片付けられるようになったきっかけを教えてください

レス32
お気に入り273
トピ主のみ4

チャッコ

話題

 片付けが大の苦手で悩んでいるチャッコと申します。
すっきり片付いていつでも人を呼べる家にしたいと思っているのに、現実はどの部屋も
ゴチャゴチャなんです。「部屋はその人の心模様を表している。」というような記事を読むと
とても落ち込みます。
 そこで質問なのですが、以前は片付けが苦手だったのに片付けられるようになった方は
何がきっかけだったのでしょうか。転機になったエピソードや実践したこと、コツなどを教えてください。
 私は自分に自信が持てるようになりたいです。仕事から帰った主人がくつろげる家にしたいです。
三人の子供達が心穏やかに、そして勉強に集中できる環境を作ってあげたいのです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:5126184423

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も片付けられないタイプ

    私も同じタイプ。どこから手をつけていいのかわからないのでは?
    ここ小町で読んだかと思いますが、うろ覚えですが、一日25個片付けます。そのうち、次にどこをどうしようかと見えてくるんです!25個から10個に減らしても大丈夫になりますし。
    お子さんが大きいようなので、子供にも役割分担。うちの子も少しずつ上手になりましたよ。

    ユーザーID:6471678777

  • 立派な目標ですね

    私の部屋は腐ったゴミの転がる汚部屋でした。片付けるきっかけは、業者の方が自宅にあがって行う漏電の点検とか、来客がある前に慌てふためいて見えない場所にしまい込んだり、居留守を使ったりしていた、それが嫌だったのと、叔母の家がいつ行っても片付いていて私も(いつ来客があっても良いようにしたい!)という強い思いがあって片付けようと思い立ちました。

    ユーザーID:6304184610

  • 2回目です

    先ずは種類別のゴミ袋を用意して(袋が無くなると私の場合、途中でストップしてしまう)、要らない物はとにかく袋へ→迷う物は隅に置いて後で本当に必要かを考える(..結局は破棄)。こまめにおやつタイムを設けて、好きな歌手の曲を聴きながら片付けていました。今はまっすぐスーッと歩けるのといつ来られても良い状態をキープ出来ています。

    ユーザーID:6304184610

  • おすすめの本

    こんにちは。いい本ありますよ〜
    池田暁子(きょうこ)さんの「片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術」
    汚部屋に住んでいた著者が、汚部屋から見事脱出?成功した話です。
    漫画になっていて、読みやすく、実体験に基づいて書いているので納得って感じです。
    私はそこまで片付けるのが苦手ではなかったのですが、整理が下手で、同じシリーズの「整理術」を読んで、実践しているのですが、押入れなど収納スペースがすっきりなりました。
    また同じシリーズのお金に関する本もあり、これも貯金ができなかった私にはとても共感しやすく、おかげで少しずつですが、貯金できるようになりました。よかったら読んでみて下さい。

    あと、私の今までの経験からすると、まず捨てる!事からはじめるといいと思います。とにかく、これは使うかも・・と思うような使わないものから片っ端から捨てていく!これだけでもかなり家の荷物が減ってすっきりできます。間違っても収納する棚や箱などは先に買わないのがポイントです。

    ユーザーID:8750039309

  • カオスの汚部屋からモデルルームへ

    きっかけは「結婚」です。
    独身時代、実家で「カオスの汚部屋住人」だった私が、結婚したとたんにものすごい綺麗好きに。
    チリひとつ落とさず床も窓もシンクも毎日ピカピカ!余計な物は一切置かずに、シンプルで統一感のある、モデルルームのようになりました。お部屋系雑誌にも載ったことがありますが、カメラマンにも誉められました(お世辞かもしれないけど嬉しかったです)。
    今は家を建て3歳児を育児中ですが、今でもいつ誰が来てもいいように綺麗にしています。遊びに来たママ友には必ず「お家、きれいにしてるのね!」と言われます。
    ちなみに過去の「汚部屋」ですが、八畳間にぎっちり物・ゴミがあふれて足の踏み場がない。足で物・ゴミを蹴り避けながらすすむ。ベッドの枕もと・テーブルには20〜30個のコップ・ジュースの空き缶が並び、ゴミ箱はもうどこにあるか見つからない。
    床には髪の毛がゾロゾロ落ちて束でつまめる、小さな虫が列を作ってる。
    着た服(汚れた服)が地層のように積みあがり、冬服→春服→夏服→秋服→冬服・・・と一年分たまって小山になっていた。

    ユーザーID:1329228117

  • ご参考にはならないかもしれませんが

    私の場合は引越しがきっかけでした。

    一人暮らしですが、収納が極端に少ない1LDKに住んでいました。
    モノを減らしても減らしてもどうにもモノだらけでイヤになり、たっぷり収納の2LDKに越しました。

    一人では贅沢すぎるほど広いのですが、さすがに全てが片付き快適です。
    スペースがあると何故か以前よりこまめに動けるようにもなり。

    ユーザーID:7660668237

  • 簡単です。

    新しい物を買う時には、それをしまう場所(つまりケース、棚、引き出し等)を用意することを考える。
    全ての物にそれが収まる場所を決めてしまえば、後はしまうだけということです。

    ユーザーID:0160663524

  • 私は本を読み、できる事からしました

    私も独身時代から根っからの片付けられない女です。むしろすっきりしすぎた部屋では
    落ち着かず、近いところにいろいろ手にとれるモノがあるくらいの方が落ち着くので困り者です。
    ですが、結婚したら夫にとっても家族にとっても快適な家にしたいですよね。同感です。

    私のやり方ですが、まず片付けられない人のしくみが書いてある本、そしてどうしたら
    片づけが出来るようになるかをやさしく紐解いてくれる本を数冊チョイスして読みました。
    アマゾンなどで、「片付けられない」などをキーワードに検索してみてください。そこでは
    読後の感想などもたくさん載っているので買う本を選別しやすいです。
    本にはなぜできないのか、どうすればいいのかを丁寧に教えてくれるので客観的に自分を
    理解する事ができるようになります。そしてやさしく後押ししてくれます。
    片付けの本を探していると風水の本を見かけるようになりますが、日本向けのやさしい風水本は
    片付いてない家に運気は来ない、それはなぜなのかという説明にこれもなるほどど思わせて
    くれるものが多いしやる気がでますよ。

    続きます

    ユーザーID:6076107179

  • 続きです

    次に一度にやろうとしない事が重要です。一度にではなく一箇所をやる事が大切です。
    たとえば今日は居間のテーブルの上だけです。この範囲だけならできそうな気がしませんか?
    綺麗になったらこの上に置いていいものの、置いてていい時間の決め事を自分の中でします。
    一箇所がすごく綺麗になるとモチベーションが上がり。他のところも綺麗にしたいという
    気持ちが湧いてくるのだとか。それがいいのだそうです。
    掃除の前に大切なのは捨てる事です。とにかく捨てる。片付かない家には物が多いという
    共通点があるそうなので、捨てる事で気持ちが切り替わっていくそうですよ。
    ダンボール3つを用意してそれに「いる」「いらない」「考える」に放り込みます
    この作業中は深く考えずにやるのがいいです。これは子供にもわかりやすくていいですよ。
    「考える」のものは2ヵ月後とかにもう一度やるといいです。
    あとは部屋に家族それぞれの大き目のボックスを置きます。自分の物はそこに放り投げて可
    にするのです。片付けるのは苦手でもそこに放り込む事はできますからね。そういう入れ物を
    ありこちに記名して作るのはいいらしいですよ。

    いろいろ試してください

    ユーザーID:6076107179

  • 「持たない暮らし」など、の本を読む

    捨てる、片付け、収納などの本をよんでみませんか?
    私は今「持たない暮らし」(金子由紀子さん)の本を読んで少しずつ捨てたり、
    物を余計に買わないようにしています。

    ユーザーID:9848792872

  • 妻が片づけ魔

    です。

    独身のころは、一人暮らししていました。いわゆる汚部屋でした。
    ものすごく物が多く、そもそも一人ぐらいなのに物が多くおけるからという理由で3LDKに住んでいました。

    一緒に住むようになると、どんどん物が減っていきました。(オークションで売りました)

    妻の、物を極力置かない、見えるところに出しておかない、という、日常の行いが鑑になっていると思います。

    ユーザーID:7081805928

  • 将来、どうしたいですか?

    昨秋、収納アドバイザーのセミナーに参加して、部屋の片づけのきっかけを貰いました。

    「将来、どんな自分になりたいですか?」

    質問はこれだけでしたが、当時の自分に変化を起こしたかった上、物が多くて寛げない自分の部屋にウンザリしてたので、「身軽に動ける自分になりたい」と決意出来たら、楽になりました。

    個人カウンセリングを受講して、将来なりたい自分に必要ない物を処分すると決めたら、ガンガンモノを捨てたり、売ったり出来ました。

    結果、段ボール20箱分の本・雑誌を売り、45Lゴミ袋×30袋のガラクタを捨てたら、明らかに部屋の氣が変わり、居心地のいい、モノの少ない部屋に変身しました。切り花が一カ月持ち、直ぐにモノが処分出来る性格に変わりました。

    今捨てられない・片付けられないと思い込むトピ主さんの考え、自分自身を縛りつけています。

    以下の本、お勧めします。
    モノをすてればうまくいく 断捨離のすすめ 川畑のぶこ 著 同文社出版

    ユーザーID:4484197579

  • 私も一緒でした。

    私も汚部屋住人でした。人を呼ぶことになったら1週間前から片付けだし、3日くらいかけて掃除。
    挙句疲れ果て当日ドタキャン。

    今は散らかっていても(子供は3人)30分もあれば全てあるべきところに収納し(とりあえずどこかに投げ込むんじゃなくて)気持ちよくあがってもらえます。

    小さなきっかけは飯田久恵さんの本でした。それから片付けや掃除の雑誌や本を片っ端から図書館で借りました。

    まず捨てることからでしたが、それだけでは現状は変えられませんでした。

    大きなきっかけは引越しです。とにかく使わない物、使うかもしれない物、大きくて捨てるに忍びないもの、かなりの物を捨てました。マンションのゴミ捨て場に収まりきらないくらい。3LDK(といっても2部屋は物置)にどれだけ無駄なものを溜め込んでいたか、引越しがなければ捨てられなかったと強く思います。

    今すごくお薦めの本は草間雅子さんの『美的収納メソッド』です。

    すぐ捨てるのではなく分類してから処分し仮置きします。そうすることで自分の癖がかわりリバウンドしにくく、無駄買いが減るようです。

    一気にではなく少しずつが鉄則です。

    ユーザーID:7506235891

  • トピ主です。

    レスをいただいた皆様、ありがとうございます。

    私の片付けられない歴は小学校くらいからなのでかれこれ30年以上になります。
    片付けられない人の中にはそれを問題に思っていない人もいます。
    私も以前はそうでした。10年前くらいに遅まきながら
    「これではいけない。」と自覚するようになりました。けれどもそれから
    年月は経っても進歩はしていないんです。それどころか家族が増え、子供が成長するにつれ物が増え、
    状況はもっと悪くなっています。ちーしゃさんが「まず、捨てることから始めるといい。」
    とアドバイスしてくださりましたが、物を捨てるのがとても苦手です。仕分けをしても
    捨てようと判断する基準が甘くて物が減りません。

    こんな私ですので、長い間にできあがった片付けられないという悪い習慣を
    克服し、片付けという良い習慣を身につけられた皆さんは私にとってはスーパーヒーロー
    (ヒロインの方が多いですね。)です!レスを読んでいて励まされ、やる気モードになってきました。
    ありがとうございます。


    まだまだ、たくさんの方のお話を聞きたいです。よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:5126184423

  • 仲間です

    ごめんなさい、片付けられるようになった人間ではなく、トピ主さんと同じです。
    私も、片付けられなくて、このトピを開きました。

    11月に引っ越す予定があるので、今もの凄〜く困ってます(汗)
    とりあえず、話題の「断捨離」買ってみました。
    一緒に、快適な暮らし目指して頑張りましょう!

    ユーザーID:0282721367

  • うちの娘ですが。

    うちの娘、小学校五年生ですが、最近呼んだ本に刺戟を受けて、部屋の片付けを始めました。
    学校から借りてきた「ぼくの夏休み革命」という児童書です。
    (作つちもととしえ 絵大庭賢哉 国土社刊)
    主人公が自ら自分の部屋を片づけ、父に連れられて祖父の家を片づけ、
    はたまた友達になった高齢者の住むゴミ屋敷を片付け…。
    と、まあ全編に片づけ魂が溢れています。

    子供向きの本ではありますが、自分もこれ読んでやっぱり片づけなくちゃ、という気になりました。
    チャッコさんも読んでみてはどうでしょう。
    ハードカバーの児童書です。お近くの図書館で探してみては。

    ユーザーID:3987663640

  • やっぱり捨てること、元の位置に戻すこと

    夫を亡くして10年ほど片付かない家になりました。
    50代です。
    今奮起して片付けないと、ますます出来なくなると思ったのです。
    気力も体力もなくなってきますからね。
    それに片付けた場所もなかなか覚えられなくなったりして(笑

    今年の春、リフォームをきっかけに決行しました。
    捨てた物(大きな物)
    ピアノ、整理ダンス、洋服ダンス、ソファー、ダイニングテーブル(円形)椅子4脚、私の机、主人の机、布団2組、レコード200枚位、プレーヤー、アンプ等、ギター3本、ジオラマ付き鉄道模型(HOゲージ、Nゲージ)、スキーの板3本と靴2足、玄関のルーバー網戸付きドア、シューズボックス
    捨てた物(その他)
    子供のおもちゃ、ぬいぐるみ、子供の百科事典、本棚の本の半分くらい、着なくなった服、靴、着物、食器棚の3分の1くらいの食器、大量の写真、溜め込んだ封書、葉書、紙類
    この最後の紙類との格闘が大変でした。

    現在物を捨てて困ったことないです。
    頭の中までスッキリしています。
    ただ、紙類(DM、役所関連、金融機関)は、今も油断するととんでもない事に。
    日々の仕分け作業が大切ですね。

    ユーザーID:2259189551

  • 同棲と本

    実家やひとり暮らし時代は、それはそれはひどいものでした。
    服を床に山積みにしてたらカビ生えました。次々捨ててました。
    玄関に野菜置きっ放しでジュクジュクなとこに郵便物散乱で中身見られないときもありました。保険証や大事な書類も届いてたので泣きながら開封しました。

    こんななのに見栄っ張りなところもあるので、恋人の前では片付け好きを演じて『も〜う!』と言いながら片付けるようになり、だんだんと快感になりました。
    片付いていると何でもすぐ済むんです。
    探す手間ってものすごく無駄!

    汚部屋時代は時間にルーズでしたが、今は直前に探しものでバタバタしなくなったので余裕です。

    床に細かいものやジュースなどをぶちまけても、そもそも床に余計なものを置いてないからすぐに片付けられるし隅々まで見えるから無くさない。
    (前までは何かこぼしては床にある書類や服やカバンにふりかかり二次災害 そして片付ける気にならない)
    (床キレイだと余裕で あらあら〜とがぜん片付ける気が起きる)

    とにかくきっかけは同棲で見栄を張ったところからでしたが、一度キレイを体感して快感になることって大事だなぁと思います。

    ユーザーID:9737893612

  • きっかけ

    私も片づけが苦手で、病気かと思うくらい物が捨てられませんでした。
    テレビを液晶に変えた際、テレビ台を買い換えようということになり、ネットやお店で探しまくり、とてもお洒落なものを買うことができました。
    そしたら、片付けたいという気になり、家が綺麗になってきたんです。

    子供の物ですが、おもちゃはまとめて、「かえっこバンク」というところにもっていっています。壊れていても部品がなくても、マック等の付録でもなんでも引き取ってもらえ、ポイントに変えられます。
    変えたポイントは他の子がもってきたおもちゃと交換でき、うちは基本的には本に変えています。

    服はまとめてネットオークションに出品しています。

    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:2995572031

  • 捨てるのが一番

    昔はちからし屋でした。
    きっかけはもうよく覚えていませんが、片付けなきゃいけないとなった時に、
    「物がなければ片付ける必要がない」と気づきました。

    「どれを捨てようか」って考えちゃだめですよ。
    まずは全部「捨てるもの」に入れちゃいましょう。
    それから一週間とか一カ月とか期限を決めて、「捨てるもの」から出したものだけが残すものです。

    実際には、「捨てるもの」全部を捨てる必要はありません。
    一旦全部段ボールとかに入れてしまえば、あとは収納の許す限りとっておいてもいいんです。
    なので、思い出の品とかも遠慮なく段ボールに入れましょう。
    仕分けが必要なのは、この思い出の品を思い出単位でまとめる作業です。

    あと、野菜が高いさんの「元の位置に戻す」を見て気づいたのですが、
    片付けられない人の中には、「元の位置」をちゃんと決めていない人が多い気もしますね。

    ユーザーID:2231608560

  • 目覚めたらそれだけで半分!

    おお、ここにもお仲間が!

    うちは簡易診断ですが家族にADHD傾向があり、家の中は見事に汚屋敷。日常的に物があっというまに行方不明になって、いつも捜し物警報発令中みたいな状態に。

    偏頭痛に悩まされていましたが、頭痛でがんがんする頭を抱えながら薬を探し回ることも……。

    捜し物って、時間の無駄という気持ちが強くて、そのストレスが年々強くなってきました。

    あと、散らかっていると、健康によくありません。
    ハウスダストアレルギーも発症してしまい、日常的な身体の不調にも悩まされていて、家にいると憂鬱に。

    最終的に目覚めたきっかけは、2冊の本です。
    有名な「片づけられない女」「3日で運がよくなるそうじ力」です。
    自分のADHD傾向を認識し物の管理能力がないことを自覚し、運気を向上させたいと強く願うようになったからです。

    福の神だって、汚部屋訪問はいやですよね。
    自分が福の神だったら、正直言って片づけ前のうちには来ようとは思いませんもん。

    まだまだ発展途上ですが、とにかく物を減らして気が楽になり、頭もすっきりしました。ちょっと油断すると紙類が増えて逆戻りしそうになるのが大変なのですが。

    ユーザーID:7945400432

  • トピ主です。

    レスをいただいた皆様、ありがとうございます。断捨離実行中さんまで読みました。

    皆さんのレスを一つ一つ感心しながら読んでいます。成功した方から直接いただく言葉は
    私にとっては、プロの方が書いた本よりも説得力を持って心に響いてきます。
    片付けによっていい事があったという方のレスもとても励みになります。


    また、野菜が高いさんの「きっかけ」にはとてもドキリとしました。

    <今奮起して片付けないと、ますます出来なくなると思ったのです。
    <気力も体力もなくなってきますからね。
    <それに片付けた場所もなかなか覚えられなくなったりして(笑

    本当にその通りですね。


    私はいらない物に囲まれているせいかエナジーレベルが低くて
    一気に片付けるというのは難しいので、易しいことから
    始めてみようと思います。

    最低でも毎日実行
    *25個の物を片付ける(汚部屋からの脱却さんのアドバイスより)
    *5個捨てる(捨てる事が大事という複数の方のアドバイスより)


    あと今日は居間のテーブルを片付けて(サツキさんのアドバイス)
    小さな達成感を味わいました。

    ユーザーID:5126184423

  • トピ主です。

    ドジラさん、

    いえいえ、レスありがとうございます。
    同じ悩みを抱えた方からのレスも歓迎です。どこかにがんばってる仲間がいるのだと
    思うと心強いです。いつか(ではなく「近いうちに」ですね)片付けられる皆さんの
    仲間入りができるよう、お互いがんばりましょうね。

    ユーザーID:5126184423

  • 大きなゴミ専用庫を作る

    捨て下手のトピ主さんのために。
    「専用庫」といっても大した物ではなく、コートを買ったときにもらった大きな紙袋を厚紙で補強して使ったりしてます。
    生ゴミ以外の、ペットボトル、プラゴミ、缶、古着、紙ゴミなど「要らないな」と思った時にいったんここに放り込みます。落ち着いて処理できる時間に改めて分別します。
    たまたまこういう方式にしたら、部屋が片付くようになりました。
    ・要らない物を漫然とそのままにしておくことがなくなった
    ・専用庫が大きいから「これも入れておこう」と要らないものを探すようになった
    ・「面倒だから後で」と思わなくなった(実際は先送りにしてるだけですが)
    ・専用庫に入れる事で、「これはもうゴミである」と区切りがつくようになった
    ……等の効果がある気がします。

    ユーザーID:2392353117

  • 同棲と本 2

    遅れてしまいましたが続きです。

    同棲とともに、きっかけになった本は 池田暁子さんの【片づけられない女のための 今度こそ!片づける技術】という本です。
    他の方も勧めてますね。ゆるいタッチの漫画で大変読みやすく、おもしろいです。
    黄色い本で目立ちます。かなり売れてるらしい…

    シリーズの整理術(水色)の本と、貯金を頑張る(ピンク色の)本も購入しました。
    すっごく共感できて作品としてもおもしろいし実用的でもあり、ぜひ読んでみてほしいです。

    そのほかに、本屋さんに行ったら素敵な部屋が載ってる雑誌を立ち読みして刺激を受けてます。

    ユーザーID:9737893612

  • 私も片付けられない人間です。

    参考にならない意見でスミマセン。
    私も皆さんの書かれたことをじっくりと読んで、この秋に九州からはるばる来る義親に恥ずかしくない部屋を作る為、頑張ろうと思っています。
    LD・洗面所・トイレ・廊下・玄関だけは綺麗にしているので、友人レベルは呼べますが・・。
    でもダイニングテーブル(4人がけ)の半分は、常にDMだのレシートだの色々な物で埋まっているので、来客が来るときには、ダンボールに一時収納なんていう事をしてます(恥)。

    自分のことなんですが、
    ・同じような物が何個もある(ボールペンが沢山とか・・・)。
    ・収納の定位置が決まってない物が多い、すぐに元に戻す癖が付いてないので、紛失しやすい。
    ・(食品関係ですが)安い!とストックを買うのはいいが、見えるところに置いてないので必要な時に見付からず、結局「無い」と思って、新たに買ってしまう。
    ・とにかく物が多い。厳選して大事に使うべきだと実感。

    バッグや衣服関係で3年以上使ってない物が10点以上ありますが、流行もありますし、使わない物が殆どです。
    「いつか何かで使うかも?」・・の考えを改めるようにします。

    ユーザーID:6081226714

  • トピ主です。

    「きっかけは小町で相談したことです。」・・・いつかそんな書き込みが
    できるようになりたいと思い始めたチャッコです。

    ちーしゃさんとさこさんがおすすめしてくださった本、池田暁子さんの「片づけられない女のための 今度こそ!片づける技術」
    ですが、実は一年前に買っていました。でもダメな私は「おもしろい読み物」として終わらせてしまってました。
    せっかくお金を出して買ったのに役立てないなら意味がないですね。気合を入れて読み直しました。
    著者は、「台所は捨てちゃっていいか迷う物がすくない。」と気づきそこを攻略して片付けに弾みがつきます。
    私の場合、台所でも捨てる基準の甘さは変わらないのですが、読み終わってから「台所から片付ければ、
    今の生活のしづらさを随分改善できるかもしれない。」と思いました。
    今まで、小さいエリアごとに片付けるというのができなくて、あっちをちょっと、こっちをちょっと、と
    して結局どこもゴチャゴチャのままでしたが、台所のカウンターの一角に場所を定め、前回決めた25個の物を
    元の位置に戻したり、捨てたりしました。続きます。

    ユーザーID:4474791181

  • トピ主です。 続き

    2日間でカウンターの3分の2程度の場所が片付いたのですが、ダイニングテーブルの時と同じで
    いや、今回はそれ以上に達成感を感じています。きれいになった空間というのはとても気持ちが
    いいものですね!
    あと「25個の物を片付ける」というのは、私にとっては大ヒットな片付け法になりそうです。
    私にでもこのくらいならできそうと始めましたが25個片付けると思ったより多くの物が片付きます。
    実践していてこの25という数字が多すぎず少なすぎずで絶妙な気がします。


    小町に相談する前は、片付けられないことによる自己嫌悪感や罪悪感で追いつめられた気分に
    なっていました。でも皆さんのおかげで初めの一歩が踏み出せた気がします。
    本当にありがとうございます。


    引き続き、きっかけや転機になったエピソードや実践したこと、していること、コツなどを
    教えていただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:5126184423

  • (横ですが) ひろ さんナイスです!

    >どれを捨てようか」って考えちゃだめ・・・まずは全部「捨てるもの」に入れちゃいましょう。
    >それから一週間とか一カ月とか期限を決めて、「捨てるもの」から出したものだけが残すものです。

    納得です!

    ユーザーID:0171963976

  • 引越しで20数年の汚部屋卒業しました1

    私は、貧乏で、学習机や棚が一切なかったので、勉強道具や教科書は床におくしかありませんでした。
    なので、片付けるということが分かりませんでした。母親も片づけが苦手なタイプでした。
    だから、小学生からずっと家の中を歩く際は、何かを踏まないと歩けませんでした。
    しかし、住んでいる建物の建替えで、引越しをしなくてはいけなくなり、せっかく引っ越すんだし、片付け方を勉強してみようかと思い立ちました。
    で、ネットで色々調べまくりました。
    調べたら、意外と簡単そうに思えて、引越し作業と平行しつつうまくいきました。
    我が家には、めいやおいも来るので、大人が片付けの見本を見せないといけないなとも思っていたし、めいやおいが、子どものうちから片付け方を知っていると私のように困らないな(私は学校でも片付けられず先生に叱られる子どもだった)というので片付け方を教えられるまでになりたかったし、私もめいやおいもアレルギーもちだったのに、きれいにできず、ずっと汚部屋に罪悪感がありましたので、この際徹底的にがんばろうと思えました。

    ユーザーID:0571626876

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧