なぜ道路で遊んでしまうのか

レス29
(トピ主2
お気に入り15

生活・身近な話題

ksys

道路が遊び場になっている問題を取り上げるトピを、しばしば目にします。
その多くは、人間的な問題か、道路で遊んで良いか否かという論点で語られています。

それらを見ていて私は、地理的な要因はどうなのかということが気になりました。
道路遊び場問題は、相手を悪人扱いするとか、違法性を追求する、それだけでは、
良い解決には向かわないと思うからです。
道路で遊ぶ背景には、必ず地理的な要因も絡んでいるはずです。

そこで、様々な場所にお住まいである皆さんの、遊び場に関する様々な地理的事情についてお伺いしたいです。
「ウチの道路は安全だから」など、道路自体の事情は置いといて、公園など正式な(?)遊び場側の事情です。
道路遊びをする(させる)方は、近隣の遊び場にどんな不満があるか
それを見たことがある方は、なぜ遊び場が使われないと思うか
逆に、道路での遊びを見かけない方は、なぜその地域では道路で遊ぶことがないと思うか
一般的にどうとかよりも、お住いの地域の個別的なことを、
個人的な見解で構わないので、お聞かせいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:6040374097

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もともと

    トピ主さんの考えの前提がそもそも違っているような気がします。
    子どもは公園等「遊び場」で遊ぶもので、道路で遊ぶのはそれができない時の代替策と思っているんですよね?
    私は昭和40年代生まれなのですが、道路で遊ぶのは当たり前でした。公園とか「遊ぶ専用の場所」にわざわざ行くということはほとんどなく、自分や友達の家の前や空き地や雑木林なんかで適当に遊ぶのが普通でした。
    もっと前、たとえば戦前、もっともっと前…明治、江戸時代…「遊び場」という専用の場所等なかったと思います。子どもは家の前の路地で遊んでいたはずです。
    それが快適で便利だったから。専用の遊具などなくても子どもはいくらでも遊べるものだから。
    子どもの基本的な性質は何も変わっていないと思います。家の前で遊べればそれに越した事はない。
    それがNGになったのはなぜか。それは道に自動車が通るようになったからです。危険ですし、自動車側からは迷惑。
    子どもを公園で遊ばせたいのはあくまで大人の、社会の都合です。
    危ないとあまり考えない親であれば、家の前の道路で遊ばせるでしょう。もともとそういうものだったのだから。

    ユーザーID:6043747219

  • 規制

    私はまだ子供達が就学前なので、小学生の母親達から聞いた話も含みます。
    私の家から歩いて3分位に小さい公園あり。

    1、就学前の子供を公園や児童館等に連れていくのが面倒

    2、ボール遊びを禁止する公園ばかり

    3、横浜在住ですが、歩道のない公道のために小学生だけで自転車で出掛けるのは危ない。

    4、比較的交通量が少ない

    私が思うに、公道で遊ばせている方は、親である自分が楽できる。(公園等に連れていく手間が省けて、家事をしながら様子をみて遊ばせることができる。)
    これに尽きると思います。

    ユーザーID:0335384634

  • 以前見たテレビで

     六十代、四十代、十代とそれぞれの年代で何で遊んだかのランキングをしていました。六十代の一位は、道路、路地で遊ぶでした。

     写真では塀の上を歩いたり今そんな事をしたらどうなるんだろうって感じでした。いまは、公園でボールで遊んでも怒られる時代です。幼稚園保育園では前転もできない子供が増えているそうです。体をどう使っていけばよいのかが分からなく、転んだ時も手をつくことができない子もいます。もともと子供は家の周りで遊びながらいろんなことを学んでいくものだったんですね。
     
     公園の様子を撮ることをライフワークにしているアマチュアのカメラマンが、「十年くらい前から公園の様子がどんどん変わっていっている。昔は鬼ごっこなんかを自分たちのルールを作って遊んでいたが、いまは公園の隅っこで集まって動かない。何をしているのかと言えばカードや携帯ゲームをしている。最近では誰もいないことも多くなった。」と言っていました。

     うちの近所ですか?最寄りの公園は車通りの激しい道路を渡らなければならないので、子供にとって良い環境とはいえないと思います。

    ユーザーID:6683982348

  • 住宅街の道路で、大声や奇声を張り上げていたり、大きな声で

    大騒ぎして遊んでいる親子数組が、近隣にいます。
    車は余り通りませんが、普通に密集している住宅街です。

    それでも、車が全く通らない訳じゃないし
    遊ぶ場所でもないのに
    通行するにも、いちいち気を使わないとならない状態です。

    他にもバイク、自転車で通行する子供、大人
    歩行者もいます、数うんぬんではないです。
    私は子供には、道路では遊ばせていません。

    いくら大人がそばにいても
    立ち話で夢中になっていれば、目を離しているだろうし
    子供は遊びに夢中になっていれば、周りは見えません。

    そんな時、運悪く通行して何かあった時に
    通行していた人間のせいにされる可能性も
    全く無いとは言えないだろうし、本当に危険で迷惑です。

    近くに広めの公園があっても、面倒なのか
    行かない、連れて行かないようだったり
    日頃から、子供の奇声なども多かったり
    他の面でもどうなのかと思います。

    地理的には余程、隣近所が離れていたり、通行する人がいない以外
    親の常識が少ないと思っています。

    ユーザーID:4350947950

  • 迷惑

    横浜市内の分譲マンションに住んでいます。

    ときどき子供がマンション側道からマンションの外壁に向かってバッティング練習をしています。
    マンションの外壁にボールが当たって、マンションの外壁が傷んでしまうし、なにより音がうるさいし迷惑です。

    子供は室内か公園で遊んでほしいと思います。

    ユーザーID:0468505488

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 公園で出来る遊びは少ない

    昭和50年代生まれです。自分の子供の頃を振り返ってみると公園で遊んだ記憶がほとんどありません。公園で出来る遊びはそれほどないので。それよりは道路や川、空き地のようなところの地形を利用して遊ぶ方が多かったです。

    ユーザーID:4266634931

  • 地理的な要因も何もありません。

    親が「道路は遊び場じゃない」
    といった当たり前のことを知らないだけ
    知ってか知らずか、知らん顔しているだけ

    「公園まで行くのは面倒、付き添うのは面倒
    家の前の道路、近所の道路なら楽、見ていなくて済むから楽」

    「よその人の通行の邪魔?煩い?危険?
    そんな事は私には関係ない、何が悪い」

    「車がよければいいでしょう
    何で子供が毎日遊んでいるのに、毎日にらんでいるのに
    わざわざ通行するの、他の道を通ればいいでしょう」

    「ママ軍団と固まれば無敵、子供は社会の宝でしょう
    社会で育てるんでしょう、だったら何をしても
    どこで遊んでもいいでしょう、道路で遊んで何が悪い」

    「井戸端会議で他人の悪口や噂話は、楽しくてやめられない
    もう19時?今日も井戸端会議で一日が終わった
    今日は涼しかったから、午前午後と合わせて7時間位かな
    道路で遊んでいたのは」

    こんな所です、地理的も何もあったもんじゃありません。
    一度、道路遊びをさせている親と話してみるといいですよ。

    公園が無い、遊び場が無い
    昔は皆、道路で遊んだと嘘や言い訳をしますけどね。

    ユーザーID:3052717125

  • もともと子供って親のそばで遊ぶものだから

     公園が近いとか遠いとか道路を渡ってむこうだから、とかより、もともと子供って親のそばで親が住んでいる住まいのそばで遊びたがるものだからではないかと。
     道路と言っても幹線道路では遊んではいません。当たり前だけど。
     つまり生活道路といいますか団地内の道路、マンションの私道などが多いのではないでしょうか?
     つまりそれは純粋に道路というよりか、そこに住んでいる人たちが生活を共有するスペースという感じなってしまうのでは?。
     子供って友達の家に友達を誘いに来たり、だれか友達が遊びに来ているんではとちょっとのぞいたり、いったん集まってまた移動したり、途中で友達といきあったり、で家が拠点になると、そうすると家には必ず道路という物がくっついてるので、そうなるのでは。
     マンションのプレイロットなどは道路ではないけど子供多いですよね。親の家、つまり住まいのそばだからかな?と思います。
     子供にここで遊びなさい、とスペースを与えてもつい遊びに夢中で気が向いた所で群れてしまうのでは?親は言って聞かせることはできてもずーっと監視するのは無理だしかな?と思います。

    ユーザーID:6575514848

  • みかんさんのような人が増えたら

    息が詰まって暮らし辛い世の中になるんだろうなあ…。

    (「杓子定規」という四字熟語は死語になってしまったんだろうか)

    ユーザーID:5487074181

  • 交通事故が起こるから、かな・・

    48年生まれの主婦です。

    子供の頃、それこそ家の前の道路で遊んでいました。

    自転車乗ったり、絵を描いたり、縄跳びしたり・・・
    友達の家にも行って、そこでも同じように道路で遊んでました。
    または友達と自転車でどこかへ行ったりとか。

    少し歩けば公園もありましたが、なぜか行きませんでした。
    なぜなんだろ・・

    街の公園って、あまり雰囲気のいい所じゃないですよね。
    今の時代は、明るい公園もあるかもしれませんが・・・


    我が家の子供たちは、やはり家の前で縄跳びの練習などはします。
    理由はなく、自然と家の前でやってるだけですね。
    ただ、自分の頃と違って、ほとんど外では遊びませんが・・・


    新興住宅地に住んでいますが、今の時代、それほど道路で子供遊んでます?
    何して遊んでますか?道路に絵とか描いてケンケンパとかしてます?
    野球やドッジボールとかしてます?
    もしかして、もっと幼い子供のことを言ってます?

    あ、それとみかんさん。

    なんか人付き合い不器用そう。
    苦労が無駄に多くないですか?

    ユーザーID:4437589440

  • 地理的要因は関係ありません

    如何なる理由があろうとも、道路は遊び場ではありません。

    それを許す親、きちんと教えない親がいるだけです。

    ユーザーID:0748047382

  • 節度を守って遊ぶ…くらいが妥当だと思います。

     トピ主さんこんにちは、「道路で遊んではいけない」って言うのは近年の常識ですね。
     他の方も言われる通り道路というのはもともと通行の場であると同時に社交の場でも遊びの場でもありました。
     道路は通行のためのみに使う場であるというのは車社会になってからです。「駐車場で遊んではいけない」というのも子供の安全よりも「車を傷つけられたくないから」が主な理由でしょう。(子供にとっては駐車場は広場です)
     児童公園という遊び専用の場が増えてきたのもここ数十年くらいのことです。
     私は昭和40年生まれですが遊びはほとんど家の前の道路でした。うるさかったりボールでガラスを割ったりするとよく怒られましたがそうやって大人の目の届くところで子供は育ちました。
     たしかに今の時代、道路で遊ぶのは昔より危険であり騒音に敏感な人も増えています。
     子供たちの道路遊びを禁止するのならば大人の道路でのおしゃべりも禁止するべきでしょう。おしゃべりだって遊びの一種と言えないこともありません。でもそんなことできませんよね。
     節度を守って遊び大人がしっかりと見ていること。くらいが妥当でしょう。
     

    ユーザーID:2434632043

  • 都合がいいから

    袋小路です。宅地内の私道です。近くに公園あります。でも仲の良いママさん達と子供(未収園児)はここで遊びます。

    最初からここで遊ぶ気もあっただろうし、仲間ができたから遊びやすくなったのもあると思います。毎日公園で遊ぶ仲間ができれば公園に行くだろう、とも思います。未収園児なので親次第。要は「お友達」次第だと思う。

    横ですが、みかんさんの所みたいに七時間も騒がれたら近所の家はたまったもんじゃないですよ。

    ユーザーID:1137603594

  • 子どもの発達を無視した街や家作り、でしょうね

    親の怠慢、躾が悪いというのはまあ簡単なんですよね。

    それよりも、子どもは自分のテリトリーを少しずつ広げるように行動範囲を広げて成長していくので、道路遊びというよりは「家の周り遊び」をしているに過ぎないのです。
    日本では「家の前が公道という街づくりになってしまっている」のが問題なんでしょう。
    先進国では、すでにそういう特性を組み入れた街づくりを国を上げてしているところもあるんですよ。

    分譲住宅を作る業者も、法令や条例を巧みにすり抜けて、緑地を極力少なく、または作らずして、宅地開発します。
    子どもを育てるという視点が、住宅に関する法律に欠けているのも問題。

    都市部集中の国の政策で、都市部ではこういう問題がいつもある。
    地方に分散されれば解消されます。待機児問題も同様。

    母親は子どもにぴったりとくっついて遊べれば理想ですが、妊娠中だったり生後間もない赤ちゃんがいることもあります。
    ずっと子どもの行動を監視するのはまあ子育て中は不可能といってもいいでしょう。
    子どもも親のテリトリーの中から、少しずつ外に出て行って自立していくのですから。

    ユーザーID:4640937485

  • それが普通だから

    家の前の道路って子どもの遊ぶ一番身近な場所だと思っていました。
    幼稚園児のように親が公園のベンチで見つめてるのでなく、それなりに子どもの声や遊んでる様子を感じ取れる、すぐに親を呼びにいける範囲で遊ぶといったところでしょうか。

    小学生低学年までは、よく家の前の道路で遊んでいました。
    ゴム段、ケンケン、ぽこぺん(かくれんぼ)、たかおに、バドミントンなど。
    近くにすべり台とブランコ、砂場、鉄棒のある小さな公園がありましたが、それらで遊ぶときは公園に行きました。
    狭い公園なので場所を取って迷惑なので、ゴム段やバドミントンは公園ではやりませんでした。そういうものは家の前でやるものと思っていました。
    大正時代からの商業地で、今でも再開発できないほど商店街&住宅密集地(権利者がいっぱい)で、公園や広場は他になく、めだかもアメリカザリガニも水槽以外で見たことなくて塀の上歩きなんかで探検して遊んだ子どもです。

    路地や生活道路ってそういう存在だと今でも理解してます。
    私が育った頃より車も人通りも変わらないし。むしろ近所で唯一の公園がなくなって余計に場所がなくなっています。

    ユーザーID:6316539365

  • 子供にとって安全で、親は窓から見れて楽

    うちの家の道路でも良く遊んでます。
    とっいっても2組程ですが・・・
    我がもの顔をして、袋工事いっぱい使い、ワーワー遊ばしてます。

    いつか、貴方達の子供も道路で遊ぶようになりお互い様と言ってますが・・・、他のご家庭はそれだけ占領されてて道路で遊ばせにくい状況なのも気づかない親。自分の子供の事しか考えてない親。

    先日、我が家の車に自転車の傷が多々ついており、大問題に!!
    それでも、貴方達の子供もいずれ大きくなったら・・・みたいな発言してましたね・・・。呆れます。
    自己中心的な考えに。

    ただ単に、道路は子供にとって安全であり、親が家のそばだからお茶とか家事しながら見れるのがいいんじゃないですか?公園いくのだって、多少はお洒落もしなきゃいけないだろうし。子供にとって安全でも、車にとっては被害が被るんですよね・・・

    ユーザーID:6046343829

  • ありがとうございます(1)

    道路遊び場問題を地理的要因から考えるという主旨を、
    私の拙い文章からご理解下さった方々に感謝します。

    背景には法律の問題があるというみねふじこさんのご意見には賛同します。
    私たちは、自分に有利な法律はそれを盾に利用しますが、不利な法律には文句を言います。
    仮に、土地の区画や道路の敷き方を決める今の法律にこそ問題があって、
    そのせいで窓ガラスの心配をさせられ、ぎすぎすした近隣関係を強いられているのだとしたら。
    私が地理的要因に絞った意見をつのった理由もそこにあります。

    本題ですが、頂いた意見を読ませていただくと、
    ・ボール遊び禁止(決まりごとの問題)
    ・道路の車通りが激しい(経路の問題)
    ・公園で出来る遊びはそれほどない(用途の問題)
    ・子供の行動範囲外(距離の問題)
    一言「面倒」と言えばそれまでですが、一歩踏み込むと、やはり様々な事情があるのがわかります。

    そして、他の意見も見るところ、そういった問題を一番解決出来ているのが、
    結局は「遊べる道路」であるように見えます。
    (つづきます)

    ユーザーID:6040374097

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ありがとうございます(2)

    ではなぜ、「車の通れる道路」は一部問題視されるほど造られていくのに、
    「遊べる道路」は造られないのか。
    とっかかりにすぎないと思いますが、今の住宅開発に関する法律が抱える問題は、
    この辺から切り込んでいけそうにも思えます。

    みねふじこさん曰く、海外ですでにそういう取り組みが始まっているとのことですが、
    日本にもやがてその波が来るとしたら、政治家や専門家よりも先に、当事者である
    私たちがこの遊び場問題を、自分たちの地域にあわせて考える意味は、きっとあると思います。

    ユーザーID:6040374097

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • みかんさんに同意

    家が密集してる狭い道路の戸建に住んでいました。
    子供は遊ぶもの、道路遊びも当たり前。そう育ってきたし、それには腹も立ちません。自分の子も近所の人に怒られ、怒られる事で学び地域で育ててもらったと思っています。

    腹が立つのは「親」に対してですね。大抵は子供のすることだからと子供に対しては大目に見ていると思います。でも「親」に対してはそうはいきません。子供以上にはしゃいで人の家の前の道路で平気でサッカーをする父親。車庫にボールがあたるのも当たり前だと思っている。大声で井戸端会議をして子供以上に煩わしくうるさい母親。
    夜8時過ぎていると言うのに、わざわざ外灯を点け平気で外でキャーキャー言わせ子供を遊ばせている親。
    「野中の一軒家じゃあるまいし」と毎日思いました。

    転居を検討して徹底的に環境に拘り見えたのは「人の質が車で10分程の距離でも違う」ということ。人の質が低い地域ってあるんですよね。
    今の地域に越して3年、当然近所の子供達は色んな場所で遊びます。
    しかし親の躾、対応が雲泥の差です。子供を見れば親がわかる。まさにその通りです。何故低俗同士が集まるのかは謎のままですが。

    ユーザーID:3437102617

  • 難しいでしょうね

    この問題は、便利な都市生活を享受している大人にとっては、鬼門でもあるんですよ。

    街中に十分な広さの緑地や、生活道路と基幹道路を分けたり、車の通行をある程度制限した道路を作るためには、土地が必要です。
    でも、そんなことを法律で定めて住宅作りに持ち込まれたら、都市部の住宅の値段は跳ね上がるでしょうね。
    普通の人には住めなくなります。
    都市部に密集すればするほど、この問題は大きくなります。
    騒音問題に悩む人ほど、便利で安価で密集した場所に家を買っているのに、背景にある大きな問題には気がつかない人も多いと思います。

    私は、今の道路遊びや騒音問題は子どもの問題じゃなく、便利で至便さをひたすら追求した大人や消費社会の問題だと思ってます。
    子どもの躾といいますが、子どもはエネルギーを発散させなければいびつに成長してしまいます。
    都市部にいる子どもも、昔は野球をする場所くらいはありましたしね。

    もちろんご指摘の通りマナーの悪い大人もいるでしょうが、彼らは急に増えたわけじゃなく、昔からある一定数いたのです。
    同様に思慮深い寛容な大人が減ったわけでもないでしょう。

    ユーザーID:4774334675

  • 道路で遊ばせるのは

    少しでも外に出るとお金がかかるからでしょうか。
    道路で遊ばせているのは専業主婦のお宅が中心なのが多いですね。
    家に居ることが多いと外に出る際、用意が面倒だったり
    家の事が気になるとかで出不精になったりもしそうです。
    共働きのご家庭のお子さんはつられて出てくるような感じです。

    だから道路で遊んでいてくれた方が楽ちん。と。

    専業主婦だった経験もあるので気持ちもわかるのですが
    道路で遊ばれると他の方も仰る通り気を遣います。
    お子さんの飛び出しも怖いし親御さんと出くわすと気を遣います。
    毎日疲れて家に帰ってまで今度は近所付き合いに気を遣いながら
    笑顔でその前を通り過ぎるのはやはりストレスにもなります。
    会いたくない日もあるというのはワガママなのですが本音です。

    ユーザーID:0402681736

  • ウチのほうは狭隘地ってやつで

    ほとんど、車が全力で走れる道幅がないので
    子供が道路で遊んでいても「地理的」には
    危ないことはありません。
    ご近所さん所有の車も
    配達系の車もノロノロしか進めませんから。

    それに、公園はないです。
    今年40の私が、子供のころからないです。
    自転車で、JRの駅ひとつ半先に
    いわゆる児童公園のようなものがありましたが。

    なので、道路で遊ぶこと それ自体に
    抵抗のある「地域」ではありません。

    が。

    ここ数年。
    子供が植木を壊した、駐車場の中の車をボールなどで傷つけた、塀を自転車でぶつけて傷つけた、窓ガラスを割った、などに際して、親から謝罪がまったくなくなりました。
    それどころか、勝手に人の家の木に登って、落ちたから治療費よこせ、まで言う奴がでました。
    ホントにここ数年です。

    そうなってくると、子供が家の前にいるだけでウザくなってきます。
    ちょっと話声が聞こえただけでうるさく感じます。

    同様に、公園も、ちょっと子供がケガしただけで訴訟問題。
    行政としても、撤去したい気持ちもわかります。

    ユーザーID:4546261173

  • 3度目です。道路で遊ばないですむ方法を探す

    >同様に、公園も、ちょっと子供がケガしただけで訴訟問題。行政としても、撤去したい気持ちもわかります。

    これに関しては、今は地方交付税が減り、不況で税収は減り、財政状況が悪化している自治体は大変多いです。
    公園の整備などに使われる税金は微々たるものです。
    施設の経年劣化があっても新しくできないし、人手不足によって管理が十分できないので、事故も増えていると思われます。だから撤去なのでしょう。

    子どもを取り巻く環境は、40代の私たちが育った頃とは全く違うんですよ。

    学校も、相次ぐ犯罪や管理体制の問題(学校は施設の管理責任者は都道府県の地方公務員である副校長ですが、実際その整備をするのは学校がある市区町村なので縦割り行政の影響も大きい)で、校庭開放が難しい場合もあるでしょう。
    住宅地に緑地がないことも前述のレスの通りです。

    今の街を作ったのは大人です。
    大人が子どもの遊べる場所を作る方策を、知恵を出し合って考えるしかないのではないですか?
    大人だけが良い思いをするのではなく「子どもに良い環境をどう与えるか」を大人として考える必要は、あると思いますよ。

    ユーザーID:4640937485

  • 住民の質もあると思います。

    横ですが、みねふじこさんへ

    >大人が子どもの遊べる場所を作る方策を、知恵を出し合って

    実際に、遊び場や公園があっても
    すぐ近くに無い、歩いて5分以内に無いだけで
    「公園が無い、遊び場が無い」と言う人はいます。

    歩いて5分、10分
    住宅街の中や、他に遊んでいる子供や大人
    通行する人が大勢いるにも関わらず

    しかも不審者や不審な事など、只の一度だってないのに
    「不審者がいる」などと言っては、公園に行かず

    歩いて10分、15分以内に
    大き目の公園があるにも関わらず
    道路で遊んだほうが、親子して楽だからと公園に行きません。

    通行の邪魔になっていたり
    ボールがよその家や車、庭に入っていたり
    植物にぶつかっていたり

    大騒ぎや大声、奇声
    大声で、立ち話を数時間していて
    近隣の迷惑になっているにも関わらず、公園に行きません。

    大人が子供の遊び場や公園を作る、提供する
    必ずしも、それが絶対に必要なのかどうか

    公園が本当に全く無い地域なのか
    地域や住民の質などによってだと思います。

    ユーザーID:3270235006

  • ジャムさま

    おっしゃることはわかります。
    が。

    >大き目の公園があるにも関わらず道路で遊んだほうが、親子して楽だからと公園に行きません
    >通行の邪魔になっていたり、ボールがよその家や車、庭に入っていたり、植物にぶつかって
    >大騒ぎや大声、奇声、大声で、立ち話を数時間していて近隣の迷惑になっている

    家と遊ぶ場所をわけると言うのが、子どもの発達上、無理があることなんですよ。
    子どもがいる家同士が、生活の拠点で、情報交換をするのも本来なら自然な姿です。

    つまりは家と家の距離が近すぎる、壁や塀が薄い、家の前が道路になっているという街作りが問題なんでしょう。
    都会の密集した住宅街だからこそ、起きる問題です。

    地方で土地が広くある場所、もしくは超高級住宅街で外壁や大きな庭があって、公園を必要としない場所以外では、この問題が必ず発生するということです。
    便利な都市生活を手に入れるため、狭い土地にみんなが住みたがった結果です。
    消費層、サービス提供層の中心である育児をしている世帯も集中します。

    都市集中が解消されれば環境は整いますよ。

    ユーザーID:4640937485

  • 道路で遊ぶ子どもを見かけない

     私が子供の頃は地方の住宅地で家の前の道路で近所の友達と遊びました。自転車で近くの小さい公園にも行きました。
    ご近所さんが我が家の前で井戸端会議をするのを,母は嫌だと感じていたそうです。落ち着かないと。
     最近東京や埼玉に旅行に行き,児童館の庭に「野球禁止」の看板があるのには驚きました。都会の子供の運動能力が下がるのではないか心配です。周りは住宅がひしめくように建つ住宅街でした。
    私の住む地方でも,新興住宅地では親子で道路で遊んだり,井戸端会議をしています。そういう所は小さな空き地のような公園があるだけです。
     私も幼児がいるので,毎日朝から近所の大きな公園に行きます。ここでは道路遊びの子供は見かけません。みんな公園で走り回り遊具で遊び,池の魚に餌をあげています。賃貸ですがとても良い環境だと思います。もし新築しても,毎日自宅前で井戸端会議されては落ち着きませんし,道路で子供が遊ぶと危険です。今朝も中高年夫婦が緑豊かな公園をウオーキングしているのを見ました。子供をのびのび育てるには広い土地が必要だと思います。

    ユーザーID:5560499910

  • その視点

    >なぜ道路で遊んでしまうのか
    チョット違うような。基本的に(子供と言わず大人でも)他人に迷惑がかからなければ、どこで何をしようと自由です。
    これがベースだと思います。

    >なぜ遊び場が使われないと思うか
    で、道路では「道路の遊び」があり、公園には「公園の遊び」があるのでしょう。

    >地理的な要因はどうなのか
    トピ主さんの視点もあります、「便利さ(家から近いかどうか等)」も。

    で、その視点から見ると問題解決にどう寄与するのでしょう。

    ユーザーID:3297865714

  • 私大幼稚園と隣接

    私大幼稚園と拙宅の一部が隣接しています。園に通う母親が開園前から集まりだし、生活道路・公道を埋め尽くし、夕方遅くまで延々とたむろして立ち話。その間幼児が奇声を発しながら道路を駆け回り、拙宅の庭に勝手に入って隠れんぼをしたり植木をちぎったりやりたい放題でした(親はただ見ているだけ)。

    園長もこちらを悪者扱いし、警備の人に車のボンネットを叩かれたこともあります。3年の間、行政から注意してもらったり、何度か学校法人に手紙を書いたりして、まともに通行できない窮状等含め訴えましたが(何しろ母親はおしゃべりに夢中で車が近づこうがお構いなし)、ついに昨年、私の車が危ないということで逆切れした園長が拙宅に怒鳴り込んで来て、警察を呼べと挑発するので警察を呼ぶまでに対立はエスカレート。

    園長の言い分は「園の中で母親を解放するとおしゃべりに夢中で子供に何かあったらうちの責任になる。駐輪場は設置の義務はない」ということでした。営利団体のはき違え権利意識、エゴに開いた口が塞がりませんでした。
    後日談ですが、弁護士のアドバイスを元に拙宅のフェンスに抗議の垂れ幕を設置、現状は以前より随分改善しました。

    ユーザーID:7822109548

  • 追記

    「道路 子供 遊ぶ」「道路 子供 騒音」等の語句でネットを検索するとで実に多くの方が悩まれていることが分かります。

    「西東京市いこいの森公園噴水差し止め訴訟」では子供の嬌声に悩む近所の方の訴えが認められました。判決について異論があるのは理解できます。「公園で子供が声を出すこともできなくなるなんて」と感じられる方が多いと思います。子供の嬌声に悩まされてきた私自身、「せめて公園くらいいいんじゃないの」という気持ちと、原告の方の「辛さ」に同情する気持ちもあります。

    以前、マンションに住むご夫婦が上階の子供の足音に悩まされ、何度お願いしても「子供なんだから仕方ない」と無碍にされたので裁判で結果的に勝訴されたケースでも「心臓がドキドキして息が苦しくなる」とおっしゃっていました。

    昭和41年には当時の文部省から各都道府県の教育委員会の長・知事などに向けた通達の中で(1) 道路で遊ぶことは危険であり、他人にも迷惑であることを知らせる、とあります。警視庁や警察も幼児・子供の交通教育で「道路で遊んで」と積極的に推奨していることはないと思いますが、現実問題としてゼロにはならないでしょう。

    ユーザーID:5524641848

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧