• ホーム
  • 子供
  • 医学部はどうしてそんなにお金がかかるの?

医学部はどうしてそんなにお金がかかるの?

レス31
(トピ主1
お気に入り69

妊娠・出産・育児

るみ

タイトル通りなのですが、医学部(私立?)はどうしてそんなにお金がかかるのでしょうか?

私自身、学歴もなく、そういった知識に乏しいので、どなたか教えてください。

私立では卒業するまでに4千万ほどかかると最近知りました。
普通に医学部や薬学部はお金がかかるということは、一般常識?として知っていました。

でもどうしてそんなにお金がかかるのか、普通の学部よりお金がかかる理由は何なのか、全くわかりません。

息子が最近産まれ、17歳の時に240万受け取れる学資に一括で払いましたが、到底追いつく金額ではありませんよね。
まぁこの金額では普通の私立の大学4年間でも賄うことは難しいのでしょうが・・。
(息子を医学部に入れたいわけでは決してないです)
うちの家庭のような子は医学部に入れない=医者になれないということでよろしいのでしょうか?

国公立の医学部なら大丈夫?でも偏差値高い?という幼稚な知識しかございません。


質問が二つになってしまいましたが、どなたかわかりやすく説明してくださいませんか。

ユーザーID:8763665234

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • では簡潔に。

    国立医学部出身、育児休暇中の内科勤務医です。

    1)なぜ医学部は学費が高いのか?
    国公立も私立も「医師を1人作る経費」はほぼ同じで、大学や地方によって異なりますが、だいたい5000万円〜1億円くらいです。私立文系では「学生100人あたり専任教員1名」だったりしますが、医学部は「学生1名あたり、専任職員(=附属病院の医師、看護師、事務職員含む)10人」くらいの人件費と莫大な設備費(=大学病院、研究所)がかかります。
    国公立は必要経費の90%くらいが税金です。私立は30-40%が税金で、残りを附属病院の収益と学納金(=学費)で賄います。それだけのことです。

    2)うちの子は医学部にはいれないのか?
    いいえ。
    国公立大学医学部は全国に50もあり、入学定員は5000人を超えます。受験競争で上位5000人に入れないのであれば、努力が足りないだけです。それを医学部に入れない言い訳にしてはいけません。私立医大でも上位半数は地方国立医大より入試難度は高く、お金の有無は言い訳になりません。

    最下位私立なら、5000万円の学費と早慶理工学部に合格できるアタマがあれば入学できます。

    ユーザーID:8979111180

  • 学生と教職員の比

    医学部では、だいたい100〜140名ぐらいが定員でしょう。
    他学部比べて、一番違うことは、学生に対する教職員の数が
    多いことです。
    一般教養、基礎医学、臨床医学、数多くの講座があり、それぞれに
    教授から助教まで数多くの職員がいます。

    簡単に例えれば、小学校の40人クラスに一人の先生がいます。
    しかし、ある学校では、40人クラスであっても、複数の先生を
    配置して、その他にも音楽や体育の専門教師、野外活動専門教師
    と幅広く、きめ細かい対応ができる小学校あったとします。
    当然ながら、そういう小学校は先生方の給与の為に、高額の授業料に
    なります。医学部でも同じ状況です。

    子供さんには、あまり教育資金がなくても、非常に賢ければ、
    公立小学校→公立中学校→公立高校→国立大医学部という
    可能性はあります。国立大医学部には、地元出身枠という
    ものを設けて、授業料を免除or軽減してくれる制度もあります。
    ただ、卒後は、指定された田舎の病院に勤務する必要があります。
    その他奨学金制度もあります。

    学資保険240万円で、医者になることは不可能ではありません。

    ユーザーID:8437066003

  • 学生教育にお金はかからない。

    医学部の学生の教育にお金がかかっているというよりも、最新の医療機器だとかにお金がかかっているんです。学生教育そのものにはたいしたお金はかかりません。理学系や工学系のように実験などをするわけでもなく、講義と病棟を回っての見学だけですから。

    そんな訳ですので、つぎ込まれたお金の恩恵は受けているのは大学病院を受診する患者さん達です。

    国公立は税金で負担し、私立医大は学生がお金を負担しています。

    ユーザーID:6500013444

  • 医師養成にカネがかかる都市伝説

    医師養成にカネがかかるという都市伝説があります。ひとりあたり6000万円から1億円。
    これは医学部の定員が少ないため、学生ひとりあたり附属病院運営費を含めた学部予算を割っただけの数字で、学生教育に使われるお金ではありません。
    実際、医学部の教育なんて工学・理学部の大がかりな実験装置が必要な学部よりお金がかかるわけがありません。
    医学部の教官内訳を見ればわかりますが半分以上は、附属病院の診療要員で、学生教育専従なんてごくわすかです。
    学生講義のほとんどは診療・研究の片手間におこなわれるものです。
    医師養成にはこれだけお金がかかってるんだから、医師は僻地で働けとかという議論は、都市伝説を利用したデマゴーグにすぎません。

    ユーザーID:5427266143

  • 私も教えて‥外国なら?

    現在育児休暇中さん、私も教えてください。

    お金のかかるのは、日本の医師だけですか?
    例えばアメリカ、他の海外なら医師になるのはお金がかからないでしょうか?(ほかの留学と比べてです)

    留学する頭も必要でしょうが、日本だけがお金がかかるのか知りたく思いました。

    ユーザーID:9602515701

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 私立だけですよ。

    夫婦で国立医学部出身です。

    国立だと学費はほかの大学と同じですよ。
    ただ、×6年分にはなりますけど。
    私も主人も庶民出身ですから
    主人は奨学金もらいながら
    私は母も頑張って働いて仕送りしてもらいながら
    足りない分は家庭教師のバイトをしながら卒業しましたよ。

    ただ、私立の偏差値低めの医学部なら
    新築が一軒建つぐらいの資金が必要になります。
    あ、慶O医学部とかは別です。結構学費も安いですが
    下手な国立医学部より断然偏差値高いです。
    私立医学部の偏差値低めのとこは開業医の子供でどうしても医学部に入りたい方の
    学校ではないでしょうか。
    庶民には到底捻出できない資金が必要ですから。
    ですからしっかり勉強すれば医学部には行けますよ。

    ユーザーID:8670320496

  • 大学って無駄?

    大学というのは学問をするところです。生徒何人かでゼミ教授独りと考えれば、生徒何人かに教授が各科にいるからだいぶ多いように感じます。
    実験施設なんてのは独りの研究者が大きな実績と将来への期待でできるのでしょうが、何億なんてのもあります。そこに大学院生とかも研究してスタッフもあって一大プロジェクトってなります。

    そういう比較だと、対学費で税金の使われ方って医学部は多いように思います。
    同時に難治病の患者さんが集まったりするので、そういう患者さんには研究もする病院でないと治せません。

    なんだか、複数の役割を複数の経費で考えるべきべきなのを全部学生の為に経費に考えると途方も無い金額に見えますが、そのおかげで難治病とか原因不明の病気への研究も進むのですから、どれだけお金がかかるかと単純計算ができるのかどうかと思います。

    基本研究もして大学なのですから、単純に学費で済む問題ではないように思いますけど。
    学生無しで研究だけだとシンプルに仕分けされてしまうのでしょうか?

    ユーザーID:3987290132

  • 4千万ではすまないと思う・・・

    学費以外に寄付金がきます。

    しない人もいるようですが、ゼミの先生からそれとなく言われるそうです。

    大体1年間1千万と考えて、最低6千万は必要だと思います。

    ユーザーID:0029790641

  • 施設費

    単純に施設費にお金がかかるんです。文学部、法学部、経済学部等は本があれば勉強できますが、医学部は施設にお金がかかるから、学費が高いんです。体育学部もグランド、体育館の維持費がかかるため、医学部ほどではありませんが、文系学部よりお金がかります。

    ユーザーID:8137757926

  • ふふふ

    「現在育児休暇中」のお医者様、さっそくのわかりやすいレスありがとうございます。

    でもトピ主さんのお子さんが医学部に入りたいわけではないと書いています。

    別に言い訳してるわけじゃないと思いますよ。
    それと全国5000位以下は努力の足りない人間なんでしょうか?
    言い訳言い訳って、なんだか感じ悪いお医者様ですね。

    育児休暇中でも暇そうだから、育児を言い訳にしないで復帰したらどうですか?

    ユーザーID:8921200438

  • 学費ゼロで医者になれる学校もあり

     お金がなくて、でもどうしても医者になりたい人たちには、学費ゼロで進学できる医学部があります。
     自治医大は学費ゼロです。医者になってから、僻地勤務の義務がありますが、それも一生ではなく、わずか9年。大変お得です。偏差値は68程度。

     また、私立でも産業医大などは、国立大よりもかかるお金分は貸してくれ、これも指定の場所でわずか9年働くだけで、返還義務がなくなります。偏差値は65程度。

     さらに、子どもには働いてもらわないといけないほど貧乏なお宅でも、防衛医大なら、学費がタダになるどころか、お給料までもらえます。偏差値は70程度。

     と、やはりお金がかからないところほど、偏差値は高くなっていますね。

     他に、田舎では、地元に戻ってくることを条件に、返還義務のない奨学金を出してくれる自治体もあります。調べてみましょう。

    ユーザーID:0467794129

  • 自治医科大・産業医大

    教育資金がないのでしたら、自治医科大学を目指せば良いと思います。

    自治医科大学とは、へき地等における医療の確保と地域住民の福祉の増進を図る目的で、全国の都道府県が共同して栃木県に設立した大学です。
    在学中の学費は一端学校から借りている形になり、卒業後医師になってから返済するシステムです。
    つまり6年間の医学部在学の学費は、出世払いでよいという事です。
    また卒業後9年間、指定された病院(医師不足な全国の山間離島)で勤務すれば、学費の返済が全額免除されることになっています。

    ちなみに、自治医科大学の入試レベルは、
    医科大学・医学部受験の中でも、かなり難関とされています。
    合格倍率は例年20倍前後という狭き門です。


    同様に福岡県にある産業医科大学(産業医大)も、卒業後9年間産業医として働く事を条件に、学費が全額免除になります。

    ユーザーID:7543584010

  • 一つの推測

    1. 3年前のブログですが、国公立の(当時の)単科医科大の財務表から、大学6年間にかかる医師一人当たりの養成費用を推計した方がいます。それによれば(教育経費+教員人件費)÷学生数=大体6年間で3500万円となっています。私立医大の学費とトントンの数字です。教育経費と教員人件費は半々ぐらいです。学生一人当たりの教員の多さが、医学部の学費が高くなる要因の一つではないかと思います。ただし、医学部教員の多くは大学病院で働く医師でもありますから、その人件費を病院の経費として付け替えれば、学生にかかる費用はその分目減りすることになります。
     俗に国公立大学では医師一人の養成に1億円の税金が投入されていると言われますが、それは大学や病院の施設や研究費といった他の経費も含めて学生数で割った暴論です。
     さて、私立大学といえども補助金をもらっているはずですね。それはどうなるのでしょう?これは私の推測ですが、不当に儲けているのでなければ、大学付属病院の赤字等の補填に使われるのではないかと思います。

    2. 臨床医は、センター試験で8割とれる頭があれば十分ですよ。

    ユーザーID:6766728887

  • 医学部運営にお金が掛かるから

    他の方も書いておられるように、医師育成というより、学部運営にお金が掛かるからだと思います。

    うちも、夫婦で国立医学部出身です。
    国立医学部なら、庶民のお子さんがほとんどですよ。
    中には裕福な家庭の人もいましたが、多数派ではなかったです。
    奨学金で通っている人も多数いました。うちの夫もです。
    友人でも、奨学金と家庭教師のバイトで自活している人もいました。

    庶民の子なら、国立医学部に行けばいいだけの話です。

    高校時代の親友(大きな病院の一人っ子)が私立の医学部(偏差値は医学部の中ではかなり下の方)に行きましたが、
    その子のところに遊びに行った時にはビックリしました。
    学生駐車場には高価な車がズラ〜ッ。一方、教職員駐車場には、庶民の車がズラ〜ッ。
    やはり私立の医学部は、病院の跡継ぎ息子・娘が圧倒的に多いようです。
    その子が行った大学は、6年で卒業できる人の方が少ないらしく(容赦なく留年させられる)、
    その子も6年では卒業できず、卒業までにかかったお金は、4千万どころじゃなかったそうですよ。

    ユーザーID:4320547149

  • お金はかかります

    横から失礼。

    > お金のかかるのは、日本の医師だけですか?

    アメリカの私立メディカルスクールの学費は年間4万〜5万ドルくらいです(例えばハーバードは4万5千ドル強)。今の円高でも4年間で1500万円くらいはかかるでしょうか。日本だと慶応あたりと同程度という事になります。さすがに学費だけで5000万円かかるという事はないようです。
    州立だとずっと安いのは、日本の国公立と同じです。
    他にはイギリスも日本の国公立と同程度の負担です。
    いずれも地元出身者の場合で、留学生料金はバカ高いです。

    東欧は留学生でも比較的安く医学部に通えるので、医学部留学では人気があるようです。
    まあ米英と同じ学費なら人は集まらないでしょうから、需要と供給のバランスの結果でしょう。

    やはりコスト的に年間400万円くらいの学費は必要だということでしょう。
    その上で、地元にとって重要な人材については政府や自治体の補助で政策的に学費を抑えているという事になります。

    一部の日本の私立のように通算で5000万とか億とかかかるのは、よほど経営が放漫なのか、子弟を医師にしたい開業医の足元を見ているかでしょうね。

    ユーザーID:3428568378

  • メディックス

    時代は少し古いですが、医大生(国立)を主人公にした西村しのぶさんの「メディックス」というマンガに、学費に関するネタが出てきます。

    授業で使う聴診器が○万円。
    教科書代(1年分)が十○万円。
    資料(医学書)が1冊○万円。

    …他にも授業料とか実習費とか、読んで「医学生の親御さんは大変だな」と思いました。

    ユーザーID:7365524107

  • 授業料以外に・・・

    授業料以外に、教科書(医学書)や実習費用(解剖とか・・・)がかなり高額のようです。

    国立出身の医師の従姉妹がいるのですが、なんとかバイトはせずに卒業したのですが大変だったようです。
    (前半は試験に追われ、後半は実習に追われ、バイト漬けの苦学生の友人が倒れた事もあるようです)

    ユーザーID:5833387899

  • 【横レス】むしろ地方国立医は裕福な“落武者”が集いつつある…

    地方国立医大出身です。ゴモラさんが仰ったように、かつては国立大も地方は庶民が多かったと言えます。

    ところが共通一次以降、センター試験方式が定着し1次試験から大学の独自性がなくなってからは、地方国立大医学部は都会の大学に入れなかった偏差値の下位組が「どうしても医学部を」と希望する形で流れ込むようになりました。

    このため、私のいたような地方大だと、むしろ裕福な家庭の出身者の方が多く、コンパでかかる費用もバカになりませんでした。

    ヘタをすると下宿も借りるのではなくマンション購入とか、国立入学を果たしたら医師の息子が外車を買い与えた…、といった話も少なくなく、教官だった私の車など、学生よりみすぼらしかったことが、印象的でさえありました。

    つまり今や地方国立大医は、裕福な落武者の集うところと化し、地元出身者はわずか1〜2割です。

    トピ主さんのような環境の方が国公立医学部を希望なさるなら、何処を希望するにせよ、勉強をせざるを得ないのが実情と言うことになります。

    因みに医学部医学科の修業年限は6年です、お忘れなく。その分奨学金制度は一般学部に比べて手厚いですが。

    ユーザーID:7655813769

  • トピ主です

    早速、たくさんのレスありがとうございます。

    大体のからくりはわかってきました。
    ただ私の頭では理解できない難しい内容のレスもあり、何度も読む必要がありますが(笑

    負け惜しみでも何でもなく、自分の息子を医者にしたいとは全く思っておりません。
    それでこのトピを立てたのではありません。
    純粋に、どうしてそんなにお金がかかるのかと思っただけです。

    最近、猶予判決が出た某事件の(元)医者の出身大学を調べていたら、4千万ほどかかるというところに辿り着いたもので、どうしてそんなにかかるの?と思ったまでです。


    みなさま、ありがとうございます。
    いろいろな要因が絡み合って高いということでいいですよね?
    これだから高い!!というただ一つだけの要因だけではないということでよろしいでしょうか。

    ユーザーID:8763665234

  • 学費はただです

    他の国はどうかとお尋ねですので…

    ドイツならただです。州によっては一学期に5万円ぐらい取られますが。
    別に医学部に限らず、大学はほぼ全て国立でタダか格安です。

    でも、ドイツで医師免許取ってもそのままでは日本で通用しません。
    また、ドイツで医師になるにはドイツ国籍が必要です。

    ユーザーID:3648488283

  • 国立大の学費

    もしかしてトピ主さんは国立大はどの学部でも学費は全国ほぼ一律(文部科学省が
    定める標準額の120%以内)ということをご存知ないのかなと思いました。
    (以前は完全一律でしたが、少し幅が出たんですね)

    国立大なら文学部に行こうが医学部に行こうが授業料自体はそんなに変わりません。
    年間50万〜60万円ですね。
    私立大なら医学部ではなくても理系というだけで学費は年間100万円超えが当然です。
    大学受験期に、経済的に進学先が国立大に限定された人は沢山いると思いますよ。
    競争が激しくなれば、合格者の偏差値も高くなります。

    まあ、国立大でも教科書代などの追加出費の額は違うでしょうけど。

    ユーザーID:3208920721

  • さあ…

    単に、それだけお金をつぎこんででも行きたい(行かせたい)人が
    いっぱいいるからではないでしょうか。
    医学部以外でも、私立だと
    「なんで文系よりこんなにたかいの?なんで他の理系と同額なの?」
    って感じる学部学科はありますよね。
    数学科とかさ…。

    ユーザーID:5291933979

  • konomiさんの言うように日本人でもどうしても医師に

    なりたい人はドイツに行くという手もあります
    確か過去に夢を実現した人の日記が
    ネット上にあって進路に悩んだときに読んだことがあります

    すごく大変だったそうですが
    ドイツで免許を取得していました
    まず語学の壁がありそうですよね・・
    日本の語学科でドイツ語専攻して準備するのもひとつの手ですね
    ムム

    ユーザーID:9452133980

  • ありがとうございます

    トピ主さん、横から失礼しています。

    海外の医学部はどうなのか、、気になりまして、寝不足さんkonomiさんありがとうございます。
    おもしろいですね。海外は違うところが。
    日本だってタダになればいいのに、優秀な方に医師になってもらえば、違うかもしれないのにね、、と思いました。

    ユーザーID:9602515701

  • 違い

    知人が言ってましたが国立と私立の違いには、実習回数が凄く違ってましたね。私大はあらゆる最新設備が整っていて実際に触れたり使用できたりしたそうです。その辺りの違いが金額の違いに含まれてると思います。
    国の補助金額の違いもありますよね。私大の広大な敷地は固定資産税支払いが必要ですが国立大には不必要ですよね。

    サラリーマン家庭の子供は医学部は国立目指してください。夫と同じ勤務会社の人(男性)の息子さん県立高校進学後国立医学部入学卒業して今は国立大学病院の勤務医です。

    うち医療系学部ではないですが子供が国立と私大にそれぞれ進学しました。費用は当然国立が安いですが、細かい金額こまごまと初期には支払いまました。私大は経費(詳細記入してあり)として一括払い。同じ値段でも心理的に一括支払いの方が沢山支払った気分ですよね。

    私立理工学部に通学中ですが授業料年140近い金額です。(実験費用等含まれます)
    主さん息子さんを特待生入学できる様に育てれば私大でも240万あれば授業料は賄えます。優秀で授業料無料又は国立と同等金額で通学してる生徒いますから。希望は捨てないで下さいね。

    ユーザーID:1967883107

  • どこまで自腹が良いか?

    他の学部でも建物の老朽化とかで不規則にお金がかかります。そういうのも毎年の積み立てで入学時に学費として徴収したりなんて制度だったらお金がかかります(そんなことはありませんよね)。それはお金を出す機関から出るのですよね。
    タダでお医者さんになってもらうと妬まれて理不尽な要求が増えます。
    少しは自分で出したほうがきっと良いです。
    というか私達はみんな税金を払っているので、親が学費を払う一方税金と言う義務を果たしているから、本当は税金で助けているとかなんて話はおかしいと思います。
    もっと奨学金制度の地味なのを充実させてさりげなく助けて挙げられたらきっと優秀な人がお医者さんになりやすいでしょうね。昔は書生さんといって、苦学生を育てるお金持ちなんてのもありました。ということは、今のお金持ちがけちなのか、そんなにお金持ちがいないのか。
    横でしょうが、坂の上の雲のような世界だと少しは違うでしょうか?

    ユーザーID:2896228371

  • たしかにお金がかかる

    たしかにお金かかりますね。私が医者になったのは22年前です。

     同級生は、医者の息子・娘が8-9割でした。大病院あり、個人開業医ありでした。現在、私は開業医ですが、子どもを私立医大へ入れるのは正直しんどいです。

     http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/igakubu/10/10gakuhi_s.html
    6年間の学費だけで、ここをみると
    国立医大で300-600万円 私立医大で2000-5000万円ですね。慶応の医学部が安いといってもこれぐらいはかかるみたいです。

     私は国立医学部の教育を知りませんが、設備面がだいぶ違うようですし私立は手厚くみてくれるような印象があります。それだけ、お金がかかるんでしょうね。医療機器はほんとに高いですから。

    ユーザーID:2643805649

  • 日本でも実質、ほぼ金銭負担ゼロで医者になれます

    ドイツの話が出ていましたが、日本も実質、金銭負担ゼロで医者になれます。
    私は貧乏な工員の子供でしたが、「ドラゴン桜」で「宇宙人」と形容される大学医学部に進学しました。
    学費等は他の国立大学と同額ですが、(少なくとも当時は)育英会の奨学金の枠であれ、授業料免除の枠であれ、他学とは格段の差があり、申請すればほぼ認められました:授業料は実質ほぼゼロ円。
    つまり、大学ごとに授業料免除の枠(予算)があり、同じ国立大学でも歴史や実績のあるところは、破格の予算を持ってるのです。
    また医学生として家庭教師などのアルバイトをすると、他の学部の同級生の少なくとも2倍以上の報酬を得ることができ生活費も十分以上に稼ぐことができました。

    結果として、「苦学」という言葉とは全く無縁で、親に一切金銭的負担を掛けずに医師になりました。

    つくづく、日本は公平でいい国だと思います。
    (欧米では、いわゆる一流大学は、全て私学で、貧乏人は決して進学できません)

    医者になるには金が無いとなれない、というのは日本では正しくないです。
    ただし、相当学業成績が優秀でないと成立しない話です。

    ユーザーID:8716087945

  • 自治医大は

    確かに魅力的なシステムですが、研修後の9年間というのは医師が専門分野でトレーニングを積み一人前の医師になる大事な時期です。その大事な時期を症例の少ない僻地で過ごすというのは普通の大学を出た医師に比べて明らかにトレーニング不足になる可能性が高いです。
    勿論こういった情報は受験を視野に入れている人なら調べ済みでしょうから、浪人してでも国立大を目指す受験生の方が多いと思います。
    他の方からのレスには偏差値が書かれていますが、実際は地域によって違うので、書かれている偏差値に届かない合格者もけっこういます。

    ユーザーID:2242966628

  • 金銭感覚の違い?

    お医者様ですとかなりの高給取りなので、金銭感覚が庶民と違うのかもね。

    多くの方が書いておられるように国立、公立、自治医大、防衛医大などは比較的安いです。ただし教科書代、参考書代など高いです。

    国立医大出の知り合いがいますが、学生の生活レベルは両極端で、すごいお金持ちか苦学生かだそうです。

    現在の状況は分かりませんが、その当時多くの国立医大は多浪生お断り(一浪まで)で、二浪以上の人が受けられる所は国内で数校だったそうです。
    何故多浪生お断りかというと、浪人生活を何回もしている人は、入学レベルに達するまで他の人より時間が掛かっている。そういう人は入学しても授業についていけない、という理屈だそうです。

    ユーザーID:0270568416

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧