司法試験を目指す夫への不満

レス19
(トピ主3
お気に入り43

妊娠・出産・育児

ワーキングママ

1歳8ヶ月の子供をもつママ(会社員)です。
現在は子供を保育園に預けて
月〜金のフルタイム(9時〜16時)で働いてます。

主人も会社員ですが、8時〜22時まで働いており
帰宅は毎日22時半頃です。

平日は母子家庭状態で、家事全般、保育園の送迎
子供をお風呂に入れる事、寝かしつけ、夜泣き時の対応等
全て私がしてます。

仕事と家事と子育ての両立は大変ですが
主人の仕事が忙しいので、その点は理解しており
平日に関しては、何とか頑張れそうです。

しかし、休日は、私も自分の時間が欲しいのです!


主人は法学部出身で司法試験への未練があるらしく
休日は書斎に篭り、司法試験の勉強をしています。

主人に「なぜ司法試験の勉強するのか」聞いた所
「いつか会社を辞めて弁護士になる為。諦めるつもりはない。」
との事。

20代なら理解出来ますが、主人は40歳を超えて
子供もいるのに、何を考えているのか全く理解できません。

合格率が低い旧司法試験の勉強を仕事の片手間にやった所で
99・9%受からないでしょう。

もう少し合格率が高い試験の勉強なら
私も主人を応援する気になりますが
受かりそうもない司法試験の勉強をしている主人を
応援する気には、全くなれません。

むしろ、子育てをせず、自分の趣味の勉強に時間を費やしている
主人に対し、怒りすら覚えます。

主人がクールな性格なので、子供は主人に全くなつかず
主人に子供を預けると大泣きします。
主人は泣いている子供の傍らで司法試験の本を読んでいます。

結局、子供がかわいそうで私が相手をする為
週末も私は子育てに追われ、自分の時間がありません。

子供はイヤイヤ期真っ盛りで手がかかる時期。
主人に対しての不満で気が狂いそうです。

ユーザーID:9015447255

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ラストチャンスですよね

    >合格率が低い旧司法試験の勉強を仕事の片手間にやった所で

    旧司法試験は、

        >旧司法試験は,平成23年まで新司法試験(法科大学院修了者対象)と
        >併行して実施されますが,
        >平成23年においては,
        >平成22年の第二次試験筆記試験に合格した者に対する口述試験に限り
        >実施されます。

    22年度(今年)の日程は

        >◇平成22年度旧司法試験
        >◆1月07日(木)旧司法試験第1次試験
        > 【合格発表】2月03日(水)
        >◆5月09日(日)旧司法試験短答式試験
        > 【合格発表】6月03日(木)
        >◆7月18日(日)〜7月19日(月)旧司法試験論文
        >式試験
        > 【合格発表】10月07日(木)
        >◆10月23日(土)〜10月25日(月)旧司法試験
        >口述試験
        > 【最終合格発表】11月11日(木)

        >尚、旧司法試験は今年の筆記試験(口述のみ平成23年まで)
        >で終了となります。

    旧司法試験は最終回ですから、もうちょっと応援しても良いかと思います。

    ユーザーID:8268340233

  • 話し合い

    結婚してお子さんを作られる前から、ご主人はそんな感じでしたか?

    司法試験に未練があるとか、休日は勉強したいとか、

    子供の相手はしたくないとか、、、



    よく話し合っていなかったのかなあと思いました。

    もしご結婚以前にそこらへんの事を話し合われていたなら

    今そういう不満も出ないですよね?

    あるいは、そんなご主人が嫌なら、違う方と歩む道もあったでしょうし。

    今後もご主人に子供の相手をすることを期待しても無理ですから

    やめてあげて下さい。

    ユーザーID:8872135269

  • 大変ですね

    数年前まで司法試験の勉強してました。
    幼子を抱えてフルタイム勤務に家事全般、凄いと思います。対して旦那さまは…。

    書かれてませんが旧司法試験ですよね?それもう廃止されますよ。
    新試験はロースクール出身者対象です。
    経過措置として来年から予備試験なるものが行われ、合格すれば新試験の受験資格が与えられますが。
    私の周りの旧試験を長年続けている知人たちの中には、今年を目安に諦めた人がけっこういます。

    旦那さま、どこまで真剣に考えているのでしょう?
    ロースクール行くなら仕事やめるとか?予備試験組?
    今年の論文試験受からないと旧試験での来年合格は望めないですよね。
    また、受かれば給料貰いながら修習ですが、それもなんだかんだ飛んでいき手取り20が限界。
    しかも今は増えすぎて就職難です。

    まずは話し合うためトピ主さんもネットで情報収集してください。
    ロースクールには70代の方もいらっしゃいます。
    仕事の合間に勉強しても受かる人は受かります。仕事仲間に2人います。
    旦那さまに可能性があるか存じませんが、
    とりあえず今年の出来と今後の勉強プランの話し合いですね。

    ユーザーID:4214063459

  • どこまで本気?

    育児に家事、フルタイムで仕事まで!?本当にお疲れ様です。

    旧司法試験を受けるつもりなら、来年頭がラストチャンスになりますが…
    それとも新制度の予備試験を受ける予定なんでしょうか。
    さすがにこの程度のことはご主人も考えていらっしゃるはず。

    無事合格したとして、就職はどうなんでしょう。
    去年・今年と司法修習生の中には修習終了までに就職が決まらなかった人もいます(その後決まってるかもしれませんが)。
    現在の法曹界はかなり厳しい状況。都市部では弁護士が余っている有様です。
    しかも、40代といえば若いうちに合格していればそろそろ独立してもおかしくない時期。
    ボスと代わらない世代の新人弁護士…正直申し上げて、かなり高順位で合格しなければ就職も危ういです。

    合格・就職の可能性や今後の人生プランなど、ご主人と腰を据えて話し合ってみてください。
    ご主人の覚悟の程度を見た上で、応援するのか、それとも反対されるのかはトピ主さまの自由です。

    ユーザーID:2040045083

  • むずかしいですよね。

    恐らく旦那さんは
    プレッシャーを与えたり、やめちまえといったら
    狂ってしまうでしょう。

    正直
    弁護士になったらお金いっぱいもらえるんだからパートやめてもいいよね。
    とプレッシャー与えてもいいと思いますが
    その結果がどうなるか私には想像できませんので
    安易なことを勧めることはできません。

    そこで無難な提案ですが
    あなたの親族の家は近くにありますか?
    実家や実兄弟、仲の良い義父母、兄弟が近ければ
    休日は訪れ続けると良いと思います。
    できれば、実であると夫の愚痴が言えると思いますよ!
    または
    ママ友はいませんか?
    同い年の子のママ友ではなく
    年上で安定している子であれば
    年が近ければ、遊び相手
    離れていればある程度面倒見てくれると思いますよ!
    中学生以上であれば
    保育士とか目指す子も出てくるので
    良い経験をさせてあげられるのではないですか?
    また、ママ友とも旦那さんの愚痴ができるかもしれませんね。

    旦那さんが書斎に籠るならば家にいなくてもいいでしょう。
    内の不満は外に出すが鉄則です。
    地域、親族などの人脈をうまく活用し
    頑張ってください。

    ユーザーID:1066575235

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 弁護士になるには1・・・

    弁護士になるためには、司法試験に合格しなければなりません。
    現在、司法試験を受験するためには法科大学院を卒業する必要があり、
    新司法試験と呼ばれています。従来の司法試験は旧試験と呼ばれこれ
    まで並行して実施されていましたが、旧試験は今年で終了しました。

    主さんの夫は働いていらっしゃるので、旧試験を受けられたのですか?
    合格発表は11月ですが、結果待ちなのですか?あるいは、来年から
    予備試験(法科大学院を卒業しなくても新司法試験を受験する資格を
    得る試験のこと)が始まりますので、その勉強ということですか?

    いずれにしても夫が何のためにいつまでにどんな試験を目指しているのか
    理解された方がいいです。夫もなぜ主さんにきちんと説明しないのでしょう。

    司法試験は国家試験で最難関の試験です。仕事片手間に受かるような試験
    ではありません。

    将来仕事をやめてとおっしゃいますが、予備試験を受験されるおつもりでしょう。
    会社を退職して予備校に通う必要がありますね。あるいは法科大学院に進むか。
    それには最低100万〜500万くらいの学費も必要です。

    ユーザーID:3258180630

  • まきさんへ:今年度から実質無給です

    修習中の給与ですが、今年度の修習採用者から、必要な人には「貸与」という形に変更になります。

    つまり、「借りている」だけ。
    実質は「無給」扱いです。以前はあったボーナスも当然出ません。

    修習終了後は分割返済しなくてはなりません。

    しかも、10年以内に返済することになっています。

    その他のことは、まきさんに全く同意です。

    ユーザーID:6203691585

  • あてはあるの???

    ご主人は司法関係に何かつてとかコネとかはあるんですか?
    そうじゃなければ、40過ぎて司法試験に合格して司法修習生を終えても仕事なんてないんじゃないかな。
    仕事を辞めたら弁護士の肩書きだけでは食べていけないかも。
    弁護士会の登録料だけでも月に5万かかるし。

    ユーザーID:7729032772

  • 結果はどうあれ、今のご時勢、

    何か少しでもスキルアップをしているという感覚がないと不安でやってられないんだと思います。

    いつ職を失うかわからない時代なので。

    ずっと一家の家計を支える同じ男の立場としては理解できます。

    休日等の時間、何も成長していない自分を認めるのが怖いんです。勉強していなければ不安なんです。

    ユーザーID:0120431063

  • 逃げ?

    サラさんの気持ちはわかりますよ。
    いつ路頭に迷うかわからないのは男性だけじゃないので。
    ただ、スキルアップしていないと不安なら、司法試験じゃなくてもいいんじゃないですかね。
    トピ主さんももっとどうにかなりそうな試験なら応援する気にもなると書いてますし。
    それに、勉強していないと不安とおっしゃいますが、試験に合格したくはないのかな。
    ゴールしないほうがいつまでも努力してる自分に酔っていられるし、
    成長していない自分を直視しなくて済むのかな。
    まぁ、そんな人だからこそあれこれ不安なんでしょうけど、なんか間違ってますよね、努力の方向が。
    トピ主さんの場合は仕事も子育ても家事もしてるのに、
    夫は仕事以外は何もしないであとはゴールのあてもない勉強に逃避でしょ?
    逃避じゃなくスキルアップを真に目指しているなら何も成長していない自分をまず確認してどこを成長させるべきか分析するべきでは?

    ユーザーID:5176274995

  • フィヨルドさん

    はい、逃げの意識もあると思いますよ。

    最高に難しい弁護士資格の勉強をしているって事だけで、安心感を得られるんです。

    それでいいんです。

    と思う人もいると思うよ。

    ユーザーID:0120431063

  • 何に対して不満なのか

    司法試験の勉強に対して不満なのか。
    それとも、育児や家事に積極的でないことに不満なのか。
    どちらなのでしょう。

    >もう少し合格率が高い試験の勉強なら
    >私も主人を応援する気になりますが

    ということはご主人の態度に不満があるのかな。
    合格率が高い試験でもご主人のように平日、勉強時間が十分に取れない人は休日に勉強せざるをえないし。
    試験勉強というより、家庭のことに無関心であること、自分の時間がとれないことに不満だとするなら
    試験勉強をやめろと相手に迫るのではなく、現状を説明してトピ主さんが自分の時間をとれるよう話し合ったほうが得策のように思います。

    子供をつくるときに数年間は手がかかるけど二人で乗り切ろう、とか話し合いはしなかったのかな。
    子育てが大変というトピをみるたびに思うんですけど。

    ユーザーID:5629168005

  • 予備試験狙いでしょうか。

     法科大学院に行かなくても弁護士になれる制度であった旧司法試験は、既に終了しています。

     来年からは、それに代わる予備試験が行われますが、この予備試験の合格率は極めて低いと予想されています。一般に考えられている司法試験の難易度(昔の司法試験の難易度のイメージ)より、相当難しくなるはずです。

     国は、法科大学院の制度を法曹養成のほぼ唯一の手段とし、予備試験はあくまで例外的なものであると考えています。そうでなければ、法科大学院の制度が成り立ちませんから。

     そもそも、ご主人の年齢で、最短で試験に合格したとしても、弁護士として就職、その後独立して一定以上の収入を得ることは難しいのではないでしょうか?

     この辺りをご主人に納得してもらえればいいのですが、ご主人も知識としては百も承知でしょうから、なかなか難しいでしょうね。

    ユーザーID:9880993706

  • 家族のサポートなしでは無理です

    ご主人は新司に向けた勉強をされているのでしょうか?

    新司を受けるためには、まず法科大学院に入らなければなりません。
    そのためには、適性試験やTOEICの受験も必要です(TOEICは国立で用いられることがあります)。

    合格実績のある法科大学院を目指すとなれば、本当に優秀な人が集まってくるので、入るだけで大変です。
    入学後は毎日山のように課題があって、定期試験も難しいです。就職のことを考えれば、一定以上の成績を取り続けなければなりません。

    やっと卒業したら、すぐ試験です。
    試験の過酷さはハンパないです。

    それで、合格率は30%程度です(今後もっと下がるでしょう)

    このように過酷な状況を乗り越えなければならない…ということをご主人はご存じでしょうか?

    私の知り合いでも、奥様が家計を支えながら勉強している人はたくさんいますが、かなりの貯蓄があった上で法科大学院に来たようです。

    この試験、家族のサポートなしには絶対無理です。
    片手間で受かるものでもないです。

    頭ごなしに反対せずに、上記のような情報提供をしてみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:0271634519

  • トピ主です1

    皆様、貴重なご意見ありがとうございます。
    大変参考になりました。

    主人は銀行勤務です。
    銀行員は40代半ば〜50歳で、関連会社に出向になります。
    主人も数年後に出向になり、お給料が減る見込みです。

    そういう事情もあり、ダブルインカムの方が安心なので、私は育児休暇から復帰後も正社員で勤務しています。(現在は時短勤務です。)

    主人も出向に備えて資格取得を目指すと言っていますが、何故その資格が弁護士なのか…。今までの銀行員の経験が活かせる資格や出向に有利な資格の取得を目指せば良いのに…。

    以前、私が上記アドバイスをしても、主人は「弁護士以外の資格は興味ない」と聞く耳を持ってくれませんでした。


    主人は今年も旧司法試験に落ちました。
    いまは来年の予備試験の勉強をしています。

    先日、伊○塾の通信教育のテキストが段ボール1箱分送られて来ましたので、主人は本気だと思います。

    しかし、皆様がおっしゃるように司法試験は最難関の試験で、主人に申し訳ないけど、余程IQが高くない限り、仕事しながらの合格は無理だと思います。

    続きます。

    ユーザーID:9015447255

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です2


    また、仮に主人が40代で司法試験合格したとしても、当面は主人のお給料をあてにできないようですね。(皆様、情報ありがとうございました!)

    その場合、私のお給料で細々と生活するしかありません…。私は時短勤務の為、お給料が妊娠前に比べ激減してます…。

    因みに、主人の出身大学の友人・先輩・後輩が弁護士かも知れませんが、主人が司法試験に合格しても、就職のコネがあるようには見えません…。

    これから子供が成長するにつれ、お金がかかるのに…主人は一体何を考えているのか…。

    主人は、多分、司法試験勉強をしていないと精神的に不安なのだと思います。その自己満足や主人のプライドに付き合うのは、正直苦痛でストレスす。

    実は、結婚前は主人が司法試験に未練があることを知りませんでした。

    結婚後、子供が出来る前は、主人が司法試験勉強している事に驚きと多少の不満はありましたが、私が我慢出来てましたので、特に話し合いしませんでした。

    いま思えば、子供が生まれる前にきちんと将来に関して話し合うべきでした。反省です。

    続きます。

    ユーザーID:9015447255

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です3

    本当に頭が良い人は、自分の身の丈を正確に把握出来る人、物事の本質を見極め、プライオリティーをつけられる人だと思います。

    1歳の幼子を抱える私達夫婦にとって、今一番大切なのは、子供を育てて行く事。資金面、精神面で子供の成長をサポートする事だと思います。

    将来設計のプライオリティーがつけられない主人、結婚前に主人の性格を見極められなかった私、共に愚かです。


    私の身の丈(力量)では、誰かの援助なして、お仕事と家事と育児の両立は無理だと今回悟りました。

    主人は、いくら諭しても、自分の身の丈を把握出来ないので、司法試験予備試験の勉強を諦めないでしょうし、主人の性格が子守に向いていないので、子供の面倒を見て貰う事は諦めることにしました。

    妥協案として、主人には、自分のペースで出来る家事(床掃除やトイレ掃除)をお願いしてみます。これらがOKなら、私の負担が減り、気持ちがラクになります。

    私自身の時間の捻出は、実家やシッターさんや支援センターの助けを借りて、工夫してみます。

    皆様、この度は本当にありがとうございました。お蔭様で気持ちの整理がつきました。

    ユーザーID:9015447255

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 仕事をしながらでは無理と思います。

     私も司法書士の受験勉強を働きながら(正社員)勉強してきましたが、6割程度しか取れず5年で諦めました。
    社労士に切り替え、働きながら4年かかりましたが 合格しました。
    今では 行政書士・社労士事務所を開業し、年収は1,200万を超えました。

     今は大不況で
    行政書士、社労士の受験生でも無職の方が増えて命がけで勉強しています。
    正社員で働きながらでは しかも40を越えていれば趣味としか思えません。
    まずは、取れる資格からチャレンジし、ステップアップしていけばどうでしょうか。

    ユーザーID:0598473439

  • やりたいだけやらせてあげてください

    人間にとって、夢を持つことは,それが叶うか叶わないかにかかわらず、すごく重要だと思います。

    ご主人は競馬やギャンブルや女遊びをやっているわけではないでしょう。

    夢をもっことで、生きていられるということもあるのですよ。

    ユーザーID:2147892033

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧