々もいつか好々爺になるんですよ。ご安心あれ♪

    ユーザーID:6945219653

  • レスありがとうございます。

    ケインジアンさま

    自分の懸案を論理的に、かつ例題を含めながらのご返答、ありがとうございます。
    好々爺という言葉、初めて聞きました。読み方も分からなかったのでいっしょにググりました。
    自分自身もいつかは年をとっていき、いずれは好々爺になるから自分自身が次世代の子どもたちを導いていく、ということでしょうか。
    今の自分の視点も客観的に見ればそんなに大差がない、いつの時代もそんな風に言われてきたという例えはなるほど、と思いました。

    しかし、自分の危惧するところは良心の欠落だと思っています。
    小さい頃によく言われていた、「人の立場に立って考える」ということが
    聞かれなくなっていると思うのです。
    常に自分のことばかり。自分の主張が認められないと逆ギレ。
    相手に対する想像力もない。そんな人が増えているのだと、ここを読んでいると感じるのです。
    そのお手本になる世代がいなくなると、誰を頼りに人間性を構築すればいいのかと思ったのが
    今回のトピだったわけです。

    ユーザーID:8046694676

  • 明るいニュースも多いですよ

    いつの時代も自己中な人はいますが、世の中のために何かしようという人も大勢います。
    小町でも親身に答えている人は多いです。

    私は、今の若者にも素晴らしい人は多いと思います。
    私が目にする若い人達は、思いやりがあり、社会に貢献したいという人が多いです。
    自分が同じ年齢の時はどうだったかなと考えて、恥ずかしくなることがしばしばです。

    我が家には98歳の祖母がおりますが、戦中戦後の混乱期はヒドイです。
    - 外出先で空襲にあっても、よそ者は防空壕に入れてもらえなかった。
    - 苦労して農家に食べ物を売ってもらっても、帰る途中で取り上げられた。
    - 兄弟に、食べ物や燃料、子供の服等を盗まれた。
    油断していては生き残れない時代です。

    今は、戦中戦後のような「多少自己中でなければ生き残れない時代」でも、バブル期のような「個人主義でも生きられる時代」でもありません。
    景気がさらに悪化したら分かりませんが、今は人が協力しあえる時代ではないかと思います。まして、家族単位→個人単位という時代ですから、余計に人のつながりが重視される時代になると思います。

    楽観的ですけどね。

    ユーザーID:1305676093

  • 周りが素敵な年配者ばかりなのですね

    うらやましいですね。確かに素敵な高齢者は沢山いますが、それと同じくらい自己チューな高齢者もたくさんいますよ。昔は人間って年寄りになったら丸くなるものだと思ってましたが、そんな事ないですよ。視野が狭くなり欲深くなる人の多い事。

    逆に若い人だって色々ですよ。優しい若い人も沢山いるでしょう。
    知ってますか? 少年犯罪なんかは戦前の方が凶悪だったそうですよ。
    大昔のエジプトの文献かなんかにも「今時の若者は〜」みたいな事が書かれているらしいです(テレビで見ただけの受け売りですが)
    なので、今の高齢者がいなくなったら日本がおかしくなる〜なんて事はないですよ。

    ユーザーID:0433306676

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 大丈夫ですよ〜!

    お年寄りにも、おかしいのは沢山いますよ・・・。
    私は役所の受付にいるけど、大声で怒鳴ったり文句言ったりするのは
    ほとんどがおじいさん・おばあさんです。
    「人の立場になって考える」ことが出来てないのは、若者だけじゃありません。

    私は逆に、この世代がいなくなれば、良くも悪くも
    世の中が変わるんじゃないか…と少し期待してます(笑)

    ユーザーID:6958024960

  • う〜ん…

    私は自分で言うのも何ですが自己中心的な考えはしません。
    自己中心的でない考えの人は私の周りにたくさん存在します。

    私は既婚で仕事をしています。また子どもが属する組織のボランティアには参加するようにしています。

    子どもが少し大きくなり手が離れて社会と関わりを持つ人には、貴方のおっしゃるような方々が存在していくと思います。

    社会との関わりは『仕事』しかり『PTA』しかり『ボランティア』しかり。
    専業主婦であっても子どもや夫を支えてそれが周りに良い影響を与えます。

    また独身や男性の方々ならたいてい仕事をしていますよね?
    社会常識を持っています。

    私が何が言いたいかといえば社会の根幹となる部分はそういう良識のある人々が支えているということです。
    自己中心な人は根幹にはいません。

    いつの時代もそうやって根幹の部分は良識のある人々が支えてきたと思いますしこれからもそうでしょう。

    悲しい事件を減らそうとする社会の動きもありますよ。

    お互い傍観者になるのではなく参加者になりましょう。

    ユーザーID:8363415610

  • 人それぞれ

    ご年配の方でも、優しい方もいっぱいいる中、
    小さな子どもにドアをぶつけて「ふんっ」と無視していなくなってしまう方もいます。
    逆に若い方でも、人に親切に出来る方もいます。

    私も夫もそうですが、人に優しく…と育てられ、今でもそれを心掛けています。
    まだ小さい息子にも、それを伝えて行くつもりです。

    ユーザーID:6163782490

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧