現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

シュタイナー教育ってどう思いますか?

ぴょん
2010年7月31日 19:35
古いレス順
レス数:78本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
私も迷いました
とんび
2010年8月2日 23:29

以前のトピにもありました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1201/158691.htm

我が家の近くにもシュタイナー教育の園があり、通わせようか迷っていた時にこのトピを見ました。

結局、そこは少人数過ぎて子どもの社会性の発達にはどうかなという部分もあったため、別の園にしました。

とりさんも書かれていますが、皆同じような絵を描く…私もこれは気になります。
にじみ絵っていうんですかね、絵の具をにじませるシュタイナー教育の描き方。
その園を出て、小学生になってもそういう絵を描いている子がいました。
これってどうなのかな…。
自由にやらせているのではなくて、結局この方法を子どもに押し付けているのでは…と今となっては感じます。

ユーザーID:1180028355
ウチの息子はシュタイナー幼稚園に通いました
2010年8月3日 0:20

ヨーロッパ在住です。家のお向かいにシュタイナー幼稚園/学校が越してきたのがきかっけで、息子はそこの幼稚園にお世話になりました。当地の通常の幼稚園とは異なったところは
・菜食主義
・おもちゃの素材は自然のものだけ(石、木、布、羊の毛)
・予防接種や近代西洋医学反対(中耳炎には焙った玉ねぎを耳に)
・お人形には口がついていない(口によって表情が固定されてしまい、子供の想像力を制限してしまうため)
・雨降りでも外で遊ばせる
・テレビ、映画、ゲームはもちろん禁止
ウチの息子はもともとそのような性格なので、非常にのびのび楽しく幼稚園ライフを送りましたが、娘にはストレスだろうなぁと思いました。
小学校進学は下記の理由で遠慮し、普通の学校に進みました。
・7歳までは尖ったものを子供に見せたくないため、字の練習にも鉛筆は使用せずクレヨンで勉強
・英語の授業開始が遅く、ロシア語を先に教える
・教師のレヴェルが不安定(公的に認定された教師ではない)
・高校卒業後、1年余分に勉強しないと大学にすすめない
・保護者の常識が私の感覚からかけ離れている(7歳児の誕生日プレゼントにピカソの画集とか)
でした。

ユーザーID:9361478925
レスします。
ヤンキー学校出身
2010年8月3日 1:25

近所の奥様がシュタイナー教育について熱く語ってくれたことから
私も知るきっかけになったのですが、その奥様はかなり人とは違う趣向の方でした。
シュタイナー教育を受けた子はどんな大人になるのだろう?
また親は本当に子の為を思っているのだろうかとも思いました。
インターナショナルスクールに通っている子供は漢字の読み書きができないのと同じで、日本の社会で暮らしていくにはかなり苦労しそうな気がします。
すごい偏見ですが、カルトっぽいイメージもぷんぷんします。
トピ主さんのレス通り、シュタイナーな方が小町を見てる確率は低そうですね(笑)
レスしてきたら逆にビックリします。

ユーザーID:3613523339
卒業生の親です
みーな
2010年8月3日 22:45

二人の子供を8年生(中学)までワルドルフに通わせました。
我が家の場合、シュタイナーにこだわっていた訳ではなく、
たまたま近所のワルドルフ園が子供達に合っていたのでそのまま進ませました。

よく素材やテレビについてマニュアルのように言われますが、我が家では頂き物のプラおもちゃなど大事に使わせました。近所づきあい・親戚づきあいもありますから、シュタイナー思想100%でやっていくのは無理だし、こだわる意味もないと思います。

学校では子供の発達というのをとても大切にしていて、
〜7歳は特に意志を育てる環境、
〜14歳は感情に働きかける教育が徹底されていました。
我が子達は学校で習ってきたことが楽しくて仕方ないようで、家でも自分から勉強していました。

今は二人とも国・公立の高校(芸術系)と大学(理系)に通っていますが、学力も低くないです。
落第しないで好きな分野で自立してくれればいいという教育方針でもあるのですが。

〜学校に行ったから素晴らしい人間になる、とか社会に適応できなくなるということはなく、
子育ての基本は家庭だと思います。

ユーザーID:7561046577
提唱者のルドルフ・シュタイナーについてご存知でしょうか?
sasha
2010年8月3日 23:08

シュタイナー教育は、ルドルフ・シュタイナーの教育思想を実践するものです。ですから提唱者のルドルフ・シュタイナーがどういう人物で、どのような思想の持ち主だったかを知る事はお子さんの教育機関選定で極めて重要です。

このような場合に、テレビや雑誌などで送られるメッセージを受け取って、そのイメージに基づく「受け身」の判断するのではなく、少しの時間を取って自分で「主体的に」調べてみてはいかがでしょうか。

今や机上のパソコンで「ルドルフ・シュタイナー」の文字で検索するだけで調べるきっかけとなるサイトが見つかります。これでもある程度の事はわかりますが、参照されている文献群を調査すればさらに正確な情報を得る事もできます。

娘さんを世間一般の子供達が通うのとは異なる種類の学校に入れようと考えているのでしたら、メリット・デメリットを調べて比較し、「自分で考えて判断する」という姿勢が大切かと思います。

ユーザーID:4491075562
子供が通ってます
こん
2010年8月4日 14:33

シュタイナー好きで小町も毎日見てますが、確かに関係者の方のレスがほとんどないようですね。
外からは色々な印象を持たれているのだな〜と興味深く拝見しました。

うちの子は国内のシュタイナー学校に通っています。
そこは1年生から英語の授業はありますが、それ以外は日本語で授業されています。
授業内容はかなり他の学校と違いますね。
一つ一つの学びの裏に確固たる思想があるという印象です。

学校に入れる時には色々な情報を集めては悩みましたが、結局は学校のオープンデイに行って、実際に見た印象が決め手になりました。
トピ主さんも機会がありましたら、ご自分で直接ご覧になるのを是非おすすめします。

絵本については、テレビやゲームほどは問題にされていないと感じます。
うちにも結構あります。
確か「お話と絵が子供の中で深く関連付けられてしまい、子供の想像に枠ができる」というのが薦められない理由だったと思いますが・・・。
実際は絵本がないというお宅は聞いた事がないので、かなり少数派ではないかと。

ユーザーID:5884933537
幼稚園及び小学校から高等部まで学校のある街から
まう
2010年8月4日 14:39

最初は興味がまったくなかったのですが、仕事柄接する機会が増えての感想です。
日本には合わない教育では?
本家では自己責任においての自由であるという考えのもとでの教育では?と思われるのですが、野放しと自由を穿き違えていないかという懸念があります。
教育現場において又保護者の方からの感想
幼稚園からそのまま公立などの小学校に行かれた方もいらっしゃるようですが、他の幼稚園及び保育所から来た子どもたちと交流がないと言う話を聞きます。自分達だけで固まってしまうと。
日本人的解釈をせず、本家本元の教育をしっかり勉強した指導者であればよい教育なのかなと思う面もあるのですが。
シュタイナーの本の中には、教育論だけでなく医学書や哲学書的なものもあるので、図書館などで読まれてみてはいかがでしょう。

ユーザーID:5819349287
宗教家みたいな夫婦
南の里
2010年8月4日 21:30

ドイツ人夫の一番の親友が、二人のお子さんたちをヴァルドーフシューレに通わせています。
彼と奥さんは、ドイツ人から見てもかなり変わっているご夫婦というか、自分の世界をお持ちです。

家にはテレビもないし、絵本も無かったです。
子供のおもちゃはすべて木・羊毛などの天然素材。それもすべて自分で手作りか、手作りしているお店で購入。
基本的にベジタリアンですが、食材は有機栽培の野菜など、全て専門のスーパーで購入(普通のスーパーの商品よりかなりお高いです)または自家製。
身に着けるものも木綿・麻・羊毛などの天然素材で、手作り専門店で購入。
家にはプラスティックの袋すらありません。
自分の世界を確立し、生き方に自信を持っている人で無いと、ここまでは出来ないんじゃないかと思います。
確かに子供たちはのびのびとしていて、ほんとに子供らしいです。真冬以外ははだしで外を駆け回り、毛糸で織物をしたり、小動物と遊んだりしています。
でも、この子達が成長し社会とかかわりを持つ際、あまりのギャップに途惑ったり、躓くことも多いのではないかと思います。

ユーザーID:0976844219
経験者を知っています
なっつ
2010年8月5日 0:21

私(20代後半)の両親がかつて、シュタイナー教育にハマっていました。
ずいぶんと音楽関係の習い事をさせられたり、美術館めぐりなどもかなり親の方針で行きました。
地方で育ったうえに、今と比べてシュタイナー学校もたぶんあまりなかったせいか、学校にまでは通いませんでした。

自分で言うのも何ですが、アーティスト気質な変わった子に育ったと思います。大学は私立の1.5流大学に現役で入れました。

母のママ友で私の同級生は、高校から全寮制?のシュタイナー学校に行きました。

ちょっと変わったいい子で頭もよかったのですが…。
今は働かず活動家になっているそうです。
帰ってきた直後から、目つきが明らかにおかしくなっていて、おかしい人になっていました。

他にもおっしゃってる方がいますが、個人的にまた行った子を見てやはり、日本には合わない教育だと感じます。

よく育ったとしても失敗したとしても、一般的な日本人から見て「変わってる人」に育つような気がします。

教育の中で共感できるものだけ、家庭レベルで実施した方がいいのではないかと個人的には思います。

ユーザーID:4600409048
教育者として勉強しました。
シュタシュタ
2010年8月5日 6:23

シュタイナー教育を実践する幼稚園で実習をしたり、講習会(実際は講習会とは言いません)へ行ったり、もちろん本等は読み漁りました。
実際に教育者としての経験もあります。

そして感じたことは、「日本には向かない教育」ということです。
本格的にシュタイナー教育で育てようと思うなら高校卒業するまではシュタイナーから離れてはだめです。
できれば大学もシュタイナーを理解してくれている処が望ましいです。

本人の資質にも寄りますがシュタイナー教育を受けたお子さんは
成功例:人の意見に惑わされずに全体を見ることができ、もっともふさわしいと思える判断ができる。
失敗例:人の感情は無視する。要するに空気を読めない。あるいは読まない。
日本では「空気が読めない。読まない。」は最も嫌われると思います。

もしシュタイナーを実践されるのなら、陶酔するのではなく、思想・理念として受け入れる。
その手法を唯一のものと考えずにある程度の幅を持たせる。

それができるのなら物事にとらわれない自由で優れた人間が育ちます。
まぁ、今の日本ではかなり難しいと思いますが…

ユーザーID:4224054258
とぴ主です3
ぴょん(トピ主)
2010年8月5日 8:56

引き続き、たくさんのレスありがとうございます。待望の実践者の方からのレス、本当に感謝です!

私のレスからもお分かりの通り、私はまだまだ不勉強で、ルドルフ・シュタイナーの思想を理解しているわけでもなく、シュタイナー教育での表層部分をジャッジして「できる」「できない」を判断してしまっています。もっともっと調べて、理解を深めていこうと思っています。ご紹介頂いた、子安美知子さん、文さんの書籍も是非参考にさせて頂きます。

ここまでのレスで感じたことは、人と違うことを選択するには、強い信念が必要である。ということです。シュタイナーに限らず、少数派を選択することは、この日本では特に奇異な目を向けられてしまうというという認識のもとに、覚悟が必要だと思いました。

レスを頂いた実践者の方は周囲の心配などよそに、柔軟にシュタイナーに触れているという印象を持ちました。オープンデイの情報は私も得ていたので、行ってみようと思います。そして素直に疑問をぶつけてみようと思います。「百聞は一見にしかず」ですね。

皆様、レスありがとうございます。引き続き情報お待ちしております。

ユーザーID:8641435470
ただの見物
2010年8月5日 14:49

>(シュタイナーではホメオパシーを取り入れ、予防接種もするとか、しないとか…)

今朝A新聞朝刊の社会面に「ホメオパシートラブル」の記事が
大きく載ってました。ご参考までに。

ユーザーID:2236109384
日本に合わないかどうか(1)
こん
2010年8月5日 23:33

実践者の方が他にもいらっしゃればいいのですが・・・
誰も来られないようなので、再度レスさせて頂きます。

確かに覚悟は要りますね〜。
少数派であるという意識も常に持っています。
入学を決めるまで葛藤した日々を思い出しました(笑

ところで、レスの中にある「日本に合わない」という感想についてです。
感想の対象は、海外のシュタイナー学校もしくは日本のシュタイナー幼稚園についてのようですね。

日本ではシュタイナー学校が出来てから日が浅く、ほとんどの学校で卒業生も出ていない状態です。
私は、現在は日本の風土とシュタイナー教育を融合させる為に先生方が試行錯誤している段階だという印象を持っています。
日本でシュタイナー教育が受け容れられるかどうかは、卒業生がある程度の人数になって社会にどのような貢献をしていくのかによるのではないかと思います。
一般の学校でも日本と海外では気風が違うように、日本のシュタイナー学校も、海外の学校とはまた違っているようです。

ただ、個性的というのは確かにあります・・・親も会社に勤めている方の割合は他の学校よりも低いと思いますし。

ユーザーID:4423864299
日本に合うかどうか(2)
こん
2010年8月5日 23:35

あと、ご指摘があったように、シュタイナー教育は卒業までが一つの流れです。
幼児期の種が思春期に実るようにデザインされた教育なので、
幼稚園の卒業生を見て判断するのは早計だと個人的には感じます。

色々書きましたが要するに「今頑張ってますので結論をだすのはもう少し待ってくださいな」という事です。

トピ主さんのお知りになりたい事というより、私が気になったことを長々と書いてしまってすみません。
私も一介の親に過ぎませんが、知っている事でしたらお伝えできますので、気になる事があれば教えてくださいね。

ユーザーID:4423864299
自分の子を入園させなくてよかった1
みるく
2010年8月7日 0:19

近所にシュタイナー教育を看板に掲げている幼稚園がありました。もう10年以上前の話ですが、子供の入園の勧誘にその幼稚園の先生が我が家に来ました。
先生「もう幼稚園は決められましたか?」
私 「はい、○○幼稚園に申し込みました」
先生「うちの幼稚園に来たことはありますか?」
私 「ないです」
先生「それでいいんですか?幼稚園の教育方針とかちゃんと調べましたか?
 一度、うちの幼稚園に来れば、絶対に入園させたくなりますよ。」   
他にも、入園予定の幼稚園や他の幼稚園の悪口を散々言って、「絶対後悔しますよ」と捨てゼリフ。
ありえないと思いました。


それから3年後。
子供が小学校に入学し、授業参観に行ってびっくり。
数人の生徒が
授業中、勝手に立って歩く。
先生や他の子が発言しているのに、勝手にしゃべりだす。
気に入らないことがあると、奇声をあげて机の下に潜り込む。
他にもびっくりするような行動ばかり。
幼稚園の授業参観も何度も行きましたが、3歳児でもちゃんと椅子に座り、先生の話を最後まで聞いていたので、小学生なのに・・・と思いました。

ユーザーID:3054366426
なんちゃてシュタイナー
適当ママ
2010年8月7日 4:59

 ある地方都市に夫の仕事の関係で住んでいた時に、近くのシュタイナー系の幼稚園に子供を入れていました。なんちゃってというか、あまりぎちぎちしてないで、日本の風習に溶け込んだ園でした。簡単にいうと、読み書きの勉強はさせない、園は自然な山小屋の山小屋のような雰囲気、TVや映画は園では見せないし、家でも控えて下さい(まったくだめというと親がつらいので、子供の見方を考えて)という感じ。そして、特徴的なのが先生方の雰囲気。園長以外女性だったのですが、みなさん長いスカートを着て静かに話します。

 私はその園が大好きでしたし、転勤でやむなく辞めさせなければいけないときは真剣に「母子だけこの土地にとどまれないものか」と思ったほどです。

 ただ、とぴぬしさんの文章ですごーーーく疑問なのが、「英会話も中学生並み(シュタイナーは授業が英会話らしい…)」という部分です。シュタイナーで子供をバイリンガル以上の環境で育てるのはタブーだと思っていました。しかも、なんでドイツ語じゃなくて、英語なんでしょう。私が考えているシュタイナーとイメージが違うのですが・・
 

ユーザーID:2335469812
参考程度がいいのでは
ドレミ
2010年8月7日 16:50

大学の教育心理学の授業の夏休みの宿題で、
シュタイナー教育研究者の教授の方の著書を読みました。
それで、シュタイナー教育に感銘を受け、宿題以外の
自分の興味で、実際にドイツでシュタイナー教育を
受けたその教授の子女の方が書いた本もあわせて読みました。

その後、大学のゼミで、ドイツの歴史研究をしている
教授にその話をした所、レスで皆さんが上げられている
ような、シュタイナー教育の問題点を指摘された
のです。
要は、シュタイナー教育は単なる理想郷であり、いつかは
俗世界に出て行かなければならない。その俗世界に
出た後で、ギャップが起こり、ドロップアウトする子が
多いとのことです。
本場のドイツでも、シュタイナー学校を出た後で大学に
進学した子供の退学率が高いことが、問題になっていた
そうです。
その上で、上記本の著書親子の現状も聞かされました
(詳しくは述べません)。
教育の理想は、あくまでも「参考」にするにはいいかもしれない
ですが、その物を全面的に取り入れるのはどうかな、と
いう気もします。

ユーザーID:3318132638
とぴ主です4
ぴょん(トピ主)
2010年8月7日 16:56

こんさん。ご丁寧にたくさん書いて下さってありがとうございます。「シュタイナー教育は日本に合っていない」という見解が多い中、丁寧な分析を持って、現在のシュタイナー学校の現状を知ることができました。できることならお会いしてお話を伺いたいくらいです!気になることはたくさんありますが、1つのトピの枠を超えそうなので、もう少し勉強してからにしますね!
みるくさん。迷惑な勧誘のお話。気分を害され、シュタイナーの印象が悪くなってしまったと思います。一人の身勝手な行動で、みるくさんのように反感を持ってしまうような事があるのは残念なことですね。記述がありませんでしたが、授業参観での件ですが「数人の生徒」とは、シュタイナー卒のお子さんたちがしたのですか?
適当ママさん。素敵な経験をされたのですね。私が憧れている情景です。英会話の件ですが、私は友人から聞いたことで、友人に確認してみると、HPに載ってるとのこと…学校のHPを見てみると「外国の地理や歴史を学ぶ授業と合わせて、その言語を学ぶ」とあり、「全授業英会話」ではなさそうです。誤情報を記載してしまいすみません。ご指摘に感謝です。

ユーザーID:8641435470
私の子供には合わないけど、
良くないかな
2010年8月7日 17:11

落ち着いた、静かな所が好き、という子供たちには合っていると感じました。
我が子を森の幼稚園に通わせています。
初めての子はこちらも一生懸命で、色々調べたり、辞めたり、、、
私もトピ主さんの気持ち分かります。
子供に必要なことは、思いっきり!遊ぶ経験。
これを自分でやるのは、”子供を集め、見守り、自然の中へ毎日連れていく。”大変。。。
これを組織的?にやってくれないかなあ。。。というのが私にとっての幼稚園かな。
シュタイナーは”シュタイナー教育”という概念が大事。
個々の子供が中心ではなく、概念が中心でした。
少なくとも本場ドイツの2つのシュタイナー幼稚園へ通わせた経験では。
我が家の二人の娘たちは、森の中で毎日、
木で弓矢を作り、辺りの草花の色で絵を描いて本を作り、木イチゴのジャムを作り、
工事現場さながらの穴を作り、、、冬は寒さ何てへっちゃら、飛び回っていますよ。
毎日まさに芸術三昧です。
シュタイナー以外に、里山、自然系幼稚園も調べてみては?と思いました、
シュタイナー教育、間違っていはいないけど、ベストではないと私は感じました。

ユーザーID:7052192654
一概には言えませんが
流星
2010年8月7日 18:15

シュタイナー教育を受けている子を見たことがあります。
ご両親は芸術家的雰囲気で、知的で独特の主義をお持ちの方。自然食や環境保護にも関心があります。
お子さん(女の子)は「私は素敵、私は特別」とお姫様気質の面がありました。自分に自信を持っている長所と解釈することもできますが、大人しい子を強い口調で責めたりしているのを見て、複雑な思いがしました。ご両親は「繊細な神経の細やかな我が娘」と悩んでいました。
私はその子一人を見ただけなので、一概に語るつもりはありません。

ユーザーID:7970121757
 
現在位置は
です