• ホーム
  • 何を着たらいいかさっぱりわからなくなりました

何を着たらいいかさっぱりわからなくなりました

レス13
(トピ主3
お気に入り112

美容・ファッション・ダイエット

ももこ

先日30女になったものです。タイトルのとうり、最近プライベートで何を着たらいいのか、
さっぱりわからなくなってしまいました。
高校(制服)を卒業して大学生になったばかりの頃は
、大人っぽくみられたくて無理してOLのような格好をして学校いってました。
その反動か、実際社会人になってからは、
休日はラフなジーンズにTシャツ(ユニクロ)が25歳くらいまで続きました。
これじゃやばいと思ってそれ以降は、週末は、伊勢丹等で購入した綺麗めなジーンズにカットソーや
カシミアのセーターで、仕事は基本、スーツです。
物がふるくなって新しいものを買いに行っても、流行はわからないし、ついていく気もないし。。。
でいつも同じような物ばかりです。基本的にシンプルで質の良いものが好きです。
買い物にいっても結局、商品の多さに圧倒されてしまうし、
自分には必要か?とか考えはじめると何を買ったらいいかさっぱりわかりません。
30代になったので、それなりに若作りではない、
でも若々しく、品のある格好を目指していますが何をためしに着たらいいのかさっぱりわかりません。
同じような状況のかた、またはそんな経験があった方いませんか?

ユーザーID:7444681865

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分のファッションを再整理しました

    お気持ち分かります!私は20代は仕事をしていて毎日スーツを着ていればいい状態だったのが、子供を産んで専業主婦になり完全に着るものが変わり途方に暮れました・・・オフィスならシンプルで地味目の服+ジュエリー+ヒール靴があればサマになったけど、子育てカジュアルだとシンプル服+ノーアクセ(子供が引っ張るから)+スニーカーで、なんだかひたすら地味でラフな人に・・・カジュアル下手だった私はどうしていいか分からなくなり、3年ほどは「とりあえずユニクロ、でもお洒落がちっとも楽しくない」状態でした。妊娠が2回あって着るものも限られる上に専業主婦は予算も超タイトだし、洗えるものしか着られないし。年齢が変わると微妙に似合うものも変わるし。今までの自分なりのお洒落セオリーが一旦ゼロになった感じでした。

    で、やっと今年からワードローブを徹底して見直して、少し方向性が見えてきたところです。私がとった方法を書いてみますね。

    ユーザーID:0850254222

  • 続きです

    まず最初に、自分が気に入ったテイストの雑誌を2冊ほど買ってきて、好きだと思うページだけをどんどん切り抜きました。そしてそれに付箋を貼って、そのコーディネートのどこが好きなのかを分析して書きました。色遣いなのか、シルエットのバランスなのか、など。それを並べていって「そうか、私は今はこういうのが着たい気分なんだ」というテイストを把握しました。今まではシャープなものが好きだと思っていたけど、結構今はカラフル気分かも、とか。流行を意識していなくても無意識に「今流行しているもの」って結構素敵に感じていたりするんだ、ということも自分で分かったし、流行とは違う自分の好みの核みたいなものも、なんとなく分かってきました。

    次にそれらのなかで「自分が実際に取り入れられそうなもの」を選びました。ファッションは生活や職業に応じて制限される部分もあるし、似合う似合わないの観点からも。例えば私はシンプル服にアクセたっぷりのコーデが本当は好きだけど、子育て中の今はアクセは我慢してその分服は少しカラフルにしたりして地味になるのを避けることにしました。

    ユーザーID:0850254222

  • 続きです2

    そして次に、ワードローブのベースカラーを決めました。今まで着てきたいろんな服を思い起こして、似合う色と似合わない色があることを再認識。着たくても似合わない色系統は諦めました(本当はシックなブラウン系が大好きだけど似合わないから諦めて紺ベースと黒ベースに絞りました)。

    また、シルエットパターンも3種類くらいに絞りました(背が低いからロングスカートを使ったバランスは諦めて、膝丈スカート+トップス、七部丈パンツ+トップス、チュニック+細身パンツ、に絞りました)。このときに「よくはく主力靴」を想定しておくのは大事だと思いました。華奢系ヒールとぽってりフラットシューズでは、似合う全身バランスは全然違っちゃうので。

    これらに基づいて、ワードローブの基本路線から外れる服はレギュラーを外し、箪笥内を整理しました。その時に着てみて「実際に似合っているか」も確認するとなお良しです。アタマで考える自分イメージと実際の姿は少しずれていたりするので。そして、その路線にそって少しづつ新しいアイテムを買い足すことにしました。基本が決まっていると無駄買いは驚くほど減りました。

    ユーザーID:0850254222

  • 自分が気持ちいい格好が一番!

    私は42歳女性で人に会うことが多い仕事に従事しています。
    ですので、「制服」と思ってアポがあるときには嫌いだけどスーツを着ていきます。でもアポがないときには、思いっきり好きな格好をしています。

    トピ主さんが「何を着ていいのか分からない」という問題に突き当たるのはなぜかというと「30代になったから」と年齢を気にするからだと思います。そんなの気にする必要ないと思います。自分らしさのアピールは服装で決まります。自分が気持ちよい、自分としっくりするスタイルがあるはずなので、年齢が・・・とかいう枠内で考えを制限することから無理が無理が生じてきます。

    要は重要なのは、服装のTPOさえ押さえておけば、あとは自由でいいんです!


    わたしはアポがないときに着ていく会社への服とプライベートの服もまた分けて着てます。プライベートだと、未だにミニスカートで闊歩してますけど。

    ユーザーID:8626136607

  • 続きです 3

    それからとりあえず沢山試着してみると、似合うものや似合わないものの傾向が結構分かったりします。沢山着てみるのは大変でも、ウインドウショッピング中に全身鏡の前で服を当ててみるだけでも意外といろんなことが分かります。例えばアクセントになるようなスカートを選ぶのでも、ぱっと見で気に入った凝ったプリントのシックなものより、「少し派手?」と思うくらい鮮やかなカラースカートのほうが断然着映えして似合ってる!とか、トップスの顔映りのいい色・悪い色の傾向とか、似合うスカート丈とか。そうした経験をメモしておいて、自分にとって似合うもの・似合わないもの・鬼門服の傾向を掴むといいです。

    また、私はシーズンごとに今のワードローブについて不満に感じていることを書き出して、そのシーズンに買い足すものを決めます。例えば「夫実家とか幼稚園行事などで着る『ちょこっとだけきちんと』系の服が足りない」とか、「全体に無地ばかりで寂しい」「女らしい服もたまには着たい」といった問題点を書き出しておいて、「じゃあ今シーズンはきちんと系の柄スカートを投入しよう」と決めるとか。漫然と買うよりワードローブが効率化されやすいみたいです。

    ユーザーID:0850254222

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 続きです 4

    ダラダラ沢山書いてすみません。これで最後です。

    また着まわせる服を考える時にも、雑誌の切り抜きを活用します。よく見かける「30日着まわしコーデ」みたいな記事は、漫然と読んでいると「いろいろ着まわせるんだな」という印象だけで終わってしまいますが、手持ちのアイテムに似たものが使われている写真(例:きれい色カーディガンを着ている写真)だけを切り抜いて集めてコピー用紙とかに貼り付けてみると、そのアイテムの具体的な着まわし方がはっきり分かります。こうしておくと買い足すものもすごく分かりやすいです。

    さらに、手帳に手持ちの服を色別×アイテム別(トップス・ボトムスにざっくり分け)の表にして書き付けておきます。買い物の時に迷ったらこれを見て、「本当の自分のワードローブに入れて戦力になる?」と考えます。こんなちょっとしたメモがあるだけでもすごく考えやすいです。

    こうして似合うものだけで構成された&整理されたワードローブにすると、毎朝の服選びが格段に楽になりました。私の今の手持ち服は普通の人の半分から三分の一くらいの量なのですが、沢山持っていた頃よりも逆に服に迷わなくなりました。

    ユーザーID:0850254222

  • ことり様

    レスどうもありがとうございます!!!今月30になったばかりです。先月までは29歳というと”ふ〜ん”だけの反応だったのに、30ですと言うと、尾ひれのついた反応ばかりされます。
    いいのでは”若く見えるねー”で、悪くなると”もう全然わかくないじゃん!”。。。だから余計に服装と年齢が気になるのでしょうか。。。
    私、あまりお洒落に興味がないので、本当に何を着たらいいのかわからいのです。だから、スーツは大好き!なんです。なんせ最初から組み合わせがきまっていますから。ことり様の言うように、TPOさえおさえて、自分が気持ちのよい服装をしていればいいのですよね。
    ただそこにお洒落感が加わって、もう少し着まわしのパターンが増えるとうれしいなーと、お洒落感覚ゼロの者は思ってしまいます!

    ユーザーID:7444681865

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 30代の主婦さま

    丁寧な回答ありがとうございます!じっくり読ませてもらいました。続2までの内容の様なことは、自分でも頑張ってやっていました。どうやら私には続3〜が必要らしいです。実際に自分に似合うシルエット、色はわかっているのですが毎シーズン、何を買い足して言ったらいいのかわかっていないかったようです。
    今まで買い足していたものは古くなったからTシャツ買い替え、ジーンズ一本買い替え、と消耗してからのお買い上げでしたけど、目的別に買うと確かに確実にそのお洋服を着ますし、なによりもムダがはぶけますね。あと雑誌の30日着まわしは”見てる分には楽しい”程度にしか参考にしていませんでした。
    自分のもっているシルエットや色でも、雑誌の切り抜きで試行錯誤すると、もっと色々きまわせるかもしれません!私は本当にお洒落感がゼロで、あまり沢山物をもつことが好きではないので、これは本当に役にたちそうです。ありがとうございます!

    ユーザーID:7444681865

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 光野 桃さんの 「おしゃれの視線」という本

    をもし良かったら読んでみてください。女性雑誌編集者がイタリアに引っ越し、なにをきたらいいかさっぱりわからなくなっちゃった話(ノンフィクション)ですが、心に響きました。

    「しばらく服を買うのをやめてみたら?」とアドバイスされた著者の姿が自分とだぶりました。そのほかも結構すとんとくるエピソードがたくさんありました。

    ユーザーID:7283652267

  • ワードローブシステムの作り方

    再レス失礼致します。トピ主さんは「似合うものは分かってるけど、コーディネートやワードローブ構成が苦手」なタイプ&そんなに凝った100点満点のお洒落さんになりたいわけじゃなくて、毎朝迷わずに着るものを決められて、コンスタントに80点の格好がキープできればいいという感じですか?だったら、一度ワードローブを整理してシステム化しちゃうと、かなり楽ですよ!「主役にするアイテム」「脇を支えるシンプルアイテム」の組み合わせ別に、コーディネートの基本的な仕組みを作ってしまうんです。例えばトップス+ボトムスのコーディネートをシステムにする場合を挙げてみますね。

    システムA:トップスを主役にするコーデ。きれい色や流行シルエットのトップス+シンプルな無地のパンツやスカート。

    システムB:ボトムスを主役にするコーデ。シンプルな無地・ベーシックカラーのニットやカットソー、白シャツなどのシンプルトップス+柄や鮮やか色のカラースカート。

    システムC:服はあくまで脇役で小物を主役にするコーデ。システムAで使ったボトムスとシステムBで使ったトップスを組み合わせて、少しインパクトのある小物を主役にする。

    続きます

    ユーザーID:0850254222

  • ワードローブシステムの作り方 2

    特にベーシックなシンプルアイテムを集める時に、黒・ベージュ・グレー・茶・紺・・・と満遍なく買わずに、ベースカラーを一色に決めるか、茶&ベージュ、黒&グレー、というように相性のいい色2色くらいに絞ってその色のアイテムをワードローブの核に据えると、システムCのコーディネートが非常にしやすいです。また自分の定番となるスカート丈や肌見せ加減などを意識しておくと、どのアイテム同士で組み合わせてもバランスがとりやすくなり、なおさらワードローブは活性化されます。

    さらに「お気に入りアクセントカラー」も季節ごとに数色に絞っておくと、「きれい色カーデの色がスカートの柄に含まれている」、「ストールの色とスカートの柄の色がリンクしているなど」、一見凝ったように見えるコーディネートが効率的に出来て、もっと着まわしがしやすくなります。

    でも「応用力のあるアイテムだけにしすぎて、なんだかいつも同じ格好に見えちゃう」罠もあるので、主役に据えるアイテムには流行のテイストや鮮やかな色、大胆なプリントなどを適度に入れてあげると、着まわしが全体に活性化されてくると思います。

    ユーザーID:0850254222

  • ワードローブシステムの作り方 3

    そしてこのシステムを念頭に置きながら手持ちの服を整理してみます。すると「ベースカラーがバラバラ」とか、「シンプルなトップスが少ないせいで柄スカートが活躍できてない」とか、「全体にシンプルで地味なアイテムばかりで寂しげ」とか、問題点と買い足すべきものの方向性が分かってきます。ここまで考えてから買い物に行くようにしてから、売り場で沢山の服があるのに「自分が着るべき服」がない・・・と呆然とすることがなくなりました。我流で恐縮ですがよろしければ試してみてくださいませ。

    それから、私のお勧めはスタイリストの押田比呂美さんの書かれた本(何冊か出ています)です。ワードローブの作り方が非常に合理的に整理されていて、予算のメリハリのつけ方、アイテムの選び方などがとても丁寧に解説されています。また私が一番参考になったのは、限られた時間や予算のなかでワードローブを考える時に、拘るべき部分と割り切るべき部分の区分けの仕方。「ここまで割り切っちゃったほうが、却ってお洒落になれるんだ!」というのは目からウロコでした。お勧めです♪

    ユーザーID:0850254222

  • 30代後半さま

    返事のレスが遅くなって申し訳ありません。
    しばらく間があいてしまったので、パスワードがあっているかわからないのですけどトピ主です。
    ア○ゾンで光野桃さんの本検索しました!けっこういろいろなご本を書かれているかたなんですねー。
    トピずれですけど、元々読書が大好きなので、新しい作家の方の名前を知ることができてかなり嬉しいです(笑)。しかもア○ゾンのレビューで”数多いエッセーストのなかでも唯一好きな物書きさん”なんてコメントしている方までいて。。。ありがとうございます!

    ユーザーID:7444681865

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧