• ホーム
  • 健康
  • 家系にがん患者がいないから自分も大丈夫と言う母

家系にがん患者がいないから自分も大丈夫と言う母

レス10
(トピ主2
お気に入り8

心や体の悩み

40娘

HNどおり、今年40歳になる独身女性です。
このたび、区の方で無料で乳がんと子宮頸がんの検診を同じ日にしてくれると言うので応募しました。

予約できた日はまだ数ヶ月先なのですが、恥ずかしながら(と、幸いながら)妊娠経験も婦人科病歴もなく、このトシで初めてお医者さんに見せることになり、照れながらも検診の制度があることをありがたく思いました。

そして最近実家に帰った折に、話のタネで75歳の母に検診のことを話したところ、『お前はがん家系なんだから、受けとくのはいいことだよ』とのコメント。

「じゃあお母さんは市のがん検診を受けてるんだね」と返したところ、
『お母さんはがん家系じゃないから必要ないよ。お前はお父さんのほうがそうだからね』と言うのです。

確かに父の弟妹二人がここ10年のうちにがんで亡くなっています。
(父は健在)
ただ、母方の私の従姉(母の姉の娘)が乳癌を患ったことがあります。
(従姉も今は元気です)
それを言うと、『あの子のお父さんの遺伝だよ。がんで亡くなってるからね』とのこと。

つまり、母自身の直接の親族にはがん患者がいなかった、いても母と血縁の無い側の遺伝だろうと思っているのです。

私も母も医学の詳しい知識はありません。
単に母はそう思いたいだけという感じでもあるのですが、長生きしてほしいですし検診の機会があれば受けてほしいのです。

普段の母は高血圧ですが定期的に医者に通って薬もちゃんと飲んでいて、基本的には元気です。
そのほかの市の検診なら受けているようなのですが、がんだけは別物と思っているようです。

自分も今までは今回受ける検診はしてなかったので大きくはいえないのですが、発がん性物質がどうのと騒がれる昨今、母をその気にさせる言葉は無いものでしょうか

納得すれば検診を受けると思うのです。

ユーザーID:3422652238

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 放っておけば?

    無理やり受けさせるもんじゃありません。その主張をする人って、絶対がんにはならないと思ってますから。説得しなくてもいいんじゃないですか?多分思い込みでかかりにくくなってると思いますし(笑)

    がんは遺伝ではありません。食生活、生活習慣が似てしまうという理由で「がん家系」なるものが存在するだけですので関係りません。発がん性物質といいますが、今はストレスでもがんになるので何が原因でというのは難しいです。

    ちなみにがんは男性なら2人に一人、女性なら3人に一人の高確率でかかる病気です。こんなに確率の高い病気がほかにあるでしょうか?

    そう考えればおのずと分かると思います。だから最近「がん保険」が浸透しているのです。それでもそういう方は「私はならない!」って言うと思いますよ(笑)まぁ3人に2人はかからないんですから、気持ちの持ちようです。

    ユーザーID:6178740240

  • そんなこと関係ない

    義父が「うちはがんの家系じゃない」ってずーっと言っていましたが最近肺がんで亡くなりました。

    遺伝なんて関係ないですよ。

    誰だって癌になります。若くても年取ってても関係ない。なる人はなるんです!
    がん検診お母様にも必要です!

    ユーザーID:5631988347

  • 家系は関係ありません

    癌が家系による病気と言われたのは40年ほど前、日本人の平均寿命がまだ低かった時代の話です。今や世界に誇る長寿国家となり、大抵の病気が治せる様になった代わりに未だ確かな治療法が見つからない癌の死亡率はどんどん高くなっています。癌になる可能性は誰にでもあります。
    私の母は癌と全く縁の無い家系出身だったにも関わらず、進行性の癌に罹り、60代前半であっけなく逝ってしまいました。母も(そういえば高血圧でした)生前主様のお母様と同じ考えを持っていました。「私は癌家系じゃないから大丈夫!」と。そして体調が悪くなっても気にせずに検査を怠り、結果的に癌と診断された時には手遅れの状態でした。母が癌検診を受けなかったのは、”検診が怖い”という意識があったのだと思います。確かに癌検診って細胞採ったり、胃カメラのんだり、決して気持ちの良い物ではありませんよね。でも癌は早期に発見する事が一番重要です。発見が早ければ完治する見込みもあります。
    私のこのレスをお母様に読んで頂いて下さい。発見が遅れてあっという間に母を亡くした私の悲しみを他の人に味わって欲しくありませんから。

    ユーザーID:4786624030

  • うちも同じでした。。。

    うちの母を思い出します。
    「ウチは私もお父さんも親戚でガンになった人いないから大丈夫よ」
    と、よく言ってました。

    その後ヘビースモーカーだった父が会社の検診でひっかかり
    がんセンターで再検査を受けたところ、肺がんの初期ということで
    早期発見→手術しました。今はタバコもやめ、元気です。

    その翌年、健康で活発な母が急にご飯が食べられなくなり
    病院に行ったところ、即入院。
    エコー検査で胆嚢がんが見つかり、既に末期。手術もできませんでした。
    坂を転げ落ちるかのようにあっという間に亡くなってしまいました。
    1年弱の闘病生活でした。
    告知された時も「まさか自分ががんになるなんて思いもしなかった」と言ってましたし、家族も皆同じ思いでした。

    がんはホント遺伝ではありません。
    2人に1人がかかる病気。こわいです。

    ユーザーID:8845163283

  • トピ主です1

    早速のレスをありがとうございます。

    母は理屈が通じない人ではありませんが、一度思い込んだらなかなか知識の上乗せができない人でもあります。

    とはいえ、特定の思い込み以外は割りと柔軟で、時代の流れによる変化や人それぞれの意見の相違などは聞く耳を持っています。

    遺伝については私もチョコチョコと検索をかけたりしてみました。
    皆様にも肯定していただけて、やはり思い込みでせっかくの検診の機会を逃したらもったいないと改めて思いました。

    もちろん無理やりさせる気はありませんし、今、異常があるわけではないので検診の日に自主的に行ってくれなければ私にはどうにもできません。

    むしろ、普段から自分や私の健康を気遣っている人なのに、なぜがんだけはかたくなに思い込んでいるのかわからず、もしや同じような親御さんをお持ちの方からもなにかアドバイスをいただけないかと思いました。
    やっぱり同じような方、いらっしゃるんですね。

    実際、75歳になって市の検診の内容が変わったのですが、早とちりした母は「○○はもう見てもらえないの?」と心配していたことがあったくらい、他の検診には熱心です。

    ユーザーID:3422652238

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主です2

    すいかさん、1番にレスありがとうございます。
    でも放ってはおけないんです。大事な親ですから。
    もし本当に癌になってしまった場合、私以上に母本人が後悔するだろうことも予測できるのです。
    『病は気から』は本当にあると思います。
    実際に今の母はその状態かもしれません。
    でも、『念には念を』とも思ってます。

    ゆうこさん、お竜さん、にゃんたさん、お辛い思いをされたのですね。
    お亡くなりになられた親御様へ、ご冥福をお祈りいたします。
    後押しになる言葉もありがとうございました。

    がんの怖さのひとつに、発見されにくく手遅れの場合がありますね。
    思い出しましたが私が学生のころ、母が『がんになったら(死の)覚悟決めるしかないのよ』と言っていたことがあります。
    まだ癌=死病という医療レベルで、助かる人はほんのわずかだった頃のことです。
    それから目ざましく医療は発展しましたが、母の知識はあの時のままかもしれません。

    皆様のレスで、改めて怖さと検診の大事さを感じました。
    科学的な解説をするよりも情に訴える方が有効でしょうね。
    貴重なお話、感謝します。

    ユーザーID:3422652238

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 大丈夫じゃないと思います。

    私の知る限りの血縁者には、ガン患者はいませんでしたが、私がガンになりました。

    なので、関係ないと思いますよ。

    高血圧家系なのに、私はものすごーーい低血圧だし・・・
    何事にも絶対は無いと思います。

    ユーザーID:6088811528

  • 本人次第ではありますが・・・

    私も家系的に癌にかかっている人は全くいませんでしたが自分がなりました。
    まだ20代なので検診に行っておかないともっと悪くなっていただろうとお医者さんには言われました。

    家系、病歴、年齢に関係なく癌になるときはなります。
    いつなるのかわかりませんし、一生ならないかもしれません。
    でももしなってしまった時に少しでも発見が早く、後悔しないために検査があるんじゃないでしょうか?
    無料だし、引っかからなくてもともとです。

    誕生日などの節目に「もう○○歳だから一回行ってみたら?」というふうに伝えたらいいかもしれないですね。
    ですが結局行くか行かないかは本人が決めることなので・・・。
    主さんが心配していることと、遺伝は関係ないことを踏まえた上で他の方がおっしゃってるように情に訴えるのも手だと思います。

    ユーザーID:5410976432

  • 遺伝する癌もあります

    癌は遺伝ではないと断言している方がおられますが、癌は遺伝子の病気なので遺伝が影響していないはずがありません。
    例えば、Wikipediaによれば、遺伝する癌として
    ・女性のBRCA1遺伝子がもたらす、乳がんあるいは子宮がん
    ・多発性内分泌腺腫(multiple endocrine neoplasia) - 遺伝子MEN types 1, 2a, 2bによる種々の内分泌腺の腫瘍
    ・p53遺伝子の変異により発症するLi-Fraumeni症候群(Li-Fraumeni syndrome)、(骨肉腫、乳がん、軟組織肉腫、脳腫瘍など種々の腫瘍を起す)
    などがあります。
    また、遺伝する癌ではないにしても癌になりやすさはある程度遺伝するものと思われます。

    ユーザーID:3488985953

  • どうか受けてもらって

    うちの母も同じことを言っていました。
    「私は癌家系じゃないから平気。でもお父さんは癌家系だから金魚鉢は注意しなさい」…。

    母がなったのは乳がんと大腸がんです。立て続けです。
    母は一度も癌検診を受けたことはありませんでした。乳がんの発覚は別のことで病院に行った時です。
    すでにリンパ転移しており、乳房は全摘、腋のリンパも取り去り、手術から2年経った今も浮腫を予防するためにリハビリが欠かせません。その後大腸がんも見つかりましたが、これは早期ですこし気が楽でした。
    今は元気にしていますが、乳がんのリンパ転移がはっきりしている以上、今後もいつどこで再発するかわからないし、新たな癌ができる可能性もあります。

    今や癌=死ではない、とはいえ、やはり怖い病気です。
    私は母の乳がんに関して、後悔してもし足りません。引きずってでも検診を受けさせていれば…今も痛々しい傷跡を見るたび、思い出すたびに悔しくて涙が滲んできます。
    どうかお母様を検診に引っ張って行ってください。
    トピ主さんにこんな思いをしてほしくありません。

    ユーザーID:6970692415

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧