エスカレーター 右か左?

レス55
(トピ主0
お気に入り18

生活・身近な話題

kame

レス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 東西分岐点はないと思います。

    仙台は、以前は地下鉄やデパートは、大阪と同じに右止まりでした。
    ところが、最近、JR仙台駅では左止まりの時のほうが多いです。
    東京からの観光客や出張者のせいではないかと感じます。

    ちなみに、出張中見たんですが、静岡で、地元っぽい人たちが右に
    列を作っていて、そこに旅行者らしき人が左に止まったので、地元
    っぽい皆さんが困ったようにもじもじしていたことがありました。

    そんなに気にしなくてもいいと思うんですが(笑)

    ユーザーID:9058221242

  • 私の知る限り・・・

    東京→左、大阪→右、北米・ヨーロッパ→右

    そして先日名古屋に行った時に「どっちなの〜?」と期待して行きました。
    結果、右。

    え?名古屋は東京寄りのしきたりだと思ってたのに
    裏切られた〜(!?)と思ってしまいました。

    でも名古屋の方が「左」と書いてるじゃありませんか。
    私が見たのは地下鉄のエスカレーターででしたが、違ったのかな〜。

    偶然関西の人ばかりが列に並んでた?

    東京でもごく稀ですが、全員右に寄っている時があるんですよね。
    外国人と関西人の列なのかな?と思ってますが・・・。
    そんな時は私も右に寄ります。

    ああ、東京の人も前列までが右に寄ってたら、躊躇なく右に寄るのか。
    自力で登る人の邪魔にならなきゃどっちでもいい、と思うものね。

    ユーザーID:5533582627

  • 三重県出身で奈良県へ進学しました

    多分三重県が境だと思われます。
    ・・・が正確ではないんですよね。

    奈良の八木駅では大阪と同じで右が立ち止まる方でした。
    でも、地元(三重県内)の駅では誰も片側に立ちません。
    両側に並んで立ったり、各自好きなように立ってます。
    田舎なので(笑)
    同じ三重県でも鈴鹿や四日市等の北の方に行けばまた違うのかも。

    ちなみに名古屋に行ったときは左側に立ちます。

    ユーザーID:8287212060

  • アナウンス付きエスカレーターがあった

    大阪は北摂生まれの北摂育ちです。
    ずっと阪急電車を利用していますが、物心付いたときから
    駅のエスカレーターに乗るとこんなアナウンスが流れていました。

    『お歩きになる方のために左側をお空けください』

    こんな刷込み教育のせいか、40代半ばになった今でもついつい右側に乗ってしまいます。
    今にして思えば、大阪万博のためのマナー教育の一環だったのかも。

    今は真ん中推奨なんですね。勉強になりました。

    ユーザーID:5565045514

  • 広島県西部に住んでいます

    広島は左止まりです。
    たまに右止まりの方もちらほら見かけますが、左が多いです。
    でも先日岡山駅を利用した時は、右止まりの人が
    ほとんどでした。
    四国から新幹線へ乗り継いだ関西の方が多かったの
    かもしれませんが、広島とは隣の県なのに違うんですね。

    ユーザーID:8471317063

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 鉄道会社が止まりを右か左か検討したそうですが?

    人から聞いた話ですが、鉄道会社(運輸省?)が右に立つか左に立つかスタンダードを決めようという会議が行われたそうです。
    日本人は右利きが多いので右手でレールをつかみ右に立つという意見が多かったけど、左利きの人や右手が使えない人もいるので
    結論として、人にやさしくということでエスカレータは急ぐ人は階段で、右に立つか、左に立つかは個人の自由にして右か左かを
    決めないという結論になったそうです。
    それとエレベータで走るのは非常に危険です。京葉線の事故のようなこともあるので、それとエレベータを駆け上がる人がいても
    止まらないようにモータを出力の大きいものを採用しているとか、つまり駆け上がるのは省エネにも反しているということです。

    ユーザーID:6358631101

  • 危険性の問題は別にして…

    国際標準?
    そんなもの、ないない!
    大阪万博に関しては、ただ単に見本とした国がそうだっただけの事。
    どちらが正しいとか、決まりなんてありません。

    何かで読んだ事があるのですが、どちらに立ち止まるかは車の動きに関係がある、との事。
    つまり、車が右側通行の国では「立ち止まる人が右、歩く人が左」が“多く”、逆に、車が左側通行の国では「立ち止まる人は左、歩く人は右」が“多い”。
    欧米では車が右側通行の国が多いので、当然、人もそれに倣っているだけです。
    実際、車が左側通行の国であるイギリスやオーストラリアでは、東京と同じように「立ち止まる人は左、歩く人は右」が圧倒的に“多かった”ですから。
    (欧米でもアジアでも、日本のようにほぼ100%なんて事はなく、必ず何人かは反対側に立ち止まっていました)


    余談ですが、何処の国でも言われましたよ。
    「もともとは急いでいる人への思いやりから始まった事。片側だけ開いていれば通れるので、どちらを開けるかは自由。だって、片方しか立ち止まれない人だっているはずですから」と。

    ユーザーID:5254704764

  • 宮城です

    境界線ということでは意味のない地域かも知れませんが、
    私の地域(仙台ではありません)では左右どちらが立ち止まり、歩きというのが全くないので、以前テレビで見た後に、大型スーパーで注意して見た事があるのですが、見事に左右ごちゃごちゃでした。
    でも、誰も歩いたりしていないので、小さいお子さんを両側から手をつないでいたり、二人で並んで乗って話していたりとそれはそれで平和です。

    だから、たまに東京に行くとうっかり右側に立っています。
    テレビでメーカーさんが言っていたように負荷を分散させるにもいいし、急いでいる人がいなければいいか、とそのままにすることも多いですけどね。

    ユーザーID:9391489970

  • ロンドンでは

    地下鉄のエスカレーターは、右に立つよう、あちこちに表示されています。
    走るのは危険だからやめて下さいとの但し書きはありますが、
    歩いて上り下りする事は公認されており、左や真ん中で立ち止まってると、
    急ぐ人から、注意されます。
    注意されるのは、大抵、観光客とかの不慣れな人です。

    その習慣が身についているので、
    他のデパートや公共施設等でも、右に立つ人が多いですが、
    特に表示がされてない場合は並んで乗ったりする人もいるし、地下鉄より自由です。
    ただ、左側にあえて立つ人は少ないと思いますが…。

    アラフォーさんの経験では、左が多かったとの事ですが、
    私の知ってる限りでは、まずありません。勘違いされてるのではないですか?

    こちらの地下鉄ではもう何十年も前からずっと同じ規則なので、
    日本のエスカレーターが片側立ちは不安定とか、
    危険だとか言うのを聞くと違和感を覚えます。

    世界の多くの国で出来る事が、なぜ日本では無理と言うのか?
    技術もルールも安全な環境作りも、出来る事はありそうなのに、
    単に責任逃れがしたいだけなんじゃないかと思います。

    ユーザーID:9559938141

  • 大阪万博経験者です(少々横)

    10代の頃リアルタイムで「大阪万博」を経験した、東京在住の者です。

    大阪は万博の時に「右」にした、との事ですが…
    ???
    私の覚えている限り、そんな事はありませんでしたよ。
    万博会場では、ほとんどの人が2列になって「エスカレーター」や「動く歩道」に乗っていました。
    (ひょっとして「万博会場」ではなく、「近郊の鉄道各社」の話ですか?
    それなら納得しますが)

    私が、エスカレーターで片側を空ける事を初めて知ったのは、もっとずっと後、今から30年ほど前くらいです。
    場所はアメリカでした。
    当時の日本では、「エスカレーターの片側を空ける」なんて発想は、まだなかったと思いますので、かなり驚きました。

    確かに、アメリカでは「右に止まり、左を空ける」が“主流”でした。
    でも、必ずしも決まっている訳ではなく、逆の人もいました。
    また、イギリスでは「左に止まり、右を空ける」が“主流”だったと記憶しています。
    ですから、一概に「欧米では」「世界的には」とは言えないと思います。

    要するに、どちらか片側を空けていればいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:5791310160

  • 決めてない

    電車やバスが時刻どおりに来るのは日本だけだとか。おまけにエスカレーターまで駆け足で上がるんですね。

    エスカレーターの安全基準としては「中央に立つ・歩かない」となっています。
    ただ、手すりを持ちたい人もいるでしょうから、持つなら右か左に寄ることにはなりますね。

    私はどちらとも決めていません。デパートなどで2段前の人が右側に寄っていたら左側に寄ります。他人のお尻は見ていたくないので。
    あとは荷物を持っているかいないかでも違います。多段のエスカレーター自体が右回りか左回りかでも違います。
    ただそういう土地へ行けばそれに合わせますが。

    ユーザーID:7143343324

  • 鯨夢さんと同じ

    私も以前テレビで見ました。
    東京から西方面へ、一駅ずつ検証していました。
    結果、関が原が境目でした。

    私が見たのは10年以内なので、番組は違うかもしれませんが。

    ユーザーID:4319377989

  • もうでてるけど・・・

    新幹線の駅で言うと米原か岐阜羽島です。
    要するに、中部地方が境界線になります。
    以前、テレビで調べてましたよ。
    西日本と東日本の境界線と同じと考えても良いかもしれませんね。


    地元は福井ですが、2列で乗ります。
    私は東京在住なので地元に帰っても普通に左に寄ってしまいますが、
    地元は片側をあけない人が多いと思います。
    一人で乗る時も本当にばらばら。
    どちらかに寄る人もいれば真ん中に立つ人もいる。
    どちらかに寄るのも結構適当。
    利き手でベルトに掴まりたいとか、荷物持ってない方の手でベルトに掴まりたいとか
    そんなレベルで立ち位置が変わります。
    急ぐ人もいないのでこれで十分。

    ユーザーID:2869122919

  • 多分阪急電鉄

     左を空けてと最初に言い出したのは阪急電鉄で、万博の頃に梅田駅を北側に移動させ現在の位置持って来たため駅が遠くなり、その代わりに動く歩道を設置した際にそのように呼びかけた、と新聞の記事で読んだ記憶があります。確か、その際に参考にしたのは英国と書いてあった思います。但しこれはあくまで動く歩道であり、エスカレータでは無かったように思います。
     地域限定とは言え、この習慣を経験した人は少なくとも延べ人数で言えば既に数億人規模に達していたであろう時期に、何故JR東日本は反対の習慣を根付かせようとしたのか理解に苦しむ所です。
     所で、ロンドンでは右に立つようあちらこちらに表示があるとのレスがある一方、イギリスでは左に立つ人が多いと言うレスもあります。どちらが本当なのでしょうか?

    ユーザーID:4222616479

  • 左・右に統一せずとも・・・

    先に乗っている人の後ろに立てば、おのずと片側が空くじゃないですか。「片側を空けなければ」という意識があれば普通はそうします。

    何故、左右どちらかに決めたがるんでしょうか?不思議です。


    利用者の中には、小さい子の手を引いている親・大きな手荷物がある人・杖をついているお年寄りなどいろんな人がいます。幅一杯に使いたい人もいるんですよ?
    急ぐ人はまわりに配慮して追い越しをして欲しいですね、本来の使い方とは違うことをしているわけですから。

    そもそもエスカレーターを駆け上がらなければならない状況を作っているのは時間管理ができていない本人なんです。そんな人間のために片側を常時空けておいてあげようなんて・・・私にはとても無理。マネできません。

    もしあなたが大急ぎでエスカレーターを駆け上がっている時に邪魔なヤツがいたら・・・それは多分私です。


    あの程度の距離を駆け上がったって、短縮できる時間は僅かですよ?

    「右だ!」「いいえ、左よ!」ではなく、

    『自分本位な追い越しはしない』

    これが日本人らしい美徳のこもったマナーであるべきだと思います。

    ユーザーID:7139664265

  • イギリスでは右に並んでいました

    昨年一年間イギリスで暮らしました。ヨーロッパ旅行した際にも右ばかりでした。大阪がグローバルスタンダードだったのかと、感心しました。
    東京は左一列ばかりですが、昨日成田空港で、なんと右並びに遭遇しました。思わず、「ここはヨーロッパなの?」とつぶやきました。

    ユーザーID:7483538181

  • 横ですが、hare様

    私も「イギリスでは左に立ち止まるもの」と思っておりました。
    というのは、何回かトランジットでヒースロー空港に立ち寄った際、ほとんどの人が左側に立ち止まっていたからです。
    また、添乗員も「左側に立って下さい」と言っていました。
    なので、てっきり「イギリスは左」と思い込んでいました。
    そうそう、真ん中に立っている人もいましたが、誰にも注意されていませんでしたよ。
    空港と街中では違うのでしょうか?
    それとも、たまたま私が行った時だけ??
    でも、1回や2回じゃないし…不思議です。
    あ、それから2回ほど乗り継ぎの関係でホテルに滞在した事もあります。
    時間的に外出は無理でしたので、街中は知りませんが、やはりホテルでも左側に立っている人の方が多かったように思います。
    これも例外なのでしょうか?
    まさか、観光客専用とか??

    空港やホテル=イギリスとは思いませんが、判断材料の一つにはなるでしょうし、少なくとも私と一緒にツアーに参加した人達は「イギリスは左側に立つ」と思ったと思います。
    ただし、10年くらい前の事ですが。

    ユーザーID:8591357427

  • イギリスでは、左とおっしゃる方へ 1

    これはロンドン交通の公式サイトにある地下鉄の写真です。
    青い標識部分、また写真下の説明文にも右に立つよう書いてあります。
    http://p.tl/r9wW

    そのため、繰り返しになりますが、地下鉄以外の場所でも、
    表示が無くても、習慣的に右立ちが多くなります。

    ヒースローに問い合わせた所、公式に立ち位置を明示、規制してはいないが、
    右に立つことを推奨しているとの事です。

    また、ホテルは、顧客業なので、デパート等と同じように規制はされていないのだろうと思います。

    ただ、今回検索して驚いたのですが、日本語でロンドンのエスカレーター情報を調べると、
    右を空けると勘違い、又聞き?して書かれている人が多数いるようです。
    出来れば英語で検索してみてください。

    ちなみに、イギリス在住ですが、10年前でも、20年前でも同じです。
    ロンドン生まれのイギリス人に聞いても、なぜそんな当たり前の事を聞く?という感じでした。

    なのになぜ、右を空けると勘違いしている人が少なくないのか、
    今日、地下鉄を利用して、気づいた事がありました。

    続きます。

    ユーザーID:9559938141

  • イギリスでは、左とおっしゃる方へ 2(続き)

    地下鉄のエスカレーターでは、右に立つ(stand on the right)と表示。
    しかし、その他の通路や階段では時々、左側を歩く様に(walk on the left)表示があります。

    一瞬、「あれ?左?」と迷いますが、よく考えると、一貫しています。

    前に進みたい人は、エスカレーター、通路、階段でも左側を使う。
    右側は、反対方向から来る人、止まりたい人の為に空けておく。
    つまり、左側を歩けば、いつでも立ち止まらず進めることになります。

    実際には、駅の複雑な構造等で例外もありますが、
    規則としては、概ねその様です。

    以上を推測すると、イギリスでは右側という方は、この表示を勘違い、又は、
    間違って伝授されたのではと思いました。

    日本語では気づく事も、元は英語表示なので、
    単純に「右right」停止、「左left」側通行、の左右の部分が印象に残れば、勘違い、記憶違いも頷けます。

    このルールは、地下鉄で人間が移動する場合で、一般道とは違うかもしれませんが、
    これで「イギリスのエスカレーターでは右側立ち」が理解してもらえると思います。

    ユーザーID:9559938141

  • シドニーと香港は右

    シドニーと香港は右です。大阪と同じ。京都ははっきりいってばらばらですね。

    ユーザーID:7311073603

  • 「ずっと京都」さんと同じかなー

    私も京都人です。

    20歳までは地下鉄沿線に住んでいて、立ち止まるときは左側でした。
    その後、京阪沿線に引っ越したら、京阪は逆でした。
    大阪は左を空けるみたいなので、その影響かなぁと勝手に思っていました。
    JRはほとんど利用しないのでよくわかりませんが、確かに混在している印象がありますね。
    いずれにせよ、「前の人に合わせたらいいんとちゃうの?」と思います。

    でも、なぜかデパートでは片側に寄ったりしませんよね(京都だけ?)。
    ショッピングセンターでは片側空けますけど…
    デパートは急ぐところじゃない、ってことかなぁ。

    ユーザーID:6725096243

  • 少し訂正と補足

    イギリスでは、左とおっしゃる方へ 2(続き)

    の中で、

    >以上を推測すると、イギリスでは右側という方は、この表示を勘違い、又は、
    >間違って伝授されたのではと思いました。

    の部分は、「イギリスでは右側を空けるという方」の間違いですので、
    訂正しておきます。

    補足ですが、、地下鉄通路、階段での左側通行のサインは、
    エスカレーターの右立ち表示よりずっと少ないので、気付きにくく、
    すべての駅で徹底されてる訳ではありません。

    私の印象では、エスカレーターの規則が、
    概ね95−100%守られているのに対して、
    左側通行は、特に規制されてない場所もあり、
    その他、時間帯、混雑状況により、0−95%と、幅があります。

    ただ、これがイギリスは左側立ちの誤解の一因かもしれないと思ったので、
    書きましたが、他の原因があるかもしれませんね。

    長々と失礼しました。

    ユーザーID:9559938141

  • 新事実発見に納得(トピ主の代わりにまとめ)

    hareさんレスのリンク先を確認しました。
    「Stand on the right」とあり、右側を歩け等の誤訳は無理なので確定でしょう。

    さて、京都では地下鉄が左止まりの呼びかけを2002年春まで続けていた
    という新聞社ソースの記事を見つけました。
    つまり明確な左止まりルールが数年前まで存在していたことになります。
    地下鉄や、地下鉄と連結しているJR山科駅が綺麗に左止まりなのに納得できました。

    ただこれまでの報告では一名を除いて全員がどっちもあるとしており
    時間帯や場所、鉄道によって左だったり右だったりが混在しているようです。
    よって、京都は左右どちらかに必ず寄る、で結論が出せるかと思います。
    TVの検証結果より西にずれたのは、関が原だと番組的に盛り上がるからという理由や
    西へ一駅ずつの検証のため、京都にたどり着く前に終了したということ等が考えられます。

    トピ主が全く現れないのでここまでの勝手なまとめ
    ・岐阜〜京都間は中立緩衝地帯
    ・大阪以西と以南は右止まり、右止まりの西の境は要調査(岡山か?)、仙台は飛び地
    ・イギリス、アメリカは右止まり

    ユーザーID:3632364043

  • 急ぐ人のためというよりも

    「輸送力」確保のためではないでしょうか? ラッシュ時などに皆が並んで立ち止まってのっていると、人数がさばけないうちに次の電車が来てしまいます。で、どんどん滞留することになります。特に昨今のバリアフリー対策で、エスカレータ設置にあたって場所を確保できないがために、単に既存の階段から置き換えたような駅でこのような光景が顕著なようです。「輸送力」という観点では階段のほうが勝るようです。というわけで、ピーク時の一部の駅では、歩行は「必要悪」といったところでしょう。

    ユーザーID:4168940188

  • Londonは大阪と同じでした。

    ヒースロー空港で乗り換えたとき、エスカレーターの左側に立っていると、親切な叔母さまが、”右に立つって書いてあるわよ”というサインを指差して教えてくれました。

    以前住んでいた国のマレーシア、シンガポール、タイでは左でした。

    ユーザーID:9328027263

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧