夫がうつで休職しました

レス24
(トピ主4
お気に入り48

心や体の悩み

入道雲

夫が日曜日の夜に「精神科か心療内科に明日行く。」と言いました。

2週間前に朝に胃もたれがして下痢もするからと
消化器系の病院で薬をもらい1週間飲んで良くなったと思っていましたが、
さらに頻繁にトイレへ行くようになり下腹部も痛くなったとのことでした。

「多分、ストレスからきている。会社は辞めたくないけど、休職したい。」
と言われ、とても驚きました。

夫は37歳で、今年の4月に仕事の部署が変わりました。

仕事内容を覚えることも大変な上に
直属の女性の上司に間違いをきつい口調で嫌味っぽく注意されたり、
「分からないことはすぐに聞いて」と言われ質問をしてもつっけんどんな態度をとられ、結局あまり教えてくれないいたそうです。

仕事が大変な様子は感じていましたし、
数ヶ月から毎日甘いものを口にするようになりました。
ストレスから好物の甘いものを食べたいんだろうなと何も言わずにいました。

今月に入り、目の色が変わった気がしました。
笑顔も作っている感じで、声にはりもなくなったような感じがしました。
テレビをみていてもどこかうつろで、元気がないなと感じ不安でした。

最近は毎日のように「会社で何かあったの?」「辛くない?」と私が聞いても
もともと愚痴や人の悪口を言わないタイプの夫は
「大丈夫だよ。元気だよ。」といつも返答していました。

食欲が無くなったら危ないなと思っていましたが、
食欲はいつも通りでしたし、お昼のお弁当もしっかり食べているようでした。
夜も眠れているようでした。

(続きます・・・)

ユーザーID:7405903797

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです

    そして月曜日の朝、一緒に精神科・心療内科へ行ってきました。
    うつ症との診断で、1〜3ヶ月の休職を勧められました。
    診断書にはとりあえず2ヶ月と書いてもらうようにしたようです。
    そしてまた、血尿があり腎臓が弱っているようで水曜日に泌尿器科へ行く予定です。

    月曜日の午後、会社を訪れて何人かの(女性上司よりも地位の上の)上司と話し合い
    ゆっくり休んでいいからと優しい言葉をかけられたそうです。
    女性の上司の件も言ったそうですが
    どこまで親身に聞いてくれたかは分からないそうです。

    今まで15年間、一度も会社を休んだことも
    早退したことも遅刻したこともありません。
    責任感の強い、そして優しく思いやりのある夫です。

    夫がどんなに辛い思いをしてきたんだろうと考えると涙が出てきます。
    最近は家でも何かちょっとミスをすると
    「だめな人間だからうまく出来ない。」と言うことが多くなっていました。

    もっと早い段階で夫の異変に気付き重大な問題だと認識できなかった自分を責めています。
    これから2ヶ月間、どのように夫に接し過ごしていけば良いか
    どうか駄目な妻である私に助言頂けますようお願いいたします。

    ユーザーID:7405903797

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 私も欝で通院中です(1)

    ご主人辛いですね…。
    心療内科へは奥様も一緒に行かれたんですね。
    私は専業主婦で40代半ばです。去年大きなストレスが掛かる事が起き、一段落してホッとしたら今までにない体調不良になり、余りの元気の無さに主人が心療内科へ連れてってくれました。私の場合の症状は…

    ・朝、起きられない
    ・罪悪感・無気力・
    ・自分を否定する ・訳もなく涙が出てくる ・食欲低下 ・笑えない ・話をするのが億劫 ・だるい
    ・眠れない・早朝覚醒
    当初はこんな感じでした。    (続きます)

    ユーザーID:2774444010

  • 私もです

    主人も冬に鬱で2ヶ月休職してました。
    今は復帰していますが、それでもまだ無理はしないようにしています。
    私も気づいてあげれなかったこと、
    もっと病気について理解しなければいけなかったこと反省しました。

    私が主人に言っていたことは「適度に適当」 です。
    休職といっても長い人生のうち数ヶ月じゃないか とか
    何事に対しても、適度に適当に片付ければいいんじゃないのー とか
    私の性格が大雑把で適当なので、あまり主人を病人扱いしないようにしてました。
    それが主人にとっては楽だったみたいです。

    ただ一度大げんかをして、主人が過呼吸を起こしてしまい救急車で運ばれたことがあって
    そのとき病院の先生に私は怒られました。
    イライラすることがあっても主人には怒らず「いいんだよー別にー」くらいで
    接してあげないといけなかったと反省しました。

    トピ主様のご主人は趣味などありますか?
    休職中に思いっきり没頭できるものや何かがきっかけで元気になってくるかもしれません。

    あまり助言になってないかもしれませんが
    毎日規則正しくご飯を食べて散歩して…という、ごく普通の生活を送ることは
    とても大事だなーと思います。

    ユーザーID:2264449461

  • 私も欝で通院中です(2)

    ご主人が言う、
    〉だめな人間だからうまく出来ない…って言葉本当に良く解ります。自己否定なんですよね。
    支える側の奥様も大変お辛いと思いますが、いま、出来る事は、ご主人の好きなように1日1日を過ごして貰う事、寝たい時に寝て起きられたら起きる。そして、優しい声掛けをしてあげて下さい。
    ご自分をだめな妻なんて思わないで下さいね。一緒に病院へ付き添い、ご主人の辛さを何とか分かってあげたくてのトピ立てでしょ?優しい奥様に支えて貰ってるご主人は回復もそう遠くないと信じています。頑張って下さいね!

    ユーザーID:2774444010

  • まずはトピック主さんが落ち着く事

    40歳代後半の既婚者です。

    夫はSEで去年の4月に異動による仕事上の人間関係から鬱気味になり
    その年の7月から心療内科に通院し始め8月1ヶ月間休職しました。

    仕事の愚痴や人の悪口を言わず一切を自分の胸の内に納めて踏ん張っていた様なんですが
    限界だったのでしょうね、結婚して初めて生気のない顔で小さな声で「もう無理だと思う」と言いました。
    私も其処まで夫が追いつめられている状態だとは思いもしなくて
    自分の不甲斐なさを情けなく思いました。
    でもね、ここからが妻の踏ん張り処だと思えばいいんですよ。
    医者から診断書をもらって仕事の事を考えなくて済む環境を早く準備した方がいいです。
    ご主人が「普通じゃない」と自覚して判断出来ている段階で早急に休養した方が長引かないと思います。
    後はトピック主さんが家がご主人にとって一番安心出来る場所にすれば大丈夫です。

    私はカウンセラーの方から助言を頂いた通りにして、幸いにして半年程で夫はほぼ元の状態にまで戻りました。
    夫は現在、月1回通院で、仕事も復帰して何とか続いています。
    ご主人の底力を信じましょう、大丈夫。

    ユーザーID:5698962180

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主さん自分を責めないで

    トピ主さんのせいではありませんよ。
    トピ主さんの方が体調を崩してしまわないようになさってください。

    私の知り合いもご主人のようでしたが、今は薬を飲まなくてよくなりました。
    無理しないでください。
    お大事に。

    ユーザーID:4763425708

  • ゆっくり休みましょう

    上司の立場の人もストレスが溜まるのでしょうが、そのはけ口を下にいる人間に向ける人間のなんと多いことか。結局、いい人から心を病んでいきますね。ニートとかフリーターとか差別的な見かたをよくされますが、ではニートの人よりバリバリの会社人間の方が人格がすぐれているかといえば必ずしもそうではないと確信しています。

    本当に心を病んでしまい、社会復帰しようともがいている人がたくさんいます。エールを送りたいものです。休職してまずはゆっくり休んでください。

    ユーザーID:0600207623

  • 夫を適切に支える事ができるようにするための知識を良著から得る

    以前「娘がうつになった」と相談され、図書館で色々読んでから

    『家族・支援者のための うつ・自殺予防マニュアル』 ISBN 978-4309243627

    『女性のうつがわかる―もしかして「うつ」?と思ったら読む本』ISBN 978-4278042627

    をプレゼントしました。前者はびっくりするタイトルですが、うつになった人を支援する立場で書かれていて必須の本です。繰り返し読んでください。次の本は、当時は新刊本という事で選びましたが、お洒落や旅行で気晴らしを薦めるなど患者の苦しみを理解し損なっているように感じられ、前半だけ読んで下さいと手紙に書き添えました。

    『ツレがうつになりまして。』ISBN 978-4344413023

    は、これを読んで「知らなかった!」というような事があるようではまずいと思いますが、すぐ読めるので借りてみても良いかと。親兄弟でうつに関して無理解で、分厚い関連書を渡しても読みそうにない場合などは活用してみてください。

    ところで仕事はどうします? うつなのに無理して仕事すればてきめんに悪くなりますが、辞めれば生活できませんよね。

    ユーザーID:6548671352

  • ゆっくりと

    まずはゆっくり休ませてあげてください。あと、休職中はご主人の気持ちが楽になるように生活することをこころがけるのがいいと思います。

    そして奥様は勉強しましょう。
    今は本だけでなく、ネットでも色々と「うつ」についてや対処法や家族の心得などたくさん書いてあります。やってはいけないこと、注意すべきことなどもありますので、参考にしたらよいと思います。

    それから病院へは、できる限り付いて行ってくださいね。ご主人は説明すべきことを忘れてしまっていたりするので、治療効果を最大に引き出すためには奥様も一緒に診療に立ち会ってあげてください。

    うちのは重症になってからの病院通い&休職だったので、3年休職、5年目にして減薬開始・・・と長患いになってます。軽い方とは休職中の生活など、違う点が多いでしょうから、ここでは割愛しておきます。

    ユーザーID:6476854233

  • カウンセリングやセラピーは?

    私はある理由でカウンセリングに通っています。
    そこには、パワハラによりうつ病になった方も来ています。
    夫がうつになり、奥様が通っている方もいますよ。

    2か月では効果がでるかわかりませんが
    何もしないよりは、よくなるかもしれません。

    ユーザーID:4608721997

  • 何もしなくていいですよ

    私もうつ病とパニック障害で休職2ヶ月目です。
    (就職して10年、異変に気づき心療内科にかかるようになってから5ヶ月です。)

    旦那さんの心理状態は本人にしかわからないので、参考までに私自身の経験をお伝えしますね。

    うつ病になった当初は妻も心配して「気分転換に何かをさせようとする」、「一緒に病気を治していこうと努力する」、「ボォーッとしているのが心配で話しかけてくる」といった対応をしてくれましたが、感謝はしつつも正直言ってすべて負担でした。コミュニケーションをとるというのは相当に脳のエネルギーを使う行為のようで、かえって病状が悪化しているように感じました。

    いまは、笑顔で「ゆっくり休みなよ。」と言ってくれるだけですが、それが気が楽でうれしいです。そっとしておいてもらえることが一番なんです。

    それだけでも妻が心配してくれていることが痛いほど伝わってきます。いまは感謝の気持ちを行動で示せませんが、うつ病が治ったら妻に感謝の気持ちを何かで伝えられたらなと思っています。

    ユーザーID:9798229426

  • 必ず治ります。ゆっくりと休ませてあげなさい

    このタイトルは、病院の先生が必ず言ってくれた言葉です。

    私の夫も去年の10月から先月まで休職していました。
    彼を見て、
    「月曜から会社には行かなくていい。
      生きててくれるだけでいいから」
    と話し、二人で泣きました。

    カレンダーに書かれた格言を見ては、
    「辛い」と泣くので黒ペンで消して歩いたり、
    好きだったお笑いのテレビも嫌がり、
    新聞などの活字も見れません。
    人に見られるのを怖がり、帽子とコートを買いました。

    妻として私が気をつけたことは、
    否定しない事
    提案しない事
    彼の前で子供をしからない事
    バランスの良い食事です。

    一日中好きなように過ごさせてあげてください。
    グータラした次の日は、元気がチャージされています。
    その繰り返しが大事だと思います。

    私はパートで働いていましたが、
    彼の症状が落ち着くまでは、病院にも付き添い、
    落ち着いてからは、転職をして生活費を稼いでます。

    辛い日々と思いますが、
    ご主人を支えてあげてくださいね

    ユーザーID:2574898402

  • 心から感謝します

    助言をしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

    こんなにも温かく親身にご意見・アドバイスをいただけるなんて思ってもいませんでした。
    やっぱり世の中捨てたものじゃない、心の温かい人はちゃんと存在しているんだとあらためて感じさせられました。

    火曜日から主人は早速2ヶ月の休職に入りました。
    正直長いなと感じますが、2ヵ月後に振り返ってみたらあっという間だったと思うのかもしれませんね。
    皆さんの言うとおり、あせらずに、ゆっくりですね。
    2ヶ月が過ぎても、夫の心が復活するまで気長にお休みして良いと思っています。

    幸い、本日泌尿器科の診察では腎臓に障害は見られず
    疲れから血尿が出たようで今は大丈夫との事でした。

    これからも不安になった時、どうしてよいか分からなくなった時
    皆さんの書き込みを何度も何度も読み返します。
    とても強いパワーをいただきました、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7405903797

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 私も全く同じ

    年齢も夫の様子もまったく同じような感じで休職3ヶ月を過ぎました。来月から復帰の予定です。私も最初は大変ショックで不眠症になり、実家に逃げ帰ってなんとか自分を支えました。不安と絶望の中、手探りで何が一番最善の策なのか過ごした長い長い3ヶ月でした。もちろん私も完璧ではないので、夫を罵倒したり、離婚を考えるまで追い詰めたり、本当に色々ありました。今はなんとか少しおおらかに考える事が出来ています。復職はとても不安ですが、必ずよい方向に進むことを信じてお互いのんびり行きましょう。

    ユーザーID:7690151988

  • 責めないで

    トピック主さんが自分を責めちゃいけません。
    誰だって自分の夫が鬱になるなんて考えませんよ。
    鬱の定義も時代によって変わるし。
    現実には休職する人ザラにいます。
    二ヶ月長いですか?そうでもないと思います。
    ゆっくり休んでください。

    ユーザーID:0821715612

  • 私も経験者です。

    先ずは主さんは自身を「部外者」と考える事。
    >直属の女性の上司に間違いをきつい口調で嫌味っぽく注意されたり、
    というのは、ご主人から聞いた話でしょうか。

    ご主人が話す事はうんうんと聞いて余計な意見を言わない事。
    主さんが直接聞いた言葉ではないし、ご主人のフィルターを通した話です。
    大体、ミスを犯したのはご主人の方ですし、上司の口調も本当に嫌みっぽかったか真実は判らない。
    主さんが一緒になって憤慨しても病気の治癒に何の役に立ちません。
    冷静におなりなさい。

    兎に角休職は出来るとの事。
    これからが大変です。

    細かい事にいちいち反応せず、冷静になって、収入がなくなっても生活できる方法を考えましょう。
    主さん自身は働いていますか?
    これを機にパートにでも出れば、ご主人が家で一人でリラックス出来る時間も出来ます。
    >もっと早い段階で夫の異変に気付き重大な問題だと認識できなかった自分を責めています。
    しっかりなさい。
    治癒が叶わず、離職し、また離婚となった人も沢山見ています。
    自分の家庭は私が守る位の気概がなければ乗り切れませんよ。

    ユーザーID:4121013346

  • 1週間が経ちました

    私自身、毎晩2〜3時間しか眠れない日が続いてしましたが
    昨夜からようやく普通に眠れるようになりました。

    というのも昨日、ちょっと夫と口論になりまして。。。
    金曜日に職場の人と飲んできて夜の2時に帰ってきました。
    心配と不安で悶々状態だった私は
    いけないと思いつつも、不満をいってしまいました。

    夫は夫で、職場の人と話できたことが良かったようで
    何か吹っ切れたのか
    実は死にたいと考えたこともあったと初めて打ち明けられました。
    死にたいと考えたことを、私がショックを受けると思って言えずにいたようです。

    その言葉で、私も不思議にホッとしました。
    夫も胸のつかえが取れたようでした。

    長い夏休みだと思って、私も一緒にゆっくりしようと思います。
    大変だとか考えずに、のんびりいきます。
    私が頑張ると、夫も頑張らなきゃと思っちゃうみたいなので。。。
    収入がなくなっても、幸いすぐに困ることもありませんので
    1年くらい経ってから経済的なことは考えようと思います。

    ユーザーID:7405903797

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 5年前の私の夫と同じ

    血尿が出て病院に行ったのも一緒です。愚痴や悪口を言わないとこも似てるかな。夜中にうなされていませんか? 私の夫は1年弱休職しました。
    私の経験で言うと、何事も無かったようにごく普通に接することがいいと思います。あまり心配しているようなそぶりをすると余計ご主人を追いこんでしまいますから。休職中は仕事の話は一切せず、とにかく好きなことをして過ごしましたよ。映画やコンサート、それから温泉や山登り。体験ダイビングまでしました。
    貯金たくさん使っちゃいましたよ。後で聞いたらダイビングはとても癒されたらしく、何より海の中では仕事のことなんてこれっぽっちも考える余裕が無いほどとってもきれいですばらしく感動したって話してました。お医者さんには自殺してもおかしくない程重症だって言われていた夫が現在ではダイビングのライセンスを取る程までに回復し、毎日元気に会社に通っています。
    まずは体を動かすことから初めてはいかがですか?二人で一緒にやれば楽しいですよ。いい汗かけば必ず毒はぬけていきます。大丈夫。治ると信じて行動すれば絶対に治りますよ。

    ユーザーID:7568199726

  • 厳しい意見はスルーで

    reiさん、厳しすぎます。
    本当に経験者ですか?

    >これからが大変です。
    >しっかりなさい

    トピ主様を追い詰めているとは思いませんか?

    もっと思いやりのある助言はできないものか、悲しくなります。

    トピ主様、気になさらぬように。あなたは十分大変な思いをされています。
    ご主人様と一緒にゆっくり過ごしてくださいね。

    ユーザーID:9728738797

  • 経験者です

    うつではありませんが、パニック障害で主人が5ヶ月半休みました。
    子供は1歳になったばかり。
    経済的にすぐには困りませんでしたが、半年が限界でした。
    でも、そんなことも言えず・

    主人はとりあえず3ヶ月の休職をしましたが、
    復帰なんて出来るはずもなく・・・・

    復帰予定直前に病院で休職延期を言われました。
    そのときの不安ったらありませんでした。
    結局五ヶ月半休み、復帰して一年がたちました。

    おかげで私も眠れない、トイレに行きたくならない、
    体が冷えるなどの症状から激太りしました
    代謝もおち、ホルモンバランスも崩れ生理もとまり・・・・

    きっと、時間はかかります。
    でも、落ち着くときが来ます。

    ・いざとなったら働く覚悟
    ・休職が長くなるかもしれない覚悟

    これだけ覚悟しておけば、きっとなんとか乗り越えられます。
    トピ主さんがつらいと思います。
    大変です。毎日毎日家に夫がいて、くら〜いのは。

    でも、きっと報われるときが来ます。
    支えてあげられるのはトピ主さんだけです。

    あんまり考えないでがんばってくださいね。

    ユーザーID:7877216139

  • 2回目です

    休職期間が最初の内は、生活ペースが掴みにくいと思いますが、
    トピック主さんもいつも通りに生活して大丈夫です。

    夫も、卒業以来の久々の夏休みだな〜、と少し笑って言っていたので
    ご主人も休職中は気分の赴くままにお昼寝してみたり
    ちょっと散歩に出かけてみたり、ぼ〜っと過ごすのが一番の薬になるはずです。
    時々、酷く疲れた様子で一日中寝てしまう事もあると思いますが
    良くなったり悪くなったり「波」はあるものなので動揺しない様にして下さいね。

    夫は去年の事で結婚して初めて妻に甘えて弱音を吐きました。
    それまで自分が(妻を)守らなくちゃ、と頑張っていて、
    自分が大変な時は妻に少〜しだけ寄りかかって甘えても、
    愛想を尽かされる事はないんだ、と気が付いた様でいい意味で肩の力が抜けたみたい。

    夫婦の絆がこれで一段と深くなった様に思います。
    ゆっくり養生しましょう。大丈夫ですよ。

    ユーザーID:5698962180

  • 傷病手当金

    わたしの主人も以前、休職していたことがありました。その間は、疾病手当金というのをもらっていました。会社にきいてみてくださいね。

    今は、主人は回復して会社にいってます。

    ユーザーID:8683676530

  • うつ病患者の妻です

    今、主人は3度目の復職に挑戦中です。
    最初に休職してから2年以上になります。
    その中で、つくづく実感したのは家族の側に余裕がないと、やってられないという事です(患者さん方、ごめんなさい)。
    トピ主さん自身にもそうとなストレスがかかっています。
    どうか、上手く息抜きして下さい。
    吐き出す相手がいなかったら、ブログを書いてみるとか。
    頑張り過ぎないで下さいね。

    ユーザーID:8476879270

  • 〆させていただきます

    ご主人を支えた、そして今も支えている奥様からのお話が聞けて
    本当に嬉しく思います。

    夫は資格を取る勉強をすることが好きで
    うつになる前も週末は学校へ通っていました。
    今も家にいるよりも学校へ行くのが楽しいようで
    学校で勉強しています。
    また新しい資格に挑戦したいようで、
    ちょっと授業料は高いのですが、好きなことをして過ごさせることが大切だという助言をいただいたことで
    気持ちよく挑戦させてあげたいと思います。

    『治ると信じて行動すれば絶対に治りますよ。』
    『きっと報われるときが来ます。』
    『夫婦の絆がこれで一段と深くなった様に思います。』
    『頑張り過ぎないで下さいね。』

    などなど、とても心にしみる言葉をいただきました。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7405903797

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧